ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs 水戸ホーリーホック in 笠松

はー。やっぱ水戸とは何だか相性悪いよなー。

いや。良すぎるのかも。
あまりにはまりすぎて、チームとしての地力の差が出てくるのかも。


今日は前節とはシステムが変わって、というか戻しての4-3-3。徳島戦とはトップがコモから中山に、CBがばっさんからスンジンに。


そだなー。個人的にはそんなに悪くなかったと思う。
攻撃陣も守備陣も一定程度の成果はみられた。

攻撃陣は愛媛戦に比べて断然「ツー」の意識は高かったと思う。ワンツーの数が比べものにならないくらい増えたよ。中三日でキチッと修正してきた選手・スタッフはもっと評価されていいと思う。その時その時しか見てない解説者や相手サポには知ったかきめられても、うちらだけはしっかり見てあげたいですね。

で、今日出た課題は、精度もそうなんですがそれは練習で伸ばしていくとして、去年の良さが死んでることですかねぇ。去年の良さが無くなるってことは、木島の良さが減るってことで。
この試合は明らかに速攻が少なかった気がします。スペースがないとドリブルもチャレンジしにくいし。宇留野が止められるシーンも多かったし。SBのフォローが少なかったというのもあるけど。相手がライン上げてる時にもっと裏で勝負したかったな。先制された後や後半になってからだと裏のスペースはケアされてしまいますからね。ショートパス繋ぐのももちろんやってほしいけど、急ぐべきところは急いで欲しいなと思って見てました。

あと、SBは前で勝負できなくなったなぁ。イチは元々広大なスペースをダイナミックに使うのが得意だから1対1に強いわけじゃないけど、チャ様はどっちかっていうと1対1でガンガン勝負するタイプだったのに。チャ様、今日クロス上げてなくない?らしくないよね。絶対。なんかおかしいんだよなー。チャ様。

3トップでSBが上がってきたとなれば当然ペナ内の人数は十分なはず。クロスさえ良ければ1点もの。そういう危険なクロスを増やしたいものですね。


あ。前半のセットプレーは面白かったね。解説は前で木島がミスったとか言ってたけど、完全に狙ってるやろ。ゴンさんが触ったとこをみると有効なようですね。


一方の守備陣ですが、ライン高かった。まぁ「勇気と無謀は違うんですよ」と言われたらそれまでですが、荒田という飛び出させたら一流のFWを相手にあのライン設定はふてぶてしかった(笑)いいよいいよ。チャレンジしての失敗は今は歓迎すべきと思う。

失点の場面は初歩のミス。
一見オフサイドでしたが、うちの選手が全員水戸陣内にいたんで、オフサイドはとられませんでした。サッカー漫画の名作・シュートで見た(笑)
今日は矢野がよく前にチャレンジしてた。すごく良かったと思う。でも、スンジンにフォロー任すのはまだ早かったね。石井とチャ様も最終ラインにいたけど、やっぱりCBの問題だろう。ばっさんやただよならしなかったと思う。スンジンは最後に退場もしてしまいましたし、悩ましい試合になりましたね。

ま。スンジンのイライラも高崎の怒りも分かるつもりです。
うちもリードしてたらキープするしね。J1でもやるもんな。
でも、そろそろJリーグでは禁止してもいいと思う。時間をうまく使うっていえばかっこいいけど、見方を変えればただのヘタレだからねぇ(苦笑)

失点はあの1点だけだったし、少しずつ安定してきてると思う。
うちの失点が多いのは、そもそもカウンターの得意なチームとばかり当たってるにもかかわらず、自分たちのサッカーを貫いているからだと思いますね。

だもんで、心配はあんまりしてない。
実際、前回はセットプレー、今回は普通にやってればオフサイドで事なきを得たプレーでしたしね。崩されかけてはいるものの最後の最後で耐えてたのは評価されていいかなと。


最後に、審判か。
コバのやつはきわどいけどバックパスじゃないと思う。矢野は明らかに自分でクリアしようとしてた。表面的なプレーで判断せずにそこまで踏み込んだ(と思われる判断をした)のは素晴らしいレフェリングだったかと。
逆に、最後の本間のプレーはおそらくハンドでしょう。ただ、縦にロングを入れて早い展開ではレフェリーのポジショニングもズレてくるのはしょうがないし、主審は責められないかな。見てほしかったけど。むしろ手前側の副審だな。ダメだったのは。

実は水戸との試合は疑惑の判定多いんだよなー。
去年の笠松での第一クールの試合の荒田のゴールはオフサイドだし、第二クールの試合の後半では本間が一旦足元に離したボールを木島かだれかに詰められて慌てて再度キャッチしたのにハンドとってくれないし。
なんかそういう運命なんでしょう。
うちと水戸は。
ほんと相性悪いよねぇ。



ま。負けは負け。
水戸は強かったです。良いチームだしね。



あー。やっぱ今は我慢だな。
次節からは強豪との連戦だけど、引きこもらずにガチンコで勝負挑みたいとこですね。

札幌には悪いイメージないし、うまくいけば勝てそうな気がするけど。totoの対象試合じゃないのが残念だ。
スポンサーサイト

vs 愛媛FC in KK-WING

実は他所で身内で集まってtoto予想をこそこそわいわいやってるんですが、下記は今回のtoto予想の熊本愛媛のマイコメントの締め。

「正直愛媛には負ける気がしない」

そして、引き分けを本命にしました。


愛媛のみなさんが見たら「あぁ゛」ってつぶやくかもしれません。

や。決して愛媛を下に見ているわけでも、去年のたかが三試合やっただけの結果だけで相性良いなんて思っているわけでもなく(焦)

そういう雰囲気といいますか。サポってポジションから離れて俯瞰したイメージというか印象というか。

ちなみに、その前の徳島戦では「嫌な感じがする」 的なコメントつけて対抗で徳島勝ちをつけました。


サポには分かるフワッとしたイメージってありませんか?
こと熊本の試合に関してはかなり精度が上がってきてる気がします。

え?次?水戸ですよね?

ぶっちゃけ勝てる気がしません(笑)

や、ちゃいますよ。
勝ちを諦めてるわけじゃなくて、自チームを卑下してるわけでもなくて。やるからには勝ちたいし、勝ってほしい。そう思って応援してます。

でも、去年みたく毎試合勝てる勝てる!と言ってたのとはまた違う境地に達してるというか…まぁ色々ありますよね。




さて、そんな感じで観戦に入った昨日の一戦。

開始してすぐに失点したのには「えー」でしたね。
あれ?イメージ勘違い?みたいな。

最近の勢いそのままに愛媛のカウンターの雨あられ。
なるほど強いなぁとやや感心しながら見てましたよ。

ちなみに、FK蹴った大山は一昨年浦和から愛媛にレンタルで来た時から目をつけてました。
当時は鹿児島にいたのでキャンプ見放題だったんですよ。
で、柏だったかな?のTMにいったときですよ。
右でも左でも精度の高いキック持ってて、視野も広いし上手かった。
極めつけは、当時髪長くてちょんまげ作っててさ、カウンターでルーレットかましてて(笑)

それから「オシャレちょんまげルーレッター」ですよ。

おっかけましたねぇ。データ上だけですが。

愛媛に戻ってきてくれたことは、愛媛サポさんばり喜びました。良かった良かった。


おっと。逸れましたね。


うちは新システムでしたが、特に違和感はありませんでした。

いはしょーも西くんも合格点をつけられる出来。良い選手になってくれそうですね。移籍金撤廃はんたーい!(笑)

そして、ソンジンが良かった。あそこまで出来るとは。
元々能力は非凡だと思ってましたが、DFラインなだけにコミュニケーションがとれるようになってからかな?と思ってました。
今の能力であの出来なら100点でもいいんじゃないですか?
フィジカルとDF技術はまだまだこれからですが、熊本からまた一人良い選手が生まれそうな予感。



そんなプラス要素ばかりなのに前半は全然うまくいかなかった。なぜうまくいかなかったのか?

個人的には、「ツー」の意識だと思います。ワンツーのツー。
北野監督もおっしゃっていたようですが、パス出した後の動きが全く足りない。
うちの選手は思いやる意識は強いみたいで、ボールホルダーの横かそれより後ろにはフリーで受けようとする人がいるけど、肝心のくさびを受ける人、裏に抜ける人がまるでいない。いてもフリーじゃないから出しにくいし、出してとられてカウンターを受けたりする。

リスクマネージメントの点でフォローはすごく大事だし、みんなが俺が!俺が!でも当然困るんだけど、パスサッカーを標榜するチームとしては致命傷。
現代サッカーでは、ツーどころか第三の動きとか言われてるのに。要改善ですね。

そういう意味では、DFラインでのパス回しやバックパスばかりが批判されたりするのはちょっと違うかなぁって。
普通に考えて、縦に蹴れたら絶対蹴るし。
蹴れないから横や後ろになるってことなんじゃないのかな?
もし前線が動き出してるのに出てこない、出し手が見えてないんだったらコミュニケーションでしょ。おれを見ろ!っていうアピールでしょ。

攻撃面ではそんなとこでしょうか。
ドリブルやシュートの積極性は出てきたし、昨日はよく枠に飛んでたから。
願わくば、シュートはもう二、三歩前で打てると入っただろうし、ドリブルのつっかけ方も周りのフォローの体制の取り方とか気をつけたいかなと思いましたけど。
ま。これからですよ。



一方の守備面ですが、やっぱりちょっとビビったかもね。相手スピードあったから。ラインが下がってたような気がします。前半の田中のシュートがバーに当たったやつとか顕著。ペナ内で勝負させなきゃ矢野なら奪えたと思うんですけど。
あとは、チャ様はあんな守備できなかったっけ?中央が下がってるのに、チャ様は突進しすぎだろう。DFはもっとどっしり構えて、後ろに重心置きながら守るもんだと思いましたが。
去年もやられることはしばしばありましたが、あんなにアッサリとやられてはいなかった気が。
悪い意味で緊張感がないような印象を受けました。コンディションが悪いようには見えないけど。
矢野と話し合ったが良いと思います。


最後に、個人的な昨日のMVPを発表します。

ジャンッ!

石井俊也

石井さんですね。

いやー。良い選手獲得した。J1でも全然やれると思う。
ポジショニングほんとに気が利いてるし、運動量も素晴らしい。終盤でのクリアボールに躊躇なく頭を出す気持ちの強さ。
好きだなぁ。彼のような選手は結構好きだ。派手さはないけど、職務を粛々と遂行するあたりがかなり好きだ。いないと絶対困る。
吉井あたりは良い目標になってるんじゃないかな?



試合全体としては、良い試合だったし、展開としても内容としても面白かったと思います。

ただ、少なからずラッキーだったかな。
PKをとってもらえたのもだし(倒されたとは思うけどああいうのは往々にして見てくれないから流されても仕方ないと思ってたので)、バー直撃が何本かあったのも。

ホーム開幕戦とは逆ですね。あの時は不運だった。


まあまあ今年も始まったばかり。
新戦力がことごとく当たりだし、やってるサッカーも可能性を感じさせてくれる。ゴンさんがついに戻ってきて、これからも怪我人がどんどん復帰してくる。
そういうのが、チームののびしろを、しかもかなり大きなのびしろを期待させてくれますよね。


第二クールかな。
そこら辺でバーンと行ってくれる気がします。

今は我慢。応援するのみ。

vs 徳島ヴォルティス in ポカスタ

今日は私用で全く見れませんでした。

が、結果は知っています。

見るべきなんでしょうか?(笑)
まぁ見るべきでしょうね。
いいとこ見つけてきます。


さておき、ポカスタはあまり良いイメージないですなぁ。
今年は二試合あるでしょ?去年はうちがホーム二試合だったから。
できれば、早めに払拭しておきたいところ。


まぁ一般人が思ってるより今年の徳島は強いと思うし(このわたくしにtotoのチェックをさせるほど)、まだまだ序盤だから。うちも色々あるでしょう。

とりあえず一周目は自分達のスタイルを貫いてみて、二周目からまたチャレンジするくらいの余裕をもってやればいいんじゃないでしょうか。


だいじょぶ。

うちは今シーズンもう一回勝ってるんだから。

横浜FC戦のトラブルとやら

公式で知りました。

あほだな。

今季初勝利にこんな形で水を差すなんて。

横浜FC関係者各位、サポの皆様、そして、うちの選手たちやトラブルに全く関わらないうちのサポーター、さらにはせっかくスタジアムに足を運びお金を払って観戦なさっていたお客様、不快な思いをさせてしまい、本当に申し訳なく思います。


ただ騒ぎたいんなら自分ちでやれよ。

応援することの大前提がチームの後押しをすることのはず。
足引っ張るような輩はサポーターではないし、スタジアムに来る資格は当然ない。

こういうトラブルがないことがうちの強み、というか誇りなんじゃないのか?

去年はJリーグでも色々ありました。
柏-鹿島戦での事件のように、チームに罰金が課されるおそれもあります。


サポーターって何なのか?
個人的には、チームがあって初めて成り立つもので、あくまで黒子というかスソノというかとにかく一番前には出ない脇役みたいなものなんだけど、それでもチームの一員なんだと思っています。

それだけに、今回の事件は本当に残念で、非常に悲しい。


今一度サポーターの在り方をそれぞれでしっかり考えるべきなのかもしれませんね。

vs 横浜FC in 三ツ沢


第2節ってのは、どうやらうちにとっては特別な「節」のようですね(笑)


勝ちました!

おめでとう!ありがとう!

各所で書かれてあるとおり、まだまだな部分は当然ありますが、今は100%喜んじゃっていいんじゃないですか。



ザスパ草津とのホーム開幕戦を落とし、迎えた第2戦は、あの三ツ沢での横浜C戦。
アンデルソンにハットトリック決められたなーとか。あのPK微妙だったなーとか。
あれよあれよの5-0。コバとイチの「今日は地獄やな」会話があったこともつゆ知らず(コバトークにて)、呆然でしたよ(投げやり)。ええ(苦笑)。

まぁ本州アウェイの苦手意識は、去年の湘南戦での勝利により、大きく薄れていたことは良かったかも。あと、あの5-0の試合以外の対横浜C戦では、うちにとって、かなりいい試合だったから、苦手意識はなかったかな。

カズさん出てたのも嬉しかったし、アツくん出てないのは残念ながらもラッキーと思ったり。
試合開始前、開始直後はわりとのんびりした気持ちで観戦してましたよ。



うちは前回に比べて、格段にとは言いませんが、良くなっていると思いました。
ビルドアップもそうだし、フィードするところ、クリアするところ、ボランチの引き出す動きまで。

得点の仕方も、横浜C側のサポさんからすれば、「うちらのミス」ってことなんでしょうが、前線からの守備、両ウイングの裏への鋭い飛び出しはうちの武器ですから。パスワークで崩すのも素晴らしいし、高い位置で奪って少ないタッチでゴールまで繋げるのも素晴らしいと思います。前者は技術で魅了する、後者はハートで魅了する。

3トップは攻撃面ばかりを取り上げられますが、4バック主流の現代サッカーにおいて、影のコンダクターを担うSBを誰が見るのか、どうやって圧力をかけるか、ってすごく大事になってますからね。近年、1トップや3トップの、サイドの高い位置に選手を置くスタイルが流行っているのも当然なのかもしれませんね。

そういうところがはっきり出たというか、うちのフォーメーション・スタイルががっちりはまったのがチャ様のプレスからキジの先制点だったのではないでしょうか。なぜ相手SBをうちのSBがチェックできるのかはそれぞれで考えてください(笑)まぁ通常ならありえないですよね。それが出来るのが、うちの今年の強みってことで。

キジのシュートも巧かったね。あれ難しいよ。
蹴る間合いでキーパーのタイミングを外してるのも巧いし、あのファーに若干アウトで蹴ってのストレートボールをあっさり転がすあの技術。素晴らしいね。角度や態勢からして、インサイドだと難しかったし、インステップだとニアの上だけでタイミングは外しづらいし、ファーを狙えばカーブかかる可能性だってあるし。まじすごいっす。心からすごいっす。

横浜の樋口監督だったか、うちの誰かだったかが言ってましたが、相手ボランチが藤田に引っ張られすぎて、翔平ちゃんが余ってたってのも大きかったよね。翔平ちゃんは素晴らしい技術持ってるから。ポジション的にミスってるところが目につきますが、ピッチよく見えてるし。キックも色々持ってる。運動量でのし上がってきた感はありますが、彼の本質はゲームメイクにあると思ってるんで。藤田・小藤田くらいに思ってもらわないと(笑)

失点後も焦ることなく、中盤の構成も良かったし、DFのミスも前回に比べたら格段に減ってたと思う。
両SBや中盤のフォローもたくさんあったし、前節の反省点を生かして、修正・成長してきた証を見せてもらったと思ってます。


ばっさんのは…まぁ仕方ないかな。DFでのパス回しはもっともっと煮詰めていくところだし、うちだけじゃないから。同じ問題を背負っているのは。今の時点でここに着手できてるってことは4年後のJ1昇格に向けて、実に堅実だと思うし。今しかないよね。逆に言うと。


それにしても、カズさんは最年長ゴール記録だって?すごいね。
カズさんはなんだか動き軽やかだもんねぇ。

でもさ、うちってさ、あれじゃないっけ?J2最年少得点記録にも貢献してるよね?
去年の第2クール湘南戦での菊池。

よっしゃ。最年長と最年少記録制覇(笑)



後半も木島から宇留野という大きな展開から、最後は宇留野の「技術」で追加点と。
前節も超絶ボレー決めてたけどさ(オフサイドだったけど)、宇留野ってボレー巧いよね。
前節は右で今節は左でしょ。すごいじゃん。
宇留野は個人的に好きで(前にも書いてますが)けっこう見てたんですが、甲府でめちゃめちゃ活躍した印象はないよね。良いところで怪我したりとか、メンバーはずれたりとかで。

うちへの移籍大成功だね!


あとはまぁ書き出すときりがないけれども、悪い意味で気になったのはカードの多さか。
厳しく行かなきゃやられるから、悪質なのはなかったと思うし、後半に増えてるから疲れでしょうがないところもあるとは思うんだけど、これからのことを考えると大変だよねー。特に、CBの2人。
まぁファウルになってしまうって言うのは、技術よりも判断の遅れ、そして、ミスからの急な対応。
カードが多くなってしまうのも、チーム全体でのミスがまだまだ多いですよってことなのかもしれませんね。
少しずつ減らしていきたいモノです。ただよさん。早く戻って来てー。


最後に、相手・横浜Cですが、戦前は池元・難波がスタメンだと思っていたので、彼らが入れ替わり立ち替わりに引いたり裏狙ったりしながらポストプレーとかされると、ファウルも増えるだろうし、そこでアツくんからのセットプレーとかいやだなぁと思ってたんですよ。一番気を付けなければいけなかったのは、そこ。それと、カウンター対策。

なので、うちとしては、アツくんがいなかったことでカウンター対策に絞れたし、藤田のおかげで中盤の優位を保てたので、落ち着いていけたかなぁと思いますね。

まぁ次の対戦ではアツくんやら根占やらがいると思うし、池元・難波も好調なときはすこぶる怖い相手ですからね。今回は運も味方にできたのかなと思いました。


以上。まとまんないけど、感想をば。


次節はポカスタで徳島戦ですか。ポカスタでは負けたからなぁ。
そうでなくても、ホームの徳島は強いイメージがあります。
去年とはかなり違うメンバーですが、なんとかして勝ちたいですね。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs ザスパ草津 in KK-WING


どうも。どうも。ご無沙汰しています。
今年に入ってから私用で忙しくて。
おそらくこの状態は7月あたりまで続きそうなので、たまにめっちゃ短い記事になるかもです(苦笑)
今年のJ2展望も書きたかったんですけどねー。できませんでした。

でも、試合は観るし、感想も書く予定です。



さて、本日は我らがロアッソ熊本にとってのJリーグ開幕日。

相手は昨年、J初勝利をあげた相手・ザスパ草津。
あの試合はうちらにとっても、草津にとっても相当大きかったようで。
負けられない。負けたくない。そういう激しい試合になることは、戦前より予想されていました。

フォーメーションは4-3-3。
コモを1トップにおき、ウィングに木島と宇留野をおいたプレシーズンでよく見られた形。
中盤は藤田・石井・孝輔。翔平ちゃんがすんなり入るのかなと思いましたが、孝輔でしたね。
DFは去年の終盤から引き続き、チャ様・矢野・ばっさん・イチ。
GKはコバでした。


試合は一進一退。
どちらにもチャンスがあり、双方にバーを叩くシュートがありました。

攻撃面では練習してきた形もみられ、ある程度は計算できるように見えました。
守備面では失点に繋がる大きなミスがあったので、ダメだと思われる方も多かろうと思います。

書きたいことはけっこうあるんですが、余裕もないので1つ2つ。

攻撃面での課題はチームのヴィジョンをもっとはっきりさせること。

個々の力はある程度出せてたと思うし、コンディションの良し悪しはあったものの、J2ならば十分に通用するというところは見せられたと思います。惜しくも枠外に外れたシュート(木島・藤田・井畑)、ネットを揺らしたがオフサイドだった超絶ボレー(宇留野)、バーを二度叩いたヘッド(藤田)、ファーからのダイビングヘッド(コモ)あたりの見所がそれを証明してくれるしょうか。

ただし、雑な場面も多かった。
サイドに展開したとき、中に入ってくる選手が少ないときがあったり、複数人いてもかぶってしまったり。コモにきちんとボールを入れなきゃいけないところで、アバウトなフィードがあったり。そのパスで、トラップで、ドリブルで、次はどうしたいのか、周りはどう動かなければならないのか。そういうイメージのある攻撃を増やしていくことが今シーズン通しての課題になると思うし、それが複数人で共有できたなら、うちは素晴らしいサッカーを展開できると思うよ。


ビルドアップ面でも、あぁ、それに関連するので、この流れで書いておきますが、2失点目。
矢野のミスパスはおそらく誰しもが叩くと思うし、あれは当然、矢野のミスという部分は少なからずあるので全く悪くないと言う気もないですが、1点だけ。

去年と今年で一番変わったことって、高橋が抜けたことでも、コモが1トップであることでも、藤田が入ったことでもなくて、チームのビルドアップの仕方だと思うんですよね。

去年は、急がなくてもいい場面で縦のフィードを入れて、3トップに走ってもらう形が多かった。そういう形で得点を量産した。今年はその形を捨てるところから始まった。そこのところをもっと真剣に見なきゃと思う。DFからのつなぐ意識の徹底。矢野のミスはそれを意識するあまりのミスであったと思う。

そして、パスのミスは出し手と受け手のミスであるということも付言したい。1点ビハインドでDFラインから縦に入れたいと思った。うちのボランチの1枚は両SBが上がるため、最終ラインに入る決まりがあるようなので、1つ前は、両サイドとボランチ1枚。彼らはどこにいたのか。そして、矢野があそこまで上げたラインがどうしてずれているのか。あの時の矢野に限らず、あの辺のパスミス、縦に入れる機を逸する場面は今日の試合で数多く見られた。今日の試合で出た課題で一番おおきなものだったのではないかと思われる。


守備面では、DFラインは継続と書きましたが、チームのスタイルが大きく変わったことによって、DFラインのやる仕事も大きく変わっている。去年までのカウンタースタイル、前戦の守備からはいるスタイルだと最終ラインのやることは前2列のフィルターでかかったボールの掃除が主。ところが、今年はポゼッションスタイルを標榜しているため、今日のようなカウンターに対する守備が主になってくる。去年に比べて、今年の方がより高いDFのポジショニングや読み、判断の能力が必要とされる。そういう意味では、選手の成長、そして、システムの成熟度も含めて、長い目でみるべきところかなと思う。



今日の収穫は、攻撃面で一定程度の結果を残せたことが1つ。フィニッシュのところでうまくいかなかったけど、形は良いものもあったし、それが現段階で発揮できたことは良かったと思う。

もう1つ良かったことは、井畑・西の大卒ルーキーコンビがJ2でもある程度計算できる選手であることが分かったこと。井畑くんが当然通用すると思ってましたが、怪我で出遅れた西くんまでもが、あれだけできるとは思いませんでした。これは嬉しい収穫。左SBでやれたってことが輪をかけて嬉しいよね。ドリブル・クロス共に良し。井畑くんは点こそ奪えませんでしたが、彼が出ると点が入りそうな雰囲気が出てくる気がします。1トップで90分となると、コモやゴンさんの高い壁があるので、即スタメンとは行かないでしょうが、今日のような形で出場機会はあると思うので、是非ともゴールを奪って欲しい。



あとは、相手の草津ですけども、思ってたよりフィットしてた。

というのも、某スタメン予想サイトでは玉乃・廣山の両方がスタメンに名を連ねるという予想だったので、島田不在をどちらかが埋めるというならまだしも、2人いっぺんだと逆に去年の草津らしさがなくなるんじゃないかと予想してたんですが。結果、スタメンには廣山がはいり、それ以外は去年のメンバー。あぁ。やばいなと思いましたよ。ぶっちゃけ。

シンプルにつなぐサッカーが徹底してたし、廣山が違和感ないのは大きいよね。
去年を越えるために、これからどこを変えて、どこを維持していくのかは非常に楽しみなところです。

変わらないようなら、醤油スタではリベンジ達成してみせるぞ!

…と、負け惜しみを言ってみる(笑)



とにもかくにも、Jリーグが始まりましたね。
そういう実感を今悔しさと共に噛みしめております。

今年はきっとうちが旋風を巻き起こす。

それだけを信じて、今年も変わらず応援していきたいなと思いました。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。