ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


JFL後期第6節結果

後期 第6節

08月03日(金) 19:00 佐川印刷SC 3-1 FC琉球 西京極
08月03日(金) 19:00 FC岐阜 1-1 横河武蔵野FC 長良川陸
08月04日(土) 16:00 佐川急便SC 3-0 ソニー仙台FC 佐川守山
08月04日(土) 16:00 ロッソ熊本 1-0 栃木SC 水前寺
08月04日(土) 18:00 Honda FC 2-2 アルテ高崎 都田
08月05日(日) 13:00 流通経済大学 1-0 FC刈谷 龍ヶ崎
08月05日(日) 13:00 三菱水島FC 2-1 ジェフリザーブズ 笠岡
08月05日(日) 13:00 TDK SC 1-2 ガイナーレ鳥取 秋田西目
08月05日(日) 15:00 YKK AP 1-3 アローズ北陸 富山


勝ちました。ロッソ熊本。

試合には行けてませんので、試合内容は実家に帰った後、ゆっくりビデオを観てから書きたいと思います。お楽しみに。

ってか、ホントなら「良かったらしいです」とか「辛勝だったようです」とかくらいは書きたいんですが、サポさんのブログ等を拝見した感じ、ずいぶんと内容に幅がありまして…何が本当やら分からんのです。

ネガティブな人は意識的にいい所を誉める。
ポジティブな人は意識的に悪いところを叱る。

これが客観的なモノの見方には必要だと思うんですけどね。

べた褒めと全然ダメ。

なぜかこの2つがある今回の試合の評価。
自分にはどちらの方がしっくりくるのか試合を見るのが楽しみでなりません☆


他の試合ですが、首位佐川急便は順当に勝ちました。

『JFLで優勝するチームは波がない。』

これは去年の浦和並です。負けそうに無い。
追いかけるチームはホント大変。

今年はどうやら佐川急便にその年単位の好調具合がきている模様。
こりゃあ直接対決で叩き潰すしかないなぁ。


その他の上位陣ですが、揃って足踏みです。
3位YKKは6位アローズに負け。
4位岐阜は5位横河武蔵野と引き分け。
7位Hondaは18位高崎に引き分け。

この結果、ロッソと佐川急便との勝ち点差は7と変わらずですが、3位YKKとの差は9になりました。


以下、6節終了時点での順位は↓です。

1 佐川急便SC 57 +38
2 ロッソ熊本 50 +23
3 YKK AP 41 +9
4 アローズ北陸 40 +4
5 FC岐阜 39 +8
6 横河武蔵野FC 38 +10
7 Honda FC 37 +10
8 ジェフリザーブズ 35 0
9 栃木SC 32 +7
10 流通経済大学 31 -3
11 佐川印刷SC 30 -5
12 三菱水島FC 28 -7
13 ガイナーレ鳥取 27 -5
14 TDK SC 26 +2
15 ソニー仙台FC 22 -18
16 FC刈谷 20 -14
17 FC琉球 20 -30
18 アルテ高崎 6 -29


以下、中途半端ではありますが、今後の展望を予想しておきます。
興味のある方はご覧下さいませ。

※あくまで個人的な予想ですので、その辺はご了承ください。
まず、首位争い

まだあと11試合を残していますが、3位のYKKが佐川急便に追いつくとは考えにくいです。
それはYKKだけではなく、3位以下のどのチームにも当てはまります。

なぜなら3位YKKと首位佐川急便との差は16。5試合分に相当します。
佐川急便が11試合中半分の5試合を落とす(引き分けも含めるとすればもっと)とは考えにくいからです。おれの見立てですと、落として3試合。それも3敗は無いです。2分1敗か1分2敗。

…となると今のロッソの差がギリギリ。
これ以上はなされるとぶっちぎりで優勝されます。

というわけで、今年の優勝はこの2チームのどちらかと予想します。



次に、J参入争いですが、今節の勝利でロッソの参入はグッと近くなったと考えます。
強豪との対戦を勝ちという最高の結果で終えたというのはもちろんのこと、連敗しなかったことは大きな強み。気を引き締めることは大切ですが、今節の試合の気持ちを持って戦えば、J参入は達成できるものと思われます。

そして、他のチームですが、次節の戦いではっきりするかもしれません。
参入が1チームだけなのか、2チームなのか、はたまた3チームになるのか。
3チームまで考えてるのは、岐阜・栃木の参入はありうるかと思うからです。

岐阜はついに5位に順位を落としてしまいましたが、今節の試合は引き分けながらいい内容だったようです。次節はアウェイですが、下位の琉球戦。ここでしっかり勝つことですね。

栃木は今節の敗戦を次節どう修正してくるか。来週YKKに勝てば、勝ち点差は6。その後、上位との試合(佐川急便、Honda、ジェフ)を勝ちきれば、4位は見えてくるものと思われます。

3位から6位までは勝ち点差3の中にひしめく大混戦。
直接対決もまだまだ残ってますし、全然分かりません。



最後に、降格争いですが、アルテ高崎はぶっちぎりです。残念ながら。

今節はHondaに引き分けるという奇跡(高崎サポさんごめんなさい…)を起こしましたが、Hondaが20本以上シュートを打ったのに対して、高崎は3本。さすがにこのプランがまた成功するとは…

高崎が自動残留するにはJ参入チームが3チーム。
入替戦に出場するにはJ参入チームが2チーム。
祈るほかありませんね。

そして、もう1つの降格枠ですが、ロッソがJ参入すれば、入替戦になるブービー賞。
現在、勝ち点20で琉球と刈谷が並んでおり、その上に勝ち点2差でソニー仙台。
ここら辺のチームで争うことになりそうです。

このラインですが、勝ち点30あたりが残留ラインだと予想します。
また、このブービー争いの3チームは総当りで対戦が残ってます。
他で落としても、この直接対決さえ制すれば順位は変わる。

個人的には琉球に頑張って勝ちぬけて欲しいんですけどね。
次節不調の岐阜相手にどういう試合をするか見ものです。


さてさて、見どころいっぱいのJFL。

4ヵ月後どういう結末が待っているのか。

期待と不安が半々くらいですが、楽しみなのは間違いないです。
スポンサーサイト

テーマ:目指せJリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。