ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs ヴァンフォーレ甲府 in 小瀬

久しぶりに『速報』と言いうるタイミングでの記事アップ!(笑)


1-5という大敗でしたが、横浜C戦や湘南戦みたいにへこみっぱなしな気分じゃない。

むしろすがすがしい気さえしてる。


それもこれもキヨシさんのゴールのおかげ。
ありがたい。あの1ゴールはありがたい。

うちの味方紙・くまにちでさえ「終盤1点を返すにとどまった」の表現のみ。
あとは監督も『何も出来なかった』がクローズアップされるだけ。
「これが今のロアッソの限界なのか」という文章はけっこうきましたね(苦笑)


でもさ、あのキヨシのゴールは何かが出来た証じゃなかろうか。

あの厳しい展開の中、スタジアムで、TVの前で、目を背けたくなるのをグッとこらえて、チャンネルを変えたくなるのをグッとこらえて、強い悔しさを我慢しながら、ピッチに立っている選手たちと共に闘い続けたサポーターのためのゴール。

そして、最後までピッチの上で闘ってくれたロアッソ熊本イレブンの実り多き未来への門出の一撃。


試合の間は見ている者にも苦しかったけど、うちの選手たちは最後まで気持ちが折れなかった。

だから、ゴールが生まれたんだと思う。


完敗で大敗だった。

けども、それだけじゃなかったと思うよ。
見たら分かる。ちゃんと見てたら分かるよ。

大丈夫。

うちのチームは確実に強くなっている。何も間違ってはいない。

次節はホームで水戸戦。非常に楽しみにしています☆



では、今節を少しずつ振り返っていきたいと思います。


監督が今節考えたプランは、昨日の実況・解説によれば、「ブロックラインを低めに設定。まず陣地に戻る。そうすることで奪いどころをハッキリさせたい。」とのこと。

個人的には、プラン自体は悪くない…というか、狙いはハッキリしているので意識の統一はしやすかったのではないかと思います。

今節は高めのプレスをかけたとしても、甲府の選手たちの高い技術の前に翻弄され、消耗し、ジリ貧になると予想し、まずはしっかり守るところから入って、相手が押し込んできたところをカウンター一閃!と行こうじゃないかというプラン。

たぶんそういうことなのだろうなと思います。


これまでの甲府の戦跡を見ても、がっちり守備で来るチームとの相性があまり良くない。
2人の外国人選手が入ってきた後も、わりと守備組織の確立している鳥栖・山形の牙城は崩せなかった。
そこに活路を見出そうとしたのではないかと。


ただ、うちってまだまだこれからのチームですし、攻撃はともかく、守備は苦手なチームだと思うんですよ。ましてや、ここ最近調子の良かった前からガンガン行くスタイルを変えて、相手に合わせてのプランニングですからね。


結果、厳しい序盤になりました。


特に、解説の方もおっしゃっておられましたが、SBチャ様のところは簡単にクロスを上げさせる場面が多すぎた。引こうとする意識が強すぎたのかもしれないね。あとは、MFのブロックラインが思うように下がってこられなかった。サイドに振られる前にもっときちんとボールの出所をおさえないといけませんでしたね。今回のようにブロックラインを低く設定する場合は、ボランチを2枚にした方が良かったのかもしれません。結果的にですが。

とにかく前へ前へと走りこんでくる甲府選手に対して、どこでいくか、だれがいくかがイマイチハッキリせず、4バック+1ボランチで跳ね返しても跳ね返してもセカンドを拾われ続け、自由にさせすぎ。あれでは正直、守備陣がかわいそう。ふわふわしてたもんなぁ。残念ながら。

その中で、途中から右SBに入ったばっさん、何度もスーパーセーブを見せた太くん、あと1失点目はミスでしたが、その後はけっこう頑張ってた福王をはじめ、失点は多かったけど、うちのDF陣そんなに悪くなかったと思う。ってか、いつもくらいは出せてたよ。みんな。


失点した後は、守るだけではなくて、ゆたかさんのスルーパスがあったり、ループシュートがあったり、ゴンさんのヘッドがあったりと、徐々に盛り返し始めていたんですが…

あの退場劇が…orz

こら!吉井!あのバックパスはないぞ。

そうです。うちの右CKだったかな。
一度跳ね返されたボールを、一応相手陣内左サイドで吉井が拾ったんです。
吉井はそこでバックパスを選択。
そして、後ろに居たのがたぶんチャ様だったんじゃないかな。ばっさんかな?福王かな?
そのバックパスがゆったりしたふんわりパスだったわけですよ。
それを大西がつめてきて、ヘッドで五分で競り合うようなタイミングになり…

結果、うちのDFは競らないという選択をしたんですが、それを逆サイドでフリーになっていたマラニョンかサーレスかに振られ、独走されてしまい、右CKを蹴ってダッシュで戻ってきたダイシがやむをえないバックチャージ。あれ以上いかせたらPKになるし、タイミング的にはもうあそこで勝負するしかないというタックル。レッドカード一発退場。

解説の方は競らないDFを悪く言ってらっしゃいましたが、あれで競れ!というのも酷だと思う。
こっち垂直ジャンプ。相手助走ジャンプ。
そして、たぶんチャ様だったと思うんですけど、身長ないからね。勝てるわけない。
で、後ろにだれもいないんだもん。あれで無理に競って跳ね返せなかったら絶望的だもん。
あの受けの選択は正しかったように見えました。個人的には。

そして、ダイシもやむをえない。
もうあれしかないだもん。誰も間に合わない。
せっかく少しずつ押し戻してきた流れがここで失点するとパァになる。
あれはだれにも責められない。
監督やゆたかブログをみても分かると思うし、解説の人も言ってたんだけど、ダイシはうちのミスの連鎖の責任を取らされる形になったわけです。

だから、こら!吉井!につながるわけです(笑)

この場面だけじゃないけど、吉井あんまりよくなかったねー。どうしたんだろ?
もしかするとだけど、ああいうリトリート戦術は合わないんじゃないかなぁ。
行くところと引くところのバランスのとり方があんまり上手くないよね。
むしろ「行け!」って言った方が持ち味がでると思う。そういう選手かなと思いました。


それから、その直後のFKを決められたのがこの試合の決定打になりました。

結果的にもそうなんだけど、ダイシが退場覚悟で止めにいったプレーだっただけに、あそこで失点しなければ、その後はもう少し粘れたんでしょうけどね。あのゴールは厳しかった。ま。キッカー大西を誉めるしかないね。


そっからは比較的好調だったゴンさんがコモに変わり、点を取るというよりは、もう一度守備を立て直そうという姿勢になるも、前半終盤に失点を許すことに。


ここからの失点はもうしょうがない。

うちは後半守ろうというよりは一矢報いようという意識の方が強かったし、そういう中でゆたかさんや木島をはじめ、攻撃陣は人数が少ない中で、どうにかフィニッシュまで持っていってやろうという意気込みがみられました。

また、守備陣も決して戦意を失うことなく、最後まで厳しくアタックし、跳ね返し続けました。
中盤で拾えず、ずっと甲府のターン状態になったのが非常に厳しかったけどね。

終盤はファウルが増えてしまいましたが、甲府さんにはお許しいただきたい。
だって、無理やろー。1人少ない中でめっちゃ走ってそれでも仕掛けられたら足出てしまうし。

次節はイチが戻ってくるのであれなんですが、ばっさんは使うならSBの方が良かった気がするけどな。前半のCBの時は動きが悪かったから。SBになってからだいぶばっさんっぽくなってきた。ばっさんもあれかもね。まず引くっていうのが苦手なタイプかもね。

あとは、太くんに1つ要望。スーパーセーブは見事だったけど、キックミスが多かったぞ。今回は。
クリアしてもクリアしてもマイボに出来ない中で、せっかくキャッチしたり、ゴールキックになったりでマイボにしたんだし、そこでのミスはちょっと痛いなぁ。頑張れ!



そんでもって、今節一番良かったなと思えるポイントは、交代して入ったメンバーが全部良かったこと。

これ収穫でしょう!

DF祐輔は初ボールタッチおめでとう(笑)
ま。本人反省する点もあったようだけど、普通に安心してみれましたですよ。
DFはスタメン勝ち取るのけっこう大変だと思うけど、これからも頑張ってほしいっすなぁ。

MFコモ。久しぶりの出場おめでとう。
スタメンでないのはゴンさんの好調っぷりもあるけど、ひとえに守備に対する意識の差と思う。ゴンさんや木島を見てると最終ラインまで積極的に戻っていってSBを助けてくれるところがあるし。その点で負けてるんだろうと思う。個人的にもゴンさんや木島がスタメンの方がいいと思う。
ただ、今日の試合をみるかぎりだけど、中盤の底はいけるんじゃないか?やっぱうちのチームで一番安心してボールがもてるのはコモだと思うし、もう少し運動量を増やさなきゃいけないけど、やっぱりああいうところで使われるべき選手だと思いました。

そして、うちの秘密兵器。きよし。初ゴールおめでとう!
いやぁ。よかった。チームにとっても、サポーターにとっても、すごく良いゴールになった。
ってか、それだけじゃなくてさ、吉井に交代して入ってから、運動量が多かったもんなぁ。
キミのおかげで、いつものうちらしいサッカーに戻っていったと思う。

大敗したけど、その後でサポーターがそこそこ元気なのはあのゴールのおかげでしょう(笑)



…とまぁ別にコンディションが悪いというわけでもなく、最後まで精一杯やった結果なわけで、メンタル面さえ切り替えられれば水戸戦は普通にいけるというか、甲府が強かったというか…

でも、決してこれが今のうちの限界だとは思わない。

監督も選手もみんなが負けたくなかった。

それが微妙にチグハグで、かつ、相手の戦術がバッチリはまってしまったために、悪い方向へといってしまった。そういうことなんだと思いました。1つ違えば、逆にはまることもあったと思うし、今までの前からのプレスで勝負していても結果が良くなるとは限らない。

ま。要は、うちのチームはまだまだこれからってことじゃないでしょうか。
やることはハッキリしてるし、補強ポイントを含め、どこを強化するかは明確。

あとは、どう消化させていくかですね。

出来ることなら今のメンバーである程度のレベルまで出来て欲しい。
J2でガッツリ闘えるようなレベルにね。
だから、今季第3クール。1つでも多く勝って、勝ち点を増やして欲しいなと思います。


結論!

今節の小瀬での負け。

意地でも返す。絶対に忘れない。



あっと。最後になりましたが、現地に行かれた皆さん。おつかれさまでした。
内容はどう解釈しようとも、5失点の大敗を観戦するのはつらいもんです。
それでも、選手たちが頑張れたのは現地に応援された方々がおられたからでしょう。
雨も降る中、運転していかれた人もおられたそうで。すごいね。いや。ほんとに。

そろそろ関東の試合で勝ってほしいよねー。

近々劇的な試合を観戦されることになることを心より願っております☆
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。