ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs 水戸ホーリーホック in 笠松

サッカーの試合としてはすごく面白かったですね。

結果は「頑張った!」というか。「残念!」というか。

でも、今日の試合の感想に関しては、解説の方が言っておられたように選手自身が強く「勝ちたかった」と思うような試合だったのではないでしょうか。


ちなみに、スコアは2-2。うちの得点者は河端、中山でした。

天候は肌寒いくらいの気温だったけど、雨は降ってない…というものだったそう。



試合の展開は、開始早々あっさりと水戸に右サイドを崩され、中央へのクロスに荒田が飛び込み先制。簡単に矢野の裏を取られ、荒田にばっさんつけず。あの形が水戸の今季の得点パターンであることは重々承知であったと思われた(ってか、おれが書いてるくらいだからね。きっとご存知やろうと思うよ。)から、非常に残念な失点でしたね。

しかし、ここから前半のうちに反撃。

CKから。関のクロスに矢野がヘッド。GKがかろうじて弾くも、こぼれたボールをばっさんが押し込んで同点。
自分のミスは自分でとりかえす。なかなかできることじゃないよ。ナイスゴール!
矢野のヘッドも良かったよ。GK本間のファインセーブにあったけど。あれは良かった。

そして、2点目が美しかった。
お手本どおりにSBの裏に走りこんだ高橋がフリーで中央へアーリー気味のクロス。
飛び込んだのはな・か・や・ま!2試合連続ゴールとなるヘディングシュートで勝ち越し。

失点は不用意だったけれどもいい感じでやりかえして、さぁもう1点とろうか!というところで木山監督が動く。あの采配は見事だった。怪我で欠場した大和田の変わりにCBに入っていたビジュをボランチに戻して、ロッソに制圧されていた中盤を奪い返しにきた。と同時に、攻撃的な右SBの金澤を入れてきた。スタメン見てビジュがCB、金沢ベンチで正直ラッキーと思ったけどな。前半のあの時間での判断は難しいのに。いとも簡単に…さすが。短期間で水戸を見事に変身させた手腕の持ち主。本当に名将かもね。

この采配でやや水戸の流れで試合は進むが、スコアは動かず。ロッソ1点リードのまま前半終了。


後半は一進一退の攻防に。

スコアが動いたのは、後半13分。
西野の飛び出しにGK吉田反応するも雨で足を滑らすという痛恨のミス。
西野はヘッドで難なく押し込み同点。

そして、どちらの監督も攻撃のカードを切り、勝ちにいく強気の姿勢をみせる。
どちらも激しく攻め合うも追加点は奪えず。

試合はこのまま引き分けとなりました。



このブログでは何度も言ってるけど、今年の水戸は本当に強いと思うし、J2の中で現時点での内容はトップクラスのいいサッカーをしているチームだと思うから、このチームに対して一歩も引かず互角の試合を演じれたのはすごく良かったと思うし、やっぱりうちはJ2で戦っていけるチームなんだ!って再確認できました。

が、ここまで5試合。内容だけ見れば、勝ててもおかしくない試合をすでにいくつも取りこぼしてる。
特にここまで1度の完封もない守備の建て直しは急務だろう!とサッカー雑誌にはかかれるだろう(笑)


守備ねぇ…

みたところ、中央での強さは十分だと思うんだよね。
ハイボールをバシッとヘッドで決められるなんて失点はないはずだ。それは胸を張っていい。

問題は裏への抜け出しへの対応とセットプレーへの対応。

裏への抜け出しに対するオーソドックスな対策は、ラインディフェンスの向上や出し手への速いチェック。うちの場合は後者をすべきなんじゃないかな。どうもフリーで放り込まれる場面が多い気がする。
カウンターへの対策と同時に少しずつやっていくしかないよね。

あと、セットプレーやクロスで一度跳ね返した後、セカンドボールを拾われることがJFL時代からすごく多い気がする。一度跳ね返したら、次の放り込みを阻止するために、ラインをすばやく上げるのは基本だし、だれかがミドルを打たれないようにセカンドボールを競りにいかないとまた自由に展開されてしまうことになるからね。特にセットプレー時はゴール前に多くの選手がいるため、ミドルシュートの軌道もGKから見にくく枠に飛ばされれば決まってしまうことが多い。クリア後ちょっと棒立ちになる場面が多かったので、気になりました。たぶん分かってるんだろうと思うけど。そこら辺はもう一度確認したほうがいいのかなぁ…って。


やや話はずれますが…

今日、ロッソの試合のあとサンフレッチェvsセレッソの試合観てたんだけれども、サンフレッチェすごいね。クロスやセットプレーのとき単に跳ね返すときもあるけれど、余裕があるときは常に競る選手の近くに味方がいてばっちり足でクリアしてたりする。1つ1つのプレーがしっかりしてるし、余裕がある。やっぱすごいなって思った。選手の名前とか能力とかだけじゃなくて、チームでやるべきルールが局面局面で明確に決まってるみたい。すごいね。ほんと。

昨日の岐阜の福岡対策も見事だった。
ロングボールは常にDF布部狙い。布部はもともとMFの選手で、福岡のDFラインではカバーリングを担当してる。でも、布部のところで競り合うようなロングボールが常に飛んでくるもんだから、競り勝てる可能性も増えてくるし、ラインを統率すべき人にその仕事をさせないのだから当然DFラインが徐々にずれてくる。結果、5得点。


いやぁ。面白い。J2面白い。
細かいとこのレベルは十分高いし、J1よりも1チームが有するストロングポイントが少なく明確な分、その部分のしのぎあいがはっきりと分かる。みててすごく勉強になるね。今までもそれなりに真剣にサッカー見てきたつもりだったけど、まだまだだった。色んな戦術や攻略法が見れて面白いです。


うちもなぁ。すごく余裕のある試合してるのみたいなぁ(笑)
とりあえずは、守備システムの構築による守備力の強化と攻撃は速攻・遅攻の判断の正確性+チームでのその意思統一ですかね。漠然としてて何をやったらいいのかは分かんないんで、言うだけ言って池谷監督に丸投げする所存ですが(笑)


まだまだシーズンは始まったばかり。
これからどういうふうにチームが変わっていくのか。良くなるのか。悪くなるのか。
その成長過程をじっくりみれるのかと思うと本当に楽しみでなりません☆



あ。あと、勝手に業務連絡!

今日の情熱大陸は、わたくしが尊敬してやまない羽中田昌氏なんで。観ていただければ幸いです。
腎臓病にかかったり、バイク事故で下半身不随になったり。あふれんばかりの才能をピッチでみれなかったのは非常に残念ですが、今はS級をとられて監督をなさってます。

以前、池谷監督解任騒動あったじゃないですか?別におれ自身は解任派ではなかったんですけど、次の監督にだれを選ぶ?って聞かれたら第一候補が羽中田さんだったんで。バルセロナで勉強されてて、スペインサッカーに通じるお方でサイド攻撃を標榜してたロッソにとっては面白い人材じゃないかなぁと思って。今はカマタマーレ讃岐の監督さんです。

おれはもうばっちり録画です☆是非ともご覧になってくださいませ!
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

どうも阿蘇ひろかといいます

いつも拝見させてもらってます。試合後は見るのが楽しみです。
ロアッソもう少しの差ですがそこが縮めるには大変な所かな

またお邪魔しますね。
【2008/04/14 02:23】 URL | 阿蘇ひろか #-[ 編集]

羽中田さんは、雑誌などで、知っていたのですが、カマタマーレの監督されてたんですね。

途中まで見て、不覚にも寝てしまったので
録画で堪能したいと思います。

あ、はじめましてですよね。
すいません。以前から、ちょこちょこ
見ていたのですが、コメントさせていただきました。
【2008/04/14 22:27】 URL | koshiankame #-[ 編集]

>阿蘇ひろかさん
どうも。コメントありがとうございます☆
そういってもらえるとほんとありがたいです。

大丈夫ですよ。

守備陣が通用しないとも思わないし。
うちの2トップはどこも容易には止められてないですし。

攻守どちらものびしろがかなりあるんで、今の段階で互角の勝負が出来てるなら今季もどっかでチャージがかかる時期が来ると思ってます☆


>koshiankameさん
はじめましてです!
けど、yutakaブログとかでコメントされてるの知ってます(笑)

コメントありがとうございます。

自分は、wowowかなんかの特番で初めて羽中田さんを知りました。当時はスペインから帰ってきたばかりくらいで、まだS級はとられてませんでしたが、すごく明確なサッカーのビジョンをもたれてるんだなぁと思いました。それから羽中田ファンです☆
【2008/04/15 23:01】 URL | すん #-[ 編集]

情熱大陸見ましたよ。
羽中田さんはサッカーエリートでバルサで勉強して、非常に面白くてレベルの高い試合を目標とされていますね。
しかしあのサッカーが四国の地域リーグに向いているのか?1敗でシーズンが終わってしまうようなクラブに向いているのかなって思いました。
もっと泥臭い負けないサッカーを目指すべきではないでしょうか?放り込んどけみたいな。
J2には向いているような、面白いような気がします。
【2008/04/16 21:44】 URL | rossostyle #jhHw6g8s[ 編集]

>rossostyleさん
放り込みですかぁ…確かに手っ取り早く結果は得られるでしょうけど。そこら辺はどうなんでしょう?

羽中田さんの回で1つ残念だったのが『同サイド攻め』の位置付けの曖昧さでした。番組は『戦術』と表現してましたが、個人的にはあれは『ハードル』だと思います。育成のための単なるハードルなんじゃないかと。番組内で羽中田さん自身「『今は』同サイドにこだわりたい」っておっしゃってましたし。

ロッソ時代から応援されるんでご存じと思うんですが、四国リーグって他の地域リーグに比べて明らかにレベルが低いじゃないですか?うちは06年度に天皇杯で讃岐と戦ったとき5‐0で勝ちましたけど、讃岐は当時四国リーグ断トツ首位でしたし。ただ試合をするだけでは全国大会やJFLレベルで勝てるチームにはならない、いわんやJリーグをや…という感じなのではないでしょうか。

年度予算が5000万なら力を持った選手を11人揃えるのも厳しいでしょうし、とれないならば育てるまで!ということなのだろうと。誤解をおそれずにいうならば、四国リーグは全国大会のためのTMという感じ?もちろんライバル徳島2ndとはガチ勝負になると思いますが。

試合のためのフィジカルは試合でしか身につかないといいますし、厳しい状況の中での判断力はどんなサッカーをするにしたって必要なものですしね。もちろん讃岐で結果を残すのがクラブとしては一番なんでしょうけど、「彼らは若い(by 羽中田さん)」んで彼らの将来のためにもまずは『育成』を選んだのではないでしょうか。まぁ真剣な本番にまでそれを持ち込むあたりがこにくたらしいですよね(笑)まったく大胆不敵というか。羽中田さんらしいというか。ま。それに固執して星を落とすような方ではないと思うんで。落とすようなら即クビですし。

でも、確かにJ2で羽中田采配をみたいです。能力はそれなりにある中堅~下位のクラブで。今は言わば『枷』のある状態ですから。もし一定以上の自由を手に入れたらどんなサッカーをピッチに描いてくれるのか。羽中田さんの頭にある理想のサッカーがどんなものなのか。すごく気になります。
【2008/04/17 01:03】 URL | すん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。