ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs 東京ヴェルディ in KK-WING

またもどんどん更新が遅くなっていることに反省しております。


勝ちましたね。ホームでようやく。
個人的にも願をかけておいたので勝てて良かったです。

今季初の3得点。
得点力に難のあると言われる今年。今回の3得点は自信にして良いんじゃないですか。

全てサイドから。クロスの質こそ様々でしたが、全てサイドからでした。
うちがマルチ得点するときは、サイド攻撃がうまくいってるときが多いような気がするなぁ。
特に、今はファビオがいる。ヘディング巧いね。
前の前の退場した試合で外した叩きつけるヘディングも完璧だった。枠をとらえていれば完璧だった。
松橋も久しぶりの得点でしたが、ああいうDFの死角をつく動きは巧いよね。
あと、うちのCBは元々それなりに技術ありますから(笑)
矢野も巧かったけど、ただよが一人かわしてのクロスは巧かったな。ああいうこともできるねぇ。違うねぇ。


この試合は、みなが口にしているとおり、みんなで闘った勝利。初心に戻ったとか原点に返ったとか。
運動量を増やして、走りまくる。相手にポゼッションを渡しても問題ない。とにかく守備から。
らしい試合をしました。久しぶりに。吹っ切った感はありました。
このサッカーで今の位置にいるわけだから。これでまた結果を出したことは大きかった。

2失点については、選手や監督がしっかり反省してるっぽいから特に何も言うまい。
なんかメンタル的なことを言いたくなりますが、ヴェルディの攻撃の形が実っただけですし。ああいう形を狙ってずっと動いてたわけで。それがたまたま3得点のあとに2点来たという感じ。
もちろんそれまで防いでいたことを考えれば0で押さえれただろうっていうのももちろんあってしかるべきですが。

MVPは宇留野でしたか。攻撃では2アシストしましたし、守備にも奔走してましたからね。納得です。

それにしても、神城文化の森の藤田社長がくるときは熊本が勝つイメージがあるんだけど。
前回の時は藤田さんが決めて勝ちませんでしたっけ?
樺島知事とともに良いイメージがありますね。


明日は栃木。前半戦での対戦でもこういう順位が隣同士での対戦でしたね。
水前寺では完敗でした。リベンジしたいっすなぁ。
守り合いになると思うので、ロボにこじ開けられる前に何とかしたいですね。

最近、カレンがシュート打ててなくて、かわいそうな感じです。
チーム全体のシュート数が少ないんだけど、カレンに関してはシュートチャンスすら与えてもらってない。
相手にうまく守られているのか、うちのメンバーがお膳立てできていないのか分かりませんが、FWはシュートしてなんぼ、得点してなんぼなところありますし、栃木戦では是非とも決めてもらいたいね。

カレンが悪い訳じゃないと思うよ。守備もしてるし、チャンスメイクもしてる。
松橋のゴールなんかカレンがニアに走ってこそのフリーですしね。
そうやってやることやってれば、そのうちチャンス来るよ。

最後になりましたが、片山は良かったね。
うちは小柄なドリブラーに恵まれてる。若くて良い選手を獲得したなと思う。
これでまたサイドが強くなったな。アタッカー陣とボランチの働き次第では、得点量産期待できそうです。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs ジェフ千葉 in 福アリ

この試合の結果は、テレビ朝日放送のやべっちFCの中でJ2の中では唯一動画で放送されました(短いけど)。
週刊サッカーマガジンのJ2ページで毎節取り上げられる1マッチもこの試合でした。
今節は2位と4位の対決もあったのも関わらず。

それだけ注目された試合だったということでしょう。

ロアッソ熊本に対する県内の認知度は高いとはいえ、試合を見に行くだとか、結果を新聞で毎週チェックするとかそういうところまでいってないことは何となく分かっています。

でも、全国レベルのサッカー関係のマスコミが注目したこの試合、今季のロアッソ熊本にとって、おそらく最も大事な試合だったといっても過言ではないでしょう。それがいまいち認識されないままスルーされていることが、ロアッソ熊本のまだまだの証ですね。精進しなければいけませんね。


さて、試合ですが…

まず不運でしたね。アクシデントが2つ。誤審PKとオウン。
ただ、それがなくても勝ち目はなかった。そういう試合でした。

うちとしては、開幕戦のように守備から入って、カウンターで押し返す展開を目指していたように見えました。
相手のキーマンである谷澤やネットに仕事をさせない。これは前半良くできていたと思います。特に2CBは頑張ってた。ただよと矢野は成長著しいね。全体的に、守備は良かったと思います。南のファインプレーでしのいだピンチもありましたが、千葉の能力を考えれば、あれだけ持たれて前半0封ってのはなかなか素晴らしいと思いますし。

それに、思ってたんですよ。後半は攻めに転じるスピードを速くしてくれるのだと。

それが全くできませんでしたね。

とにかくダブルボランチが全く上がれない。
失点してからようやく吉井が前にいこうという姿勢を見せ始めましたが、全く足りない。
攻められてる時間が長いから、最終ラインが下がってて、ボランチもそれに引きずられて低い位置からスタートするのでなかなか攻め込めないのは仕方ない部分はあるけど、それにしてもだめだった。
両SBも効果的な攻撃参加は皆無。筑城はシュートが1つあったっけか。でも、攻撃を期待されての起用であるはずの西森が全く上がれず。もちろん1つ前の平木の動きが最近イマイチなのもあるし、バックとボランチで回す時間が長かったり、逆にカレンにロング1発だったりと、SBにとっては上がるか下がるかの判断がかなり難しい展開だったとは思いますが。

カレンが全く仕事できないとうなだれるのは、カレンの近くでプレーする選手が少なすぎるからで、松橋がスペース作って、そのスペースでカレンがポスト役になっても、その次がない。ハーフの守備から攻撃への切り替えが遅くて、カレン1人が相手に囲まれることの繰り返し。本来ならそこをハーフが拾って、サイドに展開するなり松橋に裏を狙わせるなりできたはずなのに。

その辺はなんとかしなきゃいけなかったですね。
中央は増やしたいけど、サイドも減らせないし、攻撃の枚数も減らすわけにはいかない。
どこか1つでも突破口があれば、良かったんでしょうけど。開幕戦はイチと西のサイド突破がけっこう決まってましたが。今回はサイドの攻防もフォロー無しの単騎駆けになってたし。いくら宇留野が巧くても2、3人に囲まれたら縦に進むのは厳しい。

前節ファビオが退場したのがここに来て響いた感じはありますね。高さで勝負できたのに。
藤田さんが入ってパスが回り出しましたが、そこまで0-0で粘れていればもう少し違った展開になったかなと思います。既にリードされている状態では、千葉も守備に重点を置いているのでスペースがないもの。


後手後手に回った感は否めません。千葉との力の差は感じました。
でも、確かに個の差はあったけど、そこを言い訳にしちゃうと、いつまでたっても上にはいけない気はします。
だいたい、個人で圧倒するサッカーは熊本サッカーの目指すとこじゃないでしょう。

ここ3試合勝ってないけど、それでもまだ1桁順位にいること、3位千葉との差は8だけど、4位から10位まではまだまだ団子状態。1つ勝てば大きく状況が変わる。そういう結果を出してるのは今のメンバーですから。自信持って欲しい。力の差上等。それでも、チームで勝ってやる。そういうメンタルで踏ん張って欲しいです。

ただし、現在9位ですから、その集団についていくにはもう足踏みしてるわけにはいかなくなりました。

次節は東京V戦。前半戦の東京Vは監督が替わったせいか、メンバーが変わったせいか、クラブのごたごたが影響したか、ともあれ東京Vじゃなかった。
でも、今は違います。最近好調。甲府を倒し、柏に初黒星をつけ…とにかく好調、とにかく強い。

今うち夏だから勝てないとか、動けないとかいう感じで見られてますが、普通に相手が悪いんじゃないかと思う。
好調草津に始まり、苦手岐阜、強豪千葉でまた好調な東京Vでしょう?ちょっと厳しいよねぇ。

まぁでも、乗り切らねば。こういうこともあります。

ホーム。ゴール。勝利。そういうことでしょう。期待してます。

vs FC岐阜 in 長良川

最近もやもやした試合が続きますね。

シーズントータルで俯瞰したらこの試合は勝ちたかったし勝てるチャンスはあったと言えるけど、この1試合のみをぶつ切りで評価するなら引き分けOKでしたね。

前半はあれだけぐだぐだだったのに、よく失点しなかった。SGGK南様々。
後半失点直後、すぐさまきりかえてゴールを奪ったカレン&藤田さんも見事。

この試合はベテラン組の活躍が光りましたね。


今回は個人よりチームがちぐはぐな前半という感じでした。
ボールを奪われたらそのまま高い位置でプレスをかけるのか、一旦リトリートして適正なポジショニングをとってからプレスにいくのか。

今季の熊本はどちらかというと後者。陣形を一旦コンパクトにしてから守備をスタートさせるというイメージ。
でも、この試合に関してはイマイチ意思が統一されてない感じはありました。

結果、プレスをかけても連動できず、中盤が整う前に相手のパサーに前を向かれ、最終ラインはいとも簡単に裏をとられる。
それが、ますます最終ラインのポジションを下げさせ、中盤との距離が広がり、スペースが出来て、前を向かれる。プレスがかからないし、セカンドもとれない。選手間の距離が広がったことで、パスも繋がりにくくなる。ボールの競り合いでこぼれたものもよりコンパクトな岐阜の中盤がかっさらい、建て直す前に連続攻撃をくらう。

前半は負のスパイラル。
今までどんな相手にもこういう展開は許さなかったんだけど。
守っていても、意図したプレーができていて、奪いどころがはっきりしてるのが熊本の守備のいいところ。

後半はずいぶん改善されたけど、今回の前半は十分に見直す余地がありそうです。


攻撃は草津戦に比べたらだいぶ良くなってましたね。
単純にシュートが増えたというのもある。
守備でリズムがつくれなかった分、1つ1つの攻撃が淡泊になったり、個人任せになったりすることもありましたが、それでも随分良くなった。

得点シーンは素晴らしかったね。
今季のゴールの中でもかなり綺麗に決めた部類に入る。
カレンが流れたスペースに入ってくる藤田さん。
あれはGKにはとめられない。
岐阜の虚をつけたというのもあるかもだけど、練習の成果が見えたゴールでした。素晴らしい。



最後に、審判か。
なんていうか、なんも言いたくないな。
自分で話題をふっておいてなんだけど(笑)
いくつかのイエローは正しかったが、いくつかのイエローに関しては間違っていたと思う。

まぁ実際のところ、審判が良いか悪いかは、判断の正否より正しい判断をしようとする真摯な態度にあると思うんだよね。
間違いは誰にでもあるのは分かってるけど、間違いを許容してるわけじゃない。我慢するだけ。
だから、せめてしっかりしたポジショニングをとってほしいし、選手と対等な態度でピッチに立っていてほしいなぁと思うわけで。

大変なのは分かるけどさ。
1つのジャッジが試合の行方を左右することは往々にしてあるわけだから。



さて、明日は千葉。
昇格を意識するならこの試合は落とせない。
まだまだ試合は続くけど、昇格するという目標を達成したいなら千葉に負けたら終戦だと思っている。

個人的には、単に1つの試合として勝ってほしいと思っているけど、昇格はまだまだ高いハードルだなと思っています。
クラブにも、選手にも、サポにも、まだまだやっておかなきゃならないことがたくさんあると思うので。

もちろんJ1に上がりたくないわけじゃないし、上がってほしい気持ちはあるし、心から応援してるけどね。

明日の千葉戦で、熊本だって昇格に相応しいチームなんだよってとこ見せてくれると腹くくるんだけどなぁー(´∀`)

vs ザスパ草津 in KK-WING

まだ水曜日…と思っている自分はかなりダメブロガーだと思われます(笑)


それにしても、完敗でしたね。草津強かった。

中断明け後、初のホームゲーム。応援もかなり気合い入ってた。すごかった。
ちびっこたちが夏休みに入って、今季初のナイトゲーム。8000人超えて、9000人近く。
芝張り替えのため、ひさしぶりのKK。綺麗なピッチだったね。芝の手入れの人ぐっじょぶ。

そう。なんたって久しぶり。お膳立ては整った。
チームの調子が良いのを目の当たりにしながら、ようやく我らがホームスタジアムで観戦できるというのに。

完敗でした。

久しぶりに手も足も出ずな試合しちゃったね。
うちのだめっぷりもさることながら、草津がとても良かった。
ここ何試合かとてもいい。何より走ってる。一生懸命走ってるのが良いね。
去年、一昨年の強かったときの草津っぽい。
そして、副島監督はやはり名将だなと思った。来年の草津、けっこういいとこ行くと思う。


さて、相手を褒めちぎっても仕方ないので、自チームの感想に移ります。

まずディフェンス。
失点は1だけど、あまり良くはなかった。
最終ライン個別の問題はそれほど大きくはなくて、中盤との連携の部分だと思う。
というか、単純に草津に走り負けたのが痛かった。タフさもさることながら、切り替えの速さで完敗だった。
平木と西の奪われ方も悪かったの多かったし、それで中央の2人のポジショニングが崩れ、前半は走って戻れたけど、後半はさすがに厳しい感じだった…いや、前半の終わりから厳しい感じはしてた。

あとは、想像だけど、前節富山を完封したこと+ソンジンは前回出場の時もチームが無失点(実況の山崎アナ曰く)だったから、スタメン起用だったのかな。これが裏目に出た感はありますね。
失点は堤のクロスへのチェックと言うよりソンジンのマークミスといいますか、ラフィーニャに2人つられてしまったのは声かけのミス。草津の巧さをあえてスルーすれば、やっぱりファーにいたソンジンが後藤の動きをケアしなきゃいけなかった。南とただよにはどうしようもない失点。まぁ数的に同数だったので、突き詰めていくと、筑城が上がっている状態で安易にボールを失う中盤のミスが一番の原因であると思いますが。
それ以外でも、ビルドアップのミスも多かったしなぁ。ソンジン。元々足元の技術はあるタイプと思っているので、残念でしたね。
もちろんソンジン1人が悪い訳じゃないですし、矢野が出てたら防げたかと聞かれても、それはそこにいないと分からないとしか言えません。結果論です。


攻撃面も結局、草津の中盤に走り負けた結果、セカンドボールの奪取率も低かったし、パス回しもリズムが悪い。そのせいか丁寧に繋ごうとしすぎて、シュートが少ない。それでも試合の入りはなかなか良かったんだけど、うちにポゼッションがある展開だったので、サイドに開くことが多く、クロスは入っても工夫が無くて、跳ね返されるという状態が繰り返され、リズムが徐々に悪くなって前半終わりには草津に完全に押し返された。

これも難しいんだけど、一概にFWのせいにもできないかなと思う。
良いボールを供給できなかったのは、後ろの責任だし。安全にバックパスも悪くないけど、どっかでテンポ上げる縦のショートパス入れなきゃいけないし、入れ替わりで下がっては裏へ、下がっては裏へと動いてるカレンや章太にボールが入らないのを見ているのはけっこうつらかったですよ。

もちろんFW、特に章太には奮起してもらわないといけない。
前節は怪我的な交代だったけど、今回は明らかに「カレン残し」だった。1点ビハインドの状態から攻撃的にいくってなったときに、2トップの残った方がエースだと思う。頼れるエースならあの場面で交代させられたりしない。チーム得点王は章太であるのに、交代させられた。コンディションとか戦術とか色んな事情があるかもしれないけど、エースってだけで吹き飛ぶものだと思うし。「カレン残し」っていうカードの切り方に一番奮起しなきゃだめだよね。でもって、ファビオ・カレンの2トップがまた意外とはまりそうだったからね。このままファビオ・カレンのスタメンもあるかもしれないなとフッと思ってしまった。

富山戦のプレーはすごいよかったし、こっからはまってくるものだと思ってるから、章太には変わらず期待している。
でも、もうそろそろ正念場というか、エースの意地みたいなもんをみせてほしいなぁと思っているよ。



まぁ今回の試合の敗因を簡潔に言えば、走り負け、これに尽きる。攻守にわたり圧倒されたのは走力で負けたから。

熊本は毎日暑くて大変だし、夜だってクーラーつけなきゃ寝られない日がしょっちゅうだ。
でも、ここは我らがホームタウンなんだしさ。利点のはずなんだよ。アドバンテージにしなきゃいけない。
暑いからっていうのは、走り負けの理由として最も恥ずかしく、そして最も寂しい。熊本県民としてはね。

大変なのは分かってる。でも、観客を沸かせるプレーをしてもらわないと困る。
技術的にはワールドクラスには劣っていても、気持ちをみせれば絶対に湧く。
90分終わって、ピッチの11人が笑顔でへたばる瞬間をサポーターは心待ちにしています。

次こそ。次のホームの試合こそ。



プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。