ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


広島戦プレビュー

ついに、今季ラストマッチ。

振り返れば早かった。

けど、1つ1つ思い返せば、やっぱり長かった。

2戦目の初勝利を本気で喜び、レベスタやベアスタに行っていい試合見せてもらったり、時にはボコボコに負けることもありましたが、だからこそ、全チームから勝ち点を奪取できたことは本当に懸命にやってきたチームの勲章だと思うし。


サポじゃない人がいくら「J2だから」と下に見ても、むしろそんな人たちを下に見てます(ナイナイさんへのオマージュを込めて)

胸張って言えるよ。

おれらって良いチーム!!!

さて、広島戦ですね。

前節の試合は余裕が無くて観てません。
でも、スコアの動きをみれば、広島にとって厳しい試合になったのは一目瞭然。

やはり森崎和とストヤノフという守備の要を両方とも失うというのは厳しかったようですね。
ちなみに、今節は森崎和は戻ってきます。

今季は広島の試合だいぶ見ましたが、個のレベルは群を抜いてる。
それはもう誰もが認めるところ。

ただ、そんな常勝軍団の広島も、実は仙台に勝ってないとのこと。
甲府を苦手としているとのこと。
そして、似たようなチームに苦戦していること。

ここから論理的に導かれる広島の弱点。

ショートパススタイルのランニングサッカー。

人数をかけたサイドアタックタイプのサッカー。

前線からのプレッシングサッカー。


この3つに絞られるかと。


…といって思い出すのが、第2クールでの対戦ですか。

あのときは前線から追い回しまくって、パスミスを誘発。キジのゴールがありました。
おそらくはあの時やっていたことが、今もまだ有効であると考えます。

広島の第41節・鳥栖戦もそう。
結果だけ見れば大差が付いていますが、前半は「あれ?これ鳥栖勝つんじゃない?」くらいの試合でした。リスクを負って、前で勝負。後半力尽きましたが、勝つための1つの方策を示してくれたのではないかと思います。押し込まれたら100%負ける。それがはっきりと分かりました。

幸い、今季の試合、うちに失うモノはない。

たしかに、8戦負け無しの記録更新中ですが、いずれは8連勝とかしちゃうチームですから(妄想)
加えて、明日の試合はホームラストマッチ、クラブ目標の平均5000人以上を目指して、動員がかかっている試合です。大歓声の後押しが、選手を鼓舞してくれるはず。

勝てる可能性は十分あると思います。
120%、いや150%くらい出さないといけないかもしれませんが。


さて、最後は今シーズン最後のプレビューということで感情的に締めます。


明日は終わりではない。
明日を含めた今シーズンが、ロアッソ熊本というJクラブの物語の1ページ目である。
Jに立つまでのプロローグを受けて、ようやく踏み出した1歩。

明日の試合は特別じゃない。
これまでの試合と同じように、この試合までに積み重ねたものの集大成を見せてください。
勝とうが負けようが、何人もその積み重ねは否定できないから。

でも、できることなら、勝って、多くの観客を振り向かせてください。
そして、この試合をもって、チームを去る者たちを笑顔で送ってあげてください。
それができるのは、ピッチに立てる選手たちだけ。

サポとクラブは、明日観客数という形で、「熊本」のポテンシャルをきっと見せてくれるから。
それを伸ばせるかどうかは選手たちにかかっている。

どんなにボコボコにされようとも、絶対諦めない気持ち。
どんなに力の差があろうとも、諦めなければ何とかなるというリアル。

そんな試合を見せてくれることを心から期待してます。

未来のロアッソ戦士たちにも、色んなものを背負ってピッチに立つ戦士達の勇姿を目に焼き付けてもらいたいですね☆何年後かに、「あの2008年の最終戦に行ったんですよー」っていうエピソードを喋る選手が現れると嬉しいなぁ。


良い試合になりますように…☆彡
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


山形戦プレビュー

ばっさん…orz


ここまで他チームに比べたら大きな離脱も少なく踏ん張ってきてたと思うんですが。
やっぱりJ2は過酷なんでしょうね。

離脱とはいかないまでも、大なり小なり、選手たちはみな怪我を抱えているものだといいますし。
他の選手たちが、今シーズンあと2試合、元気にプレーできますように。


さて、日曜はアウェイ・NDスタにて、モンテディオ山形との試合です。
対戦成績は2戦2敗。長崎のプレマッチでもこてんぱんにやられましたので、今季は3敗ですね。

第1クールはKK-WINGで1-2。
リチェーリにぶっちぎられたのが思い出です。
今をときめく豊田くんはあの試合で怪我したんでしたよね。
両チーム共に苦い思い出ですね。

第2クールはNDスタで1-3。
出足の悪い山形を尻目に速攻で先制したまでは良かったんですが。
その前の試合でジホを失った違和感が響いたというのが言い訳です。
リチェーリを抑えるところまでは良かったんですが…
コバ采配にしてやられた印象が強いですね。



そして、明日が3戦目。
相手は勝てば3位以内が確定する試合。
前日の仙台の結果如何では2位以内を確定する試合。
相当にモチベーションが高いのは間違いないですし、すぐに逆転されるような差でもないので、プレッシャーのかかるような試合にもならないと思います。メンタル面は万全でしょう。
雪が降って大変そうですが、不安要素はそれくらいじゃないでしょうか。

ま。言い訳できないくらいのシチュエーションの方が逆に燃えるってもんですよ。

よゆーよゆー(棒読み)


ってか、プレビューなのに長くなってしまいました…orz

気合入りすぎ?(苦笑)
ま。2日前なんで明日にでもゆっくり読んでみてください(笑)


...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


愛媛戦プレビュー

いやはや。長かったですね。この2週間。

今でこれだとオフシーズンが思いやられます。ほんとに。


さて、明日はアウェイで愛媛FCとの試合です。

愛媛戦も含めて、残り3試合となりましたが、対戦相手(※()内は対戦成績)は山形(2敗)・広島(1分1敗)。愛媛とは1勝1敗なので、2008年シーズンのロアッソ熊本としては、最後の同一カード勝ち越しチャンスとなります。負ければ順位も入れ替わるので、是が非でも勝ちたいところ。


ただ、あなどるなかれ。愛媛FC。


先日、前節の横浜FC戦を観ました。

つ、強すぎる…


順位ではうちの1つ下14位に沈んでいますが、もともと高いポテンシャルを秘めたチームであると思っていました。1つ違えば、草津のように快進撃をしていたチームであったと思います。プレシーズンでもすごく良かったですしね。愛媛。怪我人が多かったのが悔やまれるシーズンになりました。

その怪我人が続々と復帰、復調してきているのが、今の愛媛の怖いところ。
徳島との悪夢のようなダービーマッチではとことんダメだった宮原をはじめ、出ればそれなりに活躍するがちょこちょこ怪我してた大木、シーズン序盤不在だったキャプテン金守がそれぞれ好調。

加えて、ガンバからレンタル加入中の横谷が非常に高いポテンシャルをみせ、赤井や江後などの攻撃陣もいい状態をキープしているよう。

守備では、主にSBとして活躍していた高杉をCBで起用してから、少しずつ安定し始めているようです。


チームとしては、攻撃型だと思われます。

ハーフの4人が高い能力を持ち、ドリブルでの仕掛け、サイド突破、ミドルシュート、スルーパス、ワンツーなどポジションチェンジを頻繁に繰り返し、後ろからどんどんどんどん飛び出してくるスタイル。
はまればきわめて恐ろしい戦術であり、攻撃面におけるハーフの構成力はJ2でも高い方に位置するのではないかと。

また、FWの得点力不足に悩まされていますが、様々なタイプのFWをそろえており、ここ何試合かでは抜群の安定感をもっている大木には気を付けたいところ。背はそれほど高くないですが、ヘッドが強いし、巧くキープするなという印象を持っています。特に、サイド攻撃の際には、つぶれ役としてもフィニッシャーとしても力を発揮する選手ですので注意したいところです。

あと、その日の愛媛FCの善し悪しを判断するうえで、良い基準になるのは、宮原のポジションどりでしょうか。彼が低い位置でしかボールに関わらなかったり、攻撃に参加しても前を向いてプレーする回数が少なかったりすれば、それは愛媛の攻撃がうまいこといっていないサイン。逆に、そうでないときは決定的な仕事をされないように注意する必要がありますね。

愛媛攻撃対策としては、テクニカルで攻めっけたっぷりの中盤であるからこそ、持ちすぎる場面も少なからず見受けられましたので、遅れても諦めずにチェックにいくこと。そして、1vs1では抜かれないことを第一に気を付けること。また、サイドだからといって軽い守備をせず、特にシュートには高い意識を持って対応することがあげられるでしょうか。
大木が頑張っているといっても、やはりFW陣には最後の決定力という点でやや物足りなさは感じましたが、その分、ハーフのフィニッシュへの意識の高さ、後ろからの飛び出しの多さに特徴があると思いますので、その辺のケアは十二分に。押し込まれたとき、うちのボランチが相手を最後まで離さずに守備できるか。この辺がカギになってくる気がしています。


一方の守備ですが、SBのどちらかが攻撃に参加し、もう一方のSBとCB2枚で守るのが決まりのようです。高杉が真ん中に入ってからは、高杉がボールを散らす役目を担っている模様。CBは高杉がカバー役兼対高さ要員で、金守がチェック役兼対1vs1要員であると思われます。SBは右が関根、左が三上。どちらも守りより攻撃に魅力のある選手というイメージがあります。

横浜FC戦での失点はどちらもサイドから。
攻撃時に高い位置をとるのが愛媛の仕様なので、その裏をつくという基本にやられた1失点目は参考にすべきと思われます。カズのゴールはカズでしかありえないので参考にはならないかと(苦笑)

前回対戦時に、山内がそのとき相対していたSB高杉に仕掛けまくって、拍手喝采を浴びていたのは記憶に新しいところですが、ああいう状態をサイドでどれだけつくれるか。また、金守をおびき出し、高杉との1vs1を作る工夫とか、金守のファウルを誘うだとか、グループで守らせず、ミスマッチを作るのも今節のカギになると思われます。どっちかというと、2トップなら金守にゴンさん、高杉にゆたかさんとなるのがいいかなぁと思いますけどね。逆でつかれると思います。

他には、セットプレーの対応が甘い感じがしましたので、FKやCKは大きなチャンスになると思われます。矢野あたりがどフリーでヘッド!というのもあるんじゃないでしょうか。

相手のカウンターを警戒するためにも攻撃はシュートで終わらせたいところですね。


明日はどうやら雨のようです。

先月の草津戦、ニンスタのピッチが非常にひどかったので、それと同様の環境まで想定すべきだと思います。スタメンもそれに応じて変えるべきだと思いますね。水はけが悪く、水たまりができ、ボールが転がらないような環境での試合。ほんとにひどかったので。いつもの感覚でボールを追うことをやめられない非常にタフなゲームになると思います。吉田くんあたりも飛び出し、クロスの対応への判断は非常に難しくなってくると思いますので、セーフティーに頑張ってほしいですね。

その点、先週浦和と延長戦まで闘った愛媛イレブンに比べて、うちは休養十分。
コンディションではすごく有利な状態で臨めます。
中盤を中心とする走り合いが今節重要になってくると思うんで、是非とも走り勝てますように。


あと、雨の日はなかなか思い通りにいかず、焦れてイライラする試合になることが往々にしてありますので、変なタックルにはいかないように。DF陣もそうですが、累積リーチのゆたかさんなんかは是非気を付けていただきたいなと思う次第であります。荒いタックルで1発レッドなんかもらったら、一足お先に今シーズン終了する可能性が高いですし。


クリーンで白熱したいい試合になることを願っています。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


岐阜戦プレビュー

木島さんの膝良くないってまじっすか?

orz

どうしたものか。

心配はしてたんですけどねー。
むー。まぁ仕方ないか。
キジに頼ってばかりじゃいられない。

今回は他のメンバーに意地をみせてもらわないとね☆


さて、明日は水前寺で天敵・岐阜戦であります。
特に苦手ってわけじゃないんだけど、どうも勝てないんですよね。こういうのは積み重なっていくと、変に意識してしまって面倒なので、早めに叩いておきたいところ。


これまではカウンターに悩まされてきました。
去年は特にポゼッション型のサッカーをしてきたので、カウンターへの対応がなかなかできず。

今年は第一に守備から入る試合が多かったので、やられるよりもやる機会の方が多かったですが、前節の湘南戦での原のポスト直撃シュートの展開をみてもわかるとおり、今でも苦手でよくやられる形であることは間違いないです。



さて、今回対戦するにあたり、前節の山形と岐阜の試合をみました。

一時の不調は脱出したようで。

守備は前より不安定な感じはしましたが、日野は頑張ってる感じですね。
前節はセットプレーでのマークが外れまくりだったので、その辺が修正されているかどうかは気になるところです。
あとは、ラインの裏への対応が拙いのが目立ちました。それだけに木島さんがスタメンで出れないのは痛いですね。

攻撃の方は、カウンターもさることながら、二列目の飛び出しのケアが非常に重要になると思われます。
トップの選手が裏をとることも当然ありますが、彼らがポストなり引いてくるなりして、相手CBを引き出しておいて、出来たスペースに嶋田や高木が走り込む形。前節は凄く目立ちました。

また、サイド攻撃については、ボールを運ぶ者、ゴール前に飛び込んでくる者がはっきりしているように思いました。前目の選手の他、梅田にも気を付けたいですね。

明日は、DF菊地が出られないものの相川がスタメンに復活し、SBに吉村、CBに川島というスタメンが有力とか。片桐はスタメンから外れるとか。噂の佐藤くんは外れるかもとか。

どうなるか、うちのスタメンも含め、楽しみですね。

あー。それにしても、木島が出れないとしたら痛いなぁ。
彼自身の能力、プレースタイルもさることながら、4-4-2のダイヤモンドで臨まなきゃいけないのも痛い。
カウンター対策と二列目飛び込み対策に効果的と思われる4-2-3-1は対岐阜に最も適したものだと思うし。

さぁどうなるでしょう。
岐阜戦も含め、残り4試合。なんとか勝ちたい。

明日は快勝で。
2年待ったし。そろそろ勝ってもいいんじゃない!

あとは、審判さま。
特別素晴らしくなくていいんで、普通のジャッジでありますように。

湘南戦プレビュー


湘南。


あんまり良いイメージないよねー。
当然といえば、当然なんですが、1シーズンだけでこういう感じになっちゃうもんですかね。

山形と共にうちが連敗している相手。勝ち点を取れてない相手。
選手はどうか知らないが、サポとしては多分に苦手意識がありますね。


それでも、「いやいや。2敗しただけかもしれんやん。わからんやん。」と思って自分が書いたレポートを読み返してみたんですが…

余計へこむわ…orz


思い出しました。


第1クールは第4節。
愛媛に負けたけど、草津に勝ち、休みを挟んだ後のホームの試合。
前の試合勝ったことに加えて、ミッドウィーク開催を休み、万全の状態でホームの試合に臨むという、こちらに有利な条件ばかりをそろえて、迎えた第4節・湘南戦。

降りしきる雨が涙雨に…(泣)

うちが休んだのに、湘南の選手たちの方が元気いっぱいで。
この歯がゆさをどこにぶつけたらいいんだ!と苦々しい思いでテレビを見ていた第4節。


第2クールは第28節。
第27節では愛媛に1-0で勝ち、第1クールのリベンジだと意気込んで臨んだアウェイ平塚。
アジエルいないみたいだし、そこにつけこめればいけるかもと期待した第28節。

試合の入りこそ上々で、先制したものの、ばっさんが負傷退場し、前半のうちにバタバタしてしまい、前半中に追いつかれ、後半には3失点。菊池にはJ2最年少ゴールの記録を作られる始末。

表現が正しいかどうか分かりませんが、綺麗に返り討ちって感じでしたね。


迎える第3戦。
J1に昇格してしまうかもしれない湘南に3連敗はダメなんじゃないか。
もし上にいってしまったら、次いつ対戦できるか分からないし。
少なくとも勝ち点1。これは是が非でも奪ってもらいたいところ。


相手・湘南は天皇杯初戦で敗退しましたが、その時のメンバーを見るに、明らかに「対ロアッソ熊本戦」を見据えたメンバーになっておりました。だって、勝ちにいったのならMF坂本出すし。田村はベンチにもいなかったから分かんないけど、坂本はベンチに入ってたからね。彼らをスタメンで使えるのに使わなかったということは、つまり、第40節では坂本と田村が使えない、彼らが使えなかった広島戦は完敗して手ごたえがつかめなかった、天皇杯で色々やってみよう!ということで。負けるというのは想定外だったかもしれませんが、天皇杯の結果よりもリーグ戦をどう乗り切っていくかを重視した采配のように思えました。

ちなみに、J1昇格争い、残り2枠ですが、一番有利なのは山形でしょうね。湘南戦を残していますが、のこりは全て下位チームとの対戦。苦手・岐阜戦、上位対決・湘南戦を連勝で乗り切れば、2位抜けできそうです。仙台や鳥栖は広島戦を残しているほか、上位対決もいくつか残ってますし、C大阪に至っては、鳥栖・仙台・甲府・湘南と厳しい連戦を残してますんで。逆に言えば、C大阪までは3位浮上の可能性が残されていると言っていいでしょうね。

その中での14位・熊本戦ですから。
湘南にしてみたら落とせるわけない。
天皇杯で格下相手に負けてまで準備をしておいて。しかも、ホームで。

引き分けも負けと思え。

そのくらいの感じだと思いますよ。


でも、そういう相手だからこそね、ガツンと。これまでの2戦のお礼をせねば。
C大阪に引き分けておいて、鳥栖に勝っておいて、湘南に勝てませんでした…じゃあ通りませんよ。
上位陣に対しては、仙台や甲府も含め、勝ち点削らさせてもらってるんで(笑)
今節と山形戦、それに最終戦になる広島戦では意地を見せておかないと。

あとは、フェアに上位陣同士で昇格争いしたらいいじゃない!と思います。


広島戦・天皇杯と中盤の要の二人を欠いた湘南は明らかに何かを失っています。

ここで、うちとしてはキチンと守っていくことが大事になるかと。
簡単にやられるとひどい試合になる可能性もある。
だから、攻められても攻められても、ミスがあっても、キチンと守る。

点が取れなければ焦れてくるし、上手くいってない雰囲気が漂い始めるはず。
そうなれば、昇格争いという名のモチベーションが逆にプレッシャーとなって相手にのしかかるはず。
そういったところにつけこまないとね。


うちの方は、今節はどうやらややフォーメーションとメンバーを変えるようです。

1ボランチとして活躍していた喜名さんがケガ、代わりにでたダイシが出場停止(かつ機能しなかったのかな?)ということで、2ボランチという可能性が示唆されています。これは非常に良いのでは?1ボランチは現状では相当厳しいし、湘南相手という点でも非常に有効な作戦だと思いますね。

一方で、攻撃陣にはまた厳しい戦いを強いることを申し訳なく思います。なかなか気持ちよくやれる時間帯は増えなそうですが、それをして、なにやってんだ!なんて人はいないと思いますんで。我慢が第一。

あとは、吉井だったり、木島だったり、翔平だったり、といった疲れていたメンバーがどこまでやれるのかがキーになるでしょうか。やってくれると信じていますが。

あと、ソックンがんばれ!
ヤスもたぶん出番あると思うから、がんばれ!
ゴンさんもがんばれ!


うちらしく。力を出し切れればきっと勝てます。

なんだかそんな気がします。

この1週間けっこう気分が悪かったんで。
全てを吹っ飛ばしてくれるようなゲームを期待してます☆

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


栃木戦プレビュー

カテゴリーは便宜上「他チーム攻略ノート(J2編)」としました。あしからず。

大丈夫やろ。栃木。来季は来るやろ。



さて、明日は栃木グリーンスタジアムで栃木SCとの試合です。

SCですよ。SC。
何気に多いですよね。雑誌とかネットのニュースとかで間違ってるの。
ほんと失礼な話ですよ。

うちの名前も未だに間違われたりしますからね。
ほんと失礼な話ですよ。


こほん…


とにかく明日は天皇杯3回戦。

ロッソ熊本発足時からみてもあんまりいい成績は残せてませんが(2006年の3回戦進出が最高)、今年からJ2クラブとして、その3回戦からの出場を許されましたので、1つ勝てば記録更新というところまで来ています(笑)

いやいや。今回こういう記事を書こうと思ったのもですね、Jリーグ加盟クラブとしての意地っていうのは当然理解できるんですが、あまりに勝って当然的な風が吹いてる印象を受けるものですから。だって、栃木の先の話はまだすべきじゃない気がしますもん。いわゆるフラグってやつです。


いやだいやだ。負けたくない。

そうだ。ここで栃木SCをきちんと紹介して、そのフラグを全て打ち消してやれ!


そんな気持ちで筆をとる、もとい、キーボードに向かっています。


一応、先に書いておきたいと思いますが、試合を観てるわけじゃないし、直近の何試合かの動画を栃木さんとこのオフィシャルで見させてもらって、あとは、JFLの公式記録を見ただけなので、具に分かっているわけではありません。分からない部分は想像力を働かせてみました。もし、栃木サポさんで「違うじゃん!」って思われたら、ごめんなさいと先に謝っておきます。文字記録を一気に後追いしただけなんで、正確性なんてその程度です。あと、不適切な表現があっても、重ねてごめんなさいと言うほかないですので。



データで分かる(気がする)栃木SC

2位 栃木SC 勝ち点52 27戦16勝(H11A5)4分(H0A4)7敗(H2A5) 得点53失点33

ちなみに、今の首位はHondaFCで勝ち点57。
栃木SCは現在4連敗中ですし、連敗の前の2試合も2連続で引き分けてる。6試合勝ち無し。

これをどうみるか。

「なんだ。調子悪いじゃん。これはもらったようなものですな。」とみるか。
「それだけ足踏みしてもまだ2位にとどまれるくらいの成績を残してきたのか。」とみるか。

うちも通ってきてるから言わなくても分かっているかと思いますが、今の状態になる前まで、つまり6試合前まで、21戦16勝3敗2分ってことになりますよね?これがどれだけすごい数字か。ちなみに、前期は17戦13勝2敗2分。勝ち点が41。うち去年の前期の成績が12勝4敗1分。あの時はまだ首位佐川に肉薄してましたんで、ほぼトップのペースでいってました。それを上回るハイペース。勝ち点5も離されてる。

そして、栃木は五分の試合を勝ちきったり、負け試合を引き分けで乗り切ったりという試合が多かった。その勝負強さには感心してました。ホントにすごいと。

要は、そのくらいのポテンシャルを秘めてるチームということです。
去年のうちの記録を上回る記録を出せる選手たちが集まったチームということです。
うちは、チーム力は上がったと自負していますが、補強は最低限でしたよね?大きくメンバーは変わっていない。単純にメンバーだけの話でいえば、12勝4敗1分のあのチームと大きくは変わらないわけですよ。

さぁどうでしょう。
「Jクラブなんだから当然勝てます」なんて…絶対言えません。

ああ。そんなセリフ恐ろしくて、死んでも言えない(笑)


もちろんこの数字だけでもって「勝てない」なんて悲観してるわけじゃありませんよ。
チームとして伸びていることは間違いないですから☆

ま。謙虚な姿勢を思い出してもらうために軽く脅してみました(笑)


んー。でもさ、来年の話をしたら、鬼が笑うんでしょ?

鬼「来年のことなんて何も分からないのに(もしかしたら死んでるかもしれないのに)、先のことを気にするなんて、人間ってなんて馬鹿な生き物なんだ。ゲハハハハ」

っていう意味ですよね?たしか。
同じことじゃありません?
目の前の敵を軽んじて、その先を考えるのだって同じだと思いますがね。

磐田の「い」の字だって出すのはおこがましい。
歴史的にみても、うちは3回戦ボーイだしさ。
フワッと言えば3回戦にシードされてくるチームに勝ったことないんですよ。うち。

相手がどこであろうと、うちはチャレンジャー。

J'sGOALのプレビューで鳥栖の岸野監督がおっしゃってるとおり、「どんな試合でも負けていい試合はないし、勝てる保証もない。ただ、鳥栖が“鳥栖らしさ”を出せば結果は必ずついてくる」ってことです。『鳥栖』のところを『熊本』に置き換えてみる。それがあるべき気持ちの姿だと思いますね。

驕らず、しかし、自信を持って。



では、気を取り直して。

もっと栃木SCを知りたい人は先へどうぞ。
どうやら長くなりそうなので、折り返しをつけてみることにします。



...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


徳島戦プレビュー

いやー。甲府vs仙台の試合はいい試合だった。
白熱したといいますか、死力を尽くしたといいますか。
ともかくすごい試合だった。

これで甲府はちょっと厳しいね。J1昇格。
それでも、2位以下が団子なので、最終日まで気が抜けませんな。

広島が何気に手加減抜きなのがいいね(笑)
是非ともうちの最終戦も全力でお願いします。


さて、明日はホームで徳島ヴォルティス戦。

前節は愛媛FCに5-0の大勝。
今年は四国ダービー2連敗してたからね。その分取り返したって感じの試合でした。

それまでは、外国人選手を入れての編成でしたが、前節は日本人のみのスタメン。
それでも、選手のスキルはなかなか高いし、すごく良いサッカーしてたと思う。

前節の試合を観たところ、前の2人(菅原と石田)+中央の2人(米田と倉貫)がとにかくよくディフェンスしている印象。ボールへの寄せがものすごくはやい。もちろん最終ラインやサイドもそうなのだけど、中央4人の運動量たるや計り知れないものがありましたね。そして、サイドの麦田と玉乃の速いこと速いこと。CBの2人もヘッド強いし、良いメンバー組めてるなぁという印象を受けました。

そして、全体の攻守の切り替えが早かった。
まぁ得点が思うように取れたことで勢いに乗れたという要因が大きいというところではありますが、勢いに乗せると本当に怖いチームだなと思いましたね。

キープレーヤーは倉貫ですね。
前節もほとんどボールを奪われなかったばかりか、左右に顔を出し、フォローしてみたり、良いパス出してみたり。その背景には米田が良い守備してくれてるというのもあるんでしょうけど。彼を自由にさせると、良いようにやられかねませんね。翔平・ダイシ・吉井には常に厳しくいってもらいたいですね。


そんでもって、一番恐れていることは、前回対戦、鴨池での試合で、麦田をチャ様がかなりコテンパンにしたじゃないですか?今回の対戦ではポジションの違いから、それが逆になりうる気がするんですよね。双方共に守備よりも攻撃が得意な選手なので。

なので、是非ともサイドを押し込む展開を。
あとは、相手の切り替えを遅くさせるようなプレー、ディレイもそうだし、攻めきることもそうなんですけど、そういうことを1プレー1プレーきちんとやっていくことが勝利への鍵になると思われます。



前回対戦のレポートでわたくしこういうことを書きました。

「徳島はドゥンビアが抜けたことで、開幕前から準備していたフットボールとは大きな方向転換を余儀なくされており、少しずつフィットしてきているとはいえ、まだまだ合ってこない。

となると、今は背骨を作ることが大事で、相手に合わせたシステムや戦術を実行する暇などない。とにかく基本を大事に。少ない決まりごとを繰り返し行わせる。

そういう風に見えました。
熊本に勝つための対策をしてきたというよりは、とにかく自分たちのサッカーを確立しようと。

おそらくこれから終盤にかけて、どこかで徳島の歯車はかみ合い始めることでしょう。
そのときがはじめて第1クールのリベンジを果たす試合になるのではないかと。

今節はあたるタイミングが良かったという部分も少なからずあるかと思います。」


歯車がかみ合い始めたのはちょっと前ですけど、結果が出ることでチームとしての自信もついたでしょうし、ようやく第1クールの敗戦のリベンジを果たす試合がやってきたなと思ってます。

だから、前節、徳島が勝ったことは本当に嬉しい。
勝ち逃げなんて許しませんよ。

明日の試合は、そういう試合なのだと思います。

熊本で。きちんとリベンジしておきましょう☆

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


草津戦プレビュー


明日は、難敵・草津戦。

今年は強いよねー。草津。
去年までの草津はデータでしか分からないから、今年何が変わって、こうなったのかは全く分からない。

まぁ予想は出来るよ。

ベースがしっかりしてきたとか。
新加入の選手たちが活躍しているとか。


でも、そういうことだけだろうか。

前の記事でも書いたけど、今年初めて連勝したらしいさ。草津。
なんだか、その辺の「自信」みたいなもんが一番大きい気がする。

1つ1つ記録を更新してきて、いいサッカーをやれてるっていう実感がある。
そういうものが草津イレブンの心の支えとなっているのではないか。


さて、この視点でうちを見てみよう。

新入生であるがゆえの記録更新ラッシュ。
そういう楽しみはうちの方がたくさんあるはず。

翔平がブログでいいこと言った。

「ロアッソの歴史をぬりかえる」

そのとおり。

そうやって更新できることを、
その中に自分の名前が、プレーが刻まれていくことを、

是非楽しんで欲しい。



明日の草津戦。

対戦成績は1勝1敗の五分。

草津はホーム初戦の相手だった。
そこで勝てたというのは大きかったよね。
何より逆転勝利だったからさ。

2回目の対戦はアウェーで。
初めて4-5-1を試した試合。
結果は2-0で負けたけど、内容的にはどっちにころんでもおかしくなかったと思う。
ただ、玉際でのギリギリの勝負で負けてたから、結果妥当だと言わざるを得なかった。


そして、明日。3度目の対戦。

相手はミッドウィークの試合がなかったから、1週間ぶりの試合。そして、ホーム。
体調面でのコンディションには差があるのは仕方ないと思う。

ただ、メンタル面ではこっちも負けてないよ。

鳥栖の超アウェーでの勝ち。
圧倒的ホームで横浜Cに劇的勝利で連勝達成。

次は、九州外での初勝利+3連勝がかかってますね。
加えて、同カード初勝ち越しもかかってます。

関東のロアッソサポにも見せてあげないとね。
ロアッソ熊本は普通にJ2でやっていけてますよ☆ってとこ。


キーはやっぱり中盤になるんだけど、左サイドはどうなるんだろうね。

個人的には、今回はチャ様より矢野の方がいいかもと思う。
熊林がためて、チェソンヨンが上がってくる形は破壊力あるし。
島田がワイドに開いたとき、左SBが中に絞る場面も多くでてくるのではないかな?

あとは、松下とガチで対面するのは初めてじゃないっけ?
初戦はコンディション不良で途中出場、第2戦は出場停止でいなかったよね?たしか。
J2の中では屈指のミドルシューターなので、ロングやクロスを跳ね返した後、その後の集中力を切らさないようにしたい。

他は、ここ2戦で出来ていたことができれば、きっとやれると思う。
特に、カウンター対策として、きっちり攻めきることだけ注意せねばね。


さぁ。どうなる?

明日がすっごい楽しみだ。

明日のこの時間も同じように楽しい気分だといいなぁ。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


横浜FC戦プレビュー


あーやってもたー。浸りすぎたー。

できれば、もう少し浸りたいって感じですが。

そうこうしてる間に、明日は横浜C戦ですか。


今さらっと横浜Cサポさんのブログを観てみたんですけど…

やはりあまり苦手な印象はもたれてない様子。
当然ですよね。第1クールはひどい負け方でしたもんね…orz

でも、うちだって特に苦手な印象はないんじゃないかと。
第2クールはすごい良い試合だったし。勝てなかったけど。


今節は相手のエース・アンデルソンが出場停止ということで。
これをラッキーと見るか。アンラッキーと見るか。

ぶっちゃけ、個人的にはアンデルソンの方が楽だった気もするな。
第1クールのことがあるからやられてる感はありますが、PKとバランス崩れてる状態での失点だし。第2クールの試合でのことを考えれば、十分対応できることを証明できていると思うんですけどね。

逆に、池元と難波の方が嫌ですね。
早めのアーリークロスから前に向かう意識の強いFWたちですから、手を焼きそうな気はします。
入らなくても、やや遠めでも、打ち切ることの出来る二人ですからね。こちらがマークをルーズにしてみたり、ちょっとサボってみたりすると一気にやられる可能性はありますから。注意です。

加えて、このコンビの方が前目からアタックしてきそうなこと。
前回対戦では横浜Cがわりと持たせてくれたので、うちとしては楽に試合することができました。
この戦術は第1クールで見事にカウンターを喰らって大敗したという経験からきたものですが、そのままずばりでしたからね。
選手が変わって同じような展開なら心配はしないんですけど、そこら辺をまず見たいですね。


うちはチャ様が出場停止ということですが、守備力を考えれば、矢野の方が上だと思うし、鳥栖戦をみても前のポジションの選手との連携が今ひとつだったので、それほど大きな問題はないかなと思いますね。そこはそんなに心配してないです。


ま。とにかく鳥栖戦で見せたパフォーマンスが維持できてれば、簡単に負ける気はしない。
今回も、正直、そんなに心配はしてないですね。


そろそろゆたかさんのゴールが見たいなぁ。
寿人がどんどん離れていってるからさー。ここらで追撃の狼煙を。一発といわず、何発でも(笑)

あとは、やっぱゴンさんですかね。前節久しぶりにゴール決めたんで、続けて欲しいなという気持ちはあります。

もちろんFW陣に限らず、中盤も撃てる時は撃つ。これ大事。
けっこうシュート技術持ってると思うけどなー。ダイシとか翔平とか特に。



お客さんも多いみたいだし、変に気負わないでほしいですね。

前節、池谷監督が言ったことだよ。

「楽しめっ!」

それに尽きる。




あと、鳥栖戦のレビューは書きます。
もしかしたら横浜C戦のものより後になる可能性もありますが。
とにかく書きます。あんな良い試合の感想を書かないままで終われない。

でも、その次もあるから、あんまりためないようにしないとやばいですよねー(苦笑)

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


鳥栖戦プレビュー

結局、明日行くことになりました。

人が多く集まるandアウェイ席がいつもの半分になるという点で、現時点では非常におっくうな気分ですが、とにかく勝つといいですけどねー。それが全て。

頑張って応援しましょ!



さて、明日の相手・鳥栖ですが、ここ4試合勝ちなし。現在は3連続引き分け中。
第3クール開始時には3位にいましたが、35節終了時点で6位。

3位との勝ち点は3ですが、チームのスタイルと現在の得失点を考慮すれば、昇格争いしてるライバル相手に勝ち点で1でも上回らなければいけない状況。引き分けでは良しとできない。是が非でも勝たなければいけないという厳しい状況ですね。

チームの状態は決して悪くないと思います。
苦手なチーム、最近好調な中位チームに負けなかったということは評価できるのではないでしょうか。
一方で、勝ちきれなかったということはもちろん、ここ数試合完封試合がないことが気になります。


キープレーヤーはジュビロからレンタル移籍してきた船谷くんですかね。
ゴールに近い位置でのいらないファールは即命取りです。

あとは、GK室、DF飯尾を中心とするディフェンス陣とどっからでも決めてくるFW藤田には注意しないといけませんね。藤田の相方にもよりますが、どっちかというとレオナルドの方が嫌ですね。

ともかく、それぞれに注意が必要なわけですが、結局、DFとFWのつなぎ目をどれだけ効果的に寸断できるか。そこがキーになりそうです。高橋・船谷などミドル打てる選手もたくさんいるんで、その点でも、「高目からの連動したプレス」がうちの生命線になりそうですからね。


うちとの2回の対戦は、1-1と0-1で鳥栖の1勝1分。
第1戦はベアスタで、前半が鳥栖、後半がうちという流れでスコアに見合う互角の試合。
第2戦はKKで、うちが全体的に押し気味に試合を進めるも、効果的なカウンターと分厚い守備に敗れる結果に。

仙台とは違い、鳥栖はそれなりにベストメンバーをそろえての結果なので、相性は悪くないかと。
今日の感じだと、明日の天気は晴れっぽいし、いいコンディションでのぞめるんじゃないかと。

とはいえ、鳥栖からすると、下位のうちには絶対に、ダービーという名前がついてるからという以上に、どうしても負けられない試合になります。

だからこそ、スポンサーの力をかりて、2万人の動員作戦をかけ…

9.20

この日を迎えることになりました。


すごい状況だよね。


なんでうちとの試合のときにそういう気合入れるかなぁ…orz

…と思う反面、

絶対負けられない戦いの相手に選んでもらえて光栄です☆

…っていう気持ちもある。


ま。もちろん「悪いけど、期待通りのかませ犬にはならんですよ。」っていう結論ですが(笑)

明日は2点。2点勝負でしょ。
2点とることよりも2失点しないことが今のうちには大事かなと思います。
フォーメーションもメンバーも若干変更するという情報がありますので、そこら辺も楽しみですね。

うち下位だけど3連敗までしかしてないし、ここらで止めると思う。そんな気がする。
仙台や甲府が相手のときほど悪い気分じゃないな。あくまで気分の話ですが。しかも、個人の。

でも、その気分が当たればなと思います。ついでに、totoも当たればなと思います。
台風で試合が流れなければいいねー。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


仙台戦プレビュー


今日は今シーズン最後のナイター。
ホームに仙台を迎えての試合になりますね。

某スタメン予想サイトの情報が正しければ、仙台はGK林、DFが左から田村、岡山、木谷、菅井、ボランチに斉藤と千葉、左に梁、右に関口、FWがナジソンと平瀬とのこと。

うちとの試合では3回目の対戦にしてようやくベストメンバーが揃ったという感じですよね。

第1戦は九州2連戦ってことでスタメン4人入れ替えてきたし、第2戦では木谷と菅井が不在。
もう少し詳しく言うならば、第1戦ではややなめられた感はありますが、うちが先手先手をとりながら勝ちきれず2-2のドロー、第2戦はうちの選手たちが「ユアスタすごい」と口々に言うようなどアウェーの中、お互いに決めきれず0-0でドロー。

これらの2戦とは大きく状況が異なると言っていいと思います。

DFがベストメンバー、ボランチに補強した斉藤が入り、得点力不足を解消すべく加わったナジソンが前節ゴールを決めて…という万全の熊本入り。

2戦2分と一見相性は良さそうですが、その流れとは全く違う厳しい流れになりそうです。


Jsゴールのプレビューではサイドの攻防がキーになるとのことでしたが、もちろんサイドも重要ですが、個人的には中央での覇権争いがキーになる気がしています。

フォーメーション上、うちが数的優位を作り出せるのは中盤ですから、まずはそこできちんとパスを回せるか。当然相手のプレスも厳しいと思いますんで、とりあえずはそこから。

あとは、仙台がロングボールを多用するチームではなく、短いパスを繋ぎながら攻撃してくるので、守備から攻撃、攻撃から守備への切り替えをこれまで以上に早くすることが求められます。

展開的には第3クールのC大阪戦と同じような流れになるでしょうか。
最初の相手のシュートの何本か。これをきちっと止める、または外させると少しずつ流れが傾きそうな気はします。


確かに厳しい試合ではありますが、決して勝てない試合ではない。
焦ることなかれ。速攻が無理っぽいならば遅攻も良し。カウンター・速攻に行くべきところ、そうでないところをきちんと判断し、勢いのある時間帯できっちりゴールを奪うこと。

レベルの高い相手に当たり前のことをすることが非常に難しいのは重々承知ですが、それでも。
ここ2戦で貯まった鬱憤を晴らしてくれるような試合を期待しています☆

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


直前。横浜C戦。

やばい。プレビュー書くつもりが書かなかった。

正直ポカした。


前節の印象をサラッと書くと、最近の横浜Cのスタイルは省エネ重視に見える。
ベテランの選手が多いことが大きく関係していると思われる。
良い意味ではテクニックがあるから1対1でもきっちり回せる、悪い意味では体力がない。

そして、以前よりもアンデルソンがシステマチックな動きをするようになった。
池元との相性も良いようだ。

前のでも書いたとおり、スタイル的には前節対戦した徳島のよう。
徳島よりは前から今のスタイルに取り組んでるから、システム浸透度は上かな。
ソウザがアンデルソン、アンドレジーニョが池元という感じでいいと思う。
あとは、中盤の構成力は横浜Cの方が上か。ただし、プレスという点では徳島の方が走ってる印象があるかも。

これらのことから総合するに、おそらく横浜Cは前半・後半それぞれで山場を作ってくると思う。
それが試合開始直後か、中盤か、終盤かは分からない。
けど、どこでスパートされようと、その時間帯は絶対に耐えること。
それが一番大事だと思う。それができれば、前節と同じような流れになると思う。

暑いホームを自軍に有利に活用できるようなゲーム運びをして欲しいね。
巧くしのげば、絶対に足が止まる時間帯が出てくるよ。

あとは、カウンターに要注意。
アンデルソンと池元は2人で崩しにかかるから。是非ともうえみーにはリベンジしていただきたい。



世間は五輪祭りですが、うちらは当然ロアッソ熊本応援でしょ。
ま。わたくし会場にはいけませんが…

連勝を…
そして、totoのキャリーオーバーを(笑)

是非ともよろしくお願いします☆




あっと。今観たんですけど、JsGOALのウイイレカウントダウン。
今日はロアッソ君みたいですね。
たまたま見たらロアッソ君だったから何か良い気分。
これは何かしら良いことあるんじゃないかと楽しみにしております。


ではでは試合後、歓喜の中で会えることを願いつつ…

真価が問われるC大阪戦


珍しく意味ありげな題名に(笑)


まぁそのままですね。
ここ何試合かすごくいい試合をしてて、特に守備陣が踏ん張ってる中で、攻撃陣が点を取れない。
しかも、チャンスがないわけじゃないのに。
そろそろこの無得点のトンネルを出なければいけないね。

そして、相手は不調で怪我人も多いですが、超上位のC大阪。

ここで内容を継続させ、結果を出すことが、いわゆる『真価』。
ここ何戦かの感触は本物なのか。

C大阪相手にいいゲームができれば、これから急激に上向く可能性があるよ。


前節のC大阪の草津戦をみました。
結果、負けはしましたが、特に悪い感じではありませんでしたよ。

草津は前半かなりの時間押し込まれながらも、C大阪の高いDFラインの裏を一発で狙うというプランを徹底して、島田のPKで先制。田中のヘッドで追加点。終盤に1点返されますが、逃げ切りました。
ファウルは多く、CKも数多く与えましたが、C大阪が色んな技を披露してことごとく失敗。
策士策におぼれる的な感じでしたね。

解説の長谷川さんがおっしゃってましたが、もっとシンプルにやればいいんじゃない?っていう風に見えました。全体的に技術が高い選手が揃っている分、綺麗に崩したがる、パスをつなげたがる、手数をかけたがる、そんな風に見えました。

そんな中すごくシンプルに、愚直に自分たちのプランを遂行し続けた草津が勝ったこと。
これは大きな意味があるように思えました。


明日はどうやら古橋・ジェルマーノがケガで離脱。
CBの江添・前田なんかも怪我していることを考えれば、本当に厳しい台所事情。
なんにせよ、相手がベストメンバーじゃないってことはラッキーっちゃラッキーですね。


ただ、うちは決して楽観視はできない。
前回の対戦でいなかった柳沢・尾亦の超攻撃的SBがそろい踏み。
前回対戦前のプレビューで彼らの不在をして、飛車角抜き、と表現しましたが、今でもそのように思ってます。C大阪にとって本当に大事なのは彼らを含む『両翼(両SB、両SH)』が健在なこと。中央の選手が多少欠けても控えの選手が十分にカバーしてくれる可能性はありますが、両翼はなかなかね。


今節はサイドの攻防が非常に見ものです。
イチのサイドは大丈夫でしょうか。あの香川とのマッチアップが予想されますが。
もちろんストロングポイントは裏を返せばウィークポイントでもありますから。
先手必勝。押し込んでやりましょうぞ。

あと、これまで欠けなかったばっさんがいないことで、DFラインが急造になることも心配ですね。
ばっさんの代わりの選手が積極に前からアタックを仕掛けてくれることを願います。

攻撃陣は「迷わず撃てよ。撃てば分かるさ」ってとこでしょうか。
そろそろゆたかさんのシュートもあっさり入っちゃうだろうし、ゴンさんだって、ハーフの選手たちのミドルシュートだって労せずして入りそうだけどな。


明日は…
久しぶりにBIGあるし、
totoがキャリーオーバー中だし、
J1も再開するからファンサカも決めなきゃいけないし、
大忙しでありますが、何はともあれ…

ロアッソ熊本が久しぶりに勝ってくれること。

それが一番大事です☆

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


大雨の中での九州ダービー(仮)

だと思われますね。

雨だと技術の差、体力の差が如実に出てくるので、あんまり好ましくはないのですが。
一方で、何が起きるか分からないというのもまた真ですけどね。


さて、うちは先週・前節をお休みしての今節。
KKにサガン鳥栖を迎えての九州ダービーとなります。

前回対戦では、ベアスタにて、金信泳にばっさんが交わされて巧いシュートを決められるも、ゆたかのゴールへの嗅覚ヘッドで追いつくという展開。前半は鳥栖の一方的展開でしたが、後半は熊本が押し返し、鳥栖サポさんたちには「熊本なかなかやるな」という記憶を植えつける事に成功したのではないかと勝手に思っています(笑)


今節は両チームにとってのターニングポイントとなるであろう大事な試合。

うちは、7戦勝ちなしですが、前々節の岐阜戦でようやく無失点試合を達成。
勝ち星こそ逃しましたが、これで妙なプレッシャーからは解放されることでしょう。
あとは、九州ダービー男・高橋泰と火の国のゴン・中山悟志がゴールを決めて勝つところをみたいですね。
前節はお休みでしたので、コンディション的には良いと思いますが、せっかく無失点試合をしたのに1週空いてしまったというところも無くはないので、岐阜戦の勢いをうまくつなげられるかが課題になってくるでしょうか。

一方の鳥栖も第2クールは調子が悪かった…というか、なかなか勝てなかったのですが、前節・湘南戦で久しぶりの勝利。得点こそPKだけでしたが、最近崩壊気味のディフェンスが気迫を見せて、強力な湘南オフェンス陣をシャットアウト。スコアは動かなくても良い試合はあるんだよという手本のような試合でしたね。昇格争いに加わっていくには、連勝して出遅れを取り戻したいところ。今週は水曜日の試合が無かったし、アウェイといっても熊本なので、コンディションはそれほど問題なしでしょう。

現状を打破し、上昇したいという気持ちの強い方はどちらか。

そういう試合になりそうです。


...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


今日はリベンジ

熊本は大雨。
大雨・洪水警報が出るくらいの大雨。

さすが梅雨。


でも、岐阜は晴れらしい。Yahoo!曰く。
普段はアウェイで大変だね!って思うけど、こういう時はアウェイで試合があることに心から感謝したいですね。雨はいやだ。やっぱり晴れがいい。いいコンディションでサッカーしたいよね。

ま。遊びでやるときは雨の日が俄然面白いですけど(笑)


J1は一時お休みのようですが、J2は休まず開催されます。
次のBIGって第20節と第21節の組み合わせでしょ?
うちは第20節お休みだけども、J2ばかりのtotoというのもなかなか嬉しいものです。

広島の試合が2試合とも対象になるなんて…ボーナス?(笑)
今日甲府に負ければボーナス確定かなと思ってますけど。

軽口はさておき…


ここんところ結果は残せていないものの内容は少しずつ良くなってきてるので、ここら辺でバシッと結果出したいね。もう引き分けもいらないよ。勝とう!


前節の岐阜-愛媛戦もさらっと観ました。
たしかに前ほどの勢いはなくなっているものの、バランスがいいのは変わらずですね。
ただ、個人個人の調子はそれほど良いようには見えませんでした。

前回の対戦では受身になって負けた。
前半風下で耐えて、後半仕掛ける作戦が裏目に出て、前半で退場者を出し、負けた。

今まで無失点はないけれども、無失点もいいけども、選手たちには失点を恐れずに前に出てほしいです。先制しても引かずに追加点を狙いにいく姿勢。何点とられても攻撃する姿勢。今のロッソにはそれが一番大事かと。

個々の能力に関しては特別劣ってるとは思わないし、普通にやれるだろう。



そういえば、こないだの福岡戦のプレビューで、「そろそろただよの弾丸ミドルやゴンさんの強烈ヘッドが見たいなぁ(笑)」って書いてたら、ゴンさんがヘッド決めて、ただよもミドル狙ったね。偶然だと思うけど、嬉しかったんで、今日も実現してほしいなという願いを込めて書いておきます。


今日は、ゴンさんとゆたかがそれぞれゴールを決めて、なおかつ山口がスーパーミドルを叩き込む姿をみたいなぁ(笑)それでこそリベンジっしょ☆

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


福岡の変なフォーメーションを検討しよう!

いよいよ今週末に迫ってまいりました。

九州ダービー第2ラウンド。

水前寺にアビスパ福岡を迎えての試合です。
前回の対戦は敵地レベスタで4-2。見事勝利を収めました。
逆転勝利、ゆたかのハットトリック、J参入後初の大量4得点と見所満載の試合でしたね。

無論、うちにとっては…ですが。

逆だったら、たまったもんじゃないですよ。
福岡サポさんの心中お察しします。

そして、そのたまったもんじゃないような状況を次の日曜に垣間見るかもしれないのです。
眠れんですよ。もう。大変ですよ。


一時は低迷していた福岡ですが、第2クールに入ってから本当にいい調子。
第2クールの初戦で仙台に快勝できたのが大きな転機となったようです。

そして、大きく変わったのがフォーメーション。

大久保を1トップ、ワイドに田中と中島を置き、中央に久永、ボランチに久藤とタレイ。
そして、DFは4CB、長野・山形・ルダンの3バックの奥に布部が潜むというフォーメーション。
GKは仙台戦PK止めた神山ですね。

オーソドックスに3バックの場合もあるようですが、せっかくなのでこの変なDFラインを想定しておきましょう。珍しいしね(笑)

前回の対戦では池谷監督が試合後に語ったように、福岡のDFはボール処理にやや手間取る場面が見られると。難があると。そういうことからロングボールでもって攻撃していこうというプランでした。

…ということは、布部が余ることの1つの目的として、DFがミスしたときのカバーがあげられるのではないかと。布部がいることで前回対戦で高橋が裏に抜けたような形をケアできるかもしれません。布部自体カバーの巧い選手ですしね。

また、布部が出たときの戦略として、岐阜が用いた戦法ですが、とことん布部のところへボールを入れるという方法がありました。カバーが得意な布部がファーストディフェンスに回ることでそれぞれが得意な役割をさせてもらえない形を作るという戦法。この戦法もまた、3バックが万全の状態で跳ね返すことで、通用しないことになります。

そして、3バックの弱点としてサイド攻撃への対応のしにくさがありますが、前節の鳥栖戦をみた感じですが、きちんと1枚がアウトをケアして、通常の3バックにプラスしてサイドがいる形へと移行させていました。

結果、ロングボールを中心にサイドを攻めた鳥栖はえぐる前にことごとくボールを奪われ、もしくは奪われないまでも時間をかけさせられ、ボランチに戻る時間を与えてしまい、完璧なブロックラインをつくられて攻めあぐね、完敗してしまいました。

また、CB4枚だすということはスムーズな攻撃は出来まい!と思ったんですが、攻めるときは通常の3バック布部が一番後ろで3枚のうち1枚がやや上がり目になるので、その分ボランチが攻撃参加しやすく、元々が能力の高い選手たちですから、いいバランスを保ちながら攻めておりました。


なかなか手ごわいですよ。たぶん。



一応攻略のポイントを挙げるとするならば…


...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


明日はアウェイ草津戦

今週末はややイレギュラー。
草津は何か事情でもあるのかな?珍しいよね。金曜開催。

でも、水曜日あったわけじゃないし、特にコンディション的には問題なしかな。
天気もどうやら土曜の方がひどい雨みたいだしさー。ラッキーなんじゃない?

…とりあえず、totoBIG買われる方はご注意を。
14試合目はうちの試合なので。明日の午前中が締め切りですよー。
その他は土曜日の午前中までだけどね。


前節山形に悔しい負け方をして、月曜日のサテライト・広島戦(八代開催)は6-5と野球の試合のようなスコアで競り勝ち、今節はアウェイで好調・草津との試合であります。

前回の対戦では2-1で勝ち。ロアッソ熊本J初勝利をあげた試合。
ゆたかのありえないゴールで逆転勝ちした試合ですね。
うちにとっても、草津にとっても、きっと忘れられない試合といいましょうか。
やっぱり『リベンジ』という気持ちの分だけ草津の方が気合入ってそうだなぁ…

言うまでもありませんが、あの時とは全然違います。
メンバーも。状態も。

草津は試合をするごとにチームとしての完成度を高めているという感じで。
まずGKに本田が戻ってきて守備が安定し始め、島田のスーパーゴールで粘りながら勝ち点を拾い、FWでは後藤が計算できるようになってから、チームとして機能しはじめてきた気がします。

苦しい時期を乗り越えながら、現在、勝ち点17で10位。
失点も得点も後半になってからが多く、うちとしては後半のきつい時間帯をどうやってしのいでいくかが当面の課題になるでしょう。

また、前回の対戦のときにやられた島田のプレースキックには注意が必要でしょう。
彼のコンディションもまたシーズン当初よりもずいぶん上がってきており、シュートを打つにせよ、パスを出すにせよ、バイタルエリアで彼をフリーにすることはどうしても避けねばなりません。

さらに、最近の対戦では両サイドの選手たちが積極的に攻撃に参加してくることが多く、中央でタメを作れる島田・熊林をどう抑えるかが鍵になるかと思われます。

とりあえず松下が出場停止なのはうちにとってラッキーなことではありますね。


とにかく守備面では島田を経由するパスを減らすことで、リズムは崩せますんで、そこから突破口をみいだしたいなと。



で、今日の熊日に明日の予想スタメンが載っていたんですが…


...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


明日はアウェイ山形戦

ゆたかブログ曰く「まさにアウェー」だって。

今日は天気が悪いから飛ぶはずだった飛行機が飛ばず。
一旦羽田、それから山形だったみたい。

ま。一昨年のソニー仙台との対戦で、仙台では宿が取れずに、前日は山形に泊まるという状況よりはまだマシかなとは思いますけどね。


第2クール初戦。

明日はモンテディオ山形との試合です。

前回の対戦ではリチェーリに2ゴール決められて、1-2で敗戦。
けっきょくカウンターっぽい感じでやられたんで、そこには注意したいところです。

前節の財前と木村が復活。
特に右SBの木村の復活は大きいですね。
SBがケガをするとどうしてもチーム全体のリズムが悪くなるし。

うちがやられた徳島相手に2-0完封勝利。
徳島の状態がそれほどよくないとはいえ、ドゥンビアをきっちりおさえるということが出来たという点でうちのチームよりは守備力が上と考えてもいいのではないかと思うので。


さて、今節うちのメンバーはどうなるんでしょうか?

前節は出場停止の翔平の代わりに喜名さん、うえみー・コバが休養で、ただよ、吉田くんがスタメンでした。普通に考えれば、全戻しなんですが。ローカル紙・熊日が吉田くん以外が戻るという予想
、Yahoo!では福王以外がスタメン復帰。

今日の練習は非公開だったみたいなので、その辺を惑わすのも作戦でしょうか。

前回対戦では山形のロングボールにやられました。
うちはゴンさんが決めてりゃなぁというところですか。
決して手も足も出ないという試合でもなかったし。

今節は山形が自分たちの形を貫こうとするならば、前回対戦とは全く違った展開になると思います。SBが揃ってますからね。中盤でのタメが必要になってくると予想。そしたら、そのタメのキーとなる選手に仕事をさせないことが重要なってくるので、中盤に走れる選手を置きたいところ。

また相手SBが上がってきたときのマーク、クロスが逆サイドに流れたときのマークがやや心もとなかったので、きっちり確認したいですね。流動的な相手には流動的に対応すべし。それができないなら誰かがとにかくアタックすべし。ゾーンを守ることも大事ですが、他の人のフォローをすることもまた大事ですから。その辺はケースバイケースで。

攻めの方は、高橋・高橋言われるのも癪なので、そろそろゴンさんにもマルチを期待したいですね。
2トップがどっちも活躍してこそ、マークが分散し、どちらも仕事がしやすい試合になると思うので。
まだまだ本領発揮できてないですもんね。
とはいえ、数字ほど悪いコンビではないと思います。ゴンさんも仕事できてる部分はあるし。

あとは、チャの代わりのニシがどれだけやれるか。
正直、前回対戦のときは後半疲れて佐藤走らせた結果、決勝点奪われたという結末。
結局あれがひとつのターニングポイントだった気がします。

ここはいろんな意味でのリベンジ。

チャのスタメンを脅かすようなプレーを見せられるか。
それとも、次節はだれを起用するか監督の頭を悩ませてしまうのか。

熊日でも「最後のチャンスと思ってプレーする」という強いコメントが掲載されました。
個人的には、すごく好きな選手なので、本当に頑張って欲しいですね。
本人も言っていたとおり、精度の高いキックと豊富な運動量が持ち味。
スタミナはチャと互角だと思うんで、仕掛けるのが得意なチャvsプレースキックのニシという構図。
どちらもすごく魅力的だと思うし、これからもロアッソ熊本に不可欠な戦力だと思うんで。
是非とも、是非とも活躍していただきたい。



さて、冒頭にも書きましたとおり、うちの選手たちのコンディションは悪いと考えても良いでしょう。
ただし、それはそれ。これはこれ。
悪いなりにどうやって闘うか。我慢すべきところは我慢する。決めるところは決める。
それをやれればきっと勝ち点を奪えると思いますんで。

明日は雨降らないといいねー。
せめてピッチコンディションだけでもうちの味方になってくれるとありがたいなぁ。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


今日は仙台戦。

今日はJ2のみミッドウィーク開催。

我らがロアッソ熊本はホームKK-WINGに強豪ベガルタ仙台を迎えての対戦となります。
これから九州は暑くなってくるんで、特に熊本の湿度は地獄なので、今日みたいにナイターは増えてくるでしょうし、選手にとっても、サポにとってもありがたいですよね。ただし、昼間は日差しが強いので油断しがちですが、夜はまだまだ寒い日もあります。ちょっと半そでじゃ心もとないよね。観戦される方はお気をつけて。


さて、岐阜・徳島と無得点で連敗しての今節。
シーズン当初は微妙でしたが、ここんところ好調のベガルタ仙台との対戦です。

鳥栖・広島・甲府とJ2屈指の強豪を完封し、前節は山形とのみちのくダービーで前半2点ビハインドから後半3得点で逆転勝利をおさめ、4連勝中。おそらく現在J2で最も強いと言っても過言ではないかと。

GKは林、DFは岡山・木谷を中心に高くて強い選手がそろい、MFには走れるベテラン永井・千葉をボランチに置き、縦に走れる関口とテクニックに長けた北朝鮮代表の梁、精度の高いキックを持つ佐藤、FWはバランスのいい中島、元日本代表の平瀬、そしてスーパーサブの中原とタレント揃い。

個人的には、身体能力の高い外国人選手を用いずに、11人が連動して『チーム』であると感じられるあたり、今季のJクラブの中では5本の指に入る好チームだと思いますね。

シーズン序盤は2点目がとれず苦戦し、それを脱出したかと思ったら4連続引き分けと、まだ今シーズン始まって2ヶ月ほどですが、すごい苦しみを味わってるチーム。だからこそ、今の好調・一体感のあるチームへと変貌を遂げたのかもしれません。

また、前節の試合終了後、岡山が泣いているのが印象的でした。

岡山は、昨季途中、柏から仙台へ移籍し、仙台でもその活躍が期待されましたが、昨年は4位に終わりました。試合後のパフォーマンスは言わずもがなですが、今季はCBの一角を任され、腰痛を抱えながら、それでも、気持ちで闘う姿がとても印象的ですね。うちのうえみーと期待されているモノは同じだと思います。

まだ第1クールも終わってないのに。泣けるその気持ち。気迫。
そういう強い気持ちがチームを1つにしているのかもしれません。

1分1秒。常に本気。

見習いたいですね。一人の人間として。


…というわけで、ホントに強いですよ。仙台は。


正直、厳しいです。うちのチーム状況を考えると。
でも、学ぶべきところも多い試合になると思います。
是非、全力で闘って、思い残すことない、悔いることない試合にして欲しいです。

スタイル的にはガチンコ勝負でしょうね。

相手CBは高い選手が多いので、安易なクロスは避けたいし、CKも含めて、速くて低いボールで勝負したい。また、コンパクトなパスサッカーをしてくるので、カウンターも仕掛けることになるでしょうが、是非ともロングパス一辺倒にならないでほしいなと。徳島戦で見せたサイドのスペースへのサイドチェンジや積極的なミドルシュートなんかも期待してます。前線でのチェックも早いので、バックも気の抜けたようなゆるいパス回しはしないこと。

怪我人も続々と戻ってきているようなので、ベンチも含め、メンバーが楽しみですね。
アリさんや吉井、ヤス、キジマールはみたいなぁ。もちろんニシや関もみたいです。かなり。
そういえば、今節は翔平が出場停止になりますか。
彼のいない中盤。やりやすさ・やりにくさを感じて欲しいなと思いますね。


苦しい時間帯が長くなると思うけど、どれだけ耐えれるか。
そして、チャンスを活かせるか。

単純で当たり前だけど、それに尽きますね。


連勝はいつか止まる。連敗もいつか止まる。

そろそろ仙台の連勝を止めてあげてもいいんじゃないでしょうか☆


ちなみに、仙台はスタメンが4人入れ替わる模様
DF木谷→一柳、MF関口→佐藤、永井→富田、FW平瀬→中原ということでしょうか。
言葉通り、休ませるということなのか、それとも、完全に舐められてるのか。
ま。控えもいい選手が揃ってますからね。仙台は。全くもって油断は出来ません。

…が、つけいる隙はあるということでしょう。

慣れない前半15分が勝負ですね。
ぽんぽーんと2点くらい取れれば言うことないんですけど…
逆に、上手くいかなくても、耐えしのげばきっと光は見えてくると思うんで。

今節こそ、ゆたかのゆりかごダンスに期待してます☆


苦しかった第1クールも今日で終わり。
次からはもっと苦しい二周り目。

とにかく選手は気持ちの見える試合を。全力で。
そして、スタッフは全力で闘える選手をピッチに送り出してほしいですね。

有終の美を飾れますように。

徳島といえば…

なると

大塚

ドゥンビア

…でしょうか?(笑)


何年か前、徳島には行きました。
ちょうどお休みの日だったので、なるとの渦潮を真上から見られる橋は渡れませんでしたけど…orz
徳島ラーメンも食べました。「甘い」っていうことに大きなショックを受けました。
あの大塚製薬の大きな画看板…ポカリとかエネルゲンとかオロナミンCとか…が感動的な大きさでした。

ま。そんなことはどうでもいいですね(笑)

ポカスタ(?)には行ったことないので、また行きたいですね。徳島。
今度は渦潮を真上から見たいです。

…ってか、ポカスタって略されてるのみたことないんですけど、いいんですかねぇ?ポカスタで。
なんか「正直ポカした(by佐々木健介)」を思い出してしまって、面白いんですけど。語感が。

ま。やっぱりどうでもいいですね(笑)


さて、日曜はアウェイ・ポカスタで徳島ヴォルティスとの試合です。


...read more

今日はホーム岐阜戦

本日は4時から岐阜戦です。

岐阜との因縁は今さら語ることもない・・・っていうか、他のサポさん達も書いてらっしゃるので。
自分も前節の試合速報の最後にちょろっと書いたんで重ねて書くこともないかなと。


というわけで、さっそく。



JFLでの岐阜はシンプルなカウンターのチーム。

DFラインにMFも含めた8人でとにかく守り、奪ったら片桐とジョルジーニョにロングパスして、すばやく攻めるという形。すでにJ経験者を多数抱えたチームでしたので、能力的にも突出しており、そういう選手たちが守るゴールマウスはなかなかこじ開けることができず。34試合で31失点。JFL初年度、そして、監督交代劇を含めてのこの成績は立派です。今のJFLで2年闘ったうちだからこそ分かること。一方で得点は45とやや物足りない数字でありました(うちは65得点)。



ところが、現在の岐阜の成績。12試合21得点21失点。
成績だけで判断するならば180度の方向転換。

思うに、それほど中身が変わったわけではないのではないかと。
中盤でのプレスをかけないというわけではないけれど、基本的には引いて、ブロックラインは低めで当たるというスタンスは以前とそれほど変わっているとは思えませんでした。

しかし、攻撃は変わった。

前に対戦したときは、裏一辺倒のイメージで、鋭いフィードからFWの2人が例外なく仕掛けてくる。セットプレーは高さのあるDFが絡んできて、きっちりと得点する。そういうイメージ。

それが、前方へ入る縦パスの早さは維持しつつ、そこで片桐がきっちりキープすることで、MFやSBの上がりを待てるようになり、重厚な攻撃を仕掛けられるようになりました。また、MFに昨シーズンまでトリニータに所属していた梅田が加入。持ち前の運動量と攻撃力で岐阜に新たなポイントを作り出しています。そして、彼らが作ったスペースを存分に生かしているのが、これまた新加入の片山。特に、速いとか強いとか高いとかではないんだけど、ゴールへの嗅覚というか、点を取るために必要な場所を知っている選手。

岐阜は中盤で奪った後の攻撃がすごく速い。
菅や梅田が奪ったボール、ミスで得たボールのファーストパスの正確性は目を見張るものがあります。ああいう速さは今のロッソに欠けているものだと思うんで。すごくうらやましいなと。


・・・というわけで、失点が増えたのは決して守備がおろそかになっているというわけではなく、以前よりも攻撃にリスクを犯して取り組んでいることの代償だと思います。そして、その改善された攻撃力を見れば、とりあえずは成功しているのだと。

現に前節の鳥栖戦は守備がすごく安定しており、PKによる失点のみ。
決して悪い状態であるとは思いませんでした。

守備でのキープレーヤーはやはり小峯。
彼はベテランですが、奪うタイミング、ファウルをもらうタイミングが非常に巧い。
運動量も多く、フィードやカバーも巧いので、やっかいな選手であります。
どっちかっていうと川島の方が勝負しやすいかも。
吉村がケガしていること、前節深津がPKを与えたこと、川島の状態が微妙なことなどから、DFラインがどうなるかは分かりませんが、上がってくる奈須のサイドで勝負するか、やや不安定な深津のサイドで仕掛けるか。一番良いのは小峯との駆け引きで勝ち、中央を制圧するのが一番ですけどね。

他にもルーキーの菅や小島が活躍していたり、奈須のロングスローが驚異的だったり、怪我人は出てるものの、大友や藪田など能力の高い選手がそれを補ってあまりある力を発揮していることなど、チームとしてうまいことやっているなという印象を持っています。



同級生対決。

たとえJ1へ闘いの場所を移したとしても、きっと言われる、言われ続けることでしょう。

もしかしたら少しずつ因縁は薄れていくかもしれない。
直接対決でこれだけ盛り上がれるのも今だけかもしれない。

だけど、節目節目では決して負けたくないっていう想いはきっと変わらない。
J2優勝、J1昇格、J1優勝。

うちが、さ・き

言い換えれば、良い目標というか、目安というか。

同じ境遇で、同じ期間で、彼らができたことが
うちにできないはずがない!

クラブ全体を愛しているからこそ、負けたくない。
そういう闘いを永遠にしていかなければならないチームなのだと思います。

今年、2チーム同時に昇格した宿命。

そして、せっかくなら良い試合を、良い歴史を共に築いていけたらいいなと思ってます。


でも、今日はぜったいまけたくないっ!

今日はアビスパ戦

いやぁ。全く時間なし(苦笑)

連戦ってほんと大変…


本日はレベスタでアビスパ福岡戦です。

GW最終日ということで、ギリギリまで遊ぼうな人たちやUターンな人たちで混雑するでしょうから、現地に行かれる方は気をつけて☆


さて、今節の対戦相手・アビスパ福岡ですが、良くないですねぇ。

去年標榜していたポゼッションサッカーを捨てて、守備を重視したカウンターサッカーに移行するのだと思っていましたが、その頼らなければいけない守備が崩壊。

個人的には最終ラインがイマイチ固定できないことが原因かなと思ってます。
SBは毎試合のように変わるし、リティが呼んできたルダンは今のところ全く役に立ってませんしね。

それに、昨シーズンの終わりにチーム所属の選手の多くを入れ替えてしまったことも原因かな。
ここぞというときにチームが頼る背骨がないというか。メンタル面で課題が出ているような気がします。


ただし、選手の能力は高いし、戦力的にはJ2の上位レベルだと思っておりますので。


新参者、九州ダービー、連敗阻止、ホーム…


今日の試合は、これから始まる長い長い『因縁』の序章になるかもしれませんね。


一応、前節のアビスパ福岡の試合は観ました。

結果、0-4で負けていますが、ポスト直撃のシュートが2本、ハーフナーの決定的なシュートが1本と決してチャンスが作れていない試合だったというわけではありませんで。

大久保は前線でキープするの巧いし、田中は仕掛けるのがめっちゃ速いし、北斗はよく走ってるし、久永はいいところに顔を出してくる。今節はグリフィス・タレイも戻ってくるので、面倒です。

個人的に目を引いたのは、控えの鈴木惇。
いいねぇ。すごく面白い選手。C大阪の香川を思い浮かべてもらえれば、イメージは湧くかなぁ。
なんだか、見ててやってくれそうな気を起こさせる選手です。
逆に、対戦相手としては要注意ですね。


守備のほうはヘッド、対人に強い選手たちがそろっています。
ハイボールにはめっぽう強く、それはセットプレーでも活きてくるでしょう。

ただし、これまでの試合を観る限り、GKとDFラインとの連携がしっかり取れてるとは言いがたく、クロスからの失点、セットプレーからの失点が目立ちます。どうやらゾーンではなくマンマークでディフェンスしていることも、この失点の要因になっているとのこと。ゆたかとゴンさんには、華麗なコンビネーションで、ゴールを奪ってもらいたいところですね。DFとGKの間を狙った早めのクロス、低くて速いクロスなんかはすごく重要になってくると思いますし、CKを狙って攻めることも大事かもしれません。


とりあえず、サイドの攻防を制し、きっちり攻めきることを徹底して欲しいですね。


今節は、前節大敗したチーム同士の対戦なので、『まずは守備』というスロースタートな展開が予想されます。ただ、そのままずるずると後半までもつれ込むと、自力に勝る福岡有利になってくるので、できることなら失点を恐れず、前半からぶっ飛ばしてプレスをかけてもらいたいですね。

失うものは何もない。強気の展開を期待しています。

そして、今日のアビスパ戦はNHKでも放送があるみたいですね。
今年、テレビ放送があるときは勝つかいい試合になることが多いので、今日もきっと白熱した好ゲームになることでしょう。

すごく楽しみです☆

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


明日はアウェイで横浜C戦

今日の昼間、車に乗ってたら、ちょうど1時。


「ロアッソ熊本の中山悟志です。」


…という声が聞こえてまいりました。

どうやら昔HOT100の1つのコーナーだったまさやんのFFF(フライデー・フットボール・フリーク)はロアッソの誕生により、この時間帯に移動した…といいますか、こういう形になってるんですなぁ。

それによると、どうやらまさやんは甲府戦の日、鹿児島に行ってたらしく…
鹿児島の仕事っつったら、知ってますよー。

パチプレTVでしょ?(笑)


あー。どんどんずれておりますんで、この辺で。


例のごとく、連ちゃんです。
次まで続くのかぁ。こういうアップの仕方。けっこう大変だ。


さて、今節の横浜Cの話に強引に戻していきたいと思います。


...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


明日はホーム甲府戦

とりあえず連ちゃんで。


明日は甲府戦。

C大阪→広島→甲府→横浜C→福岡→岐阜…

J1経験組との5連戦の後、宿敵岐阜との試合。
しかも、甲府・福岡の試合がミッドウィークだもんで、本当に厳しい日程だなぁと。


そんな中、負けはしましたがそれなりに粘れている我らがロアッソ熊本は明日甲府との試合です。



...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


今日はホーム広島戦

本当なら昨日アップするはずだったんですけど、時間無かった。
ってか、今日もあまり時間が無いので取り急ぎ!
ほんでもって、toto予想はお休みします。



このタイミングで広島と試合ですかぁ。
なかなか厳しいな。日程くん。

理想としては、前節勝ち点を取って、広島は負けなし…っていう状態でやりたかった。


広島が優秀なのはいわずもがな。
J2では突出した戦力を持ち、安定した戦いで突き進む。
前節ついに土がついたものの、もともと甲府は苦手な相手らしく。
特に、何かが悪くて…というわけでもないようでした。


ただ、どうして甲府が苦手なのか…は広島攻略のうえでキーになるポイントかなと思いまして、広島-甲府戦をみました。

すごい簡略化して書くと、広島のポイントは

・攻守の要はストヤノフ
・好調高萩には注意
・左サイドがストロングポイント
・ミドルシュートはどこからでも飛んでくる

そして、一番大事なのは、カウンターを抑えること。

広島は細かいパスをつなぐイメージが強いです。

が、実のところ、今までの得点シーンの多くは、セットプレーと相手の攻撃を受けた後のカウンター。細かいパスでの崩しはもちろんできるんで注意はしなければなりませんが、真に注意しなければならないのは、ストヤノフから繰り出されるロングフィードに寿人や高萩が反応しキープ開始、その間に運動量豊富な中盤が押し上げてきて…ゴール!という形。

甲府戦を見てて、なるほどなぁと思ったことは、甲府の中盤の構成力はどこのJ2クラブも勝てないので、パスで組み立ててシュートまできちんといきます。シュートが出来なくても、ゴールキックやスローインにして、カウンターをさせませんでした。やりきる!という意識がすごく強く出た試合だったなぁと。また、カウンターのフィードは1トップの寿人の下へ、特に得意の足元へ入るとやっかいなので、DFが2人がかりでヘッドで跳ね返し、MFはセカンドボールを拾うことに専念する…という守備を採用してました。そして、甲府は3トップなので、広島の3バックに正確なフィードを蹴らせる余裕を与えませんでした。

それでも、広島は得意の形で先制点を奪いましたけどね。そこは広島の強さなんだろうと思います。
でも、試合トータルでは甲府が有利なままゲームが進みました。
そこのところに広島攻略の鍵が隠されているような気がします。

となると、今更ではありますが、対広島という点で、山内先発とかはおもしろいなと思いました。
まぁ今は結果よりも内容重視なのでシステムをいじってくることは無いと思いますけどね。
ゆたか&ゴンさんのストヤノフを追い回す展開とうえみー&ばっさんの脅威の武者返しに期待です(笑)


天気が悪くなってますし、今日はハードな闘いになりそうですね。
前節のように闘う気持ちが前面に出るような試合が出来れば、結果はついてくるのかなと思います。



あ。あと、ユニスポがつきましたね。
今年のレプリカはまだ買ってなかったんで、フル装備のやつを買おうと思います。

でも、何気に、第一信金は「しんきん」という表記でよいのだろうか…と思ってしまいました。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


明日は勝ちますよー☆

さぁすでにtotoがだめになって晴れ晴れした気持ちで4月第3週の日曜日に臨みます(笑)

だってさー、J2の試合観てたけどさー、ロスタイムまで2勝だったのがほぼ同時に2敗になるんだもん。
びびったよ。そして笑ったよ。笑うしか無かったよ…orz
まぁそういうくじも買ってはいたんだけどね。もしも用だったので他の予想も適当でした。残念ながら。
杉本も、富澤も、新潟戦のレフェリーも空気読めないしさー。こまったもんですよ。ほんと。

まぁこのままだと永遠に愚痴りそうなのでとっと切り替えて…というか、ロッソの勝利で切り替えさせてもらいましょう☆


いちお、復習の意味もこめて、昨日、明日の対戦相手C大阪の前節の試合を観ました。
広島にぼこられた試合ですね。残念ながら。参考にもならない感じで。
でも、そういう試合の中から是非ともいいところを見つけようではないか!という心構えで観ました。



...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


水戸メモのおさらい

前節は水戸の試合がなくって、サカくまさん同様どうしようかなぁと思ったんですが。

おれわりと観てるよ。水戸ちゃんの試合。
vs福岡、vs広島、vs横浜C。

だって、面白いもん☆

とりあえず過去記事で福岡vs水戸の試合を書いたことがあるんで、そちらの方を参照ください。

福岡の試合が2節だったんで、それから少し情報を付け加えるとすれば…

①CBの人材不足でビジュが使われたりもする。
②2節では守備にやや不安ありだと思ったけど、そこそこ修正されている。
③やはり荒田・菊岡・堀・赤星の新入生カルテットには気をつけるべき。
④リードを守りきれない展開が続いているため、自信をなくしている(らしい byスカパーの人が聞いた木山監督談)。

どうも左サイドバックの小澤がスタメンではないかもしれないという情報が入ってきているが(鈴木和じゃないか情報)、水戸の両サイドバックは比較的高い位置をとってくるので、その裏にFWの一方が流れ、2列目からゴール前に飛び込んでいく形が現時点での水戸攻略法かなぁと思います。

また、両サイドハーフは小柄で運動量とスピードに優れた選手がそろっており、中央のビジュ・赤星はパス出しに優れ、FWの西野はポストプレーヤー、荒田はストライカータイプとして能力をいかんなく発揮しています。すごくバランスのいいチーム。

守備面ではサイド攻撃もさることながら、inに切れ込んでのミドルや2列目からのボランチの飛び出しもケアしなきゃいけないし、クロスボールは仮に大きいな!と思っても、意外なところから荒田が飛び込んできたりするし、と思いきや、正攻法で西野がごっついヘッド決めたりするし。少しも油断のならないチームです。


それでも、最近ロングボール多用するチームとの対戦がつづいていたので、久しぶりにガチンコでやれる相手だなぁと楽しみにしております。

一番の敵は雨かなぁ。
ま。そこら辺は是非とも今シーズンの雨クラブっぷりをいかんなく発揮して、うちに有利にゲームを進めて欲しいものです。


面白い試合になるといいなぁ。


最後になりましたが、前節の山形の試合メモを記事にした後、サカくまさんから紹介されて、変なこと書いてないかビビりました(笑)いやいや。ご紹介いただきましてありがとうございました。

これからも自分なりに試合観て感想を書いていきたいと思いますので、長くて読みにくいかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

ちなみに、今前節の草津vs湘南の下書きを作成中ですが、どうやら明日にならんと無理っぽいです(苦笑)

前節の試合は徳島vs福岡が衝撃的だったんで、そっちも書きたいなぁと思ってたんですが、どうしましょう。タイミング的に遅いんで。もしも機会がありましたら、是非とも前節の徳島の試合は観ていただきたい。カウンターが異次元の速さ。たぶんJ1にもあんなに速いカウンター仕掛けるチームはない。そのくらいの衝撃VTRなので。うちとの試合のときは玉乃とドゥンビアいなければいいけどなぁ。今から憂鬱です。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


モンテディオ山形 vs ヴァンフォーレ甲府

録画してちゃんと観ました。メモしながら真剣に観ました。

次節の相手山形の研究です。
これからも次節の相手の試合を直前に観て、思ったことを書こうかなと思っています。

…が、偶然に、期せずして…なんですが、今年の甲府の試合観戦率が非常に高いです。
春季キャンプのTMも観てるしなぁ。そろそろ甲府サポと名乗ってもいい頃かなぁなんて思ったり。
これで熊本の試合と関係なく小瀬にサッカーの試合観に行けば完璧ですね(笑)


ま。それはさておき、前節の山形vs甲府の試合は、「ホーム未勝利」vs「リーグ未勝利」の対決だったとのこと。どちらも内容がすごく悪いわけではないのだけれど、結果がついてこない…そんな試合を続けておるようです。

そして、山形の場合は守備、甲府の場合は攻撃にそれぞれ課題があるということでそこらへんに注目しようと思って、試合(観戦)に臨みました。


では、それぞれメモに沿って…

...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


甲府・福岡メモ

甲府

少しずつ良くなってきている。
ジョジマールがいることは周りにとっても大きい。
あと、前節は久野と吉田が良かった。
吉田は巧いし、よく走る。さすが静学。さすがU-19代表。
久野は早い。勝負するのが面白い。久野が出てきてからが面白くなりそう。
DFは微妙。下がりすぎる傾向アリ。1対1には強そうなので前目で勝負したい。それには、ボランチの協力が必要だけど。
追いつくまでは良かったが、追いついてから、シュートの意識が下がったように見えた。もう一歩か。
相手GK吉田のファインセーブもあったのでやむをえない部分もあるが、藤田はミドルも狙っていくべき。
それでも、近いうちに勝つだろう。強い甲府が戻ってきそうな予感。


福岡

やっぱりちょっと荒いか。
タレイがきれたら何するか分からん感じでちょっと怖い。ルダンもごつすぎて怖い。
黒部と大久保のコンビネーションはけっこういいと思う。
ただ、北斗がいないとサイドの攻撃はやや中途半端か。
前節のような攻守の切り替えが早くなるゲームの場合、もっとうまく田中佑とかを使えたらよかったのかなぁ。
グリフィスがいるかいないかで攻撃の迫力は違うようだ。もちろん大久保が悪いわけじゃないけど。
負けはしないけど、勝てるかどうかは別物か。攻撃陣がそれほどいい状態のようには見えない。2点取れればなんとかなりそうだけど。2失点はあまりなさそうなチーム。



うちの試合は日曜日ということで。
明日はライバルチームの試合でものほほんと観ようかと思います。

とりあえずゆたかさん無事っぽいですね。
ま。あまり無理なさらぬよう。
ゆたかさん以外の選手がゴールを決めるのも今は凄く重要なことですし。
監督が願っているよう、是非とも先制点が、初先制点が取れたらいいですね。

湘南の試合も含めて、チャンスはけっこう作れてますから。
あせらず、バシッと点とってやりましょう☆

そういえば、日曜は雨っぽいですね。
疲れる試合になりそうですが、是非とも鳥栖に走り勝ちましょう!
ほんで、選手交代もフルでやって、がっつり走りまくりましょうぞ!

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


岐阜、徳島、広島、水戸メモなどなど

先日のサテライトの試合、やっぱり…というかなんというか行けなかったわけですが、トリニータのサテライトに対して2-0、内容も◎とけっこう良かったみたいですね。良かったです。

あと、ゆたかが鼻骨骨折したようで。全治4週間と発表されましたね。
どうやらフェイスガードをつけて出るのではないかということですが。
ま。個人的には、ゆたかが出れなかったとしても、山内がいるんで、特に心配はしていません。
何とかなるでしょう☆次節あたる鳥栖との練習試合では、山内かなり良かったですからね。


先週末行われた、岐阜と徳島、広島と水戸の試合をさらっと観ました。

岐阜は福岡と同じようなイメージですね。
ロングボールを多用してくるイメージ。あと、サイドが強いイメージを受けました。
連勝したので、置いてかれるかも…と不安になりましたが、まぁ大丈夫なような気もしました。
片山はいいFWだと思いますね。DFはやはり高さには自信があるよう。
あと、ボランチのポジショニングが良かったです。
岐阜の強みは去年のサッカーを継続できていることでしょうか。
ただ、カウンターサッカーは対応されるのも早いので、今後の工夫は必要になってくるかなと思いました。

徳島に関しては、連携がまだまだですね。
メンバーは何気に良いので、今のちぐはぐなうちに当たりたいかなぁ。できれば、1勝したあとくらいに。
思ったよりもショートパスが多かったです。もっとロングボール入れてくるのかと思った。
今年の傾向としては、今まで下位に甘んじていたチームが総じて、パスサッカーを取り入れているように見えました。カウンターサッカーとは違い、充実にはかなりの時間を要しますんで、内容と結果が現れてくるのはまだまだ先かもしれませんが、きちんとつなげるサッカーは強いんで、まわりのプレッシャーに負けず継続していって欲しいものです。

広島について。
ついに、引き分けてしまいましたが、内容的に悪くないし、よく引き分けたかなと。
「勝ち点2を失ったというよりは勝ち点1を得た」という試合。
前半で高荻が退場、後半はストヤノフ退場という劣勢の試合の中、よく頑張っていたなと思います。
totoの予想、引き分けにして当たったんですが、まさかこのような形の引き分けになるとは思いませんで。
とりあえずは前線が好調というわけではなく、でも勝っているこの状況だと、やっぱ広島は固いのかなぁ。

水戸。
相変わらずいい感じ。堀・荒田はすごく目立ちますね。
今期通していい状態で頑張って欲しいし、このまま水戸を盛り上げていって欲しいなと思いますね。
水戸の場合はやはり攻撃よりも守備に課題があるかなと。まだまだ不安定です。
とりあえず、2点は取れるんで、守備陣が1失点に抑えることが今後の目標になることでしょう。



それにしても、先日のtotoではノーマルの2等も出ませんでした。
J1チームはナビスコなんである程度の波乱は想定していましたが、川崎が逆転負けするのと、浦和の未だ勝ち星なしは本当に予想外です。この2チームがどこで勝ち始めるかを予想するのが今後の1等への焦点になりそう。今週末は固く行こうかなと思う今日この頃です。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。