ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs セレッソ大阪 in 長居

負けましたかぁ…勝つと思ったんだけどなぁ。

そして、広島には勝ってほしかったなぁ。
初黒星はうちがつける!って意気込みでいこうと思ってたのに。


totoも、どの試合も内容的には予想外ではなかったけれど、結果、惨敗。
あまりにも外すので(笑)、次から少し予想の仕方を変えていきます。お楽しみに。


サッカーくじの予想において一番のポイントは「攻撃は水物」ってことでして。

守備の部分や技術の部分っていうのは双方の戦術のぶつかり合いで、誰かが多少不調でもそれなりに予想通りにはなるんですけどね。攻撃・得点ってやつは調子が良くても入らないときは入らないし、入るときは何でもないようなのが入ったりするし。最近のJリーグはチーム間の戦力差がなくなってきてるし、それが顕著ですよね。

ま。totoで一発当てようと思ってる人にはうれしい限りですけど…(笑)



では、今節で思ったことを…今日はいつもより長めです。

ちょっと決意してみました!




守備陣は、今季初スタメンのGKコバを中心にしぶとく守りました。

2,3点はとられてもおかしくないくらい決定的な場面はありました。コバが本当によく守った。今節に関しては飛び出しの判断もキックの精度もそれなりに安定してました。これは地元のヒーロー・期待の新星GK吉田くんの次の出番は当分先かな…って納得させてしまうほどの出来でした。失点場面は仕方なし。ああいうのはもうしょうがないでしょう。実際。

DFは、競り勝てなかったり、判断が遅れる場面もありましたが、最後まできっちりつくとか体を寄せるとか粘りをみせてました。マークの確認とセットプレー時に1人に大勢が反応してしまう癖はちょっと直して欲しいかなと思いますけど。うえみーのオーバーラップはすごかったし、イチも今節はよく上がった。矢野も柿谷が消えてしまうほどかなりいい守備してましたし。良かったと思います。

そんでもって、MF…特にボランチが闘ってたね。山口と翔平。激しかった。いくらけが人が多いとはいえ、MFはベストと言ってもいい布陣ですよ。C大阪。その昇格候補の豪華中盤相手に堂々と渡り合い、ほとんど決定的な仕事をさせなかった。アレー・ジェルマーノへの潰しは見事としか言いようが無いですし。


だからこそ、攻撃陣には奮起してほしかったなぁ。
先制点をとってしまえば、1点とれば、勝てる流れだっただけに。

今節のロッソは最初から最後まで非常にコンパクトで中盤の押し上げも早く、ミドルの回数も増えました。セレッソ対策のプランどおりSBの裏を何度も狙い、チャ様やイチがガンガン上がってました。最後、フィニッシュとその前の精度を欠いたため得点は奪えませんでしたが、それなりに形、どうやって攻めるのかという意図は見えました。


今節、けが人続出の不調・C大阪が相手とはいえ、曲がりなりにも上位・格上のチームでありますから、本当によく闘っていたと思います。負けはしましたし、本当に勝ちたかったんですが、ブーイングを浴びせるような試合では決してありませんでした。

チームの状態としても、守備の方向性は内容にはっきりと現れ始めました。個々のスキルの問題はあるけれども、どうやって守っていくのかをピッチの11人だけじゃなくて、『ロアッソ熊本』というチーム全体に浸透し始めたのかなと。それが今回のアウェイゲームでの収穫だったかなと。


一方、課題も出ました。攻撃面。

小森田がボールを持って前を向く場面が非常に少なかった。イチを使うという点では非常に良かったと思いますし、中に飛び込む場面も数多く見られたので、それはそれで良かったと思いますけど。小森田が勝つためのパスを供給する場面をもっと見たかったなぁと。

ゆたかにボールが収まらなかった。ゴンさんが未だ思い切ってシュートを打てていない。
両FWの調子の問題だけでもないような気がしてきました。実はまだ息が合ってないのでは。2人がというよりかは周り全体と。もらいたいボールの質とか動いて欲しい場所とかその辺がチグハグな気が。もちろん出し手のミスもあると思いますよ。だけど、2人にペナルティエリア内で仕事をさせる回数が少なかったのは、そういうことかなと。個人的にはニアのスペースがあるにもかかわらず、両FWがファーにいたりしたので、つぶれる係、飛び込む係をもっとはっきりしてもいいかなぁと。タイプ的に似てるのかもなぁ。2人とも調子が良すぎて逆に打ち消しあってることも考えられるしね。

あと、ミドルシュートが増えたのはいいことだと思うんですけど、ミドルシュートが中央からばかりで、ふかすかブロックされるか。相手GKは久しぶりの先発だったんでどんなシュートでもいいからもっと枠に飛ばして焦らせたかったですね。山口のミドルはブロックされてましたが、あれが抜けたらすごい面白いシュートだなと思うのが何本かありました。チャ様もイチもクロスだけじゃなくて、切れ込んでシュート打ってもいいのに。せっかく上がったんだから得点狙っちゃいなよ!


…っていうのが、ふわっと思った感想なんですけれども…

今回のC大阪戦で見えた課題って、単にフィニッシュの精度とかクロスが…とかそういう話でもないと思うんですよね。正直。

今節は傍から見ても分かるとおり、守備から入ってました。意識も高く、本当にいい守備でした。でも、そのバランスが守備に偏っていたため、攻撃に切り替えるまでの判断が遅くて機を逃すこともたびたびありました。これは単にシステムの問題でも選手の問題でもなくって。今やってる、池谷監督の追い求めるサッカーってレベルが高くて、本当に難しいと思うんですよ。J1クラスがやっても、代表クラスがやっても、攻守の両面で内容と結果を伴わせるとなるとなかなか難しい…そういうところでやってると思います。

なので、この課題への対応は、岐路というか、チームとしての1つ目の大きな山だと思いました。

簡単に言うなら…

ボールを奪ったらすぐ『ココ』に出すという決め事を作っていくか。

選手個人のスキル、特に局面での判断のスピードを上げていくか。

このどちらかに行き着くと思うんですが。

前者ならば、短期間で結果は出るかもしれませんが、選手たちの育成の面では後者には劣ると思います。システマチックすぎて機械的に決まりごとを優先するのは良くないですしね。もちろんシステマチックさを追求していくことで一定のスキルの上達は望めますけども。

後者ならば、すぐには結果は出ません。下手をすれば、今シーズンを丸々棒に振るかもしれません。それでも、何年後かにはすごく強いチームなるかなと思います。育成面で充実してれば、サッカー王国『九州』から優秀な新人たちが来てくれると思いますし。


チームのシーズン前に掲げた理念としては、おそらく後者なのでしょう。
でも、一サポとして、チームは出来るだけ「早く」「強く」なって欲しい、そういう気持ちはあります。

だからこそ、究極の選択ですよねぇ。

このままだと、何かがかみ合わないくて、歯がゆい負けが続くかもしれません。
そういうところで、選手たちが自身と闘っていけるか、サポが我慢できるか。

シーズン前は苦戦することを覚悟してました。本気で覚悟してました。でも、おもったより闘えることがわかってしまったことから生まれた「欲」と、紙一重で勝ち点を失う現状をみることの「辛さ」にその覚悟を揺るがされてました。

ここでもう一覚悟いるかもです。ってか、しなきゃだめだろって思いました。



今節の感想を書くにあたり、サカくまさんをはじめ、他のサポさんのブログを一通り読んでみました。
もし今節の試合を観て、「グダグダだった」とか「もっと頑張れよ」とか書いてあったらどうしようかなぁと思いながら、恐る恐る、本当にドキドキしながらサポさんたちのブログを徘徊しました。

そんで、ほっとしました。
自分が一番甘かったかなとも思いましたね。ちょっと反省しました。


ま。苦戦を覚悟するのと、チームの勝ちを信じるのとは全然矛盾してませんからね。
今のうちから負け犬根性というか、ひねくれてチームを見るなんてことは、当然したくないし、そうすることは必死で前を向いて進もうとしている我らが『ロアッソ熊本』にとても失礼だと思いますしね。

なので、これからも安易に「勝つ」「勝つ」言いますよ(笑)

そして、これから先はもう自分の覚悟を前に押し出すことはしません。もう十分。
今日のは戒めです。自分への。これからは秘めていきます。負けません。なので、文章が楽観的でも「うわっ…こいつ…かるっ!」と思わないでください…いや。思ってもいいか(笑)それを楽しめる余裕をもっていきましょうね。


次節、本当に強い広島が相手ですが、失点を恐れず、がんがんサイド攻撃を仕掛けて、主導権を握りましょう!そろそろゆたかのゴールとMFのだれでもいいからすごいミドルシュートが見たいなぁ。
来週はミッドウィークもあり、相手が広島・甲府と本当に大変ですが、KKでの連戦なんで。

そして、ちゃっかり勝ち点をいただいちゃいましょう☆


そうしてもらえると、toto的にも助かります! (笑)
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。