ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs サガン鳥栖 in ベアスタ

惜しかったねぇ。柏戦の後だけに勝ちたかったよ。
観た人がどう思うかは知らんけど、あの流れは今年のうちの勝ちゲームの流れじゃん。

ピンチをぎりぎりでしのぎながら、得点し守りきる。
今年のチームはそれが出来るチームです。


結局、1失点は常にありうるって言葉に戻るのか。
南が熊日紙面でコメントしていたとおり、今の守備+2得点を目指さないといけないね。
そのためには守備がリスキーになる場面も出てくるだろうし、一人一人のプレーの精度やチャレンジも課題になってくる。
ま。これからのチームなので、こういう課題が出たってことを前向きにとらえるしかないな。

高木監督も熱い監督会見してくれたみたいで。見てないけど。
いいね。監督が熱いと必然的に良いチームになるよ。
特に、うちみたいに若いチーム、これからチャレンジして行かなきゃいけないチームには大事なファクターかもしれないね。



さて、内容ですが、前半は両チームとも前線にボールは入るもののなかなかフィニッシュまではいけないっていう激しい展開。双方の守備ラインの攻防は熱かったです。ただ、シュート数が少ないってだけで、決して攻撃意識が希薄だったとは思わないな。クロスに合わないとか反転できないとかシュートの1つ前までのプレー数を考えれば、アグレッシブでいい試合だったと思います。

こっちは西が外れて、宇留野が先発復帰してたけど、ちょっと試合勘戻すのに時間かかったかなぁ。
右から切り返してミドルシュートとかすごいよかったけど、それまでは1手間多い場面も目立ちました。
宇留野のゴールが見たいんだけどな。もっとフィニッシュに絡んで欲しい。サイドでも宇留野には求めたい。

この試合の吉井・拓ちゃんは良かったよ。
相手のコース切る動きが速かったにもかかわらず、あまりひっかけずに展開できた。
ただアタッキングサードに近づくにつれて精度が落ちたね。
あと、吉井はけっこうシュート狙ってるけど、拓ちゃんは左に持ちかえる分もったいないプレーも多い。
この2人にもミドルレンジからガンガン狙って欲しいんだけどなぁ。

ディフェンスは変わらず固いね。
柏戦で3失点して、セットプレーにはちょっともろさも見せたけど、概ね崩されずにいけました。

失点シーンは色々微妙だったみたいだけど、あれは豊田に入る前に跳ね返すべきボールだった。
それまでの流れからも豊田に合わせて来る可能性が高いのは分かってたわけだからあのコースは切りたかったね。
それにしても、鳥栖の藤田のロングスローすげえな。ライナーじゃん。クロス並みの威力。うちもだれか練習しようよ。コーナーと同じじゃん。あれ。オフサイドもとれないしさぁ。


で、最後にFW陣。
いいねぇ。最近とてもいい。井畑も松橋もとてもいい。
2人のコンビも良くなってきてるし、チームが2人の活かし方を覚えてきたっていうかバリエーション増えてきた。
これからもっと良くなるよ。ガンガン得点決めて欲しいよ。

得点シーンはうまかったねぇ。井畑。
松橋のラストパスも良かったし、井畑のトラップ&シュートも絶妙。
あれだよね。大学リーグで得点王になれた理由。プロなれた理由。井畑の間合いは独特なんだよなぁ。
届かないように見えて届くし、そこでシュートか!みたいなとこでシュートする。
ストライカーってホント独特で、何か分かんないけど対峙すると雰囲気で既に負けてるもんな。
そういう人なんでしょう。井畑くんは。


まぁレフェリーのことは仕方ないからな。
南にタックルしてきた人もホントにやったんならどうせそのうち天罰喰らうだろ。
そんなもんだよ。



さて、次がもうあさってか。GWの連戦は大変だなぁ。
でも、相手も同じ条件のとことばっかりみたいだし、鳥栖・ホーム・福岡でしょう?楽な方だよ。恵まれた方だよ。
次は札幌。去年は幸運にも負け無しでいけた。今年も今は札幌調子悪いみたいだし、チャンスはあると思う。
拓ちゃんが退場しちゃったから出られないけど、匠もいるし戦力ダウンってことはなかろう。
やっぱりとりあえず守備だよね。完封したい。あわよくば勝ちたい。
セットプレーの守備はもうちょいつめたいね。あと、やっぱり近藤に気をつけたい。良い選手だよ。彼は。
攻撃はまた井畑松橋そろい踏みとか見たいよね。あと、宇留野か西森のゴールが見たい。

楽しみだなぁ。期待してる。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs 柏レイソル in 水前寺

柏戦をみて、何と言葉をかけるべきか。

ちょっと迷う。


現実的に、クラブとしての差は…かなりある。
クラブ自体の歴史もそうだし、設備やスポンサーの面もそう。サポーターの数もそう。

同じカテゴリーにありながら
この試合は“首位vs3位”という肩書きでありながら

この2クラブの差を痛感する。


とはいえ、チームとしての差はまた違うものさしがいる。

南は奮闘した。松橋がゴールを決めた。

結果的に3点獲られたけど、悲観すべき内容でもなかったと思う。
前半の出来を考えれば、もっと完敗するかと思ったけど、後半は十二分に盛り返した。
首位相手に堂々と渡り合ったと思うよ。


だからこそ、何とすべきか。迷う。

フロントやクラブがここまでさぼってきたとは思わない。
順調に一歩一歩ビッグクラブへの道を邁進していると思う。

でも、選手の頑張りを目の当たりにするとね…
クラブは十分頑張ってるからしょうがない、今はどうしようもないから我慢しろなんて、言えないだろう…


サポーターとしてやれることやらないとなぁ。
あんだけ入ったように見えた水前寺が5000かぁ。動員は厳しいなぁ。

柏戦を観て同じように感じてくれる人が一人でも増えてくれると良いなと思う。
みんな頑張ってる。彼らを応援したい。
1試合でも多く観ること。グッズを買うこと。練習場で選手に声をかけること。イベントに参加すること。
1人1人は微力だけど、大きな力はその“微力”の集まりだからね。いつまでも熱量を下げずにありたい。

そんなふうに思いました。



さて、試合の方ですが、前半はちょっとひどかったねぇ。
ピンチらしいピンチは南が全て抑えてくれたけど、決定機の数がかなり多かった。

後半の匠の起用のされ方から察するに、工藤・澤両選手のタメやサイドスペースへの走り方に矢野・ただよ両SBが引っ張られて中央が割られすぎたからかなと思う。さらに悪いことに、その1つ前の段階のセカンドボールの奪取率の低さ、ビルドアップの速さと精度、奪われ方の悪さ、もう1つ前の段階の井畑が居ないデメリットが全て連動しちゃったよね。ほんとね、よくセットプレーの2点で済ませられたよ。意地悪で言ってるわけじゃなくて、単純にすごいと思う。南まじですごい。他守備陣も粘ったよ。

前半の攻撃面は回数が少なすぎてほとんど言うことがないけど、柏はよく対応してたよね。
松橋はCBのうちの1人が確実に見て、藤田さんにはダブルボランチ、拓ちゃんと吉井には工藤・澤がよくカバーしてた。一番きつかったのは、西と西森への対応だよね。特に、西にはボール渡ったら1トラップ目で1人が体ぶつけて、こぼれたボールをその人が他が奪うが徹底されてた。西森にしてもそう。下げたら下げたでプレスが来るし。
そうなると守備のラインも下がるし、藤田さんもボールうけに下がってくる。そういう状況で最終ラインから放り込んでも松橋だけではキープしきれない。フォロー行くにも時間かかるし。誰が悪いとかそういうレベルの問題じゃなくて、良く研究されてたし、柏の個人の能力の高さが出てましたね。
吉井と拓ちゃんがこれまでずっと展開という部分で少し物足りなかったってのはあったんだけど、そこをうまくつかれた感じもある。ちょっとそこでミスると柏相手では致命的だもんね。これも難しいけどね。周りとの呼吸の問題もあるし、ボールを持つ時間=味方が上がる時間なわけだから早くすればいいってもんでもないし。ただ、柏戦に関しては、藤田さんが居たとしても、中盤を省略気味で松橋を走らせるべきだったかなと思うかな。藤田さんのパスワークを使いたいんだったら、1トップは井畑でサイドに松橋とかが無難だものね。特に押し込まれているときは守備を立て直す意味でもロングボールを意図的に増やした方が良かったのかなと思う。

なんとなくそんな感じか。


一転して、後半はすごいよくなった。
4バックが3バックになったからとかそういう単純な理由じゃなかろう。
相手大津の負傷退場もあったからかな。
まぁ代わって入ったフランサに決められちゃったけど。相変わらず巧いよねぇ。フランサ。
3点目で柏が安心しちゃったのか、前半飛ばして疲れたのか、原因はよく分からなかったけど、後半は熊本の方が良かったろ。
真ん中が1人増えてWBも出来たわけだから前線の2人とレアンドロや澤までチェックすべき人がはっきりしたのかなと思いました。井畑が入って藤田さんがボランチにポジション下げたシステムも面白かった。良いオプションができたなと思う。匠の才能にも助けられたね。最終ラインも出来るんだ。すごいな。

得点シーンは千葉のイチのゴールを思い出しました。
左から細かいパスが繋がって右サイドに走り込んだ選手が合わせる。ラグビーみたいな感じだ。
あの時と決定的に違うのは、千葉の時はある程度スペースがあって崩れてたから成功したってかんじもするけど、今回は柏もきちんとラインで対応してきてたからスペースがそれ程なくて、それでも崩しきってゴールを決めたってこと。これ大きいよ。大きい違い。しかも、柏はこの試合まで2失点しかしてないわけで。大分の1点なんてスーパーだからね。崩されて得点されることなんてないから。素晴らしかったと思うよ。本当に。
松橋も落ち着いて決めてくれた。完璧なシュートでした。



選手、監督共に柏との差を認めつつ、それだけじゃない感じが試合後のコメントに表れてて良かったです。
南のブログも読みに行ったよ。日立台で勝ってやろうじゃないか!頑張ろう。


明日は鳥栖で試合ですね。ベアスタでは負け無しですが、あまり油断できません。
というか、明日の試合もってかれると今年勝てないってことになりそうで。
鳥栖は誰かのせいでメンバーが大幅に変更していますが、良い選手を補強していると思うし、去年に負けず劣らずのチームになっていると思います。衛藤が復帰してよかったよね。良いパフォーマンス見せてる。あとは、金民友でしょうか。開幕戦の仕掛けは衝撃的だったけど、スタッツあんまり見てなくて、左SB?ちょっとビックリした。攻撃的な選手だからハーフなんだと思っていたよ。彼を見てるとなんかチャ様を思い出すね。もし同じなら守備には難があるはず。イチに期待ですね。宇留野も戻ってきてますし、西森くん含め右サイドに期待。鳥栖のCBは強いですので、井畑と松橋にも期待。

とりあえず守備だな。柏戦でがっくり来る必要ないから。
セットプレーが2つとフランサでしょ?自信持って再度立て直してほしいね。
あと、藤田さんがまた良い感じで試合に絡んでくれればなと思っています。

vs 横浜FC in 三ッ沢

先週も気が気じゃなかったんです(笑)

totoが当たりそうで。
といっても、BIG1000なんですが。

ぎふううううううう

あーあ。



さてと…

先週勝ちましたね。すごい。ほんとすごい。
フワッと観てると横浜FCに攻められまくった感じもありますが、要所はしめた。シュート数見てもわかる。

得点シーンは、まず西。
井畑が奪い、松橋が開いてクロスに中央に走り込んだ西がGKかわして冷静に流し込む展開。パーフェクトな展開でした。相手DFは柳沢が中にいたけど、一人じゃ守るべきコースが多すぎてとてもじゃないけど、限定しきれない。オフサイドとりたかったみたいだけど、形的に無理。強いて言うなら、GKが突っ込みすぎたかな。突っ込んでくれたおかげでより簡単になったとは思う。

同点に追いつかれた場面は、筑城に粘ってほしかったなぁ。あそこは切り返しで引きはがされた時点で勝負あり。相手がうまかったのは間違いないけど、守備が持ち味の筑城だけに粘りたかった。

突き放したオウンゴールは拓ちゃんのキックが良かったよね。面白いボールが蹴れた。シルビーニョはちょっとかわいそうだったかな。頑張ったけど、裏目に出た感じ。

PKはよくわかんないよね。イチはなんもしてないし。主審何やってんだろ。大黒が外して結果には影響なしだったけどさ。あれは南に読まれたんじゃないかねぇ。とっさにヒットポイントずらしたようにも見えたけど。本人のみぞ知るところですね。



ゲーム全体としては、個の能力では完全に上をいかれたけど、横浜FCは攻撃に二の矢三の矢が飛んでこない感じだったので、なんとか守れたという印象ですね。今は調子悪いみたいだけど、今後チームとしてまとまるなら後半戦で当たる頃にはかなり強いチームになっていそうです。




さて、次節は明日、ホームで首位柏戦。
水前寺ということですが、晴れそうで何よりです。
今シーズン、個人的に柏は苦戦するかもなと予想してたんですが、やっぱ強いですな。一昨年の広島のごとき安定感。ただ、あの時の広島とは全く違うスタイルですが。
先日の柏vs鳥栖戦を見ましたが、フランサ不在の柏で最も警戒すべきはセットプレーとカウンターですな。セットプレーはキッカーがそろってるし、CBは強い、技術も高いから当然です。
カウンターは早かった。工藤や大津はワイドからの仕掛けも出来るし、裏の飛び出しもするどかった。何よりレアンドロからのパスが正確で困る。小さなミスが命とり。
DFのキーマンは小林とみてます。SBなのに彼のカバーの範囲が広い。足元もうまいからプレスもかわして攻撃の起点になるし。そういう意味では彼のサイド、こちらからみて左、西や筑城からいい仕掛け、早いクロスで逆サイドに走り込む選手に合わせたい。宇留野復帰かな?西森くんかな?フィニッシュの意識は強く持ちたいね。1トラップしてるまに追いつかれたりコース消されたりするからいけるときは思いっ切り行ってほしいよ。

あとはスタメン次第だよね。
井畑や藤田さんの使い方、松橋の決定力、南の恩返しセーブ…色んなもの積み重ねてやっと勝てる、そんなチームが柏。単純に守ってカウンターじゃ頑張っても札幌の1-1どまりだろうね。

両チームのスタイルから考えて、先制点が大きくものを言う試合になりそうです。どっちがとるか。いつか。

フランサも随分戻ってきてるみたいだし、終盤までもつれると怖いなぁ。できるだけ先手をとりたい。高木監督が選ぶスタメンや交代カードの切り方も注目したいですね。

楽しみですねぇ。
勝つとしたら前半終了間際に先制して、後半出てきたとこで追加点とるとか?
書いててあまりの都合の良さに笑える(笑)

とりあえずうちの守備陣がんばれ!
あと、レイソル守備陣を切り裂く藤田さんのするどいパスに期待!

vs ヴァンフォーレ甲府 in KK-WING

この試合、あまりしっかり見れませんでした…orz

テレビの前にはいたんですけどね。
結局、しっかりとは見直せないまま。

ついに、負けてしまいましたね。今季初黒星。
でも、失点も相手がうまかっただけですし、何が悪かったという感じもしませんでしたね。
負けてても、後半は早めの藤田さん投入でゲームの主導権はほぼうちが持ってたと思います。明らかにこれまでとは違う試合運び。去年のサッカーが見え隠れするパスワーク。

得るものは多かった。
やっとチームの引き出し見れたよ。
守ることは明らかに出来てきてるし、それが去年とは全く方針を変えたわけじゃなくて、きちんと守備にパスワークを上乗せしてる。まだまだなとこは当然ありますけど、所属選手の年齢やクラブの規模を考えても、良いペースで成長してるなと感じました。

甲府相手にゲームを作れたというのも大きかった。
相手は順位こそまだまだだけど、昇格を狙ってるチームだからね。
甲府戦前は上位チームとの試合に不安もありましたが、これは期待できる。


とはいえ、次ですね。
最終的な順位もおそらく次が分かれ道。
中位から1桁目指すならここは連敗しちゃいけんよ。良い調子できてての1敗目だからね。連敗すれば一気に持ってかれる。それが1番だめ。

踏ん張りどころです。

vs ザスパ草津 in 正田醤油

油断するとすぐ遅くなりますね(笑)申し訳ない。


とりあえず良かった。
選手たちが言っているとおり、今年は先制されても崩れないのが一番の成長だと思います。
先制したのは岐阜戦だけ。スコアレスの岡山戦を含めれば4試合は先手をとれてない。
にも関わらず、負けてない。誇るべき結果ですよ。

草津戦は前半に失点してしまうという新パターンでしたが、前半のうちに追いつき、後半しっかり逆転し、さらに逃げ切るとやるべきことをやってる。失点もオフサイドくさいしさ。でも、ああいう不利なジャッジに晒されたときは崩れることが多かったよね。この試合は崩れなかった。結局、福王がイエローもらったみたいだけど。落ち着いていたと思う。

ちなみに、今回のあれがオフサイドじゃないなら、去年のホーム最終戦・富山戦のコモのゴールは絶対オフサイドじゃないな(笑)
コモのをパスミスでオフサイドじゃないという解釈は(苦しいけど)できても、草津戦のはイチが触れたのはバックパスじゃないし、ってか、そもそも高田が裏にいるからジャンプしてるわけで、全くもってオフサイドでしょう。
あとは、ポジションだけ。正直、TVじゃ映ってなかった。逆サイドの最終ラインがどこなのかわかんない。全ては出てたらって話。まぁ中の選手があれだけアピールしてて、解説もオフサイドじゃないかみたいなイメージで、ベンチの藤田さんまでオフサイドでしょうって言ってるわけだから、たぶんオフサイドと思う。

とはいえ、ゴールはゴール。ジャッジがゴールなら覆らない。
事故の1点は常にある。高木監督が言っているこの言葉がこういう場面ではありがたいよね。


得点は矢野とただよのCBコンビ。素晴らしかったです。
矢野はCKから。西森くんが蹴ったんだよね。素晴らしいキックでした。
その前にCKをとった西のドリブルも素晴らしかった。彼のバネはすさまじいね。改めて思った。

ただよさんのロングシュートも圧巻でしたね。
あれはただでも枠に飛ばすの難しいのに、あの強風の中、しかも完璧なコースで。GKとれないよ。

あのゴールも前提があるんだけどね。ストーリーが作れます。
まず、草津が先制した後、草津のDFラインが下がってしまった。連敗してたから守りたいってのが強く出たのかな。
監督はずっと修正したかったみたい。前半から指示が飛んでいたようで。
草津のDFラインが下がったことでうちは中盤でボールを持てるようになった。草津中盤とDFラインの間にスペースが出来て、プレスがかけられないから。ピンチも増えた。同点弾に繋がる西のプレーもそういう状況下で生まれている。
後半、草津は修正してきた。DFラインをあげてプレスが強くなった。でも、DFラインを上げるってことは裏のスペースが大きくなるってこと。そこをカバーするのは現代サッカーではGKの役目。自然とポジショニングは前目になる。それを、ただよが逃さなかった。奪われ方も悪かったしね。

たらればがあるならば、草津が4戦4敗じゃなければ先制したまま良い調子で攻めれたのかもしれない、熊本が前半追いつくことはなかったのかもしれない、1点ビハインドの状態ならただよはあのシュートをチャレンジしなかったのかもしれない。

勢いの差なのかもしれないけれど、すごい微妙なズレが試合の行方を左右するような大きなズレになっていくこともある。もちろん上の説明は想像ですが、ただGKが前に出てたわけじゃない。ただよの技術もすごいけど、うちの調子の良さが存分に出たように思える。

まぁ何にせよ、素晴らしかったと思います。


あとは、高木監督の交代カードの切り方も面白かったよね。
今回はえらい引っ張ったし。もう少し早く切るかと思ったのに。
匠はいつもどおり。あと、山内と山下か。山下とか草津・梅井のパワープレー対策だし。
山下はなかなか試合に出れてないしね。ピンポイントの起用でも公式戦で経験を積めるってのは大きいと思う。
藤田さんが見られなかったのは残念でしたが。匠も山内も山下もやるべきことをやってたと思うし、控えに満足せずスタメンを虎視眈々と狙っている気迫もプレーに出ていたと思います。とても良かった。



あさっては、甲府戦。甲府もあまり調子良くないね。
戦力的には十分だと思うんだけど。なんだかちぐはぐな印象を受けています。
正直、今チャンスをもらえてない選手たちがプレーするとかなり危険な気がするね。
今までと同じようなスタメンならいいけど、2,3人替えてくるようならそれが一番危ない感じです。
途中交代が早くても同じ。とにかく気を抜けない。

甲府の場合、草津とは違って、早く失点したらゲームが崩れてしまう気がします。
粘って粘って失点しない。そうすることで、焦りとか不安とか出てきそう。
去年完敗してますし、波に乗せたら一気に来ると思う。
前節の鳥栖みたいに根気よく守っていきましょう。チャンスは必ず来る。

そういや松橋兄弟対決もあるかもね。
そう。優みたいな選手に出て欲しくないわけよ。片桐とか優とかこういうのが怖い。

まぁびびるのはサポーターだけでいいです。選手たちはのびのび闘ってきてください。
甲府を皮切りに、いわゆる「強豪」たちとの連戦になりますが、いい試合が見られるよう期待しています。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs FC岐阜 in KK-WING

遅くなりました。


この試合。不思議なもので、当日試合を観ていたときは「危なかった」「ぎりぎりだった」「ラッキーだった」みたいな印象を持っていました。内容的にドローが妥当だったのかなと。

岐阜の監督さんも似たような感じのようで、前半が今季1番の出来だそうです。
確かにピンチはありました。1タッチからの崩しもきれいに決まった場面もありました。

一方で、我らが高木監督は3月無敗であることについて「ゲームをコントロールしている」点を要因に挙げました。
もちろん今回の岐阜戦も含めての評価です。
それに、あれだけピンチだったという印象を持っていたのに、「チーム全体としての守備能力、狙い所などがフォーカスされてきている」とも。

どういうことだろうと思って、昨晩スカパーでの再放送をもう一度観てみました。それから更新しようと思って。


率直に言うと、高木監督の分析の方が合っていると思います。
岐阜が良かったのは前半の序盤くらいで、あとは中盤でのせめぎ合いが続き、橋本が交代してからはほぼノーチャンス。
唯一、押谷のシミュレーションくらい。あれは、本当はどうであったかは置いといて、PKとる人はとるし、とらない人はとらないくらいの微妙な感じでした。あそこはラッキーだった。何度も言いますけど、筑城がひっかけたどうかは別にして…ですよ。

あの場面以外は、まさしく狙い所が「フォーカス」されてましたよ。試合後の質問とコメント通りです。
外から見たら橋本や管に入るボールはけっこう多くてプレスがうまくいってない印象を受けましたけど、FWに入るボールはしっかりハードチェックできてるし、中盤からのボールも序盤はプレスのタイミングが悪くて岐阜のペースでしたけど、徐々にパスコースを限定し、パスカットが増え始め、その位置が少しずつ相手陣内に近くなってました。橋本や管に入るボールを奪えないなら、橋本や管から出てくるボールを奪おう。それを考えることや個人が実行することは比較的容易であっても、チームで実行することはなかなか難しいと思う。当然、戦前に高木監督が想定していて、その練習もしていたからこそでしょうけど。それにしても、素晴らしかったと今は思います。



攻撃に関しては、高木監督は「アタッキングサードでのプレーの質や判断」を課題に挙げてらっしゃいますが、個人的にはアタッキングサードよりミドルサードの方が改善の余地あると思いましたけどね。ゴール前より中盤の組み立ての方ってことです。
ゴール前に関しては、岡山戦では物足りなかったクロスにサイドハーフが飛び込む形も出来てたし(宇留野がフリーでヘッドを外した形)、ペナ内で何かをしようっていう場面は確かに少なかったですけど、吉本や秋田のように対人守備の巧い選手がいるときはミドルを増やして相手を引き出しスペースを作るっていうのも悪くないですしね。まぁ強いて言えば、枠内に飛ばすか枠外しても威力のあるシュートが多いと効率がいいですけど。
それよりかは、カウンターを発動させられたのにファーストボールの展開を失敗してチャンスを逃したり、前が呼ぶタイミングで出せなかったりの方が痛かったように見えました。
まぁ前線含め、受け手の動き出しが少ないとすれば、それはアタッキングサードの問題で間違いはなさそうですけど。少なくとも松橋は良いスペース見えてるし、そこを狙って動いてる。たまにそこは難しいよってこともありますが、出せればチャンスという場面も多いので。

これからでしょう。

とにかく守備がかなり改善されているのは大きい。
3月は良すぎましたから、今後、流れの悪い月もあるでしょうし、耐える試合も増えると思います。
が、守備が計算できるとセットプレーで勝ちを拾えるような試合も出てくるかもしれませんしね。
攻撃でガンガン点を獲るのがサッカーの醍醐味と言われますが、ねばり強い守備もけっこう面白いですから。
日本人ってバレーボール好きでしょ?しかも、外国人ほどのパワーはないけどスピードと技術で拾いまくるみたいなの好きですよね?そういうことですよ。え?ちょっと違う?(笑)


得点シーンは西のパスカットから。良い時間帯でしたし、落ち着いてよく決めてくれました。
ああいうシュート決めるのは西は抜群に巧い。ドリブル巧いからかな。タイミングつかめないんでしょうね。
秋田はパスがミスっていうより、その前にトラップをミスして焦ってしまったのが原因かな。本来DFの選手じゃないし(岐阜に来てからはDFばかりですが)、今野みたいな代表クラスの選手でさえ一昨年城福監督に最終ライン任されはじめたときは「パス回して欲しくない」って思うくらいですから、その焦りたるやいかばかりか。加えて、秋田は今シーズンからCBですしね。選手より起用する方の問題じゃない?織り込み済みでしょ。あのくらいなら。でも、対井畑では良いプレーしてましたからね。ほんと嫌な選手。もちろん良い意味で。

あとは、高木監督もおっしゃっているとおり、もう1点獲る力が今後は求められるでしょうね。
1失点は常にありうる。これも高木監督がおっしゃっていた言葉です。


最後はやはり藤田さんですよ。もっと観たい。
でも、藤田さんの出場が長くなるとしたら劣勢の時またはその試合の次の試合だからね。ちょっと複雑です。



さて、次節はアウェイで草津戦。
草津は調子悪いですね。メンバーを見る限り、そんなに悪くはなさそうですが。
去年は愛媛と共にスタートダッシュを決めて台風の目になりかけましたけどね。
ほんと明日は我が身。気を引き締めて試合に臨まないと。今がいいからって調子に乗ってると痛い目に合いそうです。

草津の監督の人事はなんだかうちと似ているし、昨年一昨年とホーム開幕戦の相手でしたから、ただならぬ因縁を感じています。
去年の第3クールは山内が大爆発して、6得点の快勝を納めました。
その後、うちは徳島に6失点の大敗を喫しまして、なんだかチャラになった気分ですが、草津側はそんなこと思わないですもんね(苦笑)
厳しい試合になりそうだ。

相手が良かろうが悪かろうが、とりあえず守備から。
今まで通りしっかり入って、勝利を収めたいところですな。期待してます。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。