ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs ファジアーノ岡山 in 桃太郎

最悪の事態は予想していたとはいえ、この結果はさすがにきついですね。
もっとやれたんじゃないか?という気持ちは未だぬぐえません。


試合を見終わった後、敗因を考えたら1番に思ったこと

相手を甘く見すぎてなかったか?

でしたね。


Jに入ってそんなこと思ったこともないし、思う暇もなかった。そんなスピードでここまで来た。
今年は3つのクラブがJ2に加入したわけだけど、初回対戦でもこんなことは思わなかった。

個人的には、当初スカウンティング不足、つまりなめていたのはスタッフの方なんじゃないかと思っていました。理由としては、前半あれだけ簡単に相手FWにくさびを入れさせていたのを後半は頭からすんなり修正できていたこと。スカウティングが十分でなかったのか、単にミスだったのかは分かりませんが、とにかく不足していたんじゃないかと。

しかし、昨日の熊日さんの記事を見て、「あれ?甘くみていたのはプレーヤーの方だったのか?」と。

結局、真意は分かりませんが、闘志とか気迫とかそういうものがプレーに出てなかったのは残念でした。


試合の内容としては、前半の守備陣の軽さ、そして前がかりになった後半の攻撃陣の無得点、どちらも修正すべき課題ですね。

この試合は久しぶりに稲田がスタメン復帰、4バックに戻って、どこまで無失点で耐えられるかと思ったんですが、岡山FW西野の個人技であっさり2失点。素晴らしいゴールだったと前置きはしておきますが、止められただろうと。
1失点目はもうずっと同じ形。セットプレーから一旦弾くと止まってしまう足。なんとかしないと。最近はセットプレーでのマークが外されるというレベルの前に最初から外れていることも多いですよね。ゾーンで守ってるのかな?それにしてもでしょ。西野があのポジションにいてだれもついていないってのは問題だ。
2失点目はただよさんが半歩遅れたところで思い切りよくシュート蹴られての失点。あれは稲田が止めないといけないかな。ずっとスタメン外れてたから勘がもどってないのか、ピッチがボール走りやすかったのかそれは分からん。けど、コースもただよさんが半分くらい切ってたから、あれは止めて欲しかった。せっかく同点に出来たのに。ああいう失点をするとチーム全体がガッカリする。

その前提として、「後半勝負だった」(熊日での北野監督のコメント)とはいえ、後半のソンジン・ただよの前への圧力のかけ方を見るに、スカウンティング不足だったんじゃないかなって思ったんですよね。水戸戦の失敗も踏まえて、西野・青木にはもっとガツガツいってつぶさなきゃいけなかったし、後半はきちんと実戦出来ていたことを見れば選手の能力の問題でもない気がしましたよ。

後半のピンチは前半のそれより危ないものが多かったですが、相手の決定力不足に助けられました。これは守備陣のミスというよりは、後半勝負のプランから序盤押し込むことに成功したものの、得点が奪えず、徐々に岡山が挽回してきたことに、うちの中盤、特に吉井と翔平ちゃんがポジショニングの面でリスクマネージメントが十分に出来てなかった点にあると思います。終盤になってきて、クリアボールを岡山に拾われまくったのもその辺が起因してたんじゃないかなって思いますね。これは本人たちの問題というより誰かが気付いて修正できていれば良かったんだけれども。


攻撃陣はパスサッカーを掲げるのは良いと思うし、繋ぐのは巧くなっていると思いますけど、1タッチのプレーが少ないこと、1タッチプレーの精度が低いこと、スペースで動きながらというより足元でパスを受けすぎていること、フリーの時のクロスの精度が低いこと、そして、良いクロスが上がったときに限ってだれも中につめられないことなど課題は山積しています。

後半序盤の翔平ちゃんだったかイチだったかがフリーでクロス上げたのにコモしか中にいなかったのは顕著な例だよね。コモはつぶれるという仕事をきっちり果たしていた。あれは外からきちんと走り込んであげないとさ。誰でも良いから。あそこに走り込んでヘディングできるのはゴンさんくらいしかいないのかな。うちじゃ。ヘディングできるガッツマンが左ウィングにいてくれたらな。監督は安易にパワープレーしないって言ってたけど、パワープレーっていうことじゃなくてああいう時間帯と展開なら純粋に左ハーフに矢野をつかって、右のイチと翔平ちゃんで崩して、矢野に中に入らせる動きでファーに流れたボールを狙わせるという手もあったような気がします。うちの攻撃陣vs岡山の守備陣なら個の能力じゃ勝てたと思うしね。結果より内容が大切なことも承知していますが、勝たなきゃいけない試合もあるし、勝つための采配を振るってこその内容だと思うしさ。もう少しどうにかならなかったのかな?っていう気はしました。



…とマイナス気分はここまでにして、試合が終わってある程度引っ張っていると多かれ少なかれいい話も耳に入りますね。

こないだの試合でも途中出場したヤス。前回の記事で書いたような使われ方してましたね。
ヤスが前線のスペースで活き活きとしたドリブルしてるのを見られるのは嬉しかったです。
やはりヤスはドリブルシュートですよ。

次は是非シュートをよろしく。ペナ内なら意外と決まると思うけどな。1対1じゃない方がおすすめ。

そして、ヤスブログでは藤田さんからの熱いお話があったとの記事が。
ああいうことを我がクラブの期待の星に言ってくれる藤田さんもそれをきちんと受け止めて文章にしてくれるヤスもほんと最高だよね。
ヤスの技術はすごいんで。怪我をすることなくプレーできて、スタメン奪ってくれることを期待してます。




さて、あさってはC大阪戦かー。今年は良い試合はしてるんだけど大敗してるもんなぁ。
おまけに絶不調のチームにあって唯一気を吐いていた宇留野がほお骨骨折で離脱。
加えて、本当なら2万人動員の試合にするところだったのに、衆議院議員選挙と相まって、動員がぐちゃぐちゃになっちゃってるもんねぇ。16日の水戸戦にうつったんだよね?その動員。無理。時期も短くなっちゃってるし。なんかぐだぐだっと過ぎてしまいました。もったいなかった。
まさしく泣きっつらに蜂。

とはいえ、相手が首位だし、夏休みの最後の週末ですからそこそこの動員は期待できます。
夏の終わりに、スカッとする試合を見せて、ちびっこたちを気持ちよく学校へ向かわせようではありませんか!

健闘を祈ります。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 水戸ホーリーホック in KK-WING

水戸は苦手ですが、去年3試合・今年2試合闘って、今回が一番やりきった感はありますね。
負けてるし、前半はひどかったし、3失点してるから決していい試合だったとは言えませんが。


さて、良いところを探そうとすれば、どうしても後半の木島投入から書きたくなってしまうのですが、目を背けたらいけませんよね。やはり。


この試合は今季初の3バックで臨むことが熊日紙面で判明しており、監督のコメントもありましたから、果たしてどのようになるのかと、特に守備ですよね、修正できるのかというとこが注目ポイントでした。ちなみに、前の徳島戦の記事書いたときにはすでに判明していたんですが(苦笑)、いちお触れませんでした。


3バックはただよ・石井・ばっさんとソンジンが外れて、石井さんが1列下がる形。
正直なところ、3バックというシステム以上に石井さんをCBに下げてやれるのかは心配してました。
この点については、プレシーズンのTM全北現代戦参照です。
石井さんは明らかにボランチで光る。あの時の結論はこうでした。
一方で、あれはプレシーズンだったからなのかもしれないと淡い期待を抱いていたのも事実です。

結果、微妙と。

悪くなかった。3失点したけど、守り方が悪かった訳じゃないし、石井さんのプレーもまずまず。やっぱりプレシーズンだったから悪かったんだと思わせてくれました。

が、3失点と。成功とは口が裂けても言えないレベル。

水戸の攻めの形は単純でGKからロングで高崎に当てる、それを裏に抜ける荒田がシュートにもっていくか、フォローしてきた中盤が拾って展開するか。余程、高崎に自信があるんでしょうね。ガンガン当てて、どんどん押し込んできてた。シンプルだけど破壊力のある攻撃でしたね。
うちとしては、1.前線から惜しまずプレスをかけて正確なロングを蹴らせない、2.高崎との競り合いに勝つか勝てないまでも簡単にやらせない、3.荒田の飛び出しへのフォローor相手中盤とのセカンド勝負…の全てを全力でやって、それでやっと互角の攻防に持って行けるかどうかだった。

なのに、残念だけど、90分やりきった項目は1つもない。
プレスかけても無駄なこともあろう、競ってもうまいこと繋げられることもあろう、荒田にピンチを作られることも相手にセカンド拾われることもあろう。違う。言いたいことは全てに勝てっ!ってことじゃない。水戸は3点獲った後も全てをしっかりやってきた。気を抜かずにやってきた。そういうところなんじゃないかな?って思ったよ。今日の朝刊で宇留野が「勝つためにプラスアルファが必要だ」ってコメント残してたの見たけど、そういうことなんじゃない?プラスαなんて「これ」って決まったものじゃないと思うんだよね。何かもう1つ上乗せしたい、勝つために必要なことなら何でもいいから1つ上乗せしようよって意味なんじゃないかと思うんだけどな。

後半、前線から相手GKにプレスをかける場面も出てきました。
宇留野が1点獲ってくれました。途中出場の木島が貪欲にゴールに向かってくれました。
できるじゃん!って思いましたけどね。


石井さんが熊日に「いつもと違うことをやっていたら勝てない。ストレスの溜まる試合だった。」というコメントをしていました。これはどこに向けられた言葉なのか。3バックに向けられた言葉なのか、プレー内容に向けられた言葉だったのか。熊日の文章の流れだと(北野監督のコメントで「(3バックは)ダメでした」的なコメントもあったので)、3バックのシステム変更に向けられているのかなと思いましたが、石井さんのコメントだけだと分からないよね。安易に蹴るな、繋ぐとこは繋げ、システムが変わってもやることは同じだと言っているようにも見えますが…個人的に、3バック自体は急造な割にそんなに悪くなかったような気もするし、失点も結局GKにキャッチされるような攻め方の課題の延長だったような気がするので、やっぱプレーしてるとダメだって感じだったのかなぁと思いましたが。



で、後半ですが、木島の投入はもう少し早くできなかったのかな?っていうのは思いますね。
まぁどこかコンディションが思わしくないのでしょうか?その可能性はありますね。
ですが、西・宇留野・木島がそろい踏みでここまで活き活きしてたのは今季初だと思いますが。
宇留野・木島とか西・宇留野とかはそれなりのコンビネーション見せてきましたが、その中でもうまくいかないことあったように見えてたし、何より西と木島が一緒に出て両者が活躍したっていうイメージがあまり無いんだけど、後半は良かったね。西と木島の2トップに宇留野がトップ下で絡むのはベストかもしれない。藤田さんがいるときとはまた違ったロアッソカラーを出せてたように思いました。

やっぱりプレーに勝ちたい気持ちが一番出てるのは木島だなぁ。
ユニフォームの投げ捨てからのチーム内処分(おそらく対外的なクレームがあったのではないかと予想されています)でここ数試合は試合に出れませんでしたが、もしクレームつけたのがロアッソが本当に好きな人ならミスだったかもね。一番勝ちたい人を試合に出させなかったんだもん。この試合みたら分かる。
うちのチーム全体的に大人しいし、木島みたいな選手貴重でしょ。事件のあった福岡戦もしっかりみてたら木島の悔しさも分かるし。どうして交代なんだって見てる人も思ってたと思うよ。
ああいう行為は受け付けない人もいるんでしょうが、そこはひとつ穏便に。彼が怒っているのは小さく見たら「交代」に向けられていたかもしれませんが、大きく見れば「チームの勝利」に向けられていたわけで。負けてるのに平然としてたら応援したいとは思わないし、ああいう目に見える大人の本気はどんどんちびっこたちに見せたいなって思いますけどね。全力でやってうまくいかないこともあるけど、決して格好悪いことじゃないってことが学べるんじゃないでしょうか。

まぁみんな木島みたいにやればいいと推奨している訳じゃないし、スポンサー様に感謝こそすれ恨みなんてあるわけないですし、思ったことかいただけなんでサラッと聞き流していただいてけっこうです(苦笑)


脱線しましたが、とにかく木島が入ってからの攻撃陣は良かったと。
水戸守備陣には、これまでの対戦を含めても、けっこう平然と守られてることが多かったんですが、後半は明らかに焦らせたし、脅威を与えることが出来たと思ったので。第3クールでの6回目の対戦に期待です。

あとは、矢野の左ハーフ起用は面白かったなぁ。右から崩す、攻撃をとにかく右に特化するなら、左の矢野起用はありかなって思いました。ヘッドの当たり方によっては2点分ほどチャンスありましたし。解説の池之上さんがおっしゃってたように3バックの意図が「右からのクロスに対して、左ハーフに中に入って欲しい」ということなら、それは拓ちゃんよりも矢野の方が体現できていたように思いますけど。まぁ左足でのキックはもっとレベルアップが必要ですけどね。

拓ちゃんのFKも良かったね。やっぱ巧い。
もっとチャンス上げたいよね。ゴールまでファウルが欲しい。
前にも言ったと思うけど、こういうのは1つ決まればバカスカ決まるようになるから。
1つ決まるまではとにかくチャンスを与えてあげたい。

悪い方でいくと、翔平ちゃんが悪目立ちしてたかなぁ。決して動き自体は悪くなかったと思うんだけど、細かな判断のところでミスが多かった。元々攻撃は苦手な選手じゃなかったと思うし、気持ちが焦っているのかな?っていう印象は受けていますが。

ばっさんは本人も言ってたようだけど、高崎は絶対抑えなきゃいけなかったよね。今回の3バックの要はばっさんだった。高崎さえ自由にさせなきゃピンチは激減したと思うし、先制点もなかった。そもそもばっさんはこういう対人プレーの部分で期待されているのだから、パスミスとかカバーやマークのミスとかより、1vs1で負けないことはもっともっと伸ばさないとダメだよね。

あとは、監督の采配だけど、交代の仕方は悪くなかったと思うんだけど、時間はあれでいいんだろうか?上にも書いたけど。1-2になったときが木島の投入時だったと思うんだけどなぁ。0-1で折り返して、個人的には1点差で木島投入ならいけるっと思ってたら2点目とられてダメかなと思ってたら宇留野が1点とってくれて…流れとしては変えるならあそこしかなかったような気もしています。木島投入で良い攻撃も出来てたし重ねて残念です。
加えて、ヤスの使い方も疑問です。怪我が多かったせいもあって色々迷いながら、それでも頑張っている選手だと認識していますが、起用の方法がフワッとしすぎてて、何をさせたいのか分かりません。あれで「シュート打ってこい」くらいの指示だったら迷うでしょ。もうちょいやることを明確にして、もしくは限定して投入したい。元々右サイドを主戦場とするドリブラーでしょ?彼は。としたら、4バックの右ハーフでイチと併用するか、単純にFWで起用してあげた方がいい気もしますが。試合勘がないのに、あの短い時間で流れに乗って何かをしてこいって言うのはちょっと乱暴すぎる気もするんですが…木島とか井畑とか途中から出てそこそこ出来てる選手は自分の武器がしっかりしてる選手たちでしょ?ヤスみたいに色々出来るタイプを使うときは使う方の気遣いもいるような気がしました。

まぁ木島のコンディションが思いの外悪いのかもしれませんし。
ヤスには練習の時とにかく指示してて、交代前も具体的に指示して投入しているかもしれませんし。
インタビュアーもその辺つっこんでほしいよねー。お願いします。熊日さん。



さて、次はアウェイで岡山戦。
岡山調子良いみたいね。ヴェルディに勝って、草津に引き分けて、甲府に勝って…で今週末。
うちとの勝ち点差も迫ってきたし、当然負けたくないんだけど…

今思えば、第2クールでああいう試合しちゃったのはうちとしては痛いよね。せっかく3点とって良い流れだったのに、後半の相手の勢いに押し込まれてずるずる2失点しちゃったっていう。次当たったときにトラウマ引きずるくらいにやっつけるチャンスを生かし切れず、相手に十分やれるという実感を与えてしまった…そんな試合でした。

岡山ってなんとなく去年のうちと似てるんだよね。戦前のドベ予想が多かったのもだし、FW中心でやってきたことや割りと良い感じで地元に愛されてることも。前回対戦での走り方を見てもそうだし、ここに来て勢いがついてきていることも、去年のうちと同じ。だとしたら、そろそろ連勝しちゃうのかな?って(笑)完全にマイナス思考ですが…orz

うちにとって好都合なのはやるべきことが水戸戦と変わらないこと。
岡山の攻撃が機能するのは、西野や青木に収まって保坂や喜山、妹尾なんかに展開される形。
青木がポスト巧いんだよなぁ。良い補強したよね。岡山。
そこをしっかりつぶせるかどうかですよ。前回対戦ではけっこうやられましたからね。

攻撃はうちの今のやり方で十分通用すると思います。コンディションだけでしょうね。

地域リーグの時から競り合ってきたチームなので頑張って欲しい気持ちもあるし、勝手に親近感も持ってるわけですが、記念マッチの相手になるわけにはいかないな。


…記念かぁ…そういやそういうのに弱いよなぁ…うち…orz
※去年、湘南の菊池にJ2最年少ゴールを奪われる、新加入外国人選手に高確率で決められる、カズに記念ゴールを決められる、富山に対同一カード初勝ち越しを決められる…など


いやいやいや。負けん。初連勝はさせん!頑張って応援しましょう。

あーあ。しっかし、toto的には悩むなぁ(笑)

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 徳島ヴォルティス in KK-WING

相変わらずの遅さですが…


ホームでああいうゲームをしちゃあ、いかんよなぁ。
細かいジャッジに不満は言いたくなるけれども、そこは横に置いといて…

無得点で終わってしまったことと観客が力の抜けるような失点をしてしまったこと。

完全にサポ目線で言うなら、今に始まったことじゃないけど、短い間隔での連続失点は本当にがっかりするよね。あれはきつい。選手もきついのかもしれんけどさ。サッカーで3失点は絶望的だからね。ほんと残念だった。


失点の仕方は1点目は不運だったけど、CKからの2点目、1点目と同じようにやられた3点目は改善の余地ありありですね。セットプレーでの失点とリスタート後の集中力は去年も含め、ずっと言われてきたことだし、そろそろ目処を立ててほしいところです。マーカーの問題なのかスペースの問題なのか。戦術の問題なのか個人の問題なのか。声出ししよう。マーク確認しよう。責任の所在ははっきりさせて、やられた後の修正ポイントを明確にできるようなプレーをしよう。単に責任を追及したい訳じゃなくて、そういうところをはっきりしないといつまでたっても変わらないよ。できれば、木下くんにがんばってほしいところだがね。


加えて、今回は攻撃陣も振るわなかった。
解説の池之上さんもおっしゃっていましたが、攻撃が中央に偏りすぎた感は否めない。
前半はうまくイチを使えてたんだけど、徐々に出すべきときに出せない場面が目立ちはじめた。
ミドルを積極的にうつ意識は良かったけど、ピッチが濡れてるんだからバウンドさせるようなシュートであって欲しかったし、そこはパス出してもいいじゃない?っていうところもあったよ。

宇留野と藤田が変わってからは崩しのパスが皆無。今回は木島もいなかったしね。
やっぱり崩しを一部の選手に頼ってたのかなと思ったよ。残念だけど。
西あたりは個人で打開しようという場面も見られたけど、全体的に置きに行くパスが多すぎたよね。

極めつけは、CKが0本。
試合終わった後にスタッツ見る前にチャンネル変えたから、あとでふと気付いてJ’sGOALで調べてみたら…案の定…
せっかく拓ちゃんや宇留野、ダイシみたいな精度の高いキッカーがいて、ソンジンやただよがいくつかゴール決めてたりするのに、うちはゴール前のFKの数も絶望的に少なくないか?結局あのあたり、いわゆるバイタルで勝負できてない、もしくは、勝負させるようなパスが出せてないってことじゃないか?西や木島、宇留野、イチあたりはペナ付近でドリブルさせたら驚異なのに。決して持ってない武器じゃないのにうまく使えていない感じはするよ。



明日は苦手の水戸戦。
徳島戦の後だからってわけじゃないけど、水戸戦は毎回レフェリングにやきもきさせられる場面が多かったりします。もちろんそれ抜きで水戸は強いチームですが、もうちょい出し切って負けたいというか、どうもやりきった感が出ない相手であります。

つまり、苦手ってことだよね?(苦笑)

明日はホームだし、結果はともかく良いゲームを。
ここが終われば、次のホームゲームは第3クールに突入するし。
チームの順位を含めた成績も気になるところですが、これからは選手たちが来季の契約をかけて大いにアピールする時期に入ってきます。

重ねてになりますが、出来るだけ今のメンバーで上を目指したいというのがサポとしての本音。
1日1日、1分1秒、悔いの残らない日々を過ごして貰いたいものです。
そして、半年後、また一緒にロアッソ熊本で上を目指そうと笑顔で再会したいものです。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 愛媛FC in ニンスタ

今さらだけど…

やったーーー!

まぁ遅いっすね(笑)


前後半を各100点満点で採点するなら、前半は80点、後半は20点ってところでしょうか。

前半は素晴らしかったよね。
最近の試合は前半はいつも素晴らしい。
攻撃陣は確実に相手DFラインを混乱に陥れ、きっちり崩して得点する。ほんと素晴らしい。

1点目も2点目も吉井の飛び出しが決め手。
もっというなら仙台戦の吉井のヘディングもだから、この形は今のうちの武器だと言っていい。
前の選手がサイドへ開いて作ったスペースに2列目以降の選手が絡む形は見ててもきれいだよね。

つか、あの1点目なん?すごくない?(笑)
オーバーヘッド崩れのジャンピングボレー。もう笑ったよ。なんじゃあれー!って。
よくゴールの枠にとばしたよ。ほんと。


守備は危ないところもありましたが、拓ちゃんのブロックもあり、ソンジンやただよの巧い守備もあり、木下くんのいいセーブもあり、もちろん相手が外してくれたシュートもいくつかありましたが、良い守備も多かった。無失点で折り返せたのも良かったです。

強いて言うなら、相手の得意な形でやらせすぎたよね。
愛媛のカウンターはすさまじい速さだったし、ボールの失い方とリスクマネージメントをもっと意識してポジショニングしないと厳しかったかなぁと思う。



後半は、これまた最近毎回なんだけど、相手に持ち直されてやられる場面が目立ちます。
この試合だと、2点リードしてるんだから、もう1点どっかでとれたら試合はほぼ決まりで相手の気持ちも折れたかもしれないけど、それができなかったのは攻撃陣の反省点。

それに、チャンスが少なかった気がしたよ。良い形でフィニッシュに至るプレーが少なかったように思います。個人的には、もともとうちは守から攻への切り替えは早いけど、攻から守の切り替えは遅くって、後半疲れてくるとそれがますます顕著になってるんだと思います。イチが上がるとCB2人に石井と拓ちゃんが戻りながら守る形が多くなってる。本当なら吉井や翔平ちゃんが守備に参加するかセカンドを狙うのがベストだし、前半ならそれが出来てるんだけど、後半は出来ないことも多くなってくる。

この時期はきついからさ、後半足が動かなくなるのはよく分かるんだけど、それはCBの2人が一番きついから。なのに、きつくても頑張って戻ってるから。ああやって頑張ってるのに、失点が増えてるのは体力とか集中力とか簡単に言われるのは可哀想な気もするよ。もっとフォローしてあげるところはしてあげてほしいですね。リードしてますし。3点目は欲しいけど、同じくらい失点しないのが大事な状況ですから。そこは1つ。


それにしても、0トップの時に何が良いかって、中盤で石井・吉井・翔平ちゃんを併用できることだよね。石井の負担はそれだけで減ってるよ。よく頑張ってた。翔平ちゃんは最近の鬱憤を晴らすかのような動きだったね。これからはもっとミスを減らして、ポジショニングを良くすればうちの不動のボランチになれるよ。石井越えを目指して欲しいね。

宇留野も西も持ち味出せてたし、藤田さんの巧さも光った。

DF陣だったら、久しぶりに完封した木下も良かったし、DFに粘りが出てきてる拓ちゃんも誉めたいし、完全に風格でまくりのイチやただよの安定感も捨てがたいんだけど、今回はソンジンだな。なんか守備がばっさんみたいになってきた(笑)
昔は、カバーとかパスカットとかの方が能力あるように見えたけど、前にアタックする守備もそうとう伸びてるね。アタックしたときに昔はすぐかわされてた(特に愛媛のFWのようにスピードタイプには)けど、今回は少なかった。前半はパーフェクトに近い。やっぱ能力あるな。すごいわ。足元も巧いしさ。スピードやパワーを含めたフィジカルを備えたら無敵に近いんじゃないか。頑張って欲しいね。ほんとに。



もちろん愛媛の台所事情もあったと思う。
まさか控えがGK2人とフィールド1人の計3人とは思わなかった。
ほんとに選手いないんだなぁ。大変だよ。あれは。
でも、うっちー田中は怖かったけどな。だごはえぇし。まいる。
結果ほどの差はない。楽勝でもない。ぎりっぎりだったよ。綱渡りなゲーム展開だった。





ま。何はともあれ、連敗ストップです。よかった。ほんとよかった。

次のゲームは明日月曜、ホームに徳島を迎えての連勝チャレンジになります。
そういや第1クールの徳島戦見れなかったんだよなー。そして、0-3で完敗した。
今季の徳島はかなり強いみたいだけど、なんとか勝ち点奪いたいね。

キー守備かなと思う。
テクニックのある中盤(倉貫・青山)と得点力のあるシャドー(柿谷・徳重)、流れを変えるジョーカーもいるし(石田)、徳島の攻撃は多彩。特にサイドからの放り込みやセットプレーからのCKからのヘッドやこぼれ球のミドルあたりを非常に高い確率で決めてくる。
システムがどうなるか分からないけど、ここ何試合かのように中盤がすかすかになる後半はDFの負担が相当大きくなると思うね。そこを踏ん張れるか。DFラインもそうだし、中盤が戻りきれるか。ウィングが戻りきれるか。そして、ベンチが選手の限界を把握しながら交代で勢いを生み出せるか。
夏の過密日程は本当に厳しいと思うけど、テクニックで劣る分、走り負けたら終わりだから。

無理を承知で頑張って欲しいな。

vs ベガルタ仙台 in ユアスタ

負けちゃったねぇ…さて、どうしたものか。


誰が見ても分かるとおり、守備。とにかく守備。そういうことになるのかなと思う。
ただ、目先の利益にとらわれて、せっかく培ってきたパスサッカーの芽を摘むわけにもいかない。

選手が、スタッフが、スポンサーが、サポが、

この現状をとにかく耐えて、飲み込んで、反省して、前進する。
それしかない…ように思える。


苦しいね。苦しいよ。この状況は。

頑張れ。毎度のことだけど、今はそれしか言えない。
頑張っているのは分かっている。無理強いになるかもしれないことも分かっている。
でも、敢えて言おう。頑張れ!と。



仙台戦は第2クールの湘南戦と同じイメージ。
0トップへの変更が良い感じで相手のプランを狂わせる。

仙台のマーカーがずれずれの序盤戦。
このような状況で確実に得点できるようになってきたのは喜ばしいこと。
右からのクロスに飛び込んできたのが後ろから飛び出してきた吉井であったということは、練習通り、プラン通り、そして、うちが目指す方向に明らかに合致したゴールだった。


一方で、不注意な失点が目立つ。
今までそういうミスが少なかった福王が絶望的なバックパス。
GK木下にはヘッドで…っていう気持ちもあったけど、あのプレッシャーのかかる状況だとやっぱ難しいよね。
そして、最近ああいう不本意なミスからの失点が続いているから、途端に消極的なプレーが増え始める。
無失点の時間帯はけっこう良いんだけどなぁ。1つ崩されるとそこから立て直せないことが多いね。
若さとは言いたくないぞ。うちの最終ラインはうちのチームに早くから所属してくれている選手が多いからなおさら頑張って欲しいよ。

CKからの2失点は守備全体のミスだよね。
木下が出てさわれなかったのも痛いし、何であんなにフリーなんですか?っていうマークミスも致命的。
うちが高さで弱いのは分かっているし、やむを得ない部分もあるけれども、そこを含めて修正したいところですね。
なんだかやられる空気が出来てたよ。もっと自信を持ってやっていってほしいな。
木下もめげずに頑張れ。


2点目のイチのシュートは美しかったね。
自分も右利きで右から打つの好きだから分かるんだけど、絶好のポジションだよね。
あの距離で、あのコースが空いてて、あの蹴り方なら絶対入る。そういう自信あるもん。
テレビ見ながら「打てっ!」って叫んだし。
今節は親戚一同集まってた中での観戦だったからもう大盛り上がり。
イチは自信つけてきたかな。良いゴールだった。



試合の内容は良し。
3連敗中じゃなければ、いい試合だったとまとめることもできるだろうけど。
チーム初の4連敗だからね。少し落ちてしまうよ。やっぱり。


今日は、アウェイで愛媛戦。
前節は四国ダービーだったらしいけど、退場者が2人出て、0-6と徳島に完敗した愛媛。
うちとともに現時点でのJ2で調子が上がらないチームの1つ。
スタートダッシュはうまくいってたから、今年はいいとこいくのかなとおもったけどねぇ。
ターニングポイントはうちとの試合で引き分けたとこだったよな。

愛媛には感謝をしています。
愛媛がJ2に上がってくれたおかげで、うちはJFLに上がれた。
うちのJ開幕戦が愛媛戦で負けたけど、1点取れたからJでやれる自信が持てた。
去年各チームの対戦成績でうちが唯一勝ち越せたのも愛媛。
個人的には、去年のうちのスタイルを確立できたのも第2クールの愛媛戦だったと思ってますし。
単に同じリーグに所属しているという以上に、強い縁を感じています。

とはいえ、勝負となるとまた別の話。
愛媛が前節の退場者+怪我人続出で苦しいのを理解しつつ、うちは連敗を止められるよう謙虚に戦わないと。
負けられない。勝ちたい。そういう想いがぐるぐるです。

仙台戦の後の選手たちの悔しそうな表情が今日の試合への強い意気込みを生み出してくれることでしょう。
期待してますよ。当然。



あぁ。あと、木島の処分についてですが、熊日の記事を見る限り、スポンサーから苦情があったみたいですね。悔しいのは分かるが、ああやって他に当たり散らすのはスポーツマンとしてどうか?といったところでしょう。ユニスポ様ならば、ユニフォームは自分とこの広告ですからね。苦情もやむ無しです。

…とはいえ、サポとしては、福岡戦の内容が内容だけに、木島のあの行動はとてもよく分かります。
ああいう気持ちを持った選手が、勝負に真剣にピッチに立ってる選手がいるんだなって再確認できたことは心のよりどころになりました。

処分は残念ですが、フロントの責任の取り方も潔いですし、木島さえ気落ちしなければどうでもいいです。
きっとみんな分かっている。誰よりも木島という選手のことをうちのチームが分かっている。
足の調子が悪いという噂も耳にしましたし、コンディション整える有給をもらったと前向きに考えてほしいものですね。

そんで、復帰するであろう16日の水戸戦でハットトリックでもやっちゃってくださいよ(笑)

大いに期待してます。

vs アビスパ福岡 in KK-WING

ブログの更新から逃げに逃げたら、日が明けて今日は仙台戦になった(笑)

もはやとくに書くべきこともないような気がするけど…一応書いてみる。

強いてポジティブに考えるなら、崩されての失点でなかったことはなかったことかな。

1失点目、3失点目はカウンターみたいな形だからビルドアップにはもっと神経質になってもいいんじゃないか?意外とぎりぎりなパス多かった。DFラインだけじゃなくて、西とか吉井とかのミスも目立った。

2失点目はばっさんにもっとしっかりしてほしかったな。
あそこで前をとられては、当てられようが当てられまいが、点は入る。反応が遅れたのは、相手の飛び込み方がうまかったのもあるけど、ばっさんのマーカーだからね。しっかりしよう。


得点はどちらもイチ絡み。
木島が熊日で言っていたとおり、福岡が引きこもってたから、特にイチサイドはかなり良い攻め出来てた。決まって当然かな。内容に見合うイチ絡みの2得点だったと言える。

前半のうちに得点できてたらまた違ったろうけど、宇留野・木島のスピードコンビだとセンタリングのバリエーションも限られてくるし、そういう意味では福岡の引きこもりも効果があったといわざるをえない。

でも、アディッショナルタイムのイチのゴールは素晴らしかった。
引きこもりに対する1つの答えでしょう。
トップと中盤で相手の守備ラインを押し込んで、SBがフィニッシュに絡む形。
あの形でシュートまでいけると攻撃としては究極の形だよね。数的には。


2点とってくれたことで少しは気が晴れたけど、3失点の流れ、特にメンタル的な崩れ方は本気で反省すべき。それが残念。
相手が福岡だったからますます残念。

第2クールの鳥栖戦もそうだったじゃん。
本気で闘ってるのは鳥栖の選手ばかりだった。

うちはまだまだ新参者でチャレンジャーなんだから、システムとか技術とかより気持ちを見せたいよね。
失敗はいいんだよ。
相手より勝ちに本気であってほしい。


いつもなら敗戦は選手・スタッフが一番悔しいって言います。
でも、今回の試合の内容と結果で一番悔しかったのはサポなんじゃないかな?

まじで悔しいですよ。
もう愕然としてその日何もやる気なくなるくらい。
ブログ更新しないどこうかと思うくらい。

どうなの?選手たちは。
サポがこのくらいの感じなの伝わってるのかな?
負けると悔しくて眠れないくらいの人もいるみたいだけど、サポだって福岡戦に関しては同じだよ。脳みそが動かないよ。

次は勝とう。
九州ダービーホームで勝ちなしってのもカッコ悪いしね。
次こそは勝とう。



今日の試合の相手ベガルタ仙台は厳しい相手だけど、ユアスタではあまり悪いイメージないし、とりあえず連敗をとめてほしいよ。

もうすぐ第3クール。
勝ちを増やして10位になる。
単純だけど、それしかないな。

頑張ってこ!



プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。