ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


福岡の変なフォーメーションを検討しよう!

いよいよ今週末に迫ってまいりました。

九州ダービー第2ラウンド。

水前寺にアビスパ福岡を迎えての試合です。
前回の対戦は敵地レベスタで4-2。見事勝利を収めました。
逆転勝利、ゆたかのハットトリック、J参入後初の大量4得点と見所満載の試合でしたね。

無論、うちにとっては…ですが。

逆だったら、たまったもんじゃないですよ。
福岡サポさんの心中お察しします。

そして、そのたまったもんじゃないような状況を次の日曜に垣間見るかもしれないのです。
眠れんですよ。もう。大変ですよ。


一時は低迷していた福岡ですが、第2クールに入ってから本当にいい調子。
第2クールの初戦で仙台に快勝できたのが大きな転機となったようです。

そして、大きく変わったのがフォーメーション。

大久保を1トップ、ワイドに田中と中島を置き、中央に久永、ボランチに久藤とタレイ。
そして、DFは4CB、長野・山形・ルダンの3バックの奥に布部が潜むというフォーメーション。
GKは仙台戦PK止めた神山ですね。

オーソドックスに3バックの場合もあるようですが、せっかくなのでこの変なDFラインを想定しておきましょう。珍しいしね(笑)

前回の対戦では池谷監督が試合後に語ったように、福岡のDFはボール処理にやや手間取る場面が見られると。難があると。そういうことからロングボールでもって攻撃していこうというプランでした。

…ということは、布部が余ることの1つの目的として、DFがミスしたときのカバーがあげられるのではないかと。布部がいることで前回対戦で高橋が裏に抜けたような形をケアできるかもしれません。布部自体カバーの巧い選手ですしね。

また、布部が出たときの戦略として、岐阜が用いた戦法ですが、とことん布部のところへボールを入れるという方法がありました。カバーが得意な布部がファーストディフェンスに回ることでそれぞれが得意な役割をさせてもらえない形を作るという戦法。この戦法もまた、3バックが万全の状態で跳ね返すことで、通用しないことになります。

そして、3バックの弱点としてサイド攻撃への対応のしにくさがありますが、前節の鳥栖戦をみた感じですが、きちんと1枚がアウトをケアして、通常の3バックにプラスしてサイドがいる形へと移行させていました。

結果、ロングボールを中心にサイドを攻めた鳥栖はえぐる前にことごとくボールを奪われ、もしくは奪われないまでも時間をかけさせられ、ボランチに戻る時間を与えてしまい、完璧なブロックラインをつくられて攻めあぐね、完敗してしまいました。

また、CB4枚だすということはスムーズな攻撃は出来まい!と思ったんですが、攻めるときは通常の3バック布部が一番後ろで3枚のうち1枚がやや上がり目になるので、その分ボランチが攻撃参加しやすく、元々が能力の高い選手たちですから、いいバランスを保ちながら攻めておりました。


なかなか手ごわいですよ。たぶん。



一応攻略のポイントを挙げるとするならば…


1つ。すばやいカウンター。
上に書きましたが、攻撃時には3バックになるので、その状態のときに攻撃が出来ればいいというプランがあります。うちは特に前線からの守備を掲げているので、奪ったら速攻で攻めるということができればそりゃあまぁ何とかなるわけですが。素早い攻めは苦手だからねぇ。ゆたかが怪我をしたという情報も入っておりますんで、2トップならゴンさんと山内にするとかスピード系を使いたいところですけどね。

1つ。ポジションチェンジ。
福岡のディフェンスの特徴として、マンマーク、というものがあります。人につくタイプの守備方式ですね。前節の鳥栖戦でも谷口・藤田にマンマークがつけられて、特に藤田は完璧に抑えられましたからね。シンヨンがいればまた違ったかもしれませんが…もしゆたか・ゴンさんの2トップのみで攻めようものなら鳥栖の二の舞になることは容易に想像できます。そこへどれだけ後ろから飛び出せるか。ゆたかやゴンさんが下がって出来たスペースを2列目がどれだけ突けるか。これがキーになるでしょうね。そういう意味では前節のなんちゃって3トップも面白いと思うんですけどね。3バックで3人がマンマークにつくことはかなり厳しいですし。きじまーると山内はスピード系ですからね。マンマーク対策には最適ですし。

1つ。サイドチェンジ。
これはどういうディフェンスに対しても言えることですが、大きなサイドチェンジはマークを分散させることの他、ディフェンスの死角を作ることにも有益です。特にマンマークは人を見ないといけないので、ボールと人とをきちんと把握しておかなければならないのですが、大きくサイドを変えられると、ボールに視界を奪われがちなので、マークを外しやすいという短所はあります。サイドチェンジをしたあとに低くて速いアーリークロスを入れられれば、ディフェンスとしてはいやなことこの上なしだと思いますが。3つあげた中で今うちがもっとも精度が高くできる戦法はこれじゃないかと思ってます。


ともかく今節の福岡様はロアッソ熊本にとっていい高さのハードルを与えてくれました。
正直なところ、この3つが普通に出来るようになったら、J2でも十分闘っていけると思いますし。逆に言うなら、これらがきちんと出来てないから、ここぞという場面で攻撃がうまくいかないわけで。
遅かれ早かれ越えなければならない壁…というか、早いうちに越えておかなければならない壁。
福岡様のお心遣いに感謝しつつ、是非とも、今節を機に越えてしまおうではありませんか!

…ってなもんですよ。


ま。順位的にはこれ以上下がる心配もないし、チャレンジャー精神を前面に押し出して闘ってほしいなと思います。



あと、この長い文章を根底から覆すようで申し訳ありませんが…

個人的には、福岡が復調してきたのは、久藤と中島の復活によるところが大きいと思います。
フォーメーション云々でないかも…とは思ってるんですよね(笑)ぶっちゃけ。
中島の精度の高いキックは本当に脅威だし、スピードがめちゃくちゃあるわけではありませんが、フィジカルは強く、キープ力も高いからね。久藤は巧いし、急所に効果的に走れる選手ですから。

彼らが戻ってきて、福岡は本当にバランスのいい攻撃をするようになりました。
久永や城後など、元々巧い選手が多いんで、パスのつなぎも巧いんですが、前よりも重厚というか、常に複数人がカバーしあいながら攻める場面が増えたような気がします。メンタル的にも久藤みたいに落ち着ける選手がピッチにいることは大きいですよね。

うちはうえみーと矢野ちんが出られませんが、流動的に守る場面が増えると思うので、常に脳みそフル回転のしんどい状況が続くことが予想されますが、是非とも我慢して欲しいですね。

きっと攻撃陣は点を取ってくれますから。

初完封を期待してます☆



…ってか、これまたぶっちゃけ、誤解をおそれずに言うと、山形や草津との試合の前ほど嫌な感じはしないな。
前節福岡がお得意様・鳥栖にすんなり勝ってくれたのも大きいかもしれない。
前節負けた場合の方が怖かったな。なので、前節は福岡応援してましたよ。実際。
たぶんここら辺で休憩してくれるんじゃないかなぁ…なんて思ってますよ。わたくしは。
その休憩が引き分けじゃなくて黒星だと、うちとしては嬉しいですけどね。


今年初の水前寺。

大雨かもしれない水前寺。

去年のアルテ戦や鳥取戦みたいな劇的な勝利を期待してます。
そろそろただよの弾丸ミドルやゴンさんの強烈ヘッドが見たいなぁ(笑)
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。