ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs 横浜FC in KK-WING

惜しかったねー。

終盤のCKは全部怖かったけど、まさか最後の最後で来るとは…
JFLの時には終盤で追いつかれたり負けたりなんて試合も多かったけど、Jに入ってからはほとんどなかったからこの感覚は久しぶりです。

めっちゃくやしいですぅ…なんか古い表現だ(笑)



この試合は最後の最後の1プレーに目がいきがちだけど、序盤からセットプレーの守りには危うさがありました。相手の拙攻にも助けられ、ぎりぎりで踏ん張っていたという印象はあります。1-0で勝ってたらよく勝ったねって書いたと思うし、引き分けても負けてもそれなりに納得できていた展開だとは思うけど…やっぱね…あと1プレーで勝ったと思うとね…勝てたじゃんっていう気分になりますな。しょうがないですな。

ま。個人的には五分五分の展開だったと思っているということです。それなり崩したし、崩されたし。
ラッキーでのこり1プレーまで粘れたけど、帳尻合わされたってことかなと思いますよ。
そう思って切り替えるしかないってことだよね。



それにしても、藤田さんのゴールはカッコ良かったね。
木島のあのスルーパスはなんだ!アシストに目覚めたのか!すごいな!
あの時間帯は押され気味でしのいでしのいでの展開だったから本当に良いゴールだったと思うね。

中盤だと、今回の翔平ちゃん良かったよ。縦に出すパスも多かったし、可能性を感じさせるミドルもあった。終盤ちょっと後ろや横への停滞させるパスも多くなったけど、全体的に良かったと思います。翔平ちゃんや吉井が良いと石井も楽そうっていうか、良いポジション取れるからね。今後も頑張って貰いたいところです。

DF陣はやっぱりヤスを語らざるを得ないよね。TMとかで見る感じ、そんなにSBには向いてないと思いましたが、頑張ってた。よく動いてたし、足が速いっていうのは素晴らしいことです。本人のブログによれば、足がつるまで頑張ったということで。すばらしいですな。でも、90分出来て欲しかった。次のチャンスは分からないけど、頑張って欲しい。CB2人も頑張ってたね。良い組み合わせだと思います。イチはやっぱり拓ちゃんとセットかなって思った。反対側がヤスだとイチが展開役任されるみたいだけど、イチのロングフィードってそれほどじゃないしね。ただよや矢野がロングを多用しなかったから、その分イチのところに回ってくる回数も多かったし、時間がかかっている分プレスもきつかったから、ショートパスもイチのところからカットされるところが目立った。拓ちゃんがいる方がイチの良さは出るようだ。この辺の組み合わせというかバランスも難しいところだね。

前線だと宇留野と木島のすごさを改めて感じた。背が高くてがたいのいい選手が前線でボールキープするってイメージはあるけど、宇留野と木島の前線でのキープの巧さってすごいなと思う。良いときは相手が3人いてもなんとかするもんね。この2人がフルシーズン闘えて、ゴンさんや山内、井畑くんが絡むのが理想だったんだろうけどな。なかなかどうして。まだまだフィーリングは合ってないと思うから、このコンビののびしろはかなりあると思うよ。西も加えて、サッカー界のスーパーカートリオ(古)を結成してもらいたい。楽しそうだ。


采配については、交代して入ったばっさんのバックパスがクローズアップされると失敗と言わざるを得ないかな。それ以外にも、終盤に動けなくなる人が多すぎた。序盤から飛ばしすぎたのも原因か。初スタメンのヤス、怪我明けの宇留野、久しぶりのスタメン復帰の木島、そして連戦の疲れ。色んな難しい要因はあったと思うけど、90分のプランニングには失敗したと評価せざるをえませんね。網田くんの控えに拓ちゃんを起用できる采配は持ってるわけだから、そうとういっぱいいっぱいの采配であったということでしょう。期待を込めての意味合いが強かったのかな。
とりあえずヤスのバックアッパーは欲しかったね。そのまま左SBに入れる選手が欲しかった。矢野は左SB苦手意識あるってことだし、考えないと。ばっさんがそのままSBでも良かった気はするけどな。あとは、今回までは山内スタメン、木島ベンチの方が良い采配できたかもしれないね。西・宇留野・ヤスのスタメンで西森・木島・拓ちゃんのベンチワークの可能性はなかったのかと。もちろん結果論。木島がベンチにいたら先制だってあったか分からないわけだし。

結局、監督も大変だよねってことで(笑)
チーム事情もあるだろうし、コンディションやモチベーションもあっての起用だと思うしさ。
外野にやいやい言われるのも仕事なんだろうけどさ。頑張れとしか言いようがないね。
すいません。やいやい言って(苦笑)



明日は仙台戦。戦績ほど苦手なイメージはないんだけど、今年は負けるところにはあっさり負けるからなぁ。セレッソ然り。徳島然り。何とか去年の湘南戦みたいに頑張って欲しいところですよ。鳥栖のアシストをしてあげられたらと思うであります。

あと、1つ思っているのが、うちって夜より昼の方が強いのかねぇ。
草津戦も鳥栖戦も太陽昇ってるうちだったし、徳島戦は夜だったし、横浜C戦は昼だったしね。
今後は昼間が続くし、是非とも良い感じで勝ってもらいたいものですよ。みんな頑張れ!
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 徳島ヴォルティス in ポカスタ

せっかく験担ぎのつもりだったのに、ただサボりみたいになったっていうオチですか…orz


今回の負けでとりあえず草津サポさんにとんでもないことをしたっていうのに気付きました。


最初のコバのミスから嫌な予感はしてた。

ああ。このCKだけは取られちゃいけない。とられた。

落ち着いて立て直すとこから。とられた。

2-0からの次の1点は勝負の分かれ道だ。とられた。

木島が入った。とりあえず1点とろう。とられた。

あとは崩れるのみ。とられた。とられた。


ゲームの分かれ道全てが悪い方に流れてしまった。
もはや徳島が強いとか相性が悪いとか運がないとかそういう問題じゃなかろう。
0-3、0-3、0-6て。セレッソ相手にも三敗だったけどここまではひどくなかった。
J1とJ2、プロとアマが三試合したって、ここまで完敗続きってのは余程差がある時しかありえないよ。なのに同じカテゴリーでこれはない。このスコアはない。1つもまともな試合ないじゃないか。


今節に関してはいくつか問題があったと思う。

最大の問題は相手の433への対応が拙すぎたということか。
ここ2試合の結果が良かったのは攻撃のはまり方じゃない。守備がはまったからだ。前線からプレスをかけて奪うことができたからロングパスが失敗しても守備から入る姿勢を維持していればよかった。
けど、433と442のボックス型では中盤にギャップができる。相手CBを山内と藤田さんでみたら相手アンカーが1つ余る。ダブルボランチでプレスをかけると相手MFの2枚が余るそこにCBが気を取られると1トップがラインを崩す。うちの場合は矢野とソンジンで1トップをみてたからバイタルを相手のハーフがフリーでプレーする機会がたくさんあった。拓ちゃんやイチは中に気を使ってたけど、そうするとサイドがフリー。
もう徳島やりたい放題だったよね。

単純な算数の問題。バックが余るってことは前が足りないってことだ。
みんながスライドで埋めて埋めて最後のバイタルでボランチは前から、CBは待ってからと意図がずれたように見えた。この意識の問題は仕方ないこと。それぞれのポジションになればわかる。それが普通だ。
ピッチ内で修正できればそれが一番だった。それが出来ないなら監督からシステム変更を指示すべきじゃなかったか?
0-6だ。選手、監督スタッフ…誰か個人が悪くてもこんな点差にはならない。何もはまらなかった。何も活路が見出だせなかった。こんな試合はダメだよ。パー相手にグーだけで勝負したら負けるよ。こっちがチョキに変えたら相手がグーに変えて、ならばパー出すみたいなものでしょ。サッカーは。万能な戦術なんてないのだし。

攻撃もさっぱりだったね。
山内は前半サイドに流れる場面を増やして、木島投入後の良い流れの時に中央で勝負したかった。逆だったもんね。
他の攻撃陣はそれほど悪くなかったな。ただし、前半は攻めれるとこでシュートまで行かない場面が多かった。行けないじゃなくて、行かない。
最終ラインやボランチでのパス回しが多くなると、前はスペースで勝負できないし、数では多いはずの中盤で完敗だった。これは柿谷と徳重の頑張りを誉めるべきだろう。うちが0トップでやりたかったことは今節徳島が見せてくれたと思うよ。


とりあえず結果が出てしまったものは仕方ない。
今から何やっても0-6で負けた事実は変わらない。

こうなったら自らの力の無さを受け入れて、今後の試合に反映させる他ないよ。

毎回言ってるけど、課題は山積みだ。草津戦の後にも別に大きくチームが変わったわけじゃないって書いた。結局、そういうことなんだと思う。
でも、今後ずっとはまるかはまらないかでやってくわけにはいかないし、うまくいかないときにどうやって粘るか、どこに活路を見出だすかは選手に頑張ってもらうしかない。個人に託すかチーム全体で煮詰めるか。出来たら後者であってほしいよ。


次は動員かけての横浜戦。
横浜最近良くなってきてるよね。基礎固めにだいぶ時間がかかったって感じ。第2Cとの対戦でも強くなってるって印象受けたし。そもそも言うほど弱いチームじゃないしね。今の順位は不当なチームの一つでしょ。

といっても、うちも相手がどうだっていう状況じゃないよね。難しいけど、みんなで前向くしかないよ。ベンチ以下の選手は今の状況をチャンスくらいに思ってくれないと困る。相手が誰でもスタメンぶんどる気持ちで頑張れ。西や山内みたいになるんだ。次戦のヒーローはおれだ!ってギラギラした選手希望。スタメンはもっと危機感もって試合に出てほしいよね。

1年前の試合を再現してやろうじゃありませんか。

元気出そう。

vs サガン鳥栖 in KK-WING

もう1週間前の話だけどさ…

勝ったね。
西森・西のゴールも素晴らしかったし、木島・山内のゴールも素晴らしかった。

鳥栖に勝って晴れて勝ち越したことも大きい。

良い日だったな。良い日になった。


この鳥栖戦を観て、去年のベアスタでの鳥栖戦を思い出された方も多いのではないでしょうか?
2万人の大観衆の中、アウェイの熊本が中山・木島のゴールで勝利したあの試合を。

そして、このブログ的にも今の状況は去年を思い出させます。

あぁそういや去年の鳥栖戦の詳細記事は書かないままだったなって(苦笑)
書く書く言ってたし、本気で書くつもりだったんだけど、書かないままになっているあの試合。
験を担いで今回もスルーしてみるかと今さらながら思っています。決して書くのが面倒だからじゃないからね(笑)


去年は初の連勝達成したのが鳥栖戦・横浜C戦の流れだったし、今年も連勝記録に鳥栖が絡んじゃうのかな?横浜C戦まで夢を繋げてくれるのかな?楽しみなところですね。

まぁ先を見るのはまだ早いか。
明日は今季2完敗の徳島戦。ポカスタの徳島は強いからね。
第3Cに入って勢いは落ちているような感じですが、全く侮れません。

とりあえず良い試合になればいいね。
怪我人も続々と復帰しているようだし、今後も攻撃陣から目が離せませんな。

最近は華麗なパスゲームとはいかないけど、「人」ありきの戦術ならばそれもまたやむを得ないし、結果を出してるから今のチームにあっているってことでしょう。

そして、良い攻撃は良い守備から。守備陣にも大いに期待しています。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs ザスパ草津 in 松本

まさかの展開でしたね…

まさかの…

6・得・点


びっくりしたー。

中3日だったし、何かが大きく変わった訳じゃないと思うんだよね。
前線からの守備っていうのもえらいはまったように見えたけど、何より草津の出来が悪すぎたようにも見えるし。コバが後ろでコーチングしてくれたのも大きかったんだろうけど、細かい反応の部分ではヒヤッとすることもあったし(ビッグセーブもあったからナイス!コバ!なんだけど)、網田くんもJ初試合にしては落ち着いてたし良い選手になる予感はしたけど、本人もコメントしてたとおりミスも多かったしね。

ここで気をつけなきゃいけないことは、良い方向に劇的に変化したと過信しないこと。
藤田さんがブログで書いてたとおり、本当に大事なのは次。明日の鳥栖戦だよね。
鳥栖戦で何もできなかったら草津戦で勝ったことが偶然になってしまう。勝ち負けも大事だし、草津戦でやったことを鳥栖戦でも継続できるかどうかが今季を良い形で締められるかどうかにかかってくると思うし。頑張って欲しいところです。



さて、今回は先にまとめてしまいました。きっと引き延ばしたからですね(笑)
悪い試合も時間を挟めば冷静に分析できるし、逆にいい試合もすごく冷静に見れますね。

今節、山内のハットトリックをはじめとする攻撃陣も見事だったんですが、何より良かったなぁと思ったのは矢野ですね。今節一番スーパーだったのは矢野だったと思っています。網田くんのミスも良くカバーしてたし、コバが小池のクロスを見切ってポストに当たったボールに反応した高田のシュートをクリアしたのも矢野。後ろでのパス回しもだいぶ落ち着いてきたし、良かったなぁ。

網田くんの良かったとこは、たぶん決まってたんだと思うけど、とにかく球離れが早かった。回ってきたら迷わずロングでDFラインの裏に蹴る。元々キックには定評あるし、ボールの軌道もかなり低くて早い山内仕様のパスがバンバン出てたよね。あれは、今までだととにかく繋ぎたいっていう部分でショートが多かったうちの最終ラインにおいて、異色だった。「今年の熊本は繋ぐ」っていうイメージがあったと思うから網田くんにかかるプレスは徐々に少なくなってた。網田くんにとってもチームにとってもすごくありがたかったんじゃ無かろうかと思います。加えて、草津のDFからの繋ぎが本当にグダグダだったから、なお網田くんの単純な裏狙いのロングキックは効果抜群だったよね。スタッフ陣のスカウティングの勝利だと思います。

あと、守備で良かったのは相手ボランチにきちんとマークをつけたこととそれがほとんど外れなかったこと。DFラインとMFラインの2ラインがすごくきれいに整備されてたし、前目の選手も後ろに任せることなく最後までマークにつく意識は高かったと思うな。それに、吉井・石井良かったよね。今までの草津との試合では中盤の勝負で相手に負けてた感じはするけど、今回は完全にうちの中盤が制圧してたよ。吉井のうちにきてからの成長っぷりには目を見張るものがあるよ。怪我なくシーズン通して試合に出られるようになったらJ2代表するような選手になると思うね。


攻撃陣はやっぱり山内か。シュートは元々巧かったし、ゴールに対する貪欲さもうちのFWじゃ木島・ウルと並んで高い選手だと思ってます。今回、3つ決めたことで覚醒すればいいけどね。化ける可能性はあると思います。
そして、何気に木島のプレー良かったね。西のゴールをアシストしたプレーなんて最高じゃん。今年で30歳。完全にベテランの域に入ってきて、大けがを乗り越えてきたからコンディションに不安はあるけども、あのプレーは一皮むけた感じしたよねー。木島のゴールはスカッとするから好きだけど、あのアシストはそれに匹敵するね。ナイスプレーでした。



いやいや。久しぶりの勝利は格別ですね。
今年の試合もどんどん少なくなって来てますが、1つでも多くの勝ちゲームを観たいものです。


明日は、九州ダービー2009最終章。鳥栖戦です。
補強がはまりすぎててやっかいだよね。特にホベルトはやっかいすぎる。前節の福岡戦で後半から出場してたようだけど、劣勢を一気に挽回したところをみると、完全にフィットしてるね。まだ本調子じゃなくて、半分しか出られないのなら良いけど、福岡戦のはまり方からして、明日は前半から出場する可能性もある。
とりあえず草津戦のように素早い攻撃が必要になってくると思います。中盤での勝負、特にうちが攻撃・相手が守備という状況での互角の勝負は避けるのも1つの作戦でしょう。鳥栖の両SBは高い位置をとるでしょうし、やることは草津戦と同じ。都倉をマイクと思えば、守備面でもやることは同じです。

第1クールは中盤で互角の勝負ができました。決着はオウンゴールでつきました。
第2クールは運動量で完敗でした。中盤を制圧され、パスを自由に繋がせてもらえませんでした。
鳥栖との試合は確実に中盤でのガツガツとした肉弾戦が想定されます。ホベルト加入で確実にパワーアップした鳥栖を相手に去年の第3クールの再現を。
天気はあいにくの雨の予報が出ていますが、晴れそうな気もしてます。
動員もかかっているし、たくさんのお客さんに是非とも勝ち試合を見せてあげて欲しいものですね。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs FC岐阜 in KK-WING

勢いの差は感じていたので負けたこと自体が一番のショックというわけじゃない。
ずっと感じてきたズレがここにきて大きくなっていること、それがチームをむしばみ、選手を悩ませている状況を見るのが悔しい。
チームや選手の能力とかポテンシャルを信じてやまないのがサポだと思うし。

選手たちが頑張ってないようには見えないからなぁ。
にもかかわらず、完全燃焼できていないのが伝わってくるからますます悔しい。



岐阜戦のスタメンはセレッソ戦を踏まえてものだと思う。
前回の記事にも書いたけど、西森・山内・西を操る藤田さんを見れたのは良かったし、先制までのチームの動きを見てもそのチョイスは間違いではなかったと思う。

ここ最近の得点は個人の機転やウルの個人の力に寄るところが大きかったから久しぶりにチームで崩して奪った得点だったので良かったと思う。翔平ちゃんの縦パスが非常に効果的だったし、藤田さんが中央でためを作り、イチが右サイドを切り裂いてのクロスに、山内・西森がニア付近で絡んでのファーサイド西の飛び込み。見事です。身長ではうちの方が明らかに不利だからね。

ここまでは良かった。強いと思ったもの。
連敗チームとは思えない動き・崩し。チームが得点のために1つになってたよ。

ただ、ここからがいけなかった。悪い意味で落ち着いてしまったか。
積極的に縦パス出してた翔平ちゃんが途端に大人しくなり、徐々にボールの奪い合いが自陣に場を移しはじめ、ミスパスが増え、後ろからどんどん飛び出してくる岐阜に対応が出来なくなり、最終ラインがずるずる下がり始めると、中盤も最終ラインに吸収される。そんな中、ハイボールの落としを拾ってシュートという岐阜のパターンがはまり同点に追いつかれる。

実質的に絡んだのは拓ちゃんであり、ソンジンなんだけど、一概に個人の責任を問うのは難しい。
ここ数試合の悪いところ全てが関わってくるといっても過言ではないと思う。
当然、岐阜のラッキーな部分もあったと思うんだ。岐阜サポさんからしたらムッとされるかもしれないけれど、拓ちゃんが競ってたから正確に落とせなかった可能性もあったし、嶋田のシュートも難しかったと思うんだよね。その小さな部分での自信というか最近の調子というかそういうのが出たかなって思うわけで。ヒーローインタビューで逆転弾を決めた冨成くんが言ってましたが、「先制されたけど取り返せる自信はあった」、それが全てだったのではないかなと思いますね。

この時点ではまだ同点だったのに、チームのスタイルを挽回できなかった熊本と先制されても揺るがず自分たちのスタイルを貫いた岐阜。どちらが勝者に相応しかったかは明らかです。それが熊本であったと言えないのは非常に残念。

結局、2失点目も3失点目も最終ラインがずるずる交代してしまい、岐阜の2列目3列目に自由にバイタルエリアに飛び込まれるだけのスペースを与えてしまったチームの問題であると思いました。


後半の頭に北野監督が両SBを代えるという奇策に出ましたが、メリットよりデメリットが目立つ結果になり結果5失点と守備を修正できず、攻撃は終わり間際の西森くんのスーパーミドルが決まった1点にとどまりました。

両SBを代えるっていうのは全く考えていなかったけど、守備のバランスは悪くなかったし、何か手を打ちたいという必死さは伺えました。ただし、拓ちゃんとイチのコンビと矢野・西のコンビだとつるべの動きであること自体は変わらないし、試合後の嶋田選手のコメントからSBの上がった背後を突くことが徹底されていたことを考えると、敢えて西とイチの攻撃的SBにして中央に石井をきちんと余らせるプレシーズンのスタイルの貫徹の方が面白かったような気がします。結果論ですが。奇策は奇策だったんだけど、サイドが変わっただけで岐阜のプランを狂わせるための作戦にはならなかったかなと思いました。

加えて、パスサッカーのためのCB選択でただよとソンジンが選ばれていると想像しているんですが(当然コンディションもあるとは思いますが)、少し限界が見えてきているというか、このコンビだとソンジンがもっと積極的に前でアタックしなきゃいけないのに、それが出来ていなかったし、ただよがカバーのために控えてる前のスペースを思う存分使われている印象を受けました。かなり研究されて、攻略されている。こういうときはばっさんを使いたいんだけど、セレッソ戦を観る限りとても厳しかった。でも、セレッソ戦でばっさんの起用がファーストチョイスだったのも理解できるなと。期待や希望に近い起用だったんじゃないかなって思いましたね。セレッソ戦でそこそこ闘えたら岐阜戦もばっさんだったんじゃないかなぁ。

まぁとりあえず木下くんには同情の余地ありですね。今回の失点を防げというのは酷すぎます。
DFがシュートコースを限定している場面もほとんど無かったしさ。自信を失わないようにしてもらいたいね。

攻撃陣は一定程度評価できるけど、4-4-2で吉井じゃなくて西だと、翔平ちゃんのプレーがチーム全体の流れの中心であると言っても過言ではないと思う。石井にリスクマネージメントをしてもらうには他のMFがもっと攻撃の負担をかけないようにしなきゃいけないと思うし。いつもなら吉井と翔平ちゃんが交互に飛び出しとパス出しをやってればいいんだけど、西と組む場合は飛び出しを西に任せて方が良いバランス取れると思うしね。藤田さんもいたから良い形でパス出せばマークがついてても簡単には奪われないと思うしさ。解説の池ノ上さんも先制したあたりでは「いつもだったら横パス出してると思うけど(今日は良い縦パス出してるね)」っていうコメントもしてたし、良かったと思ったんだけどなぁ。

FWは西森・山内のコンビでしたが、良いコンビネーションはいくつか見せてたと思います。
西森くんの左足の巧さはJFL時代から分かってましたし、J初ゴールとなる見事なミドルからもそれは実証されたと思いますが、やっぱり小さい選手が二人だと攻撃のパターンも少なくなるし、ラインの上げ下げで巧く対応された感じはありますね。二人とも最後までよく走っていたし、どっちも良かったと思うんですが、二人限定のフィニッシュパターンを確立するとなお良しですね。あと、西森くんはちょっと下がりすぎた時間帯もありましたので、そこら辺は課題でしょうか。木島はまだ厳しい感じですね。いつもだったら確実に踏ん張れているところで踏ん張れていないところをみると、膝のコンディションはかなり悪そうです。その中でも全力でプレーしてくれているし、他のメンバーが下を向きかけているところでひたむきに走る姿は、さすが我らの10番であると感じました。



この悪い状態の中での連戦は相当厳しいですが、今週末には草津戦が控えています。すぐそこです。

立て直すには、プレシーズンでやってたサッカーを思い出す以外にはないでしょう。
高い位置で勝負する両SBとリスクマネージメントをする石井、汗かきの中盤が居て、藤田さんが攻撃のタクトを振るう。スピード系のFWが相手の最終ラインを出入りしてスペースを作り、コンビネーションで相手守備陣を切り裂きゴールを奪う。陣形はとにかくコンパクトに。繋げるところは繋ぐ。守備は前線からプレスを仕掛け、連動してボールを奪う。このプレスは縦への推進力を止めるイメージ。2人目以降は横に出たパスを狙うイメージ。最終ラインは勇気を持ってラインを高く保ち、飛び出してくる選手にこそ特に注意を払うイメージ。ここに書くレベルなので多少フワッとさせてますが、もっと具体的にイメージを組み立ててそれをチームで共有することが立て直しの第一歩だと思いますから。

草津は前線に都倉という無敵のターゲットマンが居ますから、岐阜戦での1失点目のような形は常にありうる。要は競り勝つことじゃない。確実に競ってポストプレーの正確性を奪うことと、落としたボールに対する注意を強く意識すること。後ろからの飛び出しには前線の選手と言えども後ろ任せにせずきちんと最後までつききること。守備陣は本当に大変な試合になると思いますよ。
攻撃陣はおそらく前線にはスピード系が並ぶでしょうから、岐阜がうち相手にやっていたように相手が攻勢に出た後に奪ったボールを効率よく活かすことだよね。両SBの裏を狙って走り出すのは常にやっていきたいところです。一気に両サイドを狙う走り方をすれば中央にスペースが出来るのは確実だからね。相手が攻撃しているときこそその陣形の急所を狙う意識は大事だと思います。

中三日で修正するのはかなり厳しいと思いますが、今うちが勝てないのは色んな問題の集合体が原因ですから、1つ1つ地道に答えを見つけていくしかありませんし、とにかく今が一番底でこれからは上がっていくってポジティブに考えるほかない。

1人でなんとかすることはできないことだ。チームで闘うしかない。
草津戦はそういう気持ちが見える試合になれば結果がどうあれ、将来の糧になると思いますから。

次の試合をターニングポイントにしよう。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs セレッソ大阪 in KK-WING

同一カード三連敗…
これは去年もなかったということで少々ガッカリしております。
力の差はあるというのは分かっているので、去年の成績の方が奇跡だったんでしょうか?
もしそうだとしても、そう思いたくない。そんな感じです。


セレッソ戦は第1C・第2Cともに面白かったので(大敗はしましたが)、今回も期待していたんですが…

んー。

最近どうも失点が軽いよねぇ…
今季の良いときはピンチはあっても粘れていた。
最後の最後でブロックが入るだとかGKが止めてくれるだとか。

もはや何が悪いのか分からなくなってるのかなぁ…

選手の力が足りないからだと周りが言うのは簡単です。それを言っちゃあおしめぇよ!レベルでしょ。
そういう人はレアルマドリードくらいに強くなってもあの選手はダメだとか言うんです。分かります。


今回は守備陣、比較的頑張っていたと思うんだよね。イチから拓ちゃんまで。相当頑張っていた。
最初の失点は時間帯も仕方も非常にまずかったけど、メンタル的に崩れることもなかったし、相手が決めきれなかったというのもあるけどギリギリのところでの粘りみたいなものは感じることが出来ました。

一番頑張ってるなぁと思ったのは拓ちゃんかな。
これまでそんなに守備面ですごいと思ったことはなかったけど、後半の序盤までは前から積極的にカットに行けてたし、最近はよくブロックに滑ってくれることもあります。ちょっと距離があると相手へのプレスをおろそかにする癖も少なくなってきました。SB起用はしんどいと思いますが、彼にとって今年1年はけっこう良い経験になってると思うけどな。
一方で、体力的な面は解消されず。というか、SBは一番きついからね。後半の半ばに木島にあげたクロスは見事だったし、あの時間帯にあのクロスが上げられるってことは体力的なポテンシャルもまだありそうだけどな。拓ちゃんはプレースキッカーの分もあるし、うちの中盤3枚が思いの外、中に絞っていることもあってカバーするエリアが非常に大きいので、一概に体力がないとは言ってあげたくないんですが、PKのところは多かれ少なかれ拓ちゃんが絡んでのミスだと思うんで、もう一歩頑張って欲しいですね。イチも2年前は守備あんま上手じゃなかったしさ。SBとして化ける可能性は秘めてると思うよ。

逆に、ばっさんは前半で交代になった通り、ちょっとフォローできないかなぁ。
本人がどう思っていたかは知らないけれど、ただよとの連携も微妙だったし、良いときのばっさんを知っているから余計に物足りない気もした。普段はソンジンに譲ってしまっているから、ここでしっかりアピールして欲しかったんだけど。
そして、ばっさんを起用する判断はミスだったのかなと思わざるを得ませんね。怪我でもないのにリードされている状態で守備のメンバーを入れ替えないといけないなんて。矢野は後半そつなくプレーしてましたし、ファーストチョイスでいけなかったのかなと思います。ばっさんのことを考えてもです。セレッソ戦での交代の仕方は良い感じだったんですが、1枚足りなかった感じは否めません。


攻撃陣は西森・山内・西とかなり期待してたんですけどねぇ。
後半の頭で西森が藤田に代わり、何も出来ないまま終了。
個人的には、この3人を操る藤田が見たかったりするんですけども。翔平ちゃんを代えて(悪いという意味じゃなく)、吉井・石井のダブルボランチにトップ下藤田、左西森、右西の451とかも面白そうだったんですけども。

藤田さんがいるときは通り道が出来てるんでそこに収まりさえすればみんなが前を向けるんですが、その状態になれすぎてるせいか、吉井・翔平ちゃんは飛び出しやゲームを作ろうとするパスは増えましたが、攻撃のための縦パスがあまり多くありません。ターンするよりくさびのイメージで落とすプレーがオートマチックになりすぎてる気がします。なので、藤田さんがいないときは攻撃のテンポを上げる縦パスは1つ下のポジションの石井さんにゆだねてしまっている状態です。そのせいか攻撃のギアが上がりきらず、前線の3人がラインを崩しかけてもそこへパスを出すタイミングを逸してしまっている状態のように見えます。結果、攻めが遅くなってしまったり、パスがカットされてしまったり。

パスサッカーとか流動性とか方向としては分かるんですが、やっぱり曖昧で大枠みたいなものですから、困ったときの寄りどころ、誰が入ってもやれる戦術浸透はまだまだ足りないなというのが、セレッソ戦の攻撃陣に対する印象ですね。

ってか、せっかくだしヤス見たかったけどな。何でベンチも外れたんだろう。ヤス。
ここ何試合かの途中出場けっこう良かったと思ったんだけど。




さて、今日はホーム岐阜戦。
最近の岐阜はシンプルだけど粘り強いサッカーしてる。困ったときはカウンターがあるし。高木や嶋田あたりはカウンターにもってこいなタイプの選手だし。西川・佐藤の大卒ルーキーコンビも将来的に良いFWになりそうだしね。うちの井畑くんも良いもの持ってると思うんだけどなぁ。先を越された感はありますね。良いチームだと思います。岐阜。

チーム状態としては岐阜の方が確実に良いですが、うちとしても5連敗は避けたいし、ホームでそろそろ勝たないと。これだけ負けても何とかお客さんに入ってもらってますから、いい加減勝たないといけませんよ。リーグ戦でのホームの試合はこの試合も含めて7試合。是非とも頑張って欲しいところです。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。