ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs ザスパ草津 in 正田スタ

負けませんでしたっ☆

しかし、勝てませんでした…orz


そんな感じでしょうか。


負けなかったことは評価できる。
良かったし、頑張った。それは、間違いないね。

だけど、勝てたしー(笑)

人数少なかったけど、決定機も数度作れた。
正直、草津の決定機とどっこいどっこいだったと思う。

まー。仕方ないか。


3連勝はまたってことで。
本州での勝利もまたってことで。
同カード勝ち越しもまたってことで。

次からの試合でチャレンジするぞ!
間の天皇杯も入れて、4連勝だ!ってことで。



では、内容の方を…


...read more
スポンサーサイト

草津戦プレビュー


明日は、難敵・草津戦。

今年は強いよねー。草津。
去年までの草津はデータでしか分からないから、今年何が変わって、こうなったのかは全く分からない。

まぁ予想は出来るよ。

ベースがしっかりしてきたとか。
新加入の選手たちが活躍しているとか。


でも、そういうことだけだろうか。

前の記事でも書いたけど、今年初めて連勝したらしいさ。草津。
なんだか、その辺の「自信」みたいなもんが一番大きい気がする。

1つ1つ記録を更新してきて、いいサッカーをやれてるっていう実感がある。
そういうものが草津イレブンの心の支えとなっているのではないか。


さて、この視点でうちを見てみよう。

新入生であるがゆえの記録更新ラッシュ。
そういう楽しみはうちの方がたくさんあるはず。

翔平がブログでいいこと言った。

「ロアッソの歴史をぬりかえる」

そのとおり。

そうやって更新できることを、
その中に自分の名前が、プレーが刻まれていくことを、

是非楽しんで欲しい。



明日の草津戦。

対戦成績は1勝1敗の五分。

草津はホーム初戦の相手だった。
そこで勝てたというのは大きかったよね。
何より逆転勝利だったからさ。

2回目の対戦はアウェーで。
初めて4-5-1を試した試合。
結果は2-0で負けたけど、内容的にはどっちにころんでもおかしくなかったと思う。
ただ、玉際でのギリギリの勝負で負けてたから、結果妥当だと言わざるを得なかった。


そして、明日。3度目の対戦。

相手はミッドウィークの試合がなかったから、1週間ぶりの試合。そして、ホーム。
体調面でのコンディションには差があるのは仕方ないと思う。

ただ、メンタル面ではこっちも負けてないよ。

鳥栖の超アウェーでの勝ち。
圧倒的ホームで横浜Cに劇的勝利で連勝達成。

次は、九州外での初勝利+3連勝がかかってますね。
加えて、同カード初勝ち越しもかかってます。

関東のロアッソサポにも見せてあげないとね。
ロアッソ熊本は普通にJ2でやっていけてますよ☆ってとこ。


キーはやっぱり中盤になるんだけど、左サイドはどうなるんだろうね。

個人的には、今回はチャ様より矢野の方がいいかもと思う。
熊林がためて、チェソンヨンが上がってくる形は破壊力あるし。
島田がワイドに開いたとき、左SBが中に絞る場面も多くでてくるのではないかな?

あとは、松下とガチで対面するのは初めてじゃないっけ?
初戦はコンディション不良で途中出場、第2戦は出場停止でいなかったよね?たしか。
J2の中では屈指のミドルシューターなので、ロングやクロスを跳ね返した後、その後の集中力を切らさないようにしたい。

他は、ここ2戦で出来ていたことができれば、きっとやれると思う。
特に、カウンター対策として、きっちり攻めきることだけ注意せねばね。


さぁ。どうなる?

明日がすっごい楽しみだ。

明日のこの時間も同じように楽しい気分だといいなぁ。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 横浜FC in KK-WING

2008年9月23日。

ロアッソ熊本関係者にとっては忘れられない日になりました。記録ずくめの1日。


1つ。陽介初陣

これまでサテや練習試合で結果を残しながらベンチにも入りませんでしたが…
まずは、おめでとうと言いたい。
レッズから横河武蔵野FCまで。プロから社会人まで。苦労してるもんな。

それにしても、監督。ここで使うとはにくいねぇ(笑)
こういう采配はなかなかできない。
もしかしたら池谷監督はJ屈指のモチベータータイプかもね。


1つ。孝輔J初ゴール

解説の池ノ上さんもおっしゃっていましたが、この試合を通してゴールに向かう意識が高かった。孝輔に関しては、そんなにシュート技術のある選手とは思わないけど、それでも外すのを恐れず、チャンスがあればきちっとシュートを狙いにいけた。その姿勢はこれまでのロアッソMF陣にはなかったもの。

加えて、攻撃ばかりを考えて動いているわけじゃなくって、仕事もきっちりしてたし。その辺のバランスがすごく良かったなと思いました。

まだまだフワッと守ることはありますが、孝輔若いから。これからでしょう。
類まれなる運動量を武器に、これからのますますの活躍を祈ってます☆


1つ。1試合の観客動員数が1万人突破

これまでは、2006年4月30日の三菱水島FC戦の8999人。
なかなか更新できなかったんだよねー。この記録が。

2007年は無料招待券抜きでの動員はあったけど、J参入という大目標の手前、「有料入場者」にこだわる必要があったしさ。無理だよねー。さすがに。
そういう意味では、本気で動員をかけることができなかったといえますね。ちなみに、去年の第1回サッカーフェスタはあの時でしょ?昼間にロアッソ熊本vsHONDA-FC、夜に大分トリニータvs柏レイソルの日。かなり良いイベントだったと思うけどね。

そして、今年。第2回サッカーフェスタ。
スポンサー様の力を借りて、動員をかけてみる。
サポとしては、ロアッソ熊本の未来は明るいと信じて疑ってない!と言いたい所だけど、1万人を集めるってことの難しさを知ってるし、県民の興味が現時点でどれだけロアッソ熊本に向けられているかということについては、あんまり自信がなかったってのが正直なところ。

で、当日、まぁすごかったね。
試合開始の1時間前には着いていたんだけど、すでにメイン駐車場満杯。
この光景はありえない。見たことない。

でも、駐車場だけでは信じないよ。
テニスの大会とかあってて多いのかもしれないしー。
入り口も特にいつもよりめちゃくちゃ多いって感じじゃなかったしさ。
たしかに、にぎわってはいるけど、いつもよりやや多いくらいじゃないのーって感じの。

そしたらですよ。
バクスタが。いつもガラガラのバクスタが。
いつも座るところもがっつり座られてるし、なんじゃこりゃですよ。
まぁ1時間前だし余裕だろと思って行ったのに。なんか端っこの方に。
結局それがファインプレーだったりもしたんですけどね(笑)劇的ゴールを目の前で見たから。

15588人

この数の重み。

たぶん参入したばっかのクラブのサポの我らだから分かるっていうのもあると思うのね。
たぶんJリーグバブルのころに出来て、普通に1万人集まってた時代のクラブには「スポンサー様の力を借りての1万人越えなんて…」とか思われるかもしれないけど。

地元にJリーグクラブのある喜び。幸せ。誇り。
そして、それがもたらしてくれる明るい未来を感じました。

現時点でもこれが出来るのなら、KK-WINGが満員になる日も…

近いとは言わないけど、きっと来る。必ず来る。

そういうチームがある。そういうものが地元に存在する。

それを誇れるように。もっともっと全国へ。
認知度を上げていかないとね。
試合を観に行ったことがないなんて恥ずかしくて言えない!くらいの状況にせねば。


そして、最後にそれに花を添えた連勝。初の連勝。

今年、草津がJ参入して初めて連勝したと知りました。
同級生の岐阜は軽々と乗り越えていったけど、新規参入チームがJリーグで闘っていくことの厳しさを目の当たりにした。

6度の失敗。7度目のチャレンジ。
あぁまだまだうちは連勝できないのか。
今年連勝できなくても、しょうがないのか。

そう思っていた矢先の出来事。

正直、日程を見た感じ、ここの中2日の鳥栖-横浜Cの連戦で達成できるとは思わなかった。
勝利を疑っていたわけではないけれど。これまでの戦跡を見るとやっぱ厳しいなと。

だから、輪をかけてというか、二重にというか、とにかく嬉しい。
本当は「嬉しい」とか「とても嬉しい」とかそんな単純な言葉で言い表せるような感情ではないのだけど。



今シーズンを迎えるに当たり、池谷監督が用いた言葉(J'sGOALより)。

「育て、鍛えて、いかに財産を積み上げて行くか。」

この財産とは何なのか。

チームとしてのバックボーン。選手育成。
そういうものを指してるのかなと思ってましたが。

これはきっと選手やチームだけを指しているのではないよね。

プロのある街としての文化だったり、姿勢だったり。
県や市自体もそうだし、サポもその財産の一部なのだと。


その1つが実をつけ始めた。
その目標の行方を9.20に確認できたと言えるんじゃないでしょうか。


達成感

そういう気持ちかな。
あの時、根底に流れていた、ホッとした様な暖かい気持ち。


でも、これから。もっともっと達成していかなきゃいけない。山ほどある。


初年度はこういう年だった。

ずっとずっと後になって、今年のことを振り返ってみる時。
たぶんこの試合のことを語るんだろうな。

のちのち増えていくニューカマーに。この日のことは伝えていくことになるでしょう。

そんだけの記念すべき日でした。


心から思います。


勝ってよかったぁぁ



では、フワッとした感想はここまでにして(笑)

試合の内容について、思ったことを、以下書いてみます。




...read more

横浜FC戦プレビュー


あーやってもたー。浸りすぎたー。

できれば、もう少し浸りたいって感じですが。

そうこうしてる間に、明日は横浜C戦ですか。


今さらっと横浜Cサポさんのブログを観てみたんですけど…

やはりあまり苦手な印象はもたれてない様子。
当然ですよね。第1クールはひどい負け方でしたもんね…orz

でも、うちだって特に苦手な印象はないんじゃないかと。
第2クールはすごい良い試合だったし。勝てなかったけど。


今節は相手のエース・アンデルソンが出場停止ということで。
これをラッキーと見るか。アンラッキーと見るか。

ぶっちゃけ、個人的にはアンデルソンの方が楽だった気もするな。
第1クールのことがあるからやられてる感はありますが、PKとバランス崩れてる状態での失点だし。第2クールの試合でのことを考えれば、十分対応できることを証明できていると思うんですけどね。

逆に、池元と難波の方が嫌ですね。
早めのアーリークロスから前に向かう意識の強いFWたちですから、手を焼きそうな気はします。
入らなくても、やや遠めでも、打ち切ることの出来る二人ですからね。こちらがマークをルーズにしてみたり、ちょっとサボってみたりすると一気にやられる可能性はありますから。注意です。

加えて、このコンビの方が前目からアタックしてきそうなこと。
前回対戦では横浜Cがわりと持たせてくれたので、うちとしては楽に試合することができました。
この戦術は第1クールで見事にカウンターを喰らって大敗したという経験からきたものですが、そのままずばりでしたからね。
選手が変わって同じような展開なら心配はしないんですけど、そこら辺をまず見たいですね。


うちはチャ様が出場停止ということですが、守備力を考えれば、矢野の方が上だと思うし、鳥栖戦をみても前のポジションの選手との連携が今ひとつだったので、それほど大きな問題はないかなと思いますね。そこはそんなに心配してないです。


ま。とにかく鳥栖戦で見せたパフォーマンスが維持できてれば、簡単に負ける気はしない。
今回も、正直、そんなに心配はしてないですね。


そろそろゆたかさんのゴールが見たいなぁ。
寿人がどんどん離れていってるからさー。ここらで追撃の狼煙を。一発といわず、何発でも(笑)

あとは、やっぱゴンさんですかね。前節久しぶりにゴール決めたんで、続けて欲しいなという気持ちはあります。

もちろんFW陣に限らず、中盤も撃てる時は撃つ。これ大事。
けっこうシュート技術持ってると思うけどなー。ダイシとか翔平とか特に。



お客さんも多いみたいだし、変に気負わないでほしいですね。

前節、池谷監督が言ったことだよ。

「楽しめっ!」

それに尽きる。




あと、鳥栖戦のレビューは書きます。
もしかしたら横浜C戦のものより後になる可能性もありますが。
とにかく書きます。あんな良い試合の感想を書かないままで終われない。

でも、その次もあるから、あんまりためないようにしないとやばいですよねー(苦笑)

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


勝っちゃったよ

うひょぉぉぉ

勝ちますか。今日。勝ちますか。


昨日の気分が当たりました。
ただし、ついでのtotoは当たりませんでした。


んにゃ、それでもよかろう。

ロアッソ熊本が勝つことが一番大事。


昇格争いしてる鳥栖さんには少々申し訳ない気分ではありますが…


2万人入ったベアスタで、

ゴンさんとキジのゴールで、

感無量です。


決めた二人ももちろんですが、DF陣も中盤もようやった。頑張ったなー。
ゆたかさん。ナイスヘッドです。ナイスアシストです。


ここで連勝チャレンジできるとは思わなかったね。

23日が楽しみです。


試合内容はまた後日にしますね。
良い所もたくさんあったし、課題もいくつか見えましたので。


現地に行かれた方、スカパーや速報で観戦された方、もちろん選手・スタッフ一同様

おつかれっしたー☆

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


鳥栖戦プレビュー

結局、明日行くことになりました。

人が多く集まるandアウェイ席がいつもの半分になるという点で、現時点では非常におっくうな気分ですが、とにかく勝つといいですけどねー。それが全て。

頑張って応援しましょ!



さて、明日の相手・鳥栖ですが、ここ4試合勝ちなし。現在は3連続引き分け中。
第3クール開始時には3位にいましたが、35節終了時点で6位。

3位との勝ち点は3ですが、チームのスタイルと現在の得失点を考慮すれば、昇格争いしてるライバル相手に勝ち点で1でも上回らなければいけない状況。引き分けでは良しとできない。是が非でも勝たなければいけないという厳しい状況ですね。

チームの状態は決して悪くないと思います。
苦手なチーム、最近好調な中位チームに負けなかったということは評価できるのではないでしょうか。
一方で、勝ちきれなかったということはもちろん、ここ数試合完封試合がないことが気になります。


キープレーヤーはジュビロからレンタル移籍してきた船谷くんですかね。
ゴールに近い位置でのいらないファールは即命取りです。

あとは、GK室、DF飯尾を中心とするディフェンス陣とどっからでも決めてくるFW藤田には注意しないといけませんね。藤田の相方にもよりますが、どっちかというとレオナルドの方が嫌ですね。

ともかく、それぞれに注意が必要なわけですが、結局、DFとFWのつなぎ目をどれだけ効果的に寸断できるか。そこがキーになりそうです。高橋・船谷などミドル打てる選手もたくさんいるんで、その点でも、「高目からの連動したプレス」がうちの生命線になりそうですからね。


うちとの2回の対戦は、1-1と0-1で鳥栖の1勝1分。
第1戦はベアスタで、前半が鳥栖、後半がうちという流れでスコアに見合う互角の試合。
第2戦はKKで、うちが全体的に押し気味に試合を進めるも、効果的なカウンターと分厚い守備に敗れる結果に。

仙台とは違い、鳥栖はそれなりにベストメンバーをそろえての結果なので、相性は悪くないかと。
今日の感じだと、明日の天気は晴れっぽいし、いいコンディションでのぞめるんじゃないかと。

とはいえ、鳥栖からすると、下位のうちには絶対に、ダービーという名前がついてるからという以上に、どうしても負けられない試合になります。

だからこそ、スポンサーの力をかりて、2万人の動員作戦をかけ…

9.20

この日を迎えることになりました。


すごい状況だよね。


なんでうちとの試合のときにそういう気合入れるかなぁ…orz

…と思う反面、

絶対負けられない戦いの相手に選んでもらえて光栄です☆

…っていう気持ちもある。


ま。もちろん「悪いけど、期待通りのかませ犬にはならんですよ。」っていう結論ですが(笑)

明日は2点。2点勝負でしょ。
2点とることよりも2失点しないことが今のうちには大事かなと思います。
フォーメーションもメンバーも若干変更するという情報がありますので、そこら辺も楽しみですね。

うち下位だけど3連敗までしかしてないし、ここらで止めると思う。そんな気がする。
仙台や甲府が相手のときほど悪い気分じゃないな。あくまで気分の話ですが。しかも、個人の。

でも、その気分が当たればなと思います。ついでに、totoも当たればなと思います。
台風で試合が流れなければいいねー。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


仙台は監督が交代してしまうの?


来季仙台監督に山本昌邦氏就任が確実


うおっ!?っと思いました。

記事によれば、来季J1に昇格してようがしてまいが関係ないとのこと。

うちが今季からJ2に参入して、以前よりは確実にJ2の試合をたくさん観るようになり、今では全てのチームがどんなチームであるか、どんな選手であるかを把握できるようになりました。

その中で、J2の中で、仙台と甲府は今シーズン序盤から良いサッカーしてるなぁと思ってたんですけどねー。ま。広島は選手個々の能力がJ1仕様なので別格として。

双方共に新監督・初J監督・若い・去年のサッカーを継続というスタンス。
同じチームを長くしてればそれなりに見えてくるものもあるし、山形の小林監督なんてのはもはや名将ですからねぇ。
やること全て初体験!ってことも考えられるのに、よく頑張ってるなぁと思ってました。

そして、何より、能力ある選手たちを揃えてもなかなかうまくいかないサッカーというスポーツにおいて、日本人を中心としたつなぐサッカー、華麗なサッカーを体現してる2チームが、うらやましく思ってたんですけどねー。個々では厳しい闘いになるうちのようなチームのサポとしては。

くしくも、両チーム共に、得点力不足にあえぎ、現在の順位に甘んじている(といっても仙台は4位ですが)という状況にありますが、前途は明るいと思っていたんですけどねー。前線に外国人を入れるだけで、これだけ変わるということは、元々チームの基盤がしっかりしてた証拠なんだろうなと思うんで。


山本監督っすかぁー。
あんまり良いイメージはないかなぁ。勝負師としては。

それに、どっちかというと育成系のイメージがあります。
なので、若返りを目的として、そのシーズンは成績に大きくこだわらないようなところの方があってるような気もします。

だから、仙台なんだーっていう感じはしますね。
J1に上がっても上がらなくてもです。


他にも、GMが唐井氏になるとか、社長が代わるとか気になる点は多数ありますが、それの良し悪しは他サポにはよく分からないんで、結果的に良い方向に向かうといいですねという程度の言及にとどめておくことにします(笑)


手倉森監督としては、仙台をJ1に上げればもちろんのこと、仮にそうでなかったとしても、オファーは来そうですね。なんとなく。監督の未来にも幸運を祈りつつ。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs ベガルタ仙台 in KK-WING


昨日は早く寝て、今日は思いつきで天皇杯1回戦を観に行って…

ようやくきりかえれそうです(笑)
あー。よかったよかった。


勝った大津は2回戦は沖縄かりゆしとベアスタで対戦。

何の因果かまたまたロアッソ熊本の試合の次の日に同じ場所で試合するわけですな。

これは大津を観に行った方が楽しめるかも…

いかんいかん。
全然切り替えれていない。


先日の県予選決勝戦をほとんど観ることができなかったのと、大津の4番藤本くんがえらい評判がいいので(うちが守備力低いからでしょうけど…orz)、是非とも観たいなと思って。

試合の結果は2-1で大津の勝ち。

相手の日本文理大もフィジカルでは圧倒してましたし、チャンスもたくさんありました。

が、守る守る。体で止める止める。

日本文理大のシュート、枠内のものはほとんど大津DF陣がブロック。
文理大の方も完璧に崩してやろうとすることで何テンポか遅れた場面はたくさんありましたが、それ以上にきっちり守ってた大津守備陣にビックリ。失点は2点リードの終盤になりふり構わないパワープレーから押し込まれてしまいましたが、頑張っていたと思います。システム出来不出来以上に、ゴールを割らせないとする気迫がありましたね。

昨日の今日ですからねー。
大津の子たちが大学生相手に必死にブロックにいく姿を見て嬉しくなると同時に少し悲しくなりました。
こういうの見たいのになー。


いかんいかん。
切り替え切り替え。


大津の得点はいずれもセットプレーから。
1つ目は左CKからグダグダっとなったところに藤本が飛び込んで、押し込んだ!という感じのゴール。泥臭かったけど、良かったです。何となく大分の森重と同じ匂いのするプレーヤーですね。これからもっともっと強くなって欲しいなと。

2つ目は直接FK。3番の岩崎くんですっけ?後半途中までは7番の左と6番の右でFK蹴ってたんですけどね。7番の子が交代して。そもそも良い選手だなーと思って観てたんですが、まさかあんなキック持ってるとは…何気に買いな気がします。左SBに困ってるチームには特に。そこそこ体も大きいし。うちが去年獲得した網田くんとちょっとかぶってくるのかなー。ただ、DFなら今日の子の方が巧い気もしました。あ。もちろんわたくしの網田評はプレシーズンのTM時で止まっているので今の網田くんより上だという意味ではないですよ。

あとは、仮に藤本くんにオファーが殺到するような状況ならば、5番の比嘉くんも良い選手だと思いましたけどねー。1対1は藤本くんより落ち着いている気がしたな。カバーリングも巧いし。DFとしては藤本くんと甲乙つけがたい能力の持ち主かと。

個人的には右SBの2番の子も面白かったけどなー。体型的にチャ様っぽいので、プロのDFとなると少々厳しいかもだけど。良いキック持ってるし、運動量もある。もう少し瞬発力とドリブル鍛えて1つ前の右ハーフで勝負できるようになると面白いけどな。


…とまぁ今日は、切り替えた上で、DFの選手ばっか観てましたけど、ボランチの6番や14番も気の利いたカバーするし、サイドの11番はドリブル巧いしね。7番は左の良いキック持ってるし、10番はフィジカル系のトップ下といいますかがっつり体張れるし、9番のFWの子も厳しい展開の中、フォローのない中でめげずによく走ってた。交代で入った子たちはまだまだプレーが若いなって感じでしたが、面白い素材を見せていただきました。


去年までは鹿児島で、鹿実や神村、城西なんかを好き好んで観に行ってましたが、今年の目玉FW大迫くんとかは社会人ヴォルカ鹿児島相手にキープできてたからねー。他の高校生の中でも抜群でした。鹿島に行くというのは少々もったいない(出番がなさそうなので)気もしますが、まぁ頑張って欲しいです。


話がどんどん逸れていってますね(笑)
でも、決して決して現実逃避では、ございませんっ!

…そういえば、最近ガキの使いで『利き○○選手権』ないなー

いやいや。間違えました。


今日は輝く未来に向かって突き進んでる子たちを見て、うちだってきっと伸びてくると、何となくそう思いました。たくさんの悔しさを糧に、それでへこたれずに、前だけを見て、進んで行こうと思いました。



よし!そろそろ仙台戦レビューですね。

なんとかいけそうだ!



では、かーなり長いですが、折り返しでどうぞ!

アンテナとかさっかりんから飛んで来た人たちには、タイトルとは全く関係のない話ですでに長くてごめんなさい!

…ってか、いつも負け試合の時に長くなってる気がするなー。


...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


仙台戦プレビュー


今日は今シーズン最後のナイター。
ホームに仙台を迎えての試合になりますね。

某スタメン予想サイトの情報が正しければ、仙台はGK林、DFが左から田村、岡山、木谷、菅井、ボランチに斉藤と千葉、左に梁、右に関口、FWがナジソンと平瀬とのこと。

うちとの試合では3回目の対戦にしてようやくベストメンバーが揃ったという感じですよね。

第1戦は九州2連戦ってことでスタメン4人入れ替えてきたし、第2戦では木谷と菅井が不在。
もう少し詳しく言うならば、第1戦ではややなめられた感はありますが、うちが先手先手をとりながら勝ちきれず2-2のドロー、第2戦はうちの選手たちが「ユアスタすごい」と口々に言うようなどアウェーの中、お互いに決めきれず0-0でドロー。

これらの2戦とは大きく状況が異なると言っていいと思います。

DFがベストメンバー、ボランチに補強した斉藤が入り、得点力不足を解消すべく加わったナジソンが前節ゴールを決めて…という万全の熊本入り。

2戦2分と一見相性は良さそうですが、その流れとは全く違う厳しい流れになりそうです。


Jsゴールのプレビューではサイドの攻防がキーになるとのことでしたが、もちろんサイドも重要ですが、個人的には中央での覇権争いがキーになる気がしています。

フォーメーション上、うちが数的優位を作り出せるのは中盤ですから、まずはそこできちんとパスを回せるか。当然相手のプレスも厳しいと思いますんで、とりあえずはそこから。

あとは、仙台がロングボールを多用するチームではなく、短いパスを繋ぎながら攻撃してくるので、守備から攻撃、攻撃から守備への切り替えをこれまで以上に早くすることが求められます。

展開的には第3クールのC大阪戦と同じような流れになるでしょうか。
最初の相手のシュートの何本か。これをきちっと止める、または外させると少しずつ流れが傾きそうな気はします。


確かに厳しい試合ではありますが、決して勝てない試合ではない。
焦ることなかれ。速攻が無理っぽいならば遅攻も良し。カウンター・速攻に行くべきところ、そうでないところをきちんと判断し、勢いのある時間帯できっちりゴールを奪うこと。

レベルの高い相手に当たり前のことをすることが非常に難しいのは重々承知ですが、それでも。
ここ2戦で貯まった鬱憤を晴らしてくれるような試合を期待しています☆

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


きっと景気のせいだ!

完全に自分を棚に上げてます(笑)


三笠フーズのおかげで危なかったですねぇ。

いや。過去形にするのはまだ早いか。
少なからず売り上げが落ち込んでしまうのはしようのないことだし。

とりあえず表面的にですが、われらが大スポンサー様・高橋酒造さんに直接の被害がなくてよかったです。もちろん他の地元メーカーさんのこともありますから、素直に喜べませんけどね。

加えて、あんまり景気の良くない地方経済において、こういう話はこれでしまいにしてほしいですよね。まったく。地元はさ、焼酎メーカーさんの素早い対応で何とか大きな影響はでなさそうですが、やっぱり他の地域との兼ね合いになると敬遠されかねませんからね。


ほんっっっと、なにやってくれてんねん!かんべんかんべん。

でも、一方で厳しいんだろうなぁとも思いますよ。三笠フーズもね。
やったことは非常に悪いことなので、どうにもフォローは出来ませんが、同情はします。




さて、今頃気付いたんですが、今月はけっこう観戦忙しいですねぇ。

何を隠そう、わたくし、先日のC大阪戦で第3クールシーズンチケット買いまして。
いやぁ。なかなか年間のやつは予定が立たなかったので買えませんでしたが、第3クールのシーズンは見通しが立ちそうだったので、行けるかなと思って。

そしたら、7日の水戸戦、13日の仙台戦、20日はアウェイですが行くと決めているので鳥栖戦、そして、23日には横浜C戦ですか…

正直チケット買ったときは、2週に1回のつもりで買ったんだけどなぁ…
次からはもうちょい考えてから購入することにします(苦笑)



まぁなにはともあれ、チケットあったら行かなきゃと思うし、幸か不幸か今月は試合をたくさん観れるってことで気合入れていかんといかんですなぁ。

あんまりお金ないんだけどなぁ…どうしよう…


そろそろtoto当たらないかなぁ(笑)

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 水戸ホーリーホック in KK-WING

現実はなかなか厳しい。

そういう感じの敗戦だったでしょうか。
それなりに攻めれたし、それなりに守れた。
点差は2点と離れたけれども、実力差は紙一重だった。

そう思う。

だけど、結果は負け。
水戸には今年一度も勝てずに終わる。

山形や湘南には2戦2敗だけれども、上位だし…と割り切ることもできようが。
水戸は順位的に2つ上。
笠松では勝てた試合を引き分けに持ち込まれ、第2戦は完敗。
前節の敗戦のこともあるし、選手たちは強い気持ちで臨んだのでしょう。

ホームでのリベンジマッチ。

個人的にもC大阪・甲府・水戸の3試合は非常に重要な試合になると思っていた。
ここで勝ち点4以上とれれば10位までを視野に入れれると。
それ以上に、横浜C戦と福岡戦で逃した勝ち点を悔いないような展開にして欲しかった。

結果、うちは負け、横浜が勝ち、水戸が勝ち、愛媛が引き分け。
当面の目標となるチームに離されることになった。


これがリアルか。ちょっと悲しい気もする。


正直、10位はかなり厳しくなったと言わざるを得ない。
数字上はそうでもないけど、厳しい気がする。
そして、来年に向けての生き残りを賭ける戦いもこれから白熱することになると思う。

とりあえず特にやってることが間違っているとは思わないし、目指す方向も一貫していると思うから、次は今の悪い流れを全力で断ち切っておきたい。引き分けでもいいと思う。まずは自信を取り戻そう。


これが今の限界だとは思わない。
今のメンバーでも十分やれることを証明して欲しい。


信じてる。



…という感じでオープニングはやや悲壮感漂う書き出しにしてみました(笑)

ま。へこんでばかりもいられない。次だ。次。


ただ、熊日みて思ったんですが、そろそろ「相手のほうが気持ちが上だった」というコメントを選手が出すのはやめませんか。監督ならぎりぎり許せるけど。ピッチにいるわけじゃないからさ。技術で負けるのはしょうがないとして、気持ちで負けたら最悪よ。あーた。

今回は加えて、前節があんな試合だったから、そして今節はホームなんだから、なおさらです。
タイミングによってはちょっとカチンときますんで。選手の皆さんには気をつけていただきたいなと。

もちろんキチンと考えて出したコメントじゃないと信じてますけど。
負け試合のあとはそういうの考えたくないもんね。正直。

どうしようも考えたくない時にコメントを求められたら「まだ力がなかった。それだけです。」とか「悔しいですが、切り替えて、次全力で勝ちに行きます。」とかそういうコメントの方が無難かなー。



では、負けたのでちょっと長くなってますが、以下、色々考えてみました。



...read more

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


水戸戦を控えて


拝啓、サポの皆様。

甲府戦のダメージ癒えましたでしょうか?


どうやらダイシの出停は1試合になったみたいですね。
まぁわざと…っていう感じではない…というか、悪意の故意ではないと思いますから。
妥当ではないでしょうかと。

とりあえず良かったです。
せっかくなのでこれを良い方向に持っていってもらいたいものですね。

一方、太くんはケガですか。オフィシャルだと4週間とのこと。
肉離れだそうなので、無理すれば長引くし、癖にもなりやすいので、ここは焦らずじっくり治してもらいたいものです。まぁGKはスタメン1枠だし焦るなというのもなかなか難しいかもしれないけどね。
でも、いつ怪我したんだろ?試合の途中だとしたら、よく動いてたよね。キックミスがそのせいだとしたら納得です。



そして、本日の熊日朝刊にはロアッソ熊本の韓国人カルテットの特集が。
チャ様は前にもこの枠で特集されてましたが、人間としてできる人なんだろうねぇ。
いやぁ。すごいですよ。私生活も完璧て…

試合前のゴール裏のチャントに応えてくれるコバやうえみーなんかのベテラン陣をみて「あぁやっぱプロなんだなぁ」と思いますが、もしかしたらチャ様はうちで一番プロフェッショナルな意識を持っている選手かもしれませんね。あの試合前にゴール裏前をダッシュで駆け抜けるパフォーマンス、そうとうカッコいいもんね。

そうそう。やっぱり応えた方がいいと思いますよー。アップ中でも。
さりげなくてもいいんで。サポ的には嬉しいですよね。
それだけで応援したい選手って思いたくなるもんです。


そして、チャ様以外の3人の選手たちのコメントも軽くありましたねー。
けっこうワイワイした感じで良い雰囲気なのではないでしょうか。
まずは日本に慣れてもらって、上達して欲しいですね。

とりあえず半年様子をみるとのことですが、半年でクビを切るということはないと思いますよ。
目をつけて獲得にいたったのに、短期間でクビにするなんてことをしたら、育成能力に問題ありというレッテル貼られるし、これからオファーをしていくであろう高校生や大学生に来てもらえなくなりますしね。



さて、この流れで次のスタメンはどうなるんでしょうねぇ。
とりあえずイチが戻ってくるけど、翔平とダイシが出場停止、太くんがケガ…

個人的には、前回対戦で3点とられたという点を踏まえてダブルボランチの形にしつつ、センターハーフといいますかオフェンシブハーフといいますかのところにキヨシかコモを入れるような布陣がいいかなぁなんて思ってます。

相手のキープレイヤーは赤星ですかねぇ。
荒田も当然嫌ですが、赤星がFWの位置で使われるとしたらとっても嫌です。
守備の要・大和田が出場停止なのはラッキーですね。

ま。特に大きく劣っているとは思わないし、きっちり切り替えられていればなんとかなると思ってます。
これからは順位の近い相手、横浜FCあたりまで、には勝ちたいですよねー。
アビスパにはちょっととどかなそうだけど、横浜FCのところまでならなんとかなるかも。

最後が完敗だったとはいえ、8月はわりと良い調子で、だけど勝ちきれない試合が続いていたので、9月は負けもするかもしれないけれど、ぜひとも8月より勝ちきれる月になってほしいですね☆

そしたら、きっともっと上に行けると思うなぁ。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。