ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第25節 vs 徳島ヴォルティス in KK-WING

もう本日は試合なのですね。更新どんどん遅くなってます(汗)


それにしても、今年を象徴するような試合でしたね。
上位チーム相手には自分たちのペースで試合ができない。
失点は南が弾いたところから。

なんとか粘れてた頃は引き分けに持ち込めてたけど、6試合未勝利の時はほとんど点がとれず。

去年の結果を受けて、攻撃力を上げるための中盤ダイヤモンドのはずなんだけど、中盤で2点以上決めてるのは根占だけ。というか、長沢以外の得点源がない。
攻撃はイチの攻撃参加がなければ立ち行かない。
せめてセットプレーくらいは相手の脅威になれるといいのに。

逆に守備は最近セットプレーでやられる。南はよく止めてると思うけど。最終ラインの押し上げが遅いとかチェックへの瞬発力が足りてないとかそういうのはよく見かける。


それでも、大分戦や千葉戦でみせたような運動量で素早い攻守の切替、連動したプレス、高いセカンドボール奪取率を維持できていれば、良い試合はできてました。結果もついてくる。

この試合のポイントは徳島の美濃部監督がコメントしていたとおり、セカンドボールの奪い合いが大きく試合の展開を左右したようにみえました。
技術でも負け、運動量でも圧倒できないとなると仕方ないですよね。

ポジティブな部分があるとしたら、控えの底上げは叶いつつあるということでしょうか。
初スタメンの田中や久しぶりの筑城、エジや根占の出場停止でチャンスをもらってる西森や吉井。仲間や武富、大迫、ソンジンあたりの若手も試合に絡めるようにはなってきてる。今日は大卒ルーキーの斎藤がスタメン予想されてたしね。
得点やアシストという目に見える結果は少ないものの明らかにJ2のレベルで闘えるようになってきたといいますか、試合で自身の特徴を示せるようにはなってきてます。
監督もスタメン固定せず、バランスよく起用してるなぁと思って見てます。


そういう意味では、少し長い目で見なきゃいけないのかなぁなんて思ったりもします。
まぁここのところあまり勝てていないので、若干弱気になってる感は否めませんが(苦笑)


なんにせよ、昔も今も「一戦必勝」は変わりません。
目標はどうあれ、調子はどうあれ、目の前の試合に勝つこと。
その目的はプロチームである限り絶対なはずです。

今日の相手は個人の能力の高い東京V。順位以上の難敵です。開幕戦はうちが勝利してることもあって、相手の方が気合い入ってそうです。
けど、負けられない。もう連敗はしたくない。
そういう気持ちはあるけど、今はただ、結果や技術以上に気持ちの入ったプレーを切望します。

がんばれ。
スポンサーサイト

第24節 vs 大分トリニータ in KK-WING

今週は余韻に浸ってました。勝利の余韻に。
やっぱね、勝つっていいね。鬱々としたものがはじける感じ。
相手どうこう、勝ち方どうこうじゃないです。

勝つっていいね。



前節はもうだいぶ昔のように感じられますが、おぼろな記憶をなんとか引っ張り出して書いてみます。
間違ってたらごめんなさい。

前節は前半からわりと良かった。
試合後の監督や選手のコメントで「前半から飛ばしていく」っていうのがあったけど、まさしくでした。
つっこみ気味で入った前半は0-0。
見てたときはそんな気持ちで試合に入ってるなんて知らないから「お。今日は強いな。」なんてのんきに思ってた記憶があります。運動量が多かったので、攻守に主導権を握る展開。岡山戦ではボロボロだった守備ラインも、ミスはあれど、よく立て直したなという感じ。岡山戦のレポートでも書いたと思うけど、菅沼にはポテンシャルを感じる。連携や判断のミスはある。普通よりも多いと言っても良いと思う。技術もとてもあるとは思わない。けど、これが荒削りの状態だとしたら面白いなぁと思うね。若き日のただよを思い出します。矢野やただよが出れていないのは気になるけど、使うこと自体は悪くないかなぁ。相棒は体格的にソンジンなのかなぁと。ロアッソの未来を担うCB陣ってことになればいいですね。矢野、ただよも頑張れ。

ただ、ニッシにはやられまくりましたね。彼と2年も同じチームであったにもかかわらず、あんだけ好きにやられてはダメでしょう。それだけすごい選手だったっていうのもあるかもしれませんが、それでも対策は十分立てられたはずですし。今回は得点もアシストも決められてないのでよかったですが、ちょっと気になりました。まぁニッシが元気そうでなによりですが。

攻撃もまずまず。組み立てもしっかりしてたし、イチの上がりもうまく使えていたと思います。中盤よかったね。吉井と西森が今節はすごい良かったと思う。特に西森かな。運動量もですが、以前は引いてきてボールを動かすことのみに終わることが多かったですが、前の方にも顔出す回数増えたし、サイドの突破、シュートもありましたしね。この調子でどんどん勝負していけば良いと思います。ここが正念場。スタメンに定着してしまえ!
左サイドから一発で逆サイドのかたちはなくなりつつありますが、中央をうまく中継しながら右サイドのスペースへ展開するプレーはおおくみられました。大きなサイドチェンジよりは遅いですが、ショートを積み重ねる分、成功率も上がりますし、中央のアイディアで右サイドを囮にしながら他の選択肢をとることも可能です。そういう長所をいかして精度、スピードを上げていきたいですね。


まぁでも、後半に先制されたのは痛かった。
見てる方も気持ちが折れそうだったのに、選手たちはよく耐えましたね。地味にすごいと思う。
最近の試合展開からしても、今年は逆転勝ちがなかったことからしても、けっこう絶望的な失点でしたけどね。

ただ、今節はもう引き分けはいらない!って感じでしたよ。見てる方は。
連敗してる。勝ち数より引き分け数の方が多い。そして、6試合勝ち無し。
飢えてたんでしょうな。勝ちに。そして、それは選手たちも同じだったんでしょうな。

長沢の同点ゴールは非常にクオリティの高いゴールでした。
良いボールがきたとはいえ、角度も厳しかったし、DFもいた。それでも、ボールを受けたときに肩で一旦相手を弾いて、コースを狙ってシュート。確かヒーローインタビューでは、ゴールの位置は確認してなかったけど、感覚で…みたいなことを言ってた記憶があるんだけど。まさにストライカーのコメントですね。派手さはないけど、上手い。清水の人たちがみたら、きっと長沢の上達を分かってもらえるようなゴールだったと思います。

そして、アディッショナルタイムの逆転弾。
イチが決めるわけだけど、イニョンも長沢もよくつめてたし、ああいう泥臭いゴールは久しぶりな気がします。1点は1点。展開的には最高の1点。同点ゴールは対照的だけど、どちらも素晴らしいゴールでした。それにしても、なぜあそこにイチがいたんだろう(笑)ゴールが決まる直前にクリアされかけるんだけど、それをヘディングで押し戻したのがイチでした。あそこに走りこめるってのがすごいよね。さすがです。ずっとただよがミスターロアッソだと思ってたけど、そろそろイチがミスターロアッソになっちゃうんじゃないかと思い始めてます(笑)


この試合は、大迫もよかったし、片山もよかったし、イニョンもよかったし。
エジやイチや南がいいのは毎度のことなんだけど、大分戦はその他の選手たちの頑張りが目立ちました。
ま。試合を決める人はいつもの人たちなんだけどね。
でも、そういう大なり小なりの活躍があってこその逆転勝ち。決定的な仕事の前段階で、小さくて地味な仕事を積み重ねてる選手たちによく目がいく試合だったなと思います。


次はエジと拓ちゃんが出場停止という状態で、徳島戦。
徳島にはあまり良いイメージはないですけど、ここは簡単に落とせない重要な一戦です。
今節のような粘りで、是非とも勝って欲しいものですね。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


第3節 vs ファジアーノ岡山 in 岡山

なんかもう絶望的な試合だったね(苦笑)

正直0ー3までは「内容に点差ほどの差はなかった」みたいな感じかと思ってたけど。4失点無得点じゃね。元々3失点なのに「差はない」って書いていいのか自問自答してたのに。

とりあえずCB2枚替え、しかも1人は実力はあるかもだけど試合経験のない若手、ってのは劇薬すぎた。1失点目は菅沼のミスだったし。あのクリアはないな。菅沼自体はトータルではそんなに悪くなかったけど、ソンジンとの連携(もしかしたらソンジンとだけではないのかもだが)はいまひとつ。お見合いやマークの受け渡しミスも散見した。
まぁこれからの部分もあるね。頑張って。


問題は攻撃陣だな。
3試合無得点は由々しき自体。
全体的に運動量も落ちてるし、技術的なミスも目立つ。フリーで蹴るクロスやスルーパスが合わないとかほんとやばいですよ。
今年は調子の良かった時期も含めて、後半の得点が非常に少ない。逆転勝ちも未だ無し。去年掲げてた「残り15分での得点」とか「90分間走りきる走力」とかどこいった?
前節のビルドアップの問題はエジが気の利いたポジション取りをしたり根占がいたことで少しは解消されてたけどね。今度はシュートを打つまでに至ってない。根占やファビオみたいに多少強引でもシュート打とうする気迫が前半は全く感じられなかった。
武富はバイタルで仕掛けるのはいいけど、仕掛けっぱなしも目立った。宇留野もあった。危ないカウンターに繋がるミスが前半からいくつかあった。
長澤は最近足元でのミスがやたら多い。前は胸トラップで足元におさめる場面も何度かみられたけど、最近はほぼ0じゃないか?マークきついのもあるだろうし、ピッチの問題もあるかもだけど、そこを捩じ伏せてこそのエースですからね。まだまだ物足りない。
片山はまずまずだったと思うけど、後半のフリーで上げられるクロスが微妙だったのはがっかりした。

そして、何より問題だったのは岡山のイチ封じがガッチリはまってたことだね。
今節イチがサイドをえぐってクロスを上げる場面は0だったような気がするけど?
拓ちゃんからのサイドチェンジは読まれてる。ショートパスからのワンツーで裏をとらせないような守備もされてる。えぐらせなければ多少フリーでクロスをあげさせても中で跳ね返せるから怖くない的な。
イチのポジションどりはずっと高かったけど、それを下げるようなマイナスのショートパスしか出してない。ショートパスなら裏に出せた場面もあったんだけど、他の選択をしたり、その1つ前でトラップミスして相手に追いつかれたり。
前節だったか前々節だったかもかいたけど、イチの上がりはうちの1番の武器だから。ただでも攻撃力は厳しいのに、そこを封じられるとどうしようもない。
もっと活かす術はあるんじゃないか?拓ちゃんのSB起用やシステム含め、なんかしら手をうたないと。今は人の問題じゃない気がするよ。人があっての戦術であり、システムだしね。少なくとも高木監督はそういうチームを作れる人だと思いますが?


次節は久しぶりのホーム。3戦3分けの大分とのバトルオブ九州。
厳しい試合になりそうですが、地の利を活かして頑張ってほしいものです。

昇格の可能性はまだないわけじゃないけど、この3試合で限りなく0に近いとこまできたと思うし、ぶっちゃけ昇格しても闘えないと思うので、こっからはまた1つ1つ上を狙うチャレンジャーの気持ちで戦ってほしいです。当面は去年の7位以上ですかね。

長いシーズンこういう時期もあると思うし、選手スタッフにも、サポーターにもうまく切り替えてもらって来週の試合に臨んでもらいたいものですね。

第23節 vs 湘南ベルマーレ in 平塚

前回は速攻、今回は遅攻と使い分けました(キリッ
…って、単にサボりですね(苦笑)


連敗かー。きついなー。
F東京には力負けでしたが、湘南には対策されての負けって感じでしたね。

解説の人がしきりに言ってたように、うちの最終ラインからの組み立てが非常に遅かった。
単純にただよや矢野が悪いって言うよりは、ボランチやSBはもちろんのこと、FWの受け方さえも問題でしたよ。
例えば、吉井。西森の方が派手に奪われてピンチに絡んでるから目立ってたけど、吉井は完全に消えてたよね。言いかえれば、西森はビルドアップに参加できてるからまだ良いとして、吉井は参加さえ十分にはできてないってことじゃない?ボール受けても1タッチでもどして、そのまま上がったりしてたし。もっとビルドアップの手伝いした方がよかったようにみえました。縦には動いてたけど、横の動きは少なかった感じ。まだまだ根占には及ばない。

例えば、拓ちゃん。3バックになってからはまだよかったけど、エジが最終ラインに加わってボール回しする今の戦術で、ビルドアップ開始時にほとんど高い位置をとらないってどうなの?そりゃあ、市村レベルで駆け上がれとは言わないけど、逆サイに蹴る一辺倒じゃ活きないよね。イチも。拓ちゃんも。西森と吉井のポジションどりからして、SBにはもっとダイナミックに前に行ってほしいなぁ。裏は3人いたらカバーできるっしょ。

例えば、前の3人。自分達の受けたい形にこだわりすぎてたような。松橋と武富はとにかく相手のSBの裏でもらおうとしてたし、長澤は真ん中付近でヘディングで競り勝つ準備だけしてた。1つ1つは悪くないし、長所を活かそうとしてるのは素晴らしいと思うんだけど、3人のコンビネーションとしては全くダメにみえました。連携して崩せたのほぼ0じゃなかった?だれかが受けにきて、そのスペースを狙うとか、3人の距離感とか今一歩な感じ。ただ、はまれば面白そうな感じはするけどね。長い目でみたいとこだけど、もうシーズンも半分だしね。悠長なことは言ってられないもんなぁ。


しっかり準備した守備が崩されることはあまりなかったと思う。セットプレーとカウンター。前者はともかく、後者はビルドアップのミスからが多かった。相手の最終ラインへのプレスはそんなにきつくなかったにも関わらず。西森と吉井は狙われてた。根占不在を突かれたというイメージ。なんか悔しいね。もっとできると思ってるしさ。


頑張ってたのは、まず南。ゴールを許したとはいえ、ファインセーブ多数。南じゃなけりゃあと2、3点とられてたかも。
あとはエジ。すごい。サッカーあんまり知らないうちの母親がベタ褒めする。ピンチには常に顔を出すから。ボールを失わない競り方もうまいなぁと思う。
あと、イチ。SBにして、うちの攻撃の核。今はイチの上がり以外に攻撃の形がみえない。クロスの精度がもう少しあれば、すごいことなるのにな。まぁあんますごすぎても、それはそれで別に心配の種ができるわけだけど(笑)
最後はウル。久々みたけど、よかったよ。ビルドアップへの関わり方、右サイドでみせた切り返しからファーへのクロス。プレーの質は高かった。去年もこの時期くらいからスタメン取り返してすごい活躍したんじゃなかったっけ?もっと試合に絡んでほしいなぁ。


今回はそんな感想ですね。
湘南の、そして反町監督の老獪さにやられた感じ。


日付かわって今日は岡山戦。3戦連続アウェーはつらいね。岡山はホームで強いしさ。
それでも、勝たねば。ここが踏ん張りどころ。
攻撃陣はそろそろ仕事しましょうか。
期待してます。



プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。