ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


モンテディオ山形 vs ヴァンフォーレ甲府

録画してちゃんと観ました。メモしながら真剣に観ました。

次節の相手山形の研究です。
これからも次節の相手の試合を直前に観て、思ったことを書こうかなと思っています。

…が、偶然に、期せずして…なんですが、今年の甲府の試合観戦率が非常に高いです。
春季キャンプのTMも観てるしなぁ。そろそろ甲府サポと名乗ってもいい頃かなぁなんて思ったり。
これで熊本の試合と関係なく小瀬にサッカーの試合観に行けば完璧ですね(笑)


ま。それはさておき、前節の山形vs甲府の試合は、「ホーム未勝利」vs「リーグ未勝利」の対決だったとのこと。どちらも内容がすごく悪いわけではないのだけれど、結果がついてこない…そんな試合を続けておるようです。

そして、山形の場合は守備、甲府の場合は攻撃にそれぞれ課題があるということでそこらへんに注目しようと思って、試合(観戦)に臨みました。


では、それぞれメモに沿って…

まずは、出来るだけコンパクトにしたい方の甲府のことから(笑)

フォーメーションは代わらず4-3-3。
GKは桜井、DFは(以下すべて左から)井上、山本英、池端、吉田、ボランチに林、1つ前に保坂、藤田、トップが前田、ジョジマール、石原。

個人的な注目選手は、スタメンでは吉田、サブでは久野。
前節の試合ですごくいい動きをしていた吉田くんと、スーパーサブ的に投入されて流れを変える久野の動向に注目してみました。

リーグ未勝利でもスタイルは変わらず。つなげるサッカー。
ジョジマールが入ったことにより、フィニッシュまで行ける率は開幕戦よりは高くなったかと。

あとは、左SBの井上はいいね。
あがるタイミングもいいし、クロスの精度もそこそこ高い。ドリブルも早い。
甲府のようなサッカーの場合、中央でためを作ってくれるわけではないので、SBがサイドをあがるタイミングを計るのって相当難しいと思うんですが、さすがに以前からのスタメンだけあってそこら辺を器用にこなしなさる。
その井上さんがおっしゃってたらしいんですが、甲府の崩しは、「ラグビーのスクラムのような崩し」とのこと。よく意味が分かりませんが、要は1人1人の動きやバランスがすごく大切だということでしょうか。

スタイルなのでしょうがないですが、狭い方へ狭い方へボールをつなぐ甲府のサッカーは、巧いんですけど、選手がかぶったり、フィニッシュまでいけない確率が高かったりします。それに、ジョジマールの位置の選手はラストパスのタイミングが分かりにくかったりするのよね。そのタイミングさえあってくれば、フィニッシュまでいくのは容易になるんですけど、いかんせんそこがボロボロなようで。今はちょっとかわいそうなジョジマール君って感じでした。

そんでもって、甲府のパスリズムが中・外・中・外とすごく一定だったのが気になりました。DFのセオリーからするとゴール方向をまず切るんで、確かに合理的ではありますが、読まれるとパスカットもしやすいのではないかなぁと思いました。うちは積極的な守備を標榜しておりますが、甲府が相手のときは中央の高い位置でプレスをかけるよりは、サイドに押し込む形でプレスをかけて奪った方がいいような気がします。

あと、ドリブル勝負するのが、敵陣を半分よりも相手ゴールに近づいたところからしかしないこと、前田・石原の位置の選手は、相手DFにつっかけたあと、押し上げてきたCMFに戻す確率が非常に高いことが分かりました。

あと、攻撃から守備への切り替えは非常に早い甲府ですが、守備から攻めへの切り替えはすごく遅い気がするんですけれども。気のせいでしょうか。

GK桜井については、反応、反射スピードに関してはいいものもってるなぁと思いますが、キックがちょっとねぇ。もう全部投げちゃえばいいのに。

石原は前目で使われていたのでどうかなぁと思いましたが、シュートもうつし、キープ力もあるし、非常に良いのではないかと思いました。

林はスピードタイプの選手に突っかけられたときが課題のようです。リチェーリとのマッチアップはミスマッチでした。

池端はやや荒いですが、要所要所をつぶしてくる感じです。ファーストコンタクトでレフェリーがファウル取ってくれれば非常にやりやすいでしょうけど、そうでない場合はすごく厳しい試合になるかもしれません。

藤田がようやくミドルをうってました。枠には飛びませんでしたが、すれすれだったし、やっぱり巧いなぁと思いました。どうやって藤田にミドルを打たせるかは甲府の攻めの非常に重要なオプションだと思われます。

後半の終盤になると疲れからか、バイタルエリアで山形の選手をフリーにする場面が多くなってきました。林が変わる前だったので、そこら辺のケアは選手交代やポジションチェンジでやっていかないと厳しいかなと思いました。

甲府のDFに関してですが、これまでみたところによりますと、きわどいところでDFがスライディングで奪うシーンが数多く見られます。おれが観た範囲では1つもファウルになってないので、スライディングが巧いのかなと思います…が、これもスライディングが来るものと分かっていれば、ファウルをもらうことも出来るかなと思います。相手陣地深くで競走状態になったときはそれを考えながら、相手よりもギリギリ先に1タッチしてファウルをもらうということも考えていいかもしれません。

最後に、総括。
結局、山形とも引き分けてしまい、未だ勝利なしの状態が続いている甲府ですが、一方でDFはそこそこやれているということは非常に重要なことかなと思います。あと一歩。ジョジマールががっちりマークされると思うんで、その周りがどうやって自分でフィニッシュに持っていくかを考えていかないといけないかなと思います。まぁそろそろ勝つと思いますよ。たぶん。




続いて、山形のほう。

GKは清水、DFは木藤、小原、レオナルド、宮本、MFはボランチに渡辺、宮崎、左が宮沢で右が北村、トップにリチェーリと長谷川。注目の豊田はベンチスタートとなったようです。

注目はリチェーリと後半出てくるであろう豊田。長谷川もよく知ってるんで元気かなぁと思ってみてましたし、なにより地元出身の宮崎光平はやっぱり気になりますよね。


今季初観戦となりました。山形。
プレシーズンで好調すぎて、問題点が明確にならなかった…というのが、今の不調の原因のようです。
プレシーズンは選手が良かったのか、周りが悪すぎたのかは分かりません。
ただ、攻めのパターンは少ない気がしてます。

FWはスピードタイプと長身タイプの併用。
リチェーリと長谷川。リチェーリと豊田。あたりの組み合わせが基本かと。
守ってるときの動きはどちらが残るというわけでもないです。決まってない感じ。
どちらが残ってるかによって、守備の選手も変えるべきかもしれません。
マークをはっきりすることが1つですね。
あと、長谷川や豊田はそれほど厳しくアタックすることはないですが、リチェーリはけっこうチェイシングしてきます。それでファウルもらったりしてます。DFの球離れは今まで以上に早くすることは大事ですが、巧いことファウルをもらえると楽ですね。

それぞれにコメントするとするならば、リチェーリはもっとシンプルにやれるといいかなと、豊田はいい意味ですごくガツガツしててFWっぽいんでこのまま行けばよいのでは、長谷川は体格いい割にすごく巧いFWなんでもう少しパワーがあると化けてくると思うんですが。


MFは右サイドの北村がドリブルで仕掛けてくるちょこまかタイプ。左サイドの宮沢が広い視野でパスだししてくるテクニックタイプ。ボランチが守備的な渡辺と攻撃の得意な宮崎。正直、甲府戦に関しては中盤は今ひとつでした。ミスも多いし、押し上げも少ない。守備でもバランス悪かったし。特に北村は厳しかった。根本に代わってからの方がチームが良くなったし。宮崎があがってこなければ、それほど山形の攻めに怖さは感じません。FWを1つ1つつぶしていければ、大丈夫かなと。


それと、少し気になったんですが、上にも書いたとおり、攻めのパターンが非常に少なかったです。
クロスはほとんどアーリークロス。跳ね返されても速攻で再度入れてくる。
DFがラインをしっかり高く保てれば、ほとんどがチャンスにならないでしょうが、リチェーリ・豊田は裏を取るのも巧いんで、そこら辺のケアは必要です。その裏を取るタイミングさえオフサイドにかければ、もうすごいんですけどね。うえみー。よろしく!GKの吉田くんもラインの裏をケアする意識を高く持って試合に臨んで欲しいなと思いました。


DFはレオナルドです。フォアチェック、サイドのカバー、機を見ての攻め上がり。すべてレオナルド。
いいDFだなと思いましたが、何気に頼りすぎてるような気もしました。
うちが攻めてる時は、何も考えなくてもレオナルドは出てきますんで、彼を引き出したあとにできるスペースを狙っていきたいものです。
いや。でも、ホントにレオナルドだから。戦術はレオナルド。
また、そのシンプルさが非常にやっかいなのだよね。

全体的には、奪う位置をもっと前目に設定したいのだろうけど、それがまだまだできていないかなと。
レオナルドのいない場面でどう守るかはすごく気になるところです。


最後に総括としましては、攻めに関しても守りに関してもややチグハグ。
まだまだ詰めきれておらず、これからな部分が非常に多くある未完のチームだなぁと思いました。
そういう意味では、早いうちに当たれることは幸運かもしれません。
ただし、選手個々の能力は非常に高いので、たまたまドンピシャであう可能性ももちろんあります。
豊田が今のってますしね。早い段階での失点は避けたい。

そして、この試合を観て思ったことですが、今の段階でもとても走れるチームです。
小林監督なんで、カウンターもきっちりやってくるし。
選手交代も含めて、体力がなくてつききれなかった…なんてことのないようにしてほしいところであります。



うちはまだ完封試合がないんで。そろそろバシッと押さえ込んでやりましょう!
ずっとロッソのターン!!!を期待してます(笑)
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。