ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs ヴァンフォーレ甲府 in 小瀬

昨日、U-23日本代表が発表されました。

まぁ『今』を監督が判断しての選出でしょうから、マスコミが取り上げるほどの『常連が選ばれなかった』感はありませんし、不満もありません。唯一、清水の青山が選ばれていないのが分からない感じです。清水の今の状況ですかねぇ。

あと、気になったのは右ハーフ専門がいないことでしょうか。
香川も本田圭も左でしょ?DF安田も左ハーフならできると思うけど、右は…
ま。彼らは右もできるかもしれないけど、常にやってる人がいないというのはけっこう危険だと思うんだけどなぁ。森重がSBでそれなりにできたのを受けて、内田や長友をハーフで使うというプランもあるのかもしれんですけどね。

もちろん、この論議が行き着く先は、水野がセルティックに行かなければ…と、後悔先に立たず状態であることは言うまでもありません(笑)

だいぶ思い切った感がある今回の選出。
『反町監督最後の逆襲』みたいに見えなくもない(笑)
かなり自分の思い通りに選出したように見えますね。
裏を返せば、五輪での失態は監督の責任という帰結を導きやすいことになる。

ともかくここまで来るのに相当の時間と労力がかかってますからね、選ばれなかった選手のために、選ばれなかった選手のいるクラブのサポのために、そして、代表だけは気になって見てしまうような国民に、サッカーの素晴らしさ、これまでの集大成を存分にアピールできるような試合ができるといいなと思います。




前置きが長くなりました。

もはや現実逃避をしていると言われても、返す言葉がない(苦笑)

それでも、目を逸らしてはいけませんね。

ドラマは単調では面白くない。
感動的なエンディングを迎えるには、一旦とことん打ちのめされることも必要です。


よし。こいっ!
まずは甲府を誉めたい。

強かった。
巧かった。
速かった。

どれをとっても勝てなかった。完敗です。
第1クールの横浜C戦よりも打ちのめされた感はある。

でも、最後の久野のゴールはオフサイドであるように見えたので、認められない。
そこだけは断固拒否。
負けは認める。が、3-1ではなく、2-1だ(笑)

ま。冗談はこれくらいにして…

今節は甲府の助っ人外人初お目見えということで、気にはしておりましたが、けっこう使えそうですね。背が高く、足も速く、わりと勤勉。そして、今節ゴールを決めれたというのは非常に大きい。1試合目か2試合目に点を取れないとがっつりはまって身動き取れなくなる可能性が高くなるもんですから。

言うまでもなく、これからの部分は大きいですが、これを機に甲府が素晴らしき『甲府サッカー』を取り戻してくれるのなら、派手に負けた甲斐があるというものです。



さて、うちの方ですが、前節の課題を修正できないまま、同じやられ方をした…というのが正直な印象です。

水曜に水戸との試合があったので、言うほど簡単ではありませんよ。修正。

ただ、もっと統一感というか、チーム全体で『こういう時はこうしよう!』というコミュニケーションが十分でなかったようにも見えました。そこはもっとできたんじゃないかなと。どうしたら水戸に勝てたかを議論したり、アイデア出したりすれば何かできたのではないか。

それが見えなかったことが非常に残念。
ディフェンス面でもオフェンス面でも同じです。


たとえば、セットプレーで三度やられる。
どうしてファーの選手があれだけフリーになるのか。指示で防げなかったのか。

たとえば、DFラインが下がりすぎている。
練習のとき、コバとうえみーで話し合えていないのか。MFとはどうか。

たとえば、翔平が飛び込んでワンフェイクで抜かれる場面が多い。
とれなくても、スピードを殺す場面が求められていたのではないか。
翔平がディレイしている間、他の選手たちが効果的なカバーをするという意識はないのか。

たとえば、ゆたかがペナ内で勝負できていない。
木島はデコラインとしての役割を果たせているか。
MFはきちんと上がりパスコースを増やせているか。


パッと思い出しただけでも、非常に気になることは多い。


何か一つやれば、結果が劇的に変わるということは無いと思うけど、1つ1つ地味に丁寧に繕っていくしか現状でやれることはない。そういうことができる人、いわゆる、バグを発見し、修正していくような優秀なプログラマーがうちのクラブには足りない。それを選手がやるべきか。監督がやるべきか。方法はいく通りもある。どれが正しいかは分からないし、正解は1つではない。誰の責任かはまだ論じる段階ではない。もっと全体で修正していく態勢、試合外でのチームプレーを期待します。


次こそは、何かが改善されていることを心から願っています。




さて、ちょっとマイナスな雰囲気なので、がらりと。

あれは良かったね。得点シーン。

内・外・内の展開が巧かった。MFであるコモが飛び込んだ。
そして、すべてが速く、ノーミスで行われた。

前回のコモの出来を踏まえて、池谷監督が出した1つの答え。

4-3-1-2へのチャレンジ。

2006年、天皇杯で仙台と互角の勝負を演じれたあの時に採用されたフォーメーション。
JFLでは通用しなかった。なぜなら、うちよりポゼッションを高めるチームはいなかったから。
技術的に上回る相手をボランチの3人が徹底的に追い回し、つぶし、技術力のあるトップ下と決定力のあるFW、そして、攻撃的なSBのアタックで得点を奪うフォーメーション。

喜名さんが入ったときに、ゆびを3本立ててたから、おそらくあの時変わったんでしょう。

1つ結果は残せたと思いますね。


その流れで監督にオフレコで聞いてみたいのは、得点後、翔平がゴンさんに代わって3トップにしたのはなぜかってことかな。明らかにいい流れだったし、ミスでダメにしたのもあったけど、あの得点で少しの間、イケイケの雰囲気になったのに。あえて、フォーメーションを変えてまで3トップにトライした意味は何か。

ただ単に前の枚数を増やすことで攻撃を活性化させようとしたのなら、それが一番悲しい答え。
翔平が限界でどうしようもなかったのなら、それはそれでやむをえないという答え。
勝ちを諦めてまでも、3トップへ挑戦したかったというなら、今後の結果をして答えとなる。
4-3-1-2を研究させたくないということならば、次節が勝負ということですか。

もし甲府戦で勝ち点を素直に狙うなら、木島をゴンさんにかえて、あとは選手の頑張りに委ねるのがベターだったように思いますが、これいかに。

できれば、明快でうなるような答えが欲しい。そういう答えがあると信じている。


もし、ゴンさんとゆたかの2トップだったら、あの場面で木島を出せるのにねぇ。
誰が見ても、それしかないし、それでダメならサポ的にも満足なんだけど。

前回でも言ったけど、そろそろゴンさんをスタメン復帰させること、もしくはコモを2トップの一角で使ってみることを検討していただいて、木島にはジョーカーとしての役割を全うしてほしいなと思っちゃいますね。FWはサテライトの選手たちも頑張ってるみたいだし、正直難しいところではあるんだけど、個人的にはゴンさんとゆたかがスタメンであることがベストだと思う。

控え枠が5じゃなければ、サテからも選ぶんだろうけどね。
5ならFWはスタメンもあわせて3人でしょ。
GK1人、DF1人、MF2人、FW1人とせざるをえないし。

山内や陽介は選びたいけどねぇ。
それでも、怪我人が出るまではここは動かない、ってか、動かさないな。
ゆたか、ゴン、木島がJで通用することは分かっているし、うちのFW陣で能力的に群を抜いているのは間違いないから。そこを変えるのは勇気じゃない。無謀だ。


なので、選ばれたFWには是非ともゴールを。結果を。

どうにか頑張ってもらうわけにはいかないか。


次節はホームで愛媛戦。
次は1週間あるんで、コンディションはもとより、コミュニケーションをお願いします。

あとは、「こんちくしょう精神」で。

今現在下位にいるチームに連敗したとなれば、正直大問題です。
仙台・C大阪・広島と善戦したのに、むしろマイナスです。ここで意地をみせないと。


あと、他クラブをみると、今節あたった甲府もそうですが、色々と補強に動いているクラブが見られます。うちはどうなんでしょう?サイドができるMF(特に右)と屈強なCB、右SBは補強ポイントだと思いますが。シーズン中ですからレンタルはしやすいでしょうし、ここは1つ動いてみるのも手かと。それがいい選手であればあるほど、負けの痛みは和らぐんですが(笑)


あぁー。いい試合が見たいんですけどー(笑)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。