ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs ザスパ草津 in 正田醤油

引き分け。

まぁ仕方ないのかなぁ。

勝つにはやっぱりいくつか足りなかったのかも…と素直に思う。
一方で、前半の流れからしたら後半きっちり追いついたんだから良し!とも思う。


監督がおっしゃってた後半勝負のプランはしっかり分かったよね。
前半は心配するくらい悪かったのに、後半は全然違うチームだった。

プラン通りに出来るようになったことはチームとしての成長の証なんじゃない?

ただ、やっぱり前半がプランだとしても悪すぎるよなぁ。
ゴンさんと宇留野に申し訳ないくらい、良いボールが入らなかった。ゴンさんは何度も手でアピールしてたよね。栃木戦との違いはここかな。

守備面での差はあまり感じられなかった。木下のスーパーセーブもあったし、4バックも良く守ってたよ。

失点のシーンは、ソンジンのコミュニケーションの問題じゃない?
中央に一歩絞ったタイミングで裏とられちゃったからね。
あとは、後藤が落ち着いてた。
右利きをあの角度でフリーにしたら、もうGKだけでは守れないよね。


後半は明らかに縦に速くなって、木島のスピードに相手が全くついてこれず。

でも、1つ目の決定機を外したときは今日はだめかと思ったよ。普通はそういうものなんだけどね。

木島はさすが。普通じゃない(笑)
そういえば、去年の第3クールの鳥栖戦を観に行ったときに、ハーフタイムの練習でビシバシ決めてたコモの横で、次々と外しまくってた木島をみて、友達と「今日は調子悪いのかなぁ」 って言ってたら、途中出場でシュート決めたのを思い出した。

ナイスゴールでした。



連戦つらいけど、次は天敵岐阜戦。
結果ほど力の差があったことはないと思うんだけど、勝てないよなぁ。
岐阜も今大変みたいだけど、他を心配する余裕もないし、前節の徳島戦での岐阜は素晴らしかった。

厳しい試合になりそうです。

でも、勝ちたいよー。
スポンサーサイト

vs 栃木SC in 水前寺

良かった。ホッとしたね。
久しぶりの勝ち。

この勝ちは大きい。
熊日曰く「自信をつなぎ止める勝利」的な。



ただ、試合の内容はお世辞にも良いとは言えなかった。

栃木に押されていたとは思わないけど、決定機を決められてたらどっちに転んでいたか分からない。

ギリギリで防いでくれた守備陣には感謝したいし、誉めたいと思うけど、サイドのやられ方、ラインの調整、バイタルのマーク、まだまだ詰めるとこあるみたい。


攻撃の方は2トップの良さを遺憾無く発揮できたのが大きかった。
宇留野も復調してきたね。
ゴンさんも復帰戦にしては上々だった。

得点の形も良かったね。

1点目は藤田さんのスルーパスから宇留野が抜け出し、中に走ってきた西に右アウトで絶妙のクロス。西がダイレクトでニアを抜いてゴールと。

2点目はショートコーナーから一度クリアされるも、セカンドを拾ってサイド入れたボールに前線に残っていたソンジンが反応。折り返したボールを二列目から飛び出してきた石井さんがゲット。

特に2点目は練習どおりの形だそうで。素晴らしいね。ナイスゴールでした。


とはいえ、本人も言ってましたが、西は得点シーンと後半のイチが右サイドを駆け抜けたシーンくらいしか目立たなかった。

相手のストロングポイントが右サイドだったというのもあるのかもしれないけど、もうちょい頑張ってほしいとこだね。

あと、石井さんも渋くらしさをみせてるけど、囲まれることも多くなってきてる。うちの核だから狙われてるのかもね。ただよのミスもあったし、パス回しの判断はもっともっと上げていかねばなるまい。



と言っても、ここで書くまでもなく、試合後の選手たちの表情やコメントで十分感じてるみたいだし、明日の草津戦に直ってるってことは難しいだろうけど、こんな状態でも完封できるし、2点取れることを自信にしてほしいね。


それにしても、勝ちは良かった。
ほんとは内容とか関係ないんだわ(笑)

やっぱ勝たなん。
半分…いや、せめて3分の1を目指してほしいね。


草津は強いけど、都倉が離脱してるのはチャンスだよね。
なんとか、なんとか勝てると良いね。
開幕戦の借りを返しましょ。

vs ヴァンフォーレ甲府 in 小瀬

結果ほど一方的な試合ではない…と言いたいところだけれど、個としてもチームとしても、完全に負けてしまったね。


前半の2点は全く要らない失点だった。

累積警告で出場停止の左SB拓ちゃんに加えて、右SBのイチも怪我で不在。
本職CB4人の同時起用という明らかに苦し紛れの配置。
連携に不安のあるところに、高いラインも相まって、個で勝負を挑まれる展開が増えてしまったように見えました。

それでも、万全ならそう簡単には負けなかったと思うんだけど。
ソンジンがスタメンで出ちゃってるような日替わりCBが現状。矢野とばっさんはあまりコンディション良くないんだろうな。

ただ、一つ言えることは、高いラインは悪くない。
パスサッカーを志向するなら当然だし。
最近、ラインが上がらなくてダメなとこもあったからね。
今回は破られましたが、やられても高いラインをとったことは評価してます。


3点目は不運であったし、ジャッジのせいにも出来ると思うけど、まずはリスタート時の集中力だよね。

リスタートはいつもだめ。
ボールがきれそうな時も、ファウルを受けたっぽい時も、オフサイドがとれたっぽい時も。
今までもFKやスローインでずいぶんやられてる。

今回のスローインもボールを切るまでは良かったのに、スローインの時にボール入れる人の近くにソンジン・ヤス・翔平ちゃんの3人がいた(たしか)。
結局、一番早く気づいた翔平ちゃんがファウルとられてしまったけど、本来はソンジンやヤスがケアすべきスペースだったし、3人の脳みそが働かなかったのは問題でしょう。ソンジンが若いこと、ヤスが本職じゃないことを考慮しなきゃいけないのかもしれないけど、試合に出てる以上しっかりしなきゃ。

あそこは完全に防げたと思う。
リスタートの問題は攻撃時もそう。
早く始めるとこはみんなで感じてポジションとるようにしないとね。

3点目で試合が壊れたから、4点目はもう何も言うことない。



攻撃陣も深刻。

一時期のようにシュート撃てるのに撃たない状況でもない。
どうやって攻撃するかがイマイチはっきりしなくなってるよね。

中で繋ぎながら後ろからロングという形は良し。
ならば、木島のように単騎で仕掛けられる選手がいるし、西森や西はそういうポジション取りをして仕掛けなきゃいけない。

そうできない時はどうするか?って話ですよ。
木島の単騎駆けは裏に広いスペースがないと使えないし、ライン引かれてると使えない。

中で繋げないときはどうするか?
プレスが厳しいときはどうするか?
まだまだ引き出しは少ないよね。
チームとして新しいからこれからっていうことなのか。

でも、こないだは西森くんわりと良かったな。
Jで出た試合の中では一番の出来じゃない?
彼の良さは左クロスとプレースキックの精度だと思ってるので。
一発で裏に抜けるようなパスを受けられるようになると面白いよね。

西はSBでも良いね。
マラニョン抑えれてたし、イチのいない間に右SBとしてやれるようになると面白いかも。



チームは10試合も勝ちから離れて、何をもって良しとするかが見えなくなってきてる。
結果で一喜一憂しないっていう建前があるからかな?っていう気もするな。

サポは当然なんだけど、今はスタッフと選手ももしかしてそうなんじゃない?
コメント見てるとそういう印象を受けます。


個人的には、今の方向は間違ってないと思うし、補強を主張するような段階でもなく、必要もないと思ってる。

信じてますから。

とにかくがんばれ。
今は、それしか言えない。


こないだNHKでガンバの遠藤選手が「どれだけチームにために走れるか」と言ってたのを見て、あんだけすごい選手でもチームのためなら自分を犠牲にすることは厭わないんだなと感動しました。

頑張る頑張らないは、きついとき、劣勢のときにこそ判別できるかもしれませんね。

そんな気がしました。

vs 横浜FC in 水前寺

良くなかったねぇ。

どうやらうちの好不調の波は人的要因のせいじゃなさそうだ。

横浜FCの中盤での潰しがそうとう早くて、藤田さんが中盤に戻りっぱなしの時間が多くなってしまった。
鳥栖戦もそうだったので、ハードワークもだけど、プレッシングが強くて、ラインの高いチームはどうも苦手なイメージ。
そういうチーム相手にパスを回すのが難しいのは分かるけども、このプレスを動じずにかわせるようになるかが今季の目標かなぁ。慣れかなと思う。それまでは細かいミスには目をつぶる心の余裕も大事と思うな。

広島が今みたいに回せるようになったのも意識や技術をじっくり習熟させていったからだし、その間大量に失点したりもしてたわけだし。

今はね。

自分たちのチームの骨格がまだまだカッチリ固まってないのか、相手に合わせてしまってる感といいますか、相手に振り回されてしまってる感と言いますか。

最近のJ2は昔と違って、多様なスタイルが混在するリーグとなってますので、守ってカウンターしておけば勝てる的な時代もありましたが、今はとにかく自分たちのサッカーをどんな相手にも同様に貫けることの大切さを感じます。

うちのサッカーは「継続」の部分もありますが、やはり新しくチャレンジしてる部分が大きいのでまだまだなのかなと思いますね。

それにしても、勝ててないってはあるよ。
選手やサポのモチベーションも気になるし、うちは今ようやく熊本の中で確固たるスポーツとしての位置をつかみつつあるからね。中身も大事だけど、適度に勝ってる印象は大事かなと思う。


ゲームとしては、圧倒的に横浜FCの流れの中できちんと先制出来たことは素晴らしかったと思う。
藤田さんの縦パスから一気にスピードアップして、翔平ちゃんのパスもダイシのシュートも素晴らしかった。

湘南戦のようにポゼッションを高めてパスも回せる中での美しいゴールもみせながら、今回みたいに主導権は握れない状況でも攻守の切り替えの早さで得点できるってのは最高だよね。

次は1試合2得点が目標か。
今節も惜しい場面はいくつもあったし。
井畑くんのミドルとか素晴らしかったね。バー直撃だったけど。
井畑くんとニシ(西森)とコモの初得点に期待。


守備陣も大きなミスなく頑張ってたけどねぇ。
後半の一番きついときにチーム全体で雑になりすぎた感はあるかな。
大事にいくとことセーフティーにやるとことの判断がまだまだでうまくやればマイボでいけそうだけどなってとこもある気がします。

失点は左からのクロスから難波のヘッド。

SBの裏はここ何試合かよく狙われてるね。
SBが戻れればいいんだけど、そう無茶も言えないから、そこは分担かなと思う。

ヘッド競り合い担当はソンジンだったか。
足元は正直矢野やばっさんよりうまいと思うけど、出足のとこは遅れることが多いかな。そういう意味ではDF陣は一長一短だよね。総合でずば抜けてる人がいない。言い換えれば、だれにでもチャンスがあるってことか。苦手なとこをなおすもよし。長所をガッツリ伸ばすもよし。うちのDF陣が今シーズンどんな成長をしてくれるのかは非常に楽しみですね。

それは、GKにも言えるか。いなやんが一歩リードな感はあるけど、サイド攻撃に対するポジショニングはちょっと気になるし、キックは吉田くん、経験はコバだもんなぁ。木下くんはとりあえずプレーを見たい。



とにかくチームがもうちょいかかるのは分かる。

だけど、そろそろ勝ちたい。勝たなん。
6月早めに勝てれば良い月になりそうだけどなぁ。

ハードワークも厳しいようだから色々入れ替えながらやってほしいね。


次は甲府戦。
第一クールの感じからいくと湘南戦のようになるのが一番良い流れかなと思うな。

totoも絡んできてるし、たくさんの人を泣かせたいです(笑)

vs 湘南ベルマーレ in 平塚

久しぶりに楽しい試合になりましたね。

前半1点差に迫られたところでのソンジンのゴールで勝った!と思いましたが…
やっぱさすがに首位湘南は強かった。

逆に言えば、あれだけ強いチームを相手に残り数分までリードを奪う展開で試合を進めれたことは自信とすべきですね。

良い試合見せてもらいました。



この試合は藤田さんのトップ起用から全ては始まりました。

マスコミや評論家のコメントを見るに「ゼロトップ」とか「奇襲」とか、さもこの試合が特別なことをしているように思われがちですが、決してそんなことはない。

コモがトップにコンバートされて、プレシーズンからずっと続けてきた形が一つ身を結んだというべきでしょう。

この試合の藤田の動きは誰よりもまずコモにとってお手本となるべき試合になったのではないでしょうか。


そして、2ゴールを決めた西。
起用されはじめの何試合かこそスペースを生かして見事なドリブルを披露していましたが、ここ数試合は周りとも噛み合わず、孤立する場面も多く見られました。
が、今節は藤田さんの動きで相手が動かされていることに加え、前線で自由に動くことができてました。
久しぶりにその積極性を遺憾無く発揮してくれましたね。
守備面ではまだ課題を残しますが、今節はフル出場できたことも含め、ほぼパーフェクトでしょう。


さらに、セットプレーでの初ゴール。
ここまで長かったよ。ほんとね。
うちのようなチームこそセットプレーは得意でないといけないのに。
うちにはキッカーもターゲットもちゃんといるから伝家の宝刀となるべき要素は元から秘めてたんですけどね。
これを機に是非とも量産してもらいたいものです。



湘南戦の解説は名波。
藤田さんの動きを名波が解説する。
それだけでも夢のようなのに、前半は誉められっぱなし。
敵将反町監督も普段はみせないようなイライラっぷり。

誇らしかったねー。
これが地元のチームがあることの醍醐味でしょう。
ゴールも全て素晴らしかった。
みんなでハードワークして内容も抜群だった。


確かに、展開的には勝てたかもしれないし、吉田くんあたりはPKの件で矢面に立たされよう。

けどさ、あれはアジエルのパスが素晴らしすぎるやろ。
岐阜のときと同じ形だったのは残念ですが、それだけあそこの判断は難しいってこと。
あそこは出て正解でしょ。
ただ、出たあとのボールの読みが甘かった。出方によっては確実に先に触れたと思うし。濡れたピッチのせいかな。


まぁ今年の湘南相手にここまでやりきるってのは素晴らしいよ。
逆転される可能性だってなくはなかったし。
後半は押し込まれる場面も多い中で粘ってたと思う。

厳しく言えば、3点とったら逃げ切ろうよとか、後半ダメ押しとれただろーとかいう見方もなくはない。

ま。無粋っしょ。今回は。


あとは、みんな言ってることだけど、今回みたいなサッカーをコンスタントに表現できるようになること、ホームで披露すること、相手を選ばずに良いサッカーをすること、そして、勝つこと。

今は勝つことにそれほど執着しなくてもいいとは思うけど、手を抜くって意味でもないし、勝たなきゃ楽しくもなかろう。サポもだけど選手もね。

とりあえず勝とう。良いサッカーをして。
それがチームにとっての特効薬だろうね。


うちの目指すサッカーは湘南戦が一つの答え。
チームが迷ったらここに帰ってこよう。
そういう試合になったことが今節最大の収穫かなと。



次は横浜FC。今季初勝利の相手。
相手は決して良い状態じゃないけど、舐めてかかれるほどうちの調子も良いわけじゃない。
ただ、良い流れで次を迎えるのは間違いなくうちだから。
それをうまいこと利用したいね。



プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。