ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs サンフレッチェ広島 in ビッグアーチ

すでに速報ではないですね(苦笑)

サボりましてごめんなさい。



明日の水戸戦のこともありますし、ネタ的にはやや古いので、ある程度サラッといきたいなと思います。


われらがロアッソ熊本はアウェイで首位・広島と対戦。

振り返ってみれば、山形・草津との対戦で第2クールが始まり、既に広島・C大阪・鳥栖・仙台と対戦。上位チームとの対戦はほとんど終えましたね。あとは最終的に上位にきそうな湘南との対戦が残っているくらい。

勝てない時期もありましたが、第2クールに入って少しずつ手ごたえが感じられるようになり、ここ何試合かは結果にも表れるようになりました。

これからもっとJクラブが増えてくると、うちみたいに身の丈経営しなきゃいけないクラブもたくさん出てくるはずですから、今シーズンが終わるころには1つの方向性を打ち出したいですね。

チーム力を上げればやれる!と。


今節、広島との対戦は2-2の引き分け。
得点者は木島と山口。どちらも素晴らしいゴールでした。

この引き分けを良くやったと見るか。残念だったと見るか。
それはそれぞれ印象は違うと思いますが、個人的には残念だったに1票。

チャンスは作られましたが、しのぐべきところではしのげていたので。
無論、相手のミスにも助けられましたが。コバやDFも良く頑張ってました。
それだけに、本来防げていたはずのところで失点してしまったことが、残念です。
前半の序盤は完全に混乱していました。ビルドアップでのミスもあいまってピンチの連続。
その時間帯に点をとられていれば、大敗もありえたかもしれませんし、第1クールまでのうちならばしのげなかったと思います。横浜FCとの対戦がいい例。
そこをしのげた。しのいだ。本当に頑張ったと思いますよ。

攻撃陣には2点とってくれたので、それ以上は望みません。
ただ、池谷監督もおっしゃっていたとおり、速攻・カウンターのシーンは何度か作れていたので、そこでシュートまでいけない形が多かったのは非常に残念です。折角のカウンターが嫌な形で奪われるとそれはもうピンチですから。奪われそうになったらタッチに逃れるとか、ミドルを撃ってみるとか、外れてもいいので、そこはもっとチャレンジして欲しかったなというのは思いました。



今節を終えて、とても嬉しい確信が1つ。

去年の今頃、いや、もう少しあとか。失速という輩が増え始める季節。夏。
JFLにプロクラブとして在籍しながら、アマのチームに走り負けるという試合が何試合か。
悔しい。それが、選手たち、ひいてはスタッフたちに向けられた怒りの季節。

それがどういうことでしょう。

ここ何試合かは後半のハードワークがうちの持ち味となっているようにみえます。
選手たちのモチベーションが違うんでしょうか。
今年から加入した大塚フィジコが有能だからでしょうか。
分かりません。というか、分からなくてもいいです。分かっていても秘密です。

熊本の夏は本当につらい。
ここ数年は明らかに気温も何度か上がってますからね。
そこを本拠地とするチームだからこそ、夏に負けたくないですよね。

そういうチームになって欲しかった。
それが嬉しい。今年一番嬉しい。
なんだか、それでこそ『熊本のチーム』って感じがしませんか?


南米ではエクアドルがホームでめちゃくちゃ強いです。
なぜならば、めちゃくちゃ標高が高いところにスタジアムがあるから。

うちも目指しましょう。

夏の熊本では無敵宣言!



ま。大変なのは分かってます。ギャグです。半分くらいは。
つらい環境での試合が多いということは裏を返せばデメリットですからね。
気温も湿度も高いところで運動するなど、本来人間のすることではないでしょうから。

そこはプラス思考で。地の利を活かすという感じで。
さすがにひるむと思うよ。実際。いきなり熊本来てこんなだったら。



それにしても、うちのチームはタフになったなぁ。精神的にも。肉体的にも。
鳥栖が日本一走るチームを宣言しているようですが、今は無理かもしれないけれど、近いうちに異議を唱えられるようなチームになりたいですね。



さて、以降は次節のプレビューです。


まず一つ謝りたい。水戸に。ごめんなさい。


前節のtotoで湘南-水戸だけは湘南勝ちしかないと考えてました。
仙台-愛媛、広島-熊本、岐阜-山形…などがありましたが、これらの試合で上位チームが勝ち星を失うことは想定の範囲内でした。だけど、湘南-水戸だけはガチだろうと。思ってました。

すんません。

予想の理由としては、順位の他に、水戸のパク・チュホが出場停止だったことが一番の理由でした。
あとは、その前の節の仙台戦で3-0から追いついたものの結局負けたという精神的なダメージも。
湘南が前節甲府に大勝したというのも。

湘南-水戸の試合を観ました。

パクの穴は村松がきっちり埋めてました。むしろ、おつりがきそうなくらいの活躍。
明日はパクと村松を並べてくる可能性もありますね。

この試合も気温・湿度共に高く、霧の出るような環境での試合。
両チームの選手とも非常につらそうな試合でしたが、完全に水戸の運動量が上でした。

あとは、赤星がFWで使われていることにびっくり。
岐阜と同じような2トップの作り方ですね。片桐役が赤星で片山役が荒田。

荒田は本当に生粋のストライカーですな。惚れ惚れする。
J2のFWの中でもかなり好きなタイプのストライカーです。
スペースの作り方、走りこみ方が異様に巧い。

そこにパスを出せる選手が今の水戸にはたくさんいますし、左サイドの堀・小澤は縦へ速い選手ですので、そこから繰り出される低いアーリークロスも嫌な攻撃パターンです。

また、一時期不安定だった守備陣ですが、大和田がいるととてもいいですね。

解説の前田元水戸監督がおっしゃってましたけど、はまれば強いサッカーをするのが今年の水戸。まったくそのとおりです。そのパターン的にはやや持たれる方が得意なのかなという印象を受けました。たしかにパサーも多いのですが、相手がポゼッションを高めてビルドアップしているのを巧く中盤で奪って速攻を仕掛けるパターン。荒田ならばどのような受け方をしてもシュートまで持って行ってくれるというチームの信頼関係。その辺がここ何試合かよく表れているような気がします。


攻略法としては、やはりキープレイヤーは村松orパクになると思います。
彼らが持ったときにどうするか、持たせる前にどうするか。ゲームを作らせないことが一つ。

次に、左SBの小澤の裏。吉井とイチの見せ場ですね。
カバーに入るのが平松であることを考えても、ねらい目だと思います。

あとは、序盤をポゼッションをさせてみて様子を見るのも手かもしれません。最近のうちの守備陣の連携を考えてみても中盤から崩されることはそう無いので、無駄走りさせられるかもしれません。

荒田に関しては、瞬発力勝負になってくるので、ばっさんを当てたいところ。
常にスペースを埋める意識は統一しておかないとやられるかもしれません。



なんにせよ。次は勝ちたい。
前回対戦では、荒田の先制ゴールはオフサイドだったと思っていますし、西野のゴールも雨じゃなければ止めれたと思っています。それに、順位で1つ上のチームに、ホームで負けるわけには行かない。
勝ち点差は4ありますので、勝ったら逆転するような関係ではありませんが、ここは是が非でも縮めたい。今のチームに勢いを持って、一気に上を狙いたいですね。

心配なことは、うちが上位陣との対戦ではいい試合をするのに下位チームとの試合ではイマイチな内容の場合が多いことと過酷な環境下でのハードな日程が選手たちのコンディションについに影響してしまうのではないかということ。

ここはチームとして休日をあげたいよね。本当にご苦労様です。


さて、明日はホーム水戸戦。
そろそろ泰のゴールがみたいっすなぁ。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

はじめまして。新と申します。

たまたま、検索でひっかかって、お邪魔しました。

実は・・・実は実は実は・・・ボクはサンフレッチェファンです!

ムカついたら、削除してください。

それにしても、前節は見事にやられました(゜o゜)\(-_-)

熊本、素晴らしかったと思います。

J1復帰を信じとりますが、まだまだ甘いことを思い知らされました(┬┬_┬┬)

失礼で無ければ、またお邪魔したいと思います。


【2008/07/08 12:47】 URL | 新 #-[ 編集]

>新さん
わざわざコメントありがとうございます。
むかつくなんて、とんでもない。

広島はいくでしょう。J1。
断トツで強いですもん。やっぱり。
前節は上位がみなこけた中、勝ち点をしっかり伸ばすあたりさすがだなぁと思いました。
怪我人が出てもカバーできるし、調子の波もないし、磐石じゃないでしょうか?

次はうちがいつビッグアーチで試合できるか分かりませんが、できれば天皇杯じゃなくて、J1で闘いましょう。
ま。いつになるかは分かりませんが(苦笑)

あ。広島がJ1に復帰したら、J2では熊本を応援していただけると嬉しいです☆
【2008/07/08 23:08】 URL | すん #-[ 編集]

応援しますよ、熊本!

もちろん、愛するクラブは今後もサンフレッチェ一筋ですが・・・

Jの有力クラブが特に関東に集中している状況をなんとかできんもんかと常々思っています(-.-;)

観客動員はもちろん、移動による選手の疲れも随分変わってくるはずです(^^ゞ

ボクの理想では、J1が
九州=2
中四国=2
関西=3
中部・東海=3
関東=3
甲信越・北陸=1
東北・北海道=2
くらいになればいいなぁ

【2008/07/09 02:34】 URL | 新 #-[ 編集]

>新さん
確かにJ1クラブ西日本少ないですね。
でも、どこがJ1からいなくなるかを考えると、それはそれで難しい。

関東の大学サッカーが強いのも、その流れにいっそうの拍車をかけてますし。
広島や大分みたいに育成機関がしっかりするまで時間がかかりますもんね。

せめてクラブのサッカー環境では勝ちたいところですが。いかんせんお金が足りない。

まずはサポを増やし、次にスポンサー。それから、有能なスタッフが身の丈経営をしながら、いい選手を発掘して、少しずつ強く、大きくなっていくしかないですね。当たり前だけど地道にやるしかなさそうです。

とんでもなく果てしなく、険しい道ですが、そうなってくれることを夢見るだけで、なんとなく未来が明るく見えます。

西日本に在籍するクラブ同士。頑張りましょう。
【2008/07/10 12:21】 URL | すん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。