ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


8月をふりかえる

8月といえば、やっぱりオリンピックだったよねぇ

どうもご無沙汰しています。
個人的に、8月は法事やらお盆やらでかなり忙しく、満足に試合を見ることすらままならなかったんで、次の試合終わってから書こう…この次の試合が終わったらアップしよう…この次…この次…とまぁこんな感じで。
そうこうしているうちに気づいたら8月も終わり間近。
今週から新学期の方々もいるらしいし、これはいかんと筆を、というかキーボードをたたいた次第です。

今月の試合を振り返ってみると、

岡山戦は0-2で敗戦。4連敗。負けてる間1点も決められず。選手、スタッフの方々もそうでしょうが、ほんと絶望のどん底って感じですよ。せっかくの3連勝がフイになるどころか、マイナスですしね。

次の栃木戦はなんと3-0快勝。実はこの試合ほとんど観れてないんですが、まさかですよね。失礼だけど(笑)4連敗の流れで勝つにしても辛勝かなとか思ってたんですが、思わぬ快勝でした。ただ、栃木が長いこと負けてないとかだったんで、なんとなく16節山形戦のように粘って改心の試合とかになるんじゃないかなぁとか思ってました。まぁ完全に後出しじゃんけんですね(笑)この試合から勝利のダンスが始まりました。ベテラン勢のノリの良さがすごい楽しげで、若者負けるな!と思ったね。

その次が松本戦。ここは正直勝ちたかった。前期で完敗したし、あの試合が今年一番の試練だったと思うので。同じチームじゃないぞっていうのを示したかった。まぁ引き分けでもそれはそれで違いは見せられたんだろうけど、ちゃんと勝ちたかったっていうのが正直なところ。この試合の前後、北嶋の怪我のニュースが届いて愕然としました。このショックの大きさは、北嶋という選手が既にロアッソに欠かせない選手であると共に、すごい影響力の持ち主であることの証明でしょうね。

そして、先週の水曜はホームで草津戦。この週はミッドウィーク開催だったので体力的に厳しかったと思いますが、熊本は水曜の試合と昨日の試合はどちらもホームでやれたからね。そこはアドバンテージあったかと思います。ただ、結果は残念ながら引き分け。得点は根占の素晴らしいミドルだったけど、失点はあれはちょっとね。あんなごちゃごちゃして決められるとかなんかプロっぽくないなぁ。今年はセットプレーかなりやられてる印象。特にチーム状態が悪いときによくやられる印象があります。マークがはずれてしまうのは個人の問題なのか戦術の問題なのか。難しいところですね。ヘディング一発で跳ね返せる選手がいないわけではないと思うんだけど。

昨日は富山戦。3-0快勝。正直な話、点差ほど楽な試合でもなかったけどね。こっちの得点は相手DFに当たって入るラッキーなゴールが2本(片山が決めた2点目は当たってはいることを計算したようなけり方でしたが)、ピンチも結構ありました。南様々だし、相手がビッグチャンスを外してくれて助かった場面もあった。ビルドアップのミスやオウンゴールになりかけた場面もあった。でも、勝った。これ大事。昨日は動員かけた試合だったからね。15000人を目指した動員計画は結果的に達成できませんでしたが、それでも10000人を超えるたくさんのお客さんが来場された中でしっかり勝てたことは素晴らしいなと思います。この試合はそれが一番大事だった。あとは、北嶋が戻ってきた。骨折って聞いてたけど、大丈夫なのって感じでハラハラして見てましたが、本人は至って元気な様子でしたね。こんな短い時間でひっつくわけないしさぁ。骨が。どんな裏技使ったんだろうね(笑)でも、個人的には一番テンション上がりました。リードした試合展開っていうのが当然に土台になってるわけだけども。次点はのぞみくんのゴールでしょうね。やっぱり。仲間のドリブルも良かったし。その他にも、点を決めた養父と片山の動きはずっと良かったしね。まぁよかった。よかったよかった。

という感じでしょうね。みんなそうでしょうね。


リーグ戦は今年も残り11試合。全勝で勝ち点33ってことは、正直6位は厳しいなと思うけど、今は1つでも上を目指して頑張ってもらいたいものです。1桁かなぁ。とりあえず。
9月からは天皇杯も始まります。熊本県代表は大津に決まりましたね。トップチームが韓国遠征で不在にもかかわらず、県内の社会人トップクラスの教員蹴友団を破るなんてすごいですね。本戦はどこも格上でしょうから、胸を借りるつもりで健闘してほしいです。我らがロアッソの初戦はFC岐阜ですね。なにやら経営状況が厳しいみたいですし、リーグ戦でも今年は2戦2勝している岐阜ですが、そういうときは逆にやりにくいですよね。だいたい熊本的にも天皇杯の戦績はイマイチなんで。でも、やっぱりJ1チームと対戦するとこみたいですよ。頑張ってほしいです。

こんなところですか。では、今回はこの辺で。

次は来週更新すると思いますが、予定は未定であり決定ではありません(笑)
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs東京ヴェルディ@味スタ

今年上を目指すならこの連敗きつい。
京都かヴェルディには勝たなきゃいけなかったと思う。

一方で、両チームとの個々の差は感じた。
試合の結果は紙一重でも局面局面での力の差は感じる。
まぁ強かったよ。ヴェルディ。すごいよ。土肥。

あと、北嶋がついにピッチに立ちましたね。連携とかコンディションとかまだまだこれからなんだろうけど、随所にらしさを見せてくれたし、やっぱりすごいプレーヤーだなと思いました。枠に飛ばすもんなぁ。シュート。


今日はホーム徳島戦。
それにしても、暑い。
選手たちはもちろんのこと、スタッフの皆様、サポーターの皆様、くれぐれも日射病には気をつけて。
ポカリを飲みまくって、徳島をやっつけましょう。

vs京都サンガ@KK-WING

昨日はオールスターから五輪代表とサッカー三昧でしたね。
そして、今日はロアッソのヴェルディ戦。楽しみですね。


その前に前節の試合をば。
京都戦は残念ながら負けてしまいましたが、前回対戦に比べてしっかり戦えてましたし、良かったのではないでしょうか。
試合後の高木監督の「一切修正することなく次の試合に臨む」宣言には少々驚きましたが、期待の方が大きいですね。

今日の試合から北嶋が試合に出れますし、前節の負けを引きずることなく建て直せるかが見所です。

勝ちましょう。

vsFC岐阜戦@長良川

雨ひどいですね。
うちは県北なんですが、川の近くではないのでテレビで見るようなひどい状況とは無縁です。
強いて言えば、おんぼろなので雨漏りするくらいです(笑)
まだ続くんですかね。もうそろそろやんでほしいところ。

ロアッソの選手、スタッフ、クラブの関係者のみなさま、そして、サポーターの方々
大丈夫でしょうか。
明日の試合に足を運ぶことは厳しい方々も、落ち着いたら必ずスタジアムで会いましょう。


さて、前節ですが、3連勝。めでたい。
内容的には、前半100点、後半50点といった感じでしょうか。
守備のスタートの位置をかえたからなのか、相手の勢いが想定外だったのか。とにかく押し込まれました。攻撃のシーンは皆無。それでも、50点ついてるのは無失点でしのげたからです。ラッキーな部分もありましたが、こういうのを含めての勢いってことで。いいんじゃないでしょうか。

それにしても、武富のゴールは香川みたいだったね。右に右に切れ込んでゴール左隅に流し込む感じ。
吉井のボール奪取から素晴らしい展開が続いて、フィニッシュもしっかりしてて、頼もしいですね。チーム全体が。

先制点の大迫のヘディングも巧かった。本人がヘディングでのゴールは記憶にないとか言ってたけど、あれも巧かったよ。しっかりあわせてコースをねらったのは、ゴールシーンでの表情見てたらわかります。高卒でロアッソの来てくれて、去年から出場機会も増えだして、こうやってきっちり結果をのこしてくれるってのはうれしいです。武富はやっぱり柏に保有権あるので最近の活躍が少々悩ましい時期に入ってきましたが、大迫に関してはそんなことないしねー。まぁ移籍話は常についてまわる話だけども…

守備に関しても、3バックや4バックをうまく使いながら90分を無失点で乗り切ったことは評価してます。
課題があるとしたら、後半の右サイドですかね。染矢にかなりやられました。決定的なヘディングが2本、これでだいたい同点の換算。運が悪かったら負けてたかなと冷や冷やしました。対応する選手を替えたり、フォーメーションを変えたりして、どうやって防ぐかを試行錯誤しながらやってるのは見えたんで、特に心配はしてないんですが、それでもスピード系に簡単にぶっちぎられてしまうのは考えなければいけませんね。岐阜戦で不在だった藏川やイチだったらどうだったのかなとふと思ったりもしました。


まぁ何にせよ、3連勝。去年、今年と勝負どころで勝てなくて…という試合も多かったんで、岐阜戦は心配してたんですが、わりとあっさり(苦戦はしたけど、前半2点とったあたりが良い意味でらしくない)勝ったので、本当に良い調子なんだなぁと感心してます。
次が京都、その次が東京Vらしいので、相手がかなりの難敵なうえに、この豪雨で練習もままならない状況だったときいていますので、連勝を伸ばしたいロアッソとしては大変ですが、山形戦やホーム千葉戦のようにしぶとい試合が出来たら良いですね。

なんとか試合に勝って、県民に元気を下さい。よろしくお願いします。

vsジェフ千葉@KK-WING

今季初の連勝達成しましたね。めでたい。

前節は富山相手に今季アウェイ初勝利。めでたい。

ただ、熊本は雨、豪雨。スカパー!不調すぎて感想書くほど観戦できず。
電波の不調で映らない画面をただただじっと待つのは結構切ないです(苦笑)


ともあれ、ナイスゲームでした。断片的な観戦にはなりましたが。
監督、選手からは千葉戦は今季一番のゲームだったという声も聞かれます。
チームとして完璧だったとも。

なるほど確かに良いゲームでした。
雨の中スタジアムで観戦されたロアッソサポーターは最高の帰路につけたと思いますし、展開的にも内容的にもすこぶる良かったのは間違いないようです。

ばっと。完璧を推しすぎるのもどうかとは思ってます。
携帯の有料サイトでの武富のコメントを見る限り、大丈夫だとは思ってますし、こんな良い試合にいちゃもんつける気は全くないんですが。例年のJ1をみるとどうしても不安っていうか。本気でJ1を目指し始めたからこその不安なんですが。

千葉が優秀な選手たちをそろえてるのは間違いないし、J1でもある程度は戦えるんだろうけど、じゃあトップ5に入るくらいすごいかっていうと違う気がします。頑張って中位くらいなんじゃないかなぁ。
そのチームを相手にこちらはいっぱいいっぱいで背伸びして、完璧って言って何とか勝った。

今年のJ2は混戦模様。熊本が千葉に勝った今節、上位で勝ち点3を積み上げたのは東京Vだけ。
決して上位対決が多かったわけじゃないのに。各チーム間の実力に差はない。
ピッチやチームのコンディション、レフェリーのジャッジの微妙なニュアンスで勝ち負けが分かれるような試合も多い。
それだけに、熊本が6位に入る可能性はまだあると思ってます。奇跡に近い確率だろうけど。ありうると。

だから考える。今年のメンバーでJ1闘って果たして残留できるかと。
だからこそ不安になる。完璧だというコメントに。

良いゲームだった。南が活躍するような場面がなかったことが守備の成功を意味している。
みなが完璧だったという気持ちもすごいわかる。今年は今まで本当に苦しかったから。
連勝うれしい。千葉に初勝利したのもうれしい。内容が良かったのもうれしい。すごいうれしい。

フッとよぎる不安を、これからの伸びしろに期待することで薄めようとしている。

今までロアッソ応援してきて、勝ったのにこんだけもやもやすることはなかったなぁ。
それだけJ1に本気になってるってことなんだろうなぁ。

くそう。くやしい。何かもっと素直に喜びたい(笑)

後半戦、たくさん良いゲームして、勝って、J1でやれる自信をチームとしても、クラブとしても、サポーターとしても持てるようになりたいものですね。期待してます。


次節はアウェイ岐阜戦。同期対決です。岐阜も色々大変そうですが、頑張ってほしい。
試合でも順位でも負けたくないけど、切磋琢磨して共に精進したいチームって言われたら漠然と岐阜を想う。
最近、けっこうねばり強い試合してるよね。岐阜。順位は熊本より下だけど全く侮れないと思います。
なんとか3連勝できるようテレビの前で応援したいと思います。
今週末こそは雨が降らなければいいなぁ。せめて試合の時間くらいは。

vsギラヴァンツ北九州@KK-WING

ホーム3連勝ならず。

前半があまりよくなかったですね。
先制することは出来たけど、それ以降、じりじりと北九州にペースを握られる展開。
それ自体が必ずしもこっちが悪いことにはならないけれど、どちらもリスタートからの失点であることを考慮すれば、そこはなんとか防がなきゃいけなかったんだろうと。PKなりFKなりCKやスローインもそうだけど、リスタート時の守備とかそういうのだけじゃなしに、相手にセットプレーを与えてしまっている直前のファウルなり、その前のきっかけ(たとえば、奪われ方とか)そういうのもひっくるめて反省する必要はありそうです。

そこまで戻って仕方ないならまぁ仕方ないんでしょう。

にしても、武富は今度はPKとられたかぁ(苦笑)
別に責める気はないけど、こないだ外したのも含めて、なんかPK運ないよね(笑)

後半は持ち直した。
前回、スターターがベストすぎて、控えのメンバーはもう少し頑張れみたいなこと書いたけど、北九州戦では出場停止の高橋に代わってスタメンに入った斉藤がJ初ゴールで先制点を奪い、2点目のフィニッシャーは武富だったけど、根占の縦パスから矢野のパスに市村がスルーして相手を引きつけ、武富ゴール。代わって入った選手がみんな絡む素晴らしい連携のゴールでした。これが出来たらいいよねぇ。素晴らしいよねぇ。

これ以外にもたくさんチャンス作れたし、相手GKをほめる部分と自分たちの決定力のなさを反省する場面とあると思うけど、とにかくチャンスは、それもふわっとしたチャンスじゃなくて、決定的なチャンスを何度も作れたのでそれは良かったと思います。

勝てればなお良かったですが(笑)


明日はアウェイで富山戦。これで今年の前半戦が終了です。
なんとかアウェイ初勝利をあげて、後半戦を上昇気流にのせてほしいものですね。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vsザスパ草津@正田醤油

みなさまのお住まいは雨大丈夫でしょうか。
なんかロアッソユースのバスは大変だったみたいですね。
怪我人が出なかったのが不幸中の幸いです。

これから夜にかけて県の北部は雨が収まるようですが、県南部は依然油断できない状況っぽいです。
警報該当地域のみなさま。お気をつけて。
明日、ホーム北九州戦に足を運ばれるロアッソサポーターおよび北九州サポーターの方々も十二分に気をつけて楽しんでください。


では、前節の感想をば。

また勝てませんでしたね。アウェイで未勝利の不名誉な記録は継続中。連勝チャンスもフイにしてしまいました。
悪いときに比べたらというか、別にそんなに悪いときと比べなくても、まぁ悪くないパフォーマンスは見せてると思うんですけどね。良い守備、良い攻撃。それぞれ出来てる時間帯はあったと思います。

でも、なぜか勝てない。
漠然とホームで勝ってる試合とは違うなという印象もある。
熊本はこの試合の前の試合が木曜開催だったので、アウェイとはいえコンディション的には有利だったと思うんですよ。走れてない訳じゃないんだけど、一歩一秒の遅れが積み重なって、結果的に大きな差につながっているのかなという感想はもってます。それが正しい表現かどうかは自分でもよくわかってません。

悪くはない。でも、ホームでのパフォーマンスよりかは幾分劣る。
良い時間帯もあるし、何かを積極的にかえなきゃいけないって感じでもないんですがねぇ。
どうにも歯がゆいです。かゆいところに手が届かない。孫の手ぷりーず。


あとは、攻撃陣でスターターがベストすぎて、交代でもう一伸びができてないのは気になります。
根占、斉藤、矢野と出て、斉藤はまずまずの動きは見せたと思います。良いシュートもありました。良い動きだしも見せてます。根占と矢野に関しては、そもそも本職ではないっていうのがあるので、期待値をそこまで上にもっていけないって思ってます。
ただ、個人的には、根占は前のポジションには向かないんじゃないかと思ってます。ここ2試合の出来では。根占を使いたいなら養父を1つ前に上げて、根占ボランチの方がいいような気もするんですよね。五領とか大迫とか1.5列目に適正のある選手はいるので、彼らのコンディションが上がるの待ちなんでしょうが、それにしてもという感じ。
矢野に関しては、パワープレーってことで、高橋ほどハマるとは思ってないですし、他のチームも似たような起用はあるので、あとは他のFW陣頑張れよっていうくらいですかね。正直今のチーム事情では矢野のFW起用もやむなしと思います。こうなったら矢野が試合決めちゃえばいいとさえ思ってます(笑)

北嶋北嶋ってあまり期待しすぎるのもどうなんだろうって思うほど、期待しているわけですが、今いるメンバー、プレーできるメンバーには奮起を促したいところですね。スタメンを奪うには今の前の3人を超える能力ありますよってことに加えて、今の3人ともかなりいい連携とれますよってところみせなきゃいけない。やってやるぞっていう熱い気持ちと、自分が活きなければ他を活かそうっていう冷静な判断を交代で出た選手がどれだけ見せてくれるか。それプラス楽しそうならなお良しですけどね。交代で入って何かやりそうと思わせてくれる選手が今のところいません。アウェイで最後の一押しが効かない原因の1つだと思ってます。


まだまだ下位なのでね。6位よりJFL降格圏の方が近いんでね。
引き分けで得られる勝ち点1も大事なんだけど。大事なのはわかっているけど。
本気でプレーオフ目指すなら引き分けじゃダメだし、連勝しないとダメ。

そろそろ「悪くない」状況を超えて「良い」パフォーマンスで勝っていかないと。
もちろん選手が一番わかってると思いますけどね。

明日はホームなので。監督が言ってるように、とにかく結果。北九州に勝ちましょう。

vs水戸ホーリーホック@KK-WING

代表戦も一段落。
EUROも面白いけど、やっぱロアッソでしょ!

いやぁ。勝ちましたね。
今のロアッソには押してる時間帯が必ずある。
そこを活かせるかが結果に直結してます。
水戸戦は前半の自分達が良い時間帯に2点とれた。
後半は水戸に流れが傾いたものの粘り強く1失点にまとめた。
ナイスでした。


得点は高橋のヘッドと、パスワークから崩しての武富。
高橋のはシンプルだけど、ああいうのも決めれるぞ!って見せられたのは大きい。北嶋もきて、一気にポジション争いが厳しくなりそうだと感じます。
どうなんだろうね?高橋自身は。このままFWやりたいんだろうか。やっぱりDFなんだろうか。確かに通用してるけど、今はスクランブルな感じが強いし。最後は本人次第でしょうしね。

2点目は美しかったけど、何気に高橋が西森に出したパスは見事だった気がします。FWで初めてスタメン起用されたときの2アシストのときも思ったんですが、インサイドうまいよなぁ。後ろでのビルドアップでは気付かなかった。
まぁもちろん、西森の1タッチも武富のチョンと浮かしたシュートもうまかったですが。


課題は後半でしょうね。単純に体力的なものなのか、メンタル的なものなのか、水戸にうまく対応されたのか、どちらにしてもかなりな時間を自陣ですごした原因への対処は急務ですね。

まぁでも、トータルではきちんとまとめられたし、課題もまた前向きに捉えればいいのかなと思いますね。

明日はアウェー草津戦。
前節は熊本の試合が早めにあったこととtotoの対象試合だったこともあってフワッと観てましたが、なかなかしぶとい試合してました。町田もチャンス作ってたんですけどね。
厳しい試合になるかもですが、こちらも今季アウェー初勝利がかかってます。
関東中心に観戦してらっしゃるサポーターに明日こそ勝利を届けてほしいですね。スカパーを通して祈ってます。

vs横浜FC@三ッ沢

厳しい結果と相成りました。

良い試合はしてたと思うんですけどね。
誰が悪いという感じではなく。
武富がPK外したことが敗戦の一因になったことは間違いありませんが、彼だけを責められるはずもなく。
こちらが良いゲームをできている時間帯に点をとれなかったことは、攻撃陣を筆頭にチーム全体の責任であると思いますね。

まぁ正直あまりPKに良い感触はないよね。こちらが外すところは何度かみてるけど、止めたとこ一度もみてないし。そういう意味でも武富のせいっていうよりは、熊本の背負ってる業みたいなものなのではないですか?(苦笑)


ちなみに、この試合で目立ったのは吉井でしたね。パスカットを狙うタイミングもよかったし、カバーもかなり広い範囲を担えてた。先制された直前には決定的なシュートもクリアした。
だいぶ大袈裟に言うなら今野みたいな感じ。正直ここまでCBがはまるとは思わなかった。素直にすごいと思う。


ちょっと気になったのは前線3枚を入れ替えたとこ。
代えるメンバーは間違ってる感じはしない。武富はPK外してから思い切りの良さがなくなってたし、西森は前半から飛ばして入ってたので。高橋も慣れないポジションやってるから途中交代はやむなしだろうと。
ただ、ああいう負けている状態で前を総取っ替えすると、間延びしやすくなる気がします。交代で入る選手は攻撃に期待されてるし、点とりたい、チームに貢献したい、評価されてスタメンに戻りたいと思って当然。負けてるからなおのこと。中盤以下とのテンションをすり合わせる術をもたないと、相手にスペースを使われ、不用意にカウンターを喰らう隙を与えることになる。

イマイチ交代で入った選手が機能しなかったのはその辺かと思いました。
交代で入るのが、北嶋とか主税みたいなベテラン選手だったらもう少しうまく立ち回れたのかなと思うけど。
少し高い位置で後ろと前をつなぐ選手がいないと、攻撃がうまくいかない。繋げられないし、拾えない。
こないだのスタメンの中でなら養父に担ってほしいところ。

そういうところは少し残念でしたね。


まぁやってることはまずまず成果がでてきてるから、ぶれる必要はないと思うけど、そこに加えて、試合中監督に頼れないときにピッチの上で考えて修正できる力が求められているような気がします。


日が変わって、今日は水戸戦。
今年の水戸は良いチームだからね。山形戦でみせたような粘り強さで勝ちを目指してほしいです。

武富、今日はよろしく。

vsモンテディオ山形@KK-WING

油断してました。今日、試合ですね。


先週はようやく勝ちましたね。長かったです。

武富のゴールは2つともファインゴールでしたし、高橋も西森も良い動きをみせてました。
攻撃に関しては今季の中ではベストに近かったし、客観的に見てもまずまずだったのではないかと。
後半の最後まで攻撃の余力がもたなかったのと、前半のうちに追加点とれそうなとこでとれなかったのは課題になるでしょうか。


一方で、守備に関してなんですが、山形の拙攻に助けられた印象があります。
10試合負けなしの状態だと聞いていたので、もう少し迫力ある攻撃なのかとビビってましたが、最終ラインからのビルドアップが各駅停車のパスになっててなかなか崩しに至らず。何度かサイドを崩したり、得点のシーンや後半終盤の猛攻には肝を冷やしましたが、それでもまぁなんとか逃げ切れました。

ただ、守備に関しては松本戦を境になんとなくつかみどころがない感じです。
良いのか悪いのかがはっきりしない。

直近の試合は相手が好調のチームばかりで恵まれてはいません。
岡山、大分、東京V、甲府、千葉、山形は明らかに好調な時、徳島は復調しはじめに熊本戦を迎えました。愛媛もホーム負けなしとかじゃなかったっけな。

これらの試合、実はあまりやられた感じがしないんですよね。派手にやられた千葉戦でさえ、前半の連続失点したあの時間帯くらいで、悲観すべきポイントが少ない。
その時その時は、南のスーパーセーブのおかげとか相手主力選手がいなかったとか相手の調子が悪かったとかそんな感じで理由つけるんですけど、各試合単品じゃなくて4月5月をフルコースで考えた時に、あれ?これは熊本の守備が素晴らしいってことなのか?って思うに至ったわけです。
勝ててたわけじゃないので、目立ちませんでしたが、これはポジティブに捉えてもいいのかなと。無論、いやたまたまでしょと言う人もいるでしょうが、ここはロアッソ熊本応援blogだしね(笑)


というわけで、6月は渋い守備に注目したいなと思ってます。

憂鬱な梅雨を一時でも吹き飛ばしてくれるような勝利をたくさん見たいものですね。

vs ジェフ千葉@フクアリ

もはや北嶋が来ることに掻き消されそう…というか、できることなら早く切り替えたい派手な負け方でしたね(汗)


内容は意外と悪くなかったというか、特に後半はよく持ち直したなという印象。点差ほどにやられた感はありませんでした。

が、こういうのがダメなのかもしれませんな。
慣れちゃダメだよね。負けに。


まぁとにかく千葉の試合巧者っぷりが際立った試合でした。

最近の我がチームは怪我人多数で主力が離脱し、毎試合のごとく退場者や累積警告による出場停止の選手が出て全くベストメンバーが組めず。

この試合でも、本職とはいえ、今期はCBで起用している吉井をボランチで起用し、前節一応結果を出したただよをCBで使うことで前節退場した拓ちゃんの穴を埋めようとしました。

これが完全に裏目に出た。
どうも吉井のプレスが周りと合わない。連動しない。
結果、中央の主導権を完全に握られ、中と外をうまく使われ、マークを剥がされ、失点を重ねました。

そもそも藤田の先制ゴールは個人の技術が生んだものと割り切ればよかったんですが、早めの失点で焦りも見えました。
そこを千葉にうまく攻められ、3失点。

さらに、切り替えてさぁ行くぞの後半頭にやられて、4失点。

千葉の要所を確実におさえていく感じ、さすがでした。

そっから気持ちを切らさず、きちんと攻めれたことは評価できますが、とにかく粘れなかったのは残念でした。なんかあっさり負けたって感じです。

悪い時に耐える力、これこそ真のチーム力っぽいですが、これがまだないんでしょうね。
ま。これからです。信じてますよ。

ちなみに、この試合の我がチームのMVPは藏川でしょう。一人だけ気を吐いていましたね。良い選手獲得したよ。ほんとに。


日が変わって、今日は首位山形戦。
難敵ですが、90分の中で必ずチャンスの時間帯は来ますし、逆に言えば、相手の時間帯をどう耐えるか。千葉戦での教訓を活かせるかどうかが鍵になりそうです。
我慢、粘り。体力もさることながら、メンタルの強さが問われる試合になるかもですね。

vs ヴァンフォーレ甲府@KK-WINg

なんやかんやありまして、2つとばしでご無沙汰です(笑)

とりあえずGW連戦は選手も大変だと思うけど、更新が厳しい…orz
それに加えて、今シーズン入る前か始まってからか忘れましたが、スカパー!のハイビジョンに無料で替えれるキャンペーンに乗っかって、チューナー替えたはいいんですが、連戦の最中に不具合発生。10分でなぜかチューナーがフリーズするという自体に。リセット押しながら根気よく最後まで見ましたが、更新できるほど集中できず。

電話して、先日ようやく新しいものに交換してもらったので、とりあえず今は快適です。


いやぁ。それにしても、勝てないね。
なかなか良い試合出来てると思うし、徳島戦でイチが見事なゴールを決めてくれて何とか無得点試合は止めましたが、勝てていません。

運のせいだって言ってしまっては実も蓋もありませんが、主力の怪我や相手GKのファインセーブに合うあたり確かに無いのかもと。甲府戦に至っては、ただよのシュートは味方がブロックしてましたし(苦笑)
そういえば、このところ退場者も多いですね。

ただ、逆の見方もできるとは思うんです。
あんまり負けてないなって。そういう意味では運があるとも言えるのかなと。
引き分けが多くなるのは、好調だった1年目からでしたしね。
それで、得点を増やして引き分けを勝ちにしていこうと去年今年と頑張っているわけですが。
やっぱり中心となるFWが1人はいないと厳しいのかなと思います。この3年ずっと変わってるし。


個人で言うと、拓&蔵川のダブルボランチはなかなか良かったですね。
養父だと守備がちょっと怪しいので。それに養父にはもう1つ前でやってほしいなと思うし。なんか攻撃してる方が明らかに活き活きしてる。拓ちゃんは左SBの時はあんまり思わなかったけど、厳しく行くところしっかりいくしね。頼もしく見えるときがあります。蔵川は本職でもないのに、気が利いたポジショニングとってるなぁと。徳島戦では失点につながるミスをしてしまいましたが、大きなミスはそれくらいでダブルボランチの相方に合わせてうまく動いてるなぁと感心してます。

前線は斉藤がだいぶ場慣れしてきた感じはありますね。ボールの引き出し方はうまいなぁと思うことがあります。
あとは、決めるだけですね。それが一番大変なんでしょうけどね。
五領に関しては、華々しくデビューした分、今は大変そうですが、外される前に比べたら良いポジションとれている気がします。攻守の切り替え、特に守備に切り替わったときにたまに軽い感じがあるのが気になりますが、全力で追えている時は調子良いのかなと思いますね。攻撃に関してはカウンターの起点になったときに威力を発揮してるみたいなので、うまく絡めるとよさげですね。

守備だと、最近廣井が安定してきた感じがします。去年や今年のはじめはだいぶ危なっかしいところがありましたが、3バックの左が定着してきてからはかなり良くなった気がします。サイドのケアもすっきりはっきりしてきました。対人も空中戦もそれなりに強いので、守備の要になってくれるよう期待してます。

それにしても、岩丸やるやん。南の怪我は大変ショックだったけど、踏ん張ってくれてますね。
このまま定位置ぶんどる勢いで頑張ってほしいです。


さて、今週末はアウェイ千葉戦。最近は厳しい相手が続きますね。
チームの調子がどん底でスタートした連戦ですが、勝てはしなかったけど、うまいこと乗り切ったと思っています。
あとは、勝つのみ。そして、連勝街道に乗っかるのみ。

ネガティブな気持ちに負けずに頑張って応援していきましょう。

vs大分トリニータ@大銀ドーム

勝てなかったから素晴らしかったとは言えないけど、良い試合したと思います。
何試合前かと比べれば、だいぶ持ち直したなぁと。

結果的に無得点でしたけど、得点とりそうな雰囲気のある攻めも見せられましたし。
南に助けられた部分も大きかったですが、守備陣もきちんと対応した上でのものなので、全体で頑張ったていたという印象が強いですね。


この試合に関しては、ボランチの蔵川・原田コンビがバランスよかったなぁと思いました。
蔵川がまだ慣れた感じではないですが、持ち前の運動量でバイタルを広くカバーし、拓ちゃんも攻撃のリズムをうまくつくれてましたしね。最後までよく走れてたし(拓ちゃんは交代しちゃったけど)、セカンドボールへの対応もサイドを突かれたときのマークの受け渡しもある程度はうまくいってたように思いますね。

吉井はCBとして修行中ですし、養父は攻撃の選手という感じですから、今の段階ではこの組み合わせが熊本のベストなのかもしれません。そして、ボランチはやっぱり2枚ですね。


あとは、CB改めFWの高橋ですね(笑)
スタメンで90分はちょっとまた違うのでクンシクでスタートして良いとは思うんですが、きちんとオプションになってるあたり今後に期待が持てそうな感じがしています。足下はともかく、頭で競り勝つ能力はすごいね。DFだったのが活きてるのかな。

逆に、クンシクを白谷に代えて、前3枚が白谷・斉藤・五領になった時間帯でうまく機能してなかったのはちょっと不甲斐ないのかなと思います。この3人は今後ロアッソの攻撃を引っ張っていってほしい選手たちですし、もう1コ若い世代の武富・大迫・仲間・ファビオあたりよりは当然即戦力としての期待も大きいわけですから、もっと結果に対してギラギラしてほしいなと思いますね。五領は最初からギラギラしてますけど(笑)斉藤もだいぶチームの中で機能しつつあるし。白谷がちょっと今ひとつですが、能力あると思うしね。結果を求める気持ちがネガティブに働いてるのかなというふうにも見えますし。出番はあるので、もう少し落ち着いてプレーしてもらいたいものですね。3人が結果出すのを待ってます。



次節は本日。東京V戦。ヴェルディも好調ですね。
もともと力のあるチームでしたが、経営面で安定してきたのも大きいのかもしれません。
去年は国立の試合で完敗しましたので、対戦成績ほど良いイメージはありません。

とりあえず最近の良いサッカーを維持することが第一。
日程的に厳しいので運動量が落ちがちですが、そこを失うと一気に悪いときに逆戻りしかねません。
相手も同じ状況なので、先制点が大きく物を言う試合になると思います。
悪い時間帯はとにかくふんばって、少ないチャンスを物にする。そういう試合になるでしょうね。

地の利を活かして、ホームの大声援で選手の後押し頑張りましょう。

vsファジアーノ岡山@KK-WING

まあ良かったんじゃない?

引き分けたけど。無得点だけど。

少なくとも守備に関してはかなりうまくいってたと思う。
守備って基本的には受け身なんだけど、自分達でアグレッシブに仕掛ける守備は見てて面白いよね。パスの出所にいくプレスと連動して、パスの受け手からボールを綺麗に奪うプレーとか気持ちいいし。

ここ数試合はどうにもちぐはぐで、ラインが引きすぎることも多かったけど、この試合に関しては勇気もって高いラインで踏ん張ってたし、吉井のカバーリングがかなり効いてたので、大きく崩されることなく、しっかり守れてたと思います。

愛媛とも引き分けだったけど、今回は内容の伴う引き分けでした。

あとは得点ですね。

攻撃に関しては無得点でしたが、守備がこれだけうまくいったということは、逆に言えば、攻撃も入りの形でミスが減りつつあるとも言えると思います。
斎藤・白谷は、フィニッシュとその前のパスの精度、判断はだいぶ物足りませんが、ボールを引き出す動きに関しては改善されてきたように思います。
クンシクはコンディションですね。


明日の試合はバトルオブ九州です。相手の大分は好調ですし、今まで熊本に勝ってないからこそ高いモチベーションで臨むはず。厳しい試合になりそうです。

どん底からは少し上向いた気がしてます。
ここが新たなスタートのつもりで改めて上を目指していきましょう。

vs愛媛FC@ニンスタ

なんだかなぁ。

松本戦よりは良かったけど、相対的に見ればまだまだ良くない。
守備陣が粘ったのは間違いないけど、無失点なのは相手のミスのおかげ。ざっくり言うと運。ツイてた。

松本戦と同じようなスコアになってもおかしくなかったことを踏まえた上で、まだまだ運はあるようだとポジることもできる。

でも、果たしてそれでいいのか。


とりあえず3バックに1ボランチでは2列目の飛び出しを全く捕まえきれなかった。
ただ、トップを潰せなかったCBや1ボランチの吉井を責めるのは酷だと思う。このシステムは愛媛攻撃陣との相性が悪すぎたと言えるかもしれない。

次からの相手はこの感じで攻めてくるだろうから立て直しは急務。


あと、攻撃に関しては後半間延びしすぎてたと思う。
クリアボールが全く攻撃に繋がらないのは攻撃陣の貰い方にあると思う。
ファウルをもらうとかマイボールのスローインにするとか一拍置くような余裕がほしい。縦に急ぎすぎて、単騎駆けになるとなかなか難しいし、奪われてまた守備に追われることになるので。

サイド攻撃の場面でも戻さずに仕掛けてCK狙うのもいいと思う。


中盤のプレスで引っ掛けて攻撃に切り替わる場面と相手に押し込まれてゴール前でセカンドボールを拾って攻撃に切り替わる場面は違うことをもっと意識して攻めないとダメだと思う。

チームのために時間を作れる選手が今の熊本には必要だと思う。



日付変わって、本日金曜日は岡山戦。毎年恒例ゴールデンウイーク連戦が始まります。

連戦なのでただでもきついのに、好調岡山相手とは…
連戦初戦を落とすとズルズルいきそうなので、なんとか粘ってほしいですね。

vs松本山雅FC@水前寺

久しぶりにというか、こんなに更新するのに気が重いのは初めてかもしれない。

相手がすごすぎて完敗っていうならもう少し切り替えられるのかもしれないけれど。
完全に自滅でしたよね。何1つポジれるところがない。

個人では南がスーパーセーブ2本したとか、片山が左サイド個人で突破したとか、蔵川が熊本デビューしたとか、仲間の動きが良かったとかあるけどさ。
そういうのがとてもちっぽけに思えるほどに、チームとしての出来、ゲームのクオリティにがっかりしました。


守備は相変わらずサイドのマークが緩い。
上げ所のチェックも緩ければ、中のマークのはずし方もひどい。
一度押し込まれると5バックの状態のままで押し上げが足りない。
セカンドボールを拾えない。攻守ともに拾えない。
悪い状況でボールを奪われたときの切り替えも遅い。

攻撃はシュートうたない。
ラストワンプレーになった片山のミドルシュート、相手にひっかかったけど、ああいうのがどうして出来なかったのか。
同サイドで崩す戦術は理論としてアリだと思うけど、明らかに力が足りない。慣れる時間も足りない。
続けていくのはいいけど、局面で判断して無理せずサイドにつないでやり直すことも大事だと思う。

悪いところを上げればきりがないけど、こういう細かいのは実はどうでも良くて。
勝ちとか負けとかそういうのを求める以前問題というか。

たとえば、湘南戦は引き分けたけど、あれを見て損したと思う観客はいないと思う。
勝てたかもしれないとか、引き分けで100%満足したとは言わないかもしれないけど。
見に来て損したとは言わないと思うよ。

もし松本戦、今日の展開で奇跡的に1-0で勝ったとしても、損したと思う人はいるんじゃないの?
つまらないと思う人はいるんじゃないの?

せっかく地上波で放送されて、水前寺のわりにたくさんお客さんが入って。
栃木戦は負けたけど、早い時間に1人少なくなって、それでも後半よく頑張ったと思うし。
少しずつ内容が上向きになっていくのかなと思った矢先に、こんな試合しちゃダメだよね。


まぁ後悔は先に立たずなので、反省したらまた前を向くしかない。
きっと前を向いて、練習した1週間だったんだろうと思います。

システムとか戦術とか選手の善し悪しとか…
たぶんそういうのじゃないので。サポーターが見てるのはそういう細々したとこじゃないので。
あまり良いことなかった1週間でも週末にロアッソが頑張ってるのをみて、また次の1週間を頑張ろうと思う人のために。

もう少し頑張ってほしいと思いますよ。悪いなりに、精一杯もがいてる姿を見せてほしいです。

vs栃木SC@グリスタ

今週は銀のベンザ的風邪にかかりました。
未だ調子が戻らずに更新が遅れました。



さて、栃木戦は実に残念な試合となりました。クンシクの一発レッド。
既に先制されていたロアッソは厳しい展開に。

それでも、後半は良い攻撃みせたんですけどね。
得点を奪えないまま、逆に追加点を奪われてジエンド。


やっぱりちょっと粘れないですよね。劣勢の時間帯に必ずゴールを奪われてしまう。
むしろ10人になってからの方が良い動きってどういうことだ。

この試合における最大の収穫は祐太郎のポストプレーがJ2ならFWで完全に通用することかもね。
高さもさることながら自分のテリトリーにボールを落とした時の体の使い方がかなり柔らかいイメージ。栃木にデータがなかったからとまどったのかもしれないけど、これが機能するなら面白い。他のFWの選手たちはうかうかしてらんないねー。


クンシクに対するジャッジは残念だったが、腕振るときは気をつけないとダメね。
それにしても、一発かぁ。
悪質な感じには見えなかったけどなぁ。



今週末は松本山雅戦。
熊本では地上波で放送あるみたいね。
久しぶりのキジ&匠か。楽しみですな。
今は守備に難があるので、攻撃的な松本はちょっと恐ろしいけど、地の利を活かして苦しい時間帯を耐えしのぎ、しぶとく勝つような試合を期待してます。

vsFC岐阜@水前寺

勝ったねー。3点とって勝ったねー。

今年目指している「攻撃力UP」が結果として表れたのはいいことですね。

ただ、内容に関しては湘南戦の方がよかったように見えました。
試合の展開とか相手の強さとか審判のレフェリングとか単純に比較はできないと分かってはいるものの、得点の流れ、攻撃の質に関しては前節の方がとは思いますね。岐阜にもチャンスがたくさんあったので、決められてたら試合の行方は全く分からなかった。正直、相手のミスに助けられた印象も強い。

今節はスカウティングがうまくハマったという印象。
1点目、2点目はCKから誰かが真ん中で触って、次の人が決めるかたち。絡んだ選手は違えど、ほぼ同じパターン。おそらく練習通りの形なのではないかと。

それにしても、セットプレーからの得点があるのは大きいね。去年はあれだけ大きな人を揃えてたのにセットプレーからの得点は少なかったし。キッカーのおかげなのかね。

あとは3点目。
相手守備陣のミスと言われればそれまでですが、今年は負けてる試合も含め、前線からのプレスがよくはまってるという印象。
ある意味で今年の象徴なのかもしれません。

よく走り、よく奪い、早く攻める。

セカンドボールの奪取率は近代サッカーにおける勝因の1つですが、今年はよく拾えてる。
今までは五分五分のセカンドボールを待つというイメージでしたが、今年はセカンドボールを引き寄せる守備をしてるというイメージ。その手段の1つが連動した前からのプレスなのかなと。
これから厳しい夏が待ち受けているので、その時にどうするかは問題ですが、これから楽しみでもありますね。


最後になりましたが、クンシク熊本での初ゴール、五領J初ゴール、それぞれおめでとう。
次も活躍してくれてると信じてます。

vs湘南ベルマーレ@KK-WING

やればできるじゃないか!

っていうのが、この試合の簡潔な感想。ちょっと上から目線すぎるか。

やってくれた!の方がもっと端的かもしれない。


勝てなかったけど、良い試合したね。
3失点したけど、リード守れなかったけど、良い試合したね。THE良い試合。
熊本的には惜しい試合になるかもだけど、客観的にみたら面白い試合だったと思いますよ。

熊本にとって良い試合ができた理由の1つは、走れたことでしょう。
画面に映る選手たちの数が明らかに多かった。それを最後まで貫けたことは誇るべき。
運動量があがり、攻守の切り替えが素早かったことでアグレッシブな守備ができました。
相手の個人技やちょっとしたミスで突破されることもあったし、失点につながったりもしたけど、そこは課題としてきちんと修正すれば、方向性は間違ってないかと。90分もつならそれにこしたことはないし、もたないなら質をあげたり、時間帯のバランスを工夫したり。とにかく「走れる」っていうのが復活したのはよかった。

あとは、五領くんがよかったね。ゴールを奪ったわけではないけど、自分の長所をしっかり出せていたし。
なんとなくニッシを思い出しました。プレースタイルが似ているわけじゃないけど。
でも、こっからですよ。
マーク厳しくなってきて、削られたりフィジカル勝負されたり。思い通りにいかないときこそ真価が問われるわけで。
今は期待しすぎない程度に期待しています。


失点に関しては、直接ミスした部分に目が行きがちですが、ボランチ2人が前に前にっていう感じだったので、チーム戦術上やむをえないところは多かったのかなと思います。もちろんもっとセーフティにいけたんじゃないかと思うし、たとえば1失点目なら廣井のキックの判断は甘かったし、その前の養父の中途半端なバックパス?もダメだったと思うし。それはそれとして反省はするけども、突発的なミスでの失点は守備戦術が崩壊したわけではないともいえるし。人が変われば、そこは大丈夫かもだけど、他のところでミスするかもだし。
要はもっと大きく見た方がいいのではないかと。
あれだけ前からプレスいって、縦に早く攻めていれば、当然守備のリスクは高まるわけで。
同じシステムってことは3バックに対して、3トップだから余りなしだしね。
それがプラスに出たのが3得点で、マイナスに出たのが3失点だったのかなと漠然と思ってます。


まぁでも、この試合に関しては前半から今日は点が入りそうだという感じがしたし、2-2の同点の段階で3点目とれそうな雰囲気もあった。それは相手にリードされてからも変わらなかった。
本当になんとなくだし、今これを書いても後付けじゃないか!って話なんだけど。
それくらい期待できるというか、ワクワクした試合になりました。久しぶりにやってやった感はありますね。

これを続けてほしい。もしかしたら負け越すかもしれないし、上位には顔出せないかもしれないけど。
そうだとしても、こんな試合を1年続けてくれるなら、毎試合期待をもって応援できます。
J1昇格はもちろん目指すべきだし、本気で目指しているからこそ南や主税が熊本へきてくれたんだけど、J1にあがることがゴールじゃないことは多分みんなが理解してることでしょうしね。
J2できちんと勝てるチームはJ1でも結果を残せることを、熊本J2参入後の昇格チームが証明してくれている。
今のサッカーは面白い。これをJ1でも通用するサッカーにしてほしい。


最後になったけど、湘南戦はレフェリーがすごくよかったですね。
簡単にとめることもしなかったし、納得できるジャッジが多かった。
良いゲームになったのはレフェリーのおかげでもあります。
ありがとう。福島さん、藤井さん、正木さんありがとう。


次は同期のライバル・岐阜戦です。
個人的には、昇格した当時よりずっと仲間意識が強いですね(笑)もちろん負けたくはないけど。
湘南戦をいいきっかけにして、次につなげていってもらいたいです。
今度こそ3点とって勝ちましょう。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs町田ゼルビア@野津田

いやぁ。まいったね。これは堪える。
町田を甘く見てたわけじゃないけど、前半を見てて引き分けには持って行けるだろうと思った。

新しいチームとの対戦で良い結果が出てないのは知っている。
連戦に弱いのも知っている。

でも、もう少し良い内容の試合にしてくれると思ってた。それが残念。

負けは負けでも福岡戦や京都戦とは違う。
福岡戦は後半しっかり立て直して光が見えた。
京都戦は力の差を見せつけられたけど、チャレンジした結果だと思って受け止めた。

今回は違う。完全に自滅。

失点の形は不運だったとも言える。
でも、相手の方にボールが転がるのは、相手より初動が遅いからですよ。
奪われた形も最悪だったけど、全力で切り替えて取り返しに行けていればしのげたんじゃないですか?

一つ言っておきたいのは、守備陣は非常にがんばっていたと思う。
南はもちろん、廣井も祐太朗も大きなミスなくプレーできていたと思う。
ただよもバイタル付近以外の守備が軽かったことは気になるけど、まぁ悪くなかったと思う。

対して、攻撃陣はミスが多かったね。
町田は決して堅いチームではなかった。現に前線のプレスは割とはまったと思う。
奪えた回数はここまで4試合の中では一番多かったんじゃないかな。

なのに、無得点に終わった。
細かいパスミス、判断のミス、コンビネーションのミス。散見しました。

チームはこれからなんですって言われたらそれまでなんだけど、そこに甘えてほしくはない。
仮にもJ1昇格を目標に掲げてるんだから、J1でも通用するようなプレーヤーになってもらわないと困る。


思ったんだよね。

たとえば、柏とか広島とか仙台とかC大阪とか、今年で言うならFC東京とか。
「今から思えば、J2降格も良い経験になった。」的なコメント聞いたりするじゃない?

これは成功があるからこそ言えるコメント。成功した現在があるから言えるコメント。
降格したときは死ぬほど不幸だと思ったろうし、後悔しただろうし。

じゃあ彼らはその不幸の最中によりどころになったものって何なんだろう。

1年でJ1復帰したチームは言うほど不幸な感じはしなかったかもだけど。
J2の1年はトントン拍子で駆け上がって優勝したわけだから。

降格してなくても、もがいてるチームはたくさんあるし、そこから脱出して強くなったチームもある。
そんなチームの人たちに聞いてみたい。選手やサポーターに聞いてみたい。
心の拠り所って何ですか。どこですか。


個人的には、今をポジティブに考えるには、どうしても必要なのは1点だけ。1つだけ必要なのがある。

目指してるものが間違っていないっていう確信。

京都戦後にも書いたけど、ああいうサッカーできるよっていう良い未来の切れ端でも見られれば。

だから、今回の試合は見ててつらかった。

言い方がきついかもしれないが、守備が頑張ってるのは高木監督が来てからずっとなんだよ。
そこは当然って言うか、出来てたことだからさ。守備が頑張ったけど負けたじゃポジティブにはなれんのだよ。
上積みがないっていうかさ。成長してる感がないっていうか。こんなこと言うと守備陣には申し訳ないけどね。
せめて1点でもとってくれないとさ。リスク背負ってでもチャレンジする姿勢見せてくれないとさ。


次は湘南戦。絶好調の湘南をホームに迎えての試合です。
メンタルがーとか、コンディションがーとかじゃない。今週末はそういうのじゃダメなんだと思う。

必死な試合がみたいです。

泥臭くても良い。へたくそでも良い。かっこわるくても良い。

「勝つ」ために必死になってる11人がピッチを走り回る姿を見たいです。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs京都サンガ@西京極

ぐうの音も出ないほどの完敗。点差以上の力負け。

責めているつもりはないです。
京都に合わせるのではなく、自分達のスタイルを貫いた結果ですから。
京都は去年一年使って、じっくり作り上げたサッカーですから。
仕方ないです。


ただ、その中で強いて不満を挙げるとするなら、運動量と声だしですか。
運動量に関しては、押し込まれてばかりだったので、単に体力の問題というわけではないのでしょうが、誰かがボールを持った時の動き出しがかなり少なかった。スローインの時もそう。イエローもらってる片山がボール入れるときには特にもらえるように動いてあげないと。
パスサッカーのコンビネーションは形や技術、判断力も大事ですが、出した人が次々に動いていかないと前には進まないからね。ワンツーはもちろんできないし、囮がいなければスペースやパスコースができない。
まぁ改めて言わずとも、選手が1番わかってると思いますが。

あとは、中盤でプレスかけられて背後から綺麗にとられる場面が散見しましたが、あれは声だしがうまくいってないからじゃないですか?推測ですが。


改善できてた点があるとしたら、守備陣でしょうか。
2点とられましたが、南と片山がぎりぎりで防いでなければ、あと5点くらいはとられてた。
もちろん南と片山だけがすごいっていうつもりはなくて、コースを切ったり、最後まで競り合ったりといった他の選手たちも頑張ってたと思うよ。
何よりサイドの守りは少し改善してたように見えました。前半序盤はけっこうスムーズに対応してたし。左サイドは特によかった。
後半は厳しかったけど、あれをあのまま評価するのは少し可哀相かな。前線や中盤で悪い形で奪われることが多かったし、ポジショニングを修正したり、一休みしたりするヒマもなかったし。


あとは、ピッチコンディションが厳しかったね。
見てても、ボールの跳ね方とか転がり方とかおかしかったし、ただでさえ技術で負けてるのに、アウェーかつ特殊なピッチでさらにハンデ背負ったなという印象はある。
ピッチは相手も同じ条件だって言われるし、そうなんだけど、元々の差がさらに拡がるようなコンディションなら熊本にとっては厳しい条件の1つと言わざるをえないよ。


いやぁ。まけたまけた。
悔しいのは当然だけど、今回は一種の清々しささえ感じられる。

そして、熊本のスタイルの方向性を京都のサッカーで確認させられる。目指すところはこの方向かと。
期待はしてる。
J1で勝てるチームになるにはこれを極めていくしかないと思う。



次は町田。
JFLでも対戦してないし、公式戦では初顔合わせかな。
相馬、ポポビッチ、アルディレスと羨ましいほどに良い監督を連れて来るという印象。きっとサッカー知ってる人がトップにいるんでしょうね。
鳥取に3-0で勝ったようだし、全く侮れない。
中二日、アウェー連戦、かつ、敗戦を切り替えなきゃいけないので難しい試合になると思うけど、なんとか勝って熊本へ戻ってきてほしいですね。

vsガイナーレ鳥取@KK-WING

ホーム開幕戦。見事勝利。

逆転勝ちっていうのは、みてて一番気持ちいい勝ち方だよね。
前回の「まず1勝」は早速達成してもらった。

できたらもう1点とりたかったけども。3点とるチャンスはそうはないだろうしね。
去年1年間、3得点試合がなく、今年は「攻撃」に力を入れてオフを過ごしてきたわけだし、早めに成果を出して、今の方法に自信もってもらいたいです。

まぁでも、一応は成果出たと言っていいのかもしれないけど。
1点目は華麗に崩してのゴール。武富のシュートは素晴らしかった。
2点目は前線で武富がプレスをかけて、そこにクンシクと主税が反応してる。

攻撃に対する意識はしっかり変わってきていると思っています。

失点に関しては、前節とやられ方が似てるというか、失点シーンが似てるっていう意味じゃなくて、CBとボランチやWB・SBのマークの受け渡しというかスライドの方法というか、自陣のサイドの深い位置に対するディフェンスがふわふわしてる。外から見てると、CBがもっと外に広く対応して、そこの隙間はボランチなりWBなりが埋めるという感じにしてもいいんじゃないかなぁと思うんだけど。どうもCBがあまりサイドに引っ張られるのをいやがってる感じがして、その分マークが緩んでるように見えます。

福岡戦では、そこがふわふわしたまま前半が終わったという印象。
鳥取戦では、そのふわふわ部分をWBが気にしすぎたために、せっかくの片山・田中先生という前への推進力重視の布陣を活かせなかったという印象。田中先生曰く、WBは初めてだったとのことだし、もう少し後ろを含めた周りがサイドの選手に攻撃に比重を置かせてあげられるようなフォローをしないといけなかったのかもしれないね。後半は鳥取のサッカーに対応できてきて、サイドはスムーズになってきたように見えたけど、そもそも攻められる回数が少なかったし、守備の修正がうまくいったかどうかは正直わからんね。

3バックの弱点は両サイドってずっと言われてきてるし、たしかにスペースはあるけど、2008の大分の大躍進を観たら一概には言えない。絶対的なシステムなんてないんだから、チーム全体で短所をどうカバーしていくかが大事。今はまだまだだけど、これからののびしろに期待したいですね。


個人としては、クンシクが初スタメン。コンディション的に今ひとつに見えましたが、ポストプレーはさすがに巧かった。歴代FWの中で一番巧いかもしれない。まぁ1試合みただけだからまだ何とも言えないけど。トラップとかパスとか巧いなぁと思いました。武富のゴールの時に養父のパスをスルーしようと思ったのも、主税へのアシストも見事でしたよ。クンシクみてると、よしおさんを思い出しますね(笑)

武富は2試合連続ゴール。調子良さそうですね。元々技術はあったけど、去年の今頃より試合慣れしてきたというか、判断が速くなってきたなと思うし、オフ・ザ・ボールの動きもいいなぁと思います。後半はよく足つってたのに、そういう場面もみられなくなってきた。成長を感じます。

主税も熊本での初ゴールがホーム開幕戦ってことでめでたいですね。他にも良いシュートあったし、ベテランとして、キャプテンとして、ピッチの上でチームを引っ張ってくれてるなと感じます。主税の要求に全力で応えていけば、チームとして良い結果が出そうな雰囲気ありますし、若手が追いつけ追い越せでモチベーション上げていってくれればなという感じでしょうか。


あとは、白谷がおもしろいですね。クンシクやファビオに比べて、どちらかというと2トップ向きというかセカンドトップって感じがするので、スタメン奪うとしたらもう少し先になるかもしれませんが、できたら交代で出てるうちに点を取ってほしい。運動量も多いし、ゴールへの意識の高さは見てて伝わります。C大阪でプロデビューして以降、逸材であると言われながら開花できずに、チームを転々としていることは知ってます。プレースタイルは違うけど、過去に在籍していた木島と似たような何かやってくれそうな雰囲気を持った選手に見えます。是非とも熊本で大ブレイクしていただきたい。チャンスあるよ。きっとある。



さて、今年の初勝利。
この流れを大事にシーズン戦いたいわけですが、幸か不幸か次の相手は京都。バリバリの優勝候補。
京都の昨シーズンは我慢っていうイメージ。ただ、シーズン終盤の伸び具合、天皇杯での躍進を考えると、今年は絶対に強いだろうというのが、大方の予想。全くもって異論なし。J2で対戦したときの広島や柏のような基盤のしっかりしたチームに見えます。開幕戦は湘南に敗れましたが、少々つまづいても多分崩れない。そういうチームになったんじゃないかな。従来の京都っていうイメージはない。がっしりしたスタイルを持つ好チームだと思います。

今の段階では、正直かなり厳しい試合になると思いますが、ここまでの2試合よりも守備の意識を高めながら、少ないチャンスを活かしてがんばってもらいたいですね。システムやメンバーも楽しみです。ポゼッション勝負では分が悪いでしょうから、その辺をどういじるのか。
もちろん勝った流れを大事にするとか今は結果よりも内容を重視するんだとかで全くいじらないっていう選択もアリなんでしょうけど、チーム作ってる今だからこそ、仮想J1クラブとして京都に勝ちにいってもらいたい。モチベーションすごく大事。アウェイだから引き分けOKとかチームはまだ未完成だからとかそういうのは試合前は一切思わないでほしい。J1昇格が目標なら勝たないと。

京都の方が力量が上。だからこそ、勝つ。

そういう気持ちが次節の結果を左右しそうな気がします。
がんばってほしいね。ほんとがんばってほしい。

vsアビスパ福岡@レベスタ

待ちに待った開幕戦。
結果はついてこなかったけど、久しぶりに熊本の試合観るとやっぱり海外や代表とは違うなと思う。

もちろん良い意味で。地元にJクラブがある喜びは開幕戦で一番実感するね。


今年は年明けから色々なニュースがありました。
債務超過の問題。藤本・養父ら主税のある選手の加入。新しい熊本スタイルの確立。

どういうチームになるのか。期待と不安の入り交じるオフシーズンとなりました。
開幕戦は「バトルオブ九州」なのでもちろん結果も気になるけど、それよりも何よりも内容が気になってました。
新加入の選手たちはフィットしたのか。目指すサッカーの片鱗は見せられるのか。そもそも雰囲気はどうなのか。

90分間観てみて、とりあえずはホッとしたというのが正直なところです。
まだまだな部分は当然あるし、その「まだまだな部分」も「仕方ない部分」と「できなきゃいけない部分」とがあるわけですが。
それでも、良いとこ・悪いとこ全部ひっくるめて、ホッとした。

1試合目なので、悪いとこ(特に前半)よりは良いとこを挙げようと思う。

1つは得点のかたちが非常にきれいだったこと。完全に崩した。パスで崩した。
単純に無得点じゃなくてよかったとかいうことじゃなくて。おそらく練習してきた形。
オフでやってきたことを試合で出せたのは選手にとっても監督・コーチにとっても良かったなと思いますね。

2つ目は後半きちんと立て直せたこと。
前半は福岡のプレスをもろに受けて全く良いところがなかった。
新チームで初の公式戦という一番難しいチームコンディションの中でも立て直せるというのはポジティブに考えて良いんじゃないでしょうか。
3バックへのシステム変更も交代で出場した選手もそれなりに良い動きしてましたしね。

システムに関しては、今回3バックが良かったから3バックの方が良いんだってことではないと思う。
4バックも3バックも使いこなせるべき。そういう人材は揃ってる。
チームは常に進化していかないと研究・対応されていくわけだしね。
目指すべきスタイルの構築に加えて、どれだけ進化できるか。J1目指すならここが一番大事になるんだと思います。

3つ目は、新加入選手がそれぞれ力をみせたこと。藤本・養父は既に中心だし、Jデビューの高橋も前半危なっかしかったけど高さはすごかったなぁ。白谷もFWらしいFWでワクワクさせてくれる。前からいる選手たちも気合い入れてスタメン争ってほしいね。


あとは大きく気になる点が2つ。この試合に限ったことじゃないんだけど。

1つはスカパー!で中払さんが指摘してたサイド攻撃への対応の問題。
今年のシステムだとどうしてもサイドで相手に数的優位を作られやすくなる。片山と西森は明らかに大変そうだった。守備のポジショニングはきちんと確認しなきゃいけないですね。予想通りにやられるっていうのは、今後対戦するチームにとってもねらい所となるわけだし。急務ですね。

もう1つは、声出しの問題。これは試合中のピッチリポーターの発言+携帯くまにち有料サイトの記事より。
スタジアムで観た訳じゃないので正直なんとも言えないんだけど、言ってること書いてあることが本当だとするならだめだね。一部の選手に頼ってるというか迷惑かけてる。こういうことはチーム内で早めに解決しておかないと後々大変になりそうだな思う。


まぁおいおいなんでしょうね。すべて。
選手にはのんびり構えてもらっては困りますが、サポーター目線ではもう少し大らかにみていく必要がありそうです。

ま。できるだけ早く1勝。これは次にでも。
そして、3得点以上の快勝。これは5月あたりまでには。

こういうのやってくれたら今年は良いチームだなぁって思うだろうなぁ。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。