ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs ザスパ草津 in 正田スタ

またも…またしても…

0-2

あんまり好きなスコアじゃないなぁ。
2点差はいや。あと無得点もいや。


なんだか前日に書いた不安が見事に的中してしまって、試合中は苦笑いするしかありませんで。

言い換えれば、たぶん監督も分かっていたこと…といいますか、承知の上の4-1-4-1だったのではないかと思いますが。試合が終わって、1トップじゃ人が足りないとか、ブロックラインの話をされても。なんというか。その不安を抱えながらも、そこは選手個人の判断でカバーしていこうよ!というところにゆだねられていたわけで。

このフォーメーションにしたこと自体は悪くないと思います。
やってみるだけの価値はあったと。
その中で選手1人1人がどうすればフォーメーションのバランスを保てるかを考えないと。


あと、実況も解説も間違いが多すぎます。
ロアッソ草津って…草津2点ビハインドって…
熊本を徳島といってみたり、4-4-2になったのは吉井が入った直後だったのに、それを見逃して、挙句の果てに山内とポジションチェンジしてる吉井をFWとか言う始末。

J2<民放キー局<J1・欧州リーグですね。レベルは。泣けてくる。ほんと。

ま。仕方ないのかもしれませんけどね。ローカル局が制作してますし。
もちろん我らがロアッソ担当のRKKには是非とも頑張って欲しいものです。
そのくらいは勝ちにいきましょう。

ちなみに、好きな解説者の1位は金田さんですが、最近スカパーの遠藤さんが猛追してます。
この2人の解説はとてもしっかりしてるんで、是非ともみなさま観てみてください。
もちろん当たり外れはあるかもしれませんし、好みもありますんで。
自分にあった解説者を見つけるのは楽しいですよ。


...read more
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


明日はアウェイ草津戦

今週末はややイレギュラー。
草津は何か事情でもあるのかな?珍しいよね。金曜開催。

でも、水曜日あったわけじゃないし、特にコンディション的には問題なしかな。
天気もどうやら土曜の方がひどい雨みたいだしさー。ラッキーなんじゃない?

…とりあえず、totoBIG買われる方はご注意を。
14試合目はうちの試合なので。明日の午前中が締め切りですよー。
その他は土曜日の午前中までだけどね。


前節山形に悔しい負け方をして、月曜日のサテライト・広島戦(八代開催)は6-5と野球の試合のようなスコアで競り勝ち、今節はアウェイで好調・草津との試合であります。

前回の対戦では2-1で勝ち。ロアッソ熊本J初勝利をあげた試合。
ゆたかのありえないゴールで逆転勝ちした試合ですね。
うちにとっても、草津にとっても、きっと忘れられない試合といいましょうか。
やっぱり『リベンジ』という気持ちの分だけ草津の方が気合入ってそうだなぁ…

言うまでもありませんが、あの時とは全然違います。
メンバーも。状態も。

草津は試合をするごとにチームとしての完成度を高めているという感じで。
まずGKに本田が戻ってきて守備が安定し始め、島田のスーパーゴールで粘りながら勝ち点を拾い、FWでは後藤が計算できるようになってから、チームとして機能しはじめてきた気がします。

苦しい時期を乗り越えながら、現在、勝ち点17で10位。
失点も得点も後半になってからが多く、うちとしては後半のきつい時間帯をどうやってしのいでいくかが当面の課題になるでしょう。

また、前回の対戦のときにやられた島田のプレースキックには注意が必要でしょう。
彼のコンディションもまたシーズン当初よりもずいぶん上がってきており、シュートを打つにせよ、パスを出すにせよ、バイタルエリアで彼をフリーにすることはどうしても避けねばなりません。

さらに、最近の対戦では両サイドの選手たちが積極的に攻撃に参加してくることが多く、中央でタメを作れる島田・熊林をどう抑えるかが鍵になるかと思われます。

とりあえず松下が出場停止なのはうちにとってラッキーなことではありますね。


とにかく守備面では島田を経由するパスを減らすことで、リズムは崩せますんで、そこから突破口をみいだしたいなと。



で、今日の熊日に明日の予想スタメンが載っていたんですが…


...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs モンテディオ山形 in NDスタ


今までとは違う悔しさ。

勝ちそうだった前半。
ムードが一変した後半。

流れの悪さと結果から昨年の鳥取戦を思い出してしまいました。


点差ほど実力差はないと思うし、内容もすべて悪かったわけじゃない。

…それでも、1-3で敗戦したという事実は変えられない。


第2クール初戦。
前節の仙台戦で粘れたんだからもう少しいい試合を観たかったんだけれども。

前半リードしてて後半逆転されるというのは、本当に悔しいので。
同じ逆転でも前半追いつかれてて…とは何か違うからねぇ。
すごいへこみます。


それでも、ゆたか2桁得点達成おめでとう。
このまま得点王めざしていこう!
あと、ケガには本当に気をつけて。無理をしないように。


では、試合内容を少し振り返っておきたいと思います。


...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


明日はアウェイ山形戦

ゆたかブログ曰く「まさにアウェー」だって。

今日は天気が悪いから飛ぶはずだった飛行機が飛ばず。
一旦羽田、それから山形だったみたい。

ま。一昨年のソニー仙台との対戦で、仙台では宿が取れずに、前日は山形に泊まるという状況よりはまだマシかなとは思いますけどね。


第2クール初戦。

明日はモンテディオ山形との試合です。

前回の対戦ではリチェーリに2ゴール決められて、1-2で敗戦。
けっきょくカウンターっぽい感じでやられたんで、そこには注意したいところです。

前節の財前と木村が復活。
特に右SBの木村の復活は大きいですね。
SBがケガをするとどうしてもチーム全体のリズムが悪くなるし。

うちがやられた徳島相手に2-0完封勝利。
徳島の状態がそれほどよくないとはいえ、ドゥンビアをきっちりおさえるということが出来たという点でうちのチームよりは守備力が上と考えてもいいのではないかと思うので。


さて、今節うちのメンバーはどうなるんでしょうか?

前節は出場停止の翔平の代わりに喜名さん、うえみー・コバが休養で、ただよ、吉田くんがスタメンでした。普通に考えれば、全戻しなんですが。ローカル紙・熊日が吉田くん以外が戻るという予想
、Yahoo!では福王以外がスタメン復帰。

今日の練習は非公開だったみたいなので、その辺を惑わすのも作戦でしょうか。

前回対戦では山形のロングボールにやられました。
うちはゴンさんが決めてりゃなぁというところですか。
決して手も足も出ないという試合でもなかったし。

今節は山形が自分たちの形を貫こうとするならば、前回対戦とは全く違った展開になると思います。SBが揃ってますからね。中盤でのタメが必要になってくると予想。そしたら、そのタメのキーとなる選手に仕事をさせないことが重要なってくるので、中盤に走れる選手を置きたいところ。

また相手SBが上がってきたときのマーク、クロスが逆サイドに流れたときのマークがやや心もとなかったので、きっちり確認したいですね。流動的な相手には流動的に対応すべし。それができないなら誰かがとにかくアタックすべし。ゾーンを守ることも大事ですが、他の人のフォローをすることもまた大事ですから。その辺はケースバイケースで。

攻めの方は、高橋・高橋言われるのも癪なので、そろそろゴンさんにもマルチを期待したいですね。
2トップがどっちも活躍してこそ、マークが分散し、どちらも仕事がしやすい試合になると思うので。
まだまだ本領発揮できてないですもんね。
とはいえ、数字ほど悪いコンビではないと思います。ゴンさんも仕事できてる部分はあるし。

あとは、チャの代わりのニシがどれだけやれるか。
正直、前回対戦のときは後半疲れて佐藤走らせた結果、決勝点奪われたという結末。
結局あれがひとつのターニングポイントだった気がします。

ここはいろんな意味でのリベンジ。

チャのスタメンを脅かすようなプレーを見せられるか。
それとも、次節はだれを起用するか監督の頭を悩ませてしまうのか。

熊日でも「最後のチャンスと思ってプレーする」という強いコメントが掲載されました。
個人的には、すごく好きな選手なので、本当に頑張って欲しいですね。
本人も言っていたとおり、精度の高いキックと豊富な運動量が持ち味。
スタミナはチャと互角だと思うんで、仕掛けるのが得意なチャvsプレースキックのニシという構図。
どちらもすごく魅力的だと思うし、これからもロアッソ熊本に不可欠な戦力だと思うんで。
是非とも、是非とも活躍していただきたい。



さて、冒頭にも書きましたとおり、うちの選手たちのコンディションは悪いと考えても良いでしょう。
ただし、それはそれ。これはこれ。
悪いなりにどうやって闘うか。我慢すべきところは我慢する。決めるところは決める。
それをやれればきっと勝ち点を奪えると思いますんで。

明日は雨降らないといいねー。
せめてピッチコンディションだけでもうちの味方になってくれるとありがたいなぁ。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


週末

なーんでウイイレJ版をPS3で出さないかねぇ・・・

おれのPS2壊れとるのに。

困ったなぁ。

あー。困ったなぁ。


今週末はJ1ナビスコカップ、A代表はキリンカップ、U-23代表はトゥーロン、J2はリーグ第16節。
いわゆるサッカー三昧ってやつですね。

個人的には、もちろん、ロアッソ熊本の山形戦しか興味ないんですけれども。
第337回のtotoはけっこうおいしい結果になるのではないかという気はしてます。

だって、ただでさえナビスコカップは、リーグ戦と流れが違うから、勝敗のイメージに差が出てくるのに、今回は代表戦と重なってて多くのスタメン選手たちが試合にでれませんからね。
そういう事情が意外に加味されてない倍率になってるんで。

あと、前回のtotoGOAL3が当たりました。2等。1200円。
J2の試合ばかりだったからちょっと買ってみたんですけど。
草津さんと広島さんには終盤に点獲ってもらって感謝してます。
山形3点にしてたー。ので、2等。欲を出しすぎたか(笑)

ま。とにかく今シーズン初当たりということで。額は少額だけど。
これからびしびし当てていきたいなと思います(笑)

といいながら、今節の予想もお休み。

とりあえず数字だけ書いておくと・・・

1112011220212

でいこうと思います。

vs ベガルタ仙台 in KK-WING

一言で言うと、

『びっくり』

そういう試合になりました。


仙台相手に、結果引き分け、もう一歩のところまで追い詰めるとはねぇ…
こういう試合してたら、岐阜にも…徳島にも…なんて思ってしまいます。
ほんと上位陣相手にはすごく良い試合するね。うち。

決めるところ決めた点はすごく良かったけど、とられる時間帯が悪かったからね。
前半ロスタイムと追加点直後。
流れだけで言うなら負けてもおかしくなかったんだけども。

ようがんばった。

それに尽きる。


では、いつものように。



...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


今日は仙台戦。

今日はJ2のみミッドウィーク開催。

我らがロアッソ熊本はホームKK-WINGに強豪ベガルタ仙台を迎えての対戦となります。
これから九州は暑くなってくるんで、特に熊本の湿度は地獄なので、今日みたいにナイターは増えてくるでしょうし、選手にとっても、サポにとってもありがたいですよね。ただし、昼間は日差しが強いので油断しがちですが、夜はまだまだ寒い日もあります。ちょっと半そでじゃ心もとないよね。観戦される方はお気をつけて。


さて、岐阜・徳島と無得点で連敗しての今節。
シーズン当初は微妙でしたが、ここんところ好調のベガルタ仙台との対戦です。

鳥栖・広島・甲府とJ2屈指の強豪を完封し、前節は山形とのみちのくダービーで前半2点ビハインドから後半3得点で逆転勝利をおさめ、4連勝中。おそらく現在J2で最も強いと言っても過言ではないかと。

GKは林、DFは岡山・木谷を中心に高くて強い選手がそろい、MFには走れるベテラン永井・千葉をボランチに置き、縦に走れる関口とテクニックに長けた北朝鮮代表の梁、精度の高いキックを持つ佐藤、FWはバランスのいい中島、元日本代表の平瀬、そしてスーパーサブの中原とタレント揃い。

個人的には、身体能力の高い外国人選手を用いずに、11人が連動して『チーム』であると感じられるあたり、今季のJクラブの中では5本の指に入る好チームだと思いますね。

シーズン序盤は2点目がとれず苦戦し、それを脱出したかと思ったら4連続引き分けと、まだ今シーズン始まって2ヶ月ほどですが、すごい苦しみを味わってるチーム。だからこそ、今の好調・一体感のあるチームへと変貌を遂げたのかもしれません。

また、前節の試合終了後、岡山が泣いているのが印象的でした。

岡山は、昨季途中、柏から仙台へ移籍し、仙台でもその活躍が期待されましたが、昨年は4位に終わりました。試合後のパフォーマンスは言わずもがなですが、今季はCBの一角を任され、腰痛を抱えながら、それでも、気持ちで闘う姿がとても印象的ですね。うちのうえみーと期待されているモノは同じだと思います。

まだ第1クールも終わってないのに。泣けるその気持ち。気迫。
そういう強い気持ちがチームを1つにしているのかもしれません。

1分1秒。常に本気。

見習いたいですね。一人の人間として。


…というわけで、ホントに強いですよ。仙台は。


正直、厳しいです。うちのチーム状況を考えると。
でも、学ぶべきところも多い試合になると思います。
是非、全力で闘って、思い残すことない、悔いることない試合にして欲しいです。

スタイル的にはガチンコ勝負でしょうね。

相手CBは高い選手が多いので、安易なクロスは避けたいし、CKも含めて、速くて低いボールで勝負したい。また、コンパクトなパスサッカーをしてくるので、カウンターも仕掛けることになるでしょうが、是非ともロングパス一辺倒にならないでほしいなと。徳島戦で見せたサイドのスペースへのサイドチェンジや積極的なミドルシュートなんかも期待してます。前線でのチェックも早いので、バックも気の抜けたようなゆるいパス回しはしないこと。

怪我人も続々と戻ってきているようなので、ベンチも含め、メンバーが楽しみですね。
アリさんや吉井、ヤス、キジマールはみたいなぁ。もちろんニシや関もみたいです。かなり。
そういえば、今節は翔平が出場停止になりますか。
彼のいない中盤。やりやすさ・やりにくさを感じて欲しいなと思いますね。


苦しい時間帯が長くなると思うけど、どれだけ耐えれるか。
そして、チャンスを活かせるか。

単純で当たり前だけど、それに尽きますね。


連勝はいつか止まる。連敗もいつか止まる。

そろそろ仙台の連勝を止めてあげてもいいんじゃないでしょうか☆


ちなみに、仙台はスタメンが4人入れ替わる模様
DF木谷→一柳、MF関口→佐藤、永井→富田、FW平瀬→中原ということでしょうか。
言葉通り、休ませるということなのか、それとも、完全に舐められてるのか。
ま。控えもいい選手が揃ってますからね。仙台は。全くもって油断は出来ません。

…が、つけいる隙はあるということでしょう。

慣れない前半15分が勝負ですね。
ぽんぽーんと2点くらい取れれば言うことないんですけど…
逆に、上手くいかなくても、耐えしのげばきっと光は見えてくると思うんで。

今節こそ、ゆたかのゆりかごダンスに期待してます☆


苦しかった第1クールも今日で終わり。
次からはもっと苦しい二周り目。

とにかく選手は気持ちの見える試合を。全力で。
そして、スタッフは全力で闘える選手をピッチに送り出してほしいですね。

有終の美を飾れますように。

vs 徳島ヴォルティス in ポカスタ

んー。どうでしょう…

0-2

スコアは前節と同じですが、前節よりは希望を持てる試合をしたとは思うんですけども。
スタッフ・選手がやや暗い…というか、落ち込んでる感じがするのは、なぜでしょうか。


それはたぶん試合後の監督・選手のコメントを読めば分かるかなと。
なので、このブログではあえて言及しません。
冷静になった今ならきっと自身が一番感じていることだと思うし。反省してると思います。
なので、触れません。


それにしても、勝てたなぁ…というのが観てる人の正直なところでしょうか。
結局、ドゥンビアかよ…みたいな(苦笑)

でも、そうじゃないと思うんですよね。たぶん。

美濃部監督の試合後コメントを読む限り、それほどうちへのスカウンティングは成功してなかったんじゃないかな。ま。岐阜戦や福岡戦を対象とするスカウンティングならロングパスばかりと思われるのも致し方ない。それをうちはずいぶん修正してきたというか、一番良いときのフットボールに戻してきたよね。だから、序盤は対応できなかったんじゃないかな。ただ、その悪いときを悪い状態でしのぎきり、試合中に修正してみせたこと。これがチーム力というか。プロというか。

そういう意味では完敗です。


もちろん前半数多く作れた決定機を1つでも決めていれば、『勝てた』と思いますよ。そりゃもちろん。だけど、『たら』・『れば』じゃなくて、悪いときに我慢できる力、悪いときこそ自分たちの信念を貫く力はやっぱり徳島の方が上だったのではないかなと思います。


では、いつものごとく…


...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


徳島といえば…

なると

大塚

ドゥンビア

…でしょうか?(笑)


何年か前、徳島には行きました。
ちょうどお休みの日だったので、なるとの渦潮を真上から見られる橋は渡れませんでしたけど…orz
徳島ラーメンも食べました。「甘い」っていうことに大きなショックを受けました。
あの大塚製薬の大きな画看板…ポカリとかエネルゲンとかオロナミンCとか…が感動的な大きさでした。

ま。そんなことはどうでもいいですね(笑)

ポカスタ(?)には行ったことないので、また行きたいですね。徳島。
今度は渦潮を真上から見たいです。

…ってか、ポカスタって略されてるのみたことないんですけど、いいんですかねぇ?ポカスタで。
なんか「正直ポカした(by佐々木健介)」を思い出してしまって、面白いんですけど。語感が。

ま。やっぱりどうでもいいですね(笑)


さて、日曜はアウェイ・ポカスタで徳島ヴォルティスとの試合です。


...read more

ハッピーバースデー

本日はJリーグの15歳の誕生日だそうです。

もう15年ですかぁ…

Jリーグについていかなかった時期もありますから、余計に「もうそんなに経つんだなぁ…」という印象を持ってます。

Jリーグ開幕年は小学生でして。
うちの小学校、なぜか男子の入る部活サッカー部しかなくて。
サッカー部か帰宅部か。
うちの学校で幅を利かせた悪ガキ軍団がこぞってサッカー部だったんで、なんかその中にヘコヘコしながら入るのも嫌だったし、面倒だったので、迷わず帰宅部選んで遊びまくってましたけどね。

そんな「なんだよ。サッカーってあいつらかよ。」的な子どもの眼にさえ、あの伝説の開幕戦、ヴェルディ川崎vs横浜マリノスはすごくまばゆく映りました。輝いてた。あの盛り上がりに言葉もなかった。

それから横浜フリューゲルスがなくなるまで、フリューゲルスのサポーターとしてJリーグの結果は気にしてました。フリューゲルスが好きだったのは、水前寺で試合やってくれたからというわけではなくて、単に好きだったんで。エドゥーとか。森とか。フリューゲルスのスポーツタオルは今でもうちのたんすに入ってます。

それでも、徐々に興味がなくなり、海外のサッカーばっかり観るようになって。

ロッソ熊本が出来て、ようやくまた日本、Jリーグに戻ってきたと。

単純計算でもまったくJリーグに興味ない時代、いわゆるブランクが5,6年。
その間の出来事は正直全く分からないけど、それでも、今のJリーグを観ていて、あぁ一歩ずつ着実に成長してきてるんだなと。そう思いました。ブランクの間も正しい方向に着々と進んできたのだなと。


もう15年。まだ15年。

色々な見方があるだろうけど、これからの方がきっと長い。
これからどうなるのか。どう成長していくのか。すごく楽しみです。

それに、地元・熊本にJクラブができて、今は弱くても小さくても、それを信じて応援する喜びが出来たからね。個人的には、単に数字で優劣がつけられるようなもんでもなくなったなぁと。濃さが違うよ。1年間の密度がまるで違う。ロッソが出来たことを、本当に良かったなと思ってます。


計画通りにことが進めば、Jリーグが20歳になるころには、うちはJ1に上がる予定なんですけど(笑)
果たしてどういうことになってるんでしょうかねぇ。
ま。クラブがなくなるとか、Jリーグがなくなるとかじゃなければ、どうあってもいいですよ。
ロッソを応援していることには変わりないでしょうから。


それと、この良き日に、このブログも無事(?)10000カウントを迎えました。
とりあえずは今のペースでこれからも続けていく予定です。
どうぞ末永くよろしくお願いします☆


なお、この記事は15年前のヴェルディ川崎vs横浜マリノスのキックオフ時間、19時29分にあわせてみました。当時のことに思いを馳せて、こっそりドキドキしてみましょう(笑)

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


母体ニュース

題名的にはなんじゃそら?ですね(笑)


ロアッソ熊本オフィシャルサイトで発表されたとおり、AC熊本の人事で、前田社長が退任なさり、新しく岡氏を迎えることになりました。

前田社長。

チーム名改称問題やスポンサー問題など、いえいえ、引いてはロッソ熊本発足時から、茨の道と知りながら、率先してその矢面に立たれたことに対して、敬服の念を抱いております。ロアッソ熊本としてこれから…というこの時期に退任されることは誠に残念でありますが、これからは一サポーターとして共にクラブを応援していこうではありませんか。今後ともどうぞよろしくお願いします。

…というところですよね。

黒字・赤字の経営ニュースも入ってきたんで、定例の役員会かなんかがこの時期に行われるということでしょう。Jクラブの決まりかなんかでしょうね。こないだトリニータの試合観てたときも実況の人が「去年も黒字だった」的なことをいってたような気がするもの。


そして、その経営ニュースのほうですが、今のところ赤字が2億6000万円と出ているけれども、これは今年のスポンサー収入などの一部利益が含まれていないからで、特に問題はないと。このままいけば来年のこの時期には6000万円ほどの黒字決済できると。そういうことですね?

今年ほとんど補強してないのに、まるまる2億以上も赤字とかありえないもんねぇ。
他人のこと気にしてる場合じゃないけどさ、岐阜とかどうなん?岐阜とか?
やっぱがっつり補強してたから収入見込みあるんやろなぁ。いいなぁ。

…とはいえ、今年J参入したということもあり、今年の収入は一時的なスポンサーもあっての今の計算ですし、スポンサー収入として計上されるのが1億1500万円に対し、現時点で資産が1億5000万円の赤字ということはのこりは観客料で…ということでしょうから、長期的にみて、このままでは不安な部分があるのは事実ですよね。

今のスポンサーさんには是非とも継続を。
そして、新規のスポンサーさんの獲得を。
観客動員数を伸ばすためいっそうの工夫を。

理想としては、クラブ経営費用をスポンサー料でまかない、観客料を利益として計上する…というかたちでしょうか。まぁ熊本県自体の景気も絡んでくることですし、難しいっちゃあ難しいですよね。

岡新社長も大変でしょうが、なにとぞよろしくお願いします。
岡社長は九州産交の人らしいね。社長は人脈のある人が一番だ。うん。
ま。わたくし全く存じ上げませんで、詳しく知りたい人はサカくまさんのところへでもどうぞ(笑)


そして、母体つながりで(笑)

ゆたかパパの誕生です。
娘さんですかぁ。おめでとうございます。

次節のゆりかごダンス期待してますから☆

徳島さんに空気読んでもらいましょう(笑)

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs FC岐阜戦 in KK-WING

いやぁ…なんとも悔しい敗戦となりましたね。


0-2


前半の11人の状態での出来と前半のうちに10人になってしまったという事情を含めれば、それでも頑張った方なのでしょうけど…相手が岐阜なだけに、悔しすぎる敗戦となりました。


審判については、JFLの時よりはましかなーと。
厳しかったですけどね。特に山口への2枚目は。
それ以外のうちに出されたカードについては、まぁ妥当かなと。
ただ、試合をコントロールできなかったという点で、仮に選手たちや観客から審判に対して不満や批判が出たとしてもそれはそれで分かりますし、翻って、それをコントロールするのがプロチームとしての仕事だろうと選手を戒める意見もまたごもっともというか。


その後で、ウィガンvsマンチェスターUを観たせいか、やっぱり日本のレフェリングの基準はそろそろ見直されるべきだなぁと思ったり。

すぐ転ぶ。すぐ痛む。担架が頻繁に出てくるせいで試合の流れも悪くなる。
そして、いったん出たら何事もなかったかのようにすぐピッチに戻ってプレーする。

ゲームを見苦しくしてる時点でおかしいよね?間違ってるよね?プロとして。

もちろん危険な行為は未然に防ぐべきだから、カードで抑止するというのも分かるけども。
危険のハードルがどんどん下がってるんじゃないの?
それに選手たちが甘えてるからプレーのレベルが下がってんじゃないの?

最近の社会の風潮自体が「体罰厳禁」とか「危険なものには触れさせない」とか『言わんとすることは正しいかもしれないけど、ちょっと過保護になりすぎてるんじゃないの?』的な発想だから、サッカーまでそれに侵されてきたんだろうか。

Jリーグが大好きだ。
日本のレベルは低くない。

そうは思っているんだけど。思いたいんだけど。
プレミア最終節の歓喜の映像を観ながら、ちょっとだけブルーになりました。


さて、今節の話とはどんどん離れていってるので、そろそろ戻ってきたいと思います(笑)


...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


今日はホーム岐阜戦

本日は4時から岐阜戦です。

岐阜との因縁は今さら語ることもない・・・っていうか、他のサポさん達も書いてらっしゃるので。
自分も前節の試合速報の最後にちょろっと書いたんで重ねて書くこともないかなと。


というわけで、さっそく。



JFLでの岐阜はシンプルなカウンターのチーム。

DFラインにMFも含めた8人でとにかく守り、奪ったら片桐とジョルジーニョにロングパスして、すばやく攻めるという形。すでにJ経験者を多数抱えたチームでしたので、能力的にも突出しており、そういう選手たちが守るゴールマウスはなかなかこじ開けることができず。34試合で31失点。JFL初年度、そして、監督交代劇を含めてのこの成績は立派です。今のJFLで2年闘ったうちだからこそ分かること。一方で得点は45とやや物足りない数字でありました(うちは65得点)。



ところが、現在の岐阜の成績。12試合21得点21失点。
成績だけで判断するならば180度の方向転換。

思うに、それほど中身が変わったわけではないのではないかと。
中盤でのプレスをかけないというわけではないけれど、基本的には引いて、ブロックラインは低めで当たるというスタンスは以前とそれほど変わっているとは思えませんでした。

しかし、攻撃は変わった。

前に対戦したときは、裏一辺倒のイメージで、鋭いフィードからFWの2人が例外なく仕掛けてくる。セットプレーは高さのあるDFが絡んできて、きっちりと得点する。そういうイメージ。

それが、前方へ入る縦パスの早さは維持しつつ、そこで片桐がきっちりキープすることで、MFやSBの上がりを待てるようになり、重厚な攻撃を仕掛けられるようになりました。また、MFに昨シーズンまでトリニータに所属していた梅田が加入。持ち前の運動量と攻撃力で岐阜に新たなポイントを作り出しています。そして、彼らが作ったスペースを存分に生かしているのが、これまた新加入の片山。特に、速いとか強いとか高いとかではないんだけど、ゴールへの嗅覚というか、点を取るために必要な場所を知っている選手。

岐阜は中盤で奪った後の攻撃がすごく速い。
菅や梅田が奪ったボール、ミスで得たボールのファーストパスの正確性は目を見張るものがあります。ああいう速さは今のロッソに欠けているものだと思うんで。すごくうらやましいなと。


・・・というわけで、失点が増えたのは決して守備がおろそかになっているというわけではなく、以前よりも攻撃にリスクを犯して取り組んでいることの代償だと思います。そして、その改善された攻撃力を見れば、とりあえずは成功しているのだと。

現に前節の鳥栖戦は守備がすごく安定しており、PKによる失点のみ。
決して悪い状態であるとは思いませんでした。

守備でのキープレーヤーはやはり小峯。
彼はベテランですが、奪うタイミング、ファウルをもらうタイミングが非常に巧い。
運動量も多く、フィードやカバーも巧いので、やっかいな選手であります。
どっちかっていうと川島の方が勝負しやすいかも。
吉村がケガしていること、前節深津がPKを与えたこと、川島の状態が微妙なことなどから、DFラインがどうなるかは分かりませんが、上がってくる奈須のサイドで勝負するか、やや不安定な深津のサイドで仕掛けるか。一番良いのは小峯との駆け引きで勝ち、中央を制圧するのが一番ですけどね。

他にもルーキーの菅や小島が活躍していたり、奈須のロングスローが驚異的だったり、怪我人は出てるものの、大友や藪田など能力の高い選手がそれを補ってあまりある力を発揮していることなど、チームとしてうまいことやっているなという印象を持っています。



同級生対決。

たとえJ1へ闘いの場所を移したとしても、きっと言われる、言われ続けることでしょう。

もしかしたら少しずつ因縁は薄れていくかもしれない。
直接対決でこれだけ盛り上がれるのも今だけかもしれない。

だけど、節目節目では決して負けたくないっていう想いはきっと変わらない。
J2優勝、J1昇格、J1優勝。

うちが、さ・き

言い換えれば、良い目標というか、目安というか。

同じ境遇で、同じ期間で、彼らができたことが
うちにできないはずがない!

クラブ全体を愛しているからこそ、負けたくない。
そういう闘いを永遠にしていかなければならないチームなのだと思います。

今年、2チーム同時に昇格した宿命。

そして、せっかくなら良い試合を、良い歴史を共に築いていけたらいいなと思ってます。


でも、今日はぜったいまけたくないっ!

totoをガチで当てにいこう ~第334回編

おーおー!

えふしーぎふっ!


…というわけでやってまいりました。toto予想。

上2行は察してください。偵察の弊害です(笑)


前回は何勝か数えてないけどとにかく負け越したと思う。
新潟-清水、徳島-草津は完全に予想外だったし。
F東京が負けたのも痛かったなぁ。

せっかく熊本が買って1等の最低条件が整ったのに残念です(笑)


でも、おかげで今回はキャリーオーバー。

1億円はもらったぁぁぁ



...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs アビスパ福岡戦 in レベスタ


ぎゃーヽ(゚∀。)ノ

これゆたかの同点ゴール、超絶FKのあとの叫び(笑)


いや。テレビで観てても声にならなかった。
それぐらいにテンション上がりましたね。いやぁ。すごい。


ゆたかのロングFKに関しては、他のサポさんもおっしゃってるように、去年のJFL第7節でしたっけ?アルテ高崎戦。4連勝後の2連敗。監督解任騒動の起きた後の豪雨の中の水前寺。あの時と全く同じような位置からのスーパーFK。あの位置でゆたかがセットするとどうしてもそれを思い出してしまいますよね。しかも、すでに1点決めた後だったから「あ。今日はシュートが入るじゃないか!」と期待してみてたところでのゴールでしたし。アビスパの壁作りは完全にリサーチ不足ですよ。ゴールに近い方の壁にはもう少し高い選手配置させておかないと。うんうん。

それと、過去の記憶関連で言うならもう1つ。こっちは嫌な方だけど。こっちの1失点目。大久保のゴール。試合全体を観る限り、たぶん大久保はいい人だと思うよ。最後までボール追いかけるし。ばっさんがファウル気味に体当てて止めても怒らずに手でタッチしてくれるし。グリフィスがキレてるときに声かけに言ってたしね。でも、あのゴールはムカッときましたねー。一昨年、灼熱の水前寺。2-3で負けた佐川東京戦。熊さんと福王のミドルで応戦したものの大久保に決められて敗戦したあの試合。あの静まり返った水前寺を思い出してしまって。

福王の出場も、そういや2006年シーズンの終わりに怪我したのって、福岡との練習試合きっかけだったなぁと思えば、それはそれで勝利のピッチに立てて、リベンジできたじゃないか!なんて思ったり。


今節の福岡との九州ダービーは、おそらく福岡のサポーターたちが知らないところで、うちのサポの方が思い入れが強かったと思うし、単なる勝利…っていうことじゃなくって、4点とったことも、ゆたかがハットトリックしたことも置いといて、試合の流れ、1つ1つのゴールの形、失点の形、登場した選手、これまでの歴史がふんだんに盛り込まれた勝利になりまして。


なんだかホッとしました。

いやいや。もちろん、絶対勝てると思ってたわけでもなく、これで終わりというわけでもないんだけど。
試合終わった後、すっごく長く息を吐きました。そんな感じでした。


それでは、少し冷静に試合を振り返っておきたいと思います。


...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


今日はアビスパ戦

いやぁ。全く時間なし(苦笑)

連戦ってほんと大変…


本日はレベスタでアビスパ福岡戦です。

GW最終日ということで、ギリギリまで遊ぼうな人たちやUターンな人たちで混雑するでしょうから、現地に行かれる方は気をつけて☆


さて、今節の対戦相手・アビスパ福岡ですが、良くないですねぇ。

去年標榜していたポゼッションサッカーを捨てて、守備を重視したカウンターサッカーに移行するのだと思っていましたが、その頼らなければいけない守備が崩壊。

個人的には最終ラインがイマイチ固定できないことが原因かなと思ってます。
SBは毎試合のように変わるし、リティが呼んできたルダンは今のところ全く役に立ってませんしね。

それに、昨シーズンの終わりにチーム所属の選手の多くを入れ替えてしまったことも原因かな。
ここぞというときにチームが頼る背骨がないというか。メンタル面で課題が出ているような気がします。


ただし、選手の能力は高いし、戦力的にはJ2の上位レベルだと思っておりますので。


新参者、九州ダービー、連敗阻止、ホーム…


今日の試合は、これから始まる長い長い『因縁』の序章になるかもしれませんね。


一応、前節のアビスパ福岡の試合は観ました。

結果、0-4で負けていますが、ポスト直撃のシュートが2本、ハーフナーの決定的なシュートが1本と決してチャンスが作れていない試合だったというわけではありませんで。

大久保は前線でキープするの巧いし、田中は仕掛けるのがめっちゃ速いし、北斗はよく走ってるし、久永はいいところに顔を出してくる。今節はグリフィス・タレイも戻ってくるので、面倒です。

個人的に目を引いたのは、控えの鈴木惇。
いいねぇ。すごく面白い選手。C大阪の香川を思い浮かべてもらえれば、イメージは湧くかなぁ。
なんだか、見ててやってくれそうな気を起こさせる選手です。
逆に、対戦相手としては要注意ですね。


守備のほうはヘッド、対人に強い選手たちがそろっています。
ハイボールにはめっぽう強く、それはセットプレーでも活きてくるでしょう。

ただし、これまでの試合を観る限り、GKとDFラインとの連携がしっかり取れてるとは言いがたく、クロスからの失点、セットプレーからの失点が目立ちます。どうやらゾーンではなくマンマークでディフェンスしていることも、この失点の要因になっているとのこと。ゆたかとゴンさんには、華麗なコンビネーションで、ゴールを奪ってもらいたいところですね。DFとGKの間を狙った早めのクロス、低くて速いクロスなんかはすごく重要になってくると思いますし、CKを狙って攻めることも大事かもしれません。


とりあえず、サイドの攻防を制し、きっちり攻めきることを徹底して欲しいですね。


今節は、前節大敗したチーム同士の対戦なので、『まずは守備』というスロースタートな展開が予想されます。ただ、そのままずるずると後半までもつれ込むと、自力に勝る福岡有利になってくるので、できることなら失点を恐れず、前半からぶっ飛ばしてプレスをかけてもらいたいですね。

失うものは何もない。強気の展開を期待しています。

そして、今日のアビスパ戦はNHKでも放送があるみたいですね。
今年、テレビ放送があるときは勝つかいい試合になることが多いので、今日もきっと白熱した好ゲームになることでしょう。

すごく楽しみです☆

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


totoをガチで当てにいこう ~第333回編

前節はなかなか思わぬ展開が多く、『連戦』の過酷さを実感しているところであります。
同じ疲労の場合、自力で勝るチームが有利。

そのため、割とかたい展開が多かった前節。


しかーし、今節は荒れるんじゃないかと予想。


根拠はないさ。直感さ(笑)


うん。むしろ荒れるの希望!


そして、今節は鹿島・G大阪がACLのため、J2の割合が多い節。
ここでJ2サポ魂を発揮して、なにがなんでもとにかく当てたい。

ただ、難しいよねー。ほんと。

やるな。日程くん。負けんぞ。日程くん。


...read more

テーマ:toto - ジャンル:スポーツ


vs 横浜FC in ニッパツ

公式戦では初のフルボッコ。


0-5


ニューカマーのロアッソサポにとっても、
これまでのカテゴリーでは強豪として名をはせてきた時代からのロッソサポにとっても、

今回の結果は衝撃的なものだったかもしれませんね。


ただ、最初にフォローしておくならば、5失点ってサッカーではそれほど珍しいことじゃない。
去年、UEFAチャンピオンズリーグの準決勝2ndレグだったかな。マンチェスターUvsローマ。7-1でローマ完敗。超強豪同士の試合でだってそういう試合は起こりうる。

それに、野球みたいに「攻」と「守」がはっきり分かれてるならば、フルボッコ自体を責められるべきなんでしょうけど、サッカーは「攻」と「守」のバランスがゲームの流れに直結しますからね。「攻」に重点を置けば、「守」が手薄になって失点するのは当たり前のこと。3失点してから完全に「攻」に重点を置きはじめたんで残りの失点は守備陣だけのせいにはできないってことはご理解ください。

ついでに、言い訳するならば、横浜Cが前節休みだったのに対してうちは暑い熊本で甲府との走り合いだったこと、三ツ沢の天気が悪かったこと、不幸にも3試合連続となる微妙な判定でのPKをとられたことなど、まぁ色んな不運が重なった結果だと言う外ない。


でも、まぁいいんじゃないか?長いシーズン。世界でも類を見ないほどの過酷なJ2。
たまにはこういうこともあるだろうよ。うん。そうだ。そうだ。

そして、結果はどうあれ、この試合でやれたこと、修正すべきことはどうだったのかを次に生かせば、大敗もまた糧となり、『ロアッソ熊本』が大きく強くなるための養分になるだろうよ。落ち込む必要なんて全然ないさ。


それと、これが一番大事かな。

最後まで闘ってくれた選手たちと最後まで声を出してくれた現地のサポさんたちに「ありがとう」と「おつかれさま」という言葉をかけてあげたい。


本当にご苦労様です m(_ _)m


では、いつものごとく、ここからは冷静に振り返ってみたいと思います。


...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


明日はアウェイで横浜C戦

今日の昼間、車に乗ってたら、ちょうど1時。


「ロアッソ熊本の中山悟志です。」


…という声が聞こえてまいりました。

どうやら昔HOT100の1つのコーナーだったまさやんのFFF(フライデー・フットボール・フリーク)はロアッソの誕生により、この時間帯に移動した…といいますか、こういう形になってるんですなぁ。

それによると、どうやらまさやんは甲府戦の日、鹿児島に行ってたらしく…
鹿児島の仕事っつったら、知ってますよー。

パチプレTVでしょ?(笑)


あー。どんどんずれておりますんで、この辺で。


例のごとく、連ちゃんです。
次まで続くのかぁ。こういうアップの仕方。けっこう大変だ。


さて、今節の横浜Cの話に強引に戻していきたいと思います。


...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


totoをガチで当てにいこう ~第332回編

前節は、熊本も当たりと考えれば、7勝ってことで久しぶりに半分以上当たった。


J2は仙台-鳥栖がめちゃくちゃ意外でしたが(3-0というスコアがね。)、それ以外は当たってて良かった。やっぱJ2の方が分かってるってことか。これは嬉しい。


それにしても、J1は難しいな。
どこも疲労がたまってきてるみたいで、やってるサッカーや移動距離、累積も貯まるころだし、控えのコンディションも勝敗を左右しているようで。試合展開は読みどおりでも結果までは伴いませんで。

難しい。

ま。だから、totoが成り立つんだけどねー。

今節も頑張ろう!
今からtotoTV見ようっと。


あっと。横浜Cのことは、これからか明日の午前中か、でもせっかくだからこれから書きたいなと思いながら、いやいや連ちゃんはきついよねとか思ったり。

結局どっちにするかは分かりません!(笑)


...read more

テーマ:toto - ジャンル:スポーツ


vs ヴァンフォーレ甲府 in KK-WING

せっかく書いたのに、いきなりネットの接続がきれてしまい、
全ボツになってしまったので、完全に気力を失いました…orz


とにかく勝ったってことで!


また次頑張りまーす。


はぁ…

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。