ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs 湘南ベルマーレ in 水前寺

今年は水前寺で強いねぇ。

湘南は昇格圏内に復帰してからの1試合目。
次の日に5位鳥栖との試合を控えていた4位甲府にプレッシャーをかけたかったところでしょうけどね。
湘南にとっては、下位熊本相手に取りこぼすというとても残念な結果に終わったと。
そして、甲府が鳥栖に勝って3位返り咲きを果たすと。

散々ですね。残念ながら。

うちはまだ未体験のゾーンですからプレッシャーもものすごいんでしょうね。

でも、地域決勝やJFLの終盤と比べたらどうなんだろう?あの時も必死でしたからね。
簡単な試合は1つもなかったし、地域決勝なんてそこへ行くだけでも相当大変なのに、それから2枠目指しての試合は半端なかった。まさに死闘。J2は降格もないし、きちんと整備されたプロリーグだからスポンサーも、厳しいながらに、ついてくれる。地域やJFLは1年1年がクラブ存亡を賭けた闘いといっても過言ではないから。

それを考えると、ただよやイチみたいなロッソ旗揚げ時からいるメンバーにはうちがJ1昇格戦線に顔を出せるまで居て欲しい選手たちですよね。まだまだ先は長そうだけども。



さて、今年もこの時期湘南に勝つことが出来ました。
正直なところ、試合全体の決定機数を考えれば、湘南が勝っても全くおかしくはなかった。
うちにとっては少なからずラッキーな試合展開だったと言えるでしょう。

でも、そこはサポブログ。勝てば実力、負ければ不運(笑)
まぁそこまで極端なことは書かないってことは今までの記事からしてご理解頂けると思いますが。

この試合で頑張ってたのは、みんな頑張ってたけど、強いて言うなら木島かなぁ。
最近調子良いよね。木島。今節は残念ながらスタメンではありませんでしたが、自分の役割を分かってプレーしてると言いますか、何が何でもフィニッシュは俺だ!感も抑えるところは抑えてますし、試合終盤足がつるまで、途中出場でもとにかく全力でプレーしてる彼の姿は心を打つね。

得点シーンでの矢野のヘッドも見事でしたが、そのスペースを何気に作ってくれたのは木島だったりします。ニアサイドの選手たちももちろんそこに絡んでるし、CK蹴った西森くんもばっちりだったんですが、ジャーンともう一人の意識を奪ってくれたのは木島の動きでしょう。

ジャーンのミスもあるけどね。矢野は自分の横か真後ろできっちり視界に入れてなかったのは大きなミス。矢野の動きで外されたというよりは最初から視界外だったし、その後も目の前の木島とボールの軌道に惑わされて矢野を完全にロスト。あんなど真ん中で一番ヘッドの強い相手選手をフリーにしてしまうという大失態。


試合は双方共に特徴を出したいい試合になりました。
うちは翔平ちゃんと大志郎とヤスを出場停止で欠き、特にSBがピンチに。
結局、網田くんの2回目のスタメンとなりまして。

ところが、これが良かったね。
90分持たないのはまだまだですが、最初から全力で行けばそうなることは分かってましたし、デビュー戦である草津戦よりミスも少なく、出場時間も長かったので。
最近はヤスが左SBに定着しつつありましたが、これはうかうかしてられないな。
元々SBやってたこともあって守備に関しては網田くんの方が完全にうまい。
左利きで以前からキックの精度も定評があったので、左SBの適正も負けてる。
勝ってるのは、ドリブルと内に切れ込んでのミドルが打てること、それに90分計算できることか。
これからは連戦もないし、ポジション争いはほぼ横並びかなって思うね。
拓ちゃんはボランチでのポジションを獲得しても良いくらいの働きしてるしね。SBより俄然ボランチでしょう。
次の愛媛戦に監督がどういう判断をするか楽しみですね。
個人的にはヤスかな。で、その出来によっては栃木戦は網田くんってところでしょうか。
本当はヤスも前の方で使えるといいんだけどねぇ。

木下くんも完全復調ですな。対クロスの判断が良くなってきてる。
体は大きいんだから、判断力を磨ければ無敵になれますよ。きっと。
課題はキックでしょうね。
確かにうちにはターゲットにすべき選手がいないからキックは難しいと思います。
思ったところに蹴れてもマイボールに出来る可能性は低い。かといって、ショートだけでも行き詰まるしなぁ。中山の完全復活かコモのFWでのポジショニングの向上が待たれますな。
それでも、直接タッチラインを割るボールが多すぎる。せっかくファインセーブしても、味方にノーチャンスで相手に攻撃権を与えてしまうなら意味無いからね。


とりあえずここに来て守備が整ってきた。その分、攻撃陣は苦労してるけど、本職FWが90分まるまる出来るコンディションじゃないから、それを考えればチームとしては良くやってると思うよ。本当はこの守備の状態で毎試合完全に点が入る形の決定機が5回は欲しいけどね。今はまだ3~2回くらいなので。相手のファインプレーとミスすることも考えても5回あれば平均2点は取れると思うし。


今年3回目の連勝記録チャレンジ。
苦手な甲府・富山戦が残っていることを考えれば、ラストチャンスに近いと思うよ。
順位の近い福岡や岐阜に追いつくには是非とも連勝記録は伸ばしたい。頑張って欲しいね。

ただ、次の愛媛戦は延期試合だからなぁ。
果たして、これを連勝の中に含めて良いものだろうかとは思ってるんだけどね。
まぁ勝てなかったら、栃木戦が本当の連勝チャレンジだとか言えばいいか(笑)


今週末の相手愛媛の岐阜との試合は見ました。
ジョジマールと内村が裏への抜けだし、ドドがためを作るイメージかな。
ドドとジョジマールはどっちもためを作れるみたいなので注意したいところですね。
延期がなく普通に対戦してたらジョジマールは怪我でいなかったわけで。流れ的にはキープレイヤーになりそうですね。ま。チーム内得点王の内村が累積で出られないみたいだから差し引き0かな。

中盤は前節は渡辺・赤井・永井でしたか。
赤井と永井はテクニカルで、永井が割りと自由に飛び出してるイメージを受けました。
赤井はたまに飛び出してくるけど、けっこう決定機に絡む印象が強いね。良いキックも持ってるし、ミドルにも気をつけないと。
渡辺はフィジカルタイプで後ろで構えてるイメージが強いです。前に絡んでくるというよりはセカンドを拾ったりファーストディフェンダーになったり。足元がとても巧いというイメージもないな。ここが愛媛の守備の核だと思うのでうまいこと攻略できれば得点への足がかりになるかもですね。

守備陣形は2ライン。内村もMFのラインに含まれての2ラインで守備をするようです。
前節のCBは柴小屋とチアゴ。2人ともスピード系に強いイメージはなかったので(現に柴小屋は手でつかんでPKを与えてます)、木島・宇留野・中山と巧く使えれば効果的にダメージを与えられそう。
中盤はあまり前からプレスに来るイメージはなく、一旦引いてから固めてから前をうかがう感じだったので、カウンターでやり返すか、とにかく2ラインの間にボールを出し入れして崩せられればいけるんじゃないかと。2ラインの間は愛媛もDFとMFで挟んでくるからとにかく1タッチ2タッチでの出し入れが重要かと。
そうなってくると、愛媛戦のうちの攻撃のキープレイヤーは藤田さんでしょうね。彼を誰が見るのか。どこまでついていくのか。本当に敵にするとやっかいなプレイヤーだろうね。ここはしっかり練らないと愛媛は厳しくなると思うよ。

あと、気になったのは最終ラインからのロングパスはほとんどないね。
テンポアップの縦のボールはほとんどボランチ。そして、当てるイメージのボールがほとんど。
一発で裏を狙うプレーは望月監督時代からするとかなり減ったんじゃないかな。
ただし、ジョジマールやドドは落とすだけじゃなくて、ヒールで裏に抜けさせるプレーもするから、追い越す選手を中盤かCBの余ってる方かSBが常に意識して見ていないと最終ラインは簡単に攻略されるかもしれない。

これを逆手にとって前線の選手にボールが入ったときにボランチが挟む形を徹底すれば、守備は楽かもしれない。というわけで、うちの守備のキープレイヤーは吉井と拓ちゃんのボランチコンビかな。

これは相手が岐阜だったからということも考えられるけど、愛媛は監督が替わって間もないし今はとにかく自分たちのサッカーを確立していく時期だから、相手によって大きくサッカーを変えることはしないと思うんだよね。望月時代よりもボールを大事に繋ぎ、それでいてスピードタイプを活かせるサッカーを少しずつ固めていってる印象をうけました。ちょっと前より全然強くなってる。うちより下位にいるチームとはいえ、全く油断できない相手です。

さぁどうなるか。楽しみですね。
また引き続き、わたくしめも験を担いで週末に備えたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 水戸ホーリーホック in 笠松

今回、試合が行われた笠松運動公園陸上競技場は水戸の準本拠地だそうです。
なぜ準本拠地で試合が行われたか?本拠地である水戸市立競技場は改修工事中だからだそうです。
この改修工事期間は2007年7月~2009年10月(wiki調べ)で、今季笠松で行われる試合はうちとの試合だったとのこと。11月8日の仙台との試合は回収が終わり「ケーズデンキスタジアム水戸」と名前を新たにした水戸市立競技場で行われるとのこと。

今まではJ2基準に満たず本拠地として存分に使えなかった水戸市立競技場を改修によりフル活用できるようになったということで、今後笠松で行われる試合は減るでしょう。

今節は水戸にとって、そういう試合だったようです。
連敗中ではありますが、ここで何とかお得意様の熊本に勝ってKsスタのこけら落としへ。
今思い返せば、水戸の選手たち気合い入ってたもんなぁ。


が、そこは我らがお祭りチーム。
鳥栖あたりには完全にKYチームとして認識されております。どうも。熊本です。
相手が動員をかけると無類の強さを発揮する我がチーム。
今季は去年ほどではないにせよ、特にアウェイではかなり空気読めてませんもんね(笑)


対水戸戦初勝利!おめでとう!

苦手苦手って言うけれども、水戸との試合は笠松での2-2から始まってるからね。
勝ち試合を引き分けにされたところからのスタート。
そっからどうも審判に恵まれなかったというか、うまくかみ合わなかったというか。
水戸がかなり強いチームであるのがもちろん一番大きな要因ですが、とにかくもやもやと、かつ、けちょんけちょんにやられてきまして。ようやくこの日が来ましたか!っていう感じですね。

これで現在J2に所属するチームのなかで勝ててないのは仙台と富山のみとなりました。
仙台にはいっとき会えなそうですが、富山とはホーム最終戦が残ってますので。



内容ですが、個人的にこの試合の一番面白かったのは藤田が入ってからですかね(笑)
あれ芸術だわ。水戸の選手たちがわんさかいる相手陣内で、熊本の選手は木島と藤田、たまに中山の3人で繋ぐ繋ぐ、回す回す。
最近ロスタイムに得点が動くことも多かったし、今回もただよのブロックがあったり、最後の連続セットプレーにはドキドキさせられましたが、宮崎の退場で1人少なくなってたから、いつもだったらもう見てられないくらい攻められたと思うんですよね。
でも、今回は笑ったもん。すげーって。

まだアジアでは、時間稼ぎが相手陣内コーナーフラッグ付近で攻めっ気ゼロのやつ(通称「かしまる」)かファウル臭いやつはとにかく転び非常に痛がりすぐに立たない(通称「中東戦法」)が主流でとにかく見苦しいんだよね。プロは結果が大事か知らんが、そんなプレー見るために金払ってるんじゃないぞと。

この点、今回のうちは1人少ないにもかかわらず、非常に高度な時間稼ぎを見せてくれました。
解説が「熊本はまだ攻めてますからね。これは水戸にもチャンスがありますよ。」なんて言うし。
まぁそうなんですけどね。当たりです。しかし、フットボールはこうじゃないとねぇ。
攻撃は最大の防御といいますが、この言葉は本質を突いているようで、攻撃側がリスクを負うことを理解していないとピンチを招くだけだと思っています。ただ攻撃すれば良いっていうもんでもない。守備に人数をさきながら、攻める気持ちも見せつつボールを回す。

ここが、この攻守のバランスが藤田入ってから素晴らしかったよね。
普通の人が見たらつまらないのかもしれないけどさ。すごかったんだけど。


それに、最近守備陣頑張ってるよね。
ただよ&矢野も完全に板に付いたし、木下のコンディションが上がってきたのも嬉しい。木下かなり声出してたからなぁ。携帯の熊日サイトでちょっと前にコバイズムを継承しますみたいなことを木下が言ってましたけど、良い感じで継承してるみたいね。
ただし、今節はヤスのミスがかなり目立っていたし、宮崎も久々のスタメンな上に慣れないポジションだったのでやや綻びはみられましたが。宮崎は頑張っていたと思います。退場は残念でした。ヤスはバックパスを中盤でやるときと最終ラインでやるときは変えないといけない。GKや他のDFが蹴りやすいボールを渡すのも大切ですが、決定的なピンチに繋がる度合いも高いことをもっと考えないとね。とにかくリスクは避けないと。


攻撃陣は宇留野の一撃が決まってればねー。
ポストに当てるとこまでいったのも彼の技術の高さのおかげですが、決まって欲しかった。
もちろんあそこでスコアが動いたら、1-0で勝つなんて結果にはならなかったもしれませんが。
矢野のヘッドも惜しかったね。GKやDFとの競り合いにも勝ってたし、きれいに当たってたからね。惜しかった。

福岡戦よりは良かったけど、押し込んでいた前半に無得点だったのは課題が残りましたね。

得点シーンについては、まず木島のミドルが素晴らしかった。あれが決まってもおかしくなかった。
そして、中山と宮崎が2人つめてたことが非常に良かった。福岡戦では木島の作ったチャンスにゴール前に人数増やす場面が皆無だったからね。きちんと修正できたことはとにかく評価したいと思います。



さて、明日は湘南戦。水前寺。もう明日かー。
そして、これの次は1ヶ月後の富山戦だっけ?ホーム最終戦。今季もいよいよ終わるんですね。

湘南は昇格最前線。当面は甲府との3位争いが熾烈なので1つも落とせない状況です。
それに去年はうちとの試合に負けて完全に昇格の望みを絶たれた感もありましたしね。

うちとしては何とか勝ちたいけどな。連勝したい。今季の望みはもはや3連勝しかない。
福岡戦でファンの期待を裏切ることになってしまいましたから、またたくさんの人が入るであろうホーム最終戦に向けて、ここは是非ともとりたいところ。

熱い試合を期待しています。
わたくしめもささやかながら験を担いで試合に臨みたいと思います(笑)

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs アビスパ福岡 in KK-WING

えー。負けちゃったよ…orz

試合観てましたが、内容もそれほど良い出来じゃなかったし。
12000人の観客を呼んでおきながら何ともしょっぱい試合だったと言わざるを得ません。


J'sGOALのインタビュー記事や今朝の熊日の記事を見ると、ロングボールを簡単に蹴っていたことについての反省が多いようですが、福岡のDF陣のことを考えると単純に蹴る場面が増えることも1つの答えであったと思っています。
ただし、福岡もロングボールが多かったし、連続するとどうしても陣形が間延びしてしまうので、ボールを持てる場面ではもっと丁寧に繋ぎたかったし、多少遠くてもシュートで終わる場面をもっと作って欲しかったなと。

天皇杯では石井不在が大きな影響を及ぼさなかったようですが、こういう間延びする、速攻か遅攻かを選択する主導権を握らせてもらうような相手の場合、やっぱり石井の存在は大きく感じますね。その点、後半に入った拓ちゃんがすごい面白い動きをしてくれてたし、ボールの散らし方もさすが、左サイドを攻め上がるタイミングとクロスも見事だったので、次への糧にはなったのかなと思いましたね。さすが元J1の選手だなと思わせる場面は多かったです。あとは、例えばスタートからはいるとしてどれくらい質を落とさずに出来るかですよね。

ただ、じゃあ翔平ちゃんと吉井のコンビは100%悪かというとそうでもないかなと。
ボランチに関しては、絶対的な存在であった石井がいない今、組み合わせ含め改めて考え直さないといけないのかなと思います。単純に考えて、C大阪や仙台のように自分たちでボールを保持し主導権を握りたいチームが相手の場合にはうちが守備から入る場面が多くなるので、前からプレスが出来る翔平ちゃんや吉井を使い、今節の福岡のようにとにかく前戦の強い選手に蹴ってくるようなチーム相手には前にプレスに行くよりセカンドやカバー、そして攻撃のファーストボールの判断が大事になってくるので石井や喜名さんのようにサッカーをよく知っているベテラン選手を選ぶとか。

現に、今回の福岡も前半序盤は繋ごうとしてきてて、そこで翔平・吉井コンビはうまくはまってましたけど、うちがシュートまでいけずカウンターを仕掛けられるうちにそっちで手応えをつかまれてペースを握られた感はありますね。木島に入れる縦のボールも雑なのが多かったし、そこに入れるところからしかパスサッカーが始まらないことを読まれたというか狙われたというか。

組み合わせを試すっていうのも今さらですけどね。もうシーズン終わりますし(苦笑)
石井に頼りすぎてきたツケがここに来て現れてるのは間違いないのかなという印象は持っています。


とすと、最初のプランニングでは熊本の方に分がありましたが、攻撃しきれないうちに福岡に慣れる時間を与えてしまい、選手間で修正され、徐々にくさびを打てなくなるという展開でしたから、ロングボールが増えたことは一概に悪かったとは思わないかなと。流れ的にはやむなし。繋ぐにはワンタッチの精度とか判断とか、特に運動量が前半途中で減ってしまったので厳しかったかもしれないと思いました。

ロングボールをきちんとDFラインの裏に蹴れていれば十分にチャンスを作れたと思いますしね。最初はそういうボールも多かったけど、途中からは簡単に跳ね返されるところにしか蹴れなかった。元々うちの前線には身長はないんだから単純に競り合っても負けるよね。そこで工夫ができず、ただボールを蹴るだけになってしまった…のは反省すべきです。


そして、ロングボールを増やしたことで、その分前と後ろの間隔が空いて、中盤含め守備陣が修正を余儀なくされ、そこが間に合わなかった。それが失点をしてしまった一番の要因かなと。

失点はそういう間延びした中から久藤につくべき人がつききれず(ヤスになるのか、ボランチになるのか)、フリーで飛び込まれてしまいました。センターバック2人はゆたか氏と黒部についてたから、久藤を見る余裕はなかったと思います。SBかボランチが守備ラインにいて余裕がないとあの場面で失点を回避することはできなかったんじゃないでしょうか?

その点、解説の池之上さんはマークを受け渡しじゃなくて、きっちりつけた方がいいとおっしゃっていましたが、福岡の2トップはサイドに流れる場面も多かったし、もしCB2枚で彼らを見ると中央ががら空きになる場面を作られるので、受け渡しはやむを得ないんじゃないかなと思いました。むしろマンマークは危ないんじゃないかなって。イチ・ヤス・翔平ちゃんに吉井の守備陣だと最終ラインに張り付くのはもったいないしね。


攻撃面では、惜しかったのが拓ちゃん・藤田・西あたりが絡んだゴール前でのワンツー(繋ぎすぎてGKキャッチ)と木島の左をえぐってのクロス(だれも走り込まなかった場面)かな。
前者は拓ちゃんから藤田でワンツーした後ダイレクトで拓ちゃんがシュートできなかったのかなと。後者はニアに西森くんしか走り込んでなかったから、あそこは西あたりが詰めないとだめだぞと。

その辺の判断はまだまだでしたね。出来て欲しい部分もあったし、経験かなと思う分もありました。来年含め、今後に期待ですね。



まぁ各選手個人としては頑張っていたと思います。
内容は良くなかったですけどね。
別に気を抜いたとか、力を出してなかったとかそういうことではないかなと。

北野監督が言うような「チームもそうですし、個々も、ウチよりも1つも2つもレベルが上」だとは思っていません。それを言い出したらキリがない。うちが勝ち越した鳥栖にも失礼。今、懸命に上位陣に食い下がっている鳥栖はあと6ポイント勝ち点があったらどれだけ楽か。その辺の潔さはいらないです。まだ試合も残ってる。福岡を追い越すチャンスだってあるかもしれない。上だと認めるのはそれからでも良いんじゃないかな。

これまで特に監督について何とも思ってはいませんでしたけど、この発言についてはちょっとカチンときましたよ。エースとられて、直接対決で勝てず、指揮官が降参するなんて、ひどすぎですよ。勘弁してください。



さて、次は水曜日にアウェイ水戸戦ですね。
今年は苦手なチームにはとことん苦手であるという成績ですので、かなり苦しい試合になりそうです。
とはいえ、水戸も栃木に負けたあたりから調子を崩し、今は8連敗。つけいる隙はあるはず。

まぁこういうところで流れに乗りきれず負けてしまうイメージがうちになくはないですが、水戸戦初勝利に向けて、仕切り直して欲しいところです。

とにかく1つでも上へ。そして、選手が来季に向けてレベルアップしてくれれば。
漠然とした目標しかありませんが、何か派手にやらかしてほしいものです。

天皇杯

前回の記事でも書いたとおり、天皇杯を直に見に行くことは叶いませんでした。
でも、よく頑張ってたって話は聞きましたし、読みました。
月曜夕方のロアッソ関連番組も十分な時間をとって放送してくれてましたしね。

残念だったなぁ。
PK戦になってしまってはもう運の世界。ただよや矢野のせいには出来ません。
石井の離脱があったり、相手が今季4回目の対戦で負けなかった横浜FCであったことも一抹の不安を感じさせるものがありましたが、その点に関しては何も心配要らなかったようですね。

リーグ戦でシーズン前の目標を達成することが困難になり、天皇杯でJ1相手に力試しをすることが1番のモチベーションになりそうだった今年度。痛いですね。本当に。


でも、シーズン前の目標の最後の砦が今週末に残っているじゃないですか。
九州ダービーで首位になる。この目標を達成するために福岡を倒さなきゃね。
元々去年、うちは鳥栖、福岡にそれぞれ1勝1分1敗で、鳥栖に勝ち越した福岡が全体の勝ち点では1位ということになりました。が、うちは負けたとは思ってないよ。どっちとも対戦成績五分なんだから。福岡が鳥栖に勝ち越したか知らんけど、うちは対福岡限定では五分ですから。

そんな気構えでやってまいりました(笑)

この論理でいくと、うちは福岡にさえ負け越さなければ、九州ダービー裏番長として君臨できると思うのです。だって、福岡が鳥栖に負けただけじゃない。うちは鳥栖に勝ち越したし、福岡に負け越さなければ下とは言えん。

まぁへりくつとは分かっているんですが、とにかく負けたくないなと。福岡には。
ここ数試合はいい試合をしながら、あと一歩の所で勝ち点を失う試合が多く目立っています。
福岡戦はお客さんもたくさん入るようだし、快勝して欲しいね。


10位も無理。天皇杯でJ1と対戦も無理となっては、せめてせめて九州ダービーでくらいはいいところ見せて欲しいなと。切に切に願ってやまないのです。

福岡に勝ったらブログいつもより早く更新してやるっ!(笑)

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs コンサドーレ札幌 in KK-WING

ご無沙汰しております(笑)

激しく今さらなうえ、コンサドーレ戦は来客のため、フワッとしか見れませんでして。
更新すべきか迷いましたが、いちお。

何となく良い感じだったよね。良い守備してたし、攻撃も良かった。結果は見合わなかったけども。

木島のPKはちょうど来客の時間と重なり、直前で席を外し、全く見れなかったという…orz
オシムじゃないけど、基本席は立つんですけどね。PKは見ない派です。


外した件につきましては、トップスコアラーがPK蹴るのは普通ですし、外すのもあること。これまでのPKも外してないしね。木島を責めるのは違うかなと。
藤田さんに蹴らせたらっていうのも、きっと彼は誕生日だからという理由で譲ってもらうのを良しとしない男でしょうから。

まー勝てたよね。
決めるポイントはいくらでもあった。
攻撃陣は守備陣の頑張りに応えたかったね。


で、水曜の愛媛戦は台風で延期。
どう捉えるかは難しいとこですが、監督が変わったばっかで特に守備システムの構築がうまくいってないようだし、ジョジマールの怪我もあったようだから、愛媛の方がラッキーだったんじゃないかな。
うちが愛媛と対戦するときって愛媛の方が不幸な感じが多い気がするな。前回控え3人だったし。代替日が決まったら気を引きしめてかかりたいね。流れ的に苦戦しそうだ。


明日は天皇杯、横浜FC戦。
今季4度目の対戦。下のカテゴリーのチームと対戦するよりはやりやすいかもね。ただし、今季負け無しとはいえ、相性がいいとは思えません。二度も嫌な形で追いつかれてる。ホームであることを最大限に生かして勝ってもらいたい。新潟と試合したい。それを見たい。


ってか、石井が靭帯損傷で離脱か。痛いなぁ。全治8週間は今季絶望かな?
吉井と翔平ちゃんには当然頑張ってもらわないといけないし、喜名さんを始めとするMF陣にはフル稼動してもらわんとね。ヤスや網田くんの左SB起用も様になってきたし、拓ちゃんのボランチ復帰も楽しいな。
ピンチはチャンス。がんばれ。



あー。明日行けない…試合見れない…orz
行った方のレポート楽しみにしてます。
深夜帯でもいいから録画放送とかやってくれたらいいのになぁ。

vs ベガルタ仙台 in ユアスタ

J2で屈指の雰囲気の良さを誇るユアテックスタジアム仙台。
かっこいいよね。あの雰囲気。J2にいる間に目指すべき雰囲気の最たるところですよ。

そこをホームとするベガルタ仙台は現在2位。
去年外国人枠を使わずにチーム作りを始めて、昨シーズンは3位で入れ替え戦に負けたためJ2に残ることになったけれども、チームは熟成を高め、要所にレベルの高いブラジル人選手を獲得。堅い守備と豊富な運動量をベースにしたパスワーク。今季快進撃を続けております。


そんな仙台を相手に、今季2敗で迎えた第3戦。
今季の2試合共にセットプレーから失点し、そのまま崩れてしまうという展開が続きました。

結果、またもセットプレーで失点し、最少失点ながら得点を奪うことが出来ず負けということに。


結果から見れば、1失点と守備陣は粘ったと評価できるかもしれませんが、仙台の拙攻に助けられたというのも事実。運が悪ければ、大敗してた可能性も否定できません。

とはいえ、ヤスが今節もスタメンで起用され、本人もブログで言っているとおり、横浜戦よりも確実に躍動していたと思います。チームにフィットしていたと思います。シュートも打てたしね。ヤスを見ているともう少し前で使ってあげたい気もするけどねぇ。SBが似合うというのもそれはそれで嬉しいことなので。攻守に1vs1のレベルを上げてもらえれば最高ですよ。イチとのバランスは石井さんに頑張ってもらいましょう(笑)
CBの2人も頑張ってたけどね。気になるのはセルフジャッジしてるところだよね。オフサイドとか。アピールするのは大事だけど、足は止めないようにしないと恐ろしいときがあるよ。これは矢野やただよだけじゃないんだけども。

セットプレーについては、本気で対策考えないとやられすぎてる感は否めません。
FKの早いリスタートやスローインでやられるときは単に集中力の問題であることが多いですが、CKのようにきちんと集中して構えるようなタイプのセットプレーの時にもやられているのは問題じゃないですか?ファーサイドでフリーの選手がいたりするところをみると今はゾーンかな?CKの時はマンマークにも見えるけど。あそこら辺はしっかりしたいよね。マークを外してしまう場面が多すぎる。これはずっと言われていたこと。池谷時代から言われていたこと。ここまでくると選手の問題じゃない気がするよ。システム的なことが十分なら、もっと練習で相手を意識して守備練習したいよね。あそこのあのFWならこういう動きをするんじゃないか的な。選手自身が相手を知る努力をすべきだと思うし、スカウンティングももっと煮詰めれる気がするな。


攻撃陣は完全に仙台守備陣にいなされたね。
対等に勝負できていたのは0-0の時だけ。
一番良かったのは、前半の藤田さんのヒールから宇留野の形かな。
あれはもっとも決定的でうちらしい崩しだったよね。
あの攻撃をひっかけてくるのはうちの方よりも仙台守備陣のすごさでしょう。堅いな。やはり。

ちなみにあの場面は、宇留野のシュートがクリアされて、翔平ちゃんが拾ってかわすところまでパーフェクトだった。あれを翔平ちゃんがシュート打ってくれたら仮に入らなかったとしても、一連の攻めとしては良い感じだった気がしましたけど。やりきった感かな。

たしかにあの場面でパスは選択肢としてあったとは思うんですよ。ラインを気にせず狭い局面でも崩せると思う意識は一流だと思うし。けど、一度跳ね返ったボールで裏を狙うのは相手のラインを上げる動きもあるから味方とのコンビネーションもかなり良くないと無理だと思う。最低でも2列目から飛び出せる人がいる時じゃないと。1回目の攻撃に絡んだ選手たちに再度相手のラインを攻略させるのは厳しいと思うし。結果、難しい方を選択したかなっていう印象。まぁ正解なんてないんで。何が良いとか悪いとか言うつもりはありませんが、惜しいチャンスだったなと思いました。


あとは、崩した!って感じはあんまりしなかったね。それだけ仙台の守備はさすがでした。
結果は1点差でしたが、その1点はかなり大きな差だったように思います。
これがJ1昇格を現実的にしたチームの実力なんでしょう。

ちょっとサイドからクロスを上げる展開が多すぎたかなという気もするね。
相手ラインが下がりながらの状況ならアリだけど、今節は遅攻も多かったし、待ちかまえられた状態でのクロスは、ただでさえ厳しいのに、うちの前線の身長を考えるともはや絶望的。もうちょっとクロスを工夫するか、速攻を増やすか、とにかく何か糸口を見つけたかったですよ。それが出来ずに終わってしまったのは痛かった。

加えて、やっぱり選手のやりくりが十分じゃなかった気もします。
ヤスと木島と西とウルは代えなきゃ行けないような状況に追い込まれたからね。
使いたいのは分かるし、代えなきゃいけない状況になったのは結果論だし、スタート時点でベストの布陣だったのかもしれないけど、90分トータルではベストの布陣ではなかったような気がしました。


んー。難しいですね。

まぁとにかく今の課題は守備かな。
77失点っていうのは多すぎる。これは個人じゃなくてチームの問題だと思います。
得点はJ2全体でも真ん中くらいの多さなのに、失点がダントツで多いのは今季の失敗というべきかと。単純に得点と失点がトントンくらいだったら10位は達成できたような気もします。これを来年に期待するのは簡単ですが、今年もまだ何試合かあるし、何か答えをみつけてもらいたいとこですね。



さて、今週末は札幌戦。なんと対札幌戦は2戦2勝。
別に相性が良いわけじゃないと思いますけどね。ラッキーだっただけです。
今は札幌の状態もかなり良いし、普通に考えたら相当厳しい試合になると思います。
とりあえずキリノを調子に乗せないこととテクニカルな中盤に走り勝つこと。
特に最近は1トップにやられまくっているからプレスの仕方は具体的に確認しておきたいね。
3戦3勝はさすがに難しいと思うけど、なかなかないチャンスであることは間違いないから本気で目指してもらいたい。

10月18日のアビスパ戦に動員がかかっていることもあるし、ホームゲームで勝つことは非常に大事な時期だから。札幌戦とその次の愛媛戦はとても大事。できれば連勝して、動員と3連勝を重ねたいところですよ。その辺を意識してチームには頑張ってもらいたいところですね。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。