ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs 愛媛FC in KK

遅くなりました。

あの劇的な試合を、もう一度、今度はテレビで観よう!それから書こう!

…と思ってたら、忙しくて、結局観ないまま。


といってもやっぱり書かないわけにもいかず。



いやぁ。市村のゴールは見事でしたね。

彼の左足でのシュートもさることながら、多くの選手たちがペナの中に入り込み、相手DFをひきつけることができていた。形は個人のゴールに見えなくもないですが、俯瞰で観れば明らかにチームで奪ったゴール。ナイスゴールでした。


それからのKKの雰囲気たるや…

本当に3000人か?(笑)

ゴール裏もさることながら、メイン・バクスタも一体になって、1つギアが上がった応援っぷり。
ああいう雰囲気をもっと多くの人が味わっていかなきゃいけない。
そうすることで、観客も増えていくことでしょう。

それには、やっぱり強いチーム、面白いフットボールであってもらわないとね☆


では、少々時期はずれなので、できるだけ簡潔に振り返りたいと思います。

まずスタメンで驚いた。

フォーメーションが変わることは前日の熊日新聞掲載のとおりだったので特に。
以前、草津戦でもトライしたフォーメーションだったしね。

驚いたのは、予想されていた山内のほかに、ダイシと太が先発だったこと。
GKのアップが始まってからゴール裏の太コールがやけに多くて。
ああ今日はベンチに太が入るのだと思っていたら、電光掲示板のスタメン紹介で…

「GK…背番号1…ふとりーよぉーいちぃー」

でしょう。


えぇぇぇぇ


いやいやいや。ビックリでした。


ただ、太くんの能力自体に疑いを持ってたわけじゃありませんよ。
プレTMで太くんをたくさん観ましたが、巧くなった。本当に巧くなってるよ。

ここで少し選手紹介。

太くんは、2005年のチーム結成当時から在籍してるGK。
2005年は割りと出てたと思うけど、大事な試合では加藤現GKコーチがゴールマウスを守ってました。2006年の前半は正GKでしたが、失点が多く、セービングや飛び出しも不安定だったため、レンタルGKの飯倉(現横浜M)に正GKを奪われ、2007年は全ての試合にコバが出場しチャンスなし。2008年に入っても、ルーキーの吉田くんが開幕スタメンをつとめたり、コバが復帰したりとここまでチャンスなし。この2人に稲田が加わり、GKのポジション争いは超熾烈。最近はコバがスーパーセーブ見せたり、吉田君がU-19代表候補に選ばれたりと、そろそろ出てこないとやばいんじゃないかと思っていたところ。ちなみに、ウイイレが非常に巧い(らしい)。


今節の太くんのプレーは自身の特長を生かしたいいプレーでしたね。

コバが1対1、吉田くんがキックなら、太くんの良さは思い切り良さと飛び出しのタイミングだと思います。判断にはまだややブレがありますが、昔に比べたら俄然良くなってるし、シュートコースの切り方、クロスへの対応も非常に良かった。

愛媛攻撃陣が「決めるところで決めれたら勝てた」とコメントしてましたが、それを難しくしたのが太くんのプレーの素晴らしさであり、DF陣の最後の粘りだったということでしょう。

このままもっともっと巧くなって欲しいですね。
なんたってあなたは地域リーグ時代のロッソ熊本を選んでくれた人ですから。


監督も、今節の起用はもしかしたら気分一新的な感じだったのかもしれませんが、非常に悩ましくなりましたよね。勝っている間は変えないのが通説なので、負けるまでは太くんに任せてみるのも面白いと思いますが。うちのGK陣は同じようなレベルで競り合ってるから今後の展開が楽しみです。まだ出てないけど稲田もいいプレーしますよ。



そして、今節のフォーメーションですが、フォーメーションとしてはもっと煮詰まっていかないと厳しいでしょうね。ダイシがコメントしていましたが、誰がアタックするのかが非常に曖昧になっていたのは観てても分かりました。

特にSBの裏。

相手ハーフがボールを持っているときにSBがアタック開始。
その裏を相手SBにつかれたとき。

もしくは、SBが攻撃参加した後のケア。

これが全然でした。

本当ならCBがカバーしたり、ボランチがカバーしたり、SHがカバーしたりするんでしょうが。
特に左サイドでそのような傾向が目立ちました。

これは誰が悪いというわけではないと思うんですよね。
それぞれが役割を全うしようとした結果、応用がきかなかった。

監督曰く「後半はダブルボランチにした」とのことですが、大まかにはボランチ3人の形が∵から∴にかわったということだと理解しています。∵のときは全体的に前へ前へとプレスをかけていたためSBの裏をカバーする選手が残らない状況が作られていましたが、∴になってからは本来のダブルボランチの決め事と同じような動きをすればよくなり、カバーが安定した、決まりごとがはっきりした…ということなのだと思います。

この3人も良かったね。
翔平にはややミスが目立ちましたが、守備のほかにコモとのポジションチェンジも頻繁に繰り返してたからちょっと仕事量が多すぎたのかなと。最終的には全てをパーフェクトにこなしてほしいですが、今は少しずつ上達して欲しいですね。
吉井はやっぱり中央の方が生き生きするなと。うちのメンバーはサイドハーフタイプの選手とボランチ・センターハーフタイプの選手がすごいはっきり分かれてますし、プレースタイルが似てますので、使い方は見極めやすいのですが、吉井がサイドを経験したことは彼にとってすごく大きな収穫になっていると思いますよ。
ダイシは前回のスタメンのときが非常に良くなかったので心配してましたけど、今節のプレーは安定してた。けっこう中盤でボール落ち着かせてたし、翔平も喜名さんも山口もうかうかしてらんないね。こりゃ。せっかくなのでいい位置でのFKも観たかったけど。それはまた次の機会に。

この3人の組み合わせは、山口が直前にケガ、喜名さんも調子が良くないということで、決まったそうですが、やりましたね。吉井は去年からできることはわかってましたけど、ダイシがこれだけできることは収穫でしょう。プレースキックの精度がずば抜けていることを踏まえれば、彼がスタメンに名を連ねることは非常に大きな武器になる。まだ若いしね。今後、このプレーの質・量が保てるか。それが次の課題ですね。


そして、前の3人。
山内・ゆたか・コモと並べてくるとは。なかなかのでこぼこコンビ(笑)
それでも、山内があれだけ仕掛けれて、ゆたかがペナ内で仕事ができ、コモが攻撃力をいかんなく発揮できたことは、今節このシステムで成功といえる一番の要因。全員が全員、ここ最近では特筆すべきレベルの活躍をしたというべきでしょうが、一番輝いていたのは山内ではないでしょうが。

前半からバリバリに仕掛ける姿勢、ペナ内でとられない重心の低いドリブル。
今シーズン序盤に出たときはボールをとられまくってましたが、それはSHとしてビルドアップのドリブルをしていたからだと思っています。やはりもっと前で持たせたい。そうすれば、今節のようなこともできたのだと思っています。
また、今節は相手が高杉であったことも大きい。愛媛の右SB高杉は簡単に言えば、うちのイチのようなタイプ。背が高く、スピードもあるので攻撃力は相当なものがありますが、1vs1の守備にはやや不安のあるSB。それを巧くつけましたね。逆にそれを考えての起用だったのかなとも思いますが。そこのところは監督に聞かないとわかりませんね。

そして、一番大きいのが木島の影響かもしれない。
タイプ的に彼らは似ている。背格好からプレースタイルまで。
サッカー選手としていい影響を受けているのだと思いますよ。山内は。
そういう意味でも木島を獲得できたのはうちにとって大正解だったといえるでしょうね。



とにかく、今節はうちのいいところが前面に出ました。
水戸・甲府戦のプレーはなんだったのだ?と思わせるくらいの。

ゆたかさんが前に言ってました。

ボールを持たれるような上位陣相手のほうが守備から入れるのでやりやすいが、こちらがある程度ボールを保持してビルドアップしていくような同じくらいのレベルのクラブだとミスが出て巧く試合を運べない…

今節もチグハグなときに愛媛に外してもらって助かった部分はありますが、得点シーンを含め、ミスが少なかったり、リスクマネージメントができたりという点では、少しずつチームとして成長できていることが伺えます。

夏の試合は非常に大変ですが、中3日の連戦のとき以外は今節のプレーの質が保てればなと思いますね。そしたら、きっともっと上にいける。



次節は湘南戦。上位チームですが、第2クールは苦戦中。
アジエルも一旦帰国したそうです。
1度目の対戦では0-2で完敗しました。

リベンジ。

良いサッカーをしてくれることを熊本から祈ってます。




あ。今節の愛媛戦。
コイントスしたうえみーもぐっじょぶ。
まだまだ暑い6時にコートの半分ほどが日なたの方にはなりたくないよね。
GKとか完璧に直射日光の下にさらされてたしさ。

まじナイスです。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

はじめまして。NOBUさんのところから来ました。

僕GK大好きなんですけど、太くんはメンタル
面なのかな?と思ってたんですよ。

でも、去年のTM鳥栖戦と、宮崎産経大戦では
大分コーチングの声が違ってて、成長している
なあと感じました。

個人的には、吉田君も相当ポテンシャルが高い
ように感じてます。

コバもいろいろ教えてくれてるようですし、若い衆も楽しみですよね。
【2008/07/26 13:12】 URL | たのさん #-[ 編集]

>たのさん

はじめまして。コメントありがとうございます。
たまにブログ拝見させてもらってます。

なるほど。メンタル面ですか・・・
そういえば、山崎アナも「優しい」んだと言ってましたね。
愛媛戦は、どうか前半は無失点でお願いしますと祈ってました。

うちのGKはそれぞれに長所が違ってて、誰が出てもそこそこやれると思ってます。
世代的にも幅広く、うちのGKチームはすごくいいなと思いますね。

あと、今年からJ2を本格的に見始めて気付いたんですけど、意外とJ2のGKの質って高いですよね。
【2008/07/26 16:24】 URL | すん #-[ 編集]

JFLにいた頃、全体的に一番レベルが高いのが
GKではないか?と思ってたんです。

鳥取の井上なんか良かったですしね。

基本的に一試合一人しか出られないポジション
ですし、言うたらJ1からJFLまで含めても、
レギュラーは50人もいないポジションなんですよね。

全国の強豪高校、ユース、大学の数なんかから考え
れば、やはりレベルが高くなって当然の面もあると
思います。

だから、相手に鬼あたりされればJFLでも苦戦
してたのかな?なんて思ったり。

うちのGK陣、いいですよね。
コバも確かU20では代表選ばれてたと思いますし。

稲田も見てみたいんですよねえ。
【2008/07/26 17:32】 URL | たのさん #-[ 編集]

>たのさん

なるほど。
確かにいいGKってたくさんいますけど、ポジションの関係でプロの枠だけだとあぶれますもんね。

鳥取の井上はいいGKでしたね。
背はそんなに大きくないけど、ばねがすごかったです。
何と言っても、ぬりかべですからね(笑)


そうでした。
言うの忘れてましたけど、リンク貼らせてもらってよろしいでしょうか?
うちのリンクは目立ちませんが(笑)
【2008/07/28 11:37】 URL | すん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。