ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs ザスパ草津 in 正田醤油

油断するとすぐ遅くなりますね(笑)申し訳ない。


とりあえず良かった。
選手たちが言っているとおり、今年は先制されても崩れないのが一番の成長だと思います。
先制したのは岐阜戦だけ。スコアレスの岡山戦を含めれば4試合は先手をとれてない。
にも関わらず、負けてない。誇るべき結果ですよ。

草津戦は前半に失点してしまうという新パターンでしたが、前半のうちに追いつき、後半しっかり逆転し、さらに逃げ切るとやるべきことをやってる。失点もオフサイドくさいしさ。でも、ああいう不利なジャッジに晒されたときは崩れることが多かったよね。この試合は崩れなかった。結局、福王がイエローもらったみたいだけど。落ち着いていたと思う。

ちなみに、今回のあれがオフサイドじゃないなら、去年のホーム最終戦・富山戦のコモのゴールは絶対オフサイドじゃないな(笑)
コモのをパスミスでオフサイドじゃないという解釈は(苦しいけど)できても、草津戦のはイチが触れたのはバックパスじゃないし、ってか、そもそも高田が裏にいるからジャンプしてるわけで、全くもってオフサイドでしょう。
あとは、ポジションだけ。正直、TVじゃ映ってなかった。逆サイドの最終ラインがどこなのかわかんない。全ては出てたらって話。まぁ中の選手があれだけアピールしてて、解説もオフサイドじゃないかみたいなイメージで、ベンチの藤田さんまでオフサイドでしょうって言ってるわけだから、たぶんオフサイドと思う。

とはいえ、ゴールはゴール。ジャッジがゴールなら覆らない。
事故の1点は常にある。高木監督が言っているこの言葉がこういう場面ではありがたいよね。


得点は矢野とただよのCBコンビ。素晴らしかったです。
矢野はCKから。西森くんが蹴ったんだよね。素晴らしいキックでした。
その前にCKをとった西のドリブルも素晴らしかった。彼のバネはすさまじいね。改めて思った。

ただよさんのロングシュートも圧巻でしたね。
あれはただでも枠に飛ばすの難しいのに、あの強風の中、しかも完璧なコースで。GKとれないよ。

あのゴールも前提があるんだけどね。ストーリーが作れます。
まず、草津が先制した後、草津のDFラインが下がってしまった。連敗してたから守りたいってのが強く出たのかな。
監督はずっと修正したかったみたい。前半から指示が飛んでいたようで。
草津のDFラインが下がったことでうちは中盤でボールを持てるようになった。草津中盤とDFラインの間にスペースが出来て、プレスがかけられないから。ピンチも増えた。同点弾に繋がる西のプレーもそういう状況下で生まれている。
後半、草津は修正してきた。DFラインをあげてプレスが強くなった。でも、DFラインを上げるってことは裏のスペースが大きくなるってこと。そこをカバーするのは現代サッカーではGKの役目。自然とポジショニングは前目になる。それを、ただよが逃さなかった。奪われ方も悪かったしね。

たらればがあるならば、草津が4戦4敗じゃなければ先制したまま良い調子で攻めれたのかもしれない、熊本が前半追いつくことはなかったのかもしれない、1点ビハインドの状態ならただよはあのシュートをチャレンジしなかったのかもしれない。

勢いの差なのかもしれないけれど、すごい微妙なズレが試合の行方を左右するような大きなズレになっていくこともある。もちろん上の説明は想像ですが、ただGKが前に出てたわけじゃない。ただよの技術もすごいけど、うちの調子の良さが存分に出たように思える。

まぁ何にせよ、素晴らしかったと思います。


あとは、高木監督の交代カードの切り方も面白かったよね。
今回はえらい引っ張ったし。もう少し早く切るかと思ったのに。
匠はいつもどおり。あと、山内と山下か。山下とか草津・梅井のパワープレー対策だし。
山下はなかなか試合に出れてないしね。ピンポイントの起用でも公式戦で経験を積めるってのは大きいと思う。
藤田さんが見られなかったのは残念でしたが。匠も山内も山下もやるべきことをやってたと思うし、控えに満足せずスタメンを虎視眈々と狙っている気迫もプレーに出ていたと思います。とても良かった。



あさっては、甲府戦。甲府もあまり調子良くないね。
戦力的には十分だと思うんだけど。なんだかちぐはぐな印象を受けています。
正直、今チャンスをもらえてない選手たちがプレーするとかなり危険な気がするね。
今までと同じようなスタメンならいいけど、2,3人替えてくるようならそれが一番危ない感じです。
途中交代が早くても同じ。とにかく気を抜けない。

甲府の場合、草津とは違って、早く失点したらゲームが崩れてしまう気がします。
粘って粘って失点しない。そうすることで、焦りとか不安とか出てきそう。
去年完敗してますし、波に乗せたら一気に来ると思う。
前節の鳥栖みたいに根気よく守っていきましょう。チャンスは必ず来る。

そういや松橋兄弟対決もあるかもね。
そう。優みたいな選手に出て欲しくないわけよ。片桐とか優とかこういうのが怖い。

まぁびびるのはサポーターだけでいいです。選手たちはのびのび闘ってきてください。
甲府を皮切りに、いわゆる「強豪」たちとの連戦になりますが、いい試合が見られるよう期待しています。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs ヴァンフォーレ甲府 in 小瀬 & 今季まとめ

今季はこのブログもこのペースで、だいたい一、二歩出遅れる感じで更新してまいりまして、結局最終戦も今に…orz

もう話題は高木新監督とトライアウトになってるんですが…
それはそれ。これはこれ。マイペースでいきたいと思います。


さて、先日行われた甲府戦。
甲府にとっては、湘南の結果如何ではありましたが、J1昇格のかかる大事な試合。
前日よりも気温がぐんと下がった土曜、降りしきる雨の中、多くの甲府サポーターが埋め尽くす小瀬。甲府の選手たちにとって大きな力となったんでしょうけど、うちの選手たちにとっても心奮わせるようなプレーをしようと思わせるに十分な環境でした。

サポーターはあの光景をしかと覚えておかねばね。
去年J2に参入して掲げた「5年でJ1」はクラブだけのものじゃないよ。
自分たちが積極的に関わって、周りを少しずつ巻き込んで、やっとああいう舞台になる。
時間がないのはチームだけじゃない。サポーターも同じ。
まだまだあそこまで持って行く覚悟は自分にはなかったかもしれないと思いました。

結果、甲府は熊本に勝利しましたが、湘南が水戸に勝ったため、昇格を逃すことになりました。
でも、きっと来年も甲府は強力なチームであることは間違いなさそうです。


ゲームの内容は、インフルエンザの影響で練習が不足していることは分かっていたし、実際にかかっていない選手も万全じゃないというのが一番の心配でした。ただ、そんな心配は無用でしたね。

以前北野監督が「甲府のサッカーを目標にしている」と発言したことがありましたが、その甲府を相手に堂々のパスサッカーを展開。90分通して考えたらスタイルを貫いたのは熊本であると断言できる試合になりましたね。

と同時に、今季を象徴する試合でもあったと思います。
強敵を相手に、自分たちのスタイルで積極的にボールを回し、良いサッカーをする。相手の監督も誉めてくれる。
だけど、試合には負けるっていう。

仙台とC大阪、それに甲府には結局3敗しました。湘南、鳥栖、札幌に東京Vとは互角以上の試合が出来ましたが、順位のすぐ上にいた福岡、岐阜、富山には負け越しました。栃木には負けませんでしたが、岡山には不覚を取り、横浜Cや愛媛には勝てる試合を引き分けにされました。

今季は多少の結果の悪さには目をつぶるつもりで試合を観ていましたが、やっぱり勝つことは大事ですね。



古巣相手に宇留野がキャプテンマークを巻くというなかなか粋な計らいもあり、ゲーム自体はフェアにすすんでいたと思うんですが、レフェリーは少々飲まれ気味だったかなと。拓ちゃんのイエローはおかしかったし。

ただ、選手たちは清々しい表情で90分闘っていたように思います。双方の良さが出たいい試合でした。

うちとしてはもうちょっと守備で粘ってほしかったところですけどね。やはり矢野の出場停止は痛かった。北野監督が守備の向上について上げた理由の1つ「中間ポジションの取り方がよくなった」というのはソンジンはまだまだな感じはしましたね。あと、イチはパス回しとフィードをもう少し安定させないといけないかもしれない。

中盤は吉井と拓ちゃんが本当に良くて、最後は翔平ちゃんとか出てきたけど、石井や喜名さんも含めて、あの2枚に入り込む余地はないかもしれんと思いました。石井の怪我がこの2枚を形成させることになってしまったのは、拓ちゃんの左SBの起用にこだわった北野監督にとっても、残り数試合までフル出場を続けていたのに戦力外になった石井にとっても皮肉な結果となってしまいましたね。

FWはコモが4試合連続ゴール。本人は満足げですし、何か吹っ切れた印象はありますが、ポジションの取り方とか競り方は明らかに上達してますよね。まだまだなところはありますが、良いプレーをする時間が増えてきていると思います。コモには今後もFWやってほしいけどなぁ。
木島に関してはもう何も言うこと無いな。いつも通り盛り上げてくれるし、良いプレーしてる。最後までらしかったです。



今シーズンは苦難の年でしたが、ターニングポイントになりそうな年でもありました。
今後、色んな選手やスタッフがクラブに関わり、去っていくことになりますが、ロアッソ熊本のサッカーはこういうものである!と言えるようなサッカーの基盤が出来た年になったのではないかと思います。ここはぶれずにやりたいですね。J1に上がるのも大事だし、勝つことも大事だけど、プロの仕事は観客を魅了するのが一番の仕事ですから。楽しいサッカーを目指してほしいですよ。


で、契約満了の選手については、各方面から色々と不平不満も出てたようですが、このブログはクラブ支持です。
熊本に関わってくれた全ての選手・スタッフたちに感謝していますし、今季契約満了になる選手たちがチームのためにどれだけ貢献してきたかも分かっているつもりです。正直、残念で悲しい気持ちもあります。

ただ、J1昇格を目標にする3年後を考えたときに、だれに頑張ってもらわなきゃいけないかと考えれば、怪我が多かったりベテランだったりという選手たちを放出するのはやむをえないことだし、放出される選手たちにとっても、今だったら引く手数多であると前向きに考えてほしいなと思います。ぎりぎりまで熊本の礎のためにプレーするより、良いときに上を目指してほしい。木島や石井、コモあたりならきっとうちよりも良いチームからオファーをもらえるはず。きちんと設備のある強豪クラブに加入できますよう心から願っております。

そして、一番怒るべきは放出される選手じゃないですよ。残った選手たち。しかも、放出される選手たちの控えに甘んじていた選手たちです。
今回の世代交代劇は本来望ましい形ではありません。正常な世代交代は、中堅や若手がベテランを押しのけてスタメンを奪い、定着する。押しのけられたベテランは出場機会を求めたチームを去る、または引退する。こうあるべき。
今回、主力級が放出されたことで試合に出るチャンスが増えたとしても、見方を変えればフロントは「このままベテランが残ったら3年後までに十分に力を伸ばせない」つまり「若手がスタメンを奪えないかもしれない」と思ったんじゃないかということだって出来る。若手は大いに奮起してもらいたい。山内や井畑には大いに奮起してもらいたい。期待に応えるというより見返す気持ちで来シーズンは頑張ってもらいたいですね。このままなめられっぱないしでいいわけがない。期待してます。

加えて、フロントも苦渋の決断だったと思いますしね。池谷GMは自分で選んで獲ってきた選手を切らなきゃいけないですし。つらいのはサポーターだけじゃない。そこのところはもう少し気持ちを汲んであげたいかなと思います。


最後になりましたが、北野監督を始め、今季でチームを離れることになる選手・スタッフのみなさま。

ロアッソ熊本というチームに関わってくれてありがとうございました。
今のチームがあるのは偏にみなさまの尽力のおかげです。

今後の人生に幸多からんことを。
そして、どんな形であれ、ロアッソ熊本の未来と去る人たちのサッカー人生が再び交わらんことを。

心より願っています。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs カターレ富山 in KK-WING

ついに、今季も終わる。ホーム最終戦。

引退する選手が挨拶をし、熊本を去る選手たちを見納める。

早かったですなぁ。まだ開幕したばかりじゃない?って気分。
全チームと3回ずつ対戦したんだっけ?どっか抜けてるんじゃない?って気分です。



試合に関しては、富山に終始押し込まれる展開に。
相手にはポスト直撃2発、疑惑の判定を含め、たくさんの決定機がありました。
前半早々にソンジンが負傷退場しましたが、あのシーンもGK交わされてて大ピンチだったしね。

一方、こちらの決定機は西が木島とのワンツーで抜け出した1本くらいじゃないでしょうか?
1点目はレフェリーによってはオフサイドとられてもおかしくないものでしたし、2点目はスーパーゴールですしね。

そう。それでも、ロアッソサポとしては、まさに「終わり良ければ全て良し。」この言葉に尽きるのではないかと。

山口武士はさすがやね。彼には華がある。
巧い選手、強い選手、速い選手…
色んな特徴を持った選手がいるけれど、華のある選手はなかなか居ないよ。

うちだと藤田さん、木島、西あたりでしょうか。他の選手もこれからの成長によってはなりえますけどね。
素晴らしい引退試合になったのではないでしょうか。
これまでの苦労と努力の積み重ねが最後に結果として表れる。見事です。
キーボード叩いてて思い出してきた。涙でそう(笑)

あそこまではまぁ勝つには勝ってるけど、どうなんだろう?って思ってましたけど、山口の締めで狂喜乱舞。
素直に勝った余韻に浸れるとこまで引き上げてもらった感じはしますね。

さ。チームを離れる選手たちのことはシーズン終了後にちゃんと書くとして、奇しくも彼らの多くが出場する試合になりましたね。
コバ、ばっさん、ダイシ、武士さん、木島にコモと。
何かみんな最後に何かしてやろうっていう気持ちは見えてたんだけど、この試合見てたら彼らの良さと悪さが全部出てて笑っちゃったよ。で、一番普通に、気負い無く入った武士さんがファインゴールという結果を残すっていう皮肉。
まぁ悪いとこ無いのはつまらないし、良いとこガンガン伸ばしたら良いんだと個人的には思ってますよ。


あとは、吉井が素晴らしかったのは解説の池之上さんのおっしゃるとおり。
ヴェルディ戦のシュートもそうだし、セカンドに対する反応やポジショニング。良い選手になってるね。
このまま育てばそのうち上のチームからオファーもきそうだけど。

拓ちゃんとのバランスもすごく良い。
つか、拓ちゃんクールなタイプかと思ったら、わりと熱いタイプなのかね。
他人のゴールで本気で喜んでいるように見えるよ。いい人だ。

DFラインは出場停止の矢野の大きさは感じましたが、出ているメンバーの必死さはすごく伝わってきました。
何より一列前がしっかりチェックしてくれているので、自分が守れる範囲で対処すればいいものが多かったような気がします。そこを破られているのは個人の技量になっちゃうのかもしれませんね。頑張って欲しいとこです。

木島は今日は自分でいくとこが多すぎたね。自分で決めたい!って思ってたんでしょう。分かります。
コモは淡々と自分の出来る範囲でやることやる感じでしたね。FWとして大きな成長をしたとは感じませんが、得点シーン然り、良いポジショニングがとれてきているような気がします。

みんなが粘った。
ジャッジの妙もありましたが、それもこれも最後まで粘った結果です。


ほんといい試合でしたよ。最高です。



さて、次節はアウェイで甲府戦。
まさかうちが昇格争いのカギを握ることになるとはね。

そういえば、去年も山形がホームで昇格を決めるって試合の相手はうちでしたね。
結果、その節での昇格は阻止しましたけど。去年、湘南や鳥栖の心を折る黒星をつけたのもそういえばうちだったなって。

なんだか本当は思っちゃダメなんでしょうけど、勝って甲府の昇格を阻止するのも負けて湘南の昇格阻止するのも恨まれそうなので、できればどっちも勝ってまぁ直接対決で湘南が勝ったから仕方ないよね?とかになっちゃえばいいなと思ったり(笑)

ま。それもプロとしての、それを応援するサポとしての覚悟の話でしょうな。
J1に行きたいんなら全力のうちを倒して堂々と行きなさいと。負けるような資格はありませんよと。
そういうことにしておきましょうか。

満員の小瀬。異様な雰囲気になりそうですね。
現地に行かれる方々にはその雰囲気を是非満喫してもらいたいなと。
そこに居合わせるチャンスなんてなかなかなさそうだしね。

なんだか新型インフルエンザが流行りだしているみたいで心配ですが、とにかくいい試合になればいいなと思います。

あと1試合。頑張って応援しましょう。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 東京ヴェルディ in 味スタ

例によって、完全に出遅れていますが…


ナイスゲーム!

連続だ(笑)

最近なんだか強いなぁ。勝ち方に強さを感じる。
調子の良し悪しとかやってることが浸透しましたとかそういう単純な話じゃない気がする。
普通に強いよね。勝てる気がする。慌てない。点を取られないし、確実に得点する匂いはする。
今までに感じたことのないもの、自信というか、安心感というか。

地域リーグ時代は力の差があったし、JFL時代もそれなりの戦力を持って戦ってたけど、勝たなければいけない気持ちの方が先行してて、祈るように見てた印象の方が強かった。
去年は完敗上等からのスタートで勝ったり負けたりの中で最後8試合負け無しの記録が目を引くけども、その時でさえ今ほどの手応えはないな。

もちろん外からの見た目ですけれども。


どうしてもう少し早く今の守備ができなかったのか!

きっとみんな思ってる(笑)
新しいメンバーが入ったわけでもないし、崩されてないわけでもないし。
中盤のアタックの仕方が変わったんだろうし、ボールの奪うところがはっきりしたというのは感じるけど、そういう中身で出来たんなら、もう少し早く修正できたんじゃ無かろうかとね。

これがせめて夏から出来てれば、10位の目標達成は十分達成できたと思うし、そうなると北野監督の退団もなかったろうに…なんてことをやっぱりチラッと思っちゃうよねぇ。残念です。本当に。


攻撃も拓ちゃんと吉井のバランスが良いせいか、あまり人が足りなくなるってイメージはない。
以前はイチに頼りがちだったサイド攻撃も逆サイドのヤスはじめ、人数かけて崩したり、内に切れ込んでミドル狙ってみたり、バイタルエリアのペナよりちょっと外のスペースの使い方がとてもうまくなったと感じます。
何より攻撃1つ1つとってみても、フィニッシュまで行ききることも増えているので、ストレス無く観れてる印象。

良い感じですなぁ。非常に良い感じ。
残り2試合は矢野が累積で出場できないので、そこが変わってもやれるかどうか。ここは大事ですよ。
来シーズンに向けて、今の守備システムでやれるのか、それともやっぱり選手を補強することを考えないといけないのか、その分岐点になるんじゃないでしょうか?ばっさんかソンジンかとにかく頑張って欲しいですね。

次節はホーム最終戦。富山戦。
今季は対戦成績2敗でまわってきた試合はことごとく落としてますし、矢野の出場停止も相まって嫌な雰囲気はありますね。でも、1回は勝たんとダメでしょう。このまま負けて良いわけがない。

コバと武士さんの引退セレモニーもあるでしょうし、動員もかかってますから良い形でしめてもらいたいですね。


あと、そろそろ契約満了選手が公式でリリースされるでしょうか。
今週末がホーム最終戦であることを考えると、それよりも前には発表されると思いますし、発表されて欲しいんですが。最後と思って見納めないと気分がね…

新しい選手たちに期待する一方で、誰も出て欲しくないという相反する気持ちはあるのがこの季節。
せめてクラブと選手双方納得した形で、かつ幸せな結末を迎えられるといいなと思うばかりですよ。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 栃木SC in グリスタ

ナイスゲーム!

相手の力もあるけど、自分たちの方だけを考えたらパーフェクトに近い展開。
前半の最後に先制して、相手が退場したらすぐさま追加点を奪う。
チャンスはそれなりにあって、そのうちの数本をきちんと決め、ピンチは作られながらも最後の所でねばり強く守る。こういう試合を出来るチームは強いと思うよ。


先制点は藤田さん。
木島のところでいくつか決定的なチャンスを作れてたけど、巧く守られたり外してしまったりと、あのまま後半を迎えていたら非常に嫌な空気だったかもしれない。そこで決めるのが藤田さんの藤田さんたるゆえんか。持って生まれたモノがちがうね。
本人はブログで「ラッキー」と言ってましたが、コモのところに入ったときにあのポジションをとれるセンス、ゴール前なのにDFきちんと交わす落ち着き、GKがとれないところに流し込む技術。最高じゃないですか。最後はDFに当たったようにも見えましたが、あのタイミングでシュート打てれば何が起こるか分からないのがサッカーだしね。決して「ラッキー」などではないですよ。ご謙遜を。

追加点はコモ。
今季初ゴール。待ったよ。本当に待った。
試合全体の流れにも巧く乗れてたと思うし、今季一番の出来。本人の出来の良い悪いと言うよりはチームの中での位置と役割の果たし方ね。
本職であるボランチとは違って、トップに入るボールっていうのは自分の想定するボール、理想とするボールとはほど遠いものばかり。良くゴールに対する嗅覚とか言われるけど、経験則だよね。ボールの跳ね返り方とか相手の重心の動きとかを感覚的に把握しないと良いポジション取りは出来ない。だから、FWが試合に出続けるのは大事なことなんだと思う。
コモは今までトップ下はあってもトップに入ったことはそうは無かっただろうから、苦戦するのは仕方なかったと思うよ。セットプレーだけど、今節1点とれたことは非常に大きかったと思う。次は流れの中で得点したいね。相手が少なくなって1回目のCKだったからマークのずれもあっただろうし、少なからずラッキーなところもあったかもしれないけど、得点したという事実を自信にしてもらいたいね。


試合の流れは全体的に熊本がボールを保持し、栃木がカウンターを仕掛ける。
栃木の松田監督はそういうチームをつくるのが巧いし、当然そうなるだろうなというのは予想済みだったんだろうと思います。
うちのただよと矢野がカウンターも概ねうまく守った。今までだと簡単にやられて崩れたりしてたけど、ここ最近は素晴らしいね。特に矢野がぶっちぎられることなくなった。戻りながらの守備も良いタイミングで足出せてるし、ただよとのコンビも安定してる。何より足元に少し自信ついたかもしれんね。

それでも、栃木のロングボールから前半は危ない場面を何度かつくられました。
後半に入って栃木は、MFの向を下げて若林を入れるという超攻撃的な采配をとりましたが、あれはね、すごく意図がはっきりしてたよね。もっとレオナルドと崔が若林と縦のギャップ作りながら飛び出して欲しかったんだろう。前半のうちのピンチはロングボールが入ることでDFラインだけが下がってしまい、吉井と拓ちゃんの戻りとのずれでDFラインとボランチの間にスペースを作られて、そこをうまく使われた時に大ピンチになってたからね。前半はMFに使わせてたスペースをレオナルドと崔、または河原あたりに使って欲しかったんだろうけど。
残念ながらピッチのメンバーがそれを感じられて無くて、ロングボールで素早く攻めるべきなのにタイミング逃したり、MFが減ったのに中央を使おうとしたり。栃木としては痛かったね。

うちとしてはあのあたりは今後、来年も含めた未来に向けての課題になるでしょうね。
吉井にしても翔平ちゃんにしても前に強いと当然相手のロングボールからのセカンドに対する反応がおくれるわけで。拓ちゃんもあそこを90分しっかりできるともう1ランク上の選手になれると思うし。石井も決してスピードのあるタイプじゃないから、あそこで拾えるセンスを磨くことはスタメンへの近道と思うね。これは1人で出来ることじゃないから。どのコンビが一番バランス良く守れるか。ここが見所です。



次節は来週末。アウェイで東京V戦。
東京Vも内部でゴタゴタしてて、何と無しに落ち着かない感じはするけれども、やってるサッカーは終盤に来てきちんとまとまってきてるし、元々能力の高い選手たちがいるチームだからね。全く侮れない。うちとの試合では服部が累積で出られないみたいだけど、柴崎いるし、土屋や土肥がしっかり守ってた。今節の湘南戦では右からの攻撃が鋭かったな。うちの左SBはいつにも増して守備の能力が問われると思います。ヤス。頑張れ。ここで守備力が通用すれば来年もスタメン狙えるぞ。


今週末は天皇杯。加えて、G大阪の播戸や磐田の中山・鈴木などの退団が連日ニュースになるなど、オフの季節が近づいているのだなとひしひしと感じますね。うちのチームも誰かが加わり、誰かが去っていく季節になりました。練習試合含め、1分1秒が勝負だから、7失点してたらだめ。論外。毎年毎年、良い選手が入ってきて、チームのレベルが上がっていくこと、自分の年齢が上がっていくことにもっと危機感を持たないと。

来季から入団の決まった笹垣くんも高卒ルーキーだからと遠慮せず、貪欲にスタメン狙ってくださいよ。怪我をせず、コンスタントに試合に出ることがFWが成長する一番の近道ですから。期待してます。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 愛媛FC in ニンスタ

三連勝ならず…orz

惜しかったね。先制したしさ。イチの退場が全てだね。

失点シーンもまず大山のシュートは巧かった。
きちんと押し込んだ状態からMFもゴール前に顔を出すようにすれば、ああいう形でチャンスは巡ってくる。

うちとしては、あの時間帯…というかイチが退場してから追いつかれるまで、ちょっとDFライン引きすぎたかなという印象はあるね。CB2人の問題か、ボランチが受けに回ったかそれは選手間でつめてもらえば良いとして、とにかく全体的に守る意識が強くなりすぎた感じはあるね。


ってか、木島のゴールが素晴らしくて…なんだろうね。あれは。
去年の山形戦のゴールを思い出した。打っちゃったよ。入っちゃったよ。的なね(笑)
木島のゴールにつながるプレスを決めた拓ちゃんもボランチで明らかに機能してるし、チーム全体としてはすごいよくやってる。11人で90分みたかった。ここ何試合かの安定したプレーが最後まで出来るのかみてみたかったけど。

イチの退場については妥当かなと思います。
1枚目が映ってなかったから分からなかったけど、解説の話ではファウル気味に止めたのを流されていたらしいので。2枚目はとられても仕方ないし、1枚もらっている状況であのアタックは軽率すぎましたね。後半同じような愛媛のファウルがカードでなかったのは納得いかなかったけど(こっちは退場してるしね)、まぁそこでカードが出ても人数が変わったわけじゃないし、レフェリングについては特に何も無しです。


藤田さんの言うように勝つチャンスもあったし、単純にピンチも多かったから負ける危険もあった。
J参入後初の3連勝とか終盤で1つでも上に行くにはチャンスは逃せなかったという状況さえなければ、この引き分けは十分な結果と納得も出来るんですけどね。今うちが置かれているシチュエーションのせいでモヤッとした気持ちが残っていることは否定できません。残念。


ともあれ、前回の記事でも書いたとおり、公式の記録がどうあろうとも、次の栃木戦に勝てれば節を数字順にすれば○が3つ並ぶしね。頑張って欲しいところですよ。栃木は最近頑張ってるからね。うちは岡山にも第3クールに負けてるし、全く油断ならない。イチのところには宮崎が入るのかな?個人的にはヤスと網田くんの方が良いと思うけど。ダイシはSBよりMFがいいね。


今回はこんなところでしょうか?短いけど(笑)

ま。せっかくなので、いつもはしない他の話でも。

先週の土曜から本日木曜日まで天皇杯の各試合やナビスコ杯決勝戦なんかがありました。
明治大学の躍進は素晴らしいね。岐阜もしっかり勝ってるし。頑張って欲しいよ。

そういや岐阜の試合は対戦相手の松本山雅に所属してる小林陽介がかなり映ってたし、得点も決めたみたいでうれしかったな。良い選手だもの。うちがうまく使えなかっただけ。去年ゆたか氏があんだけ活躍してしまったことで割りくった選手の1人ですね。今年ゆたか氏が出て行くってんだったらもっとしっかり使ってたよと思われるサポの方もきっと多いんじゃないでしょうか。素晴らしい才能の持ち主ですよ。松本は全社をとったんだっけか。地域決勝も頑張って欲しいですね。


ナビスコの方は試合内容は本当に素晴らしかったけど、なんだか表彰式の件でごたごたしてますね。
まぁスポンサーありきなのがプロですから、公共の場での立ち振る舞いに批判が及ぶのは分からないではないですが、一方で負けたことを真剣に悔しがるのもまたスポーツを生業とする者として当然かなとも思います。一生懸命闘ってきたから悔しいわけで、チーム内や協会やスポンサーから内々の通達で怒られるのは仕方ないにしても、マスコミが袋だたきにするのも大人げないなと思ったりもしますな。
賞金全額返還っていうのもちょっとやりすぎかな。ここまで何試合も闘って勝ち残ってきた重みがさ。試合とは関係ないところでの評価で全否定っていうのもなんだか釈然としないよね。
あと、「自主」返還とは言いつつも、チェアマンの発言のまま周りが動いてるっていうのもね。きちんと協会内で話し合いをした上で返還させるのならまだしも、個人の意見がクラブを動かすってさ。ないよね。どんだけクラブは気を使ってるんだろうか。そんなにチェアマンに力があるのならマスコミへの発言は極力控えるべきでしょうね。ここで「返還はしなくていいですよ。次からは気をつけてくださいね。」とするのが大人の対応かな。協会でもナビスコでも。やったらかっこいいけどなぁ。

はぁ。せっかくの決勝戦が台無しですよ。まったく。

とりあえず、F東京の選手・監督スタッフ、関係者各位のみなさまおめでとうございました。
いい試合をありがとうございました。本当に素晴らしかったです。城福監督好きです。かっこいいもん。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 湘南ベルマーレ in 水前寺

今年は水前寺で強いねぇ。

湘南は昇格圏内に復帰してからの1試合目。
次の日に5位鳥栖との試合を控えていた4位甲府にプレッシャーをかけたかったところでしょうけどね。
湘南にとっては、下位熊本相手に取りこぼすというとても残念な結果に終わったと。
そして、甲府が鳥栖に勝って3位返り咲きを果たすと。

散々ですね。残念ながら。

うちはまだ未体験のゾーンですからプレッシャーもものすごいんでしょうね。

でも、地域決勝やJFLの終盤と比べたらどうなんだろう?あの時も必死でしたからね。
簡単な試合は1つもなかったし、地域決勝なんてそこへ行くだけでも相当大変なのに、それから2枠目指しての試合は半端なかった。まさに死闘。J2は降格もないし、きちんと整備されたプロリーグだからスポンサーも、厳しいながらに、ついてくれる。地域やJFLは1年1年がクラブ存亡を賭けた闘いといっても過言ではないから。

それを考えると、ただよやイチみたいなロッソ旗揚げ時からいるメンバーにはうちがJ1昇格戦線に顔を出せるまで居て欲しい選手たちですよね。まだまだ先は長そうだけども。



さて、今年もこの時期湘南に勝つことが出来ました。
正直なところ、試合全体の決定機数を考えれば、湘南が勝っても全くおかしくはなかった。
うちにとっては少なからずラッキーな試合展開だったと言えるでしょう。

でも、そこはサポブログ。勝てば実力、負ければ不運(笑)
まぁそこまで極端なことは書かないってことは今までの記事からしてご理解頂けると思いますが。

この試合で頑張ってたのは、みんな頑張ってたけど、強いて言うなら木島かなぁ。
最近調子良いよね。木島。今節は残念ながらスタメンではありませんでしたが、自分の役割を分かってプレーしてると言いますか、何が何でもフィニッシュは俺だ!感も抑えるところは抑えてますし、試合終盤足がつるまで、途中出場でもとにかく全力でプレーしてる彼の姿は心を打つね。

得点シーンでの矢野のヘッドも見事でしたが、そのスペースを何気に作ってくれたのは木島だったりします。ニアサイドの選手たちももちろんそこに絡んでるし、CK蹴った西森くんもばっちりだったんですが、ジャーンともう一人の意識を奪ってくれたのは木島の動きでしょう。

ジャーンのミスもあるけどね。矢野は自分の横か真後ろできっちり視界に入れてなかったのは大きなミス。矢野の動きで外されたというよりは最初から視界外だったし、その後も目の前の木島とボールの軌道に惑わされて矢野を完全にロスト。あんなど真ん中で一番ヘッドの強い相手選手をフリーにしてしまうという大失態。


試合は双方共に特徴を出したいい試合になりました。
うちは翔平ちゃんと大志郎とヤスを出場停止で欠き、特にSBがピンチに。
結局、網田くんの2回目のスタメンとなりまして。

ところが、これが良かったね。
90分持たないのはまだまだですが、最初から全力で行けばそうなることは分かってましたし、デビュー戦である草津戦よりミスも少なく、出場時間も長かったので。
最近はヤスが左SBに定着しつつありましたが、これはうかうかしてられないな。
元々SBやってたこともあって守備に関しては網田くんの方が完全にうまい。
左利きで以前からキックの精度も定評があったので、左SBの適正も負けてる。
勝ってるのは、ドリブルと内に切れ込んでのミドルが打てること、それに90分計算できることか。
これからは連戦もないし、ポジション争いはほぼ横並びかなって思うね。
拓ちゃんはボランチでのポジションを獲得しても良いくらいの働きしてるしね。SBより俄然ボランチでしょう。
次の愛媛戦に監督がどういう判断をするか楽しみですね。
個人的にはヤスかな。で、その出来によっては栃木戦は網田くんってところでしょうか。
本当はヤスも前の方で使えるといいんだけどねぇ。

木下くんも完全復調ですな。対クロスの判断が良くなってきてる。
体は大きいんだから、判断力を磨ければ無敵になれますよ。きっと。
課題はキックでしょうね。
確かにうちにはターゲットにすべき選手がいないからキックは難しいと思います。
思ったところに蹴れてもマイボールに出来る可能性は低い。かといって、ショートだけでも行き詰まるしなぁ。中山の完全復活かコモのFWでのポジショニングの向上が待たれますな。
それでも、直接タッチラインを割るボールが多すぎる。せっかくファインセーブしても、味方にノーチャンスで相手に攻撃権を与えてしまうなら意味無いからね。


とりあえずここに来て守備が整ってきた。その分、攻撃陣は苦労してるけど、本職FWが90分まるまる出来るコンディションじゃないから、それを考えればチームとしては良くやってると思うよ。本当はこの守備の状態で毎試合完全に点が入る形の決定機が5回は欲しいけどね。今はまだ3~2回くらいなので。相手のファインプレーとミスすることも考えても5回あれば平均2点は取れると思うし。


今年3回目の連勝記録チャレンジ。
苦手な甲府・富山戦が残っていることを考えれば、ラストチャンスに近いと思うよ。
順位の近い福岡や岐阜に追いつくには是非とも連勝記録は伸ばしたい。頑張って欲しいね。

ただ、次の愛媛戦は延期試合だからなぁ。
果たして、これを連勝の中に含めて良いものだろうかとは思ってるんだけどね。
まぁ勝てなかったら、栃木戦が本当の連勝チャレンジだとか言えばいいか(笑)


今週末の相手愛媛の岐阜との試合は見ました。
ジョジマールと内村が裏への抜けだし、ドドがためを作るイメージかな。
ドドとジョジマールはどっちもためを作れるみたいなので注意したいところですね。
延期がなく普通に対戦してたらジョジマールは怪我でいなかったわけで。流れ的にはキープレイヤーになりそうですね。ま。チーム内得点王の内村が累積で出られないみたいだから差し引き0かな。

中盤は前節は渡辺・赤井・永井でしたか。
赤井と永井はテクニカルで、永井が割りと自由に飛び出してるイメージを受けました。
赤井はたまに飛び出してくるけど、けっこう決定機に絡む印象が強いね。良いキックも持ってるし、ミドルにも気をつけないと。
渡辺はフィジカルタイプで後ろで構えてるイメージが強いです。前に絡んでくるというよりはセカンドを拾ったりファーストディフェンダーになったり。足元がとても巧いというイメージもないな。ここが愛媛の守備の核だと思うのでうまいこと攻略できれば得点への足がかりになるかもですね。

守備陣形は2ライン。内村もMFのラインに含まれての2ラインで守備をするようです。
前節のCBは柴小屋とチアゴ。2人ともスピード系に強いイメージはなかったので(現に柴小屋は手でつかんでPKを与えてます)、木島・宇留野・中山と巧く使えれば効果的にダメージを与えられそう。
中盤はあまり前からプレスに来るイメージはなく、一旦引いてから固めてから前をうかがう感じだったので、カウンターでやり返すか、とにかく2ラインの間にボールを出し入れして崩せられればいけるんじゃないかと。2ラインの間は愛媛もDFとMFで挟んでくるからとにかく1タッチ2タッチでの出し入れが重要かと。
そうなってくると、愛媛戦のうちの攻撃のキープレイヤーは藤田さんでしょうね。彼を誰が見るのか。どこまでついていくのか。本当に敵にするとやっかいなプレイヤーだろうね。ここはしっかり練らないと愛媛は厳しくなると思うよ。

あと、気になったのは最終ラインからのロングパスはほとんどないね。
テンポアップの縦のボールはほとんどボランチ。そして、当てるイメージのボールがほとんど。
一発で裏を狙うプレーは望月監督時代からするとかなり減ったんじゃないかな。
ただし、ジョジマールやドドは落とすだけじゃなくて、ヒールで裏に抜けさせるプレーもするから、追い越す選手を中盤かCBの余ってる方かSBが常に意識して見ていないと最終ラインは簡単に攻略されるかもしれない。

これを逆手にとって前線の選手にボールが入ったときにボランチが挟む形を徹底すれば、守備は楽かもしれない。というわけで、うちの守備のキープレイヤーは吉井と拓ちゃんのボランチコンビかな。

これは相手が岐阜だったからということも考えられるけど、愛媛は監督が替わって間もないし今はとにかく自分たちのサッカーを確立していく時期だから、相手によって大きくサッカーを変えることはしないと思うんだよね。望月時代よりもボールを大事に繋ぎ、それでいてスピードタイプを活かせるサッカーを少しずつ固めていってる印象をうけました。ちょっと前より全然強くなってる。うちより下位にいるチームとはいえ、全く油断できない相手です。

さぁどうなるか。楽しみですね。
また引き続き、わたくしめも験を担いで週末に備えたいと思います。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 水戸ホーリーホック in 笠松

今回、試合が行われた笠松運動公園陸上競技場は水戸の準本拠地だそうです。
なぜ準本拠地で試合が行われたか?本拠地である水戸市立競技場は改修工事中だからだそうです。
この改修工事期間は2007年7月~2009年10月(wiki調べ)で、今季笠松で行われる試合はうちとの試合だったとのこと。11月8日の仙台との試合は回収が終わり「ケーズデンキスタジアム水戸」と名前を新たにした水戸市立競技場で行われるとのこと。

今まではJ2基準に満たず本拠地として存分に使えなかった水戸市立競技場を改修によりフル活用できるようになったということで、今後笠松で行われる試合は減るでしょう。

今節は水戸にとって、そういう試合だったようです。
連敗中ではありますが、ここで何とかお得意様の熊本に勝ってKsスタのこけら落としへ。
今思い返せば、水戸の選手たち気合い入ってたもんなぁ。


が、そこは我らがお祭りチーム。
鳥栖あたりには完全にKYチームとして認識されております。どうも。熊本です。
相手が動員をかけると無類の強さを発揮する我がチーム。
今季は去年ほどではないにせよ、特にアウェイではかなり空気読めてませんもんね(笑)


対水戸戦初勝利!おめでとう!

苦手苦手って言うけれども、水戸との試合は笠松での2-2から始まってるからね。
勝ち試合を引き分けにされたところからのスタート。
そっからどうも審判に恵まれなかったというか、うまくかみ合わなかったというか。
水戸がかなり強いチームであるのがもちろん一番大きな要因ですが、とにかくもやもやと、かつ、けちょんけちょんにやられてきまして。ようやくこの日が来ましたか!っていう感じですね。

これで現在J2に所属するチームのなかで勝ててないのは仙台と富山のみとなりました。
仙台にはいっとき会えなそうですが、富山とはホーム最終戦が残ってますので。



内容ですが、個人的にこの試合の一番面白かったのは藤田が入ってからですかね(笑)
あれ芸術だわ。水戸の選手たちがわんさかいる相手陣内で、熊本の選手は木島と藤田、たまに中山の3人で繋ぐ繋ぐ、回す回す。
最近ロスタイムに得点が動くことも多かったし、今回もただよのブロックがあったり、最後の連続セットプレーにはドキドキさせられましたが、宮崎の退場で1人少なくなってたから、いつもだったらもう見てられないくらい攻められたと思うんですよね。
でも、今回は笑ったもん。すげーって。

まだアジアでは、時間稼ぎが相手陣内コーナーフラッグ付近で攻めっ気ゼロのやつ(通称「かしまる」)かファウル臭いやつはとにかく転び非常に痛がりすぐに立たない(通称「中東戦法」)が主流でとにかく見苦しいんだよね。プロは結果が大事か知らんが、そんなプレー見るために金払ってるんじゃないぞと。

この点、今回のうちは1人少ないにもかかわらず、非常に高度な時間稼ぎを見せてくれました。
解説が「熊本はまだ攻めてますからね。これは水戸にもチャンスがありますよ。」なんて言うし。
まぁそうなんですけどね。当たりです。しかし、フットボールはこうじゃないとねぇ。
攻撃は最大の防御といいますが、この言葉は本質を突いているようで、攻撃側がリスクを負うことを理解していないとピンチを招くだけだと思っています。ただ攻撃すれば良いっていうもんでもない。守備に人数をさきながら、攻める気持ちも見せつつボールを回す。

ここが、この攻守のバランスが藤田入ってから素晴らしかったよね。
普通の人が見たらつまらないのかもしれないけどさ。すごかったんだけど。


それに、最近守備陣頑張ってるよね。
ただよ&矢野も完全に板に付いたし、木下のコンディションが上がってきたのも嬉しい。木下かなり声出してたからなぁ。携帯の熊日サイトでちょっと前にコバイズムを継承しますみたいなことを木下が言ってましたけど、良い感じで継承してるみたいね。
ただし、今節はヤスのミスがかなり目立っていたし、宮崎も久々のスタメンな上に慣れないポジションだったのでやや綻びはみられましたが。宮崎は頑張っていたと思います。退場は残念でした。ヤスはバックパスを中盤でやるときと最終ラインでやるときは変えないといけない。GKや他のDFが蹴りやすいボールを渡すのも大切ですが、決定的なピンチに繋がる度合いも高いことをもっと考えないとね。とにかくリスクは避けないと。


攻撃陣は宇留野の一撃が決まってればねー。
ポストに当てるとこまでいったのも彼の技術の高さのおかげですが、決まって欲しかった。
もちろんあそこでスコアが動いたら、1-0で勝つなんて結果にはならなかったもしれませんが。
矢野のヘッドも惜しかったね。GKやDFとの競り合いにも勝ってたし、きれいに当たってたからね。惜しかった。

福岡戦よりは良かったけど、押し込んでいた前半に無得点だったのは課題が残りましたね。

得点シーンについては、まず木島のミドルが素晴らしかった。あれが決まってもおかしくなかった。
そして、中山と宮崎が2人つめてたことが非常に良かった。福岡戦では木島の作ったチャンスにゴール前に人数増やす場面が皆無だったからね。きちんと修正できたことはとにかく評価したいと思います。



さて、明日は湘南戦。水前寺。もう明日かー。
そして、これの次は1ヶ月後の富山戦だっけ?ホーム最終戦。今季もいよいよ終わるんですね。

湘南は昇格最前線。当面は甲府との3位争いが熾烈なので1つも落とせない状況です。
それに去年はうちとの試合に負けて完全に昇格の望みを絶たれた感もありましたしね。

うちとしては何とか勝ちたいけどな。連勝したい。今季の望みはもはや3連勝しかない。
福岡戦でファンの期待を裏切ることになってしまいましたから、またたくさんの人が入るであろうホーム最終戦に向けて、ここは是非ともとりたいところ。

熱い試合を期待しています。
わたくしめもささやかながら験を担いで試合に臨みたいと思います(笑)

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs アビスパ福岡 in KK-WING

えー。負けちゃったよ…orz

試合観てましたが、内容もそれほど良い出来じゃなかったし。
12000人の観客を呼んでおきながら何ともしょっぱい試合だったと言わざるを得ません。


J'sGOALのインタビュー記事や今朝の熊日の記事を見ると、ロングボールを簡単に蹴っていたことについての反省が多いようですが、福岡のDF陣のことを考えると単純に蹴る場面が増えることも1つの答えであったと思っています。
ただし、福岡もロングボールが多かったし、連続するとどうしても陣形が間延びしてしまうので、ボールを持てる場面ではもっと丁寧に繋ぎたかったし、多少遠くてもシュートで終わる場面をもっと作って欲しかったなと。

天皇杯では石井不在が大きな影響を及ぼさなかったようですが、こういう間延びする、速攻か遅攻かを選択する主導権を握らせてもらうような相手の場合、やっぱり石井の存在は大きく感じますね。その点、後半に入った拓ちゃんがすごい面白い動きをしてくれてたし、ボールの散らし方もさすが、左サイドを攻め上がるタイミングとクロスも見事だったので、次への糧にはなったのかなと思いましたね。さすが元J1の選手だなと思わせる場面は多かったです。あとは、例えばスタートからはいるとしてどれくらい質を落とさずに出来るかですよね。

ただ、じゃあ翔平ちゃんと吉井のコンビは100%悪かというとそうでもないかなと。
ボランチに関しては、絶対的な存在であった石井がいない今、組み合わせ含め改めて考え直さないといけないのかなと思います。単純に考えて、C大阪や仙台のように自分たちでボールを保持し主導権を握りたいチームが相手の場合にはうちが守備から入る場面が多くなるので、前からプレスが出来る翔平ちゃんや吉井を使い、今節の福岡のようにとにかく前戦の強い選手に蹴ってくるようなチーム相手には前にプレスに行くよりセカンドやカバー、そして攻撃のファーストボールの判断が大事になってくるので石井や喜名さんのようにサッカーをよく知っているベテラン選手を選ぶとか。

現に、今回の福岡も前半序盤は繋ごうとしてきてて、そこで翔平・吉井コンビはうまくはまってましたけど、うちがシュートまでいけずカウンターを仕掛けられるうちにそっちで手応えをつかまれてペースを握られた感はありますね。木島に入れる縦のボールも雑なのが多かったし、そこに入れるところからしかパスサッカーが始まらないことを読まれたというか狙われたというか。

組み合わせを試すっていうのも今さらですけどね。もうシーズン終わりますし(苦笑)
石井に頼りすぎてきたツケがここに来て現れてるのは間違いないのかなという印象は持っています。


とすと、最初のプランニングでは熊本の方に分がありましたが、攻撃しきれないうちに福岡に慣れる時間を与えてしまい、選手間で修正され、徐々にくさびを打てなくなるという展開でしたから、ロングボールが増えたことは一概に悪かったとは思わないかなと。流れ的にはやむなし。繋ぐにはワンタッチの精度とか判断とか、特に運動量が前半途中で減ってしまったので厳しかったかもしれないと思いました。

ロングボールをきちんとDFラインの裏に蹴れていれば十分にチャンスを作れたと思いますしね。最初はそういうボールも多かったけど、途中からは簡単に跳ね返されるところにしか蹴れなかった。元々うちの前線には身長はないんだから単純に競り合っても負けるよね。そこで工夫ができず、ただボールを蹴るだけになってしまった…のは反省すべきです。


そして、ロングボールを増やしたことで、その分前と後ろの間隔が空いて、中盤含め守備陣が修正を余儀なくされ、そこが間に合わなかった。それが失点をしてしまった一番の要因かなと。

失点はそういう間延びした中から久藤につくべき人がつききれず(ヤスになるのか、ボランチになるのか)、フリーで飛び込まれてしまいました。センターバック2人はゆたか氏と黒部についてたから、久藤を見る余裕はなかったと思います。SBかボランチが守備ラインにいて余裕がないとあの場面で失点を回避することはできなかったんじゃないでしょうか?

その点、解説の池之上さんはマークを受け渡しじゃなくて、きっちりつけた方がいいとおっしゃっていましたが、福岡の2トップはサイドに流れる場面も多かったし、もしCB2枚で彼らを見ると中央ががら空きになる場面を作られるので、受け渡しはやむを得ないんじゃないかなと思いました。むしろマンマークは危ないんじゃないかなって。イチ・ヤス・翔平ちゃんに吉井の守備陣だと最終ラインに張り付くのはもったいないしね。


攻撃面では、惜しかったのが拓ちゃん・藤田・西あたりが絡んだゴール前でのワンツー(繋ぎすぎてGKキャッチ)と木島の左をえぐってのクロス(だれも走り込まなかった場面)かな。
前者は拓ちゃんから藤田でワンツーした後ダイレクトで拓ちゃんがシュートできなかったのかなと。後者はニアに西森くんしか走り込んでなかったから、あそこは西あたりが詰めないとだめだぞと。

その辺の判断はまだまだでしたね。出来て欲しい部分もあったし、経験かなと思う分もありました。来年含め、今後に期待ですね。



まぁ各選手個人としては頑張っていたと思います。
内容は良くなかったですけどね。
別に気を抜いたとか、力を出してなかったとかそういうことではないかなと。

北野監督が言うような「チームもそうですし、個々も、ウチよりも1つも2つもレベルが上」だとは思っていません。それを言い出したらキリがない。うちが勝ち越した鳥栖にも失礼。今、懸命に上位陣に食い下がっている鳥栖はあと6ポイント勝ち点があったらどれだけ楽か。その辺の潔さはいらないです。まだ試合も残ってる。福岡を追い越すチャンスだってあるかもしれない。上だと認めるのはそれからでも良いんじゃないかな。

これまで特に監督について何とも思ってはいませんでしたけど、この発言についてはちょっとカチンときましたよ。エースとられて、直接対決で勝てず、指揮官が降参するなんて、ひどすぎですよ。勘弁してください。



さて、次は水曜日にアウェイ水戸戦ですね。
今年は苦手なチームにはとことん苦手であるという成績ですので、かなり苦しい試合になりそうです。
とはいえ、水戸も栃木に負けたあたりから調子を崩し、今は8連敗。つけいる隙はあるはず。

まぁこういうところで流れに乗りきれず負けてしまうイメージがうちになくはないですが、水戸戦初勝利に向けて、仕切り直して欲しいところです。

とにかく1つでも上へ。そして、選手が来季に向けてレベルアップしてくれれば。
漠然とした目標しかありませんが、何か派手にやらかしてほしいものです。

天皇杯

前回の記事でも書いたとおり、天皇杯を直に見に行くことは叶いませんでした。
でも、よく頑張ってたって話は聞きましたし、読みました。
月曜夕方のロアッソ関連番組も十分な時間をとって放送してくれてましたしね。

残念だったなぁ。
PK戦になってしまってはもう運の世界。ただよや矢野のせいには出来ません。
石井の離脱があったり、相手が今季4回目の対戦で負けなかった横浜FCであったことも一抹の不安を感じさせるものがありましたが、その点に関しては何も心配要らなかったようですね。

リーグ戦でシーズン前の目標を達成することが困難になり、天皇杯でJ1相手に力試しをすることが1番のモチベーションになりそうだった今年度。痛いですね。本当に。


でも、シーズン前の目標の最後の砦が今週末に残っているじゃないですか。
九州ダービーで首位になる。この目標を達成するために福岡を倒さなきゃね。
元々去年、うちは鳥栖、福岡にそれぞれ1勝1分1敗で、鳥栖に勝ち越した福岡が全体の勝ち点では1位ということになりました。が、うちは負けたとは思ってないよ。どっちとも対戦成績五分なんだから。福岡が鳥栖に勝ち越したか知らんけど、うちは対福岡限定では五分ですから。

そんな気構えでやってまいりました(笑)

この論理でいくと、うちは福岡にさえ負け越さなければ、九州ダービー裏番長として君臨できると思うのです。だって、福岡が鳥栖に負けただけじゃない。うちは鳥栖に勝ち越したし、福岡に負け越さなければ下とは言えん。

まぁへりくつとは分かっているんですが、とにかく負けたくないなと。福岡には。
ここ数試合はいい試合をしながら、あと一歩の所で勝ち点を失う試合が多く目立っています。
福岡戦はお客さんもたくさん入るようだし、快勝して欲しいね。


10位も無理。天皇杯でJ1と対戦も無理となっては、せめてせめて九州ダービーでくらいはいいところ見せて欲しいなと。切に切に願ってやまないのです。

福岡に勝ったらブログいつもより早く更新してやるっ!(笑)

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs コンサドーレ札幌 in KK-WING

ご無沙汰しております(笑)

激しく今さらなうえ、コンサドーレ戦は来客のため、フワッとしか見れませんでして。
更新すべきか迷いましたが、いちお。

何となく良い感じだったよね。良い守備してたし、攻撃も良かった。結果は見合わなかったけども。

木島のPKはちょうど来客の時間と重なり、直前で席を外し、全く見れなかったという…orz
オシムじゃないけど、基本席は立つんですけどね。PKは見ない派です。


外した件につきましては、トップスコアラーがPK蹴るのは普通ですし、外すのもあること。これまでのPKも外してないしね。木島を責めるのは違うかなと。
藤田さんに蹴らせたらっていうのも、きっと彼は誕生日だからという理由で譲ってもらうのを良しとしない男でしょうから。

まー勝てたよね。
決めるポイントはいくらでもあった。
攻撃陣は守備陣の頑張りに応えたかったね。


で、水曜の愛媛戦は台風で延期。
どう捉えるかは難しいとこですが、監督が変わったばっかで特に守備システムの構築がうまくいってないようだし、ジョジマールの怪我もあったようだから、愛媛の方がラッキーだったんじゃないかな。
うちが愛媛と対戦するときって愛媛の方が不幸な感じが多い気がするな。前回控え3人だったし。代替日が決まったら気を引きしめてかかりたいね。流れ的に苦戦しそうだ。


明日は天皇杯、横浜FC戦。
今季4度目の対戦。下のカテゴリーのチームと対戦するよりはやりやすいかもね。ただし、今季負け無しとはいえ、相性がいいとは思えません。二度も嫌な形で追いつかれてる。ホームであることを最大限に生かして勝ってもらいたい。新潟と試合したい。それを見たい。


ってか、石井が靭帯損傷で離脱か。痛いなぁ。全治8週間は今季絶望かな?
吉井と翔平ちゃんには当然頑張ってもらわないといけないし、喜名さんを始めとするMF陣にはフル稼動してもらわんとね。ヤスや網田くんの左SB起用も様になってきたし、拓ちゃんのボランチ復帰も楽しいな。
ピンチはチャンス。がんばれ。



あー。明日行けない…試合見れない…orz
行った方のレポート楽しみにしてます。
深夜帯でもいいから録画放送とかやってくれたらいいのになぁ。

vs ベガルタ仙台 in ユアスタ

J2で屈指の雰囲気の良さを誇るユアテックスタジアム仙台。
かっこいいよね。あの雰囲気。J2にいる間に目指すべき雰囲気の最たるところですよ。

そこをホームとするベガルタ仙台は現在2位。
去年外国人枠を使わずにチーム作りを始めて、昨シーズンは3位で入れ替え戦に負けたためJ2に残ることになったけれども、チームは熟成を高め、要所にレベルの高いブラジル人選手を獲得。堅い守備と豊富な運動量をベースにしたパスワーク。今季快進撃を続けております。


そんな仙台を相手に、今季2敗で迎えた第3戦。
今季の2試合共にセットプレーから失点し、そのまま崩れてしまうという展開が続きました。

結果、またもセットプレーで失点し、最少失点ながら得点を奪うことが出来ず負けということに。


結果から見れば、1失点と守備陣は粘ったと評価できるかもしれませんが、仙台の拙攻に助けられたというのも事実。運が悪ければ、大敗してた可能性も否定できません。

とはいえ、ヤスが今節もスタメンで起用され、本人もブログで言っているとおり、横浜戦よりも確実に躍動していたと思います。チームにフィットしていたと思います。シュートも打てたしね。ヤスを見ているともう少し前で使ってあげたい気もするけどねぇ。SBが似合うというのもそれはそれで嬉しいことなので。攻守に1vs1のレベルを上げてもらえれば最高ですよ。イチとのバランスは石井さんに頑張ってもらいましょう(笑)
CBの2人も頑張ってたけどね。気になるのはセルフジャッジしてるところだよね。オフサイドとか。アピールするのは大事だけど、足は止めないようにしないと恐ろしいときがあるよ。これは矢野やただよだけじゃないんだけども。

セットプレーについては、本気で対策考えないとやられすぎてる感は否めません。
FKの早いリスタートやスローインでやられるときは単に集中力の問題であることが多いですが、CKのようにきちんと集中して構えるようなタイプのセットプレーの時にもやられているのは問題じゃないですか?ファーサイドでフリーの選手がいたりするところをみると今はゾーンかな?CKの時はマンマークにも見えるけど。あそこら辺はしっかりしたいよね。マークを外してしまう場面が多すぎる。これはずっと言われていたこと。池谷時代から言われていたこと。ここまでくると選手の問題じゃない気がするよ。システム的なことが十分なら、もっと練習で相手を意識して守備練習したいよね。あそこのあのFWならこういう動きをするんじゃないか的な。選手自身が相手を知る努力をすべきだと思うし、スカウンティングももっと煮詰めれる気がするな。


攻撃陣は完全に仙台守備陣にいなされたね。
対等に勝負できていたのは0-0の時だけ。
一番良かったのは、前半の藤田さんのヒールから宇留野の形かな。
あれはもっとも決定的でうちらしい崩しだったよね。
あの攻撃をひっかけてくるのはうちの方よりも仙台守備陣のすごさでしょう。堅いな。やはり。

ちなみにあの場面は、宇留野のシュートがクリアされて、翔平ちゃんが拾ってかわすところまでパーフェクトだった。あれを翔平ちゃんがシュート打ってくれたら仮に入らなかったとしても、一連の攻めとしては良い感じだった気がしましたけど。やりきった感かな。

たしかにあの場面でパスは選択肢としてあったとは思うんですよ。ラインを気にせず狭い局面でも崩せると思う意識は一流だと思うし。けど、一度跳ね返ったボールで裏を狙うのは相手のラインを上げる動きもあるから味方とのコンビネーションもかなり良くないと無理だと思う。最低でも2列目から飛び出せる人がいる時じゃないと。1回目の攻撃に絡んだ選手たちに再度相手のラインを攻略させるのは厳しいと思うし。結果、難しい方を選択したかなっていう印象。まぁ正解なんてないんで。何が良いとか悪いとか言うつもりはありませんが、惜しいチャンスだったなと思いました。


あとは、崩した!って感じはあんまりしなかったね。それだけ仙台の守備はさすがでした。
結果は1点差でしたが、その1点はかなり大きな差だったように思います。
これがJ1昇格を現実的にしたチームの実力なんでしょう。

ちょっとサイドからクロスを上げる展開が多すぎたかなという気もするね。
相手ラインが下がりながらの状況ならアリだけど、今節は遅攻も多かったし、待ちかまえられた状態でのクロスは、ただでさえ厳しいのに、うちの前線の身長を考えるともはや絶望的。もうちょっとクロスを工夫するか、速攻を増やすか、とにかく何か糸口を見つけたかったですよ。それが出来ずに終わってしまったのは痛かった。

加えて、やっぱり選手のやりくりが十分じゃなかった気もします。
ヤスと木島と西とウルは代えなきゃ行けないような状況に追い込まれたからね。
使いたいのは分かるし、代えなきゃいけない状況になったのは結果論だし、スタート時点でベストの布陣だったのかもしれないけど、90分トータルではベストの布陣ではなかったような気がしました。


んー。難しいですね。

まぁとにかく今の課題は守備かな。
77失点っていうのは多すぎる。これは個人じゃなくてチームの問題だと思います。
得点はJ2全体でも真ん中くらいの多さなのに、失点がダントツで多いのは今季の失敗というべきかと。単純に得点と失点がトントンくらいだったら10位は達成できたような気もします。これを来年に期待するのは簡単ですが、今年もまだ何試合かあるし、何か答えをみつけてもらいたいとこですね。



さて、今週末は札幌戦。なんと対札幌戦は2戦2勝。
別に相性が良いわけじゃないと思いますけどね。ラッキーだっただけです。
今は札幌の状態もかなり良いし、普通に考えたら相当厳しい試合になると思います。
とりあえずキリノを調子に乗せないこととテクニカルな中盤に走り勝つこと。
特に最近は1トップにやられまくっているからプレスの仕方は具体的に確認しておきたいね。
3戦3勝はさすがに難しいと思うけど、なかなかないチャンスであることは間違いないから本気で目指してもらいたい。

10月18日のアビスパ戦に動員がかかっていることもあるし、ホームゲームで勝つことは非常に大事な時期だから。札幌戦とその次の愛媛戦はとても大事。できれば連勝して、動員と3連勝を重ねたいところですよ。その辺を意識してチームには頑張ってもらいたいところですね。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 横浜FC in KK-WING

惜しかったねー。

終盤のCKは全部怖かったけど、まさか最後の最後で来るとは…
JFLの時には終盤で追いつかれたり負けたりなんて試合も多かったけど、Jに入ってからはほとんどなかったからこの感覚は久しぶりです。

めっちゃくやしいですぅ…なんか古い表現だ(笑)



この試合は最後の最後の1プレーに目がいきがちだけど、序盤からセットプレーの守りには危うさがありました。相手の拙攻にも助けられ、ぎりぎりで踏ん張っていたという印象はあります。1-0で勝ってたらよく勝ったねって書いたと思うし、引き分けても負けてもそれなりに納得できていた展開だとは思うけど…やっぱね…あと1プレーで勝ったと思うとね…勝てたじゃんっていう気分になりますな。しょうがないですな。

ま。個人的には五分五分の展開だったと思っているということです。それなり崩したし、崩されたし。
ラッキーでのこり1プレーまで粘れたけど、帳尻合わされたってことかなと思いますよ。
そう思って切り替えるしかないってことだよね。



それにしても、藤田さんのゴールはカッコ良かったね。
木島のあのスルーパスはなんだ!アシストに目覚めたのか!すごいな!
あの時間帯は押され気味でしのいでしのいでの展開だったから本当に良いゴールだったと思うね。

中盤だと、今回の翔平ちゃん良かったよ。縦に出すパスも多かったし、可能性を感じさせるミドルもあった。終盤ちょっと後ろや横への停滞させるパスも多くなったけど、全体的に良かったと思います。翔平ちゃんや吉井が良いと石井も楽そうっていうか、良いポジション取れるからね。今後も頑張って貰いたいところです。

DF陣はやっぱりヤスを語らざるを得ないよね。TMとかで見る感じ、そんなにSBには向いてないと思いましたが、頑張ってた。よく動いてたし、足が速いっていうのは素晴らしいことです。本人のブログによれば、足がつるまで頑張ったということで。すばらしいですな。でも、90分出来て欲しかった。次のチャンスは分からないけど、頑張って欲しい。CB2人も頑張ってたね。良い組み合わせだと思います。イチはやっぱり拓ちゃんとセットかなって思った。反対側がヤスだとイチが展開役任されるみたいだけど、イチのロングフィードってそれほどじゃないしね。ただよや矢野がロングを多用しなかったから、その分イチのところに回ってくる回数も多かったし、時間がかかっている分プレスもきつかったから、ショートパスもイチのところからカットされるところが目立った。拓ちゃんがいる方がイチの良さは出るようだ。この辺の組み合わせというかバランスも難しいところだね。

前線だと宇留野と木島のすごさを改めて感じた。背が高くてがたいのいい選手が前線でボールキープするってイメージはあるけど、宇留野と木島の前線でのキープの巧さってすごいなと思う。良いときは相手が3人いてもなんとかするもんね。この2人がフルシーズン闘えて、ゴンさんや山内、井畑くんが絡むのが理想だったんだろうけどな。なかなかどうして。まだまだフィーリングは合ってないと思うから、このコンビののびしろはかなりあると思うよ。西も加えて、サッカー界のスーパーカートリオ(古)を結成してもらいたい。楽しそうだ。


采配については、交代して入ったばっさんのバックパスがクローズアップされると失敗と言わざるを得ないかな。それ以外にも、終盤に動けなくなる人が多すぎた。序盤から飛ばしすぎたのも原因か。初スタメンのヤス、怪我明けの宇留野、久しぶりのスタメン復帰の木島、そして連戦の疲れ。色んな難しい要因はあったと思うけど、90分のプランニングには失敗したと評価せざるをえませんね。網田くんの控えに拓ちゃんを起用できる采配は持ってるわけだから、そうとういっぱいいっぱいの采配であったということでしょう。期待を込めての意味合いが強かったのかな。
とりあえずヤスのバックアッパーは欲しかったね。そのまま左SBに入れる選手が欲しかった。矢野は左SB苦手意識あるってことだし、考えないと。ばっさんがそのままSBでも良かった気はするけどな。あとは、今回までは山内スタメン、木島ベンチの方が良い采配できたかもしれないね。西・宇留野・ヤスのスタメンで西森・木島・拓ちゃんのベンチワークの可能性はなかったのかと。もちろん結果論。木島がベンチにいたら先制だってあったか分からないわけだし。

結局、監督も大変だよねってことで(笑)
チーム事情もあるだろうし、コンディションやモチベーションもあっての起用だと思うしさ。
外野にやいやい言われるのも仕事なんだろうけどさ。頑張れとしか言いようがないね。
すいません。やいやい言って(苦笑)



明日は仙台戦。戦績ほど苦手なイメージはないんだけど、今年は負けるところにはあっさり負けるからなぁ。セレッソ然り。徳島然り。何とか去年の湘南戦みたいに頑張って欲しいところですよ。鳥栖のアシストをしてあげられたらと思うであります。

あと、1つ思っているのが、うちって夜より昼の方が強いのかねぇ。
草津戦も鳥栖戦も太陽昇ってるうちだったし、徳島戦は夜だったし、横浜C戦は昼だったしね。
今後は昼間が続くし、是非とも良い感じで勝ってもらいたいものですよ。みんな頑張れ!

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 徳島ヴォルティス in ポカスタ

せっかく験担ぎのつもりだったのに、ただサボりみたいになったっていうオチですか…orz


今回の負けでとりあえず草津サポさんにとんでもないことをしたっていうのに気付きました。


最初のコバのミスから嫌な予感はしてた。

ああ。このCKだけは取られちゃいけない。とられた。

落ち着いて立て直すとこから。とられた。

2-0からの次の1点は勝負の分かれ道だ。とられた。

木島が入った。とりあえず1点とろう。とられた。

あとは崩れるのみ。とられた。とられた。


ゲームの分かれ道全てが悪い方に流れてしまった。
もはや徳島が強いとか相性が悪いとか運がないとかそういう問題じゃなかろう。
0-3、0-3、0-6て。セレッソ相手にも三敗だったけどここまではひどくなかった。
J1とJ2、プロとアマが三試合したって、ここまで完敗続きってのは余程差がある時しかありえないよ。なのに同じカテゴリーでこれはない。このスコアはない。1つもまともな試合ないじゃないか。


今節に関してはいくつか問題があったと思う。

最大の問題は相手の433への対応が拙すぎたということか。
ここ2試合の結果が良かったのは攻撃のはまり方じゃない。守備がはまったからだ。前線からプレスをかけて奪うことができたからロングパスが失敗しても守備から入る姿勢を維持していればよかった。
けど、433と442のボックス型では中盤にギャップができる。相手CBを山内と藤田さんでみたら相手アンカーが1つ余る。ダブルボランチでプレスをかけると相手MFの2枚が余るそこにCBが気を取られると1トップがラインを崩す。うちの場合は矢野とソンジンで1トップをみてたからバイタルを相手のハーフがフリーでプレーする機会がたくさんあった。拓ちゃんやイチは中に気を使ってたけど、そうするとサイドがフリー。
もう徳島やりたい放題だったよね。

単純な算数の問題。バックが余るってことは前が足りないってことだ。
みんながスライドで埋めて埋めて最後のバイタルでボランチは前から、CBは待ってからと意図がずれたように見えた。この意識の問題は仕方ないこと。それぞれのポジションになればわかる。それが普通だ。
ピッチ内で修正できればそれが一番だった。それが出来ないなら監督からシステム変更を指示すべきじゃなかったか?
0-6だ。選手、監督スタッフ…誰か個人が悪くてもこんな点差にはならない。何もはまらなかった。何も活路が見出だせなかった。こんな試合はダメだよ。パー相手にグーだけで勝負したら負けるよ。こっちがチョキに変えたら相手がグーに変えて、ならばパー出すみたいなものでしょ。サッカーは。万能な戦術なんてないのだし。

攻撃もさっぱりだったね。
山内は前半サイドに流れる場面を増やして、木島投入後の良い流れの時に中央で勝負したかった。逆だったもんね。
他の攻撃陣はそれほど悪くなかったな。ただし、前半は攻めれるとこでシュートまで行かない場面が多かった。行けないじゃなくて、行かない。
最終ラインやボランチでのパス回しが多くなると、前はスペースで勝負できないし、数では多いはずの中盤で完敗だった。これは柿谷と徳重の頑張りを誉めるべきだろう。うちが0トップでやりたかったことは今節徳島が見せてくれたと思うよ。


とりあえず結果が出てしまったものは仕方ない。
今から何やっても0-6で負けた事実は変わらない。

こうなったら自らの力の無さを受け入れて、今後の試合に反映させる他ないよ。

毎回言ってるけど、課題は山積みだ。草津戦の後にも別に大きくチームが変わったわけじゃないって書いた。結局、そういうことなんだと思う。
でも、今後ずっとはまるかはまらないかでやってくわけにはいかないし、うまくいかないときにどうやって粘るか、どこに活路を見出だすかは選手に頑張ってもらうしかない。個人に託すかチーム全体で煮詰めるか。出来たら後者であってほしいよ。


次は動員かけての横浜戦。
横浜最近良くなってきてるよね。基礎固めにだいぶ時間がかかったって感じ。第2Cとの対戦でも強くなってるって印象受けたし。そもそも言うほど弱いチームじゃないしね。今の順位は不当なチームの一つでしょ。

といっても、うちも相手がどうだっていう状況じゃないよね。難しいけど、みんなで前向くしかないよ。ベンチ以下の選手は今の状況をチャンスくらいに思ってくれないと困る。相手が誰でもスタメンぶんどる気持ちで頑張れ。西や山内みたいになるんだ。次戦のヒーローはおれだ!ってギラギラした選手希望。スタメンはもっと危機感もって試合に出てほしいよね。

1年前の試合を再現してやろうじゃありませんか。

元気出そう。

vs サガン鳥栖 in KK-WING

もう1週間前の話だけどさ…

勝ったね。
西森・西のゴールも素晴らしかったし、木島・山内のゴールも素晴らしかった。

鳥栖に勝って晴れて勝ち越したことも大きい。

良い日だったな。良い日になった。


この鳥栖戦を観て、去年のベアスタでの鳥栖戦を思い出された方も多いのではないでしょうか?
2万人の大観衆の中、アウェイの熊本が中山・木島のゴールで勝利したあの試合を。

そして、このブログ的にも今の状況は去年を思い出させます。

あぁそういや去年の鳥栖戦の詳細記事は書かないままだったなって(苦笑)
書く書く言ってたし、本気で書くつもりだったんだけど、書かないままになっているあの試合。
験を担いで今回もスルーしてみるかと今さらながら思っています。決して書くのが面倒だからじゃないからね(笑)


去年は初の連勝達成したのが鳥栖戦・横浜C戦の流れだったし、今年も連勝記録に鳥栖が絡んじゃうのかな?横浜C戦まで夢を繋げてくれるのかな?楽しみなところですね。

まぁ先を見るのはまだ早いか。
明日は今季2完敗の徳島戦。ポカスタの徳島は強いからね。
第3Cに入って勢いは落ちているような感じですが、全く侮れません。

とりあえず良い試合になればいいね。
怪我人も続々と復帰しているようだし、今後も攻撃陣から目が離せませんな。

最近は華麗なパスゲームとはいかないけど、「人」ありきの戦術ならばそれもまたやむを得ないし、結果を出してるから今のチームにあっているってことでしょう。

そして、良い攻撃は良い守備から。守備陣にも大いに期待しています。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs ザスパ草津 in 松本

まさかの展開でしたね…

まさかの…

6・得・点


びっくりしたー。

中3日だったし、何かが大きく変わった訳じゃないと思うんだよね。
前線からの守備っていうのもえらいはまったように見えたけど、何より草津の出来が悪すぎたようにも見えるし。コバが後ろでコーチングしてくれたのも大きかったんだろうけど、細かい反応の部分ではヒヤッとすることもあったし(ビッグセーブもあったからナイス!コバ!なんだけど)、網田くんもJ初試合にしては落ち着いてたし良い選手になる予感はしたけど、本人もコメントしてたとおりミスも多かったしね。

ここで気をつけなきゃいけないことは、良い方向に劇的に変化したと過信しないこと。
藤田さんがブログで書いてたとおり、本当に大事なのは次。明日の鳥栖戦だよね。
鳥栖戦で何もできなかったら草津戦で勝ったことが偶然になってしまう。勝ち負けも大事だし、草津戦でやったことを鳥栖戦でも継続できるかどうかが今季を良い形で締められるかどうかにかかってくると思うし。頑張って欲しいところです。



さて、今回は先にまとめてしまいました。きっと引き延ばしたからですね(笑)
悪い試合も時間を挟めば冷静に分析できるし、逆にいい試合もすごく冷静に見れますね。

今節、山内のハットトリックをはじめとする攻撃陣も見事だったんですが、何より良かったなぁと思ったのは矢野ですね。今節一番スーパーだったのは矢野だったと思っています。網田くんのミスも良くカバーしてたし、コバが小池のクロスを見切ってポストに当たったボールに反応した高田のシュートをクリアしたのも矢野。後ろでのパス回しもだいぶ落ち着いてきたし、良かったなぁ。

網田くんの良かったとこは、たぶん決まってたんだと思うけど、とにかく球離れが早かった。回ってきたら迷わずロングでDFラインの裏に蹴る。元々キックには定評あるし、ボールの軌道もかなり低くて早い山内仕様のパスがバンバン出てたよね。あれは、今までだととにかく繋ぎたいっていう部分でショートが多かったうちの最終ラインにおいて、異色だった。「今年の熊本は繋ぐ」っていうイメージがあったと思うから網田くんにかかるプレスは徐々に少なくなってた。網田くんにとってもチームにとってもすごくありがたかったんじゃ無かろうかと思います。加えて、草津のDFからの繋ぎが本当にグダグダだったから、なお網田くんの単純な裏狙いのロングキックは効果抜群だったよね。スタッフ陣のスカウティングの勝利だと思います。

あと、守備で良かったのは相手ボランチにきちんとマークをつけたこととそれがほとんど外れなかったこと。DFラインとMFラインの2ラインがすごくきれいに整備されてたし、前目の選手も後ろに任せることなく最後までマークにつく意識は高かったと思うな。それに、吉井・石井良かったよね。今までの草津との試合では中盤の勝負で相手に負けてた感じはするけど、今回は完全にうちの中盤が制圧してたよ。吉井のうちにきてからの成長っぷりには目を見張るものがあるよ。怪我なくシーズン通して試合に出られるようになったらJ2代表するような選手になると思うね。


攻撃陣はやっぱり山内か。シュートは元々巧かったし、ゴールに対する貪欲さもうちのFWじゃ木島・ウルと並んで高い選手だと思ってます。今回、3つ決めたことで覚醒すればいいけどね。化ける可能性はあると思います。
そして、何気に木島のプレー良かったね。西のゴールをアシストしたプレーなんて最高じゃん。今年で30歳。完全にベテランの域に入ってきて、大けがを乗り越えてきたからコンディションに不安はあるけども、あのプレーは一皮むけた感じしたよねー。木島のゴールはスカッとするから好きだけど、あのアシストはそれに匹敵するね。ナイスプレーでした。



いやいや。久しぶりの勝利は格別ですね。
今年の試合もどんどん少なくなって来てますが、1つでも多くの勝ちゲームを観たいものです。


明日は、九州ダービー2009最終章。鳥栖戦です。
補強がはまりすぎててやっかいだよね。特にホベルトはやっかいすぎる。前節の福岡戦で後半から出場してたようだけど、劣勢を一気に挽回したところをみると、完全にフィットしてるね。まだ本調子じゃなくて、半分しか出られないのなら良いけど、福岡戦のはまり方からして、明日は前半から出場する可能性もある。
とりあえず草津戦のように素早い攻撃が必要になってくると思います。中盤での勝負、特にうちが攻撃・相手が守備という状況での互角の勝負は避けるのも1つの作戦でしょう。鳥栖の両SBは高い位置をとるでしょうし、やることは草津戦と同じ。都倉をマイクと思えば、守備面でもやることは同じです。

第1クールは中盤で互角の勝負ができました。決着はオウンゴールでつきました。
第2クールは運動量で完敗でした。中盤を制圧され、パスを自由に繋がせてもらえませんでした。
鳥栖との試合は確実に中盤でのガツガツとした肉弾戦が想定されます。ホベルト加入で確実にパワーアップした鳥栖を相手に去年の第3クールの再現を。
天気はあいにくの雨の予報が出ていますが、晴れそうな気もしてます。
動員もかかっているし、たくさんのお客さんに是非とも勝ち試合を見せてあげて欲しいものですね。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs FC岐阜 in KK-WING

勢いの差は感じていたので負けたこと自体が一番のショックというわけじゃない。
ずっと感じてきたズレがここにきて大きくなっていること、それがチームをむしばみ、選手を悩ませている状況を見るのが悔しい。
チームや選手の能力とかポテンシャルを信じてやまないのがサポだと思うし。

選手たちが頑張ってないようには見えないからなぁ。
にもかかわらず、完全燃焼できていないのが伝わってくるからますます悔しい。



岐阜戦のスタメンはセレッソ戦を踏まえてものだと思う。
前回の記事にも書いたけど、西森・山内・西を操る藤田さんを見れたのは良かったし、先制までのチームの動きを見てもそのチョイスは間違いではなかったと思う。

ここ最近の得点は個人の機転やウルの個人の力に寄るところが大きかったから久しぶりにチームで崩して奪った得点だったので良かったと思う。翔平ちゃんの縦パスが非常に効果的だったし、藤田さんが中央でためを作り、イチが右サイドを切り裂いてのクロスに、山内・西森がニア付近で絡んでのファーサイド西の飛び込み。見事です。身長ではうちの方が明らかに不利だからね。

ここまでは良かった。強いと思ったもの。
連敗チームとは思えない動き・崩し。チームが得点のために1つになってたよ。

ただ、ここからがいけなかった。悪い意味で落ち着いてしまったか。
積極的に縦パス出してた翔平ちゃんが途端に大人しくなり、徐々にボールの奪い合いが自陣に場を移しはじめ、ミスパスが増え、後ろからどんどん飛び出してくる岐阜に対応が出来なくなり、最終ラインがずるずる下がり始めると、中盤も最終ラインに吸収される。そんな中、ハイボールの落としを拾ってシュートという岐阜のパターンがはまり同点に追いつかれる。

実質的に絡んだのは拓ちゃんであり、ソンジンなんだけど、一概に個人の責任を問うのは難しい。
ここ数試合の悪いところ全てが関わってくるといっても過言ではないと思う。
当然、岐阜のラッキーな部分もあったと思うんだ。岐阜サポさんからしたらムッとされるかもしれないけれど、拓ちゃんが競ってたから正確に落とせなかった可能性もあったし、嶋田のシュートも難しかったと思うんだよね。その小さな部分での自信というか最近の調子というかそういうのが出たかなって思うわけで。ヒーローインタビューで逆転弾を決めた冨成くんが言ってましたが、「先制されたけど取り返せる自信はあった」、それが全てだったのではないかなと思いますね。

この時点ではまだ同点だったのに、チームのスタイルを挽回できなかった熊本と先制されても揺るがず自分たちのスタイルを貫いた岐阜。どちらが勝者に相応しかったかは明らかです。それが熊本であったと言えないのは非常に残念。

結局、2失点目も3失点目も最終ラインがずるずる交代してしまい、岐阜の2列目3列目に自由にバイタルエリアに飛び込まれるだけのスペースを与えてしまったチームの問題であると思いました。


後半の頭に北野監督が両SBを代えるという奇策に出ましたが、メリットよりデメリットが目立つ結果になり結果5失点と守備を修正できず、攻撃は終わり間際の西森くんのスーパーミドルが決まった1点にとどまりました。

両SBを代えるっていうのは全く考えていなかったけど、守備のバランスは悪くなかったし、何か手を打ちたいという必死さは伺えました。ただし、拓ちゃんとイチのコンビと矢野・西のコンビだとつるべの動きであること自体は変わらないし、試合後の嶋田選手のコメントからSBの上がった背後を突くことが徹底されていたことを考えると、敢えて西とイチの攻撃的SBにして中央に石井をきちんと余らせるプレシーズンのスタイルの貫徹の方が面白かったような気がします。結果論ですが。奇策は奇策だったんだけど、サイドが変わっただけで岐阜のプランを狂わせるための作戦にはならなかったかなと思いました。

加えて、パスサッカーのためのCB選択でただよとソンジンが選ばれていると想像しているんですが(当然コンディションもあるとは思いますが)、少し限界が見えてきているというか、このコンビだとソンジンがもっと積極的に前でアタックしなきゃいけないのに、それが出来ていなかったし、ただよがカバーのために控えてる前のスペースを思う存分使われている印象を受けました。かなり研究されて、攻略されている。こういうときはばっさんを使いたいんだけど、セレッソ戦を観る限りとても厳しかった。でも、セレッソ戦でばっさんの起用がファーストチョイスだったのも理解できるなと。期待や希望に近い起用だったんじゃないかなって思いましたね。セレッソ戦でそこそこ闘えたら岐阜戦もばっさんだったんじゃないかなぁ。

まぁとりあえず木下くんには同情の余地ありですね。今回の失点を防げというのは酷すぎます。
DFがシュートコースを限定している場面もほとんど無かったしさ。自信を失わないようにしてもらいたいね。

攻撃陣は一定程度評価できるけど、4-4-2で吉井じゃなくて西だと、翔平ちゃんのプレーがチーム全体の流れの中心であると言っても過言ではないと思う。石井にリスクマネージメントをしてもらうには他のMFがもっと攻撃の負担をかけないようにしなきゃいけないと思うし。いつもなら吉井と翔平ちゃんが交互に飛び出しとパス出しをやってればいいんだけど、西と組む場合は飛び出しを西に任せて方が良いバランス取れると思うしね。藤田さんもいたから良い形でパス出せばマークがついてても簡単には奪われないと思うしさ。解説の池ノ上さんも先制したあたりでは「いつもだったら横パス出してると思うけど(今日は良い縦パス出してるね)」っていうコメントもしてたし、良かったと思ったんだけどなぁ。

FWは西森・山内のコンビでしたが、良いコンビネーションはいくつか見せてたと思います。
西森くんの左足の巧さはJFL時代から分かってましたし、J初ゴールとなる見事なミドルからもそれは実証されたと思いますが、やっぱり小さい選手が二人だと攻撃のパターンも少なくなるし、ラインの上げ下げで巧く対応された感じはありますね。二人とも最後までよく走っていたし、どっちも良かったと思うんですが、二人限定のフィニッシュパターンを確立するとなお良しですね。あと、西森くんはちょっと下がりすぎた時間帯もありましたので、そこら辺は課題でしょうか。木島はまだ厳しい感じですね。いつもだったら確実に踏ん張れているところで踏ん張れていないところをみると、膝のコンディションはかなり悪そうです。その中でも全力でプレーしてくれているし、他のメンバーが下を向きかけているところでひたむきに走る姿は、さすが我らの10番であると感じました。



この悪い状態の中での連戦は相当厳しいですが、今週末には草津戦が控えています。すぐそこです。

立て直すには、プレシーズンでやってたサッカーを思い出す以外にはないでしょう。
高い位置で勝負する両SBとリスクマネージメントをする石井、汗かきの中盤が居て、藤田さんが攻撃のタクトを振るう。スピード系のFWが相手の最終ラインを出入りしてスペースを作り、コンビネーションで相手守備陣を切り裂きゴールを奪う。陣形はとにかくコンパクトに。繋げるところは繋ぐ。守備は前線からプレスを仕掛け、連動してボールを奪う。このプレスは縦への推進力を止めるイメージ。2人目以降は横に出たパスを狙うイメージ。最終ラインは勇気を持ってラインを高く保ち、飛び出してくる選手にこそ特に注意を払うイメージ。ここに書くレベルなので多少フワッとさせてますが、もっと具体的にイメージを組み立ててそれをチームで共有することが立て直しの第一歩だと思いますから。

草津は前線に都倉という無敵のターゲットマンが居ますから、岐阜戦での1失点目のような形は常にありうる。要は競り勝つことじゃない。確実に競ってポストプレーの正確性を奪うことと、落としたボールに対する注意を強く意識すること。後ろからの飛び出しには前線の選手と言えども後ろ任せにせずきちんと最後までつききること。守備陣は本当に大変な試合になると思いますよ。
攻撃陣はおそらく前線にはスピード系が並ぶでしょうから、岐阜がうち相手にやっていたように相手が攻勢に出た後に奪ったボールを効率よく活かすことだよね。両SBの裏を狙って走り出すのは常にやっていきたいところです。一気に両サイドを狙う走り方をすれば中央にスペースが出来るのは確実だからね。相手が攻撃しているときこそその陣形の急所を狙う意識は大事だと思います。

中三日で修正するのはかなり厳しいと思いますが、今うちが勝てないのは色んな問題の集合体が原因ですから、1つ1つ地道に答えを見つけていくしかありませんし、とにかく今が一番底でこれからは上がっていくってポジティブに考えるほかない。

1人でなんとかすることはできないことだ。チームで闘うしかない。
草津戦はそういう気持ちが見える試合になれば結果がどうあれ、将来の糧になると思いますから。

次の試合をターニングポイントにしよう。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs セレッソ大阪 in KK-WING

同一カード三連敗…
これは去年もなかったということで少々ガッカリしております。
力の差はあるというのは分かっているので、去年の成績の方が奇跡だったんでしょうか?
もしそうだとしても、そう思いたくない。そんな感じです。


セレッソ戦は第1C・第2Cともに面白かったので(大敗はしましたが)、今回も期待していたんですが…

んー。

最近どうも失点が軽いよねぇ…
今季の良いときはピンチはあっても粘れていた。
最後の最後でブロックが入るだとかGKが止めてくれるだとか。

もはや何が悪いのか分からなくなってるのかなぁ…

選手の力が足りないからだと周りが言うのは簡単です。それを言っちゃあおしめぇよ!レベルでしょ。
そういう人はレアルマドリードくらいに強くなってもあの選手はダメだとか言うんです。分かります。


今回は守備陣、比較的頑張っていたと思うんだよね。イチから拓ちゃんまで。相当頑張っていた。
最初の失点は時間帯も仕方も非常にまずかったけど、メンタル的に崩れることもなかったし、相手が決めきれなかったというのもあるけどギリギリのところでの粘りみたいなものは感じることが出来ました。

一番頑張ってるなぁと思ったのは拓ちゃんかな。
これまでそんなに守備面ですごいと思ったことはなかったけど、後半の序盤までは前から積極的にカットに行けてたし、最近はよくブロックに滑ってくれることもあります。ちょっと距離があると相手へのプレスをおろそかにする癖も少なくなってきました。SB起用はしんどいと思いますが、彼にとって今年1年はけっこう良い経験になってると思うけどな。
一方で、体力的な面は解消されず。というか、SBは一番きついからね。後半の半ばに木島にあげたクロスは見事だったし、あの時間帯にあのクロスが上げられるってことは体力的なポテンシャルもまだありそうだけどな。拓ちゃんはプレースキッカーの分もあるし、うちの中盤3枚が思いの外、中に絞っていることもあってカバーするエリアが非常に大きいので、一概に体力がないとは言ってあげたくないんですが、PKのところは多かれ少なかれ拓ちゃんが絡んでのミスだと思うんで、もう一歩頑張って欲しいですね。イチも2年前は守備あんま上手じゃなかったしさ。SBとして化ける可能性は秘めてると思うよ。

逆に、ばっさんは前半で交代になった通り、ちょっとフォローできないかなぁ。
本人がどう思っていたかは知らないけれど、ただよとの連携も微妙だったし、良いときのばっさんを知っているから余計に物足りない気もした。普段はソンジンに譲ってしまっているから、ここでしっかりアピールして欲しかったんだけど。
そして、ばっさんを起用する判断はミスだったのかなと思わざるを得ませんね。怪我でもないのにリードされている状態で守備のメンバーを入れ替えないといけないなんて。矢野は後半そつなくプレーしてましたし、ファーストチョイスでいけなかったのかなと思います。ばっさんのことを考えてもです。セレッソ戦での交代の仕方は良い感じだったんですが、1枚足りなかった感じは否めません。


攻撃陣は西森・山内・西とかなり期待してたんですけどねぇ。
後半の頭で西森が藤田に代わり、何も出来ないまま終了。
個人的には、この3人を操る藤田が見たかったりするんですけども。翔平ちゃんを代えて(悪いという意味じゃなく)、吉井・石井のダブルボランチにトップ下藤田、左西森、右西の451とかも面白そうだったんですけども。

藤田さんがいるときは通り道が出来てるんでそこに収まりさえすればみんなが前を向けるんですが、その状態になれすぎてるせいか、吉井・翔平ちゃんは飛び出しやゲームを作ろうとするパスは増えましたが、攻撃のための縦パスがあまり多くありません。ターンするよりくさびのイメージで落とすプレーがオートマチックになりすぎてる気がします。なので、藤田さんがいないときは攻撃のテンポを上げる縦パスは1つ下のポジションの石井さんにゆだねてしまっている状態です。そのせいか攻撃のギアが上がりきらず、前線の3人がラインを崩しかけてもそこへパスを出すタイミングを逸してしまっている状態のように見えます。結果、攻めが遅くなってしまったり、パスがカットされてしまったり。

パスサッカーとか流動性とか方向としては分かるんですが、やっぱり曖昧で大枠みたいなものですから、困ったときの寄りどころ、誰が入ってもやれる戦術浸透はまだまだ足りないなというのが、セレッソ戦の攻撃陣に対する印象ですね。

ってか、せっかくだしヤス見たかったけどな。何でベンチも外れたんだろう。ヤス。
ここ何試合かの途中出場けっこう良かったと思ったんだけど。




さて、今日はホーム岐阜戦。
最近の岐阜はシンプルだけど粘り強いサッカーしてる。困ったときはカウンターがあるし。高木や嶋田あたりはカウンターにもってこいなタイプの選手だし。西川・佐藤の大卒ルーキーコンビも将来的に良いFWになりそうだしね。うちの井畑くんも良いもの持ってると思うんだけどなぁ。先を越された感はありますね。良いチームだと思います。岐阜。

チーム状態としては岐阜の方が確実に良いですが、うちとしても5連敗は避けたいし、ホームでそろそろ勝たないと。これだけ負けても何とかお客さんに入ってもらってますから、いい加減勝たないといけませんよ。リーグ戦でのホームの試合はこの試合も含めて7試合。是非とも頑張って欲しいところです。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs ファジアーノ岡山 in 桃太郎

最悪の事態は予想していたとはいえ、この結果はさすがにきついですね。
もっとやれたんじゃないか?という気持ちは未だぬぐえません。


試合を見終わった後、敗因を考えたら1番に思ったこと

相手を甘く見すぎてなかったか?

でしたね。


Jに入ってそんなこと思ったこともないし、思う暇もなかった。そんなスピードでここまで来た。
今年は3つのクラブがJ2に加入したわけだけど、初回対戦でもこんなことは思わなかった。

個人的には、当初スカウンティング不足、つまりなめていたのはスタッフの方なんじゃないかと思っていました。理由としては、前半あれだけ簡単に相手FWにくさびを入れさせていたのを後半は頭からすんなり修正できていたこと。スカウティングが十分でなかったのか、単にミスだったのかは分かりませんが、とにかく不足していたんじゃないかと。

しかし、昨日の熊日さんの記事を見て、「あれ?甘くみていたのはプレーヤーの方だったのか?」と。

結局、真意は分かりませんが、闘志とか気迫とかそういうものがプレーに出てなかったのは残念でした。


試合の内容としては、前半の守備陣の軽さ、そして前がかりになった後半の攻撃陣の無得点、どちらも修正すべき課題ですね。

この試合は久しぶりに稲田がスタメン復帰、4バックに戻って、どこまで無失点で耐えられるかと思ったんですが、岡山FW西野の個人技であっさり2失点。素晴らしいゴールだったと前置きはしておきますが、止められただろうと。
1失点目はもうずっと同じ形。セットプレーから一旦弾くと止まってしまう足。なんとかしないと。最近はセットプレーでのマークが外されるというレベルの前に最初から外れていることも多いですよね。ゾーンで守ってるのかな?それにしてもでしょ。西野があのポジションにいてだれもついていないってのは問題だ。
2失点目はただよさんが半歩遅れたところで思い切りよくシュート蹴られての失点。あれは稲田が止めないといけないかな。ずっとスタメン外れてたから勘がもどってないのか、ピッチがボール走りやすかったのかそれは分からん。けど、コースもただよさんが半分くらい切ってたから、あれは止めて欲しかった。せっかく同点に出来たのに。ああいう失点をするとチーム全体がガッカリする。

その前提として、「後半勝負だった」(熊日での北野監督のコメント)とはいえ、後半のソンジン・ただよの前への圧力のかけ方を見るに、スカウンティング不足だったんじゃないかなって思ったんですよね。水戸戦の失敗も踏まえて、西野・青木にはもっとガツガツいってつぶさなきゃいけなかったし、後半はきちんと実戦出来ていたことを見れば選手の能力の問題でもない気がしましたよ。

後半のピンチは前半のそれより危ないものが多かったですが、相手の決定力不足に助けられました。これは守備陣のミスというよりは、後半勝負のプランから序盤押し込むことに成功したものの、得点が奪えず、徐々に岡山が挽回してきたことに、うちの中盤、特に吉井と翔平ちゃんがポジショニングの面でリスクマネージメントが十分に出来てなかった点にあると思います。終盤になってきて、クリアボールを岡山に拾われまくったのもその辺が起因してたんじゃないかなって思いますね。これは本人たちの問題というより誰かが気付いて修正できていれば良かったんだけれども。


攻撃陣はパスサッカーを掲げるのは良いと思うし、繋ぐのは巧くなっていると思いますけど、1タッチのプレーが少ないこと、1タッチプレーの精度が低いこと、スペースで動きながらというより足元でパスを受けすぎていること、フリーの時のクロスの精度が低いこと、そして、良いクロスが上がったときに限ってだれも中につめられないことなど課題は山積しています。

後半序盤の翔平ちゃんだったかイチだったかがフリーでクロス上げたのにコモしか中にいなかったのは顕著な例だよね。コモはつぶれるという仕事をきっちり果たしていた。あれは外からきちんと走り込んであげないとさ。誰でも良いから。あそこに走り込んでヘディングできるのはゴンさんくらいしかいないのかな。うちじゃ。ヘディングできるガッツマンが左ウィングにいてくれたらな。監督は安易にパワープレーしないって言ってたけど、パワープレーっていうことじゃなくてああいう時間帯と展開なら純粋に左ハーフに矢野をつかって、右のイチと翔平ちゃんで崩して、矢野に中に入らせる動きでファーに流れたボールを狙わせるという手もあったような気がします。うちの攻撃陣vs岡山の守備陣なら個の能力じゃ勝てたと思うしね。結果より内容が大切なことも承知していますが、勝たなきゃいけない試合もあるし、勝つための采配を振るってこその内容だと思うしさ。もう少しどうにかならなかったのかな?っていう気はしました。



…とマイナス気分はここまでにして、試合が終わってある程度引っ張っていると多かれ少なかれいい話も耳に入りますね。

こないだの試合でも途中出場したヤス。前回の記事で書いたような使われ方してましたね。
ヤスが前線のスペースで活き活きとしたドリブルしてるのを見られるのは嬉しかったです。
やはりヤスはドリブルシュートですよ。

次は是非シュートをよろしく。ペナ内なら意外と決まると思うけどな。1対1じゃない方がおすすめ。

そして、ヤスブログでは藤田さんからの熱いお話があったとの記事が。
ああいうことを我がクラブの期待の星に言ってくれる藤田さんもそれをきちんと受け止めて文章にしてくれるヤスもほんと最高だよね。
ヤスの技術はすごいんで。怪我をすることなくプレーできて、スタメン奪ってくれることを期待してます。




さて、あさってはC大阪戦かー。今年は良い試合はしてるんだけど大敗してるもんなぁ。
おまけに絶不調のチームにあって唯一気を吐いていた宇留野がほお骨骨折で離脱。
加えて、本当なら2万人動員の試合にするところだったのに、衆議院議員選挙と相まって、動員がぐちゃぐちゃになっちゃってるもんねぇ。16日の水戸戦にうつったんだよね?その動員。無理。時期も短くなっちゃってるし。なんかぐだぐだっと過ぎてしまいました。もったいなかった。
まさしく泣きっつらに蜂。

とはいえ、相手が首位だし、夏休みの最後の週末ですからそこそこの動員は期待できます。
夏の終わりに、スカッとする試合を見せて、ちびっこたちを気持ちよく学校へ向かわせようではありませんか!

健闘を祈ります。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 水戸ホーリーホック in KK-WING

水戸は苦手ですが、去年3試合・今年2試合闘って、今回が一番やりきった感はありますね。
負けてるし、前半はひどかったし、3失点してるから決していい試合だったとは言えませんが。


さて、良いところを探そうとすれば、どうしても後半の木島投入から書きたくなってしまうのですが、目を背けたらいけませんよね。やはり。


この試合は今季初の3バックで臨むことが熊日紙面で判明しており、監督のコメントもありましたから、果たしてどのようになるのかと、特に守備ですよね、修正できるのかというとこが注目ポイントでした。ちなみに、前の徳島戦の記事書いたときにはすでに判明していたんですが(苦笑)、いちお触れませんでした。


3バックはただよ・石井・ばっさんとソンジンが外れて、石井さんが1列下がる形。
正直なところ、3バックというシステム以上に石井さんをCBに下げてやれるのかは心配してました。
この点については、プレシーズンのTM全北現代戦参照です。
石井さんは明らかにボランチで光る。あの時の結論はこうでした。
一方で、あれはプレシーズンだったからなのかもしれないと淡い期待を抱いていたのも事実です。

結果、微妙と。

悪くなかった。3失点したけど、守り方が悪かった訳じゃないし、石井さんのプレーもまずまず。やっぱりプレシーズンだったから悪かったんだと思わせてくれました。

が、3失点と。成功とは口が裂けても言えないレベル。

水戸の攻めの形は単純でGKからロングで高崎に当てる、それを裏に抜ける荒田がシュートにもっていくか、フォローしてきた中盤が拾って展開するか。余程、高崎に自信があるんでしょうね。ガンガン当てて、どんどん押し込んできてた。シンプルだけど破壊力のある攻撃でしたね。
うちとしては、1.前線から惜しまずプレスをかけて正確なロングを蹴らせない、2.高崎との競り合いに勝つか勝てないまでも簡単にやらせない、3.荒田の飛び出しへのフォローor相手中盤とのセカンド勝負…の全てを全力でやって、それでやっと互角の攻防に持って行けるかどうかだった。

なのに、残念だけど、90分やりきった項目は1つもない。
プレスかけても無駄なこともあろう、競ってもうまいこと繋げられることもあろう、荒田にピンチを作られることも相手にセカンド拾われることもあろう。違う。言いたいことは全てに勝てっ!ってことじゃない。水戸は3点獲った後も全てをしっかりやってきた。気を抜かずにやってきた。そういうところなんじゃないかな?って思ったよ。今日の朝刊で宇留野が「勝つためにプラスアルファが必要だ」ってコメント残してたの見たけど、そういうことなんじゃない?プラスαなんて「これ」って決まったものじゃないと思うんだよね。何かもう1つ上乗せしたい、勝つために必要なことなら何でもいいから1つ上乗せしようよって意味なんじゃないかと思うんだけどな。

後半、前線から相手GKにプレスをかける場面も出てきました。
宇留野が1点獲ってくれました。途中出場の木島が貪欲にゴールに向かってくれました。
できるじゃん!って思いましたけどね。


石井さんが熊日に「いつもと違うことをやっていたら勝てない。ストレスの溜まる試合だった。」というコメントをしていました。これはどこに向けられた言葉なのか。3バックに向けられた言葉なのか、プレー内容に向けられた言葉だったのか。熊日の文章の流れだと(北野監督のコメントで「(3バックは)ダメでした」的なコメントもあったので)、3バックのシステム変更に向けられているのかなと思いましたが、石井さんのコメントだけだと分からないよね。安易に蹴るな、繋ぐとこは繋げ、システムが変わってもやることは同じだと言っているようにも見えますが…個人的に、3バック自体は急造な割にそんなに悪くなかったような気もするし、失点も結局GKにキャッチされるような攻め方の課題の延長だったような気がするので、やっぱプレーしてるとダメだって感じだったのかなぁと思いましたが。



で、後半ですが、木島の投入はもう少し早くできなかったのかな?っていうのは思いますね。
まぁどこかコンディションが思わしくないのでしょうか?その可能性はありますね。
ですが、西・宇留野・木島がそろい踏みでここまで活き活きしてたのは今季初だと思いますが。
宇留野・木島とか西・宇留野とかはそれなりのコンビネーション見せてきましたが、その中でもうまくいかないことあったように見えてたし、何より西と木島が一緒に出て両者が活躍したっていうイメージがあまり無いんだけど、後半は良かったね。西と木島の2トップに宇留野がトップ下で絡むのはベストかもしれない。藤田さんがいるときとはまた違ったロアッソカラーを出せてたように思いました。

やっぱりプレーに勝ちたい気持ちが一番出てるのは木島だなぁ。
ユニフォームの投げ捨てからのチーム内処分(おそらく対外的なクレームがあったのではないかと予想されています)でここ数試合は試合に出れませんでしたが、もしクレームつけたのがロアッソが本当に好きな人ならミスだったかもね。一番勝ちたい人を試合に出させなかったんだもん。この試合みたら分かる。
うちのチーム全体的に大人しいし、木島みたいな選手貴重でしょ。事件のあった福岡戦もしっかりみてたら木島の悔しさも分かるし。どうして交代なんだって見てる人も思ってたと思うよ。
ああいう行為は受け付けない人もいるんでしょうが、そこはひとつ穏便に。彼が怒っているのは小さく見たら「交代」に向けられていたかもしれませんが、大きく見れば「チームの勝利」に向けられていたわけで。負けてるのに平然としてたら応援したいとは思わないし、ああいう目に見える大人の本気はどんどんちびっこたちに見せたいなって思いますけどね。全力でやってうまくいかないこともあるけど、決して格好悪いことじゃないってことが学べるんじゃないでしょうか。

まぁみんな木島みたいにやればいいと推奨している訳じゃないし、スポンサー様に感謝こそすれ恨みなんてあるわけないですし、思ったことかいただけなんでサラッと聞き流していただいてけっこうです(苦笑)


脱線しましたが、とにかく木島が入ってからの攻撃陣は良かったと。
水戸守備陣には、これまでの対戦を含めても、けっこう平然と守られてることが多かったんですが、後半は明らかに焦らせたし、脅威を与えることが出来たと思ったので。第3クールでの6回目の対戦に期待です。

あとは、矢野の左ハーフ起用は面白かったなぁ。右から崩す、攻撃をとにかく右に特化するなら、左の矢野起用はありかなって思いました。ヘッドの当たり方によっては2点分ほどチャンスありましたし。解説の池之上さんがおっしゃってたように3バックの意図が「右からのクロスに対して、左ハーフに中に入って欲しい」ということなら、それは拓ちゃんよりも矢野の方が体現できていたように思いますけど。まぁ左足でのキックはもっとレベルアップが必要ですけどね。

拓ちゃんのFKも良かったね。やっぱ巧い。
もっとチャンス上げたいよね。ゴールまでファウルが欲しい。
前にも言ったと思うけど、こういうのは1つ決まればバカスカ決まるようになるから。
1つ決まるまではとにかくチャンスを与えてあげたい。

悪い方でいくと、翔平ちゃんが悪目立ちしてたかなぁ。決して動き自体は悪くなかったと思うんだけど、細かな判断のところでミスが多かった。元々攻撃は苦手な選手じゃなかったと思うし、気持ちが焦っているのかな?っていう印象は受けていますが。

ばっさんは本人も言ってたようだけど、高崎は絶対抑えなきゃいけなかったよね。今回の3バックの要はばっさんだった。高崎さえ自由にさせなきゃピンチは激減したと思うし、先制点もなかった。そもそもばっさんはこういう対人プレーの部分で期待されているのだから、パスミスとかカバーやマークのミスとかより、1vs1で負けないことはもっともっと伸ばさないとダメだよね。

あとは、監督の采配だけど、交代の仕方は悪くなかったと思うんだけど、時間はあれでいいんだろうか?上にも書いたけど。1-2になったときが木島の投入時だったと思うんだけどなぁ。0-1で折り返して、個人的には1点差で木島投入ならいけるっと思ってたら2点目とられてダメかなと思ってたら宇留野が1点とってくれて…流れとしては変えるならあそこしかなかったような気もしています。木島投入で良い攻撃も出来てたし重ねて残念です。
加えて、ヤスの使い方も疑問です。怪我が多かったせいもあって色々迷いながら、それでも頑張っている選手だと認識していますが、起用の方法がフワッとしすぎてて、何をさせたいのか分かりません。あれで「シュート打ってこい」くらいの指示だったら迷うでしょ。もうちょいやることを明確にして、もしくは限定して投入したい。元々右サイドを主戦場とするドリブラーでしょ?彼は。としたら、4バックの右ハーフでイチと併用するか、単純にFWで起用してあげた方がいい気もしますが。試合勘がないのに、あの短い時間で流れに乗って何かをしてこいって言うのはちょっと乱暴すぎる気もするんですが…木島とか井畑とか途中から出てそこそこ出来てる選手は自分の武器がしっかりしてる選手たちでしょ?ヤスみたいに色々出来るタイプを使うときは使う方の気遣いもいるような気がしました。

まぁ木島のコンディションが思いの外悪いのかもしれませんし。
ヤスには練習の時とにかく指示してて、交代前も具体的に指示して投入しているかもしれませんし。
インタビュアーもその辺つっこんでほしいよねー。お願いします。熊日さん。



さて、次はアウェイで岡山戦。
岡山調子良いみたいね。ヴェルディに勝って、草津に引き分けて、甲府に勝って…で今週末。
うちとの勝ち点差も迫ってきたし、当然負けたくないんだけど…

今思えば、第2クールでああいう試合しちゃったのはうちとしては痛いよね。せっかく3点とって良い流れだったのに、後半の相手の勢いに押し込まれてずるずる2失点しちゃったっていう。次当たったときにトラウマ引きずるくらいにやっつけるチャンスを生かし切れず、相手に十分やれるという実感を与えてしまった…そんな試合でした。

岡山ってなんとなく去年のうちと似てるんだよね。戦前のドベ予想が多かったのもだし、FW中心でやってきたことや割りと良い感じで地元に愛されてることも。前回対戦での走り方を見てもそうだし、ここに来て勢いがついてきていることも、去年のうちと同じ。だとしたら、そろそろ連勝しちゃうのかな?って(笑)完全にマイナス思考ですが…orz

うちにとって好都合なのはやるべきことが水戸戦と変わらないこと。
岡山の攻撃が機能するのは、西野や青木に収まって保坂や喜山、妹尾なんかに展開される形。
青木がポスト巧いんだよなぁ。良い補強したよね。岡山。
そこをしっかりつぶせるかどうかですよ。前回対戦ではけっこうやられましたからね。

攻撃はうちの今のやり方で十分通用すると思います。コンディションだけでしょうね。

地域リーグの時から競り合ってきたチームなので頑張って欲しい気持ちもあるし、勝手に親近感も持ってるわけですが、記念マッチの相手になるわけにはいかないな。


…記念かぁ…そういやそういうのに弱いよなぁ…うち…orz
※去年、湘南の菊池にJ2最年少ゴールを奪われる、新加入外国人選手に高確率で決められる、カズに記念ゴールを決められる、富山に対同一カード初勝ち越しを決められる…など


いやいやいや。負けん。初連勝はさせん!頑張って応援しましょう。

あーあ。しっかし、toto的には悩むなぁ(笑)

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 徳島ヴォルティス in KK-WING

相変わらずの遅さですが…


ホームでああいうゲームをしちゃあ、いかんよなぁ。
細かいジャッジに不満は言いたくなるけれども、そこは横に置いといて…

無得点で終わってしまったことと観客が力の抜けるような失点をしてしまったこと。

完全にサポ目線で言うなら、今に始まったことじゃないけど、短い間隔での連続失点は本当にがっかりするよね。あれはきつい。選手もきついのかもしれんけどさ。サッカーで3失点は絶望的だからね。ほんと残念だった。


失点の仕方は1点目は不運だったけど、CKからの2点目、1点目と同じようにやられた3点目は改善の余地ありありですね。セットプレーでの失点とリスタート後の集中力は去年も含め、ずっと言われてきたことだし、そろそろ目処を立ててほしいところです。マーカーの問題なのかスペースの問題なのか。戦術の問題なのか個人の問題なのか。声出ししよう。マーク確認しよう。責任の所在ははっきりさせて、やられた後の修正ポイントを明確にできるようなプレーをしよう。単に責任を追及したい訳じゃなくて、そういうところをはっきりしないといつまでたっても変わらないよ。できれば、木下くんにがんばってほしいところだがね。


加えて、今回は攻撃陣も振るわなかった。
解説の池之上さんもおっしゃっていましたが、攻撃が中央に偏りすぎた感は否めない。
前半はうまくイチを使えてたんだけど、徐々に出すべきときに出せない場面が目立ちはじめた。
ミドルを積極的にうつ意識は良かったけど、ピッチが濡れてるんだからバウンドさせるようなシュートであって欲しかったし、そこはパス出してもいいじゃない?っていうところもあったよ。

宇留野と藤田が変わってからは崩しのパスが皆無。今回は木島もいなかったしね。
やっぱり崩しを一部の選手に頼ってたのかなと思ったよ。残念だけど。
西あたりは個人で打開しようという場面も見られたけど、全体的に置きに行くパスが多すぎたよね。

極めつけは、CKが0本。
試合終わった後にスタッツ見る前にチャンネル変えたから、あとでふと気付いてJ’sGOALで調べてみたら…案の定…
せっかく拓ちゃんや宇留野、ダイシみたいな精度の高いキッカーがいて、ソンジンやただよがいくつかゴール決めてたりするのに、うちはゴール前のFKの数も絶望的に少なくないか?結局あのあたり、いわゆるバイタルで勝負できてない、もしくは、勝負させるようなパスが出せてないってことじゃないか?西や木島、宇留野、イチあたりはペナ付近でドリブルさせたら驚異なのに。決して持ってない武器じゃないのにうまく使えていない感じはするよ。



明日は苦手の水戸戦。
徳島戦の後だからってわけじゃないけど、水戸戦は毎回レフェリングにやきもきさせられる場面が多かったりします。もちろんそれ抜きで水戸は強いチームですが、もうちょい出し切って負けたいというか、どうもやりきった感が出ない相手であります。

つまり、苦手ってことだよね?(苦笑)

明日はホームだし、結果はともかく良いゲームを。
ここが終われば、次のホームゲームは第3クールに突入するし。
チームの順位を含めた成績も気になるところですが、これからは選手たちが来季の契約をかけて大いにアピールする時期に入ってきます。

重ねてになりますが、出来るだけ今のメンバーで上を目指したいというのがサポとしての本音。
1日1日、1分1秒、悔いの残らない日々を過ごして貰いたいものです。
そして、半年後、また一緒にロアッソ熊本で上を目指そうと笑顔で再会したいものです。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 愛媛FC in ニンスタ

今さらだけど…

やったーーー!

まぁ遅いっすね(笑)


前後半を各100点満点で採点するなら、前半は80点、後半は20点ってところでしょうか。

前半は素晴らしかったよね。
最近の試合は前半はいつも素晴らしい。
攻撃陣は確実に相手DFラインを混乱に陥れ、きっちり崩して得点する。ほんと素晴らしい。

1点目も2点目も吉井の飛び出しが決め手。
もっというなら仙台戦の吉井のヘディングもだから、この形は今のうちの武器だと言っていい。
前の選手がサイドへ開いて作ったスペースに2列目以降の選手が絡む形は見ててもきれいだよね。

つか、あの1点目なん?すごくない?(笑)
オーバーヘッド崩れのジャンピングボレー。もう笑ったよ。なんじゃあれー!って。
よくゴールの枠にとばしたよ。ほんと。


守備は危ないところもありましたが、拓ちゃんのブロックもあり、ソンジンやただよの巧い守備もあり、木下くんのいいセーブもあり、もちろん相手が外してくれたシュートもいくつかありましたが、良い守備も多かった。無失点で折り返せたのも良かったです。

強いて言うなら、相手の得意な形でやらせすぎたよね。
愛媛のカウンターはすさまじい速さだったし、ボールの失い方とリスクマネージメントをもっと意識してポジショニングしないと厳しかったかなぁと思う。



後半は、これまた最近毎回なんだけど、相手に持ち直されてやられる場面が目立ちます。
この試合だと、2点リードしてるんだから、もう1点どっかでとれたら試合はほぼ決まりで相手の気持ちも折れたかもしれないけど、それができなかったのは攻撃陣の反省点。

それに、チャンスが少なかった気がしたよ。良い形でフィニッシュに至るプレーが少なかったように思います。個人的には、もともとうちは守から攻への切り替えは早いけど、攻から守の切り替えは遅くって、後半疲れてくるとそれがますます顕著になってるんだと思います。イチが上がるとCB2人に石井と拓ちゃんが戻りながら守る形が多くなってる。本当なら吉井や翔平ちゃんが守備に参加するかセカンドを狙うのがベストだし、前半ならそれが出来てるんだけど、後半は出来ないことも多くなってくる。

この時期はきついからさ、後半足が動かなくなるのはよく分かるんだけど、それはCBの2人が一番きついから。なのに、きつくても頑張って戻ってるから。ああやって頑張ってるのに、失点が増えてるのは体力とか集中力とか簡単に言われるのは可哀想な気もするよ。もっとフォローしてあげるところはしてあげてほしいですね。リードしてますし。3点目は欲しいけど、同じくらい失点しないのが大事な状況ですから。そこは1つ。


それにしても、0トップの時に何が良いかって、中盤で石井・吉井・翔平ちゃんを併用できることだよね。石井の負担はそれだけで減ってるよ。よく頑張ってた。翔平ちゃんは最近の鬱憤を晴らすかのような動きだったね。これからはもっとミスを減らして、ポジショニングを良くすればうちの不動のボランチになれるよ。石井越えを目指して欲しいね。

宇留野も西も持ち味出せてたし、藤田さんの巧さも光った。

DF陣だったら、久しぶりに完封した木下も良かったし、DFに粘りが出てきてる拓ちゃんも誉めたいし、完全に風格でまくりのイチやただよの安定感も捨てがたいんだけど、今回はソンジンだな。なんか守備がばっさんみたいになってきた(笑)
昔は、カバーとかパスカットとかの方が能力あるように見えたけど、前にアタックする守備もそうとう伸びてるね。アタックしたときに昔はすぐかわされてた(特に愛媛のFWのようにスピードタイプには)けど、今回は少なかった。前半はパーフェクトに近い。やっぱ能力あるな。すごいわ。足元も巧いしさ。スピードやパワーを含めたフィジカルを備えたら無敵に近いんじゃないか。頑張って欲しいね。ほんとに。



もちろん愛媛の台所事情もあったと思う。
まさか控えがGK2人とフィールド1人の計3人とは思わなかった。
ほんとに選手いないんだなぁ。大変だよ。あれは。
でも、うっちー田中は怖かったけどな。だごはえぇし。まいる。
結果ほどの差はない。楽勝でもない。ぎりっぎりだったよ。綱渡りなゲーム展開だった。





ま。何はともあれ、連敗ストップです。よかった。ほんとよかった。

次のゲームは明日月曜、ホームに徳島を迎えての連勝チャレンジになります。
そういや第1クールの徳島戦見れなかったんだよなー。そして、0-3で完敗した。
今季の徳島はかなり強いみたいだけど、なんとか勝ち点奪いたいね。

キー守備かなと思う。
テクニックのある中盤(倉貫・青山)と得点力のあるシャドー(柿谷・徳重)、流れを変えるジョーカーもいるし(石田)、徳島の攻撃は多彩。特にサイドからの放り込みやセットプレーからのCKからのヘッドやこぼれ球のミドルあたりを非常に高い確率で決めてくる。
システムがどうなるか分からないけど、ここ何試合かのように中盤がすかすかになる後半はDFの負担が相当大きくなると思うね。そこを踏ん張れるか。DFラインもそうだし、中盤が戻りきれるか。ウィングが戻りきれるか。そして、ベンチが選手の限界を把握しながら交代で勢いを生み出せるか。
夏の過密日程は本当に厳しいと思うけど、テクニックで劣る分、走り負けたら終わりだから。

無理を承知で頑張って欲しいな。

vs ベガルタ仙台 in ユアスタ

負けちゃったねぇ…さて、どうしたものか。


誰が見ても分かるとおり、守備。とにかく守備。そういうことになるのかなと思う。
ただ、目先の利益にとらわれて、せっかく培ってきたパスサッカーの芽を摘むわけにもいかない。

選手が、スタッフが、スポンサーが、サポが、

この現状をとにかく耐えて、飲み込んで、反省して、前進する。
それしかない…ように思える。


苦しいね。苦しいよ。この状況は。

頑張れ。毎度のことだけど、今はそれしか言えない。
頑張っているのは分かっている。無理強いになるかもしれないことも分かっている。
でも、敢えて言おう。頑張れ!と。



仙台戦は第2クールの湘南戦と同じイメージ。
0トップへの変更が良い感じで相手のプランを狂わせる。

仙台のマーカーがずれずれの序盤戦。
このような状況で確実に得点できるようになってきたのは喜ばしいこと。
右からのクロスに飛び込んできたのが後ろから飛び出してきた吉井であったということは、練習通り、プラン通り、そして、うちが目指す方向に明らかに合致したゴールだった。


一方で、不注意な失点が目立つ。
今までそういうミスが少なかった福王が絶望的なバックパス。
GK木下にはヘッドで…っていう気持ちもあったけど、あのプレッシャーのかかる状況だとやっぱ難しいよね。
そして、最近ああいう不本意なミスからの失点が続いているから、途端に消極的なプレーが増え始める。
無失点の時間帯はけっこう良いんだけどなぁ。1つ崩されるとそこから立て直せないことが多いね。
若さとは言いたくないぞ。うちの最終ラインはうちのチームに早くから所属してくれている選手が多いからなおさら頑張って欲しいよ。

CKからの2失点は守備全体のミスだよね。
木下が出てさわれなかったのも痛いし、何であんなにフリーなんですか?っていうマークミスも致命的。
うちが高さで弱いのは分かっているし、やむを得ない部分もあるけれども、そこを含めて修正したいところですね。
なんだかやられる空気が出来てたよ。もっと自信を持ってやっていってほしいな。
木下もめげずに頑張れ。


2点目のイチのシュートは美しかったね。
自分も右利きで右から打つの好きだから分かるんだけど、絶好のポジションだよね。
あの距離で、あのコースが空いてて、あの蹴り方なら絶対入る。そういう自信あるもん。
テレビ見ながら「打てっ!」って叫んだし。
今節は親戚一同集まってた中での観戦だったからもう大盛り上がり。
イチは自信つけてきたかな。良いゴールだった。



試合の内容は良し。
3連敗中じゃなければ、いい試合だったとまとめることもできるだろうけど。
チーム初の4連敗だからね。少し落ちてしまうよ。やっぱり。


今日は、アウェイで愛媛戦。
前節は四国ダービーだったらしいけど、退場者が2人出て、0-6と徳島に完敗した愛媛。
うちとともに現時点でのJ2で調子が上がらないチームの1つ。
スタートダッシュはうまくいってたから、今年はいいとこいくのかなとおもったけどねぇ。
ターニングポイントはうちとの試合で引き分けたとこだったよな。

愛媛には感謝をしています。
愛媛がJ2に上がってくれたおかげで、うちはJFLに上がれた。
うちのJ開幕戦が愛媛戦で負けたけど、1点取れたからJでやれる自信が持てた。
去年各チームの対戦成績でうちが唯一勝ち越せたのも愛媛。
個人的には、去年のうちのスタイルを確立できたのも第2クールの愛媛戦だったと思ってますし。
単に同じリーグに所属しているという以上に、強い縁を感じています。

とはいえ、勝負となるとまた別の話。
愛媛が前節の退場者+怪我人続出で苦しいのを理解しつつ、うちは連敗を止められるよう謙虚に戦わないと。
負けられない。勝ちたい。そういう想いがぐるぐるです。

仙台戦の後の選手たちの悔しそうな表情が今日の試合への強い意気込みを生み出してくれることでしょう。
期待してますよ。当然。



あぁ。あと、木島の処分についてですが、熊日の記事を見る限り、スポンサーから苦情があったみたいですね。悔しいのは分かるが、ああやって他に当たり散らすのはスポーツマンとしてどうか?といったところでしょう。ユニスポ様ならば、ユニフォームは自分とこの広告ですからね。苦情もやむ無しです。

…とはいえ、サポとしては、福岡戦の内容が内容だけに、木島のあの行動はとてもよく分かります。
ああいう気持ちを持った選手が、勝負に真剣にピッチに立ってる選手がいるんだなって再確認できたことは心のよりどころになりました。

処分は残念ですが、フロントの責任の取り方も潔いですし、木島さえ気落ちしなければどうでもいいです。
きっとみんな分かっている。誰よりも木島という選手のことをうちのチームが分かっている。
足の調子が悪いという噂も耳にしましたし、コンディション整える有給をもらったと前向きに考えてほしいものですね。

そんで、復帰するであろう16日の水戸戦でハットトリックでもやっちゃってくださいよ(笑)

大いに期待してます。

vs アビスパ福岡 in KK-WING

ブログの更新から逃げに逃げたら、日が明けて今日は仙台戦になった(笑)

もはやとくに書くべきこともないような気がするけど…一応書いてみる。

強いてポジティブに考えるなら、崩されての失点でなかったことはなかったことかな。

1失点目、3失点目はカウンターみたいな形だからビルドアップにはもっと神経質になってもいいんじゃないか?意外とぎりぎりなパス多かった。DFラインだけじゃなくて、西とか吉井とかのミスも目立った。

2失点目はばっさんにもっとしっかりしてほしかったな。
あそこで前をとられては、当てられようが当てられまいが、点は入る。反応が遅れたのは、相手の飛び込み方がうまかったのもあるけど、ばっさんのマーカーだからね。しっかりしよう。


得点はどちらもイチ絡み。
木島が熊日で言っていたとおり、福岡が引きこもってたから、特にイチサイドはかなり良い攻め出来てた。決まって当然かな。内容に見合うイチ絡みの2得点だったと言える。

前半のうちに得点できてたらまた違ったろうけど、宇留野・木島のスピードコンビだとセンタリングのバリエーションも限られてくるし、そういう意味では福岡の引きこもりも効果があったといわざるをえない。

でも、アディッショナルタイムのイチのゴールは素晴らしかった。
引きこもりに対する1つの答えでしょう。
トップと中盤で相手の守備ラインを押し込んで、SBがフィニッシュに絡む形。
あの形でシュートまでいけると攻撃としては究極の形だよね。数的には。


2点とってくれたことで少しは気が晴れたけど、3失点の流れ、特にメンタル的な崩れ方は本気で反省すべき。それが残念。
相手が福岡だったからますます残念。

第2クールの鳥栖戦もそうだったじゃん。
本気で闘ってるのは鳥栖の選手ばかりだった。

うちはまだまだ新参者でチャレンジャーなんだから、システムとか技術とかより気持ちを見せたいよね。
失敗はいいんだよ。
相手より勝ちに本気であってほしい。


いつもなら敗戦は選手・スタッフが一番悔しいって言います。
でも、今回の試合の内容と結果で一番悔しかったのはサポなんじゃないかな?

まじで悔しいですよ。
もう愕然としてその日何もやる気なくなるくらい。
ブログ更新しないどこうかと思うくらい。

どうなの?選手たちは。
サポがこのくらいの感じなの伝わってるのかな?
負けると悔しくて眠れないくらいの人もいるみたいだけど、サポだって福岡戦に関しては同じだよ。脳みそが動かないよ。

次は勝とう。
九州ダービーホームで勝ちなしってのもカッコ悪いしね。
次こそは勝とう。



今日の試合の相手ベガルタ仙台は厳しい相手だけど、ユアスタではあまり悪いイメージないし、とりあえず連敗をとめてほしいよ。

もうすぐ第3クール。
勝ちを増やして10位になる。
単純だけど、それしかないな。

頑張ってこ!

vs セレッソ大阪 in 長居

今朝の熊日にも書かれていましたが、結果の数字には表れない好ゲームだったと思っています。

セレッソ戦は去年の3試合もそうでしたが、本当に白熱した好ゲームになるという印象です。
セレッソのようなずば抜けた戦力を保持するチームを相手にする場合、多くのチームが守備を固めてカウンターがセオリーですが、うちほどに真っ向から勝負するチームも今年のJ2ではなかなかいないんじゃないでしょうか?

崩れている状態に攻め込むのではなく、きっちり崩して点を取る。

どっちが良いとか悪いとかいう話ではありませんが、今年の熊本は「攻撃的なパスサッカー」を標榜していて、相手がどこであれ、その基本的なスタンスは変えないのは、我がチームながら本当に好感が持てるなと(自画自賛(笑)


後半のそれも終盤に入って立て続けに失点してしまいましたが、集中力とか戦術とかそういうものじゃなかったと思うな。端から見ても、明らかに前半の最初からフルスロットルだった我がチーム。走って走って、全力で走って、倒れるまで走って、その弊害が終盤の失点に現れたなと。いや。前半の代償は後半の頭から既に見え隠れしてたよ。

でもさ、それでいいんじゃないかな?のぺーっと90分闘うよりはさ。
最初っからぶっ飛ばして、イニシアティブをとって自分たちのゲームを展開して、しっかり得点した。
残念ながら前半リードして折り返すことは出来なかったけど、失点場面を運良く防げたら、拓ちゃんの超絶FKが決まってたら…もしかしたら違う結果になっていたかもしれませんし。

少なくともそう思わせてくれる試合は出来ました。
面白い試合の時は生で観てたってテレビで観てたって、自然と「うわっ」とか「よしっ」とか声が出ちゃうものですし、面白くない試合の時は自チームの試合でも、勝ち試合でもすごく冷静に観れるものです。
セレッソ戦は完全に前者でしたから。面白い試合だったと思いますよ。


あと、個人的に嬉しかったのはただよが頑張ってたことかな。
勝ち越しのカイオのゴールはCBの足が止まったとか言われてるけど、そもそも濱田に楽にミドル打たせた時点で勝負ありですから。あそこはだれか行ってあげないとGKもCBも可哀想です。
気合い入ってたね。ただよ。

ロッソ熊本が出来て、ただよが入団してきたときに、セレッソサポの知り合いが「福王は能力高いよ。かなり巧いと思う。けど、自己管理がね…すぐ太るもん」と言ってました。コンディションの維持さえ出来てれば、セレッソで頭角現してたとも言ってました。

05年のkyuリーグMVP。その能力の高さはチーム結成当初から発揮できてた。JFLでは06年後半に怪我をして07年のほとんどを棒に振ることになりました。J初年度の去年は開幕スタメン。本来のCBではなく、ボランチやSBを任されていましたが、怪我もあってシーズン途中からはベンチに入るのがやっと。今季も開幕直後はスタメンではありませんでしたが、河端・矢野コンビの不調もあり、現在はスタメンに定着中。

長所はパスの精度かな。JFL初年度の飯倉(現横浜M)-高橋(現福岡)とただよ-高橋のホットラインは1本のロングパスでかなりの得点をたたき出してるからね。
本人は1対1とも言ってたような気がするけど(JFL時代のオフィシャル動画かな?)、前でアタックするよりはカバーが巧いなという印象を持ってます。
あとは、ミドルだね。06年8月に水前寺で行われた佐川東京戦での熊さん(現ロアッソ広報)とのミドルの競演は忘れない。今回のセレッソ戦でもFK蹴らしてもらっててさ。知らない人はなんでDFに蹴らせてんの?とか思ったかもしれないけど、ただよ巧いんだよ。ミドルシュート。

まだまだ彼の実力はこんなもんじゃないと思いますし、ミスターロアッソを襲名できる一番の適任者は誰が何と言おうとただよでしょ?ずっと思ってましたよ。ずっと。

結果的に4失点と彼には非常に悔しい試合になってしまったかもしれませんが、成長してるなぁと思いますよ。心から。頑張って欲しいですね。

ただよのこと書くと熱くなりすぎてだめね(笑)



あと、前回書いたんですが、セレッソキラー木島の活かし方をどうするのかって。

今回見事だったじゃないですか!

1つの答えが出ましたね。
チームとして目指してるパスサッカーと木島の特長でもある飛び出し&ドリブルの融合。

ただし、富山のような守備的なチームが相手の場合、ラインが低くスペースがないこともあるでしょうし(低くなくても後ろのスペースのケアの意識が高い場合)、これで全て解決した訳じゃないですけどね。

ただよさんから藤田さん、宇留野、藤田さんで木島とDFラインからきちんとつないで両FWがきちんと触って相手を崩す。理想的なゴールでしたね。本当に良いゴール。今年は本当にチームで戦ってる感がすごくあって、選手が同じ方向むいてゲームに入れてるのがすごくいいですね。良いチームになってると思います。




いい試合だった。負けたけど、面白くていい試合だった。

が、やっぱり負けは負けなんだよね。

最近の北野監督のコメントに「勝ちにこだわる」というフレーズが良く出てきますが、今日の試合に関しては、結果にこだわってるとは到底思えんな(笑)
ええ。責めてる訳じゃないですよ。これでいいんじゃないかと思います。セレッソみたいにかみ合う試合をしてくれる相手なんて滅多にいませんから。こういうときは小細工無しでぶつかっていっていいんじゃないかと。

確かに、負けは負けだけど、悔しく思うのは選手とスタッフだけで良い。
彼らが次に活かしてくれたらそれで十分。
こういう気持ちのいい試合を見せられたなら、外野が文句言うのは何か違う気がしましたね。

週の真ん中の憂鬱な水曜日の夜に、エキサイティングな試合を見せて貰った。

それだけで感謝の気持ちでいっぱいです。




次は、ホームに福岡を迎えての試合。
なんか復調してきたみたいね。まぁ連敗連敗でこられるよりはやりやすいよ。

またすぐに試合になりますが、コンディションさえ整えば、きっと勝てるっしょ。

いい試合を期待してます。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs カターレ富山 in KK-WING

いや。まいったね。

苦手だとは思ってましたが、連敗はしたくなかった。
試合内容を見るに、十分に面白いゲーム内容で、どちらに転んでもおかしくないものだったと思いますが。

まぁ前回の富山戦のダメっぷりがあるので、今回はまだ良かったんじゃないかとは思います。
しっかり点も取れて、それが全てスーパーゴールと。
一方で、失点は総じてつまらないミスばかりでしたが。


個人的な印象としては、何人かの出来がゲームを左右してしまったかなという印象です。

前半の10分くらいを見る限り、藤田さんが無双状態だなと思ったんで、そして、西がGKが一歩も動けないような技術の高いゴールを見せてくれたんで、これはいけるのか?と思ったんですよ。

それが、どうやら風の影響のようですが、CKに木下出るも飛べず、ソンジンも競れず、なんなく追いつかれ…

それでも、前半はそれで済んだので、なんとか立て直せるかなと思ったら、カウンターから交代出場の石田に素晴らしいシュートを決められ…

これまた宇留野の素晴らしいシュートで追いつくも、直後に木下のパンチングミスで失点するという…


1失点目はミスですね。
解説の池之上さんもおっしゃっていましたが、木下は最初のパンチングミスからちょっと嫌な予感はしてました。当日は降雨はなかったものの前後で雨は降ってて濡れたピッチでしたし、風もあった。GKには不利な環境ですが、そのせいかなと思ったものの、決定的なミスが出ちゃいましたね。経験でしょうか。うちのGK陣は優秀ですが、若い選手が多いので致し方ない部分もあるかもしれません。次にいかして欲しいところです。

2失点目はカウンターされた時点が問題で、最終的にソンジンが対応してましたが、あれは仕方ないと思います。
良く飛び込まなかったし、前みたいに両足が揃うこともなく、ギリギリのところで我慢してうまく対応していたように思います。あの場面に関しては、石田が素晴らしかったと言うしかない。あのシュートは止められないよ。
まぁ関連するところで言うと、チームもそうですが、ベンチワークも後手に回ったのは痛かったですね。前半の最初のようなサッカーをしなければいけなかったし、このやり方は第1クールの時も楚輪監督は同じやり方(一気にラインを上げて圧力を強くする)をしましたから、ここで失点してしまったことは偏にスカウンティングの問題だと思いますね。

3失点目は木下くんのミスでもあり、あそこでアタックできなかったDF陣の問題でもあると考えます。
ポジション的には矢野でしょうけど、一連の動きの中でのことなのでだれが戻っていてだれが対応すべきだったのかはちょっと確認していませんが、この試合総じてそのような場面は散見されました。
前半序盤の長谷川の決定的な2本のシュート。あれはDFラインとボランチの間のスペースをうまく使われていました。ただよもそんじんももう一歩早く詰めないと、上位陣だったらやられてる。あの辺をもっと詰めて欲しいなと思いますよね。2失点目も実はそこで、もっと高いラインで対応できればファウルもできたと思うし。整理が必要だと思います。


今節は拓ちゃんのかわりに矢野が入ってましたが、まずまずだったと思います。特に、守備面では良かったかな。
攻撃の時に上がって欲しいところで上がれてない場面は後半にありましたが、前半は良く上がってたし。

他もそれなりに良かった。宇留野のシュートはとても素晴らしかった。

一方で、木島はちょっとうまくプレーさせて貰ってないね。
前回は期せずしてカウンター一本になったから持ち味発揮してたけど、やっぱり前線でパスが増えるとそれだけスペースもなくなっちゃうし、身長的にヘディングで勝負もできないし、そうするとサイドやペナ外でのドリブルが増えちゃうから最も怖い木島にはなれないよね。
すごい選手だと思うし、1プレーで試合の空気を変えてしまう男なので、チームとしてもうまく使ってあげたいし、あげなきゃいけないと思いますが…
今日はセレッソキラーの実力を十分に発揮して貰いたいとこですよ。
ああ。FKはナイスキックでした。惜しかったね。

あとは、翔平ちゃんか。
終盤のCKはどうしてショートコーナーをつかったんだ?それが知りたい。
最近はCKも決まり始めてたし、苦手な感じもしない。
前後のプレーが押せ押せだっただけにその勢いはそのまま使って欲しかったんだけど。
中山はいなかったけど、矢野・ソンジン・ただよがいたら高さは十分だしね。
迷ってるのかなぁ。頑張って欲しいんだけど。



んー。嫌な試合だったね。ほんとに。
幸か不幸か今日が試合で、切り替えるにはもってこいの相手でしょう。C大阪。
勝つにしても負けるにしても、とにかく自分たちらしく。
今日の相手に気後れしたら100%負ける。

中二日の試合はきついけど、是非とも勝ち点ゲットしてきてほしいですね。

守備陣の気持ち、相手のシュートが外れる運、攻撃陣のコンディション。
3つ揃ってはじめて勝てる相手ですから。

ご武運を…

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs コンサドーレ札幌 in 厚別

もういい加減「試合速報」っていうカテゴリーは変更しようと思ってます(笑)


札幌戦は久しぶりにメモ紙片手に真剣に観たんですけどね。
言い訳させてもらうなら、その安心感が仇になったという感じでしょうか…(汗)


まぁもはや完全に今さらなんで敢えて文章を作らずにメモを取ったことだけ箇条書きにしてみます。
札幌の方も書いているのですが、熊本中心で書き起こしてみました。
ちなみに、その時その時の印象で書いているので結果から戻って読んでみるとおかしなところもあるかもしれませんが、その辺はご愛敬ということで…


以下、メモ。

札幌 vs 熊本

○ピッチ
・芝は選手が滑りやすい、ボールは転がりにくい

○メンバー(ポジション内は左から)
・札幌:GK荒谷、DF芳賀・チョウ・吉弘・西、ボランチ上里・ダニルソン、LMF砂川、RMF石井、トップ下クライトン、FWキリノ
・熊本:GK木下、DF拓・ただよ・ばっさん・イチ、ボランチ石井、LMF翔平、RMF吉井、トップ下藤田、FWゴンさん・木島 ※中盤は3ボランチっぽいか


○前半10分まで
・サイド厳しくいってる
・よく動けている
・3分ただよ足痛そう
・クライトンに注意(北野監督談)
・翔平やや置きにいきすぎ
・拓・吉井サイド(左サイド)を攻められるも良い対応→相手の石井の動きが良い
・セカンドが拾えない

○前半25分まで
・キリノの対応に四苦八苦
・ゴンさんに良いボール入らず→札幌全体的に良い動き
・吉井の戻りながらの対応×→札幌早い攻撃がいつもより目立つ
・ばっさん○
・中盤イマイチ
・チーム全体的に下がりすぎ
・ビルドアップ×
・シュート打てない→札幌のゴール前での守備がねばり強い
・カウンターで危ない場面多し
・ただよとばっさんで良い守備を見せる
・吉井ナイスラン
・翔平ちゃん消える
・つなぎの技術はあるが、判断ミスが多め(狭い方に狭い方に行きすぎ)

○前半終了まで
・守備は粘れている
・守備から攻撃への切り替えの時、ワンで出すべき場面が多い
・リスタートに集中できていない
・ゴンさんにあてるのか、DFラインの裏を取るのかはっきりしたボールを出すべき
・ロングがまるで狙えない
・サイドは未だ厳しくいけてる→前節の修正◎
・拓ちゃんイエロー、スローインによる遅延、ちょっとかわいそうな判定、周りが悪い→その後、木島が慌てて入れて相手のカウンターをくらう
・DFラインでのつなぎが危ない→要因は、ばっさんと相手の出足の速さ
・木下キックミス多め、もったいない
・まだシュート無し
・拓ちゃん退場、アフター、不運
・クリア遅い
・シュート0本
・ばっさんヘッドのミスが多い


○ハーフタイム
・1点失ったら勝ちはないレベルの試合という印象


○後半10分まで
・翔平ちゃんから西、西は左SB
・フォーメーションは4-4-1、ゴンサンがハーフに下がってる→札幌は3-4-3っぽい形
・しっかり守ろう・カウンター・声を出せ(北野監督指示)
・サイドを基点にクロスを入れる・ゴール前の工夫・守備バランスに気を付ける(石崎監督指示)
・良い守備→札幌やや消極的、攻めに時間がかかる
・札幌の選手交代石井→中山、ラッキー
・イチ、アバウトディフェンス多め

○後半30分まで
・ばっさんあわやオウン2度目→守備は良さを見せているが決定的なミスが多め
・札幌に決定的なチャンスがいくつか到来(上里の左クロスから中山ヘッド、キリノから上原)
・藤田から宇留野

・木島・宇留野の粘りから石井を中継し右へ展開
・上がってきたイチのクロスを札幌DF西空振り
・ゴール前に詰めていた吉井がゴール左上へシュート!ゴール!!!!!

・吉井、俄然元気
・札幌ダニルソンの絶妙クロスも中山決められず

○後半終了まで
・ダニルソンイエロー→ゴンさん担架でピッチ外
・ゴンさん無事戻る
・クライトン足負傷により岡本と交代
・木島イエロー
・FKのクリアボールをつながれて、逆サイからクロスを入れられ、チョウにシュートを打たれるもナイス木下
・宇留野のカウンターからキジ、良い攻め
・吉井→ソンジン※そのまま中盤に入る
・札幌なかなか決めきれない
・残り10分だが、クリアがはっきりしない
・シュートは体を入れて守る→良い守備
・札幌上原にイレギュラーで回るも決めきれず
・札幌に出足で勝ち始める→跳ね返すポイントや役割がはっきりしているためか
・木島足がつってピッチ外へ
・木下ファンブルするも守りきる
・木島ピッチに戻るも動けない(交代枠使い切ってる、11対9は避けたい)
・ゴンさん終盤でも良い守備、よく走ってる
・木島も意地で良い守備
・札幌のパワープレーが続く
・アディッショナルタイム4分
・札幌直接FKでトリックプレー→ぎりぎりブロックからCK
・イチも足痛そう
・札幌クロスの精度が低い→熊本跳ね返すだけ
・木下ナイスセーブ
・西がトップ
・93分、声も良く出ている
・93.5分、木下ナイスセーブ→ゴールキック直後にホイッスル

・勝った!!!!



以上、メモでした

あまりに字が汚くて読めない部分多数。
さらに、メモの文が何を言いたいのか分からないのもちらほら(汗)

それでも無いよりはマシといいますか、去年わりと長いと評判のここのブログはこういうメモからスタートしているのでした。おしまい(笑)



今年はなかなか忙しくてがっつり観る時間がなかったりしたこともあったんですが、まさかここまでピンチな試合をメモることになるとはね…そして、勝つとはね…


選手たちはすごく頑張ったと思う。
スタッフさんたちもお疲れ様でした。

ただ、決して良い試合じゃなかった。
最近は結果が出ているけれども、必ずしも内容が伴っているとは言えない。

この試合も、結果から見れば、拓ちゃんが退場したことによるプランの変更・制限を熊本がうまく対応できて、札幌が対応できなかったという部分が勝敗を決する要因となってしまい、もし退場者が出なければ、果たして熊本は立て直すことが出来ただろうか?という課題は残ったままになった。


吉井と翔平ちゃんに石井さんがいるうちの中盤がそう簡単に走り負けるとは思えないのだけど、セカンドは全く拾えなかった。拾えても繋げなかった。そこが一番の課題になるんじゃないでしょうか。

なんとなく思ったのは、吉井と翔平ちゃんは去年のポジショニングの感覚が強くあって(後ろの4バックがほとんど自陣にいるから自分たちが多少戻るのが遅れても大丈夫的な)、それに加えて石井さんの加入による信頼…というか依存みたいな。
石井さんって、あくまで個人的な見解ですが、前へのアタックは強いしうまいけど、一旦後ろに抜けられた選手やボールにはあまり対応してくれない印象を持ってます。
そこは1ボランチの難しいところと言いますか、どうしてもなポジションニングを譲らないというか、自分がずれて決定機を作られるより、DFが頑張れ!的な感じ?がけっこうよくあるように見えるんだけど。

やっぱり吉井や翔平ちゃんが頑張らないとダメなんだろうなって思ってます。
もっとシビアに自分が全部やるくらいの気持ちがいると思うよ。大変だけど、彼らなら出来る。



次は日曜にホームKKで富山戦。

実はこっそり思っているというか、あまり考えたくないんだけど、うちは富山苦手なんじゃないかなぁって思ってるんですよね。去年の岐阜と同じイメージがある。

なんだろう。別に選手やチームとして負けてるとは思ってないんだけどさ。
食い合わせが悪い的な?あまり良いイメージはない。

とはいえ、さすがに第1クール負けてるからさ、仮に今年2敗するとしても、ここでポンポーンとやらせるわけにはいかないな。

プレスが強いのは分かってるから、ボールをつなぐことをもっとダイレクトに相手を動かすこととイメージさせて、良いサッカーをしたいですね。


あつい熊本の夏を富山の方々に存分に満喫してもらいましょう☆

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 東京ヴェルディ in KK-WING

負けたー!
まるで良いとこなし。

いや。1つ可能性があったとすれば、前半序盤の猛攻で先制してたら…ってとこか。

前節岡山戦、前々節岐阜戦を含めて、結果のわりに良い内容じゃなかった。
そこと比べたら今節も極端に悪かったわけじゃなかったと思う。

東京Vは土屋や服部が戻ってきて、守備が安定してた。それがすべて。
こっちは攻撃の要の中山を欠いた。それがすべて。



スタメンに若干の変更があったけど、入った選手達はそれなりに頑張ってたと思う。
吉井は決して良くなかったけど、走れていたし、矢野もパスミスあったけど大黒をよくケアしてたし、足元ではやられてない。


一方でシステムの変更は致命的だったかもね。

去年と同じシステムのようで、守備ラインと意識にだいぶ差があるから中盤やサイドの攻防で分が悪い。

去年はゆたかさんが前でどっしりと構え、ウイングの木島と中山は必要とあらば積極的に最終ラインまで守備参加した。山内や宇留野にはそれがない。求められてないというべきか。だって、守備ラインの設定が違うもん。

今年のように流動性を志向すると、守備から攻撃への切り替えは遅くなるし、ここ2試合ではまってた裏への飛び出しの威力も半減。

攻撃も守備もやや中途半端になった感は否めない。



それでも、前半の序盤は東京Vも対応に苦慮してたからね。
あそこで先制して、万全の状態で442移行が最高のゲーム展開だったように思う。

現実は前半序盤の飛ばしすぎが祟り、後半に日程面での優位性を見いだせなかった。縦に早くなったことは評価されてるけど、雑な部分も多くなってるし、相手ペースの時は様子見るイメージも必要だし、ロングを入れるときもただよや矢野がテンポ遅らせてたらダメだ。
拓ちゃんへのチェックはどのチームも早くなってるから、それでも拓ちゃん自身は冷静にやってるけど、ダイレクトで逆サイに振るほどの余裕があることはほとんどない。ただよがもう少し早く出せてればというとこは何本かあったよ。



まぁ今回は東京Vを誉めるしかないな。
局面局面でのプレーも素晴らしかったし、劣勢の中でも余裕を持って耐えられる力はJ2の中では確実に上位のものだと思う。
仙台と甲府が苦戦しているようだから、もしかすると3位争いはもっと混戦になってかなり熾烈なものになるかもね。


仕切りなおし!

明日は札幌戦。
こちらも東京Vと同じく第1クールの結果は忘れてゲームに臨んだ方がいい。

とは言え、札幌はなかなか波に乗れてない印象。
東京Vほど劇的に良くなった印象はないなぁ。
まぁクライトンがいるだけで圧倒的に優位に立たれるけどね(苦笑)


札幌は昼開催ってことは涼しいのかな?
良い環境でやれるなら良い試合をしてほしいね。
上位が相手の場合、勝ち負けより走りきることが大事よ。

明日スタメン予想に名を連ねてる元札幌組に期待!

ばっさん!イチ!頑張って!

あと、木島・中山の2トップもかなり楽しみです。

vs ファジアーノ岡山 in 桃スタ

先週末は忙しくて、試合があったのは木曜だったけど、全然更新できなくて…

今日試合ですねぇ(笑)


J2は過酷だ…




今さらですが、前節は今季初連勝!めでたい!

藤田さんのおっしゃっていたとおり、あまり珍しいものにはしたくありませんが、去年に比べてずいぶん早くに達成できたし、相手に恵まれた日程(順位的にね。決して楽な相手という意味ではなく)とも言えなくもないですが、とにかくおめでとうと。それだけですよ。

まぁ内容のことも含めてもそれだけなんですが…


いかんだったねぇ。
あれはなんなんだろう。前半・後半通して良くなかった。
油断や気の緩みでないことを祈る。ただただ岡山が良かったのなら仕方ないしさ。

そもそもリードして折り返すって危ない。特に2点差。
同点やリードされてる状況、リードされてても1点差の場合、修正しなきゃという思いは強くなる。
ベンチもスタッフもどうやればいいかを考えてハーフタイムに修正できる。
2点になると、リードしてる感がでてきたり、ベンチもとりあえず修正せずに前半のまま行こうという雰囲気になる。これ危険。特に、うちみたいに試合中に修正することが苦手なチームは。

2点差で45分ならまだ頑張れる点差。
あそこで、岐阜戦のようにダメ押しの4点を取りに行かなきゃいけなかったのに、後半の入りの受け身ったらなかったよ。そのまま押されて押されて1点差で辛勝。

3点取って負ける試合なんて、普通のチームなら1シーズン通して1度あるかないかと思う。
今シーズンは湘南に追いつかれた試合はあるけど、負けてはない。
うん。あってはならないことだよ。絶対にね。


まぁ今の岡山にだったら3点とれたら負けはないかなぁとは思うよ。決して甘く見てる訳じゃないけど。
チャンスは確かに岡山にたくさんあったし、今回内容で素晴らしかったのも岡山だったと思うけど、チャンスが2,3回あってそれを全部決められたら…なんて仮定はありえないし、そんなスポーツだったらサッカーはきっと流行ってない。こんなもんですよ。うちも去年たくさん経験してるしね。そういう試合。
岡山的には守備の問題じゃないかなぁ。得点より失点の問題なんじゃない?って思いました。


うちとしては、みなさんがおっしゃっているとおり、こういう試合で勝てること、負け試合で引き分けられるようになったことは進歩ですよね。着々と強くなっている印象は受ける。

新加入チームにはあと富山に勝たなきゃね。そして、順位を入れ替える。



今回はベンチワークもイマイチだったね。
もっとはっきりさせたかったというか、選手たちの意思を統一させたかった気はする。
442から3トップっぽい形にしちゃって、4点目を取ろうっていうメッセージだったのかもしれないけど、結果的に相手ペースの中でマイボールを攻め急ぎであっさり失い、守備の時間が多くなってしまった気がします。


選手だと、木下は大活躍だった。すごいね。
シュートの精度が…言っちゃえばそれまでなんだけど、GKは当たる試合が確かにあるから。なんか冴えてるっていうかさ、飛んでくるコースがいつもよりはっきりみえて、ピンチでも飛べばことごとく当たる状態。読みがことごとく当たる試合は確かにありますね。
うちのGK陣はけっこう面白い逸材がそろっていると思っていますが、今シーズンの試合を観てると、木下がバランスが一番良いかも。極端な弱点もなさそうだ。落ち着いてやってるしなぁ。
開幕前だったか、公式の動画かなんかで「自分は試合に出たいと思うタイプじゃないんで…まだまだです」的なコメントしてたのを見た気がする。他の人たちが1試合でも多く試合に出たいですって言ってる中で、いくら19歳とはいえ、もうちょいアピールしたらいいのに!とか思った。まさかこれほど出番が早くに回ってくるなんて本人も思ってなかっただろうか。

ここで奮起して欲しいのは吉田くんだね。
木下は同い年だし、ガンバに帰る可能性だってある。
本当にロアッソ熊本を背負っていかなければいけないのは吉田くんだし、自覚と責任をよろしくお願いします。


フィールドで特に良い感じの人はいなかったな。
拓ちゃんが良い感じか。
ゴンさんも頑張ってる印象はあるし、山内は得点のシーンに限らずクロスが巧いなって思った。
山内のクロスの巧さは新発見。特に右から上げるのが得意なんじゃないかなぁ。
でも、左サイドでの深い切り返しも良かったよなぁ。木島から良い影響を受けているようです。

逆に悪目立ちしちゃったのは、翔平ちゃんじゃない?
途中から出てきたけど、空回り感はあったよ。
攻撃の時も守備の時もポジショニングがよろしくなかった。
吉井が復帰してるということで一層厳しくなるMFのレギュラー争いですが、翔平ちゃんはやればできるコだと思ってるし、頑張って欲しいね。ついでに、石井さんに任せる気持ちは少し消していった方が良い。これからのために。よく言えば信頼だけど、悪くいえば甘えだから。去年はもっと中盤で責任持ってやってた気がするよ。




さぁ、あんまり書いても今さら感満載だし、今日はもう試合ってことでこれくらいで。

東京Vとホームで。
前回対戦では、土屋も河野も服部も平本もいなかった。
本当に別チームと思った方が良い。今のヴェルディは強いよー。
大黒さんもさることながら、セットプレー・リスタートにはホント気を付けてもらいたい。

ただ、日程面では明らかにうちが有利。
前半うまく走らせて、試合全体で走り勝つことが勝利への近道かと。
逆に言うなら、これだけのお膳立てをしてもらっといて、走り負けることだけは絶対に許されないよ。

前回対戦では派手に勝ったとはいえ、前半2点先行された時点で8割方負けゲームでした。
あの逆転劇は両チームの力の差を考えても奇跡に近い。次ああいう展開になったらまず勝てない。

熊日予想ではソンジンがスタメン外れてるっぽいけど、大黒さん対策ならそれで良いと思う。
先発予想されている矢野は期待されての起用だろうから、絶対に負けちゃいけない。ここで勝てばスタメンも見えてくるし。気持ちの入ったプレーを見せて欲しいね。完封しちゃえ!

0トップなのも相手の個の力とうちの差を考えれば妥当かなとも思うけど、たぶんそのままでは終わらないと思う。ベンチがどこで0トップを見切って2トップに移行し、もっと相手を混乱させられるかが今日のゲームのカギになる気がします。

あとは、復帰が予想されている吉井に期待。

熊本史上初の3連勝目指して頑張ろう!健闘を祈る!

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs FC岐阜 in 水前寺

やったね!
対岐阜戦、初勝利。

勝てそうで勝てない2年間。

今回も随分手こずった。
先制して追いつかれたとき、3-1からまだ時間残ってるのに3-2にされたとき。
ほんと気が気じゃないっていうか。

まぁサポが相性に飲まれちゃ世話ないか(苦笑)

選手たちは良くやったと思うよ。
岐阜が苦手って知らない選手が多かったのも幸いしたのかもね。



フォーメーションは442。
442になってから、うまくいってるね。

まぁ433ないし451はどっかにギャップが生まれるシステムだから、メリットはあるけど当然デメリットもあるわけで。

うちのスタメン組のメンツからいって、がっぷり四つにさえ組めれば、そう簡単には負けないとは思ってました。



得点は全て素晴らしかったよ。

特にゴンさんは出色の出来だったんじゃない?
先制点・追加点共に拓ちゃんのCKからただよのゴールでしたが、どちらもただよがフリーになるために一役買ってたでしょ。ゴンさん。うまく潰れてたと言いますか。

そして、3点目は藤田さんのパスも見事だし、相手DF菊地の負傷もあったようですが、あの体勢からあのコースにあのスピードのシュートをうつのはなかなか難しいよ。何度想定してもあのシュート蹴れる自信ないや。素晴らしかったです。

ただよのゴールも素晴らしかったし、宇留野のゴールもレベル高い。山内のDFの振り切り方からGKを落ち着いてかわすとこまでも見事です。ウイイレでよくやります(笑)

なによりホームで、しかも、5点とって快勝したことは非常に大きかったと思う。

梅雨の時期の水前寺はなかなか客足が伸びないと思うけど、TV中継もあったし、次は動員数が増えればいいね。



一方で、守備にはまだまだ改善の余地ありですね。
中3日での連戦だったとはいえ、1失点目は草津戦で後藤に決められたのと同じような形。ソンジンの両足がそろっちゃったね。

池ノ上さんもおっしゃってましたが、ソンジンは良いものもってると思う。スペースの潰し方、ポジショニング、足元の技術、素晴らしいものもってると思うよ。今は1対1、特に相手がスピードタイプの時にどう守るかが課題に見えます。足を出す間合いや並ばれた時にショルダーで潰すタイミングあたりはこれからですね。コミュニケーション能力と共に頑張って伸ばしてほしいとこ。


2失点目は見事にやられた。
染矢のクロスも抜群だったし、DFの田中があそこに走り込んでること自体褒めたたえられるべきことなのに、ドンぴしゃヘッドするんだもんな。あれは仕方ない。

強いていうなら、マークの受け渡し、選手間での声の掛け合いはもとより、染矢のマーク、イチが上がっていたらそのフォローもきちんとしなきゃいけなかったってところでしょうか。



何にせよ、改善の余地はあると。

でも、嬉しい勝利でした。
やっぱ勝ち試合で選手たちが笑ってるのが一番です。


次は明日、岡山戦です。なんか変則日程みたいね。
岡山とは日程的にハンデなしだし、次の試合のことを考えればアドバンテージあるとも言えるからいいんじゃない?

今季初の連勝目指して頑張ってほしいとこですね。



そういえば、甲府に大敗、草津に引き分けの流れでふと思い出したんだけど、去年の第3クールもそうだったよね。さすがに順番が同じとまではいかないけどさ。

そして、去年の8試合負けなしは連勝から始まった。

ここまでもいくつか負けてないけど、あの記録と勝負するなら連勝からはじまるのが良いと思うんだよね。

この岐阜戦から新たなチャレンジが始まるといいなぁ。

去年はシーズンがそこで終わっちゃったけど、今年はまだ第2クール。
あの先が見れるんじゃないかと思うと楽しみです。


良い試合になるといいね。



プロフィール

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。