ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs ギラヴァンツ北九州 in KK-WING

とりあえず…ロアッソ君、お誕生日おめでとう!

もう日が替わりましたが、書いた段階ではぎりぎりでした(笑)



ホーム最新戦の北九州戦。
退団する選手たちのセレモニーも予定されてるし、なんとか勝ちたい試合でした。

結果、3ー0。
前半でファビオが交代した時はどうなることかと思いましたが、カレンがやってくれたね。

特に2点目はレベル高かったなぁ。
カウンターの展開に絡んで、左に叩いといて、他の選手がゴール前に走り込む中、焦らず適切なポジショニングをとった。
あの場面はカレン以外の多くの選手たちの動きが絡んだ本当に素晴らしいゴール。
1点決めるとこうも違うかってくらいね動きでしたね。
来年も頼むよ。切に。切に。

ちなみに、1点目は筑城のクロス素晴らしかった。
今年は徐々に攻撃も出来はじめた。まだまだミスもあるけど、もっとがんばれ!もっとやれるよ。


3点目は入ってた。
スカパーだとわかりにくかったけど、NHKでやってた映像は完璧だったね。
藤田さんが押し込みに行ってたからそっちで決まる方が劇的だったという気もするけど、それは贅沢だよね(苦笑)



とはいえ、結果ほど楽な試合でもなかったなぁ。
前半は大ピンチもたくさんあったし、決められてたらやばかったかもしれない。
まだまだだね。

北九州は1勝しかできなかったけど、紙一重と思うよ。来年対戦するのは少し怖いね。



日が替わって、今日は札幌戦。今季ラスト。
早かった。市村が決めた同点ゴールから始まった今季。良い年になったよ。明るい未来を感じさせてもらった。
最後もいい形で締められるといいね。

寒そうだなぁ。札幌。
スポンサーサイト

vs 大分トリニータ in 大銀ドーム

退団選手でましたね。
仕方ないこととはいえ、やっぱりせつないです。

どっかでサッカーしてほしいですね。
そして、また違う形で熊本にきてほしいです。


そういう意味では明日のエキシビションマッチは楽しみ。

OBvsユース。

こういうのは定期的にやるべし。
といっても、毎年1度、ホーム最終戦の名物とかでいいですけど。




さて、大分戦。引き分けでした。

高木監督が言ってる「奪った後のパス3本を丁寧に」が全くできてませんでしたな。

技術のせいか。ピッチのせいか。

今年はあまりこういうミスでイライラすることがなかったから、後者の理由のような気もします。だとしたら、問題ないか。

どうやらここ何日かは攻撃練習が多かったみたいなので、前者が理由でもオッケーでしょう。


こちらのゴールは片山。
あれはもうスーパーだね。
なかなか見れないよ。あんなゴール。
技術も高いし、パワーもあったし、完璧でしょ。

その後、交代しましたが、明日は大丈夫なのかな?大事ないといいけどね。



失点はクリアミスか。不運もある。

上にも書いたけど、とにかくビルドアップ中のパスミスが多かった。
相手ゴール前でとられるのは仕方ないけど、自陣はもちろんのこと、ハーフウェーライン付近で奪われることも極力避けないとね。ピンチに直結する。

誰がどうって感じでもない。
残念だったのは、HTまたいでも修正できなかったこと。
まだまだですね。



明日はホーム最終戦。北九州戦です。
勝てば一桁順位で締めくくれるようですし、是が非でも。
ただ、難しい試合にはなると思いますよ。
相手のことは考えず、とにかく自分達のサッカーを。
観客が楽しめる内容ならなお良しですね。

vs ファジアーノ岡山 in KK-WING

藤田退団のニュースで少なからず動揺しております。
プロスポーツですから、割り切るしかないのですが。
池谷GMの出したコメントと藤田さんのblogの双方を見た限り、クラブとしてはやるだけやったということとシコリの残る別れではなかったようなので、それだけが救いです。

とにかく、いつものようなまくらにするニュースでもないので、ちゃんと別に書きたいと思います。

残り3試合、勇姿を見届けたいですね。



さて、岡山戦。
富山戦のような展開は嫌だったのでなんとか早いうちに先制したかった。
そういう感じですかね。

そこでとれた。大きかったですね。
相手のミスとも言えますが、松橋と片山の攻撃から守備への切り替えが早かったのは素晴らしかった。
松橋はなんだかんだでゴールに絡むね。
片山はこないだの初ゴールで一気にはまりはじめたかな。シュートの落ち着きっぷりがどことなく宇留野とかぶります。
この国見ラインは今後も仕事してくれそうだね。

2点目はファビオ。
CKは拓ちゃんだったかな?ナイスキック!
ただよの折り返しもよかったし、あの感じでのゴール前勝負になるとその辺の日本人には負けんよな。ファビオ。
はまってるねー。チームにはまってる。
ファビオの成長を見るのは楽しいですね。

試合の展開的にはこの追加点が大きかった。


最後の失点はいらんかったね。
オフサイドくさかったけど、審判がとらないとどうしようもないもんな。


守備陣は何度かピンチを作られたけど、しぶとく守れたね。
岡山の影山監督はセカンドの拾い合いで負けた的なこと言ってたけど、個人的には五分だったと思うんだよね。やられてる時間帯も多かったよ。ボランチ2人が下がりすぎると、サイドのバランスが悪くなるみたいだから、修正したいね。何本か危険なカウンターもくらったし。


あと、大迫くんが初スタメンでしたな。
解説の池ノ上さんはポジショニングがまだまだって言ってたけど、ポジショニングはだいぶ出来てたイメージあるな。ボールの展開に絡めなくても相手にとって危険なスペースをみながら動いてるのはわかりました。前にもあったけど、後は落ち着いて決めるだけですね。プレースキックが上手くてビックリ。来年楽しみな選手の1人です。西森くんあたりは危機感もってやんないとやばいよ。



明日はアウェイ大分戦。
前回対戦はPK止められて引き分けました。次こそ頼むよ。章太!
高木監督も言ってるとおり、個の能力は高いので、油断せずに闘いたいですね。
東とキムボギョンがアジア大会で欠場、チェジョンハンがペナルティで出場停止であることはとてもラッキーですね。

今季ラストの3連勝チャレンジになります。
明日もしっかり守って勝ちたいですね。
ホーム最終戦の北九州戦に良い形でつなげましょう。

vs カターレ富山 in KK-WING

勝ちたかったという気持ちが半分。
負けなくて良かったという気持ちが半分。

チャンスがなかったわけじゃないけど、引き分けで妥当な試合だったと思います。


まず開始直後の失点。あれはいただけない。
ホーム横浜FC戦と同じ匂いのする立ち上がり。
実況の山崎アナが昇格のためには!を連呼してたけど、昇格するチームはこんな失点はしない。
長いリーグ戦の中でコンディションの良し悪しはあるだろうけど、あんなにふわふわしてることはない。

失点してないだけで、立ち上がりにふわふわしてる試合はけっこう多いと思うよ。
来年の課題ですね。去年や一昨年に比べたら格段に良くなってるけど、まだまだです。なかなかにして、まだまだです。


攻撃面もまだまだだね。
松橋をファビオに代えたのはコンディションでしょうか。
カレンの方を代えるかと思った。動きは悪くないのにいまいち合ってないもんなぁ。
ファビオや西が入ると流れが変わって面白かったね。
もはやファビオはなくてはならない存在です。少なくとも来年まではうちにいてほしいな。



明日は岡山戦。またホームでやれるのか。勝ちたいね。
岡山とはよく引き分けるイメージあるなぁ。
くまにちの予想を見る限りではうちのスタメンやや変えてくるようですが、中二日の23日大分戦も考えなきゃいけないし、コンディション重視かなと思う。

かわりに入る選手たちには頑張ってほしいよ。チャンスを活かしてほしい。

あと、イチが練習復帰してるみたいね。
ただよとイチにはいつまでも熊本の選手でいてほしいし、試合に出れるようになるのが待ち遠しい。待ってるよー!

vs サガン鳥栖 in 水前寺

先週お休みで一週間余分にあって、

柳沢にオファーしたとか、大津が優勝したとか、色んなことを書けた中、

未だ鳥栖戦の記事を書いてなくてすみません…




さて、鳥栖戦をぱぱっと振り返っておきたいと思います。

2-0の快勝。
1点目はややもやっとした得点でしたが、片山のJ初ゴールかつファインゴールがあってスカッとしましたね。

1点目のオフサイド疑惑については、2つポイントがあります。
1つめは西がシュートした時点でオフサイドなんじゃないか。
2つめは西はオフサイドじゃないけど宇留野がオフサイドなんじゃないか。
どちらも現場の真横から観てないと確定的なことが言えなそうな微妙なラインだったんですが、なんとか大丈夫なような気もしてます。
1つ目は拓ちゃんのFKが壁に当たって西がシュートしてるので、拓ちゃんが蹴った段階で西がはみ出てるかどうかですが、決定的には分からないにしてもかなりラインを気にして飛び出してることだけは分かります。本人が一番見やすい位置にいたし、少しラインでためた飛び出しだったので絶妙に飛び出せたのかなと。
2つ目は宇留野が相手ラインよりはゴールに近いところにいるのは確かですが、西よりは遠い位置にいたような気がするのでこれも大丈夫なのかなと思いました。オフサイドは自分よりゴールに近い選手への縦パスにのみ適用されるルールなので。
まぁあくまでもテレビで見てて、熊本目線ですけどね。副審がしっかりジャッジしてくれたことを祈ります。

2点目は言うこと無いですな。
シュートが素晴らしかったのはもちろんのことですが、ほぼ同じ位置からのシュートを1本蹴って外してたので、2本目を蹴らせた鳥栖守備陣の大きなミスでもありますね。守備の修正が十分でなかったのか、試合が終盤にさしかかっていて疲労で足が動かなかったのかは分かりませんが。

攻撃に関してだと、ファビオ・カレンのコンビはまだまだですね。2人が能力的にすごいのは間違いないですけど、2人のコンビネーション、チームとのコンビネーションという点ではまだまだです。もちろんチームの方にも課題はありますけど。シーズンもそろそろ終わるし、この2人のプレーをもう少し熟成させて欲しいところですけど、契約の問題もあるしね。どうなるんだろうねぇ。


守備については、最終ラインと南でよく踏ん張ってましたね。今季は本当に頑張ってます。
拓ちゃんが何本か豊田にシュート打たせちゃったのが少し気になりましたが、概ね良かったです。
というのも、豊田のシュートの場面は決定的な場面というわけじゃなかったんだけど、徳島戦での津田みたいなこともあるしね。ちょっとドキドキしました。



本日は富山戦。
3-3-3-1のフォーメーションが取り上げられてたので気になって、ヴェルディ戦は後半だけですが観ました。得点パターンがカウンターとなってはいますが、それ以外にも良い攻撃してましたし、決して守備的な戦術だという感じではありませんね。特に、代わる代わるサイド攻撃の主役になる朝日、石田、苔口には注意しないといけないと思います。サイドからの素早い仕掛けから相手が揃わないうちに数的に有利な状況を作る走力は見事です。去年強かった富山らしさが出てきた感じですね。
とりあえず前半は無失点でいきたい。ミスを減らして、少々消極的でもいいかもしれない。ポゼッションはいつもより高くなると思うし。相手の状態がいいので、そういうつもりで闘って欲しいですね。

残りも少ないですし、しっかり締めくくって欲しいですね。

vs 柏レイソル in 柏

守った守った。

良い攻撃もあったけど、とにかく守った。
やっぱり守るってなったときの守備力はすごいな。
去年はなかなかこういかんかった。

というか、相手があることを考えれば良い攻撃をし続けるより良い守備をし続ける方がよりやりやすいってことですね。
守備の選手たちがコメントしてたように、中盤の選手たちがよくボールを拾ってくれたこと。
これは、もちろんいつも以上に頑張ってくれたということもあるんでしょうけど、チーム全体が守備ライン下げてコンパクトにできたってことでしょう。最終ラインと最前線の2人のラインの距離が狭ければ狭いほど密にプレスできるし、こぼれたボールがだれかにひっかかりやすいのは論理的だと思います。

こういうコンパクトさは攻撃を重きを置くことで途端に難しくなるし、いつもはこのバランスに苦心する。
ほとんどの監督が攻守の切り替えの速さを求めるのもコンパクトな陣形のまま、攻守双方を行いたいという目的があるからだしね。

そういう意味で、「守る」重視だと最終ラインをあまり動かさなくてもいいし、他の選手たちも守りのポジションをとるのが単純化されるので、90分耐えられたのかなと思います。



攻撃は松橋・カレンともに右から、それぞれ1回ずつ計2回チャンスがありましたね。
角度的に右利きの二人には難しかったかもしれませんね。少しでもインサイドにかかると厳しい感じですし。
トップ下に入ったファビオとのトライアングルはまぁまぁでした。
ファビオは巧いけど、FWとしてファビオほどに魅力的な人材もなかなかいないからね。今のところ最前線の方がいい気がします。

まぁ今回は守備重視っていうのもあったし、カウンターを念頭においてたたから、前二人にスピードのある選手を並べたいというのはこれもまた道理だと思います。上に書いたチャンス2回はどちらも彼らのスピードが活きた場面でしたしね。

一方で、3バックはだいぶ安定してたね。
堤良かったよ。熊本来て一番しっかりしてた。彼はサイドよりもセンターなのかなぁ。しかも、余るタイプ。
ソンジンはレフェリーによっては危なかったかもしれない。それでも北島・大津には厳しくいけてたし、頑張っていたと思います。宇留野や片山も守備頑張ってくれたしね。

5バックに近い感覚もありましたので、常時使うとなるとどうかなと思いますけど、柏やJ1クラブのような格上のチームには良い作戦かもしれません。天皇杯・鹿島戦をここに活かせたってことですね。


次節は水前寺で鳥栖と対戦。バトルオブ九州。1勝3分1敗の得失点差-4ですか。
前回対戦はアディッショナルタイムで追いつかれるという最悪な引き分けでしたけど、次こそ勝ちたいですね。
鳥栖は前線と中盤に良い選手を揃えているので、守備の時間が多くなるかもしれませんね。
とりあえずは豊田には厳しくいくことと、スピードのあるサイドの選手にしっかりつくことが大事になってくるでしょうね。
そっから松橋・カレンのカウンターで早めに先制したいところです。

あと、日曜なので大丈夫とは思いますが、台風も接近中です。
他の試合ももちろん普通の生活も含め、大きな影響がでないといいなと祈ってます。




※コメントで指摘のあった点は修正しました。
間違い訂正助かりました。ありがとうございましたm(_ _)m

vs 徳島ヴォルティス in ポカスタ

相性悪いとは思わないな。相性って言葉を意識しすぎるのは良くないと思う。

でも、ポカスタで徳島に未勝利&無得点。

展開的には横浜C戦や愛媛戦と同じで、早い段階で先制されて、徳島がうちの良さを消すサッカーに移行したのが原因と思う。今季は去年・一昨年より成績が良いとは言え、今は積み上げてる段階だしね。相手がうちに合わせたサッカーしてくると厳しくなってくる。

ただ、状況的には徳島の方が苦しかったはず。
3連敗で迎えた熊本戦は是が非でも勝ちたかったはず。
そういう意味では福岡戦のような展開に持ち込むこともあり得たと思う。

残念ながらそうならなかったのは早い時間帯での失点のせい。
もちろん決めきれなかった攻撃陣やぎりぎりのとこでの不運もあるけど。
失点しなければ、徳島も攻め方悩んだと思うしね。

あとは、実況か解説の人が監督の「福岡戦のように」のコメントを言ってたけども、それが本当ならプランミスの可能性もあるかもと思う。前から積極的にプレスするのはいいけど、福岡の中盤よりも徳島の中盤の方が明らかにテクニカルでサッカーセンスの塊みたなメンバーだし、あまりはまってなかったように思う。簡単にはたかれて繋がれて、柿谷や徳重にいい形で攻撃されてたもんなぁ。それこそ鹿島戦でやったというような綺麗に組織された2ラインで勝負した方が良かったかなと思う。

それにしても、津田のゴールは巧かったね。あれは仕方ないや。


攻撃陣も悪くなかったと思うけどね。
特にCKのファー狙いは完璧だったと思う。練習と研究の成果ですね。

セットプレー以外でも狙いとするような攻撃は割りとできてたと思う。
ただし、個人的には2つあるな。

1つはクロスに変化がなさ過ぎる。
ファビオが入る前、ファビオが入った後でもクロスの質も変わらなかったし、アーリーのタイミングで上げられる場面も一旦、中がきちんと揃うまで待ったりしてた。DFが戻れてないなら当然FWも抜群のポジションではないけど、相手が戻ってる状態で入れることはした方が良かったと思う。

2つは残りが少なくなってから焦りすぎ。
前半と後半途中までは普通だったけど、残り10分切ったあたりからやたらミスが多かった。
あれは失点するのと同じくらい滅入るね…
焦ってる人と焦ってない人、急ぎたい人と急ぎたくない人がいてチームがバラバラになったようなイメージ。
足元でいくのかロングでいくのかは完全にファビオ基準だし、彼のポジションで決めるくらいの落ち着きはほしかったね。

まぁこれからか。若い選手も多いしね。


あと、カレン・松橋・ファビオのそろい踏みが実現したけど、この場合松橋がサイドにいくのかぁ。
なんかもう少しある気がするな。
松橋はたしかにクロス巧いけど、彼の仕事場は中央だと思うしさ。
ファビオと相性の良い宇留野が交代しちゃったのももったないかったし。
できることなら4-4-2のダイヤモンドとか3-5-2とか前線でトライアングルできるような配置でみてみたいなぁと。



さて、明日は首位柏戦ですね。
勝ち負けよりも面白いサッカーしてくれないかなと期待してます。
toto対象という意味では勝って欲しいね。賭けますし(笑)

vs アビスパ福岡 in KK-WING

やばいよやばいよー(笑)


あと1時間で天皇杯の鹿島戦が始まりますね。連休初日なので茨城遠征してる人もいるのかな?いいなぁ。

NHKが放送してくれないのが非常に残念。
録画でもラジオでもいいから頑張って欲しかった。NHK熊本に頑張って欲しかった。

ってか、今の放送の頻度ならNHKは天皇杯の放映権とらなくてもいいんじゃないの?
高い放映権料払ってもらっておいてなんなんだけどさー。



さて、今さらですが、勝ちましたね。ナイスゲームでした。
点をとって、勝つ。サッカーの醍醐味をたくさんのお客さんが目撃できたようで良かったです。


今さらなので、短めにしますが、勝因の1つは運動量ですかね。
前線と中盤がものすごく動いた。DF陣は前が絞ってくれたコースを消すことに集中できたので守備が崩れなかった。すごいよかったよね。セカンドもここ2戦に比べたら格段に拾えてたし。

2つめは福岡の戦術。
横浜・愛媛とうちの良さを消す戦術が徹底していたのに対して、福岡は割りと自身がやりたいサッカーを貫いてくれたので、双方の良さが活かされて試合ができた。たぶん他サポが観ても面白い試合ができたんじゃないなかなぁ?横浜・愛媛戦は他サポは全然つまんなかったと思うけど。これに関しては、福岡様々ですね。前の試合で柏に負けていたことも要因としてあるかもしれない。自分たちのサッカーを再確認しよう的な意識が強かったのかもしれないね。

最後は運。
あんだけポストに弾かれることもないと思うし、開始後数分で久藤が決めてたらとか、中町のゴールがオフサイドにならなかったらとか、あの辺でもツキあるなと思ったよ。2つめとも関連するんだけど、紙一重だったんだよね。福岡の戦術選択も別に間違ってなかったと思うし。チャンスはたくさんあったからね。先手をとられたらワンサイドゲームの可能性もあったと思う。だからこそ、運の要素は大きかったなと。



まぁつきつめるところ、監督もおっしゃっていましたが、選手の頑張りでしょうね。
要因は色々考えられるけど、全ては選手のコンディションとパフォーマンスから始まる。それを後押しするのがお客さん。そして、こんだけのお客さんが来たときに勝ってくれると、また次もスタジアムで応援しようって人が出てくる。選手のモチベーションも上がる。

そういう好循環にもっていかないとね。

2万人集まって、ゴールが入ったときのスタジアムの熱狂はまじですごいと思う。
あれを味わうことなく人生を終えるのは不幸。絶対不幸だよ。

行かなきゃ。スタジアムへ。
ゴールが決まって勝つまで。行かなきゃ。

もったいないよ。



さて、天皇杯は放送無いですが、鹿島の公式でラジオ放送みたいなのやってくれるんだっけ?
いつもやってるよね。あれ。昔鹿サポの友達に教わって聞いたことがあります。
当然鹿島寄りの実況・解説になると思うので、天皇杯の記事は書かないと思います。

次は17日に徳島か。強いからなぁ。徳島。
ただよ・矢野の津田封じに期待しましょう。

vs 愛媛FC in ニンスタ

負けた試合は余計筆が重くなるね。

え?いつも遅いじゃんって?(笑)




正直あまり変わらないんだよねぇ。反省点。
ゲームの作り方。ボールの運び方。特に奪った後のファーストボール。
拓ちゃんはいたけど、結局そこに効果的なタイミングで入らなかった。矢野と堤は判断がぬるかったよね。周りのせいもあるけど、もっと早く、1つ目のタイミングで入れる回数を増やさないといけないね。そこから失点したし。堤がとられたんだけど、矢野も難しいパスだしたし、二人のミスでしょう。

明日はただよに期待せざるをえないか。


攻撃面はカレン・ファビオがはまるにはまだまたかなという印象はありましたね。ファビオのゴールに向かう姿勢は買うけど、そのせいでカレンの良さが活きてない。松橋の方がスペース使ったり、流れるのもうまいし、二人と合わせやすそう。

あとは、筑城がいいタイミングであがれれば。回数は増えてるけど、まだいけると思う。片山は今からの部分多いし、筑城にかかる期待は大きい。福岡戦は久藤や永里を押し込むためにも、裏の取り合いに負けないようにしてもらいたいね。



横浜戦と愛媛戦の違いは、前者は攻略されての負け、後者は自滅。結果は同じで、修正すべきとこも同じなんだけど、愛媛戦の方が目に見えるミスが多かった。消極的なプレーも増えたように見えた。

今年の福岡は乗せれば一気にくるチームなので、90分ずっと神経質にバランスとらなきゃいけないと思う。特にメンタルで押し負けたらレベスタの悪夢の二の舞になると思うよ。

今の得失点差はほとんどあのときのマイナスだもんなぁ。
取り返せ!とは言わないけど、勝ちたいね。


明日は天気悪そうですが、お客さん入るみたいだし、横浜FC戦みたいな試合は勘弁です。


得点をとる。

負けない。

最低でもこの2つはお願いします。

vs 横浜FC in KK-WING

今の更新ペースで週2試合はつらい(笑)

今日とまとめて…とも考えたんですが、前節があまりにひどかったのでまとめたくないってのが本音です。



さて、前節は動員があって、地上波の放送もあって、とにかくたくさんの人の目に触れるであろう試合でした。

にもかかわらず…でした。

客観的に感想を述べるなら、今の順位や結果ほど横浜FCは弱くないし、個人の能力では向こうが上なくらいだし、かなり研究されたという印象があったので、完敗だったと思います。前期の福岡戦、栃木戦と並ぶワースト3の試合。

勝ってほしかったよ。
せっかくの環境だったし。


以下、横浜FCのことはさておきで思ったことを書きます。

まず守備。
スカパーの山崎アナが開始15分の失点なしなんてデータ持ち出してきたので、フラグにならなきゃいいなぁと思ってたら…甲府戦では逆だったんですけどね(実況が甲府は先制したら負けないデータを持ち出したら、うちが先制したっていう)。

まぁそれは気分の問題ですが、横浜FCは徹底してうちの左サイドをついて来ました。そっからファーにFWが流れたところで筑城と勝負させる。中央がただよでなくてソンジンだったことも大きくて、あの辺のマークが、ボランチ含めてふわふわしてた。ボランチが2列目をしっかり見て、CBはFWにつくと決めるか、もしくはCBとSBのマークの受け渡しをもっと綿密に打ち合わせる必要があった。

さらに、左サイドは堤一枚で守ることが多く、一つ前の西やボランチがヘルプにいくタイミングが悪すぎた。ないか遅いか。そういう時間帯にやられた。

あとは、最終ラインとボランチでのゲームの組み立てが全然できなかった。横浜FCのプレスは狙ってたみたいだし。ここもただよか拓ちゃんか平木がいたらなと思わずにはいられなかった。後半開始から藤田さんが入ったのはその辺の修正もあると思う。

最終ラインはそんなにビビってライン下げる必要ないと思うんだよね。南のクロスへの対応や1vs1の反応はピカ1だと思うし。オフサイドとれないくらい下がるより、クロスやミドルにプレッシャーかける方が効率良さそうな気がする。セットプレーからの失点が多いのも、結局ラインが下がった状態でのスタートで南が抑えるべきポイントがたくさんあって手に余るからでしょう?

今年は失点減ったけど、CBはもっと出来る。もっとしっかり守りたいね。



攻撃面は、後ろの組み立てが稚拙だったのが不遇でしたけど、1タッチで崩すとかシュートにチャレンジするとかなかなか出来てなかった。ファビオがいるんだから単純にクロスでもよかったと思う。ロングにしたって精度を欠いたし、何より前の動きに合わせて蹴れてなかった。
攻撃パターンは開幕当初より増えてきたし、岸野監督が言ってたらしい「カウンターだけ」というのは大きな間違いとは思うけど、カウンターを封じられると幅が狭くなることもまた事実。

まぁでも、そろそろ対策たてられたって、その上からぶちかますだけのメンバーは揃いつつあるとは思うんだけどね。
今回は早い時間帯での失点と効果的なタイミングでの追加点献上でますます厳しくなった。カウンターが信条のチームは先制点をやったらだめだ。


水戸・甲府に引き分けたのはつなげなかった。

本当に残念な試合でした。

今日の愛媛戦は連敗回避が目標。
そして、また1から踏み出してほしい。

vs ヴァンフォーレ甲府 in 小瀬

ナイスゲームでしたね。
勝てなかったことについては、残念な部分もありますけど、開幕戦で千葉と引き分けた時以上に、上位チームともしっかり対戦できるんだって示してくれた試合になりました。


ゴールも全て素晴らしかったですね。

特に筑城。スカッとするゴールをありがとう。そして、J初ゴールおめでとう。
カウンターで右サイドを崩しながら、松橋が相手を数人引きつけてのお膳立て。
筑城もよく走ってたなぁと思うし、GKも含めて目前に3人いる状況ですごく落ち着いてたなと思います。
良い流れつくってくれたよね。

宇留野は古巣相手に流れを変える同点弾を決めてくれました。
せっかく先制したのに、あっさり逆転されて一気に持って行かれるところを踏みとどまらせてくれたあのゴールの役割も大きかったと思うよ。良いところにいたよね。今年はサイドハーフとして出場することが多かったけど、やっぱり宇留野は得点を狙わせてなんぼな選手だよ。

3点目はファビオ。彼はすごいね。まず恵まれた体格でチャンスをもらって、結果を残し、今は求められてることを全力でやってる。もっと伸びるってことを考えれば、このまま熊本に収まる選手じゃないのかもしれないな。もちろんロアッソとしても彼の成長に見合うだけのクラブとなって欲しいものですが。一方で、ガンガン成長して、世界に羽ばたく選手になってもらいたい気持ちもあるな。良いオファーがあれば移籍してもしょうがないし応援するけど、最低でもJ1で。正直な気持ちです。


守備は3失点しましたけど、マイクにほとんど仕事させなかったし、頑張ってたとは思う。
ただよがPKとられたのも引っ張ってたから判定としては納得。エリア内で引っ張ったらダメだよね。
メンバー的にはソンジンがやっぱりやりづらそうだったかなと思う。結局、パウリーニョや柏が相手だったからどうなんだろうね。マラニョンとかキムシンヨンとかならソンジンで良かったと思うけど。まぁ守備から入りたいというか、とにかく先に失点したくないって布陣に見えたので、意図は見えたと思います。堤じゃダメだったのかねぇ。怪我だったのかな。でも、明日の試合は予想メンバーに入ってるし。

次は、ただよが累積で出られなくて、矢野とソンジンが組むことになるのかなぁ。
ただよがいれば大丈夫なんだけど、矢野・ソンジンのコンビだとソワソワする。まぁ前回ただよが出られなかったときは完封したんだっけ?たしかそんな感じだったと思うけど。うろ覚えでごめんなさい。




明日は、KKでスポーツフェスタと銘打って毎年恒例の動員試合。相手はもちろん横浜FC。
もう3年連続だっけ?ここは横浜FCと話し合って決めてるんだろうね。横浜FCにはJFL時代からTMやPSM、今年は違ったけどキャンプ地としてもお世話になっておりますので、クラブ同士で良い関係を築けてるのかもしれませんね。

幸運にも過去のスポーツフェスタで敗戦することはありませんでした。
が、一昨年が吉井の劇的AT弾だったのに、昨年は逆に劇的AT弾で追いつかれるという展開。
横浜FCとは昨年、天皇杯でも対戦して、その試合も追いつかれ、PK戦で敗れたと記憶しています。
戦績で見ると相性良さげですが、実は毎度毎度かなり苦戦してる。

甲府に引き分けたのは良かったけど、この試合に繋げていかないとね。

たくさんのお客さんの前で会心の試合をして欲しいですね。

vs 水戸ホーリーホック in KK-WING

もう一週間も前の話ですか。早いですね(笑)
とりあえず明日なので、短くします。


そういや、なんだか格下相手に取りこぼした感じで記事になってましたけど、なんだかなぁ。
たまたまロアッソが上位にいるってだけなのに。

シュート数とか展開とかそういうのをフワッと見たら、ロアッソのペースって感じだったのかもしれませんが、水戸はあれで水戸のペースですしね。今やってる試合とか見たらいいよ。あんだけ攻めて点がとれなかったってことは、裏を返せば負けなくて良かったねっていうこともできるし。普通に水戸は強かったなぁ。


さて、そうは言っても、今季の守備ベースのサッカーをやってることからすれば、今節のロアッソの試合はすごく良かったと思う。引いた相手にもきちんと攻めたし。主に後半。西や藤田さんが入るとギアチェンジするのが手に取るように分かるから面白い。監督にも選手にも手応えがあったようだし。あとは、1つ1つの精度を上げるしかないもんね。やっていくことがはっきりと見えるほど、しっかり浸透しているのは今年の成果でしょうね。


あとは、ファビオの不在が大きくなってきたなということを実感する。ファビオ自体がはまってるっていうのもあるんだけど、とにかく高さだよね。普通のクロスでも得点の匂いがするのは、攻める上でとても楽でしょう。特に、水戸には大和田がいて、クロスの空中戦はかなり厳しかった。松橋のスピードがあって、西のドリブルがあって、藤田さんのパスがあって、宇留野のクロスがあって、そういう繊細な特徴で成り立ってる感じがするしさ。しっかり色を出せているファビオがいなかったのは痛かったな。
一方で、カレンはもう少しなんだよね。カレンって何が武器かってなると、観てる人にはいまいち答えにくいんじゃないかな。今のところ。決してカレンのせいだけじゃないんだけど、何においてもJ2レベルよりは上にいるけど、突出してる能力はなんだ!カレンがその答え出せたら、じゃんじゃんゴール決めて、バンバン注目されて、J1、そして日本代表ってなると思うんだけどなぁ。


水戸戦で一番良かったのは、チームバランスかな。
守るところも攻めるところも一定のスタイルを出せてるし、匠と孝輔のボランチのバランスも良くなってきてるね。
強いて言うなら、まだ孝輔は遠慮してる感じはするけど。拓ちゃんと組んでるときはもっとバンバン攻めてるし。
匠ももう少し出るとこ出ないと、孝輔の体力にも影響するしね。孝輔がいくとこいけてないのは、そういう部分もあるのかなって感じはするしね。
それでも、前に比べたら、ミスも減ってきたし、完成度は高くなってきたよね。
今節は孝輔が累積警告で出場停止のため、拓ちゃんと匠で組むことが濃厚ですが、頑張って欲しいね。



さて、次節…というか、明日の試合は甲府戦。見所は千葉戦のときと同じかな。
3位までに入れば、J1には上がれるんだけど、去年池谷GMがおっしゃっていたように、昇格するチームってJ1に相応しいチームだと思うんだよね。上がるべくして上がっている。
我らがロアッソ熊本は6位にいるけど、3位とは勝ち点5差だけど、果たして自分たちはJ1にふさわしいんでしょうか。
千葉戦の前にも同じテーマをぶちあげまして、見事に力の差を見せつけられました。
少なくともガチでやりあえないなら、奇跡で今季昇格しても来年厳しかろうもん。
千葉戦では、不運なPKあって、そこから崩れた感じはありましたけど、それ抜きでも勝つイメージは持てない試合でしたもんね。

甲府戦。今季、昇格するであろう甲府戦。彼ら相手にどのくらいやれるか。
J1の中位から下位の実力があるであろう相手にどのくらいやれるのか。

個人的には、結果以上に内容に注目しています。
J1に相応しいことの証明。この試合は勝ち点以上にこれが大事だと思う。

vs 栃木SC in グリスタ

日が明けて、今日は天皇杯2回戦。愛媛戦です。
勝てば、鹿島(番狂わせがなければ)と試合が出来そうです。

リーグ戦が調子良いので、メンバー入れ替えるべきという人もいるようですが、J1チームとガチでやれるチャンスもないので是が非でも対戦したい。J1昇格を意識すればこそです。そのためには愛媛戦に全力でいって欲しいと思いますね。もちろん全くかえないのを推奨してるわけでもないですけど。


テレビではなさそうなので、KKに行かないと見れなさそうですね。

ちなみに、わたくしは行けないであります(´Д`)
応援しに行く人頑張って!

あと、県代表の学園大付属も同じく2回戦。
サガン鳥栖と試合ですね。
重ねて、頑張れ!




さて、すでに一週間前ですが、良いゲームでした。
東京Vに勝てたことで何かを取り戻しましたね。
自信のようなものを感じます。


得点はファビオのヘッドと宇留野の今季初ゴール。

ファビオの高さはロアッソの新たな武器になっています。
この目立ちっぷりはオフやばいな(笑)

今、宇留野良いね。
前節もそうですが、運動量豊富で攻めの起点になる場面が多く見られました。最近アシスト多いし。
そういや、去年も良いゴール多かったもんな。
決定力なら歴代ストライカーにヒケをとらないと思います。



で、失点は、単純にロボを見てたのが吉井だったことに尽きるんじゃないですか?
まぁ大きい選手、大久保と林、にCBつけたんでしょうけど、ロボは外せないよね。
失点の直前にも、吉井がロボのマークを外して決定的なシュートをうたれました。
そちらは南のスーパーセーブで事なきを得ましたが。
後半はマークを変えて、うまく対応したので、ピンチは激減しましたけど。

そういや、前節の東京Vの2点目を決めた高橋についてたのも吉井でしたね。
もしや…狙われてる?



試合は全体的にスカウティング勝ちってところじゃないでしょうか?
チェクンシクいませんでしたけど、代わりに出てた林は十分機能してたし。
個の能力ならそれほどかわらない…いや、むしろ向こうが上な感じですしね。

前回はこちらがどう動いても栃木が微動だにしない感じでしたが、今回は隙間が見えてましたしね。そこをつついていこうというのは徹底してた気がします。



次は一週あいて、水戸戦。
順位はどうあれ!うちは苦手ですから!水戸!
荒田が苦手なだけだ説もありますが、あなどれません。何にも有利なことない。
一つ一つ。一歩一歩。

拓ちゃん。そろそろスーパーミドルを決めておくれよ。

vs 東京ヴェルディ in KK-WING

またもどんどん更新が遅くなっていることに反省しております。


勝ちましたね。ホームでようやく。
個人的にも願をかけておいたので勝てて良かったです。

今季初の3得点。
得点力に難のあると言われる今年。今回の3得点は自信にして良いんじゃないですか。

全てサイドから。クロスの質こそ様々でしたが、全てサイドからでした。
うちがマルチ得点するときは、サイド攻撃がうまくいってるときが多いような気がするなぁ。
特に、今はファビオがいる。ヘディング巧いね。
前の前の退場した試合で外した叩きつけるヘディングも完璧だった。枠をとらえていれば完璧だった。
松橋も久しぶりの得点でしたが、ああいうDFの死角をつく動きは巧いよね。
あと、うちのCBは元々それなりに技術ありますから(笑)
矢野も巧かったけど、ただよが一人かわしてのクロスは巧かったな。ああいうこともできるねぇ。違うねぇ。


この試合は、みなが口にしているとおり、みんなで闘った勝利。初心に戻ったとか原点に返ったとか。
運動量を増やして、走りまくる。相手にポゼッションを渡しても問題ない。とにかく守備から。
らしい試合をしました。久しぶりに。吹っ切った感はありました。
このサッカーで今の位置にいるわけだから。これでまた結果を出したことは大きかった。

2失点については、選手や監督がしっかり反省してるっぽいから特に何も言うまい。
なんかメンタル的なことを言いたくなりますが、ヴェルディの攻撃の形が実っただけですし。ああいう形を狙ってずっと動いてたわけで。それがたまたま3得点のあとに2点来たという感じ。
もちろんそれまで防いでいたことを考えれば0で押さえれただろうっていうのももちろんあってしかるべきですが。

MVPは宇留野でしたか。攻撃では2アシストしましたし、守備にも奔走してましたからね。納得です。

それにしても、神城文化の森の藤田社長がくるときは熊本が勝つイメージがあるんだけど。
前回の時は藤田さんが決めて勝ちませんでしたっけ?
樺島知事とともに良いイメージがありますね。


明日は栃木。前半戦での対戦でもこういう順位が隣同士での対戦でしたね。
水前寺では完敗でした。リベンジしたいっすなぁ。
守り合いになると思うので、ロボにこじ開けられる前に何とかしたいですね。

最近、カレンがシュート打ててなくて、かわいそうな感じです。
チーム全体のシュート数が少ないんだけど、カレンに関してはシュートチャンスすら与えてもらってない。
相手にうまく守られているのか、うちのメンバーがお膳立てできていないのか分かりませんが、FWはシュートしてなんぼ、得点してなんぼなところありますし、栃木戦では是非とも決めてもらいたいね。

カレンが悪い訳じゃないと思うよ。守備もしてるし、チャンスメイクもしてる。
松橋のゴールなんかカレンがニアに走ってこそのフリーですしね。
そうやってやることやってれば、そのうちチャンス来るよ。

最後になりましたが、片山は良かったね。
うちは小柄なドリブラーに恵まれてる。若くて良い選手を獲得したなと思う。
これでまたサイドが強くなったな。アタッカー陣とボランチの働き次第では、得点量産期待できそうです。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs ジェフ千葉 in 福アリ

この試合の結果は、テレビ朝日放送のやべっちFCの中でJ2の中では唯一動画で放送されました(短いけど)。
週刊サッカーマガジンのJ2ページで毎節取り上げられる1マッチもこの試合でした。
今節は2位と4位の対決もあったのも関わらず。

それだけ注目された試合だったということでしょう。

ロアッソ熊本に対する県内の認知度は高いとはいえ、試合を見に行くだとか、結果を新聞で毎週チェックするとかそういうところまでいってないことは何となく分かっています。

でも、全国レベルのサッカー関係のマスコミが注目したこの試合、今季のロアッソ熊本にとって、おそらく最も大事な試合だったといっても過言ではないでしょう。それがいまいち認識されないままスルーされていることが、ロアッソ熊本のまだまだの証ですね。精進しなければいけませんね。


さて、試合ですが…

まず不運でしたね。アクシデントが2つ。誤審PKとオウン。
ただ、それがなくても勝ち目はなかった。そういう試合でした。

うちとしては、開幕戦のように守備から入って、カウンターで押し返す展開を目指していたように見えました。
相手のキーマンである谷澤やネットに仕事をさせない。これは前半良くできていたと思います。特に2CBは頑張ってた。ただよと矢野は成長著しいね。全体的に、守備は良かったと思います。南のファインプレーでしのいだピンチもありましたが、千葉の能力を考えれば、あれだけ持たれて前半0封ってのはなかなか素晴らしいと思いますし。

それに、思ってたんですよ。後半は攻めに転じるスピードを速くしてくれるのだと。

それが全くできませんでしたね。

とにかくダブルボランチが全く上がれない。
失点してからようやく吉井が前にいこうという姿勢を見せ始めましたが、全く足りない。
攻められてる時間が長いから、最終ラインが下がってて、ボランチもそれに引きずられて低い位置からスタートするのでなかなか攻め込めないのは仕方ない部分はあるけど、それにしてもだめだった。
両SBも効果的な攻撃参加は皆無。筑城はシュートが1つあったっけか。でも、攻撃を期待されての起用であるはずの西森が全く上がれず。もちろん1つ前の平木の動きが最近イマイチなのもあるし、バックとボランチで回す時間が長かったり、逆にカレンにロング1発だったりと、SBにとっては上がるか下がるかの判断がかなり難しい展開だったとは思いますが。

カレンが全く仕事できないとうなだれるのは、カレンの近くでプレーする選手が少なすぎるからで、松橋がスペース作って、そのスペースでカレンがポスト役になっても、その次がない。ハーフの守備から攻撃への切り替えが遅くて、カレン1人が相手に囲まれることの繰り返し。本来ならそこをハーフが拾って、サイドに展開するなり松橋に裏を狙わせるなりできたはずなのに。

その辺はなんとかしなきゃいけなかったですね。
中央は増やしたいけど、サイドも減らせないし、攻撃の枚数も減らすわけにはいかない。
どこか1つでも突破口があれば、良かったんでしょうけど。開幕戦はイチと西のサイド突破がけっこう決まってましたが。今回はサイドの攻防もフォロー無しの単騎駆けになってたし。いくら宇留野が巧くても2、3人に囲まれたら縦に進むのは厳しい。

前節ファビオが退場したのがここに来て響いた感じはありますね。高さで勝負できたのに。
藤田さんが入ってパスが回り出しましたが、そこまで0-0で粘れていればもう少し違った展開になったかなと思います。既にリードされている状態では、千葉も守備に重点を置いているのでスペースがないもの。


後手後手に回った感は否めません。千葉との力の差は感じました。
でも、確かに個の差はあったけど、そこを言い訳にしちゃうと、いつまでたっても上にはいけない気はします。
だいたい、個人で圧倒するサッカーは熊本サッカーの目指すとこじゃないでしょう。

ここ3試合勝ってないけど、それでもまだ1桁順位にいること、3位千葉との差は8だけど、4位から10位まではまだまだ団子状態。1つ勝てば大きく状況が変わる。そういう結果を出してるのは今のメンバーですから。自信持って欲しい。力の差上等。それでも、チームで勝ってやる。そういうメンタルで踏ん張って欲しいです。

ただし、現在9位ですから、その集団についていくにはもう足踏みしてるわけにはいかなくなりました。

次節は東京V戦。前半戦の東京Vは監督が替わったせいか、メンバーが変わったせいか、クラブのごたごたが影響したか、ともあれ東京Vじゃなかった。
でも、今は違います。最近好調。甲府を倒し、柏に初黒星をつけ…とにかく好調、とにかく強い。

今うち夏だから勝てないとか、動けないとかいう感じで見られてますが、普通に相手が悪いんじゃないかと思う。
好調草津に始まり、苦手岐阜、強豪千葉でまた好調な東京Vでしょう?ちょっと厳しいよねぇ。

まぁでも、乗り切らねば。こういうこともあります。

ホーム。ゴール。勝利。そういうことでしょう。期待してます。

vs FC岐阜 in 長良川

最近もやもやした試合が続きますね。

シーズントータルで俯瞰したらこの試合は勝ちたかったし勝てるチャンスはあったと言えるけど、この1試合のみをぶつ切りで評価するなら引き分けOKでしたね。

前半はあれだけぐだぐだだったのに、よく失点しなかった。SGGK南様々。
後半失点直後、すぐさまきりかえてゴールを奪ったカレン&藤田さんも見事。

この試合はベテラン組の活躍が光りましたね。


今回は個人よりチームがちぐはぐな前半という感じでした。
ボールを奪われたらそのまま高い位置でプレスをかけるのか、一旦リトリートして適正なポジショニングをとってからプレスにいくのか。

今季の熊本はどちらかというと後者。陣形を一旦コンパクトにしてから守備をスタートさせるというイメージ。
でも、この試合に関してはイマイチ意思が統一されてない感じはありました。

結果、プレスをかけても連動できず、中盤が整う前に相手のパサーに前を向かれ、最終ラインはいとも簡単に裏をとられる。
それが、ますます最終ラインのポジションを下げさせ、中盤との距離が広がり、スペースが出来て、前を向かれる。プレスがかからないし、セカンドもとれない。選手間の距離が広がったことで、パスも繋がりにくくなる。ボールの競り合いでこぼれたものもよりコンパクトな岐阜の中盤がかっさらい、建て直す前に連続攻撃をくらう。

前半は負のスパイラル。
今までどんな相手にもこういう展開は許さなかったんだけど。
守っていても、意図したプレーができていて、奪いどころがはっきりしてるのが熊本の守備のいいところ。

後半はずいぶん改善されたけど、今回の前半は十分に見直す余地がありそうです。


攻撃は草津戦に比べたらだいぶ良くなってましたね。
単純にシュートが増えたというのもある。
守備でリズムがつくれなかった分、1つ1つの攻撃が淡泊になったり、個人任せになったりすることもありましたが、それでも随分良くなった。

得点シーンは素晴らしかったね。
今季のゴールの中でもかなり綺麗に決めた部類に入る。
カレンが流れたスペースに入ってくる藤田さん。
あれはGKにはとめられない。
岐阜の虚をつけたというのもあるかもだけど、練習の成果が見えたゴールでした。素晴らしい。



最後に、審判か。
なんていうか、なんも言いたくないな。
自分で話題をふっておいてなんだけど(笑)
いくつかのイエローは正しかったが、いくつかのイエローに関しては間違っていたと思う。

まぁ実際のところ、審判が良いか悪いかは、判断の正否より正しい判断をしようとする真摯な態度にあると思うんだよね。
間違いは誰にでもあるのは分かってるけど、間違いを許容してるわけじゃない。我慢するだけ。
だから、せめてしっかりしたポジショニングをとってほしいし、選手と対等な態度でピッチに立っていてほしいなぁと思うわけで。

大変なのは分かるけどさ。
1つのジャッジが試合の行方を左右することは往々にしてあるわけだから。



さて、明日は千葉。
昇格を意識するならこの試合は落とせない。
まだまだ試合は続くけど、昇格するという目標を達成したいなら千葉に負けたら終戦だと思っている。

個人的には、単に1つの試合として勝ってほしいと思っているけど、昇格はまだまだ高いハードルだなと思っています。
クラブにも、選手にも、サポにも、まだまだやっておかなきゃならないことがたくさんあると思うので。

もちろんJ1に上がりたくないわけじゃないし、上がってほしい気持ちはあるし、心から応援してるけどね。

明日の千葉戦で、熊本だって昇格に相応しいチームなんだよってとこ見せてくれると腹くくるんだけどなぁー(´∀`)

vs ザスパ草津 in KK-WING

まだ水曜日…と思っている自分はかなりダメブロガーだと思われます(笑)


それにしても、完敗でしたね。草津強かった。

中断明け後、初のホームゲーム。応援もかなり気合い入ってた。すごかった。
ちびっこたちが夏休みに入って、今季初のナイトゲーム。8000人超えて、9000人近く。
芝張り替えのため、ひさしぶりのKK。綺麗なピッチだったね。芝の手入れの人ぐっじょぶ。

そう。なんたって久しぶり。お膳立ては整った。
チームの調子が良いのを目の当たりにしながら、ようやく我らがホームスタジアムで観戦できるというのに。

完敗でした。

久しぶりに手も足も出ずな試合しちゃったね。
うちのだめっぷりもさることながら、草津がとても良かった。
ここ何試合かとてもいい。何より走ってる。一生懸命走ってるのが良いね。
去年、一昨年の強かったときの草津っぽい。
そして、副島監督はやはり名将だなと思った。来年の草津、けっこういいとこ行くと思う。


さて、相手を褒めちぎっても仕方ないので、自チームの感想に移ります。

まずディフェンス。
失点は1だけど、あまり良くはなかった。
最終ライン個別の問題はそれほど大きくはなくて、中盤との連携の部分だと思う。
というか、単純に草津に走り負けたのが痛かった。タフさもさることながら、切り替えの速さで完敗だった。
平木と西の奪われ方も悪かったの多かったし、それで中央の2人のポジショニングが崩れ、前半は走って戻れたけど、後半はさすがに厳しい感じだった…いや、前半の終わりから厳しい感じはしてた。

あとは、想像だけど、前節富山を完封したこと+ソンジンは前回出場の時もチームが無失点(実況の山崎アナ曰く)だったから、スタメン起用だったのかな。これが裏目に出た感はありますね。
失点は堤のクロスへのチェックと言うよりソンジンのマークミスといいますか、ラフィーニャに2人つられてしまったのは声かけのミス。草津の巧さをあえてスルーすれば、やっぱりファーにいたソンジンが後藤の動きをケアしなきゃいけなかった。南とただよにはどうしようもない失点。まぁ数的に同数だったので、突き詰めていくと、筑城が上がっている状態で安易にボールを失う中盤のミスが一番の原因であると思いますが。
それ以外でも、ビルドアップのミスも多かったしなぁ。ソンジン。元々足元の技術はあるタイプと思っているので、残念でしたね。
もちろんソンジン1人が悪い訳じゃないですし、矢野が出てたら防げたかと聞かれても、それはそこにいないと分からないとしか言えません。結果論です。


攻撃面も結局、草津の中盤に走り負けた結果、セカンドボールの奪取率も低かったし、パス回しもリズムが悪い。そのせいか丁寧に繋ごうとしすぎて、シュートが少ない。それでも試合の入りはなかなか良かったんだけど、うちにポゼッションがある展開だったので、サイドに開くことが多く、クロスは入っても工夫が無くて、跳ね返されるという状態が繰り返され、リズムが徐々に悪くなって前半終わりには草津に完全に押し返された。

これも難しいんだけど、一概にFWのせいにもできないかなと思う。
良いボールを供給できなかったのは、後ろの責任だし。安全にバックパスも悪くないけど、どっかでテンポ上げる縦のショートパス入れなきゃいけないし、入れ替わりで下がっては裏へ、下がっては裏へと動いてるカレンや章太にボールが入らないのを見ているのはけっこうつらかったですよ。

もちろんFW、特に章太には奮起してもらわないといけない。
前節は怪我的な交代だったけど、今回は明らかに「カレン残し」だった。1点ビハインドの状態から攻撃的にいくってなったときに、2トップの残った方がエースだと思う。頼れるエースならあの場面で交代させられたりしない。チーム得点王は章太であるのに、交代させられた。コンディションとか戦術とか色んな事情があるかもしれないけど、エースってだけで吹き飛ぶものだと思うし。「カレン残し」っていうカードの切り方に一番奮起しなきゃだめだよね。でもって、ファビオ・カレンの2トップがまた意外とはまりそうだったからね。このままファビオ・カレンのスタメンもあるかもしれないなとフッと思ってしまった。

富山戦のプレーはすごいよかったし、こっからはまってくるものだと思ってるから、章太には変わらず期待している。
でも、もうそろそろ正念場というか、エースの意地みたいなもんをみせてほしいなぁと思っているよ。



まぁ今回の試合の敗因を簡潔に言えば、走り負け、これに尽きる。攻守にわたり圧倒されたのは走力で負けたから。

熊本は毎日暑くて大変だし、夜だってクーラーつけなきゃ寝られない日がしょっちゅうだ。
でも、ここは我らがホームタウンなんだしさ。利点のはずなんだよ。アドバンテージにしなきゃいけない。
暑いからっていうのは、走り負けの理由として最も恥ずかしく、そして最も寂しい。熊本県民としてはね。

大変なのは分かってる。でも、観客を沸かせるプレーをしてもらわないと困る。
技術的にはワールドクラスには劣っていても、気持ちをみせれば絶対に湧く。
90分終わって、ピッチの11人が笑顔でへたばる瞬間をサポーターは心待ちにしています。

次こそ。次のホームの試合こそ。

vs カターレ富山 in 富山

カレンいきなり決めたねー!

綺麗なゴールとはいえないけど、カレンっぽいといいますか、持ってますね。
同世代の旗手の名言を拝借しちゃうと(笑)

もってますね。


平木も今季初ゴールってか、J初ゴール?おめでとう。
ヒーローインタビューでたまたまですって言ってましたが、嘘でも狙ったって言っちゃえばいいのに(笑)
FKの位置とボールの軌道を考えると、GKにはクロスに見えたことでしょう。そうなると反応しづらい。
狙っていたらスーパーなゴールです。


シュートは18本だったか、だいぶうたれちゃいましたし、バーに当たったのもありましたが、ねばり強く守りました。今季の熊本は持たれて攻められてシュート撃たれたとしても、劣勢であると一概には言えない部分がありますね。カウンターもうまくなったし、技術も上がってきてる。

特に、90分のマネージメントがすごくうまくなってきた。
押されているときに簡単に点を与えない。劣勢であることを活かしながら攻める。
そういうゲームコントロールの巧さが見え隠れしてきました。
もちろん前節の北九州戦みたいなこともありますので、まだまだですが。
去年に比べたら段違いに粘るチームになってると思うよ。


今日は、選手で言うと、ただよがすごくよかったな。
今まではけっこうチョンボあったし、足元の技術は昔から定評あったけど、最近は1vs1も巧くなってるし、カバーとかポジショニングとかも素晴らしく良くなってる気がする。
今日は矢野が累積で出場停止のため、ソンジンとのコンビ。
ソンジンがけっこうミス多かったけど、ただよは冷静に対処できていたと思う。ほんとに良かった。

あとは、元J1組がどんどん能力発揮し始めたね。
南や松橋、藤田さんはもちろんのこと、平木と堤にカレン。

特に平木。面白いところ見てるのは前からですけど、フィニッシュに絡むようになってるから今後も期待大ですね。ゴール決めたのも良かった。今日の勝利に貢献できたこと以上に、本人のこれからにとって大きなゴールだったと思う。

カレンはJ1で闘ってただけあって、フィジカル抜群じゃん。周りと1まわりくらい違うんじゃない?体格。
ボールも収まるし、ペナの中ではきちんと勝負するし。
32の背番号といえば、今は木島の記憶が強いですが、カレンも木島並みにワクワクさせてくれそうですね。
加入後、即スタメンで即ゴールってのも本人にとってすごく良かったんじゃないかな?
熊本に来て正解でしょう。これからきっともう一度飛躍してくれるはず。ブラジルW杯の代表狙っちゃいなよ。

堤はまだ局面局面でぬるいところあるけど、やっぱり能力の高さは感じるね。すごいやつだと認識しています。
まだまだなのは、横の連携より縦の連携かなって思う。1つ前が平木だったり、西だったりと、攻撃に特化したタイプなので、なかなか難しいのかもしれませんが、そこは1つ守備で魅せてもらいたいものですな。

松橋は解説の人が言うほど悪くはなかったけど、もっとフィニッシュに絡んでいかないとダメだな。
アシストが悪いとは思わないけど、やっぱりFWなんだし、自慢のスピードを生かして、どんどんシュートうってほしいですな。
前節が良かったということを考えると、今節はやや残念か。カレンと競うようにゴールを奪って欲しいものです。



あとは、前節の反省からか中盤のボランチ2人が最終ライン近くでプレーしてましたが、いまいちセカンドの奪取率が上がっていない気がする。その辺はバランスとか、試合の流れとかもあるので、単純に解決できる問題ではありませんが、西や平木も含め、どうやってセカンドを狙っていくのかは検討したいところですね。

それと、縦のロングフィードがほとんど繋がらなかったことは気になった。単に呼吸が合ってないだけなのか、そもそもミスなのか。せっかくマイボにしてリズム作れるのに、すぐ失ってしまうのはもったいない気がするね。



そんなところでしょうか。

総括としては、全体的に試合内容に課題は残るものの、本当にねばり強く闘えているし、攻撃陣は2得点、守備陣は無失点で勝てたことはすごく良かったと思います。


次は、やっとホームかー。ホームで草津戦。草津は明日鳥栖と試合するので、観れたら観たいですね。
今節で前半戦折り返し、戦前は予想だにしなかった上位での折り返し。
ぶっちゃけ熊本はもっと盛り上がるべきだと思うし、不景気だけど、ロアッソの勢いに乗っかっていく企業が増えて欲しいなと思う今日この頃。

世間は夏休み。ここらでどかんと一発動員かけてほしいですな。KK-WINGを満員にしよう的な。
レンタルできてる堤や平木、今季J1から来てる南・松橋・カレンに真っ赤なスタジアムを、熊本が秘めてる可能性を見せつけたいところですね。堤とか浦和に帰る気満々だし、カレンだってこれから活躍すれば来季はいないでしょうし。彼らを引き留めるのは、たぶん真っ赤なスタジアムしかないと思います。

なんか起こしたいよねー。
選手がJ1とか言ってくれてるけど、そういうスタジアム作れなきゃダメだと思うもん。

vs ギラヴァンツ北九州 in 本城

未だ結果を消化できず。

選手のコンディションは良さそうだったし、試合も事故で同点に追いつかれたけど突き放せた。
後半のATまでプラン通り。細かいところの良し悪しはあっても、今年のうちの形だったと思う。

最後の失点は相手もうまかったけど、きついな。
それほどにチームとしても選手個人の能力としても差のあるゲームだっただけに。

選手たちがゆるんだとは思わない。
審判はたいしてうまくはなかったけど、ATの失点には絡んでいない。

ただただ運が悪かった。今はそう思う。

引き分けの結果が特別悪いとは思わないけど、追いつかれ方がショッキングだったので次に引きずらないようにして欲しいですね。


さて、細かいところで言うと…

まず松橋が良かったね。
得点に絡んだこともあるけど、全体的に動けてたし、相手の嫌なところ嫌なところをつけたと思う。
味方とも連携がとれてきたのかな。以前に比べるとストレス無く動けている気がします。

それと、拓ちゃん。良かったね。
去年の終盤に左SBからボランチに戻ったときにすごい良くて、今年は中盤の要かつキャプテンだからそれくらいかそれ以上の働きをしてくれるもんだと思ってたから、中断前のプレーはやや物足りなかったと思った。運動量もだし、パスの出し方やフィニッシュに絡む回数あたり。今日はシュートもうったし、一番良かったのは、獲られたボールを奪い返しに走れたこと、気持ちが見えたことがすごく良かった。ボールを失わないっていう気迫。本当に良かったと思います。

新加入の堤に関しては、前半はね、あんま良くなかったな。シュートは良かったし、能力の高さは感じたけど、局面局面のルーズさと切り替えの鈍さが目立ちました。1失点目のPKに繋がるクロスを入れさせたのは堤。あそこはもっと厳しくいかないとダメだし、そんなぬるいプレーじゃ浦和では使ってもらえないだろと。でも、後半はずいぶん良くなった。監督に怒られたのかな?全然違ったよ。終盤まできっちり走れてたし、足元の技術や体格もJ2では頭1つ抜けてると思う。あとは、メンタル。浦和に戻るだけなら前半みたいにやっててもいいだろうけど、浦和に戻って主力になりたいなら自分のサイドからの失点は絶対に許さないくらいの気概は見せたいところですよ。

それに関連してですが、筑城は右の方がいいんじゃないか?(笑)これイチはうかうかしてられないな。
全体的に選手のコンディションが良かったみたいだから、そのせいかもしれないけど、左SBの筑城より今日の筑城の方がよかったなぁ。前半の平木に合わせたクロスなんて最高だったじゃないか。PKとられちゃったけど、あれは審判がへぼでしょ。あんなんとってたらサッカーなんて出来ないよ。ふざけたジャッジだったと思います。いやいや、あれがなかったら勝ってたなんて言いませんよ。ATの同点弾は本当に見事でした。審判ふざけんなと。それだけです。

あとは、吉井も良かったね。フィジカルの強さがこの1年くらいで抜群に伸びた。ロアッソで引き抜かれる危険ランキングつけるとしたら、1位は吉井だと思うな。で、イチ。うちに来たときは運動量は多いけど、巧くはなかったし、パスのミスから失点に絡んだこともあったよね。今や吉井のトレードマークになりつつある坊主は吉井のミスからカウンターを喰らって大志郎が退場したあの甲府戦を反省してだったと記憶しています。懐かしい。そんな失敗を糧に、今は完全にうちの核ですな。今日はとても良かったと思う。拓ちゃんとの相性もとても良いと思う。

ディフェンスは総じて良かった。
2失点しちゃったし、相手が北九州ってこともあるんだけど、中断前よりきちんとしてたし、ポジショニングや細かい部分の決まり事も精度が上がってきていると思う。たぶんもう福岡戦みたいな失点することもないと思うな。
ただ、今日に関しては、SBが高い位置をとってて、かつ、ボランチの2人も前目からアタックする場面が多かったから、CBとボランチの間を自由に使わせすぎる場面は多かったと思う。同点時ならともかく、リードした後はもう少しリスクマネージメントを巧くやりたかった。監督もそこをケアするために匠を入れたのだと思うし。

攻撃面も良かった。
今年の開幕前か開幕戦の後あたりに引き出しの多さを見せて欲しいみたいなことを書いたけど、プレシーズン期間だけでは十分ではなかったようで、守備に比べ攻撃は去年より幾分地味な印象をうけてました。が、今日は引く相手に対し、パスを巧く繋ぐことが出来たし、1点目は細かいパスを繋ぎながら2列目が中に絞ってフィニッシュに絡む理想の形、2点目はカウンターから人数もきちんとそろってのこれまた理想の形、サッカーでは両極にあるといっても過言ではない2つのパターンで得点を奪うことが出来ました。他にも前出のアーリークロスから平木のボレー、宇留野が裏に抜け出す形、堤のミドルなど色んな形で相手ゴールに迫れました。これにセットプレーが加われば、十分でしょ。あとは、精度ですかね。まぁ最初の山は越えたわけだし、このまま詰めるだけなら今後は本当に期待できると思う。



ほんとね、勝ってれば今季ベストゲームといってもいい試合。
チームとしてのバランスがとても良かったと思います。

反省すべきとしたら、今後、近い将来も含めた今後、昇格を目指すようなチーム、目指すチームに在籍するような選手になるには、今日みたいな試合を勝ちきらなければいけません。ATで西がうまく時間をつかってCKとったあと、もっと時間を使えなかったのか。藤田さんが言っていたと解説の方がおっしゃっていましたが、マイボールの時間をもっと増やせなかったのか。この辺は若いチームの宿命でしょうかね。

とにかく気持ちだけ切らさないように、そして次の前半戦の最終節アウェイ富山戦をきっちり勝つこと。
これを目指して頑張ってもらいたいですな。

こんだけ長々書いてもまだ今日の引き分けは消化しきれない。
見てる人がこんななんだから、きっと選手はもっとでしょうな。
何度も言うけど、今日はいい試合したと思う。へこむ必要はない。自信持ってやればいいと思う。
監督もこのドローをうまく選手の気の引き締めに使ってもらいたいものです。

次の富山戦に期待!

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 大分トリニータ in 水前寺

水前寺って、なんであんなに入ってるように見えるのに、いつも5000人くらいなんだろう。10000人とか入るのが全く想像できない。

そういう意味では、KKがあって本当にラッキーだなと思う。
陸上トラックはあるけど、観やすいし。
Jの加盟要件の中ではおそらく一番現実的っていうか、財力がモノを言う無慈悲な要件。
ラッキーだよね。ほんと。

それでも、もちろん水前寺にもお世話になってると思うしさ、熊本のサッカーの聖地といえば、まだまだ水前寺だとも思う。色んなドラマがあったもんねぇ。ロアッソに限らず。



さて、大分との試合。
内容は良かったんだけど、結果は引き分け。

勝ち負けに関わらず、水戸、栃木、大分と試合が続きましたが、共通して言えることが1つ。

前半いくつかチャンスがあったのに決めきれず、後半を迎えていること。

栃木戦なんかは完敗とか言われてますが、十分に得点のチャンスはあったと思っています。シュートはなくても崩しまでいけてる場面はあったし、あえば1点の場面を作れていました。
水戸戦はもちろん、PKをもらった大分戦は言わずもがな。

後半運動量が必然的に落ちる中で、1つは勝ち、1つは負け、今回は引き分けと結果が分かれることに。

ありきたりな分析ですが、やっぱり問題は3試合で1点しかとれない攻撃にあるのかな。守備はミスはあるものの耐えてますしね。3試合2失点は十分でしょう。

そうなると、どうしてもフィニッシャーを任されている松橋に厳しくなりますね。
PKを他の人に蹴らせたら決めてたみたいな結果論は言いませんけど(笑)

まぁでも、フィニッシュに至る形もちょっと少ないかな。大分戦は宇留野を前に置くことで、問題の解消をはかったんでしょうけど、解決には至りませんでした。やはり井畑との組み合わせの方がしっくりいくのかも。ファビオ松橋も一度みたいですけど。

一方で、右の山内はよく頑張ってましたね。運動量も多かったし、前線で勝負もできた。ここも前線でためを作れる人がいると違うか。1トップの下に、松橋、山内、宇留野、西のうち3人が並びどんどん追い越して、シュートを打つのが理想かな。

あとは、たぶん大分のディフェンスラインが思いの外低かったというのはあるかもしれません。
それはそれで、山内の仕掛けみたいのが有効になるので、決定的なポイントだとは思いませんが、あんなに守備的に来るなら松橋は一列下で使った方が効果的だったかな。
こればかりは相手があることだし、難しいですね。

一つ言えることは、大分は熊本をそれなりのチームとして相手をしてくれたってことでしょう。そう考えれば嬉しいことです。


今週末はお休み、来週は徳島、その後リーグ戦は中断となります。
試合ないってのはヒマですけど、代表戦もあるし、今年はサッカーに飢える感じはしませんね。

W杯かぁ。
とりあえず今は、ロアッソ熊本の選手が名を連ねる日を心待ちにしてます。

vs 栃木SC in 水前寺

負けましたねーorz
いいとこなしです。

栃木の良さはもちろんですが、それに加えてうちの選手たちの重いこと重いこと。

なぜ?

監督はメンタル面を指摘しました。
選手たちの個人blogを見ても、やることをやれていなかったという反省が多く見られました。

それは試合の中の問題でしょうか?試合に至る過程での問題でしょうか?

とにかくつまらないミスが多かった。特にビルドアップ。
今までも危ういものはありましたが、福岡戦で大々的に表面化した以外は特に結果には表れませんでした。

攻撃については、決定力の前の問題。
シュートがうてなかった。前半は割と良い形をつくれていたけど、シュートには至らなかった。ブロックされたとかじゃなくて、うてなかった。栃木のうまさといえばそれまでだけど、少なくとも前半は相手もついてこれてない部分はあったし、そこでリードできなかったのがすべてだと思う。
一方で、栃木は前半我慢して、後半頭で勝負するプランがあったようだ。風戸さんが松田監督のコメントを紹介してすぐ結果だした。

リードされた後はずいぶん良くなったけど、なぜそれを前半から出来なかったのかって話。



あと、失点シーンについては、前半不用意なカードをもらったただよと吉井が厳しくいけなかったことに尽きる。
1失点目はただよが相手をターンさせての失点。あそこは厳しくいかないと外人にはやられる。レベルが高くなればなるほど、あの微差が致命傷になる。J1いくつもりならもっと頑張らないとダメだな。
2失点目はパスがいくつかつながってのロボ。吉井はパスの始まりに絡んでいる。あそこもいかなきゃ。

退場はダメだけど、それで縮こまるのはもっと困る。
あの二つの場面はもっかい検討しないとダメだろね。

そんなとこでしょうか。


次は大分。またホームだね。
勝たないかんな。
栃木戦は不甲斐なかったとみんなが思ってるわけだし。
それに、九州ダービーだ。
鳥栖には拓ちゃんの退場から最後の最後で追いつかれ、福岡には6失点の惨敗。1番勝つべきチームたちに勝ててないのは最悪だと思う。

くしくも、この流れで九州のチームと対戦できるわけだし、取り返そう。
失った勝ち点は戻らないけど、信頼と自信を取り戻すには勝つのが1番だ。

vs 水戸ホーリーホック in K'sスタ

遅くなりましたー(汗)

いい試合でしたね。水戸戦。もちろんうちにとっては…ですが。
白熱した、誰の目から見てもいい試合だったという感じじゃなく、熊本が良くて水戸が悪かったなっていう。
水戸も弱いチームではないと思うんですけどね。
特にうちはJ参入後、審判にやられた感も強くあるんですけど、とにかく水戸には勝てなかった。
天敵荒田が磐田に移籍していなくなったのも大きいのかな。

個人的にも水戸戦はあまり良い思い出はなく、今回は、いつも最後に書く次節の対戦相手の紹介を栃木と間違えてしまい、これで負けたらフラグ立てたみたいになるなぁと嫌な感じはしてたんですけど。

ほんと勝てて良かったです。



試合の内容は、われらが熊本の一方的…とは言わないまでも、引いて守るスタイルに攻撃的なパスサッカーも加わり、多彩な攻め、引き出しの多さをみせつけるものになりました。前節スタメンを大きく入れ替えながらも、控え選手たちの頑張りでスタメンの尻に火をつけたのも大きな要因だったかもしれませんね。

ただ、展開だけを見れば、かなり厳しかったと言わざるを得ません。
ピンチらしいピンチは、遠藤のポスト直撃くらいだったものの、審判がフィジカルコンタクトに厳しいタイプだったので至近距離からのFKは多く与えることになりました。こちらはチャンスを決めきれない部分もあったので、相手に先制されたら負ける流れだったかもしれません。スタッツほどの完勝という印象はなく、決めた松橋はさることながら、攻守にわたり活躍していた藤田さんのおかげで勝たせてもらった感じですね。

ってか、ここに来て藤田さんのコンディションの良さが目につくんだけれども、どうなんでしょう。
今季はベンチスタートが多く、開幕前に怪我をしたという情報は入っていましたが、コンディションは開幕に間に合っていたと思っていたんですが、違ったんでしょうか。凄みを感じますね。高木監督はずっとクローザー的に使うのかと思ってました。もちろん井畑のコンディションというのもあるんでしょうけど。

松橋のシュートもうまかったですね。
彼のシュートは枠を外すことも確かに多いですけど、今までのエースたちに比べると明らかにシュートスピードが速い。
思えば、うちのエースって毎回タイプ違うなぁ。ロッソ時代の高部から考えても、端でかぶりこそすれ一番の長所は違う。
高部は高さ、ゆたか氏はシュート精度、木島はドリブル、で松橋はスピードと。
クラブの規模から選り好みが出来ないってのはあるかもしれませんが、それぞれ活かしてきたチームの柔軟性は誇れるかと。もちろん監督コーチの力は大きいですけどね。
松橋もだいぶ活かされてきてるので、あとは決めるだけのとこも増えてきたし、松橋の場合はサイドに流れてアシストに回る形も多くなってきてる。宇留野や西がフィニッシュに絡む場面も今季はじめにくらべたら格段に増えてきてると思うし、良いチームになりつつあるなという感じはしますね。

もちろん守備も。
水戸戦はボランチ含め守備陣が非常良く守れました。愛媛戦はサイド、福岡戦では最終ラインとボランチの間をうまく使われてたくさんのピンチを作られましたが、今回はそこら辺も修正されてきたかなと思います。
また、仮に突破されても、やっぱ南がいることは大きいよねぇ。すごいなと思う。GKってすごいよな。



他に、特に今付言することもありませんが、良かったです。
強いて言うなら、前半に先制して、後半追加点の2-0で勝つべき試合だったじゃないかなとは思いますけど。
ぎりぎりでした。本間にもビッグセーブされたしね。吉井のミドルも惜しかったし。

選手たちも全体的に動きよかったと思います。みんなよかった。
スタメンで出る選手の他にベンチも動ける選手が揃ってる思うと、いくらか心にゆとりが出来るね。



さて、今週こそ栃木戦。
何試合かずっと負けてないんでしょ?栃木。前節も富山に1-0勝ち。
ロボは良い日と悪い日あるみたいなんで、悪い日にあたりますように。

水前寺かー。栃木とはKKでやってないんだっけ?去年やったっけ?忘れた。
水前寺の栃木戦と言えば、JFLで柱谷監督時代の栃木と対戦した試合が思い出されます。
あの時はたしか1-0で勝ったけど、ピッチが悪いとか柱谷監督に言われた気がする(苦笑)
あれは秋だったから、今はまぁだいぶ良いと思うよ。
にしても、あまり良いイメージないなぁ。ホームでは。JFL1年目の八代での負けは未だにトラウマです。
アウェイでは、一昨年の天皇杯でPK負けはあるものの90分では負けたこと無いし、そっちの方が良いイメージあるかも。
順位も近いし、是が非でも勝ちたいですね。ま。高菜さんが水前寺で負ける気しないらしいから大丈夫か!(笑)

とりあえず前節栃木が勝ってくれて良かった。長い連敗・連勝・不敗記録はどっかで止まるし。
連勝・不敗記録は止めるっていう方がモチベーションも高くなるし、応援しがいがあるってもんですよ。

がんばりましょう。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 愛媛FC in 水前寺

ナイスゲームでした。

前節の福岡戦が散々な結果でしたからね。余計に。
その試合から中二日で立て直したスタッフと選手たちの頑張りに感動しました。
切り替えるのも難しかったと思うし、メンバーも選ぶの大変だったと思うよ。


前半は少々固さを感じました。特にDF陣。
それが前節の弊害なのか、ソンジンや西森が入ったから勝手が少々変わったからかは分かりませんが。

崩される形は主に左サイド西森・西のところでしたね。
西本人もコメントしていましたが、マークの受け渡し等がうまくいかなかったみたいで。
ただ、前節に比べれば西の最終ラインに戻る回数やタイミングは抜群でしたし、少し良くなってきたなと感じました。
西の復調の兆しが見えたことがこの試合の一番の収穫かもしれませんね。
西森に関しては、ちょっとセンタリングを簡単に上げさせすぎるところが気になりました。
CKやスローインの方が嫌なのか、疲れで出足が鈍いのかは分かりませんが、相手の蹴るコースにはいるんですが西森がカットするケースは少なかったかな。これが作戦で、中で跳ね返すのが一番の獲りどころなら問題はないんですが、ちょっとね。やっぱ危ない気がしました。福田強かったしなぁ。
連戦のコンディション重視ということなので、筑城がファーストチョイスなんでしょうけど、今の状況だと2番手争いは熾烈ですね。ヤスもそろそろ出てくるかなぁ…

あとは、ビルドアップのミスが決定的なピンチを2度作りました。1つは矢野、もう1つは匠。
彼らだけではありませんが、たまに恐ろしいですよね。
高木監督語録で「奪った後の3本のパスを丁寧に」ってのがありますけど、何事もTPOだからねぇ。
ここで獲られちゃいけないってときは蹴り出すのもアリだと思うし、同じ相手に渡すでも最終ラインか最前線かじゃあ全く違いますしね。愛媛みたいに守備バランスが良いチームが相手の時に中で綺麗に繋ごうとするのも難しいので。
それに、受け手も最悪のケースを想定しながら準備しないと。矢野のは、彼だけじゃなくて受けようとした拓ちゃんもあそこは必死に滑るところだったかな。周り見れてなかったんじゃないか。あれは不用意でした。
匠のは単純にミス。相手に狙われてたのもあるけど。南に救われたね。

前半の攻撃面はシュート数4本だったか。
あまり攻めた感じはしなかったけど、相手が堅守愛媛であることと、前節の流れから守備からしっかり入ろうって意図は見えたので良かったと思います。

前半のMVPは敢えて拓ちゃんにあげたい。決定的に仕事したのは南だけど。あえて。
たぶん全開で入ったね。良かったと思う。
上の矢野のとこはあれだったけど、別に責められるもんでもない。それよかナイスディフェンスが多かったな。
後半FK決めてればこの試合のMOMでも良いと思うんだけど。前半全開でいった分後半は疲れましたね。
まぁこの調子で…っていうわけでもないけど、前回最後にはっぱかけるようなことを書いたので、その意気込みだけは買います。


後半は守備バランスもよくなり、左サイドを崩される回数も放り込まれて福田から作られるチャンスもずいぶん減りました。
終盤は1点ビハインドの愛媛が猛攻に出てきたので、押される時間が増えましたが、前半ほどの危うさもなく良く守りきったと思います。とにかく南がよかった。南が並のGKなら負けてたかもしれないし。CKから小原のヘッドだったっけか?あれはすごかった。

で、先制点。ファビオ。
大きいねぇ。彼。なぜMFなんだろう。そこは聞いてみたい。だれか聞いてくれないかなぁ。
ポストプレーと真ん中でプレーするのとはまた違うけど、特に超絶テクニックもってる感じでもないし、まぁまぁ走れるけど中盤のダイナモって感じでもないし、もちろんスピードがすさまじいわけでもなく…やっぱり大きさとフィジカルな気がするんだけど。ましてやブラジルでしょ。うまいやつはごまんといるブラジルでも、彼ほど体格に恵まれるプレーヤーなんて一握りでしょう。190cmだよ。いないよー。めったに。あと、キック力あるね。もしかしてミドルうまいんじゃない?ポジショニングとかも見たいけど。最近アンカーにはDFみたいな選手使うこともあるし…いやでも、攻撃的なMFって池谷GMがいってたの聞いたような気もするし。
考えれば考えるほどドツボにはまります。気になる。なぜMFなのか。しょうもない理由でも良いから聞いてみたい。

それました。

得点の形は素晴らしかったね。まさに点と点。
ファビオのストロングポイントを使ってきっちりとった。ロアッソ熊本の新たな武器になりそうです。
それまではCKでのチャンスが主だったかな。
前半遠目から強引に狙ったシーンありましたが、あれもブラジル人たればこそのプレーでしたね。日本人ならイチにスルーパス出してる。MFならなおさら。だからこそ、気になるんだよね。なぜMFなのか。

それました。

あとは、宇留野うまかった。絶妙なクロス。よくファーを狙ったよね。感覚かな。
あの場面での愛媛の守備陣形だとどうしても関根がファーをカバーしなければいけなくなる。これは大きなギャップ。
今までのうちだと相手に身長で勝ることはそうなかったからニアに早くて低いクロス入れることが多かったけど、これもファビオが居ることの強みでしょうね。
ナイスゴールでした。


この試合は全体的に、コンディションが良い選手をいれたというだけあって、良く動けていたと思います。
愛媛がすごく動けてたからね。厳しい試合になるんじゃないかなと思いましたが。
それと、起用の仕方も良かったよね。ただよと松橋が出られなくて、連戦の終盤で疲労がピーク、さらに前節ショッキングな負け、特に今年のスタイルからいうとありえない負け方をして…っていう流れでのこの試合。かなり難しかったと思います。下手を打てば、前節の流れを引きずってしまったり、選手がスランプに陥ることがあるかもしれないなかで、代わりのメンバーで試合出場にただならぬ意欲のありそうな外国籍選手をうまく起用し結果を残させ、吉井を休ませ、不調気味だった西を起用することで復活させた。監督としては万々歳じゃないでしょうか。


次は栃木。今年は強いね。松田イズムが浸透してきた証拠でしょうか。
柏と引き分け、大分に大勝。ジャイアントキリングが目立ちます。一方で、同じくらいのチームには苦戦気味か。
前節出場できなかったロボも戻ってくるでしょうし、選手はレベル高いのがそろっているので厳しい試合になると思います。
特に気をつけたいのは元岐阜の高木でしょうか。これまでもだいぶやられてますしね。
現在うちが6位で栃木が7位。負けたら順位が入れ替わる大事な試合です。しっかりと勝っておきたいところですね。



※すいませんでしたー(汗)
次は水戸ですね。次のホームが栃木でした。
水戸かー。苦手だよなー。水戸。

vs アビスパ福岡 in レベスタ

さすがにこれはきついわ…

誉めるとこ1つもなし。
確かにコンディション的に相手よりきつかったのは分かるし、相手のフィニッシュの精度が高かったのも不運だったけど…
アビスパ相手にこの試合はない。百歩譲って柏とか千葉にこれならまだ自分に言い訳できる。福岡にこの負けはねぇよ。


今後こういう試合をして欲しくないという意味を込めて、ダメだったとこを書いておきたい。

1つ。SHで代わってスタメンの二人が出来なさすぎ。
これはスタメンを変更した監督のせいではないと思う。この連戦でどっか変えなきゃいけないとなると、相手がフレッシュで走り負けそうなここでいつもとは違う選手を入れるという判断は悪くない。期せずして、拓ちゃんも札幌戦出られなかったし。中盤4人のうち3人が疲れなくしてこの試合に臨めるのは良い条件…のはずだった。西も山内も攻守のバランスと切り替えが悪いね。二人とも仕掛けるタイプで、ショートもロングもパスの精度があまり高くないってのも悪影響だった。筑城とイチは悪くなかったっていうか、むしろ良かったんだよ。でも、ハーフを追い越そうっていうタイミングでボールを奪われて、両SBの裏をカウンターで狙われる場面が多かった。宇留野と西森が二人ともうまくバランスとれるし、パスの巧さとキープの巧さがあるからねぇ。高木サッカーで西と山内が活きるにはもっと個人のスキルアップが求められるのかなと思った。まだまだスタメンはとれんなぁ。西はフィジカル、山内は慣れないハーフでの起用ってことでもう少し時間が要りそう。山内はFWで使うしかないのかなぁ…ハーフで活きないと今後厳しくなりそうだけど。西はコンディションもう少し上げて、ちょっと柏戦を機に仕掛けのタイミングとかずれてる気がするし、調整は要ると思う。

2つ。CBのコンディション最悪。
ただ、悪いだけでもきつかったんだよ。うちの持ち味はなにより相手に走り負けないことだから。それが出来ない時点で勝ち目は薄かった。それに加えてのSHとの連携不足だったし、1失点目の形が最悪だったし、挙げ句ライン下がりすぎで、もう踏んだり蹴ったり。バックが走れないからこそライン上げて、フレッシュな中盤にセカンド拾わせる下地を作るべきだったのに。それが出来ないまま前半で2失点。後半は前に出るところつかれて、サイドの守備が甘くなり、自由に上げさせたから中のマークがつききる前に3点目献上。イチがラッキーで得点しても、その直後に簡単に相手に振り切られ4失点目。これで完全に終わったよね。選手たちがどう思ってたか知らないけど、3-1の時点では引き分けあるかも!って一瞬期待したわけですよ。それが一気に崩れたね。しかも、まぐれみたいなゴールだったやん。この流れでそのシュート蹴るのか!みたいな。あれで終わったね。退場はしちゃったけど、松橋だけは諦めずに得点しようと動いたのも印象的でした。DFと中盤のスタメン組は諦めてたもん。そういう風に見えたもん。必死だったのは交代で入ったメンバーと松橋と両SBに南だよ。そう見えた。それが一番残念。連休最後にたくさん応援きてたじゃん。地上波でも放送あったじゃん。ここまで県民の期待や信頼を少しずつ積み上げてきたのに、数字的にもメンタル的にもチャラじゃん。失点数とかこの試合だけで、守備が出来るチームから出来ないチームへ一気に陥落ですよ。最悪。愛媛戦の動員は厳しいと思う。また1つ1つ積み上げていって欲しい。それしかないよ。

3つ。得点力不足。
上では松橋誉めましたが、決めるべき所はたくさんあったね。決めて欲しかったところはあった。今回井畑を悪く言うのはちょっとかわいそうか。フィニッシュの精度よりそれに至るまでの回数が、特に福岡戦に関しては、少なすぎた。前半シュート0だから。後半のカウンターから山内が出したラストパスに松橋とか良かったけどね。やっぱ山内はFWかなってあの時も思った。松橋山内の2トップとか見たいよね。井畑は外したくないけど。次の試合とか松橋出れないから井畑山内の2トップが見たいね。まぁ得点力不足に関しては、鳥栖戦、札幌戦含めての印象ですね。鳥栖戦はレフェリーがへぼだったせいもありますが、札幌戦はチャンスたくさんあったし、勝たなきゃいけない試合だったから。今回こういう負けをすると、前2戦で失った勝ち点4が重い。


こんな感じでしょうか。

まぁ前向きに考えるなら、こういう試合はあります。負け方は悪すぎだけど、選手は多かれ少なかれこういう負けも経験して今に至ってると思うので、あまり考えすぎずに連戦の最終戦・ホーム愛媛戦を迎えて欲しい。

あと、次は松橋とただよが出られないのか。この穴をどう埋めるか。
松橋の代わりは藤田や山内、西が出せるだろうから大丈夫として、ただよのかわりはだれになるのか。ここは気になるところ。個人的には匠に頑張ってもらいたいんだけど。柏戦でのパフォーマンスを見れば十分やれると思うけど。もちろんソンジンとか山下とか本職DFにも期待をしていますが。

最後に、拓ちゃん。こういうきついときにキャプテンに結果残して欲しいですよ。そしたら、ひっぱっていける。
体力的にきつくても、次は気持ち見せたいね。6失点で完敗した後だからこそ、凄み見せたい。吉井は見せたよ。拓ちゃん不在の札幌戦での吉井はすごかったもん。愛媛戦では拓ちゃんが頑張るべきだ。もっとミドル狙っても良いんじゃない?去年の終盤、拓ちゃんが輝いてたときは、ミドルが素晴らしかった。ここまで吉井が積極的にミドルを狙うことはあっても、拓ちゃんが狙う場面はあまりない。福岡戦でも何度かチャンスあったし、次は是非とも。

vs コンサドーレ札幌 in 水前寺

二戦連続ドロー。

「負けないロアッソ、しかし勝てないロアッソ」by熊日さん

こんな見出しが朝刊のスポーツに載りました。

たまに思います。贅沢だろって。
去年まで長い連敗があったり…6失点の大敗があったり…

勝てないのは同じでも負けないことはなかった。
いや。この成績で「勝てない」っていうのはどうなのって思うけどね。ぶっちゃけ。
10戦4勝。クラブの規模はJ2でも下から数えた方が早いくらい。なのに、成績は6位。

今のチームの成績に不満のあるサポはサポじゃないよね。もっと知ろう。ロアッソを知ろう。
頑張ってるよ。すげえ頑張ってる。
そして、選手は満足してない。ミスを反省し、貪欲に勝利を狙ってる。

熊本県民に元気を。

これがロッソ熊本立ち上げ時の、そして現在のロアッソ熊本の基本理念ですよ。
元気もらってる。たくさんもらおう。受け取ろう。で、返そう。元気を声援に乗せて。倍返し。



札幌との相性の良さは周知の通りかと思いますが、なんででしょうね。
でも、この試合でもそれは感じられました。今季ここまでで一番パーフェクトに近い試合だった。
相手の力量込みですけど、守備も攻撃も形は出来てました。攻撃は結果に結びつきませんでしたが。

攻撃に関しては、まず吉井のは決めたかったよね。
右から展開して、中央宇留野、スルーパスから裏に抜けた吉井がシュートの場面。
難しいよ。見た目以上に難しい。たぶん吉井が思っている以上に余裕があったから、J1クラスだったら1トラップしてからシュート決めるとこだろうけど、あれをダイレクトでうつのはJ1クラスのFWでもミスるよ。
客観的にはもったいなかったけど、まぁ悪くはないのかなぁ。

あと、松橋にはたくさんチャンスあったね。
松橋の場合は、枠に飛ばせばってのもあったし、DFを振り切って左からシュートの場面は惜しかった。
でも、あれはDFもよくついてたし、GKも冷静だったよね。地味に巧い。あのDFとGKのプレー。
たらればがあるなら、DFを右に抜ければね。GKが出なくても決まってたよ。おそらく。
左からだとコースがないもん。しかも、松橋右利きじゃん。そらきついわ。
まぁチャンスに顔出せてるってことは、チームメイトとの呼吸は合ってきてるってことだし、井畑との相性も良さげだしね。
なにより、風邪だったらしいじゃない!鳥栖戦くらいから?次はばっちりでお願いします。

山内あたりには奮起して欲しいよね。
でも、監督の中ではサイドなのかな。チーム状態も良いし、なかなか変更しづらいってのもあるか。
チャンスももらってるしね。もらってない人はたくさんいるし、藤田さんだって出れない試合あるしね。
次のチャンスをもらえる時をギラギラしながら待ちましょう。


守備は概ね良しですね。
この試合は前節退場した拓ちゃんに代わり匠がスタメン、吉井とのダブルボランチだったけど、この二人守備に関しては文句なしでしょ。吉井の獅子奮迅ぶりはすさまじかったけど、匠も地味にいいプレー多かったよ。ちょっとファーストボールの精度が悪くて、せっかくの巧守が台無しな場面もあったけど、そこは試合に出て感覚を合わせていかないとどうしようもないかなと思う。
DFラインも南も良かった。ここ何試合かにくらべると筑城がよかったよ。交代したけどね。守備はとてもよかったと思います。
相手FWで特に警戒してた近藤が今回は今ひとつだったし、キリノはコンディション悪いみたいだし、ラッキーな部分もありましたけど、ほとんどピンチ無し。まぁ近藤はワンチャンスをものにするタイプだから調子悪そうに見えるときこそ危ないけどね。一番ピンチだったのは左からのクロスに中山のヘッド。あれは枠に飛ばされてたらやばかった。ヘッド自体難しかったけどね。やるね。やっぱり。


試合全体で気になったのは、やっぱ拓ちゃん不在は大きいね。匠がもう少しやれるようになると思うので、そうしたら危ないけど、まだまだ拓ちゃんがスタメンの座を譲りそうにないな。
それと、セットプレー。正面で近いとこからトリックプレーで西森が蹴ったのがあったけど、あれ拓ちゃんもいたら、また全然違ったと思うよ。宇留野のところに拓ちゃんが立ってたらたぶん止めれてないし、バリエーションはいくらでもある。ずらして拓ちゃんがそのままシュート狙うってのもあるし、パスに切り替えて大外から松橋が走り込んできても面白いし、割りと無敵な形だよね。1つ武器が出来ました。また見たい。

あと、この試合に関しては西が消え気味だったかな。
札幌が思ったより引き気味で、うちがボールポゼッション高くできたから、スペースが消えてしまったっていう感じか。
柏戦で完全に封じられてから少しおかしいかも?
まぁ分かんないけど、勝負するのは裏のスペースだけじゃないし、すごい選手だと思ってるから。
自信持ってやって欲しいよ。




そんで、明日。福岡戦。
鳥栖に引き分けたからね。福岡には勝ちたい。あんまり相性良くはないけど。
福岡は序盤調子良かったけど、今は調子悪いみたいだね。
単純にパワー系の守備からスピードタイプのカウンターが持ち味だから、おさえるところははっきりしてるか。
結果は出てないけど、出せるだけのポテンシャルと技術はあるから、全く油断はなりません。
連戦の最後で疲労困憊のところに、晴天で気温が上がりそうですから、死闘になりそうですね。

それでも、勝って欲しいね。そろそろ勝ちたい。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs サガン鳥栖 in ベアスタ

惜しかったねぇ。柏戦の後だけに勝ちたかったよ。
観た人がどう思うかは知らんけど、あの流れは今年のうちの勝ちゲームの流れじゃん。

ピンチをぎりぎりでしのぎながら、得点し守りきる。
今年のチームはそれが出来るチームです。


結局、1失点は常にありうるって言葉に戻るのか。
南が熊日紙面でコメントしていたとおり、今の守備+2得点を目指さないといけないね。
そのためには守備がリスキーになる場面も出てくるだろうし、一人一人のプレーの精度やチャレンジも課題になってくる。
ま。これからのチームなので、こういう課題が出たってことを前向きにとらえるしかないな。

高木監督も熱い監督会見してくれたみたいで。見てないけど。
いいね。監督が熱いと必然的に良いチームになるよ。
特に、うちみたいに若いチーム、これからチャレンジして行かなきゃいけないチームには大事なファクターかもしれないね。



さて、内容ですが、前半は両チームとも前線にボールは入るもののなかなかフィニッシュまではいけないっていう激しい展開。双方の守備ラインの攻防は熱かったです。ただ、シュート数が少ないってだけで、決して攻撃意識が希薄だったとは思わないな。クロスに合わないとか反転できないとかシュートの1つ前までのプレー数を考えれば、アグレッシブでいい試合だったと思います。

こっちは西が外れて、宇留野が先発復帰してたけど、ちょっと試合勘戻すのに時間かかったかなぁ。
右から切り返してミドルシュートとかすごいよかったけど、それまでは1手間多い場面も目立ちました。
宇留野のゴールが見たいんだけどな。もっとフィニッシュに絡んで欲しい。サイドでも宇留野には求めたい。

この試合の吉井・拓ちゃんは良かったよ。
相手のコース切る動きが速かったにもかかわらず、あまりひっかけずに展開できた。
ただアタッキングサードに近づくにつれて精度が落ちたね。
あと、吉井はけっこうシュート狙ってるけど、拓ちゃんは左に持ちかえる分もったいないプレーも多い。
この2人にもミドルレンジからガンガン狙って欲しいんだけどなぁ。

ディフェンスは変わらず固いね。
柏戦で3失点して、セットプレーにはちょっともろさも見せたけど、概ね崩されずにいけました。

失点シーンは色々微妙だったみたいだけど、あれは豊田に入る前に跳ね返すべきボールだった。
それまでの流れからも豊田に合わせて来る可能性が高いのは分かってたわけだからあのコースは切りたかったね。
それにしても、鳥栖の藤田のロングスローすげえな。ライナーじゃん。クロス並みの威力。うちもだれか練習しようよ。コーナーと同じじゃん。あれ。オフサイドもとれないしさぁ。


で、最後にFW陣。
いいねぇ。最近とてもいい。井畑も松橋もとてもいい。
2人のコンビも良くなってきてるし、チームが2人の活かし方を覚えてきたっていうかバリエーション増えてきた。
これからもっと良くなるよ。ガンガン得点決めて欲しいよ。

得点シーンはうまかったねぇ。井畑。
松橋のラストパスも良かったし、井畑のトラップ&シュートも絶妙。
あれだよね。大学リーグで得点王になれた理由。プロなれた理由。井畑の間合いは独特なんだよなぁ。
届かないように見えて届くし、そこでシュートか!みたいなとこでシュートする。
ストライカーってホント独特で、何か分かんないけど対峙すると雰囲気で既に負けてるもんな。
そういう人なんでしょう。井畑くんは。


まぁレフェリーのことは仕方ないからな。
南にタックルしてきた人もホントにやったんならどうせそのうち天罰喰らうだろ。
そんなもんだよ。



さて、次がもうあさってか。GWの連戦は大変だなぁ。
でも、相手も同じ条件のとことばっかりみたいだし、鳥栖・ホーム・福岡でしょう?楽な方だよ。恵まれた方だよ。
次は札幌。去年は幸運にも負け無しでいけた。今年も今は札幌調子悪いみたいだし、チャンスはあると思う。
拓ちゃんが退場しちゃったから出られないけど、匠もいるし戦力ダウンってことはなかろう。
やっぱりとりあえず守備だよね。完封したい。あわよくば勝ちたい。
セットプレーの守備はもうちょいつめたいね。あと、やっぱり近藤に気をつけたい。良い選手だよ。彼は。
攻撃はまた井畑松橋そろい踏みとか見たいよね。あと、宇留野か西森のゴールが見たい。

楽しみだなぁ。期待してる。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 柏レイソル in 水前寺

柏戦をみて、何と言葉をかけるべきか。

ちょっと迷う。


現実的に、クラブとしての差は…かなりある。
クラブ自体の歴史もそうだし、設備やスポンサーの面もそう。サポーターの数もそう。

同じカテゴリーにありながら
この試合は“首位vs3位”という肩書きでありながら

この2クラブの差を痛感する。


とはいえ、チームとしての差はまた違うものさしがいる。

南は奮闘した。松橋がゴールを決めた。

結果的に3点獲られたけど、悲観すべき内容でもなかったと思う。
前半の出来を考えれば、もっと完敗するかと思ったけど、後半は十二分に盛り返した。
首位相手に堂々と渡り合ったと思うよ。


だからこそ、何とすべきか。迷う。

フロントやクラブがここまでさぼってきたとは思わない。
順調に一歩一歩ビッグクラブへの道を邁進していると思う。

でも、選手の頑張りを目の当たりにするとね…
クラブは十分頑張ってるからしょうがない、今はどうしようもないから我慢しろなんて、言えないだろう…


サポーターとしてやれることやらないとなぁ。
あんだけ入ったように見えた水前寺が5000かぁ。動員は厳しいなぁ。

柏戦を観て同じように感じてくれる人が一人でも増えてくれると良いなと思う。
みんな頑張ってる。彼らを応援したい。
1試合でも多く観ること。グッズを買うこと。練習場で選手に声をかけること。イベントに参加すること。
1人1人は微力だけど、大きな力はその“微力”の集まりだからね。いつまでも熱量を下げずにありたい。

そんなふうに思いました。



さて、試合の方ですが、前半はちょっとひどかったねぇ。
ピンチらしいピンチは南が全て抑えてくれたけど、決定機の数がかなり多かった。

後半の匠の起用のされ方から察するに、工藤・澤両選手のタメやサイドスペースへの走り方に矢野・ただよ両SBが引っ張られて中央が割られすぎたからかなと思う。さらに悪いことに、その1つ前の段階のセカンドボールの奪取率の低さ、ビルドアップの速さと精度、奪われ方の悪さ、もう1つ前の段階の井畑が居ないデメリットが全て連動しちゃったよね。ほんとね、よくセットプレーの2点で済ませられたよ。意地悪で言ってるわけじゃなくて、単純にすごいと思う。南まじですごい。他守備陣も粘ったよ。

前半の攻撃面は回数が少なすぎてほとんど言うことがないけど、柏はよく対応してたよね。
松橋はCBのうちの1人が確実に見て、藤田さんにはダブルボランチ、拓ちゃんと吉井には工藤・澤がよくカバーしてた。一番きつかったのは、西と西森への対応だよね。特に、西にはボール渡ったら1トラップ目で1人が体ぶつけて、こぼれたボールをその人が他が奪うが徹底されてた。西森にしてもそう。下げたら下げたでプレスが来るし。
そうなると守備のラインも下がるし、藤田さんもボールうけに下がってくる。そういう状況で最終ラインから放り込んでも松橋だけではキープしきれない。フォロー行くにも時間かかるし。誰が悪いとかそういうレベルの問題じゃなくて、良く研究されてたし、柏の個人の能力の高さが出てましたね。
吉井と拓ちゃんがこれまでずっと展開という部分で少し物足りなかったってのはあったんだけど、そこをうまくつかれた感じもある。ちょっとそこでミスると柏相手では致命的だもんね。これも難しいけどね。周りとの呼吸の問題もあるし、ボールを持つ時間=味方が上がる時間なわけだから早くすればいいってもんでもないし。ただ、柏戦に関しては、藤田さんが居たとしても、中盤を省略気味で松橋を走らせるべきだったかなと思うかな。藤田さんのパスワークを使いたいんだったら、1トップは井畑でサイドに松橋とかが無難だものね。特に押し込まれているときは守備を立て直す意味でもロングボールを意図的に増やした方が良かったのかなと思う。

なんとなくそんな感じか。


一転して、後半はすごいよくなった。
4バックが3バックになったからとかそういう単純な理由じゃなかろう。
相手大津の負傷退場もあったからかな。
まぁ代わって入ったフランサに決められちゃったけど。相変わらず巧いよねぇ。フランサ。
3点目で柏が安心しちゃったのか、前半飛ばして疲れたのか、原因はよく分からなかったけど、後半は熊本の方が良かったろ。
真ん中が1人増えてWBも出来たわけだから前線の2人とレアンドロや澤までチェックすべき人がはっきりしたのかなと思いました。井畑が入って藤田さんがボランチにポジション下げたシステムも面白かった。良いオプションができたなと思う。匠の才能にも助けられたね。最終ラインも出来るんだ。すごいな。

得点シーンは千葉のイチのゴールを思い出しました。
左から細かいパスが繋がって右サイドに走り込んだ選手が合わせる。ラグビーみたいな感じだ。
あの時と決定的に違うのは、千葉の時はある程度スペースがあって崩れてたから成功したってかんじもするけど、今回は柏もきちんとラインで対応してきてたからスペースがそれ程なくて、それでも崩しきってゴールを決めたってこと。これ大きいよ。大きい違い。しかも、柏はこの試合まで2失点しかしてないわけで。大分の1点なんてスーパーだからね。崩されて得点されることなんてないから。素晴らしかったと思うよ。本当に。
松橋も落ち着いて決めてくれた。完璧なシュートでした。



選手、監督共に柏との差を認めつつ、それだけじゃない感じが試合後のコメントに表れてて良かったです。
南のブログも読みに行ったよ。日立台で勝ってやろうじゃないか!頑張ろう。


明日は鳥栖で試合ですね。ベアスタでは負け無しですが、あまり油断できません。
というか、明日の試合もってかれると今年勝てないってことになりそうで。
鳥栖は誰かのせいでメンバーが大幅に変更していますが、良い選手を補強していると思うし、去年に負けず劣らずのチームになっていると思います。衛藤が復帰してよかったよね。良いパフォーマンス見せてる。あとは、金民友でしょうか。開幕戦の仕掛けは衝撃的だったけど、スタッツあんまり見てなくて、左SB?ちょっとビックリした。攻撃的な選手だからハーフなんだと思っていたよ。彼を見てるとなんかチャ様を思い出すね。もし同じなら守備には難があるはず。イチに期待ですね。宇留野も戻ってきてますし、西森くん含め右サイドに期待。鳥栖のCBは強いですので、井畑と松橋にも期待。

とりあえず守備だな。柏戦でがっくり来る必要ないから。
セットプレーが2つとフランサでしょ?自信持って再度立て直してほしいね。
あと、藤田さんがまた良い感じで試合に絡んでくれればなと思っています。

vs 横浜FC in 三ッ沢

先週も気が気じゃなかったんです(笑)

totoが当たりそうで。
といっても、BIG1000なんですが。

ぎふううううううう

あーあ。



さてと…

先週勝ちましたね。すごい。ほんとすごい。
フワッと観てると横浜FCに攻められまくった感じもありますが、要所はしめた。シュート数見てもわかる。

得点シーンは、まず西。
井畑が奪い、松橋が開いてクロスに中央に走り込んだ西がGKかわして冷静に流し込む展開。パーフェクトな展開でした。相手DFは柳沢が中にいたけど、一人じゃ守るべきコースが多すぎてとてもじゃないけど、限定しきれない。オフサイドとりたかったみたいだけど、形的に無理。強いて言うなら、GKが突っ込みすぎたかな。突っ込んでくれたおかげでより簡単になったとは思う。

同点に追いつかれた場面は、筑城に粘ってほしかったなぁ。あそこは切り返しで引きはがされた時点で勝負あり。相手がうまかったのは間違いないけど、守備が持ち味の筑城だけに粘りたかった。

突き放したオウンゴールは拓ちゃんのキックが良かったよね。面白いボールが蹴れた。シルビーニョはちょっとかわいそうだったかな。頑張ったけど、裏目に出た感じ。

PKはよくわかんないよね。イチはなんもしてないし。主審何やってんだろ。大黒が外して結果には影響なしだったけどさ。あれは南に読まれたんじゃないかねぇ。とっさにヒットポイントずらしたようにも見えたけど。本人のみぞ知るところですね。



ゲーム全体としては、個の能力では完全に上をいかれたけど、横浜FCは攻撃に二の矢三の矢が飛んでこない感じだったので、なんとか守れたという印象ですね。今は調子悪いみたいだけど、今後チームとしてまとまるなら後半戦で当たる頃にはかなり強いチームになっていそうです。




さて、次節は明日、ホームで首位柏戦。
水前寺ということですが、晴れそうで何よりです。
今シーズン、個人的に柏は苦戦するかもなと予想してたんですが、やっぱ強いですな。一昨年の広島のごとき安定感。ただ、あの時の広島とは全く違うスタイルですが。
先日の柏vs鳥栖戦を見ましたが、フランサ不在の柏で最も警戒すべきはセットプレーとカウンターですな。セットプレーはキッカーがそろってるし、CBは強い、技術も高いから当然です。
カウンターは早かった。工藤や大津はワイドからの仕掛けも出来るし、裏の飛び出しもするどかった。何よりレアンドロからのパスが正確で困る。小さなミスが命とり。
DFのキーマンは小林とみてます。SBなのに彼のカバーの範囲が広い。足元もうまいからプレスもかわして攻撃の起点になるし。そういう意味では彼のサイド、こちらからみて左、西や筑城からいい仕掛け、早いクロスで逆サイドに走り込む選手に合わせたい。宇留野復帰かな?西森くんかな?フィニッシュの意識は強く持ちたいね。1トラップしてるまに追いつかれたりコース消されたりするからいけるときは思いっ切り行ってほしいよ。

あとはスタメン次第だよね。
井畑や藤田さんの使い方、松橋の決定力、南の恩返しセーブ…色んなもの積み重ねてやっと勝てる、そんなチームが柏。単純に守ってカウンターじゃ頑張っても札幌の1-1どまりだろうね。

両チームのスタイルから考えて、先制点が大きくものを言う試合になりそうです。どっちがとるか。いつか。

フランサも随分戻ってきてるみたいだし、終盤までもつれると怖いなぁ。できるだけ先手をとりたい。高木監督が選ぶスタメンや交代カードの切り方も注目したいですね。

楽しみですねぇ。
勝つとしたら前半終了間際に先制して、後半出てきたとこで追加点とるとか?
書いててあまりの都合の良さに笑える(笑)

とりあえずうちの守備陣がんばれ!
あと、レイソル守備陣を切り裂く藤田さんのするどいパスに期待!

vs ヴァンフォーレ甲府 in KK-WING

この試合、あまりしっかり見れませんでした…orz

テレビの前にはいたんですけどね。
結局、しっかりとは見直せないまま。

ついに、負けてしまいましたね。今季初黒星。
でも、失点も相手がうまかっただけですし、何が悪かったという感じもしませんでしたね。
負けてても、後半は早めの藤田さん投入でゲームの主導権はほぼうちが持ってたと思います。明らかにこれまでとは違う試合運び。去年のサッカーが見え隠れするパスワーク。

得るものは多かった。
やっとチームの引き出し見れたよ。
守ることは明らかに出来てきてるし、それが去年とは全く方針を変えたわけじゃなくて、きちんと守備にパスワークを上乗せしてる。まだまだなとこは当然ありますけど、所属選手の年齢やクラブの規模を考えても、良いペースで成長してるなと感じました。

甲府相手にゲームを作れたというのも大きかった。
相手は順位こそまだまだだけど、昇格を狙ってるチームだからね。
甲府戦前は上位チームとの試合に不安もありましたが、これは期待できる。


とはいえ、次ですね。
最終的な順位もおそらく次が分かれ道。
中位から1桁目指すならここは連敗しちゃいけんよ。良い調子できてての1敗目だからね。連敗すれば一気に持ってかれる。それが1番だめ。

踏ん張りどころです。

vs FC岐阜 in KK-WING

遅くなりました。


この試合。不思議なもので、当日試合を観ていたときは「危なかった」「ぎりぎりだった」「ラッキーだった」みたいな印象を持っていました。内容的にドローが妥当だったのかなと。

岐阜の監督さんも似たような感じのようで、前半が今季1番の出来だそうです。
確かにピンチはありました。1タッチからの崩しもきれいに決まった場面もありました。

一方で、我らが高木監督は3月無敗であることについて「ゲームをコントロールしている」点を要因に挙げました。
もちろん今回の岐阜戦も含めての評価です。
それに、あれだけピンチだったという印象を持っていたのに、「チーム全体としての守備能力、狙い所などがフォーカスされてきている」とも。

どういうことだろうと思って、昨晩スカパーでの再放送をもう一度観てみました。それから更新しようと思って。


率直に言うと、高木監督の分析の方が合っていると思います。
岐阜が良かったのは前半の序盤くらいで、あとは中盤でのせめぎ合いが続き、橋本が交代してからはほぼノーチャンス。
唯一、押谷のシミュレーションくらい。あれは、本当はどうであったかは置いといて、PKとる人はとるし、とらない人はとらないくらいの微妙な感じでした。あそこはラッキーだった。何度も言いますけど、筑城がひっかけたどうかは別にして…ですよ。

あの場面以外は、まさしく狙い所が「フォーカス」されてましたよ。試合後の質問とコメント通りです。
外から見たら橋本や管に入るボールはけっこう多くてプレスがうまくいってない印象を受けましたけど、FWに入るボールはしっかりハードチェックできてるし、中盤からのボールも序盤はプレスのタイミングが悪くて岐阜のペースでしたけど、徐々にパスコースを限定し、パスカットが増え始め、その位置が少しずつ相手陣内に近くなってました。橋本や管に入るボールを奪えないなら、橋本や管から出てくるボールを奪おう。それを考えることや個人が実行することは比較的容易であっても、チームで実行することはなかなか難しいと思う。当然、戦前に高木監督が想定していて、その練習もしていたからこそでしょうけど。それにしても、素晴らしかったと今は思います。



攻撃に関しては、高木監督は「アタッキングサードでのプレーの質や判断」を課題に挙げてらっしゃいますが、個人的にはアタッキングサードよりミドルサードの方が改善の余地あると思いましたけどね。ゴール前より中盤の組み立ての方ってことです。
ゴール前に関しては、岡山戦では物足りなかったクロスにサイドハーフが飛び込む形も出来てたし(宇留野がフリーでヘッドを外した形)、ペナ内で何かをしようっていう場面は確かに少なかったですけど、吉本や秋田のように対人守備の巧い選手がいるときはミドルを増やして相手を引き出しスペースを作るっていうのも悪くないですしね。まぁ強いて言えば、枠内に飛ばすか枠外しても威力のあるシュートが多いと効率がいいですけど。
それよりかは、カウンターを発動させられたのにファーストボールの展開を失敗してチャンスを逃したり、前が呼ぶタイミングで出せなかったりの方が痛かったように見えました。
まぁ前線含め、受け手の動き出しが少ないとすれば、それはアタッキングサードの問題で間違いはなさそうですけど。少なくとも松橋は良いスペース見えてるし、そこを狙って動いてる。たまにそこは難しいよってこともありますが、出せればチャンスという場面も多いので。

これからでしょう。

とにかく守備がかなり改善されているのは大きい。
3月は良すぎましたから、今後、流れの悪い月もあるでしょうし、耐える試合も増えると思います。
が、守備が計算できるとセットプレーで勝ちを拾えるような試合も出てくるかもしれませんしね。
攻撃でガンガン点を獲るのがサッカーの醍醐味と言われますが、ねばり強い守備もけっこう面白いですから。
日本人ってバレーボール好きでしょ?しかも、外国人ほどのパワーはないけどスピードと技術で拾いまくるみたいなの好きですよね?そういうことですよ。え?ちょっと違う?(笑)


得点シーンは西のパスカットから。良い時間帯でしたし、落ち着いてよく決めてくれました。
ああいうシュート決めるのは西は抜群に巧い。ドリブル巧いからかな。タイミングつかめないんでしょうね。
秋田はパスがミスっていうより、その前にトラップをミスして焦ってしまったのが原因かな。本来DFの選手じゃないし(岐阜に来てからはDFばかりですが)、今野みたいな代表クラスの選手でさえ一昨年城福監督に最終ライン任されはじめたときは「パス回して欲しくない」って思うくらいですから、その焦りたるやいかばかりか。加えて、秋田は今シーズンからCBですしね。選手より起用する方の問題じゃない?織り込み済みでしょ。あのくらいなら。でも、対井畑では良いプレーしてましたからね。ほんと嫌な選手。もちろん良い意味で。

あとは、高木監督もおっしゃっているとおり、もう1点獲る力が今後は求められるでしょうね。
1失点は常にありうる。これも高木監督がおっしゃっていた言葉です。


最後はやはり藤田さんですよ。もっと観たい。
でも、藤田さんの出場が長くなるとしたら劣勢の時またはその試合の次の試合だからね。ちょっと複雑です。



さて、次節はアウェイで草津戦。
草津は調子悪いですね。メンバーを見る限り、そんなに悪くはなさそうですが。
去年は愛媛と共にスタートダッシュを決めて台風の目になりかけましたけどね。
ほんと明日は我が身。気を引き締めて試合に臨まないと。今がいいからって調子に乗ってると痛い目に合いそうです。

草津の監督の人事はなんだかうちと似ているし、昨年一昨年とホーム開幕戦の相手でしたから、ただならぬ因縁を感じています。
去年の第3クールは山内が大爆発して、6得点の快勝を納めました。
その後、うちは徳島に6失点の大敗を喫しまして、なんだかチャラになった気分ですが、草津側はそんなこと思わないですもんね(苦笑)
厳しい試合になりそうだ。

相手が良かろうが悪かろうが、とりあえず守備から。
今まで通りしっかり入って、勝利を収めたいところですな。期待してます。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。