ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs アビスパ福岡戦 in レベスタ


ぎゃーヽ(゚∀。)ノ

これゆたかの同点ゴール、超絶FKのあとの叫び(笑)


いや。テレビで観てても声にならなかった。
それぐらいにテンション上がりましたね。いやぁ。すごい。


ゆたかのロングFKに関しては、他のサポさんもおっしゃってるように、去年のJFL第7節でしたっけ?アルテ高崎戦。4連勝後の2連敗。監督解任騒動の起きた後の豪雨の中の水前寺。あの時と全く同じような位置からのスーパーFK。あの位置でゆたかがセットするとどうしてもそれを思い出してしまいますよね。しかも、すでに1点決めた後だったから「あ。今日はシュートが入るじゃないか!」と期待してみてたところでのゴールでしたし。アビスパの壁作りは完全にリサーチ不足ですよ。ゴールに近い方の壁にはもう少し高い選手配置させておかないと。うんうん。

それと、過去の記憶関連で言うならもう1つ。こっちは嫌な方だけど。こっちの1失点目。大久保のゴール。試合全体を観る限り、たぶん大久保はいい人だと思うよ。最後までボール追いかけるし。ばっさんがファウル気味に体当てて止めても怒らずに手でタッチしてくれるし。グリフィスがキレてるときに声かけに言ってたしね。でも、あのゴールはムカッときましたねー。一昨年、灼熱の水前寺。2-3で負けた佐川東京戦。熊さんと福王のミドルで応戦したものの大久保に決められて敗戦したあの試合。あの静まり返った水前寺を思い出してしまって。

福王の出場も、そういや2006年シーズンの終わりに怪我したのって、福岡との練習試合きっかけだったなぁと思えば、それはそれで勝利のピッチに立てて、リベンジできたじゃないか!なんて思ったり。


今節の福岡との九州ダービーは、おそらく福岡のサポーターたちが知らないところで、うちのサポの方が思い入れが強かったと思うし、単なる勝利…っていうことじゃなくって、4点とったことも、ゆたかがハットトリックしたことも置いといて、試合の流れ、1つ1つのゴールの形、失点の形、登場した選手、これまでの歴史がふんだんに盛り込まれた勝利になりまして。


なんだかホッとしました。

いやいや。もちろん、絶対勝てると思ってたわけでもなく、これで終わりというわけでもないんだけど。
試合終わった後、すっごく長く息を吐きました。そんな感じでした。


それでは、少し冷静に試合を振り返っておきたいと思います。




試合の展開、流れ自体はそれほど良くなかったようにみえた。

前半からやや押し込まれ気味で、先制点も楽に献上してしまった。
それも、最もマークしておかなければならない大久保に。

直前まで小競り合うほどぴったりマークしていたうえみーはなぜあんなところにいたのか?

解説は「マークを外された」と言ってたけど、外されるほど大久保は動いてなかったし、ボールが思いのほか曲がって落下地点の予測を間違えたというようにも見えたけど。修正の余地有りですね。


ただ、あまり良くないのかなと感じたのも、試合後の池谷監督の発言から「見えた」だけかなと思いました。結果的に、うえみーからのロングフィードから2点生まれたわけですが、序盤から「狙って」ロングボールを多用していたとおっしゃってまして。ということは、ポゼッションの時間が短くなったのも、その戦術の代償ということで、良くないように見えてしまったのではないかと。

もちろんポゼッションを相手に与えたことでピンチをたくさん作られたことは間違いないわけですが。
それでも、それが無策でなく、狙い通りなら、こうやって結果もついてくるのかなと。

それに、ロングフィードにゆたかが抜け出す形は、一朝一夕のスタイルじゃないもんね。遡れば、ゆたかが加入した2006年から度々見られたうちの得意な得点パターン。去年は引いて守られてたからこの形は少なかったけど、ああいう抜け出しさせたらうちのゆたかさんはピカイチですよ。

一方で、少しだけ不安なこともありまして。

ロングフィードは大いに結構なんですが、あくまで狙う形、相手のDFが弱いと判断されるような場合に使って欲しいなと。これに頼るとチーム全体が「攻め」で手を抜いてしまうかもしれないし、脳みそを使わない機械的なサッカーになりかねないなと思いまして。

甲府戦はSBの裏を狙うため、福岡戦は相手CBの弱点を突くため。
目的のあるサッカーは大いに結構ですが、3点目のように崩す形が本来のうちのサッカーですから。

それに、最近、ロングフィードサッカーをしたときに勝てているということも少し気にはなってますし。
中盤でのカットが多いわりに、そこから有効な展開がどれだけできているかといったら…
高い位置で奪って速く攻める…がうちのスタンスですし、すごく魅力的なサッカーだと思いますから。
その良さを失わないようにしてほしいなって思ってます。

横浜戦、中盤できちんと展開しようとしたらそこでのミスをつかれて失点したという事実、それを手っ取り早く修正する…という効果も期待できたので、アビスパ戦に関しては、あの戦術で全く問題なしだとは思います。

問題はこの後の試合。岐阜・徳島とカウンターの得意なチームとの対戦が続きます。
今節のようなフィード合戦になると、山形との試合で失敗したような展開になるでしょう。
そこをどう修正するのか。ここで勝利できるようなら心配も杞憂だったかと思えるんですけどねー。

翔平とたけっさんには奪取の力があるということは分かりましたんで、次は、奪取の後、どうやったら鋭く攻めるためのパスを正確に出せるか…を極めて欲しいものです。


さて、話は戻りまして、2失点目は、グリフィス。ってか、コバのミスでしょう。あれは。
出るなら触れ、触れないなら出るな。それだけです。
コバに関しては、スーパーセーブもスーパーミスもありました。両方ともドキドキです(笑)
コバのキックがそんなに巧くないのを知ってか知らずかコバがボールを手に持ってるにもかかわらず微妙な位置でグリフィスがプレッシャーかけてたのが印象的でした。ああいうときはSBが下がって受けに行く、受けにいくふりをするとかもいるかもなーと思いました。


3点目のチャ様からコモのサイドの崩しも良かったですね。
チャ様に対応してたのが、福岡の顔・北斗だったんで、彼と互角に渡り合っているチャ様を見て、すごい頼もしかったですね。両チームのダイナモ対決。見所満載でした。


あと、付け加えておきたいのは、ゴンさんの陰での活躍。

今節はけっこうボール引き出してた。序盤でも押し込まれる展開でも、クリアボールに反応し、きっちりファウルをもらってゲームを落ち着かせてたし。やっぱりゴンさんが献身的にボールを引き出すために動いてくれるとゆたかに決定機がバンバン回ってくるみたい。いい流れだと思う。

ゴンさんにも1本いい感じの決定機がきたけどね。あれを決めれてれば今節の働きも報われたと言えたんだけど。FWにゴール前以外での仕事を求めるのは申し訳ない気がするけど、ゆたかのゴールはすべてゴンさんありきだと思ってもらってもかまわないくらいなんで。きっとゆたかが倍返しでアシストしてくれると思うし、なんとか2人で頑張って欲しいなと思いました。


3点目を奪ってからは、完全に守りに入り、完璧に押し込まれる展開に。

ああいう100%守りというか、この試合ではゆたかがダメ押しの4点目をとったから、無事、後半無失点で乗り切ったものの、おそらく賛否両論でしょうね。危なっかしいったらないです。

リードして終盤を迎える展開がそれほど多くないので、試合の終わらせ方が拙いのはやむをえないかなと思いますけど。できたら、もう少しポゼッションを高めて、高い位置でキープしつつ、ギリギリになったら相手に当ててマイボにするのが一番だと。コモはCKとりましたし、巧かったですね。その後のCKもコーナーで粘るんなら、翔平・たけしコンビではなく、ゆたか・コモコンビでやってあとは自陣に引っ込めばいいのにと思いました。徹底した方が良いのではないでしょうか。

押し込まれた展開は、見た目よりは怖くなかったです。CKでのヘッドも。バーに当たったのもあったけれども、手前で屈強なCB2人に体を寄せられていたら、あれ以上、叩きつけるヘッドはうてなかったですし。

むしろ問題は、ボールがきれた…と思ったときの油断。

スローインになったときに矢野ちんが油断して、裏を簡単に取られて、ハーフナーに決定的なチャンスを与えた場面。ハーフナーが空振りしなければ、あとはコバ頼みでした。

もう1つ。左からのロングフィードにハーフナーの上を越えて一番奥に走りこんできた黒部へ。あれも、福王が、ハーフナーの頭を超えて自分の前にボールが流れたことで「これはゴールキックだ」と簡単に流そうとしたときに裏から黒部が走りこんできたのをみて、とっさに足を出すという非常にまずい守備。これまで3戦連続でPKとられてますが、あれに関してはPKとられても文句言えないかも。結果PKじゃなくて、福王の足に当たってゴールラインを割ったからCKという判断でしたけど。あれもボールから相手をブロックできる位置に福王がいたので、もう少しきっちり守って欲しいところでしたね。

どちらかが決まっていれば、無事に勝てたかどうか。分かりません。あわせても何秒かの油断でしたが、チームの勝ち点を失わせるには十分な時間の油断がそこにはありました。あの辺はシビアにやってほしいですね。


レフェリーは『あの』扇谷さんでしたが、どちらに寄るでもなく、普通に裁いてました。ミスはあったように見えたけど、どっちが有利だったとは言えないくらいなんで特に文句はありません。
ってか、J2専門の主審というのは、やっぱりJ1の主審より技術が落ちるんでしょうか。


それと、すごく気になってるんですけど。あの解説の人。鳥栖とのときもあの人でしたよね?
九州ダービーはあの人なんですか?なんなんすか?熊本に恨みでも?
常に熊本に辛口なのは、うちが2戦ともアウェイだからですか?
ここ何戦かの熊本の試合は観たといいながら、鳥栖戦がゆたかの今季初ゴールだとか言うし、たけしはスピードのある選手とか言ってみたり。

ちゃうわ。

ゆたかの今季初ゴールは開幕戦の愛媛戦だし。たけっさんは中盤どこでもできるけど、スピードタイプじゃなくて、パサー、テクニックタイプで、細かく付け加えるなら、左サイドではほとんど使われてないはず。リサーチ不足。

ある程度はホーム仕様でもいいけど、やっぱできるだけ中立で喋ってもらわんとー。
現地にいけない双方のサポがスカパーみてるんだし。
勝ったからいいものの負けてたら気分悪いわー。
よろしくお願いしますよー。悪く見えても誉めるとこは探してもらわんとー。

やってられませんわー(笑)



…というわけで、ぶーぶー言いながらも、どこか余裕があるのはもちろん勝ったからで。
選手・スタッフの皆さん、現地で応援された皆さん、ほんとおつかれさまでした☆



次節は、永遠のライバル・岐阜をホームKK-WINGに迎えての試合です。
ロッソサポとしては、審判がちゃんとしてたら負けてなかったと言い張りたいところ(笑)
JFLでの成績はうちの方が上でしたが、対戦成績は1分1敗。まだ勝ちはありません。
今季の順位も岐阜の方が上ですが、次節直接対決を制すれば、勝ち点で並びます。

同期、因縁、リベンジ、ホーム、初勝利、勝ち点で並ぶ…

今度の試合は、うちにとって、九州ダービー以上に燃える試合になることでしょう。
いい試合になることを期待しています。

岐阜の攻略ノートはまた今度書こうかなと思います☆
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

楽しく読ませてもらいましたーw

そうですよ!ウエミ・・・
何故遠ざかる・・・
2失点目も簡単にクロス上げた選手を見送っている(ように見えました。

確かにアシスト2ですけどねw

頑張っているという部分は見えているのですが雑になる部分も少なからず。

それと鹿島るなら徹底してやらないと意味ナイッスねw そうそうユタカうまいアレ。

勝てて良かった~~

岐阜にゃぁ勝たんと。
【2008/05/08 00:09】 URL | 高菜 #-[ 編集]

>高菜さん
ねー。
前節の失点シーンでもとられたのに追いかけないという闘将にあるまじき態度。広島戦のクオリティを維持できたらJ2屈指のDFと呼ばれるのに。やればできるコ。頑張れ!うえみー!

ってか、やっぱり鹿島るって言うんですね(驚)

正直、鹿サポ的にはそれでいいのか?と思ったりします。やってる行為、ぶっちゃけカッコ悪いし(笑)熊本るとか、馬るとか言われたらやですけどねぇ。

ちなみに、友達の鹿サポが使ってて初めてしりました。語源や出所はまったく知りません(笑)
【2008/05/08 11:43】 URL | すん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。