ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs湘南ベルマーレ@KK-WING

やればできるじゃないか!

っていうのが、この試合の簡潔な感想。ちょっと上から目線すぎるか。

やってくれた!の方がもっと端的かもしれない。


勝てなかったけど、良い試合したね。
3失点したけど、リード守れなかったけど、良い試合したね。THE良い試合。
熊本的には惜しい試合になるかもだけど、客観的にみたら面白い試合だったと思いますよ。

熊本にとって良い試合ができた理由の1つは、走れたことでしょう。
画面に映る選手たちの数が明らかに多かった。それを最後まで貫けたことは誇るべき。
運動量があがり、攻守の切り替えが素早かったことでアグレッシブな守備ができました。
相手の個人技やちょっとしたミスで突破されることもあったし、失点につながったりもしたけど、そこは課題としてきちんと修正すれば、方向性は間違ってないかと。90分もつならそれにこしたことはないし、もたないなら質をあげたり、時間帯のバランスを工夫したり。とにかく「走れる」っていうのが復活したのはよかった。

あとは、五領くんがよかったね。ゴールを奪ったわけではないけど、自分の長所をしっかり出せていたし。
なんとなくニッシを思い出しました。プレースタイルが似ているわけじゃないけど。
でも、こっからですよ。
マーク厳しくなってきて、削られたりフィジカル勝負されたり。思い通りにいかないときこそ真価が問われるわけで。
今は期待しすぎない程度に期待しています。


失点に関しては、直接ミスした部分に目が行きがちですが、ボランチ2人が前に前にっていう感じだったので、チーム戦術上やむをえないところは多かったのかなと思います。もちろんもっとセーフティにいけたんじゃないかと思うし、たとえば1失点目なら廣井のキックの判断は甘かったし、その前の養父の中途半端なバックパス?もダメだったと思うし。それはそれとして反省はするけども、突発的なミスでの失点は守備戦術が崩壊したわけではないともいえるし。人が変われば、そこは大丈夫かもだけど、他のところでミスするかもだし。
要はもっと大きく見た方がいいのではないかと。
あれだけ前からプレスいって、縦に早く攻めていれば、当然守備のリスクは高まるわけで。
同じシステムってことは3バックに対して、3トップだから余りなしだしね。
それがプラスに出たのが3得点で、マイナスに出たのが3失点だったのかなと漠然と思ってます。


まぁでも、この試合に関しては前半から今日は点が入りそうだという感じがしたし、2-2の同点の段階で3点目とれそうな雰囲気もあった。それは相手にリードされてからも変わらなかった。
本当になんとなくだし、今これを書いても後付けじゃないか!って話なんだけど。
それくらい期待できるというか、ワクワクした試合になりました。久しぶりにやってやった感はありますね。

これを続けてほしい。もしかしたら負け越すかもしれないし、上位には顔出せないかもしれないけど。
そうだとしても、こんな試合を1年続けてくれるなら、毎試合期待をもって応援できます。
J1昇格はもちろん目指すべきだし、本気で目指しているからこそ南や主税が熊本へきてくれたんだけど、J1にあがることがゴールじゃないことは多分みんなが理解してることでしょうしね。
J2できちんと勝てるチームはJ1でも結果を残せることを、熊本J2参入後の昇格チームが証明してくれている。
今のサッカーは面白い。これをJ1でも通用するサッカーにしてほしい。


最後になったけど、湘南戦はレフェリーがすごくよかったですね。
簡単にとめることもしなかったし、納得できるジャッジが多かった。
良いゲームになったのはレフェリーのおかげでもあります。
ありがとう。福島さん、藤井さん、正木さんありがとう。


次は同期のライバル・岐阜戦です。
個人的には、昇格した当時よりずっと仲間意識が強いですね(笑)もちろん負けたくはないけど。
湘南戦をいいきっかけにして、次につなげていってもらいたいです。
今度こそ3点とって勝ちましょう。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs町田ゼルビア@野津田

いやぁ。まいったね。これは堪える。
町田を甘く見てたわけじゃないけど、前半を見てて引き分けには持って行けるだろうと思った。

新しいチームとの対戦で良い結果が出てないのは知っている。
連戦に弱いのも知っている。

でも、もう少し良い内容の試合にしてくれると思ってた。それが残念。

負けは負けでも福岡戦や京都戦とは違う。
福岡戦は後半しっかり立て直して光が見えた。
京都戦は力の差を見せつけられたけど、チャレンジした結果だと思って受け止めた。

今回は違う。完全に自滅。

失点の形は不運だったとも言える。
でも、相手の方にボールが転がるのは、相手より初動が遅いからですよ。
奪われた形も最悪だったけど、全力で切り替えて取り返しに行けていればしのげたんじゃないですか?

一つ言っておきたいのは、守備陣は非常にがんばっていたと思う。
南はもちろん、廣井も祐太朗も大きなミスなくプレーできていたと思う。
ただよもバイタル付近以外の守備が軽かったことは気になるけど、まぁ悪くなかったと思う。

対して、攻撃陣はミスが多かったね。
町田は決して堅いチームではなかった。現に前線のプレスは割とはまったと思う。
奪えた回数はここまで4試合の中では一番多かったんじゃないかな。

なのに、無得点に終わった。
細かいパスミス、判断のミス、コンビネーションのミス。散見しました。

チームはこれからなんですって言われたらそれまでなんだけど、そこに甘えてほしくはない。
仮にもJ1昇格を目標に掲げてるんだから、J1でも通用するようなプレーヤーになってもらわないと困る。


思ったんだよね。

たとえば、柏とか広島とか仙台とかC大阪とか、今年で言うならFC東京とか。
「今から思えば、J2降格も良い経験になった。」的なコメント聞いたりするじゃない?

これは成功があるからこそ言えるコメント。成功した現在があるから言えるコメント。
降格したときは死ぬほど不幸だと思ったろうし、後悔しただろうし。

じゃあ彼らはその不幸の最中によりどころになったものって何なんだろう。

1年でJ1復帰したチームは言うほど不幸な感じはしなかったかもだけど。
J2の1年はトントン拍子で駆け上がって優勝したわけだから。

降格してなくても、もがいてるチームはたくさんあるし、そこから脱出して強くなったチームもある。
そんなチームの人たちに聞いてみたい。選手やサポーターに聞いてみたい。
心の拠り所って何ですか。どこですか。


個人的には、今をポジティブに考えるには、どうしても必要なのは1点だけ。1つだけ必要なのがある。

目指してるものが間違っていないっていう確信。

京都戦後にも書いたけど、ああいうサッカーできるよっていう良い未来の切れ端でも見られれば。

だから、今回の試合は見ててつらかった。

言い方がきついかもしれないが、守備が頑張ってるのは高木監督が来てからずっとなんだよ。
そこは当然って言うか、出来てたことだからさ。守備が頑張ったけど負けたじゃポジティブにはなれんのだよ。
上積みがないっていうかさ。成長してる感がないっていうか。こんなこと言うと守備陣には申し訳ないけどね。
せめて1点でもとってくれないとさ。リスク背負ってでもチャレンジする姿勢見せてくれないとさ。


次は湘南戦。絶好調の湘南をホームに迎えての試合です。
メンタルがーとか、コンディションがーとかじゃない。今週末はそういうのじゃダメなんだと思う。

必死な試合がみたいです。

泥臭くても良い。へたくそでも良い。かっこわるくても良い。

「勝つ」ために必死になってる11人がピッチを走り回る姿を見たいです。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


vs京都サンガ@西京極

ぐうの音も出ないほどの完敗。点差以上の力負け。

責めているつもりはないです。
京都に合わせるのではなく、自分達のスタイルを貫いた結果ですから。
京都は去年一年使って、じっくり作り上げたサッカーですから。
仕方ないです。


ただ、その中で強いて不満を挙げるとするなら、運動量と声だしですか。
運動量に関しては、押し込まれてばかりだったので、単に体力の問題というわけではないのでしょうが、誰かがボールを持った時の動き出しがかなり少なかった。スローインの時もそう。イエローもらってる片山がボール入れるときには特にもらえるように動いてあげないと。
パスサッカーのコンビネーションは形や技術、判断力も大事ですが、出した人が次々に動いていかないと前には進まないからね。ワンツーはもちろんできないし、囮がいなければスペースやパスコースができない。
まぁ改めて言わずとも、選手が1番わかってると思いますが。

あとは、中盤でプレスかけられて背後から綺麗にとられる場面が散見しましたが、あれは声だしがうまくいってないからじゃないですか?推測ですが。


改善できてた点があるとしたら、守備陣でしょうか。
2点とられましたが、南と片山がぎりぎりで防いでなければ、あと5点くらいはとられてた。
もちろん南と片山だけがすごいっていうつもりはなくて、コースを切ったり、最後まで競り合ったりといった他の選手たちも頑張ってたと思うよ。
何よりサイドの守りは少し改善してたように見えました。前半序盤はけっこうスムーズに対応してたし。左サイドは特によかった。
後半は厳しかったけど、あれをあのまま評価するのは少し可哀相かな。前線や中盤で悪い形で奪われることが多かったし、ポジショニングを修正したり、一休みしたりするヒマもなかったし。


あとは、ピッチコンディションが厳しかったね。
見てても、ボールの跳ね方とか転がり方とかおかしかったし、ただでさえ技術で負けてるのに、アウェーかつ特殊なピッチでさらにハンデ背負ったなという印象はある。
ピッチは相手も同じ条件だって言われるし、そうなんだけど、元々の差がさらに拡がるようなコンディションなら熊本にとっては厳しい条件の1つと言わざるをえないよ。


いやぁ。まけたまけた。
悔しいのは当然だけど、今回は一種の清々しささえ感じられる。

そして、熊本のスタイルの方向性を京都のサッカーで確認させられる。目指すところはこの方向かと。
期待はしてる。
J1で勝てるチームになるにはこれを極めていくしかないと思う。



次は町田。
JFLでも対戦してないし、公式戦では初顔合わせかな。
相馬、ポポビッチ、アルディレスと羨ましいほどに良い監督を連れて来るという印象。きっとサッカー知ってる人がトップにいるんでしょうね。
鳥取に3-0で勝ったようだし、全く侮れない。
中二日、アウェー連戦、かつ、敗戦を切り替えなきゃいけないので難しい試合になると思うけど、なんとか勝って熊本へ戻ってきてほしいですね。

vsガイナーレ鳥取@KK-WING

ホーム開幕戦。見事勝利。

逆転勝ちっていうのは、みてて一番気持ちいい勝ち方だよね。
前回の「まず1勝」は早速達成してもらった。

できたらもう1点とりたかったけども。3点とるチャンスはそうはないだろうしね。
去年1年間、3得点試合がなく、今年は「攻撃」に力を入れてオフを過ごしてきたわけだし、早めに成果を出して、今の方法に自信もってもらいたいです。

まぁでも、一応は成果出たと言っていいのかもしれないけど。
1点目は華麗に崩してのゴール。武富のシュートは素晴らしかった。
2点目は前線で武富がプレスをかけて、そこにクンシクと主税が反応してる。

攻撃に対する意識はしっかり変わってきていると思っています。

失点に関しては、前節とやられ方が似てるというか、失点シーンが似てるっていう意味じゃなくて、CBとボランチやWB・SBのマークの受け渡しというかスライドの方法というか、自陣のサイドの深い位置に対するディフェンスがふわふわしてる。外から見てると、CBがもっと外に広く対応して、そこの隙間はボランチなりWBなりが埋めるという感じにしてもいいんじゃないかなぁと思うんだけど。どうもCBがあまりサイドに引っ張られるのをいやがってる感じがして、その分マークが緩んでるように見えます。

福岡戦では、そこがふわふわしたまま前半が終わったという印象。
鳥取戦では、そのふわふわ部分をWBが気にしすぎたために、せっかくの片山・田中先生という前への推進力重視の布陣を活かせなかったという印象。田中先生曰く、WBは初めてだったとのことだし、もう少し後ろを含めた周りがサイドの選手に攻撃に比重を置かせてあげられるようなフォローをしないといけなかったのかもしれないね。後半は鳥取のサッカーに対応できてきて、サイドはスムーズになってきたように見えたけど、そもそも攻められる回数が少なかったし、守備の修正がうまくいったかどうかは正直わからんね。

3バックの弱点は両サイドってずっと言われてきてるし、たしかにスペースはあるけど、2008の大分の大躍進を観たら一概には言えない。絶対的なシステムなんてないんだから、チーム全体で短所をどうカバーしていくかが大事。今はまだまだだけど、これからののびしろに期待したいですね。


個人としては、クンシクが初スタメン。コンディション的に今ひとつに見えましたが、ポストプレーはさすがに巧かった。歴代FWの中で一番巧いかもしれない。まぁ1試合みただけだからまだ何とも言えないけど。トラップとかパスとか巧いなぁと思いました。武富のゴールの時に養父のパスをスルーしようと思ったのも、主税へのアシストも見事でしたよ。クンシクみてると、よしおさんを思い出しますね(笑)

武富は2試合連続ゴール。調子良さそうですね。元々技術はあったけど、去年の今頃より試合慣れしてきたというか、判断が速くなってきたなと思うし、オフ・ザ・ボールの動きもいいなぁと思います。後半はよく足つってたのに、そういう場面もみられなくなってきた。成長を感じます。

主税も熊本での初ゴールがホーム開幕戦ってことでめでたいですね。他にも良いシュートあったし、ベテランとして、キャプテンとして、ピッチの上でチームを引っ張ってくれてるなと感じます。主税の要求に全力で応えていけば、チームとして良い結果が出そうな雰囲気ありますし、若手が追いつけ追い越せでモチベーション上げていってくれればなという感じでしょうか。


あとは、白谷がおもしろいですね。クンシクやファビオに比べて、どちらかというと2トップ向きというかセカンドトップって感じがするので、スタメン奪うとしたらもう少し先になるかもしれませんが、できたら交代で出てるうちに点を取ってほしい。運動量も多いし、ゴールへの意識の高さは見てて伝わります。C大阪でプロデビューして以降、逸材であると言われながら開花できずに、チームを転々としていることは知ってます。プレースタイルは違うけど、過去に在籍していた木島と似たような何かやってくれそうな雰囲気を持った選手に見えます。是非とも熊本で大ブレイクしていただきたい。チャンスあるよ。きっとある。



さて、今年の初勝利。
この流れを大事にシーズン戦いたいわけですが、幸か不幸か次の相手は京都。バリバリの優勝候補。
京都の昨シーズンは我慢っていうイメージ。ただ、シーズン終盤の伸び具合、天皇杯での躍進を考えると、今年は絶対に強いだろうというのが、大方の予想。全くもって異論なし。J2で対戦したときの広島や柏のような基盤のしっかりしたチームに見えます。開幕戦は湘南に敗れましたが、少々つまづいても多分崩れない。そういうチームになったんじゃないかな。従来の京都っていうイメージはない。がっしりしたスタイルを持つ好チームだと思います。

今の段階では、正直かなり厳しい試合になると思いますが、ここまでの2試合よりも守備の意識を高めながら、少ないチャンスを活かしてがんばってもらいたいですね。システムやメンバーも楽しみです。ポゼッション勝負では分が悪いでしょうから、その辺をどういじるのか。
もちろん勝った流れを大事にするとか今は結果よりも内容を重視するんだとかで全くいじらないっていう選択もアリなんでしょうけど、チーム作ってる今だからこそ、仮想J1クラブとして京都に勝ちにいってもらいたい。モチベーションすごく大事。アウェイだから引き分けOKとかチームはまだ未完成だからとかそういうのは試合前は一切思わないでほしい。J1昇格が目標なら勝たないと。

京都の方が力量が上。だからこそ、勝つ。

そういう気持ちが次節の結果を左右しそうな気がします。
がんばってほしいね。ほんとがんばってほしい。

vsアビスパ福岡@レベスタ

待ちに待った開幕戦。
結果はついてこなかったけど、久しぶりに熊本の試合観るとやっぱり海外や代表とは違うなと思う。

もちろん良い意味で。地元にJクラブがある喜びは開幕戦で一番実感するね。


今年は年明けから色々なニュースがありました。
債務超過の問題。藤本・養父ら主税のある選手の加入。新しい熊本スタイルの確立。

どういうチームになるのか。期待と不安の入り交じるオフシーズンとなりました。
開幕戦は「バトルオブ九州」なのでもちろん結果も気になるけど、それよりも何よりも内容が気になってました。
新加入の選手たちはフィットしたのか。目指すサッカーの片鱗は見せられるのか。そもそも雰囲気はどうなのか。

90分間観てみて、とりあえずはホッとしたというのが正直なところです。
まだまだな部分は当然あるし、その「まだまだな部分」も「仕方ない部分」と「できなきゃいけない部分」とがあるわけですが。
それでも、良いとこ・悪いとこ全部ひっくるめて、ホッとした。

1試合目なので、悪いとこ(特に前半)よりは良いとこを挙げようと思う。

1つは得点のかたちが非常にきれいだったこと。完全に崩した。パスで崩した。
単純に無得点じゃなくてよかったとかいうことじゃなくて。おそらく練習してきた形。
オフでやってきたことを試合で出せたのは選手にとっても監督・コーチにとっても良かったなと思いますね。

2つ目は後半きちんと立て直せたこと。
前半は福岡のプレスをもろに受けて全く良いところがなかった。
新チームで初の公式戦という一番難しいチームコンディションの中でも立て直せるというのはポジティブに考えて良いんじゃないでしょうか。
3バックへのシステム変更も交代で出場した選手もそれなりに良い動きしてましたしね。

システムに関しては、今回3バックが良かったから3バックの方が良いんだってことではないと思う。
4バックも3バックも使いこなせるべき。そういう人材は揃ってる。
チームは常に進化していかないと研究・対応されていくわけだしね。
目指すべきスタイルの構築に加えて、どれだけ進化できるか。J1目指すならここが一番大事になるんだと思います。

3つ目は、新加入選手がそれぞれ力をみせたこと。藤本・養父は既に中心だし、Jデビューの高橋も前半危なっかしかったけど高さはすごかったなぁ。白谷もFWらしいFWでワクワクさせてくれる。前からいる選手たちも気合い入れてスタメン争ってほしいね。


あとは大きく気になる点が2つ。この試合に限ったことじゃないんだけど。

1つはスカパー!で中払さんが指摘してたサイド攻撃への対応の問題。
今年のシステムだとどうしてもサイドで相手に数的優位を作られやすくなる。片山と西森は明らかに大変そうだった。守備のポジショニングはきちんと確認しなきゃいけないですね。予想通りにやられるっていうのは、今後対戦するチームにとってもねらい所となるわけだし。急務ですね。

もう1つは、声出しの問題。これは試合中のピッチリポーターの発言+携帯くまにち有料サイトの記事より。
スタジアムで観た訳じゃないので正直なんとも言えないんだけど、言ってること書いてあることが本当だとするならだめだね。一部の選手に頼ってるというか迷惑かけてる。こういうことはチーム内で早めに解決しておかないと後々大変になりそうだな思う。


まぁおいおいなんでしょうね。すべて。
選手にはのんびり構えてもらっては困りますが、サポーター目線ではもう少し大らかにみていく必要がありそうです。

ま。できるだけ早く1勝。これは次にでも。
そして、3得点以上の快勝。これは5月あたりまでには。

こういうのやってくれたら今年は良いチームだなぁって思うだろうなぁ。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


開幕直前

ごぶさたしてます。

いろいろあって、だいぶ休んでました(汗)
年明けには更新するつもりだったんだけど、そこはサボりです(´∀`)
試合はちゃんとみてましたよ。

開幕当日になって、これはさすがにと重い腰をあげてみました。
まぁ自分で言うことではないですね(笑)

今シーズンはなんとか1年休まず更新できるよう元気にいきたいと思います。


ではでは、福岡との開幕戦&バトルオブ九州を存分に楽しみましょう。

かつぞー



プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。