ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs 徳島ヴォルティス戦 in KK-WING

相手がどこだろうと。
勝っていようと負けていようと引き分けていようと。

良い試合は良い。悪い試合は悪い。

そう書いてきたと自負しております。


もちろんロアッソ熊本サポとして、ある程度自チームを贔屓目に書くことはあります。
レフェリーにぶーぶー言うこともあります。

が、極力、相手チームには敬意を払って、レポートすることを心がけているつもりです。


だから、相手が最下位であるからといって、仮にボロ負けしたとしても、「なんであんなチームに負けるんだ!」、「勝てないなんてありえない!」なんてことは微塵も思いません。いや。それは違うだろ。と思いますし。うちも必死ですが、相手も必死なんですもん。


ただ、勝てないことには何か原因があると思うんです。

それがチームとしての未熟さなのか、選手としての未熟さなのか、単に運がないだけなのか。

そこは見極めたいと思いますし、そうすることで次への活路を見出したいと思う、親心ならぬサポ心だと自身では理解しています(笑)それがうちのブログはポジティブであると当初に掲げた所以です。


昨日の徳島戦。

うちとしては、良い内容の良い試合だったと思います。
相手の嫌がることをやれていたと思うし、自分たちのすべきことを比較的きちんとやれていたのではないかと思いました。

それだけに、勝ちたかったと思うのはひとしおですね。
選手もスタッフもサポもみんな同じ想いでしょう。

うん。本当に残念だった。


では、内容を…



フォーメーションは4-4-2。
メンバーは、GKが吉田くん。DFは右からイチ、ばっさん、矢野、チャ様。
中盤はダイヤモンド。底に喜名さん、左に翔平、中央ダイシ、右に吉井。
FWはゆたかさんと木島。

結果が出てるときはメンバーをいじらないのがセオリーですから。
前節退場した福王のかわりに、矢野がスライドしてきて、チャ様が左SBに。
あとは、陽介と木島がスタメンとベンチで入れ替わったくらいですかね。
ま。いじってないという理解でいいと思います。

相手徳島も、前節大勝しましたので、やはりメンバーは変わらず。
戦術も大きくは変わっていなかったように思います。


両チームとも中央で走ることをストロングポイントとしていますので、そこががっちりかみ合うであろう試合になるというのが戦前の予想でした。

この勝負に勝ったのは…うち。
結局、それが振り返ってみたら押し気味に試合を進めれた最大の理由ですね。
何より、倉貫・米田へのチェックの速さは見事だった。
そこが一番の肝と目されてましたしね。

そして、解説の池ノ上さんが何度も指摘されていた「有効なサイドチェンジがなかった」ことは、中央のチェックの早さに起因しているのではないかと思います。徳島の両サイドはどっちかというと走り系がそろってる。加えて、その時間帯は降らなかったけど、朝早くから降った雨でピッチはぬれてたし。ロングでのサイドチェンジはなかなか厳しかったと思いますよ。

となれば、徳島のサイドチェンジは中央のボランチ経由が増えてくる。でも、そこにはなかなかボールが入らない。また、DFからのファーストボールがボランチに入っても、翔平・ダイシ・吉井のいずれかがチェック、その他がサイドのパスをケアしてるから、サイドに開くのに時間がかかったり、パスカットの網にかかってしまったという印象。

前節大勝したというのも今回はマイナスに働いたかもしれませんね。
その時の良いイメージが強く残ってると、上手くいかないときに焦りますから。

そんなこんなで中盤は走り勝ち、DFは強く跳ね返し…


そういう流れの中で、ゆたかさんの個人技で先制パンチ。

ってか、あの形好きだよねー。ゆたかさん(笑)
サイドでボールを受けて、相手SBとの1対1で勝ち、シュートまで持っていく形。
SHがかこみにくると厳しいですが、今回はカウンターの形でしたから。
うちのエース相手にバイタルエリアで1対1にしたらダメっすよ。

寿人まであと5ゴールかぁ。厳しいけどまぁやれるだけやってみよう。


こういう流れの時に点が取れなくて、後半開始早々にやられるのが悪い時のパターンだったので、なるほど今は悪くないなと思いましたね。負ける感じじゃないなーって。


というときに、やっちまったな!って、クールポコかっ!(笑)

まぁね。吉田くんだから仕方ないと思う部分はある。
ボールぬれてたから滑ったのかもしれないし。
あとで悔いたって仕方ないし。キャッチの判断は間違ってたとは思わないし。
現にキャッチ上手いからな。吉田くん。

ま。是非次に活かしてくださいと言うほかない。
パンチングってのも弾きゃいいってもんじゃないし、技術いるしね。
がんばれ!


そんでもって、悪いことってのは立て続けに起きるもので…

前半のうちに喜名さんが負傷退場。
これは接触とかじゃなくて、パス出す時にぬれたピッチに足をとられて変なとこ伸ばしたか、ひねったか、という感じ。大事にならなきゃいいんですが。


これで流れが五分に。


要のバランサーを欠いたのはかなりの痛手。
喜名さんのかわりには陽介が入り、フォーメーションが変わったような感じ。
普通に木島か陽介かをサイドで使うのかなと思ったけど。
イメージとしては、4-3-3というか、喜名さんという土台の上に乗っかっていた3人の走り屋をもうちょい中央の下がり目に配置した形。こうすることでうちのブロックラインが低くなってしまったので、徳島のパスが回るようになってしまいましたね。

でも、たぶん采配ミスとかじゃなくて、前半も残り少なくなってたから、とにかくしのいでくれ!っという感じに見えましたが。そして、それに応えた前半の終盤だったように見えましたが。

嫌な流れだっただけに、あそこで畳み掛けられたらやばかったんじゃないかな。
前半は最初から飛ばしてて、少なからず疲れてたと思うしさ。

逆に、あそこで耐えれたことについては、うちのチームとしての成長を感じました。
すごく良かったと思いますよ。


そんで、後半。

ハーフタイム挟んで、うちはやや落ち着いたけど、やっぱり徳島のボール持つ時間が多くなっていった。攻撃してもシュート撃てずに終わってしまう回数も増えてきてたし。とはいえ、徳島も元気なく。ミスも多かったので、助かりまして。

ここでうちの切り札・コモ投入。
吉井が疲れていたこともあるし、吉井のひざに不安を抱えているとの情報もありましたし。
それでも、コモ投入は守りきるより、攻める采配ですからね。

そんでもって、ほとんどファーストタッチじゃないかな。
ゆたかさんがすらしたボールを反転のボレーシュート。
上手かったなぁ。あれは良いゴールだった。

ゆたかさんがブログで狙ってたと書いてましたが、狙ってたのは分かりました(笑)

そして、なんだろうね。コモのあのゴール前での驚異的な嗅覚。
やっぱFWの方が向いてるんじゃないか?(笑)
うちのMFのポジションにはまず守備が求められてますし、ファーストチョイスはできないけど。
FWとして、ゆたかさんの相方としてのファーストチョイスはなかなか面白い気も。
ゴンさんはがんばれ!


あと、攻撃面で目立っていたのは木島でしたね。
だいぶチャンスがあったけど、彼らしくなくちょっと焦りがあったような気がします。
ピッチの状態を考えれば、ドリブルも難しかったでしょうし、ある程度のミスは仕方ないと思うんで、切り込まずにシュート撃ってみたりってのもみたかったですね。それが枠にいけば、乗っていけるのが木島という選手だと思いますし。

ピンチの時こそ、ふてぶてしく笑え。

逆転裁判で主人公・なるほどうくんの師匠・千尋さんが言ってました。
…って、ゲームかよ!?(笑)まぁ面白いですよ。

ともかく、木島さんにぴったりだなと思いましたので。この言葉を送ります。


これで勝ったと思ったんですけどねぇ。

連戦での疲労とそれを原因とする集中力の欠如。
加えて、急なシステム変更の穴ですかね。

最終的には左から崩されたんですけど、その展開の前の右サイドで持たれたときに、DFラインが低い位置で一直線だったことと、その前のスペースが完全に空いてたんで、色んな展開が考えられたんですよね。守備陣がケアしなければならない選択肢がたくさんありすぎた。なので、もう何ていうか祈るしかなかったですね。相手がミスってくれないとやばいと。で、見事にやられてしまいました。

喜名さんの離脱が大きすぎたことを物語っていました。


あのポジションをこなせる選手って実はなかなかいなくって。
来週の天皇杯には間に合わなくてもいいから、その次の湘南戦にばっちり復帰してもらいたいところですが。代わりはどうするんだろうなぁ。守備を第一に考えるなら福王あたりがいいのかも。

翔平やダイシを1つ下げるのは反対です。守備が軽いので。軽いってのは悪いって意味じゃなくて、底のポジションだと読みや当たりなどで1つ上のスキルがいると思うし、1つ前と違って受けのポジショニングが大事になってくると思うんで。翔平やダイシは来るものを止めるより、自分から止めに行くタイプの守備が得意な気がしますんで。そこら辺は吉井も同じですし。吉井は加えて、コンディションが良くないみたいなので、90分出れないとなると底を任せるのは厳しいと思いますから。前に出てとめるタイプはたくさんいるんですけどねー。喜名さんタイプはなかなか。
福王はパスの出し手の面で劣りますが、守備は安心できそうだし、開幕直後は1ボランチやってましたんで。DFのフォローして欲しい場所も分かるでしょうしね。パスの散らし方は是非周りがフォローする形で埋めて欲しいなと思いますね。

いや。もちろん喜名さんが無事であることが一番ベストですよ。そりゃあね。


最後の方でもチャンスが互いにありましたが、パスやトラップなどの細かなミスがそのチャンスをつぶしてしまい、そのままタイムアップ。


うちとしては、2度のリードを守りきれず、痛い引き分けとなりました。
岐阜・愛媛が勝ったために順位は1つ落としましたしね。


あとは、観客が4000人いかなかった件ですが、もしかしたら選手のモチベーションに影響しちゃったかもしれませんね。もし今節1万人入ってたら、全然違う結果になった気もします。まぁ選手たちもそこまで甘く考えてはいなかったかもしれませんが、少なからずショックだったのでは?雨と運動会シーズンでさらに厳しかったとはいえ、サポとしては申し訳ない気持ちでいっぱいです。せめて晴れてくれればねぇ。


リーグ戦はあと5試合。
ホームゲームは2試合。1つが水前寺で岐阜と。もう1つがKKで広島と。
長いシーズンも残り少なくなってまいりました。

アウェイの試合が湘南、愛媛、山形ということで、勝ち越しのチャンスも愛媛がラストチャンス。
あとは、苦手チームと強豪チーム。

今年をきっちり締めくくるためにも、1つでも多く勝って、来シーズンまた新たなる挑戦をしたいですね。

頑張りましょう☆



ちなみに、来週はアウェイで栃木戦。天皇杯3回戦です。

栃木まで行くの大変ですけど、是非とも勝ってきてほしいですね。

Jクラブとして…というよりは、クラブとして先輩の栃木さんに前回対戦から1年経って、これだけ厳しいところでもまれてきたんだ!これだけ頑張ってきたんだ!っていうものを出せる試合にしたいですね。

どうも上から目線にはなれんなぁ。抵抗ある。
JFLでずっと強かったから尊敬もしてるし。

ってか、栃木いま一番きつい時期だからさ。
うちとの試合で何かをつかんでもらえたら幸いです。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

今はスペースを埋められて、反転攻撃の基点になれるアンカー。って、結構トレンドですよね。なかなか失わないで散らしてくれるような。

喜名さんみたいなタイプは、日本でもそうそういない気がしますよね。

運動量だけでどうにかなるポジションでもないですしね。

福王はいいかもですね。
守備もいいし、気の利いたフィードもあるし。

祐輔なんかは無理ですかね?僕は彼のロングパスもひそかに好きなんですが。
【2008/10/06 17:09】 URL | たのさん #-[ 編集]

>たのさん

トレンドですねー。たしかに。
何だかベテランの味を出すには一番のポジションって感じがします(笑)

かの種の選手たちのすごいところは、攻めるときのパス技術・視野の広さに加えて、カウンターの時の守備センスが抜群なところだと思ってます。攻めてるときも常に危ないところを考えながらケアしてるんでしょうね。


たしかに祐輔だったら器用だし出来そうな気がしますねー。
でも、いきなり喜名さんの代わりしろって言われるのもかわいそう(苦笑)

あとは、福王にしろ、祐輔にしろ、出すんであれば、4-1-4-1とか4-2-3-1とかにするという選択肢もありますね。今までやってたなんちゃって3トップじゃなくて、サイドに吉井・翔平をおいて中央にコモとダイシを置いて…みたいな。底以外ならニシ、関、キヨシ、ヤスや熊さんなんかがいるんで控えにも困らなそうですし。そんで、後半木島だしたり、陽介出したり、4-4-2に戻したりして、点を獲って逃げ切る作戦。まぁ完全に都合のいい作戦ですが(笑)

それにしても、せっかく上手くいってたのに、通用しなくなってからではなくて、選手の離脱で変更を迫られるとしたら、ちょっといやな感じですねー。

喜名さんが症状が軽いものでありますように…
【2008/10/06 19:00】 URL | すん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。