ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


TM vs ファジアーノ岡山 in 県民総合運動公園補助競技場

行ってきました。
この間のは行けなかったし、明日も行けないので。

試合開始前
試合開始前アップ中

久しぶりに試合らしきものを観ましたが、良いですね。スカッとします。

天候は曇り。TM中、雨は一滴も降らず。風はほとんどなし。
気温はそんなに低くなかったです。10℃以上15℃未満くらいじゃないでしょうか。
湿度は高くないんじゃないかな。じめじめした感じはしませんでした。
自分はスタンドじゃなくて、逆サイドの方で観戦してたんですが、下も濡れていませんでしたし。


結果は、こちら↓
2009-01-30 トレーニングマッチ結果
1/30(金)県民総合運動公園補助競技場

45分×2本、30分×1本
1本目:ロアッソ熊本 1-0 ファジアーノ岡山
(8分 小森田)
2本目:ロアッソ熊本 1-0 ファジアーノ岡山
(36分 小森田)
3本目:ロアッソ熊本 0-1 ファジアーノ岡山
(10分 失点20番)


オフィシャルの動画をみましたが、なんだかピンチばっかに見えますね(苦笑)
でも、そんなことはなかったですよ。


うちの1本目メンバーは↓

------小森田------
山内----------西森
-------宮崎-------
----吉井--山本----
車------------市村
----矢野--福王----
-------稲田-------

バックラインと中盤は去年のスタメン組がほぼですね。
前線はゴンさんとキジのコンディションがまだまだってことでしょう。
井畑くんも出なかったので観られませんでした。あぁ。彼のプレーをいつ観られるんだろう。

ちなみに、岡山の布陣は↓

----西野-小林康---
川原----------臼井
----玉林--馬場----
田所----------澤口
----坂本--野本----
--------李--------

手元の背番号メモと岡山公式の去年のメンバー表・トピックスのメンバーを照らし合わせて作ってみました。岡山サポの方で「いや。それはない!」っていう配置になってたらコメントしていただくか、間違いとしてスルーしていただけると助かります(苦笑)


着替えて一番最初にピッチに出てきたのはコモ。気合いの高まりを感じさせます。
それからうちのメンバーがバラバラっと出てきて、外にあったホワイトボードでフォーメーションとか戦術とかを確認したんでしょうね。その後で岡山の選手たちが出てきました。

ピッチに出た後、コイントスをするってわけじゃないんでしょうけど、ボール決め。
キャプテンのばっさんがいないのにだれが出てくるのかなぁと思ったら、この人でした。

コイントス
ロアッソの未来を担う男

そうです。22番といえば、孝輔です。
ばっさんがいないときはキャプテンマークを巻く可能性もあるってことでしょうか。
それもまた楽しみですね。


そう思っている間にピッチに選手たちが散らばり…
vs 岡山 1本目前 ロアッソ側
ロアッソ側

vs 岡山 1本目前
岡山側

キックオフ。
ってか、このペースで写真貼り続けたらやばいことなりそう(笑)

開始早々、ロアッソが押し込む展開が目立ちます。
SBのポジションがめちゃくちゃ高い。前のワイドを常に追い越さんばかりの攻め上がり。しかも、両サイドとも。北野監督が攻撃的にって行ってたのはこういうことなのか?ちょっと怖いけど、今だから挑戦してみるっていうのもありだと思いますね。

その勢いで左CKゲット。キッカーは西森。右足で蹴ったボールは弧を描きながら真ん中からニアへ走り込んできたコモへ。その長身を生かし、マーカーをものともせず、GKも寄せ付けず、きっちりゴールへ。ロアッソ先制。まさしくあっさりというやつです。

今はどちらのコンディションもそんなに上がってないと思うんですが、やっぱり負けるのはいやだなーと。しかも、一応先輩ってことじゃないですか。Jでは。力の差は多少なりとも見せられたらいいなと不安先行で観戦してたんで、このゴールはホッとしましたね。

しかし、安堵したのもつかの間、自陣側のセンターサークル付近、イチが後方タックルを受け、負傷退場。これもめっちゃ早かった。イチふっとんでたからね。大丈夫かなと思ってたら、おんぶされてピッチ外へ。更衣室(控え室?)に入るところではケンケンでしたから、相当痛いんじゃないかな?右足ケンケンだったので、負傷箇所は左足だと思います。前戦からの守備でボールを奪った直後の惨事。

相手は3番だったから玉林かな?
うーん。まぁ後ろからだったし、あれだけじゃなかったからね。玉林くん。
一方で、攻守のリズムを担っているのも彼のように見えたし。
岡山としては彼のような人材を下手なファウルで欠くことになるのは痛いことだと思うので。
JFLもひどいけど、J2の審判もやたらファンタジーな人がいるからね。気を付けた方が良いですよ。
サッカーやってれば、ケガはつきものだし、イチの早期回復を祈ってあげて下さいとしか言えません。

その後、当然準備なんてしてなかったロアッソはそこからチョソンジンのアップスタート。
勝敗にこだわるゲームでもないし、焦らずゆっくりアップさせてたようにも見えました。
ゲームに出てる選手たちは相当大変だったろうなと心中お察ししますが。

なので、1本目の半分程度は10人だったんじゃないかな?うち。
空いた右SBの位置には西森が下がり(チョソンジンが入ってからはただよが右にスライド)、4-4-1のような形。
それでも、人数が少ないのを感じさせない展開。
岡山のキャンプ疲れもあるでしょうが、終始走り勝ち。
それが一番良かったんじゃないでしょうか。

危ない場面はほとんどがカウンターからでした。
シュートへの意識は高い人とまだまだの人といますね。やっぱり。
チャ様の「シュート!」という声は何度も聞かれましたが。
つなぎのミスは今の時期なのでやむなしな部分もありますが、逆にシュートは今だからこそ外すのを恐れず打たないと。その点、西森やコモ、山内あたりは良かったですよ。

今年は、先輩後輩ができるので、ゲームのやり方としては難しいところも出てきそうです。
今年入る3チームや大幅に若返った岐阜との試合では、もしかするとポゼッションを高められるような試合展開になるかもしれません。去年は全てのチームが格上で、まず守備から…という意思統一がしやすかったのは言わずもがなです。ゲーム内でのリスクマネージメントや選手のメンタルコンディションなんかは去年よりも断然難しくなりますね。そして、51試合というハードスケジュールから考えて、チームが立て直せぬまま連敗しやすいということも言えると思います。注意したいところですね。

まぁ今のところ岡山との差はあると思います。
というか、去年1年でだいぶ成長したような気がしますね。
一昨年までJFLにいて、1本目のメンバーなんてその時のメンバーがほとんどなのに。
あの時は今のようなプレーは出来てなかったと思いますよ。
矢野・翔平は特に段違い。もう各々のポジションで頭1つ抜け出たね。
プレーの判断の質、スピードが全く違いますもん。

コモは2本目も1トップでしたが、1年前のTMでの1トップとは少々意味合いが異なってきてるのかもしれませんね。去年は遊び、今年は本気。確かに、ゆたかさんの正当な後継者タイプになれそうな人材はコモかもです。ポストできる・パス巧い・決定力ある・頭両足どこでもござれ・FKが蹴れる。さらに、ゆたかさんより明らかに守備が巧い。一番難しいポジショニングのセンスで負けていますが、良いFWになれる要素は揃ってます。また、中盤で試合に出るよりは1トップで出る方が確実にうちらしい。今はまだ窮屈そうですが、是非頑張って欲しい。一旦型にはめると思ったように動かなくなりますが、我慢してると一気に開眼しますので。本気でコモを1トップで使うならサポも辛抱でしょうね。考えるより身体が動くようになるまでにはまだまだ時間がかかりそうですが、チャレンジして欲しいなと思います。



これが1本目。長くね?これやばくね?(笑)
まぁ気休めですが、折り返しましょう。

練習生の話もあるし、まだまだ続きますので、よろしくお願いします。



...read more
スポンサーサイト

All You Need Is Love

~愛こそすべて~


サカマガのトップ、西部謙司さんがさんが書いておられる「ゴールのあとの祭り」の今週の見出し。
内容は、ちょっと前にサッカー界を震撼させたマンチェスター・シティのカカーに対するオファーの件。
あまりに破格すぎて波紋を呼んだ今回の事件ですが、この種のいざこざは大なり小なりサッカー界では当然に生じること。一番ダメージを受けるのは裏切られるサポーターだと思いますが。

そういう意味では、大方の意見通り、カカーの判断は賢明だったと思います。
この判断でマンチェスター・シティーのフロント以外の全ての人がカカーに対する評価をアップさせたんじゃないでしょうか?

加えて、この中で紹介されているフェルナンド・トーレスの言葉が何気に名言ですので。是非☆

この内容をしてこの見出し。センスありますよね。


この記事を読んで、ふと考えました。

うちにはお金がない。クラブハウスも専用の練習場もない。
サポーターも少ないし、歴史もない。

ビッグクラブ、ACミランとは比べるまでもない。
お金じゃないよね!って言ってもらえるようなクラブになるのはまだまだ先ってことでしょう。
その芯というか核みたいなものは、すでに持ってると確信していますが。

全てはこれから。

今はそこに楽しみややりがいを見つけてくれる人じゃなければダメなのでしょう。
そして、どうせなら、サポーターだけじゃなくて、もっと大きな人たちに愛されるようなクラブを目指さなければいけませんね。お金じゃないでしょ!って言ってくれるような選手たちを育てられるようなクラブにならなければね。


本日、そんなチームに成長するための大きな1ピース、藤田選手の加入会見が本日開かれました。

ロッソ時代を含めても、こんな大々的な会見は初。
選手が選手だけに当然といえば当然なんですが…
改めて藤田俊哉という選手の大きさを知ることになりました。

その会見の内容は下にリンクを貼っておきます。
【2009シーズン始動!】ロアッソ熊本:藤田俊哉選手移籍加入会見:藤田俊哉選手コメント(質疑応答を追加)(09.01.28)
【2009シーズン始動!】ロアッソ熊本:藤田俊哉選手移籍加入会見:岡英生代表・池谷友良総監督GMコメント(質疑応答を追加)(09.01.28)

藤田選手のコメントの中での池谷総監督の動揺っぷりが読みどころです(笑)

まぁそれだけ藤田俊哉加入に力を入れていたんでしょうし、ロアッソ熊本のために必要だったんでしょう。

それにしても、サポーターと全く同じ感覚だとは思いもしませんで(笑)
ぼくら一般サポのレベルですよ。
「いやいや。ニュースにはなったけど、いきなりドタキャンあるかも!」みたいなのって。
やっぱビッグなんですよ。藤田俊哉という選手が。

思っていたよりも大きな期待を藤田選手にかけていることも分かりました。
ロアッソ熊本がクラブとして、決して妥協せずに、手を抜かずにやっていくんだという姿勢もみえました。
そういった姿勢であることは非常に嬉しいことですよね。

何より藤田俊哉をして「熊本のために」と言わせているのがまた格別で…(涙)


公式に上がっている加入会見の動画では、最後に今いる選手たちに挨拶する藤田選手と握手を求めてみんなの爆笑を誘う翔平とみんなのほのぼのした姿を見ることが出来ました。良い感じで『チーム』になれそうですね。

謙虚な姿勢と尊敬の心。

ここまで来たら最早スポーツ集団ではなくて、寺修行みたいになりますけれども(笑)
若い選手たちがどこまで真摯にこのテーマと向き合えるかが今年、来年のとてつもなく大きな課題になりそうだなと思いました。
ま。うちの選手たちならば当然乗り越えられるものだと信じていますけどね☆




では、最後に本物の「All You Need Is Love」でもどうぞ!



テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


(伝聞)TM vs熊本県大学選抜 in 県民総合運動公園補助競技場

2009-01-27 トレーニングマッチ結果
1/27(火)vs 熊本県大学選抜
(県民総合運動公園補助競技場)

45分×2本
・1本目:ロアッソ熊本 6-0 熊本県大学選抜
(24分 井畑、29分 井畑、30分 山内、32分 山内、41分 井畑、42分 松岡)
・2本目:ロアッソ熊本 4-2 熊本県大学選抜
(12分 西森、17分 西森、31分 失点、35分 山口、41分 失点、43分 西森)



今、徘徊中です。読ませていただいてます。どうもボクです。

タイトルどおり、見学にいかれた方のレポートを読んだだけなので、新情報は全く出ません(笑)
うちはJ.B.Antennaさんにお世話になってるんでそっちの方から。
ここ読みましたって勝手にリンク貼るのも憚られるので、こういう形での紹介にとどめておきます☆
あそこにあるTM関連の記事は全部読んだといっても過言ではないとだけ言っておきます。
全部面白かったです。これからもどうぞよろしくお願いします。



というわけで、一通り読ませてもらった印象だと、まぁ人それぞれ感じるところはあったでしょうが、「井畑くんが良かった」ということは共通してたように思います。やはり!と言っておきましょう(笑)

大卒選手ってルーキーと表現されるには経験値ありすぎるかな?って思うんですよね。

Jクラブから移籍してきた選手を即戦力と言うならば、大卒選手も即戦力であると、ことJ2においては特に、そう思ってます。例えば、去年でいうところの水戸の荒田みたいな選手。いっぱいいると思うんですよね。残念ながら、所属クラブを間違えてしまう選手も多々見受けられますが。

せっかく高卒でプロにならずに大学で技術や経験を積んできたんだから、それをプロでもつないでいかないともったいない。ここで言う「つなぐ」っていうのは、試合に出場し続けるってこと。1年空いたらFWはゴールの感覚を失ってしまうよ。そして、大卒選手はすぐに20代後半になってしまう。せっかくの才能を伸ばせないまま、埋もれさせるのは本当にもったいない。

ゴールの感覚って本当に特別で、枠にとばすとかすごいスピードとか、そういうものを全て超越した何かなんですよね。本物のストライカーって向き合うと絶望的な気分になるものです。前にチームメイトだった本職GKの人も言ってました。シュートが止められる気がしないって。何か、ふわっとしたオーラ、そういう余裕みたいなものがあるんですよ。あとから考えるとゴールの感覚なんじゃないかなって思うんですよ。

井畑くんは東海リーグの得点王だったと聞きました。
公式で質問を受け答えする動画も見ました。
あのオーラは尋常じゃない気がするんですよ。
かなり実力のあるストライカーではないかとお見受けましました。

キジの調子にもよりますが、開幕はキジ・井畑くん・ゴンちゃんでいいと思うんですよね。
そしたら、いきなり炸裂するかもなとも思ってます。ここで正式にイチオシします。
ヤスとか宇留野とか西森とかワイドの選手は必死にならないとやばいかもよ。
キジとゴンちゃんは去年の終盤にやってたっていう一日の長みたいなものあるからね。
これが一回はまるとスタメンに割り込むには相当のアピール必要になるもん。

まぁまだ、井畑くんの全然プレー見てないですけど(笑)



あ。これをもって、「熱烈歓迎!井畑くん!」に出来ないかな?(笑)




さて、その他にも、どうやら鐵戸くんやら長谷川くん(共に元鳥栖)がTMに出場してたみたいですね。
どちらもそれなりにアピール出来てて、特に鐵戸くんは良かったとそういう印象を受けました。
運動量が多いって時点で、すでに、うちの中盤には向いてるってことだからね。頑張ってアピールして欲しいものです。長谷川くんも、レポートを読ませてもらった限りだと、周りの連携を見ながらのアピールになったんじゃないかな?という印象を受けました。ま。いつも以上の力を出そうとせずに、普段の力を出すとか、得意なプレーをしてもらえたらいいんじゃないかなと。あのサガン鳥栖に声かけられたわけだから力はあるよ。あとは、近くの人とコミュニケーションをとれるとスタッフの評価は高くなるんじゃないでしょうか。

どちらも地元出身なので、うまいこと契約できたらいいですね。


他は、西森くんがハットトリックしてたんでちょっと嬉しかったです。
もしかしたら今日の活躍は西くんがロアッソ熊本に来て余計に燃えてるんじゃないかと想像してます。
彼のキック、特にインサイドのクロスは絶品ですからね。セットプレーのキッカーとしても抜群に巧い。2007年ホームでのHonda戦の1点目のアシストは忘れます。超絶でした。あとは、突破力とポジショニングがもう少し上達したらワイドのスタメン候補になれると確信しています。
今年は是非チャンスをつかんでもらいたいですね。



まー。こんなとこですかねー。なんせ見てませんから(笑)
よくもまぁこんなに長々と書けるよね。自分でも感心する。

金曜日のファジアーノ岡山とのTMは何とか目処が立ちそうなので、頑張ってレポート書こうと思います。
土曜日のニューウェーブ北九州との試合は厳しいかな。関がいるかもしれないし、行きたいんだけれども。なので、こちらはまた他のサポさんのレポートに期待。

今はまだ結果に一喜一憂するような段階ではありませんが、これからベテラン選手たちも出場するようになって、どんどん白熱したポジション争いになっていきそうですね。サポとしては、非常に楽しみです。

選手の方々には疲れもあるでしょうし、思いの外動けなかったりもするでしょうから、様子を見ながら怪我しない程度に頑張って欲しいものですね。

ま。多少は無茶しても大丈夫です。

うちのフィジカルコーチは一流ですから!

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


がんばれ!祐輔!

本日は藤田選手の正式な加入が発表されました。
これは事前のニュースでもあったしね。26日に契約、28日に記者会見。想定内。


ということで、今日はもう1つの方に焦点を当ててみます。下の太字は公式のコピペ。

2009-01-26 鈴木 祐輔 選手、AC長野パルセイロへ加入のお知らせ
この度、2008シーズンをもって契約満了となります鈴木祐輔選手が、AC長野パルセイロへ加入することが決定いたしました。

鈴木祐輔(すずき ゆうすけ)選手

【出身】埼玉県
【ポジション】DF
【生年月日】1982年5月19日(26歳)
【身長/体重】175cm/72kg  
【サッカー歴】武南高校~駒澤大学~ロアッソ熊本(2005~2008)


今季契約満了で退団した選手では、陽介、関に続き、3人目の移籍決定。
うれしいね。長野パルセイロとは。Jを目指しているチームと聞きました。
それに、長崎を応援してたから分かるんだけれども、昨季の全国地域決勝リーグ大会でもJFL昇格の最有力候補の1つだったと思います。そんなチームに入れるって嬉しいじゃないですか。

ただ、陽介と同じ地域リーグってのはちょっと困りますが。
去年北信越のチームは決勝リーグに残れませんでしたからね。
パルセイロ(北信越代表)はロックに、山雅(全社枠)は町田にそのイスを奪われました。
来年の地域決勝にいくための枠は1つになりました(決勝リーグに残れば2枠)。

北信越リーグはリーグ内のレベルが均衡してて、非常に厳しいリーグです。
なのに、2枠ないってのはつらいところ。

その中の2チームに陽介と祐輔が別れたってのも厳しい話ですよ。

ということで、去年のように全社枠を駆使して、両チームとも決勝リーグに進められたらなと思うことにします。


さて、祐輔ですが、公式にもあるように、2005年、つまりロッソ熊本発足時からのメンバーです。
駒大が強かったときのキャプテン。当時の駒大からは太くんや大瀬良くん、関が加入。
一部の間では「駒大カルテット」と呼ばれ(もしかしたら、自分のみ?)、未来のロッソを担っていく選手になるであろうと期待されていました(これは多分みんな)。

それが2年目に大瀬良くんが現役引退・コーチ就任、そして、今年、太くんがガンバへ、関が北九州、祐輔が長野へと移籍が決定。「駒大カルテット」全員がロアッソ熊本から闘いの場をうつすことになりました。

プロである以上、仕方ないのかもしれません。太くんなんて大出世ですし。
ただ、やはり一抹の寂しさは残るもの。せめて近い将来スタジアムで再会することを願いたい。


長野サポのみなさまへ。

祐輔は、本人のブログの文章からも分かるように、非常に明るく、人当たりの良い選手ですし、頭の良さもかいま見えます。また、努力の人でもありますね。サッカー選手としてだけではなく、一人の人間としても大きな魅力を持った人であると思います。

プレーはCBが本職ですが、SBやボランチもできると思います。
懐かしいところだとトップ下での出場もありますが(笑)パワープレー要員だと思うんで参考にはならないかと。
対人プレーに強く、キックも何気に正確です。
うちでは出場機会に恵まれませんでしたが、軸に据えればきちんと力を発揮できる選手だと思います。

うちで出場機会が得られなかったのはなんでだろうなと今ふと考えてみたんですが、簡単に言えば、何でも出来るから…かと。
ロッソ時代3バックでしたが、対人はばっさんに、ヘッドは伸さんに、カバーやキックはただよに勝てなかったんじゃないかと。それ以外だったら互角以上の勝負できたと思うし。
ロアッソ熊本1年目の去年で言うと、SBは攻撃力の面(あと本職だし)でイチやチャ様に劣るし、センターはそれこそうえみーや矢野がヘッドや対人の面で上だったんだろうし、ポリバレント性でもただよほどではなかった。
それでも、ハイレベルなところでスタメン・ベンチ組と競り合っていたと思います。
もし能力を正当に数値化できるマシーンがあったら、総合力ではスタメン組にも勝つんじゃないかな。

そんな選手ですので。どうぞよろしくお願いします☆



ちなみに、実はJ参入が決まったとき、祐輔危ないんじゃないかと思いました。
JFL2年目はほとんど出場できてなかったし。
記憶のかぎりだと、金沢との天皇杯1回戦だけなんだけど。アリさんの急病で急遽スタメンみたいな。

だから、厳しいのかなって。

でも、残った。背番号4を守った。

そして、今年スタメン出場も果たした。広島との最終戦。
ロアッソ熊本史上最多の観客2万人の前で。

あの試合は引退する選手が全員出た。
だから、メンバーだけをみて、記念試合だろって言う人もいるかもしれない。

けど、そうは思えないんだよね。あの常勝広島を相手に、勝ち点100にはもう1つも負けられないチームを相手に、一時は引き分けに追いついた。寿人のスーパーゴールがあって結局負けたけど、最後まで勝負にこだわった試合だと、個人的には思っている。

その歴史的な試合で、スタメンとしてきっちり仕事したこともさることながら、契約満了であることが判明していても、なおスタメンに選ばれた事実。これをなんと評価したらよいだろう。

完全な想像ですが、

きっと、チームやスタッフに最も愛された、信頼された選手だったんじゃないかな?

そんな気がしてなりません。



祐輔はどこへいっても、きっと大丈夫。

決して驕ることも、ぐれることもないと思う。

常にまっすぐに上に向かって伸びていく。

向日葵(ひまわり)。

彼にはこの形容が一番相応しいと思う。

長野で大輪の花を咲かせることが出来ますように。
遠き熊本の地から応援しております。



あとは、キヨシと河野、多聞か。何かしら決まればいいね。




さて、我らがロアッソ熊本は明日さっそく練習試合の予定が入ってますね。熊本県選抜。

私の記憶がたしかならばぁぁ(料理の鉄人風)、去年も同じ相手と勝負しなかったっけ?
似たような相手とだったっけな?ブログを戻れば分かるんだろうけど、無精なのでしません(笑)
でも、アリさんのハットトリックを鮮明に覚えています。

そして、こっちは確信あるんだけど、自分のポジションとは別のポジションでやるって形式の練習試合だったよね?rossostyleさんにコモがトップで出場したのにずるずるポジションを下げてましたよってコメントしてもらったのを覚えてる。

それまでは1トップ小森田すげぇ良い作戦じゃない!とか思ってたんですが、あれ以来、コモは2列目より下じゃないとダメだと認識しています(笑)得点能力高いから前目で使いたいと思うんだけどね。前に張らせて我慢できるタイプじゃないんでしょう。ボールに触らせてリズムを出したいタイプってことなのでは?

どうせなら同じようにやってほしいなと。
まだ始まったばっかりで、ガツガツやるような時期でもないから。
逆に、この時期にしかできないと思うしね。

新たな自分を発見するも良し。
客観的に自分のポジションを分析するも良し。

手を抜かずに一生懸命やれば、何かしら見つけると思うよ。
去年のコモみたいな発見もあるかもだし。
ほら。最低でも、このポジションは自分にむかない!とかね(笑)

明日は見に行けませんが、内容・結果を楽しみにしてます。
他のロアッソサポさんのレポートに期待してますんで。めっちゃ巡回すると思う。


ファジアーノ岡山とのTMは見に行けたらいいなぁ。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


絆~Keep & Change~

さて、何から触れればいいものか。


とりあえずこれだな。

ほんの数日前、直前の記事で藤田のことを「としやさん」と呼ぶと宣言したこのブログの立場をどうしてくれる!(笑)

言ってよー。ちらっと噂くらいだれかたてといてよー。
サッカー雑誌の記者たちは何やってんだか。しっかりおしっ!

とりあえず呼び名は振り出しにもどそっと。
だって、どちらも目上だしさ。としやさん的雰囲気だしさ。

保留!


あとは、久しぶりに折り返してみます。
あれもこれもと書いていたら長くなってしまいました。
お暇な方はお付き合いください☆

...read more

まじか!藤田…いや、藤田様!

今日は朝からビックリだよね。なぞってみよう。


はい。目が覚めました。

はい。時計見ました。ついでに、携帯見ました。

はい。起きました。

はい。階段おりました。

はい。新聞見ました。1面オバマでした。


あれ?その隣?


( ゚д゚) ・・・藤田?
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゚д゚) ・・・ふじたとしや
 
(つд⊂)ゴシゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚) …藤田俊哉!?


キタ━━━((ヘ(゚Д゚*)ノ三ヽ(*゚Д゚)ノ))━━━!


こんな感じ(笑)

とりあえず、松田優作ばりの「なんじゃこりゃぁぁぁ!」とニアイコール。



サカダイでオファーしてるっていう記事を目にして、それ以来ちょっと意識。

こないだのスパサカでゲスト出演したときに赤いベストきてたから「これはメッセージ!?」とか気持ち悪くにやにやしながらの昨日のスポニチで「交渉決裂か!?」的な記事があって、そんでもっての今日。

だから、上みたいな一連の動作。

まだ正式ではないようですが、熊日にでたし、ネットでもニュースが出て…ってことだから、ACからマスコミへのGOサインが出たんだろうから、ほぼ決でしょう。きっと。

そっかぁ。藤田かぁ。

年齢は上ですが、一流の中の一流、全然いけるっしょ。
去年は名古屋の若返り政策とその前の怪我のせいでリーグ戦での出場機会はわずかでしたが、そのくらいじゃ全くぶれない経験と技術がありますから。無問題。

それに、藤田にはプレーの他にもたくさんの学ぶべきところがあるでしょうから。
選手もスタッフもフロントもサポもです。

良い意味で「厳しい」チームになれるはず。
結果が伴わなくても、過程を評価できるチームになれるはず。
そして、着実に前進できるチームになれるはず。

今回の藤田俊哉加入の意味は、ロアッソ熊本にとって計り知れない。


ただ、藤田から得るだけにはしたくないね。

学んだら学んだ以上のことを出来るようになりたいし、藤田自身にも喜んでもらえるような、楽しんでサッカーできるようなチームでありたい。

少しずつ大きくなりながら、気遣いが細やかで、サッカー選手としても人間として成長させられるような、そんなクラブになりたい。



よっしゃ。俊哉さんきたら速攻でサインもらいに行こう!

あっと、うちでは藤田選手のことを、俊哉さんと呼ぶことにしますんで。

目上だし。尊敬してるし。
かといって、様はどうもね。チャ様いるし。題名は「様」つけちゃったけど(笑)

熊本の民にフットボールのなんたるかを存分に見せてほしいですね。
あー。すでにウキウキしすぎて、どうしようもない。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


代表戦


行ったひとー?

いいなぁ。
3万人で一緒に何かをするなんてなかなかないことだよ。
盛り上がってる感じがしたし、いつもはサッカー見ない人が楽しんでもらえたら何よりだよね。

これをなんとかロアッソ熊本の方につないでもらって(笑)


はい。わたくしめはこの流れで分かりますように家での観戦となりました。
まぁ代表熱はそんなにないからなぁ。
ロアッソの選手が選ばれたら本気で応援し始めるかもね(笑)


熊本のサッカー協会もこの日を目標に色々準備されてましたが、どうだったんでしょう?
交通対策とか。コンコース対策とか。試合の運営対策とか。諸々うまくいったんでしょうか?

その辺の結果を聞いてみたいよね。
いや。うまくいかなくても責める気は毛頭ないですよ(汗)
なるほどーって言いたいだけです。


それでも、今日の代表戦開催は色んな人の学ぶ機会を提供してくれたんじゃないかな?

上に挙げた運営面での県のサッカー協会もそうだし、それをみてのロアッソ運営関係の人たちもそう。
キー局のカメラの使い方や番組の編成面はローカル局、特にRKKは参考になったと思うし。
ロアッソサポ以外の熊本県の観戦したお客さんも良い雰囲気感じられただろうし。
もちろん代表の試合を見て選手やスタッフ、熊本のサッカー少年がプレーの参考にするのも含めて。

大きかったんじゃないかなって思います。みんなにとって。

今日みたいな雰囲気のスタを作っていくことは、当然ロアッソ熊本が目指すところだし、今回の試合で満足することなく、毎週こんな試合を開催しても大丈夫な運営を目指したいところですよね。夢です。

昨日の夢はちっさかったけど、これはかなり壮大な夢でしょ?(笑)



それにしても、日本代表の試合の背景が見なれた画っていうのは違和感あったなー。
バックスタンドは去年の最終戦とかわらない感じだったんだけど。違和感ありありでした。

全然違うもんだね。あれがKKなんですなぁ。別世界だ(笑)


ま。何にせよ、日本代表が熊本で勝てて良かったです。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


がんばれ!太くん!

全然書く間がない。
今日もないっちゃあ、ないんだけど、これ以上引っ張ってもね。
あっさりした感じになりましたが、こんなところで勘弁してください。

次は、いよいよ新加入組のことを調べていこうと思います。
大迫くんとウイリアムくんと山下くんの記事は書いてるはずだから、井畑くんと西くんだね。
ばっちり調べたいと思います。
24日に新体制発表ってことで、それまでにまた何人か加入のお知らせもあることでしょう。
なんとか新加入組の記事は1月いっぱいを目処に頑張ろうっと。



そういえば、今日はロアッソ熊本の新シーズン始動の日でしたね。
練習見学に行かれた方はいらっしゃるでしょうか?
公式の動画や写真館、Jsの写真なんかをみて何となく妄想してます。
高校生組と怪我してた網田くん以外はほとんど元気に集合してるっぽいですね。
誰がいないんだろ?とりあえず、ただよがいたので、ホッとしてます。


さて、今日は太くんについて。
やっぱり始動日前に書いとくべきだったかなーっという雰囲気は感じながら(笑)
太字の部分は公式のコピペです。

2009-01-16 太 洋一 選手、ガンバ大阪へ完全移籍のお知らせ
当クラブ所属の太 洋一選手(GK/31)が2009年シーズンより、ガンバ大阪へ完全移籍することが決定いたしました。

太 洋一(ふとり よういち)選手
【ポジション】GK
【生年月日】1982年8月3日(26歳)
【出身】千葉県
【身長/体重】186cm/75kg
【サッカー歴】ジェフユナイテッド市原ジュニアユース~ジェフユナイテッド市原ユース~駒澤大学~ロアッソ熊本(2005~2008)   
【コメント】
プロ生活のスタートを熊本で始めさせていただき、サポーター、クラブ関係者の皆様に大変感謝しています。ガンバ大阪で1試合でも多く出場することが、熊本の皆様への恩返しだと思って頑張ります。ACLのピッチに立つ事を目標に日々、努力していきます。4年間の間、ご声援いただきありがとうございました。



ってか、太くんについては熊日に情報が出たときに、人柄についても、プレースタイルについても、思い出も全部書いたなぁ(笑)特にまた改めて書くこともないかも。ちなみに、その時の記事はコチラ

太くんが移籍するってなって、今までよりも明らかにガンバのGKについて注目して見ていた天皇杯。

能力の高さはさすがにJ1の上位クラブに所属するだけのことはあると思いますが、藤ヶ谷は安定感ないもんなー。ポジショニングもミス多いし。チョンボもある。まぁ大当たりの時はかなりすさまじいセーブ連発する印象はありますが。

例えば、名古屋戦だったっけ?杉本かに思い切りの良いミドルを決められたやつ。あれは何であんなところで飛んでるんだろうっていう悪い方の藤ヶ谷だったように思います。一方で、その後のバシバシ止めてたやつは良いときの藤ヶ谷。

西野監督はチームの調子が良くないときにGKを代える方法で流れを変えようとする采配を見せますから、太くんにも十分にチャンスがあると。そして、そのチャンスが回ってきたときに大活躍すれば正GKも夢じゃない!とそう思っております。GKってなかなかチャンスもらえないから、そういう意味では良いチームに入れたんじゃないかな?


ロアッソ熊本に在籍していた選手がJ1で活躍するのは1つの夢。
ロアッソ熊本のJ2優勝、J1昇格、優勝、在籍選手の代表入り…
そういうのと並んで。小さいって笑われるかもしれないけれど、すごく大事な夢ですから。

太くんはロッソ熊本発足時から在籍してる、いわば「生え抜き」です。
途中から入った選手に比べて当然思い入れは強いし、お世話になった感もあります。
彼が活躍してくれたら言うこと無いな。

大活躍を期待してるし、応援してるし、そうなるように願ってます。


がんばれ!太!

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


がんばれ!関!

しまった…完全に乗り遅れてる…うち(笑)

ちょっとさぼってるうちにドバッと来ましたね。
こうなったら新加入組は後回しにしていこうかな。
ルーキーの情報はあんまり揃わないし。
1月2月は書くことも多くないだろうからそっちで(笑)

ごめんなさい。新加入の選手たち。


チャ様はきましたね。あまりに音沙汰無くて、もうダメかと思った。よしよし。
確かに守備面に不安はあるものの、貢献度はかなり高いと思います。
骨折してチャ様が出られなかった間、ゆたかさん全然ゴール決められなかったし(山形戦での1ゴールのみ)、12試合で2勝3分7敗でしたからね。目に見えるよりも、やりやすいんだろうと思う。そこを狙われるって分かってたら対処のしようもあるしね。
来季は是非ゴールを。選手名鑑では7ゴールを目標にしてたからね。
試合開始前のパフォーマンスも含め、期待してます。今年もよろしくどうぞ。



で、今回は関のことを。例の如く、太字は公式のコピペです。

2009-01-16 関 光博 選手、ニューウェーブ北九州へ加入のお知らせ
2008シーズンをもって契約満了となります関 光博選手(MF/20)が、ニューウェーブ北九州へ加入することが決定いたしました。

関 光博(せき みつひろ)選手

【出身】東京都
【ポジション】MF
【生年月日】1982年5月8日(26歳)
【身長/体重】172cm/66kg  
【サッカー歴】町田JFC~国学院久我山高校~駒澤大学~ロアッソ熊本(2005~2008)



彼もロッソ熊本発足時からの選手。
なので、語り始めれば長くなりますね。本当にお世話になりました。

思うに、一番スタメン争いのきついところにいた選手なんじゃないかなぁ。
1年目と2年目は鎌田や森との争い。3年目は西森、去年はチャ様やコモ、翔平、吉井と。
突破力やキックの精度には非凡なものを持ってるし、伸さんのヘッドとの相性は抜群だった。
当初は調子に波があると言われたりしたけど、常にスタメン争い激戦区に身を置くことで、良く成長したと思う。うちのショートのFKで得点の匂いがするのは、コモと関だけだ。

怪我のタイミングや西森の台頭があって、出場機会が減ってしまったけど、3年目も主力だったし、去年はフォーメーションの変更に泣かされた感はある。

よく走るし、うちで生き残ってきたところをみるに監督に求められるものを出せる選手だと思うから、使いやすい選手だと思うな。

同じ九州内のチームへ移籍するってことで、うまいこと観戦する機会も作れそう。
長崎の練習に参加しているうちの選手もいると聞くし、長崎と北九州の試合はロアッソサポにとっても必見の試合になるね。何とかして観に行きたいと思います。


それにしても、今の北九州の監督ってジョージさんだよね?
選手としても有名でしたし、ロッソサポとしては、kyuリーグ時代にライバルだったFC琉球の監督と言えば早いんでしょうけど…つまり、ジョージさんは関知ってるんだよね?直接プレーしてるのを見てるし、相手として対応も考えたはず。そういう人が率いるチームにいくってのは、もしかしたら監督の評価が相当高いんじゃないの?楽しみだなー。

ほんと頑張って欲しい。
他にも良い選手いるし大変だとは思うけど、スタメンとってほしいな。


他の選手も早く決まるといいなー。


明日は更新できたら、太くんあたりを記事にしたいと思います。


あ。記事で思い出したけど、キジと山内がサッカースクールに乱入したらしいね(笑)
去年の年末はコモと矢野が元ロッソ戦士の松岡選手のとこのサッカースクールに自主参加してくれたらしいし。

チームでの活動じゃなくても、こうやって自主的に熊本の子ども達のために動いてくれる選手たちがいるって、本当に素晴らしい。とても誇らしい。うちのサポで良かった。

やってることはちっちゃいかもしれないけど、思うより大きく広まっていくよ。田舎だからね(笑)
これまで熊本にはプロスポーツがなかったから。良い感じで受け入れてもらえるようになるよ。

それにしても、良い話だ(泣)
うちは本当に「心」を武器にチームを作ってくんだなー。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


がんばれ!陽介!

今日は嬉しいニュースが2つ公式にきましたね。

一緒にするのも申し訳ないので、まずはよく知ってる方から書こうと思います。
井畑くんの情報は全く入ってこないので、明日の熊日に期待。



さて、「生まれた日は晴れだった」でおなじみの陽介の移籍が決まりました。
以下、太字は公式をコピペ。

2009-01-13 小林 陽介選手、松本山雅FCへ加入のお知らせ
この度、2008シーズンをもって契約満了となります小林陽介選手(FW/29)が、松本山雅FCへ加入することが決定いたしましたので、お知らせいたします。

小林 陽介(こばやし ようすけ)選手
【出身】東京都
【ポジション】FW
【生年月日】1983年5月6日(25歳)
【身長/体重】173cm/66kg  
【サッカー歴】浦和レッズユース~浦和レッズ~横河武蔵野~ロアッソ熊本(2007~2008)



うちを退団する選手の中では(引退する選手を除き)一番最初のリリースですね。
とりあえず行き先が決まったことは良かった。おめでとう。

他の選手たちも早く決まりますように。


さて、陽介については、今年初めの公式動画で「仲の良い選手はいません」と本気とも冗談ともとれる爆弾発言をして早一年、ヤスのブログに登場したり、公式動画でキヨシと親しげに遊んでたりする姿を見て、ロアッソ熊本というチームが彼にとって少しは居心地の良い環境になれたんじゃないかな?と思ってます。

プレー面での思い出は、豪快に外してる印象がまず先に来て(笑)、07年のアウェイ栃木戦でのだめ押しゴールと、これまたアウェイでHondaFCに勝ったときのゴールかな。栃木戦は準加盟同士の大一番だったし、Hondaには初めて勝ったんだよ。4-2の逆転勝ちで。とても思い出深く、ロアッソ(ロッソ)熊本の歴史に名を刻んだゴールだったと思います。08年はなかなか試合に出られなかったけど、出た試合では自分色出してたし、きっちり仕事してたと思います。ゴールの後のパフォーマンスはどれも格好良かったなー。あのお辞儀してたやつとか今観たら泣きそうだ。

陽介は十分通用する力を持った選手であると思う。
でも、うちには良くも悪くも「高橋泰」がいた。
絶対的エースがいた。その牙城は崩せなかった。

それだけだと思うんだよね。
ゆたかさんが良すぎただけ。
しかも、陽介が来てからの2年間。特に良すぎただけだと思う。

きちんと90分使ってもらえるような環境が与えられれば、いきなりとは言わないまでも、半年、遅くとも一年で結果を残してくれるような選手となるはず。絶対的なエースになれるだけの素質は持ってると胸を張って言える選手です。06年の武蔵野時代の記録がそれを証明してる。

サポーターにも、いい男として評判だった陽介。
もっと赤いユニフォームを着た姿をスタジアムで見たかったんだが。

まだ若いし、松本でエースになって欲しい。
Jを目指してるチームだから、また相見える日が来ると信じている。

だから、さよならは言わない。また会おう。
遠く離れた熊本まで来てくれて、J参入への夢を一緒に追いかけてくれて、本当にありがとう。



松本山雅FCのサポーターのみなさま。
うちの陽介くんをよろしくお願いします。

背は大きくありませんが、身体能力が非常に高く、バネ人間のような男です。
技術的に巧い!という感じではありませんが、前線で相手を追いかけ回し、諦めない姿勢はみなさまの心を打つだけの量と質を持っていると確信しています。
ゴールの匂いをかぎ取る嗅覚とそこに飛び込める運動能力は持っているので、パサーと感性が合えば、ありえないゴールを量産してくれることは間違いないです。
何より優しくおちゃめな男です。練習場でも気さくに対応してくれると評判でした。

なにとぞなにとぞ、小林陽介をよろしくお願いしますm(_ _)m


あぁ。さみしいなぁ。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


移籍じゃないニュース


いくつか来ましたね。順々に。
以下、太字部分は公式のコピペですのであしからず。

2009-01-08 現役引退選手、スタッフ就任のお知らせ
2008シーズンにて現役引退をしました4選手は、2009シーズンより当クラブのスタッフへ就任いたします。

熊谷 雅彦:フロントスタッフ
上村 健一:トップチームコーチ 
有村 光史:育成・普及コーチ
北川 佳男:育成・普及コーチ



再就職決定っすね。
もうバッチリなんじゃないでしょうか。
サポみんなが思った通りの割り振り。

それに、みんな地元が違うのに(うえみーは広島育ちって聞いたし)、熊本に残ってくれたのが嬉しいです。ユースやジュニアユースも含め、是非ロアッソ熊本を強く、大きくしていただきたいです。

今後ともよろしくお願いします。


そんでもって、連続して怪我のニュース。

2009-01-08 福王 忠世選手の手術について
福王忠世選手は、以前よりかかえていたケガを完治させるために、2008年12月に奈良県内の病院にて手術を行ないました。

病名:左足関節衝突性外骨腫
加療期間:6週間程度を要する見込み

2009-01-08 網田 慎選手のケガについて
12月27日(土)トレーニング中に負傷しました網田 慎選手は、下記の通り診断されましたので、お知らせいたします。

検査結果:左第5中足骨骨折
加療期間:8週間程度を要する見込み



オフってことで前向きにいきましょう。

ただよの手術は、roasso magazine!!(RKK金曜24:50~)で言ってたやつですね。
だいぶ無理してたのかなぁ。ここはしっかり治して、万全で復帰してください。
コンディションバッチリなら本来ベンチにいるような選手じゃないんだ。ただよは。
2005年kyuリーグのMVPだぞ。やれるんだよ。絶対。
ゆたかさんがいなくなって、次にミスターロアッソに相応しいのはただよだと思う。
絶対に戻ってきて、必ず活躍するように。よろしくお願いします。

網田くんもまたえらいときに怪我してまいましたね。
まだまだ試合に絡んでくるまでには時間がかかりそうという話もちらほら聞きますが、Jで見たい選手であることは間違いないし、世代別の代表に選ばれていた吉田くんはおいといて、網田くんがスタメンに名を連ねるようになったときにようやくうちの育成力が評価されるんだと思うんで。
本当に期待していますので。焦らずにまず治すこと。
そして、スタメンが白紙のプレシーズンにこそアピールとさらなるレベルアップを。よろしくお願いします。



さて、他のチームの補強話はちらほら出始めました。
うちはヤスとゴンさんの完全移籍、希くんとウイリアムくんと山下くんの新加入以外まだ何もなしですが、まぁJ2所属であり、お金もないし、順位も下の方だったし、さらにJでは南側の端っこですから、色々あるでしょう。それはもう仕方ない。

けど、今いる選手たちはほんと優秀ですから。
熊本にもこんな優秀な選手たちが来てくれましたから。

のーぷろぶれむ。

そして、われらの池谷eyeで良い選手引っ張ってきてくれるはず。
際だつほどの優秀な人物じゃなくて良いです。有名人でなくていいです。
ただ、サッカーが楽しくてしょうがなくて、熊本を好きになってくれる人。
加えて、熱いハートの持ち主。一芸に秀でていたら尚良し。

大歓迎。


そう思ってれば、他がどんどん決まっていっても全然余裕。

縁は人と人との繋がりですから。
良い選手、良いスタッフがいるところには自然と良い人材が集まるものです。


そうやって、ワクワクしながら公式発表待ってます。

あー。早くだれか決まらないかなー。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


さらば。ゆたか。

まず、ロアッソサポのみなさまへ贈る曲をどうぞ。


mr.children「旅立ちの唄」

とりあえず落ち着こう。これは自分にも言ってる(笑)


5年でJ1って目標が立てられたとき、20代後半の主力たちには厳しいかなっていうのは思ってた。うちとしては、クラブの成長、サポの成長、選手の成長を考えて、それでも5年でJ1なら出来すぎの目標だとは思う。いっぱいいっぱいの目標だと思う。

それでも、ゆたかさんには厳しいかなって思いました。正直。
自分はまだやれると思ったからJを目指してたうちに来たわけだし。
プロである限りはJ1やA代表を目指すってのは正しいと思うし。

自信。未練。後悔。

そういうものをきっちり昇華させなきゃ引退は出来ないと思う。

今年、うちから4人の引退選手が出たけれども、彼らは実に良い表情をしていた。
だれもが海外で活躍するような超一流やA代表まで登り詰める訳じゃないけど、それぞれ「やりたいことはたくさんあるけど、自分なりにやりきった。」って思ったんだろうなって。

ゆたかさんにとって今回の移籍とはそういうものなんだろうと思う。
もしかしたら移籍は失敗になるかもしれないけど、たとえ熊本に残って大成功したとしてもきっと「あのとき移籍してたら…」って思うんだろう。自分が同じ立場だったら絶対思うし。

チャレンジする気持ちがなくなったら人間としてつまらん。
失敗しても良い。間違っても、精根尽き果てて倒れても良い。
でも、どうせ倒れるなら、つんのめって前に倒れよう。
その方がかっこいいよ。

だから、今はすっきりしている。
最初に色んなところからオファーが来てるって知ったときは嫌だったけど、決まったら意外とね。
ゴンさんや木島、山内やヤス、コモ、そして新加入のFWたちがきっとゆたかさんを越えていってくれると思うし、ロアッソ熊本の新しい顔になってくれる選手は今いる選手の中からきっと出てくれると信じてるから。



ゆたか。

3年間サンキュー。

あなたの尽力もあり、ロアッソ熊本はJリーグに来ることが出来ました。
遠い熊本の地まで来てくれて、熊本を好きになってくれたことを本当に感謝している。

福岡に行っても頑張れ。
いつの日かJ1でプレーしてくれることを願っている。
そして、怪我にだけは気を付けて。

だけど、来季、福岡にだけは絶対負けたくないし、福岡よりも上に行くことが1つの目標になったよ。それだけは譲れない。そりゃそうだ。おれたちはロアッソ熊本のサポーターだもの。

じゃあ、また真っ赤なスタジアムで会おう。

ロアッソづくし

1月2日の夜に大津のことをスカウト目線で記事アップしようとして、ほぼ完成した頃に、「もどる」を押し、完全にパァになったので、「もうせんっ!」と思って放り出していたら、次の日に大津の試合があることを知らなくて、2回戦の記事が間に合わなかったばかりか、まんまと藤崎くんが活躍してしまい、今推しても100%あとのりな感じが格好悪いなと感じる今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

1文で書ききったのは愚痴っぽさを表したくて…察してください(笑)
ホントは短く区切る方が読む方に優しいんですけどね(苦笑)


幻の記事のうち、スカウト目線で書いた部分を簡潔に書くと…

1.大津はみんな良い選手。
2.でも、3年生を今から狙うのはやめよう。大学での成長を願う。
3.狙うなら2年生軍団。
4.特に、藤崎くん、谷口くん、岩崎くんはどん欲に狙うべし。

でした。今年試合にでてる2年生軍団はみんな優秀ですよ。
トップの子とか、左サイドの子とかも。来年の成長に期待。
個人的には、ボランチの8番谷口くんにスケールの大きさというか風格の端緒を感じるので、是非おさえたいところかなと思いますけどね。あのコにはオファー来ると思う。

3年生で特に言及するなら、黒木くんがゆたかさんとかぶってることかなー。
あの独特の助走からの競り方やポジション取りのすばらしさなんかはすごく似てる気がする。
1対1が苦手っていうのも好印象(笑)将来はFC東京の赤嶺みたいになればいいなぁ。
西田くんも選手権絶好調で面白いなぁ。前評判の高かった藤本くんも面白いし。GKのコもいいと思う。


大津にはなんとか頑張って欲しいね。
全国放送まであと1勝。熊本県代表を全国に知らしめて欲しいです。

明日は鹿島学園。開幕戦をしぶとく勝ってからは何か実力以上の勢いを感じます。
大津は常勝って感じの強さなんだけれども、こういうトーナメントは勢いや運が結果を大きく左右してしまうからね。ベスト8の中では鹿島学園がダークホースって感じのチームなので気を付けるべし。

ちなみに、サッカー魂は今のところ全て録ってある。J内定選手をチラ見でもしようと思って。
1月末からスカパーで始まる選手権の全試合放送もできるだけ見て今どこもひっかかってない良い選手を探そうと思います。見つけたら追っかけて、ブログで猛プッシュします(笑)



大津のことばかりになってしまいましたが、本日4日はロアッソ特番デー。
RKKのもKABのも面白かったです。ついでに、スカパーのも。コバトーク最高。

RKKの方はゆたかさんの発言が気になるねー。
ま。迷うのは当然か。でも、J1以外ならうちでいいじゃない!って思う。まぁサポだからねぇ(笑)

KABはさすが「赤く燃えろ…」スタッフ陣。
時間も長かったし、池谷GMや選手のトークからゲームまで全て楽しめました。

あのゲーム対決は通常枠でもやってくれたらいいのに。
せっかくだから全員に挑戦して欲しいですもん。リベンジもありで。

あとは池谷GMの「存在自体がファウル」は良かったと思います(笑)
吉田くんもあれほどいじられてるとは…面白かったです。
ゲーム対決は翔平の巧さもさることながら、うえみーと熊さんが楽しそうに参加してるのを見て幸せな気分になりました。うえみーの左は巧かったなぁ。これからもちょいちょい登場することに期待。


夜の特番はいい加減辟易ですが、ロアッソ特番は嬉しいですね。
今週にはゆたかさんやチャ様の動向も分かるでしょうし、うちから去る選手たちの移籍先も決まっていくことでしょう。新しく入ってくる選手も発表されるだろうし。

期待と不安の両方がありますが、今は全てがいい方向に決まってくれることを信じて、公式発表を待ちたいと思います。



最後になりました。

コメントをくれるみなさま、そして、たまにでも読んでくれるみなさま。

明けましておめでとうございます。

また1年間、元気にブログを更新していく所存であります。

ではでは、本年が良い一年でありますように。
今後ともよろしくお願いします。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。