ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs FC岐阜 in 長良川


正直なところ…どう評価すべきか困っている。


初の無失点。

ミスがなかったわけじゃない。
相手の決定力不足に助けられた部分は大いにある。

でも、よく踏ん張った。DF陣。よく耐えた。
今節の勝ち点は彼らのおかげ。
もちろんMFやFWの献身的な動きもまた助けになっているということは言うまでもなく。
熊日のコバのコメントのとおり。みんなでもぎとった無失点ということでしょう。


ただ、岐阜相手に勝てなかったということは本当に残念で。
もし広島やC大阪、湘南ら上位陣相手にアウェイで完封したら手放しで喜んでるかもだけども。

また勝てなかったかぁ…っていう気持ちもやっぱり心の片隅にある

…ってことだけ、正直に書いておきたいと思います。

そして、これもはっきりいって個人的な想いが強すぎるからかもしれませんが、岐阜戦の采配はどうにも無失点引き分けOKの采配に見えてしまって。木島の投入があと5分早けりゃなとか、熊谷は吉井か山口と交代して、ヤスは木島と交代して点を取りに行って欲しかったなぁとか、そういうことを思ったりもするわけです。

一方で、均衡した状態では『まず0で。バランスを崩さずに慎重にいこう』という監督の采配はすごく分かるんですけどね。別にダメだと思ってるわけじゃないですよ。負けませんでしたから。


さて、フラフラと他のサポさんたちのブログを見て、岐阜サポさんのブログを見て思ったんですけれども、どっちが優勢だったか?っていうのは、きっと議論になるんでしょうね。そういう試合でした。

どっちかというと、ロッソサポの方が「うちらが優勢だった」「勝てた」という感じの印象を持っていて、どっちかというと岐阜サポさんの方が「小島は惜しかったけど、押され気味だった」「負けなくて良かった」的な雰囲気が漂う記事がアップされていたような気がしました。

ちなみに、個人的には「うちが負けなくて良かった」に1票です。
どうにも押し気味に試合を運べたとは思えなくて。
とりあえず監督の思惑通り「無失点」という結果が出たことは良かったなと思っていますが。


もちろんみんなが思ってるとおり、最後の最後の小島の決定的シーンは危なかったです。
ああいうパスが木島にも出せたらなぁと思って見てました。
片山・小島を投入して、片桐のポジションを下げた…という松永監督の采配ずばりのシーンだったんですけどねぇ。解説曰く、松永監督は宏美に出せ!と言ってたようですから。DFラインでうまく動かれていたということだと思います。

でも、もう1つ気になってるシーンがありまして。

前半の序盤、相川のシュートの場面。左の高木からの展開だったと思いますが。
矢野ちんがブロックにいってゴールの右に外れていったシュート。
あの形は草津の島田・後藤にやられた形と似ているなぁと思ってひやひやしました。
右に1人余ってるんだもん。なのに、それを見るべき矢野は相川のシュートブロックにいってて、福王はそのすぐ近くにいるんだもん。

安西先生の真似で「まったく成長していない…」と言いかけたのはここだけの話です(笑)
ま。結果、完封なので真似しなくて良かったです。

ボールを持ったのが相川でよかった。
片桐や梅田だったらあるいは…という場面でした。


攻撃の形が綺麗だったのはやっぱり岐阜だったような気がします。
だから、仮にうちの方がポゼッションが多かったとしても、なんとなく押し気味だったとは言えないというか、そこは強気にいけないなぁという気持ちがありまして(苦笑)


うちの決定機はゆたかのロングとヤスのヘッド・ミドル、熊さんの1対1でしたかね。
ヤスのミドルはびっくり。ドリブルからの無回転ミドルとかできるんだ!(失礼w)すごいやん。
熊キャプテンの1対1は日野が巧かったというべきでしょう。この日一番の決定機。惜しかったねぇ。

攻撃がロングフィード中心になってしまったことは少々残念でしたが、ゆたかがブログで動き出しのタイミングを測れたと言っていたのとピッチのコンディションが悪かったこと、そして、岐阜のラインがそれほど高くなかったことを見越してやったこと(?)など、考えられた戦略だったとのことなので、それはそれで良かったかなと思います。

ただ、もうちょいゴロの縦パスは合った方が良かったかなとは思いますけど。
岐阜のDFはゆたかに入ったときのチェックが厳しかったし、ハイボはほとんど乗っかり気味だったのでうまくファウルをもらえたかもと思ったりしました。


あとはサイドが上手く使えなかったというのも気になりました。
イチ。下がりすぎじゃなかった?高木対策でしょうか。攻め上がりが少なかったと思います。
福岡戦はイチがばしばし攻めてくれてたから非常に楽しかったのですけど。
吉井の目立たなさから考えて、右からの組み立てがやや少なめだったのかなという気もします。

岐阜がうまく縦へのパスコースを切ってたというのもあるとは思いますよ。
ショートパスを受ける動きがうちの選手にはあまりなかったような気もします。

吉井はドリブルが上手いわけでも、パスが上手いわけでもないから(…かと言って下手というわけではないですよ。どっちもそこそこかなって)、そろそろ真ん中で使ってあげたい気もしますけどね。彼の長所は豊富な運動量とパスカット。ショートカウンターの起点には持ってこいの選手ですから。

逆に山口は前目でもいいかなと思ったり。
後半は疲れて動けてない場面も多かったからちょっと恐ろしかったです。
他に、去年は熊谷が右ハーフでスタメンだったりしたんで、イチとの関係は良好と思うのですが。
いいところにいるよ。熊キャプテンは。


FWの2人に関しては、フィードの戦術のせいかもしれませんが、ちょっと前線で走りすぎたかもしれませんね。マーク外すのに力を使いすぎた部分はあるかもしれません。そのおかげで後半岐阜のDFラインの動きがやや鈍ったんですけども。試合全体を通して何本か「どこにパスしてんだよ!」的なフィードがあったように見えたかもしれませんが、もしかしたらFWのマーク外しのフェイントに味方まで引っかかってたのかもしれません。テレビだと良く分かりませんが。それだけ懸命に動いたということなのではないでしょうか。



今節、福岡が山形に3-0で負けました。草津が湘南に3-2で勝ちました。

ここから導き出される仮説。

うちの調子は悪くはないのでは?
もしかしたらうちの調子が一定にたもたれてるのでは?

もちろんサッカーですから、数学みたいに式に当てはめれば答えが出るというものではありませんが。
福岡戦。そして、岐阜戦。
一定の成果、成長の証は見せれたと思っています。




次節は休み。その次はホームに鳥栖を迎えての九州ダービー。
鳥栖は水戸に負けました。福岡にも負けました。山形にも大敗してます。
とすれば、調子的には悪いと。今ならばいい勝負が出来るかもしれません。
ま。次節にもよりますけども。

うちは休み明けなので。
チーム力をもう1ランクアップさせて鳥栖に勝ちにいきましょう☆
連続完封を期待してます。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。