ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs 徳島ヴォルティス in ポカスタ

んー。どうでしょう…

0-2

スコアは前節と同じですが、前節よりは希望を持てる試合をしたとは思うんですけども。
スタッフ・選手がやや暗い…というか、落ち込んでる感じがするのは、なぜでしょうか。


それはたぶん試合後の監督・選手のコメントを読めば分かるかなと。
なので、このブログではあえて言及しません。
冷静になった今ならきっと自身が一番感じていることだと思うし。反省してると思います。
なので、触れません。


それにしても、勝てたなぁ…というのが観てる人の正直なところでしょうか。
結局、ドゥンビアかよ…みたいな(苦笑)

でも、そうじゃないと思うんですよね。たぶん。

美濃部監督の試合後コメントを読む限り、それほどうちへのスカウンティングは成功してなかったんじゃないかな。ま。岐阜戦や福岡戦を対象とするスカウンティングならロングパスばかりと思われるのも致し方ない。それをうちはずいぶん修正してきたというか、一番良いときのフットボールに戻してきたよね。だから、序盤は対応できなかったんじゃないかな。ただ、その悪いときを悪い状態でしのぎきり、試合中に修正してみせたこと。これがチーム力というか。プロというか。

そういう意味では完敗です。


もちろん前半数多く作れた決定機を1つでも決めていれば、『勝てた』と思いますよ。そりゃもちろん。だけど、『たら』・『れば』じゃなくて、悪いときに我慢できる力、悪いときこそ自分たちの信念を貫く力はやっぱり徳島の方が上だったのではないかなと思います。


では、いつものごとく…


さて、試合は、前半風上に立ったロッソが一方的に攻める展開。

ゆたかが無回転ミドルをポストに当てれば、中央からコモがうまくDFをかわしシュートするも弱くGKの正面を突き。うまくDFの裏へ抜け出したゆたかがGKの位置をよく見て、中央のゴンへふんわりクロスするもボールはオーバー、さらに奥のコモがボールを取るもシュートまではいけず。DFのお見合いからゴンがGKと1対1になるもシュートは枠に飛ばず。

とりあえず詳しく思い出す場面だけちょちょっと書いても、こんだけあるし。
4点だよ。全部決まれば。
全部決まらんでもせめて半分くらい…なんて思ったりしますよね。

そして、こんだけ外せば、流れは相手に持っていかれると。


決めるときに決めないと、ピッチの神様は遠くへ行ってしまうのだ

…と、だれかが言っておりました(だれだよw)


曰く、ダ・シルバの位置修正で持ち直したと、前半中盤から徳島ペースになったと。
そういうことらしいですが、結局前半は決められた2本だけじゃないか。ピンチらしいピンチは。

そして、1点目も2点目もどっちも防げたろう?それだけ頑張ってたと思うよ。DF陣。

1点目は、早い話大島があれだけボール前で撃つタイミング計ってるんだから、コバ出ちゃえと。押しつぶすくらいの気持ちでボールにアタックすれば何か起きたんじゃない?逆に、あれを出ずにみてたらそりゃ決められますって。決められてもいいから動いて欲しかったな。あの場面。

2点目は、うちのCKからのカウンター。ドゥンビアどうのという前の話だよね。CKはどうだったのか。ロングパス出した藤田のところで拾う選手、またはアタックする選手はどうだったか。そういう問題じゃないかなと。あれだけ押せ押せの流れの中で失点して、あせってバランスを崩してしまったという感じに見えました。ああいう形には気をつけろと指示があっただろうに。


後半は風上に立った徳島に攻められる時間帯が多くなりましたが、それでもチャンスを作れてたし。矢野ちんのヘッドやくまさんのミドルは本当に惜しかった。問題のドゥンビアに関してもきちんとおさえれてましたよ。

後半、1つ印象に残った場面があります。
後半の中頃すぎくらいでしょうか。
うちの右サイドで翔平(?)が相手ボールを中盤で奪う場面。
これはね、見事でした。ボールを持った相手を両側から挟み、直進しか出来なくなったところを正面からかっさらう、組織的なプレス。ああいう連動したプレス・ボール奪取は試合を通して何度かみられました。最近はあまりみられなかったんで、すごく良かったなと思います。

ただ、その後。翔平がボールを出せずに、何度も切り返します。
翔平がボールを切り返すのって、毎回毎回多いよね。
これがパス出しの遅さ、ファーストボールのパス出しのレベルの低さと言われる所以です。
せっかくいい形で奪ったのに。中盤でボールを奪えたのに。速く攻めれないならアグレッシブな守備の効果は半減してしまいます。

これは何が悪いのか。

翔平の出し方をみていると、最初からなんとなくイメージをもってボールを受けているような気がします。そこへ出せなければ、切り返してしのぎ、そういう形になるのを待つか、それから次の選択肢を考えているのではないかと。そう思ってました。

ただ、もう1つ可能性があるのは、周りが動けていないこと。ボールを奪ったときに奪うことに関係する以外の選手たちの集中力が欠けていることが考えられます。そこにいるべき選手がいない、動き出しが遅れて間に合っていない。そうならば、翔平が出せないのもやむをえない。

どっちか。それは観てる方には分かりません。
パッと見、フリーの選手がいたとしても、そこへ出せる状況かどうかは実際にやってみないと分からないことが多いですからね。
とすれば、そこは選手間のコミュニケーションでつめてもらうしかない。
福岡戦のうえみー-ゆたかラインは作戦もあったかもしれないけど、要はお互いのイメージが共有できてたからいいボールが供給されたわけでしょ?ああいうツーカーラインを増やすほかないよね。

攻めるパターンを増やすのってなかなか難しい。
選手はそれぞれバックボーンは違うわけで。こうきたらこう!みたいなのって練習中はやれても、試合ではなかなか難しいことが多い。逆に、イメージを複数人で共有するには練習するしかないんだけどね。



今回はくまさんが少し長く観れました。

ちょっと思うんだけどさ、ロッソ発足当時組…けっこう良くない?

イチ、ただよ、ばっさん、たけし…がスタメン・スタベン組か。
初年度に枠を広げればくまさんが入ってくるね。
それ以外だと、河野や祐輔、関、マチ、そして、太くんなどがいますね。

地域リーグを闘った選手たちがJリーグで普通に通用するって嬉しいことです。
くまさんとかただよとかびっくりミドルもってるんだからさぁ。もっとチャンスあげて欲しいなぁ。

うちの解説なんかでは、コモや喜名さんがミドル巧いとか言われるけど、のんのん。たぶん一番ミドル巧いのくまさんですぜ。うちのメンバーではくまキャプテンのミドルが天下一品。ただよのフィードはうえみーに負けず劣らず絶品だし。イチはJ2でも屈指の右SBだと思うよ。関だって良いクロス、FK持ってるしね。

2006年組をいれるとさ、ニシがいたり、山内がいたり、だいしがいたり。

何が言いたいかっていうと、うちの魅力はまだまだちょっとしか出せてないってこと。
もっとチャンス与えてあげたいなと思うわけで。

加藤GKコーチは言ってたよ。今年のGKはそのとき一番調子の良い選手を使いますって。
是非やってもらいたい。まだ稲田と太くん見てないですけど。怪我ならしょうがないけど、稲田は一回ベンチ入ったよね。吉田くんもまた使うとかでもいいんじゃないかな。連敗したんだし。

もし池谷監督が『チームに財産を残す』とするなら、それは『チーム力』だと思う。どんな監督が来ても「うちはこんなチームです!」っていえるというか。逆に「うちはこういうチームなので、こういう監督を呼ぶべきじゃないか?」みたいなね。
そして、その『チーム力』とはスタメン組だけのものじゃなくて、誰が欠けても、誰が出ても、一定の力が発揮できるようなものだと思うんです。そしたら、もちろん今は固定して背骨を固めていっても良いんだけども、毎回一人二人はできるだけコンディションの良い選手を入れるべきじゃないかなって思いますね。

それが能力的に通用しないと思ってもです。
1年目でも大事じゃない時期なんてないんだから。試さなきゃ。
勝敗以外のところを見せたいのならば、そういうのも見たいなぁなんて。

この中で来年もロッソで闘える選手が何人いるか分かりません。良い意味でも悪い意味でも。
そう考えれば、一戦一戦が勝負だし、貴重なアピールの場を1分1秒無駄に出来る選手はいないわけだ。とすれば、交代で入ってくる選手たちが必死に頑張ってるのも伝わってきてるし、スタメン組で仮に能力が高かろうが、やる気のない人は代わればいいと思うし。


ちょっと前のマガで、京都に移籍した佐藤勇人が『普段はワイワイしてていいけど、練習中は笑わずに真剣にやるべきだと思う。そこのメリハリはきちんとつけたい。』というようなことを言ってたと記憶しています。ジェフではそうだったんですって。そういうことをみんなが理解して実行できるような環境って素晴らしいですよね。だって、やっぱり人間だから、正論で怒られてもムカッとするし、それをオフでスパッと切り替えるのって難しい人だっていますもの。

それもチーム力なのかもしれませんね。


今節のレポートをされてるブログをいくつか見ましたが、なんとなく出直していこうよ!的なニュアンスを持つものが多く見られたような気がします。それはきっと今節良い時間帯がつくれたからで、前節の岐阜戦みたいなのを続けられてたら、もっともっと叱咤激励みたいなのがたくさんだったんじゃないなかなと。

やれてると思うから何かいいたくなるし、勝てると思うから悔しいわけで。


今季、1試合…1試合だけでいいから、KK-WINGを真っ赤にすることは出来ないだろうか。
満員とはいわないけれど、今季最高の動員を今だからこそ狙ってみることは出来ないだろうか。

本当は次節水曜にお客さんがいっぱい入ると一番いいんだけどね。タイムリーで。
無理だなぁ。平日夜はただでさえ、人が入らないというのに…

それでも、ACさんにはチームの危機を救うべく是非動いてもらいたいなと思います。
ここで離されたらだめだ。勝ち負けにはこだわらないにしても、負け癖や負け犬根性がつくことは避けたい。一定以上の結果は必要で、気持ちを奮い立たせることはきっと当事者じゃなくてもできるんじゃないかと。


なんとかならないんでしょうかねぇ。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。