ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs モンテディオ山形 in NDスタ


今までとは違う悔しさ。

勝ちそうだった前半。
ムードが一変した後半。

流れの悪さと結果から昨年の鳥取戦を思い出してしまいました。


点差ほど実力差はないと思うし、内容もすべて悪かったわけじゃない。

…それでも、1-3で敗戦したという事実は変えられない。


第2クール初戦。
前節の仙台戦で粘れたんだからもう少しいい試合を観たかったんだけれども。

前半リードしてて後半逆転されるというのは、本当に悔しいので。
同じ逆転でも前半追いつかれてて…とは何か違うからねぇ。
すごいへこみます。


それでも、ゆたか2桁得点達成おめでとう。
このまま得点王めざしていこう!
あと、ケガには本当に気をつけて。無理をしないように。


では、試合内容を少し振り返っておきたいと思います。



得点は前半4分。
理想の形で生まれました。

自陣でしたが、比較的高い位置でボールを奪った後、翔平が長いゴロパスをゆたかに入れたのが、ゴールまでの流れの始まり。あのパスはすごく良かったと思う。

この試合、特に前半の翔平はすごく良かったと思う。ここ何試合かより俄然走れてたし、パスのミスも少なかった。何よりこの得点シーンのファーストボールは最高だった。やっぱきちんと休ませてコンディションを調整すべきだと思います。今節に関しては山口の方が悪かったし。喜名さんや吉井も含めたローテーションで使うというのがベストなんじゃないかなと山形戦を見て思いました。

話は戻りまして、翔平のパスを受けたゆたかはちょんとワンタッチで落とす。
この形は試合全体を通して多く見られましたし、成功率も高かった。
練習の成果かな…と思います。パスが入ったときに周りが連動して動けている証。
この形にこだわる必要はありませんが、いいパターンだと思いますよ。ほんとに。

落とされたボールは右から中央に絞ってきたコモが受け、左のニシへ。
今節のニシも素晴らしかったですね。精度の高いプレースキック&クロス、豊富な運動量。
試合前の決意をプレーで表していたと思います。
少し心配なのは、ディフェンスですか。ちょっと簡単に縦をあけすぎる傾向にあるような。
縦をあけてサイドに追い込むのも1つのディフェンスの方法として、もちろん有効だと思いますが、総じて有効というわけではないし。プレースタイルや利き足、フォローの状況なんかも考えながらどうすべきかを常に考えて欲しいかなと。

…とまぁ左サイドのスペースでフリーで持ったニシが早めのクロス。強いヘディングするにはもってこいの速さと高さで、またニアでもファーでもどっちでもあわせられるようなコースで。絶品でしたね。いいクロスだったと思います。

フィニッシュはゆたか。ファーでややダイビングヘッドのような強いヘッドをゴール右上隅へ。
もちろんゆたかのDFのマークを外す動きもすごかったなと思いますけど、一連の流れからコモやゴンさんがきちんとフィニッシュできる体勢でゴール前へ走りこんできてたのも良かったです。完全にゆたかをフリーにすることが出来ましたしね。

本当に見事なゴールでした。
これまではゆたかのセンスに頼ったゴールや相手の隙をついたゴールが多かったですが、多くの選手が絡み、それぞれがベストの選択をして、『崩す』という観点において、この先制点は今シーズン一番の出来。よかった。それがシステマチックな感じだったのもいいよね。完全にはまった…という流れ。本当によかった。手放しで誉めまくりたい。そんなゴールでした。



それだけに…
それだけに…あの流れは痛すぎる。

DFの頑張りも分かりますし、先制点をとったから「やや受けにまわりながら…」というプランも分かる。すごくオーソドックスだしね。いたってシンプル。これぞ王道という立ち回り。

しかしながら、後半3失点。



コンディションも悪かったでしょう。
まさか悪天候のため飛行機がきちんと飛んでくれないとは思いもよらず。
加えて中3日のスケジュール。

ただ、そこに甘えては…そこに逃げ場を作っては…もうだめです。
前の記事でも書いたとおり、我慢すべきところは我慢しないと。やっぱり勝てないですよ。


敗因の原因は1つではなく、複数の原因が連動して『負のスパイラル』を生んだのだと思います。

まずは、コンディション。
これは上に書きました。

2つ目は、リチェーリ。
これまでの対戦でうちはリチェーリにやられまくってます。
今節はそれなりに対処できたと思いますが、メンタルの部分『後ろのスペースを作るとやられる』というイメージが強く残りすぎたのかなと思います。

3つ目は、早々の先制点。
前からアグレッシブに守備するのはそれなりにリスキーですから、できることなら失点をしたくないと考えれば、ラインを高めに保つより、低く設定した方がDFは気を配る範囲が限られるので楽です。でも、同点の状態ではラインを高く保って積極的に攻撃に出ざるを得ない。そのためには、ラインを上げざるを得ない。その姿勢を緩めてしまったもの。その要因の1つに早すぎる先制点があったような気がします。守れば勝てるという状況にうちはそれほど慣れてはいません。結果、1点を失うことをおそれたがために3点を失う結果となりました。

これらが、DFラインを限りなく低くしてしまい、前からのプレスを無効化し、セカンドボールを拾われ、体力を消耗、前線の孤立を生み、常に押し込まれる「被シュート20本」という結果を生むことになりました。


正直、どれが悪いというわけではないと思います。
これまでの結果や流れから、こういう状況に陥ってしまうことはやむをえない部分はある。
それに、前半はこれで守れたという事実。後半は決壊してしまいましたが、決して100%間違いだったという選択肢ではなかったと思います。理論的にはこれでもOK。


ただ、リチェーリが北村に代わってから、修正はすべきだった。
北村も遅い選手じゃないけど、リチェーリみたいにぶっちぎられるような選手じゃない。
1対1でけちょんけちょんにやられるような選手でもない。
あの交代の時点で、ラインをもっと高くするような修正が必要だったのではないでしょうか。

もちろんこれも一方的に責められる要因にはなりえません。
前半無失点で抑えたという事実、そこからある意味「攻め」に転じる決意を試合中に全体で統一することはすごく難しいと思いますので。
そういう意味で、相手の小林監督にまんまとしてやられたという気はしてます。
後半最初からリチェーリを交代させてたら、試合の前に集まって話し合えましたから。
もっとラインを上げていこう…と。

それをさせてもらえなかった。

DFラインを下げさせたまま、バイタルエリアに空洞を作ったまま、北村を投入したあの采配。

小林監督も、池谷監督も、軽くとぼけてますけど、たぶん「やった」「やられた」の気持ちはあると思いますよ。正直なところ。


クリアした後にラインを上げきれない。
中盤までビルドアップしてるのに、DFラインがついてこれてない。
オフサイドをかけようという気持ちがまるでないようなDFライン。

2失点目は一度クリアした後のクロスボールから。
スムースにラインを上げてれば、放り込まれてもオフサイドが取れたのでは。

ボランチの2人の前からのアタックがことごとく失敗したもの、DFラインが低すぎたからではないでしょうか。MFとDFのスペースを与えすぎた。そして、そのスペースを埋めようとボランチが下がりすぎた。そうでなくても、後ろからブロックラインを上げるよう動いて欲しかったです。ほんとに。


そして、たぶん池谷監督も思っていると思いますが、うえみーに修正して欲しかったな。
うえみーみたいなベテランDFは、フィジカル的な部分では落ちてきても、そういう判断の部分でミスってはいけない。ラインの上げ下げは特に大きな判断がいりますからね。逆に言うなら、そういう判断を信頼されてるからスタメンなわけでしょ?たぶん。
後ろがコバなら、もしかしたら進言したかも知れませんが、吉田くんなんで。

ここはうえみーが大いなるリーダーシップを発揮して欲しかったなぁ。


あと、矢野ちんのパフォーマンスがこれみよがしに落ちてる。
やりなれないSBは大変だと思うけど、スピードはそれほどないんだから、中途半端なポジショニングは致命傷。
以前はとりあえず守備からの意識が高かったから良かったんだけど、攻めることも多くなり、そのスペースがすごく大事になってきてるんで。このままだとアリさんにあっさりスタメンを持ってかれるかもしれないよ。休養も含めて、何か1つ武器を。個人的にはそれなり良い部分もあると思うんで。



このような流れでも、チャンスは作れました。

木島のドリブルから左。清水のファインセーブに阻まれました。
その後、CKからニアの高橋がヘッド。これはゴール内にいた宮沢に阻まれました。


決して悪いばかりではない。
けど、勝ててないのは偶然じゃなくて、必然なのだと思う。

まずは失点をおそれずに得点を奪って勝ちに行ってほしい。

そういう「勝利者のメンタル」が今一番大事なのだと思う。


その中で、もちろん監督からの指示や試合展開の関係もあったと思いますが、福王が入ってからの3バックはラインを高く保とうと頑張ってました。福王は前節の仙台戦でもよく声出してたし、いいのではないかと思いますよ。うえみーはここが正念場。頑張って欲しいです。

あとは、ゴンさん代えて、トップにきじまーるはどうかと思うなぁ。
もうちょいサイドで、前の2人がタメをつくれるんで、サイドハーフで見たかったです。
吉井も素直に山口と交代でよかったし。4-3-3にするのも手だしね。

何にせよ、この上なく悔しい敗戦ではありましたが、収穫は色々あったのではないでしょうか?

サポの分際で、この選手はダメだからスタメンから外せ!なんてことは恐れ多くてなかなか言えないし、懸命な選手に対して失礼なんで言わないように努力してますけど、コンディション不良ならば休ませるのもやむなしだと思いますよ。


次節は好調・草津との試合。
前回の対戦では勝ちましたが、だからこそ厳しい試合になると思うし、あの時とはまるで違う闘いになると思います。金曜というやや変則日程ですが、頑張って欲しいですね。


それにしても、仙台・山形・草津・福岡…っていう連戦はどこも『今』調子上向きなチームなんで、正直やりにくいですなぁ。順位はまちまちですが、試合観てれば明らかに他チームに比べて好調だもんね。ほんと困った。


まさか…


日程くんめ…謀ったな…
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。