ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第13節 vs ジェフユナイテッド千葉 in 水前寺

いつも引き分けの試合は負けないかどうかでドキドキする。
1点とればリードっていう気持ちもあるけど、それより守備にハラハラしてる方が強い気がする。


でも、この試合は違ったなぁ。
早い時間にリードされても何か余裕がありました。
得点できる感じというか失点しない感じというか。

普通、アグレッシブにいけば当然リスクは高まるはずなんですけどね。
守備の安定感は素晴らしかった。千葉にシュート5本しか許さなかったことは誇れるね。

拓ちゃんを左SBに置いたのも奏功した。左から右へロングパスでのサイドチェンジを考えると、拓ちゃんとイチの組み合わせは最善。
北野監督時代にほぼ1シーズン、拓ちゃんがSBを経験してたことが活きたね。
まぁかといって、今後も続ければいいとは思ってないけど。
結局、研究されて拓ちゃんに早くプレスをかけられれば終わるからね。実際、千葉は後半しっかり修正してきましたし。
1オプションとして面白い布陣という感じ。


他に、攻撃に関しては、長沢が良い感じなのは言わずもがなですが、のぞみくんがよかったね。あのミドルは魅力的。高木監督の構想の中ではFW起用みたいですね。1点とれば化けそうです。


守備に関しては、失点の場面を除き、非常によかった。特に矢野。チームとしてのオーロイ対策もはまってたけど、局面局面では矢野と廣井がよく頑張ってたと思う。オーロイのコンディションがいまいちっぽかったのもあるかもしれませんが、90分何もさせなかったことはすごいと思う。

失点の場面については、竹内のマークについてたエジの責任でもあるんだけど、あのライナーのボールは落下点読みにくいしね。見た目以上にやっかいっぽい。
ただ、オーロイ対策と共にミリガンのロングスロー対策もしてるって話だったからね。警戒してた形で見事にやられるというのは少々残念かな。


まぁ勝ててないってのはあるので、この良い試合を是非とも次につなげてほしいものですね。善戦した後の試合はイマイチってのもよくありますので。


次節はアウェイで横浜FC戦。
怪我人が多いせいか、あまり波に乗れてない横浜FCですが、オフに良い補強できてますし、選手のクオリティは上位クラス。
油断せずにしっかり闘ってほしいですね。
今季アウェイ初勝利を期待してます。
スポンサーサイト

第12節 vs 水戸ホーリーホック in K'sスタ

勝てなくて残念が半分、負けなくて良かったが半分。
試合後、南がコメントしているようにこういう試合をモノにするのはすごく大事。昇格するのに必要なこと。
一方で、高木監督がコメントしているように試合をコントロールしていたのが水戸だったとしたら、負けなかったことはすごく大事。これまた昇格するのに必要なこと。

どう見えたかはそれぞれだと思います。
当事者がそれぞれなんだしね。


決めるチャンスはいくつかありました。
最近の試合は前半シュートの意識が低く、後半上がるイメージ。前半シュート3本は少ないね。CKも0。せっかくの高さ活かせてないね。クロスは上がっても中が揃うの遅かったり、芝のコンディションが悪いとボールコントロールのミスが増えたり。観ててモヤモヤする時間帯も多かったように思います。草津戦と同じ感じかなぁ。

後半はだいぶ良くなったけど、それでも無得点っていうのはね。残念でした。


守備に関しては、とりあえず言うことはないんじゃないかな。
今節もただよはスタメンではなかったので、最終ラインからの組み立ては苦労してたみたいだけど。
たまに危うかったりするけどね。クロスを前で触られるとか競れないとか。特に深い位置でのスローイン対策はきちんと見直しておいたがいいと思う。何度か相手にうまいことやられてた。
それでも、エジと拓ちゃんが1番危険なとこを摘み取るのが早くて助かってる。ほんとこの2人のボランチは安定してる。



選手個人に関しては、宇留野が戻ってきましたね。決定的な仕事はできませんでしたが、サイドから仕掛けたりCKとったりと役割は果たせてた気がします。今は仲間くんがスタメンですが、ちょっと油断してたら宇留野くるね。これは。やはりうまい。良い競争してほしいですね。



次節は首位・千葉。
今年はオーロイという絶対的なターゲットマンを獲得。
それに合わせるように、深井や米倉、青木を配置。戦術がシンプルになったけど、それがとめられない。
また、ミリガンのロングスローがかなりやばい。ライナーでとんでくる。これまたオーロイとのコンボが絶妙。

今年おそらくJ1に復帰する千葉。
来年は広島・C大阪・柏に続き、きっとJ1を席巻するであろう千葉。
彼らとどれくらいの差があるか。実力をはかるには最適な試合になると思います。
まず得点を奪う。そして、あわよくばオーロイの居る千葉に勝ちたい。ホームだしね。
是非ともアグレッシブな試合をしてほしいものです。

第11節 vs コンサドーレ札幌 in KK-WING

2戦勝ちなしという状況を受けてか、単に連戦の疲れを考慮してかは分かりませんが、システムを変え、メンバーを変えて臨んだ札幌戦。結果が出てよかったですね。

1ボランチが悪いとは思いませんが、去年やってたということもあって、2ボランチはやっぱり安定感あるね。
2トップもスカパーによれば、長沢と仲間を縦に並べる形。去年と同じ。相手が調子悪そうだったのもあるけど、こちらも思いのほかスムーズだったように見えました。

まぁオプション的な位置付けでいいと思うけどね。
今年は攻撃的にいくって決めて、トップを横並び、中盤をダイヤモンドにしたわけだし。得点に関しては、結果が出てるわけじゃないけど、新しくやりはじめたことだし、継続は力なりってことで。長い目で見る必要はあるかなと。


個人としては、まず、おかえりエジ!ってことですかね。やっぱり貫禄といいますか、気の利いたプレーするよね。今年は拓ちゃんの調子もよさ気なので、いい感じです。今年のボランチはアツい。

あと、武富アシストおめでとう。
あのアシストはかっこよかったなぁ。前に途中出場したときのドリブルが異次元な感じで、楽しみにしてたけど、やっぱり上手いね。
長沢にしても、武富にしても、廣井にしても、今年のレンタル組はすっとチームになじんでしっかり戦力になってるなぁ。今までより即戦力っていう感じがよく出ている。もちろん今までレンタルで来てくれた選手たちもうまい選手ばかりだったけど。池谷GMが補強に自信持ってただけのことはある。

守備に関しては、南はさすがとして、ただよの代わりはまだいないな。矢野も頑張ってたけど、最終ラインのパスミスはおそろしい。去年はそんなに目立たなかったのになぁ。やはり攻撃的にいこうとしてるからだろうね。
ソンジンは前節よりは随分良くなったと思うよ。攻撃も守備も。筑城や西森とも競り合いながらレベルアップしていってほしいね。砂川に足踏まれたときはやばいかと思ったけど。韓国Uー22合宿でも頑張ってほしいね。


次節はアウェーで水戸戦。
まだまだ余震が続いていることは不安ですが、そんな中でも水戸の選手たちは頑張ってるんですもんね。すごいと思う。
けど、負けられない。負けたくない。なんとなく気持ちで負けたような気になるから。
今年は本気でJ1目指してるんなら、たとえ技術で負けたとしても、気合で負けないチームであってほしいです。

第10節 vs ギラヴァンツ北九州 in KK-WING

得点がとれんなぁ。

チャンスがなかったわけじゃないんだけど。
イメージとしては、あちらを立てればこちらが立たずという感じ。
素早いカウンターでは中(フィニッシャー)が間に合わない。時間をかければ崩せない。
言ってしまえば当たり前なんですけどね。
そういう繊細なバランスを自分達に有利に傾けるのは、局面を打破する個人の能力だったり、微妙なポジショニングだったり、監督の授ける妙案だったりするわけで。そして、それには必ずリスクが伴う。

北九州戦でピンチがなかったことは守備陣はじめ、チーム全体の頑張りを称賛すべきなんだろうと思う反面、点をとるためのリスクマネージメントは適切だったのだろうかとも思う。

他の戦評や選手が振り返っているとおり、左からの攻めが多かった。右からの攻めは少なかった。
左のソンジンがSBの役割を無難にこなしたというべきか、熊本の武器の1つ、イチの攻撃参加をうまく使えなかったというべきか。
その時は思わなかったけど、今となっては左を攻めさせられた感さえあるね。

縦のポストは相変わらず長澤で勝ててるけど、長澤にヘディングシュートをうたせるようなチャンスはそれほど作ってない。作ったときはチャンスになってるよ。

うちの中盤は地味にうまい選手が揃ってると思うし、ロングとショートをうまいこと使い分けたい。
ロングだって、高さの長澤とスピードの仲間が組んでるわけだし、頭を狙うのと裏に蹴るのと分けていきたい。
ショートは足元ばかりじゃなくて、スペースをうまくつかってボールを繋ぎたい。


今節よかったなぁと思ったのは、根占かな。今節だけじゃないけど。うまいなぁと思う。大迫もいいよねぇ。ほんと結果だしてほしい。
あと、武富の初スタメンおめでとう。面白い動きしてたけどね。スタメンに相応しい働きはしたと思う。もっと得点に絡む感じでプレーしてほしいよね。

いまいちだったのは、ファビオになっちゃうのかなぁ。点とってほしいんだけどなぁ。去年の方がシンプルにやってた気がする。ポジションの違いかねぇ。ガンバって。


次はホームです。札幌。
去年の最終戦はひどい負けだった。あの借りを返したい。
今年は守備がかたいね。一方で得点力では苦戦してる模様。

去年は連戦であまり勝てなかった。
今年の初の連戦も負け・引き分けときてる。最後は勝ちで締めて、今年は違うぞってとこを見せてほしいですね。期待してます。

第9節 vs ザスパ草津 in 正田醤油スタ

結果は残念でしたが、前節よりは安定してたような気がしたのは自分だけでしょうか。

点はとれなかったけど、チャンスはあったし、守備は明らかに整備されたように見えました。
芝生のせいか、コンディションのせいか、単に技術のせいなのか、繋ぎの部分ではミスが多かったですが。

しかし、課題もたくさんでました。
攻撃に関しては、繋ぎの部分もそうですが、最終ラインから長澤という攻めが多すぎた。長澤はうちの武器だし、確実に勝てる局面で勝負するという考えは正解だとは思うけどね。
結局、CBから頭で競り合うボールばっかになっちゃったし。前半は、あのイチでさえ、上がるタイミングがほとんどなかった。中で時間つくれなかった。草津のバランスが良かったともいえる。
筑城はあれじゃダメだよ。失点場面でのミスもだけど、もっと攻撃を意識してくれないと。後半、うちが攻勢の時間ですら、拓ちゃんが上がれと手で合図しなきゃいけないようなポジショニングしかとれなかったのはダメだよね。

途中出場の斎藤と大迫はそれぞれ特徴は出せてたと思う。決定的な仕事して、次に繋げてほしかったけどなぁ。田中は時間少なかったから何とも言えないけど、とりあえず初出場おめでとう。

熊日朝刊で長澤が言ってたように、効果的なミドルシュートも増やしたいね。片山も根占も拓ちゃんもミドルうまいしさ。

ま。この課題の大部分は後半に解決できてたけど。
後半のただよのフィードで低くて早い長澤の足にバシッと入るのがあるんだけどさ、あれかっこよかった。あのキックで小一時間は雑談できる(笑)

守備に関しては、あんまりない。
結局、前節のうちが草津、岐阜がうちって感じ。
といっても、そんなピンチだったというイメージもない。
中盤の足も動いてたけどね。前半は草津のホーム開幕戦という熱量に圧された感じでしょうか。後半もきっちり走れてたのは良かったと思う。

あとは、ただよのイエローはちょっと厳しいんじゃないかって思ったけどな。似たような草津のチャージはファウルさえとってくれなかったし。
日本はショルダーチャージに対するファウルのラインが厳しすぎると思う。


そのくらいかな。

次は北九州戦。ついに勝ちましたね。しかも、好調愛媛に。しかも、3ー0。
とにかく連敗はしたくない。GWの今年初の九州ダービー。大事な大事な試合になりそうです。



プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。