ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs ヴァンフォーレ甲府 in 小瀬

久しぶりに『速報』と言いうるタイミングでの記事アップ!(笑)


1-5という大敗でしたが、横浜C戦や湘南戦みたいにへこみっぱなしな気分じゃない。

むしろすがすがしい気さえしてる。


それもこれもキヨシさんのゴールのおかげ。
ありがたい。あの1ゴールはありがたい。

うちの味方紙・くまにちでさえ「終盤1点を返すにとどまった」の表現のみ。
あとは監督も『何も出来なかった』がクローズアップされるだけ。
「これが今のロアッソの限界なのか」という文章はけっこうきましたね(苦笑)


でもさ、あのキヨシのゴールは何かが出来た証じゃなかろうか。

あの厳しい展開の中、スタジアムで、TVの前で、目を背けたくなるのをグッとこらえて、チャンネルを変えたくなるのをグッとこらえて、強い悔しさを我慢しながら、ピッチに立っている選手たちと共に闘い続けたサポーターのためのゴール。

そして、最後までピッチの上で闘ってくれたロアッソ熊本イレブンの実り多き未来への門出の一撃。


試合の間は見ている者にも苦しかったけど、うちの選手たちは最後まで気持ちが折れなかった。

だから、ゴールが生まれたんだと思う。


完敗で大敗だった。

けども、それだけじゃなかったと思うよ。
見たら分かる。ちゃんと見てたら分かるよ。

大丈夫。

うちのチームは確実に強くなっている。何も間違ってはいない。

次節はホームで水戸戦。非常に楽しみにしています☆



では、今節を少しずつ振り返っていきたいと思います。


...read more
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


もうすぐ甲府戦


いやはや…どうなることでしょうか。


以前からこのブログを読まれている方はご存知かと思いますが、わたくし毎回のごとくtoto買っております。

で、1つ宣言していることがありまして。

熊本戦はかならず熊本勝利を買う!

たとえ2億が当るとしても我らがロアッソ熊本が負けるのを願うようなそんな人間になりたくない。
なので、うちが負けたら即BIG移行…というのが恒例となっております。


今回のtotoなんとJ2のみ。熊本の試合が2試合も対象になっているではありませんか!
来週末のホーム水戸戦。余裕で熊本勝利チェック!

今日の甲府戦…勝てるのか…うち。

多分はじめて。今シーズンここまでtotoを買ってきてはじめてです。
ここまで強く脳内で悪魔がささやいたのは。

甲府勝つんじゃない?いいじゃん!ダブルで。
水戸戦も勝ち買ってるんだしさ。バチ当たんないって。

…みたいな。

相手が広島だろうとC大阪だろうと貫いてきた熊本勝利一点賭け。

つらかった。


でも、頑張った。おれ一点賭け。熊本勝ち信じてる。

1等当たれば、初の連勝。初の本州での勝利。


昇格には負けられないとかなんぼのもんじゃい!
こっちだって負けられない理由なんてたくさんあるってんだい!100円のことじゃないよ(笑)



今日の甲府戦、相手は外国人3トップだとも、変わらずの布陣だとも言われております。
といっても、相手に合わせられるような器用なチームではないので。うちは。
愚直に。愚直に走り勝つ。それだけでしょう。

フォーメーションのタイプ的にほとんど同じなので、両チーム共にやることは同じかと。

4-1-4-1あるいは4-3-3においては、中盤の人数を流動的に増やし、どれだけ数的有利を作れるかが大きなシステム上の課題になると思われます。中の3人を基本としてウイング・サイドハーフ・サイドバックの面々がどれだけフォローに走れるか。サイドの肉弾戦。

あとは、フォロー・カバーの都合上、序盤は中盤で密集している状態が多くなるかもしれないので、パスミスや横パスの頻度が多くなってくるとどうしても相手ボールになりがちな状態が増えてくるかと思います。その辺をどう調整していくか。

そして、終盤、疲労がたまってくると中盤がスカスカになってくるのでその部分をDFラインがカバーできるか、また、効率の良い高速カウンターが出来るか。

その辺が鍵になってくると思います。

先週のC大阪戦をみてても分かるとおり、チャンスは作られるもののずいぶん守れるようになって来ました。カイオのイライラぶりを見てもうちのDF陣の徹底マークは相当のものでしょう。同じことをサーレスやマラニョンにできれば、そして後ろから飛び出してくる選手たちをMF陣がしっかり捕まえきれれば、おのずと勝利への道は開かれると思います。


まずは、前半無失点。得点よりもまず無失点。
それができたら勝利への1歩目は踏み出せたも同然です。


負けん。

それだけ!

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs C大阪 in KK-WING


ヽ( ´ー`)ノ


これでうちは3戦連続引き分けということですが、どうやらC大阪サポさんがへこんでるんで、とりあえずうちは喜んでおいた方がいいんでしょう。じゃないとバランスがおかしい(笑)


正直なところ、今節のC大阪は、J2に上がってきて、「あ。ホントにレベルって違うものだね。」と分かるような相手でしたよ。強かった。巧かった。速かった。そして、本当に恐ろしかった。

いやいや。もちろん他にも今シーズン完敗した試合はありますし、うちはどーせ下位チームですから(自虐)、他から見たら、いやいやいやいや…と言われるところでしょうけれども。それは裏を返せば、勝って当然的な、うちらJの先輩なんだけどー的な、そういう態度を見せられてここまで来たといいますか、特に第1クールなんてそういう試合ばっかで。

ほんとのところはどうなのか分かりませんよ。もちろん。
新入生としてのひがみというか被害妄想なのかもしれません。否定できません。

でも、ここへきて、ようやく、本気で相手をしてもらえたなという印象を受けました。


だからこそ、勝ちきれなかったという点は残念だったなと思う反面、猛攻を耐え抜いたこと、逆転されて追いついたこと、前半・後半とまさしく90分のほとんどを本気で闘えたこと、それをすごく嬉しく、それはもう我が子が自立したかのような(子どもはいませんが…)感動を覚えました。

いやぁ。良かった良かった。
今節の試合はきっと今後につながる。


あぁ。それと試合の内容に入る前にもう1つ。

試合前の選手紹介で、遠路はるばるお越しいただいたC大阪サポさんがただよとうえみーの紹介の時に拍手してらっしゃいました。
うちの選手が他のサポさんたちにも認知されているということは、なんだか嬉しいものですね。
別に自分が拍手されたわけじゃないけど、そしてJサポ的に当たり前なのかもしれないけれど、とりあえず、ありがとうございましたー。これからも是非気にかけてあげてくださいませ。



では、詳細を長めに…
セレッソサポさんは見ないほうがいいかもね。しつれいかも(笑)
ま。怒らない人というかジョークと流せる人だけ、どうぞいらっしゃいませ。
決して真に受けて気分を害されなさいませんよう…


...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


C大阪前哨戦

ウイイレで(笑)


映画でも観てから悠々行こうかと思ったんですが、スカイ・クロラの時間があわなかったし、いっちょやったろ!と。


いやぁ。やる前はゆたかさんで2点くらい決めて得点王だ!とか思ってたんですが、万に一つも負けられないと必死必死(笑)


その甲斐あって無事2戦2勝。

一試合目は翔平のミドルにはじまり、ルイルイに同点ゴールを決められるも、ゆたかさんのゴールで追加点。そして、ロスタイムにはカウンターから山内が独走し、まさしく前回対戦の再現でダメ押し。3対1で勝ち。

2試合目は緊迫した0ゲームの中、後半40分すぎに交代出場のきよしが中に切れこんでの決勝弾。


やりきった!


でもなぁ…
いちおコントロールシュート使ってたから枠には飛ぶけどほとんど相澤がさわるし。

点差以上にフルボッコでしたが、慣れるまでにはもう少しかかるかな。


ちなみに、わたくしのプレースタイルは孤高のドリブラータイプであります(笑)
中央からサイドからとにかく切り込む。
木島を操作させたら木島にしか見えない動きを繰り返します(笑)




ま。ゲームの話はこのくらいにして。

今日はC大阪戦。

過去2回対戦とは違う本物のC大阪が見れそうです。
ベストメンバーが組めなかったというのもありますし、ちょうど苦労してる時に当たれましたからね。

ただ、だからといって簡単にはやられませんからね。
C大阪・甲府・水戸の3試合、タイプ的には似てる感じだと思いますが、ここを最低勝ち点4で乗りきれば、岐阜・横浜Cあたりまで見えてくると思うんだよね。

昇格に絡んでいようと絡んでなかろうと、うちにとってもすごく大事な一戦。

結局、熊本強かったじゃん!って言われるように、昇格して来シーズン対戦のなさそうなチームには特に、バッチリ勝とうじゃありませんか!


第3クールの2試合目。

いざ!

またまた新加入!?

昨日、オフィシャルにてまたまた新加入選手のお知らせが…


2008-08-22 新加入選手のお知らせ
下記2選手の入団が決定いたしましたので、お知らせいたします。

オ・ミンソ 選手
・ポジション/背番号:MF / 35
・生年月日:1986年10月9日(21歳)
・出身:韓国・全羅北道
・身長/体重:173cm / 65kg
・経歴:慶煕高校(韓国・ソウル市)~韓南大学(韓国・大田市)
【コメント】
私は日本がとても好きで、Jリーグでプレーできることを幸せに思います。新しい環境に早く順応し、チームの力となれるよう頑張ります。ロアッソ熊本の一員として、チームの勝利に貢献できるようベストを尽くします。


パク・サンテ 選手
・ポジション/背番号:FW / 36
・生年月日:1986年7月28日(22歳)
・出身:韓国・慶尚南道
・身長/体重:180cm / 70kg
・経歴:慶南情報高校(韓国・慶尚南道)~韓南大学(韓国・大田市)
【コメント】
ロアッソ熊本の一員になれることを誇りに思います。Jリーグでのプレーは初めてとなりますが、チームの戦力になれる自信はあります。チームの名誉のためにベストを尽くしますので、私のプレーを見てください。



あらぁ…まだソックンのプレースタイルさえ把握していないのに…
二人とも大学生?ということで先物買い的な意味合いでもあるのでしょうか?
なんか2人ともそれなりに良い選手みたいだし、頑張って欲しいです。

ようこそ!熊本へ!!!

ただ、あんまり増えるとオフが怖いよねぇ…
生え抜き選手たちにも頑張ってもらいたいですな。

新設されるアジア枠の関係かもしれませんが、これで韓国籍選手が4人目。
みんな若いし、熊本で超一流選手に育ってくれることを願ってます☆


移籍の期限だったか、登録の期限だったか、8月いっぱいなんだっけ?

これで終わりなのか、それとももう少し加入があるのかは分かりませんが、個人的にはやっぱり即戦力DFが必要だと思うんだけどなぁ。もちろん今いる選手たちが怪我なく、ばっちり活躍してくれるにこしたことはありませんが。


今節のうちのC大阪戦は月曜日開催ということで、今はのんびりtotoの予想をしている最中であります。熊本戦は熊本勝ちしか買わないと心に決めて早数ヶ月ですが、今回は熊本戦なくて良かったです。

2億円!

これに集中できそうです。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


鳥栖に磐田の船谷くんが加入

8月は移籍の月。

まぁいろいろありますよね。



でも、カレカ…いかんわぁ…湘南サポが怒るのも無理ない。びっくりした。

ま。向こう行って日本の方がよかったと気付くと思うよ。


それはともかく、鳥栖に磐田の船谷加入ですって!?

そうとう羨ましいんですけど。
こっそり好きな選手だったので。

線が太いわけではありませんが、けっこう大きくて、パスが巧い攻撃的な選手ですね。
主なポジションはボランチですが、トップ下とかサイドとかもできるんじゃない?
器用なイメージがありますもん。

磐田にいて、イマイチ伸びてきてませんでしたので、ここら辺で一つ、鳥栖の熱血漢に教えを請うて、頭角を現すという展開が期待できますね。ファンとしては、良い移籍な気がしてます。

まぁ同じカテゴリーの対戦を残しているクラブのサポとしては、少々複雑ですが。

鳥栖も層が薄いとは思わないけど、ベストメンバーであろう衛藤&高橋が今年はそろわないもんなぁ。ケガとかで。そういう意味では力のあるボランチを一枚補強するというのは論理的だし、鳥栖にとっても非常に良い補強になる気がしますね。

うちとの対戦は20日ですが、あわよくばピッチで元気な船谷くんを見れるのを楽しみにしています。
もちろんチームが負けたら不機嫌になりますがね(笑)



さて、本日は記念すべきウイイレの発売日。
われらがロアッソ熊本が初参戦。

楽しみですねぇ。

うちのPS2はすでに壊れていて、PS2のソフトが出来ないPS3に移行しているのですが、うちの弟のPS2をぶんどって少々お借りして、ロアッソ熊本を楽しむ気満々です。

金銭的なメリット優先して、amazon購入したので、届くまでにはもうちょいかかるかな。

もうすぐミランやバルセロナをロアッソ熊本がKK-WINGでけちょんけちょんにする勇姿をこの目で見れるようになると思うと楽しみでなりません(笑)

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs アビスパ福岡 in レベスタ

行ってきました。レベルファイブスタジアム。通称レベスタ。旧博多の森。

博多の森行きたかったんですよねー。
でも、今まではどうしても行きたいという用事がなく。
4-2で勝利した第1戦は時期的に忙しくて。やむなく断念。

ただ、今回はタイミング的に時間があり、博多に楔ができたので(笑)
その楔の2人と観戦に行ってまいりました☆


いやぁ。良いスタジアムですね。サッカー専用はやっぱり憧れます。
電光掲示板はやや寂しいですが、それもどうやら近々変わるらしいじゃないですか。
九州に住むJサポとしては一度は訪れるべきスタジアムですね。



さて、結果の方ですが、2-2ということで。
ゆたかさんや他の選手たち、監督、サポのそれぞれが違う言葉ですが、同じ内容のことを主張してますよね。


負けなくて良かった試合でもあり、勝てなくて悔しい試合でもある。


それに尽きるのでしょうね。


内容を考えれば、当然福岡に多くのチャンスがあり、うちとしては前半や後半の早い時間に追加点をとられなかったことが負けなかった最大の要因であると。

しかし、結果として、うちはリードした。一旦逆転した。その直後の失点。どうにかできただけに、どうにかしさえすれば勝てたという現実とすれ違っただけに、一層の悔しさがこみ上げてくる。


結果、引き分け。

この引き分けを良しとする唯一の方法は次節のC大阪戦で勝つことでしょうね。
あのとき勝ち点をとれてれば…と後で振り返らずとも、未来を見据えるための結果が欲しい。

次節は月曜日開催とイレギュラーですが、今節のように盛り上がる良い試合をして、もっともっと熊本を盛り上げていきたいですね☆



さて、では試合につき思ったことを…

久しぶりにかなり長くなりましたので、どうぞ時間に余裕があるときにご覧ください(笑)

...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 横浜FC in KK-WING

遅ればせながら…ですね。


そうですか。そうですか。
なるほどな追いつかれ方でした。
そして、なるほどな好ゲームでした。

うちの側から観れば、すごい面白いゲームでしたね。
これで勝ててれば言うことなかったというのもほんとにそう。
そういう言葉はよく書かれるけれども、これぞまさしく!という試合でした。


もはや時機を完全に逸しているので、本当に言いたいことだけ。


...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


池谷監督GM兼任

横浜Cの試合、実はまだ後半を観てません(汗)
所用で前半だけ観た後に動いたものですから。

詳しくは観てからにしようと思ってますが、福岡戦前までに書けるかどうか。

頑張ります。



五輪日本代表。残念でしたね。

でも、反町監督がおっしゃっていたように、やりきって負けたという印象を受けています。
なので、概ね文句なし。
コンセプトにしていた早い動きも積極的なプレスも豊富な運動量もそれぞれ見せれたと思うし。
結果という一番重大なインパクトを残せなかったので『日本らしいサッカー』というものの認識は浸透しなかったかもしれませんが、日本が目指すべき方向としては全く間違っていないと思ってます。

ま。決定力不足というけれども、これまでずっとそうだったのだから、いきなり解消してしまうような問題でもないのでしょう。攻撃の形とかシュートの鍛錬とかそういうレベルの話じゃないところでの問題なのではないかなぁと思ったりもします。だって、そういう単純な話だったらとうに克服できてるでしょ。日本人は勤勉ネー。

問題があるとすれば、これからのことじゃないでしょうか。
この結果を受けて、どうすべきか。
協会が。Jリーグが。大学・高校・中学・小学・ユース・ジュニアユースの指導者たちが。
このままじゃいけないと思うのは、選手たちももちろんそうですが、その他の人たちが占めるウエイトの方が大きいような気がします。

ファウルを貰いにいってしまうメンタリティとか。
ファウルを受けても倒れないフィジカルとか。

…裏返しか…(笑)

強くなろう。日本人。


そういう意味では、J2山形所属の豊田が普通に通用してたのは見てて気持ちがよかったですね。

4月に骨折して…という情報をアナウンサーが読み上げてるのを聞くのは何だか申し訳ない気分になってしまいましたが。いや。別に悪いことはやってないけど。骨折したのうちとの試合だったもので。




さて、前置きが長くなるのは例のごとくですが、オフィシャルからビッグニュースがリリースです。

2008-08-12 池谷友良監督、チーム統括部ゼネラルマネージャー兼任のお知らせ

ロアッソ熊本のJ1昇格を目指して、クラブ・チームを発展、強化するために、8月12日付で池谷友良監督がチーム統括部ゼネラルマネージャーを兼任することになりましたので、お知らせいたします。尚、その他のチームスタッフに変更はございません。


池谷 友良 氏 プロフィール

◇氏名:池谷 友良(いけや ともよし)
◇生年月日:1962年6月17日生(46才)
◇出身地:静岡県浜松市
◇サッカー歴:浜名高校~中央大学~日立製作所(現 柏レイソル)
◇指導歴:
柏レイソルサテライトコーチ(92~95.7)
柏レイソルヘッドコーチ(95.8~96)
柏レイソルコーチ(97~)
※日本サッカー協会公認S級コーチライセンス取得
柏レイソルヘッドコーチ(02~)
柏レイソル監督(02.8~)
柏レイソルユーススクールマスタ(03~)
U-15日本代表コーチ(03.3~03.12)
柏レイソル監督(04~)
ロアッソ熊本(前ロッソ熊本)監督(05~)


ですって。


以前からそうなるだろう…というか、結局肩書きに正式に「GM」が加わっただけで、仕事の中身は特に変わらないという話だと思いますが。

監督の任期があと1年ありますし、少なくともそれまでは兼任ってことでしょうね。

よかったんじゃないですか?

監督とGM・フロントの対立なんてよくある話ですし。
ほら。某国の某マドリードとか(笑)

結局、今うちがやっているサッカーを観ていると、2005年発足当時から今のスタイルを目指して選手を獲得してきたようにも見えるし。FWはポジション的に多種多様ですが、DFもMFも何となく統一感あるように見えますが。

とすれば、ここで下手に変なGM連れてきてみたり、監督がGMになって新しい監督を連れてきてみたり、なんてことを考えると、ここまで積み上げてきたものがパァになってしまいかねませんからね。


横浜C戦を観てれば、ここまでの方針は間違ってなかったと信じれるから。


監督にはこれからも重大な責任負わせっぱなしで、それを知った上で、サポとしての理想論とか身勝手な発言とかしてしまうと思うんですが、どうぞよろしくお願いします(笑)

当面は今の選手を維持したいなぁ。
ゆたか然り。木島然り。ゴンさんもだし、コモやヤスも。
とにかく声かかりそうな選手たちはキープ。

もちろん優秀な選手を連れてきてもらうのにも期待してますよー☆

頑張って。GM♪


そして、そういう選手たちを集めるには、結果はともかくもっともっと良いサッカーをしていかないといけませんね。ロアッソ熊本の可能性を感じさせるような試合を。今シーズン残り14試合で。

それが選手たち、スタッフたち、サポーターに届くことでどんどんビックになっていくんじゃないでしょうか。

頑張って。監督♪

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


直前。横浜C戦。

やばい。プレビュー書くつもりが書かなかった。

正直ポカした。


前節の印象をサラッと書くと、最近の横浜Cのスタイルは省エネ重視に見える。
ベテランの選手が多いことが大きく関係していると思われる。
良い意味ではテクニックがあるから1対1でもきっちり回せる、悪い意味では体力がない。

そして、以前よりもアンデルソンがシステマチックな動きをするようになった。
池元との相性も良いようだ。

前のでも書いたとおり、スタイル的には前節対戦した徳島のよう。
徳島よりは前から今のスタイルに取り組んでるから、システム浸透度は上かな。
ソウザがアンデルソン、アンドレジーニョが池元という感じでいいと思う。
あとは、中盤の構成力は横浜Cの方が上か。ただし、プレスという点では徳島の方が走ってる印象があるかも。

これらのことから総合するに、おそらく横浜Cは前半・後半それぞれで山場を作ってくると思う。
それが試合開始直後か、中盤か、終盤かは分からない。
けど、どこでスパートされようと、その時間帯は絶対に耐えること。
それが一番大事だと思う。それができれば、前節と同じような流れになると思う。

暑いホームを自軍に有利に活用できるようなゲーム運びをして欲しいね。
巧くしのげば、絶対に足が止まる時間帯が出てくるよ。

あとは、カウンターに要注意。
アンデルソンと池元は2人で崩しにかかるから。是非ともうえみーにはリベンジしていただきたい。



世間は五輪祭りですが、うちらは当然ロアッソ熊本応援でしょ。
ま。わたくし会場にはいけませんが…

連勝を…
そして、totoのキャリーオーバーを(笑)

是非ともよろしくお願いします☆




あっと。今観たんですけど、JsGOALのウイイレカウントダウン。
今日はロアッソ君みたいですね。
たまたま見たらロアッソ君だったから何か良い気分。
これは何かしら良いことあるんじゃないかと楽しみにしております。


ではでは試合後、歓喜の中で会えることを願いつつ…

新加入選手


昨日の五輪代表の試合を観てて思いました。


あぁ。おれもJサポか…と。


以前、トリサポの友達が「応援するチームがあると代表への興味はなくなるなー」と。
その時も、当然、分かったつもりで「まぁそうだねー」と言いましたが。

今なら本気で分かる。その気持ちが。

ジーコ時代から代表には興味がなくなりつつあったんで、それほどの違いは見た感じでは分からないかもしれませんが、主観においては全然違うね。まったく気持ちが入らない。

具体的に言うならば、応援するチームがどんなダメな試合をしても最後まで応援してようという気持ちは尽きないのに対して、代表がダメ試合すると諦める早さが尋常じゃなくなってる。

これが幸せなことなのか。不幸せなことなのか。

こないだまであってたEUROのヨーロッパの人たちのように、愛するクラブを持ちながら、自国の勝敗に本気で一喜一憂できるような人間にもあこがれるなぁ。

達観するにはまだ早い。無駄に騒げるようなテンションが欲しい。

うちの選手が代表に選ばれたらまた変わってくるのかなぁ。



関係ない話が長くなりました。


新加入選手が発表されましたね。ソックン。

以下、太字はオフィシャルをコピペ。

2008-08-08 新加入選手のお知らせ
下記選手の入団が決定いたしましたので、お知らせいたします。

クォン ソックン 選手
・ポジション/背番号:MF / 34
・生年月日:1983年5月8日(25歳)
・出身:韓国・慶尚北道
・身長/体重:170cm / 65kg
・略歴:
高麗大~蔚山現代ホランイ〔韓国Kリーグ〕~蔚山現代尾浦造船〔韓国Nリーグ/期限付〕~蔚山現代ホランイ〔韓国Kリーグ〕

(コメント)
ロアッソ熊本でプレーできることを嬉しく思います。一生懸命がんばりたいと思います。



とりあえず熊本にいらっしゃい!
蔚山がどんなところかは知らないけれど、きっと熊本の方が暑いだろうし、海外生活は初めてっぽいから、うまいこと馴染んで欲しいな。サッカーはそれからだ。チャ様にはホントよろしくと思う。

どんな選手か分からないんですが、テクニック系のMFとのこと。
線が細い。背もそれほど高くないとのことなので、これまでJで活躍してきた韓国籍の選手とは種類が大きく異なるタイプの選手かもしれませんね。

最近だと、水戸のパクチュホとか草津のペスンジンとか、韓国の若くていい選手たちがJ2には在籍していますし、きちっとスタメンを奪ってます。それに続いて欲しいね。ソックン。

とりあえず楽しみです。今度練習見学にでも行ってみようかな。

翔平あたりはかぶってくるんじゃないのかねぇ。大変だ。
MFの更なる切磋琢磨に期待です。

あとは、DFも1人くらいほしいですね。何か漠然とすごい選手が(笑)



そういえば、こないだの横浜Cの試合観ました。
詳しくはまた明日にでもしようかなと思いますが、何とかなる気もします。
徳島戦と同じような展開に期待ですね。
まずは守備陣が踏ん張って、攻撃陣が応えるそんな展開を。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 徳島ヴォルティス in 鴨池


いやぁ。こんなに快勝するとは…


3-0

もいっかい

3-0


徳島さんの悔しさは計り知れないものがありそうなので、次の対戦が恐ろしいですが(苦笑)
なにはともあれ、今はもろ手を挙げて喜んでおきましょう☆



今節はニューヒーローが出て欲しいなぁと書きました。


他のサポさん的にはいかがだったでしょうか。

おそらくそれぞれ別の選手を挙げたりするのでは?


ニューであるかどうかはさておき、11人、いや、ベンチも含めた16人、いや、監督やスタッフも入れた鹿児島にいたメンバー全員がヒーローだと。そういう試合でしたよ。

だれを誉めるというのも難しい。


強いて挙げるとするならば、うえみーですかね。個人的には。

これまでは、たまにマークを外したり、最後飛び込まずに楽にプレーさせたりしてしまうこともしばしば見られましたが、今節に関しては、体で守る、文字通り、体を張ったディフェンスを見せてくれて。福王やチャ様をはじめ、DFラインをずいぶん引っ張ってくれた印象はありますね。ばっさん不在の今、うえみーには獅子奮迅の働きをしてもらわねばなりませんので。その期待に十分にこたえるプレーでした。



ちなみに、今節のキーは前半の踏ん張りにあったのではないかと思います。

うえみー以外にも、中盤の3人がよく走り、木島までがDFラインまで下がって守備したり、ばっさん&矢野の穴を福王&チャ様が必死に埋め、太くんが気合の入ったセービングをみせる。
もちろん相手の不出来もあったでしょうが、そこでやられなかったということ、これが大きかったなぁと。

今までは新戦力や久々復帰組、不調組にあっさりやられて、そのまま持っていかれることが多く、無駄に相手を勢いづかせることが多かったですよね。リチェーリやアンデルソン、マラニョンなんかがそう。こないだの菊池もそう。

そういうのに弱いのかなぁと思ってたんで、今節の徳島戦は無駄に不安になってました。
アンドレジーニョとソウザにやられる場面が多いんじゃないかって。
実際、前半は紙一重の場面も数多くありましたし、1点でもとられていたら、危なかったかなと。


ただ、まぁうちの、今のシステムになってからは少ししかたってませんが、やってきたことは開幕当初からずっと変わってないからね。

中盤で走りまくって人数で相手を圧倒する。
相手MFが縦のパスを入れにくくするためDFラインは常に高く保つことを意識する。
攻撃はシンプルに素早く、サイドを使い、FWだけでなく、MFも中央に飛び込める形を作る。

システムが変わったのは、もっと中盤を厚くして、相手を圧倒するためだし、サイドの高い位置に選手を置くことで、相手SBにだれがチェックにいくかを明確にするのが目的でしょう。おそらく。SBは現在主流の4バックにおいてビルドアップのキーになることが多いですからね。ここにプレスをかけることは中盤のプレスで奪うことと連動して非常に大事だと思いますから。


対して、徳島はドゥンビアが抜けたことで、開幕前から準備していたフットボールとは大きな方向転換を余儀なくされており、少しずつフィットしてきているとはいえ、まだまだ合ってこない。

となると、今は背骨を作ることが大事で、相手に合わせたシステムや戦術を実行する暇などない。とにかく基本を大事に。少ない決まりごとを繰り返し行わせる。

そういう風に見えました。
熊本に勝つための対策をしてきたというよりは、とにかく自分たちのサッカーを確立しようと。

おそらくこれから終盤にかけて、どこかで徳島の歯車はかみ合い始めることでしょう。
そのときがはじめて第1クールのリベンジを果たす試合になるのではないかと。

今節はあたるタイミングが良かったという部分も少なからずあるかと思います。



そんなこんなで、結果、点差が離れてしまったのかなと思います。

もちろん、最初に書いたとおり、うちは頑張ったと思います。
あまり深いことは考えずに、今は自分たちのやっているサッカーを信じて前に進んでもらいたい。
湘南戦の惨敗の後に、今節のような快勝ができたということは、少なからず持ってるよ。運。

順位的には愛媛が見えてきたし、ゆたかは寿人が見えてきた。がんばってこ。



さて、だいぶ書いたので、もうちょびっとだけ…
...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


ばっさんのケガ


ちょっと前にオフィシャルで発表されましたね。


2008-07-30 河端和哉選手のケガについて
7月27日(日)J2第28節(湘南ベルマーレ戦)の試合中に負傷しました河端和哉選手は、下記の通り診断されましたので、お知らせ致します。

・検査結果:左肩甲骨骨折
・加療期間:6週間程度を要する見込み



前回の記事で、たのさんがコメントでおっしゃっていたとおり、肩でしたね。
6週間ということは、きっちり計算しても9月13日の第35節あたりまでは不在ってこと。
うちは第45節がお休みなので、出場の機会は限られてくることになりますね。


次節と次々節は矢野も累積警告で出場停止。
DFラインのやりくりは非常に大変になってますが、是非ともニューヒーローに登場してほしいですね。
やっぱり試合に出てこそ能力が伸びるものだと思うし。


明日の対戦相手・徳島は新外国人2人を獲得。

小さくてちょろちょろ動くアンドレジーニョはドリブル突破というよりもボールをもらう前の動き出しで勝負するタイプの選手のようです。パスも上手いところに出すし、中央よりもサイドを突破されたくないタイプの選手ですね。

もう1人は大きくてボールを収めることのできるソウザ。こないだの愛媛戦では何度もヘッドで競り勝ち、オフサイドになりましたが、技術の高いヘッドでネットを揺らしました。この手のタイプはあまりうちは得意ではなさそうなので注意ですね。

システムは4-6-1とも4-3-3ともとれる布陣で、ここ2試合のうちと同じ。
形が一緒ということはねらいも互いに同じ。

まずは、中盤でどちらが主導権を握るか。
そして、FWに入ったときに後ろがどれだけフォローできるか。

DFは1トップに対してCBが2枚みるのが基本となりますので、普段どおりのリスクマネージメントができれば、速攻でバタバタする試合にはなりにくいと思います。

真夏の鹿児島決戦。

走りあい。
先に動けなくなった方が負ける。

体力が同じなら1点勝負。
一方の体力が尽きれば、大敗もあり得ますね。

順位的には裏天王山ですが、それに似つかわしいというか、似つかわしくないというか、とにかく観客を魅了できるような試合ができると良いですね☆



とにかくニューヒーロー希望。


男の中の男・・・

でてこいやっ!

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。