ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs FC岐阜 in KK-WING

衝撃の日曜日から早二日。

みなさま。いかがおすごしでしょうか。


…って我ながら、なんじゃこれ?な始まりですね。すいません(苦笑)

最近、どうもサボり癖というか寝かせ癖がついてしまっていけません。
ガリレオ風にタイトルつけると「怠惰る(サボる)」ですか。
どうでもいいですね。


ついに勝てるかという展開から劇的な幕切れ。

あぁまた今年も勝てなかったか…

と思う反面、

これが今のめいっぱいかな…

と思う部分もあります。


前半の10~15分くらいを観てたら、到底勝ち試合の一歩手前までいけるなんて思えませんでした。
そして、後半の10~15分くらいを観てたら、どんな天邪鬼でも負け試合とは言わせない試合をしてました。

色んなところで言われていますが、決めるところで決め損ねた末の引き分けが適切かと。

うちにとっても。岐阜にとっても。

岐阜戦は1つ落としているだけに、取り返して、五分にしたかったんですが。
仕方ありませんね。

ポジティブに考えましょう。

互いの戦績を考えなければ、今のところうちの方がJ2では闘えてるのだと。
対岐阜を除く戦績で勝負したら、ギリギリ勝ってると。

それしかないね☆


あと、湘南戦レポートの最後に書いた嫌な感じがまたも当たってしまいました。
こりゃあやばいっすね。この当たり具合たるや。

次の愛媛戦?どうでしょう。楽観視はできないとしか言えませんけど。
あんまりいい感じではしてないですね。頑張れば勝つチャンスもありそうだけど。

1つ言えることは、山形戦、そして、広島戦は何だかいい感じな気がしてるということ。
なぜかは分かりませんが。バリバリです(笑)


では、もうだいぶ過ぎてるので、サラッと書きたいと思います。



メンバーは前日の熊日さんの予想通り。4-4-2のダイヤモンド型。
GKが吉田くん。
DFは左から、チャ様・矢野・ばっさん・イチ。
MFは底にダイシ、右に吉井、左に翔平、トップ下にソックン。
FWはゆたかさんとゴンさん。

ただし、スカパーでの解説を聞く感じ、トップ下のソックンにはもっと低い位置でとの指示が出ていたようで、ダイヤモンド型ではなくて、ボックス型だったのかもとも思われますし、4-1-3-2のような感じだったのかもしれません。


天気はやや雨。今季は天候が悪いと結果が出ないので、嫌な感じでした。


試合は序盤から岐阜のプレッシングに圧倒される展開。

最近の岐阜の戦術をみると、前からいくというよりは、リトリートをしたうえでのプレッシングスタイルをとっているようにも思えたので、意外だったといいますか、観ている自分がひるんでるんですから、選手たちもちょっと動揺したでしょうね。

この時間帯はソックンが消えていたので、ボールの収まりどころが見つからず、ダイシや翔平に入ってもプレッシングの網にかかり、何度もピンチを迎えました。

ああいうプレスはこれから強くなっていけばいくほど、受ける機会も増えると思うし、より激しいものになると思うので、今後の課題にはなるでしょうね。もちろんその問題に直面するのはもっともっと先の話でしょうが。

想定外の場面が訪れた場合どうするのかという個人の発想力とチームの中での意識統一。

うちが今年標榜したアグレッシブな守備が浸透してきていて、良い試合が出来ることも増えてきましたが、それは守備からいけるときがほとんどであって、そうでないときの対応力はやはりまだまだこれからということでしょう。


流れを変えてくれたのはゆたかさんのロングFKでした。
枠を捉えた、しかも、枠ギリギリの良いシュートだったんですけどね。遠すぎた。

そこから、少しずつ形が出始めます。

得点は良い形でした。ゆたかさんの逸らしもゴンさんの飛び込みボレーも完璧。
鳥栖戦でもゆたかさんが落としたボールにゴンさんという展開がありましたが、いい感じですよね。

この2人は開幕当初からけっこういい感じでしたし。いいコンビだなと思います。
ゴンさんがチームに、そして、熊本という環境に、さらにフィットしていってくれればもっともっと良くなると思うし、今年ゆたかさんばかりが注目されていますけど、来年はきっとJ2最強の2トップになると思うんで。切り札・木島もいますんで。すでに最強と自負していますけどね。

それでも、それまでのピンチの数、ゲームの内容を考えたら、ラッキーパンチというか、すごく運のいいゴールというか。このゲーム展開では、理想的なゴールでしたよ。


ちなみに、ピンチピンチと書きましたが、クロス・CKのピンチが多かったですね。
チャ様の対応もさることながら、CKでのマークミスも多くみられましたので、次節は是非!

それにしても、吉田くんには助けられた。いいねぇ。ここ何試合かはミスもグンと減ったし。
出場に慣れてきたということもあるかもだけど、もしかしたら、U-19の合宿に参加できたことは大きかったかもなと思います。

守備陣全体としても、第2クール中盤までは完封が計算できない状況でしたが、ここにきてずいぶん上げてきたなという印象がありますね。あとは、リードした状況下でどうやっていくかをもっとチームで煮詰めていくしかないでしょう。がんばれ!


後半は一進一退から相手DF深津の退場で流れが変わりました。
まぁあれは仕方ないよね。レッドは。あの状況で手を出したらとられる。
ってか、その前にゴール前でアフターで入ってきてたでしょ。深津。
個人的には、あのプレーで退場してたと思うけどな。
前半ばっさんが似たようなプレーでイエローもらってるからそれでいけば。
逆に、あの深津のがイエローじゃないなら、ばっさんは何でイエローだったのか分からない。


でも、今また振り返ってみると、あそこで深津が退場していなければ、もしかしたら勝ってたかもなという気もしています。変なこと言ってますね(笑)

きちんと言い換えると、1人少なくなってプランの変更を余儀なくされたのは、岐阜だけじゃなかったのではないかということ。前半のように、猛攻をしのぎながらの展開ならば、あれほど前がかりの状態にならなかったのではないか。向こうの方が良いとなったら、もっとセーフティーに後半45分を闘えたのではないのかなということ。

上に書いた「対応力」とつながってくるんですが、うちにはまだまだチームとしての力がないので、急激な状況の変化にチームが対応するまでの時間がいるし、それを想定して、どこまで攻めて、どこで守るかをはっきりさせねばなりませんでしたね。そういうサインを監督なり、各ポジションのリーダーなりで決めておくのも一つの手かもしれませんね。


そこからは、攻める攻める。しかし、追加点奪えず。

前半とは全く逆の展開になりました。
前半は岐阜が攻める攻める。決定機決定機。しかし、決めきれず。うちが先制する。
後半はうちが攻める攻める。決定機決定機。しかし、追加点奪えず。終了間際に追いつかれる。


双方の監督の交代のメンバーとタイミングですが、良かったと思います。
というか、うちの吉井から福王はやむをえなかったみたいですしね。

結果論であると前置きして言うなら、最終ラインはいじらない方がよかったかもね。
チャ様の不安はあったから、ドンピシャで決まる可能性のあった采配だとは思いますよ。
でも、チャ様が1つ前に上がったことで、彼の後ろへのケアはより低くなるので。
ダイシと翔平に頑張って走ってもらって、福王が底に入って…っていう方がもしかすると良かったかもしれません。チャ様を福王にかえるのもありだったのかなぁと考えたりもします。吉井はコモとかえるとかして。

木島を入れて、4-1-4-1(4-3-3)は、解説を聞く感じ、追加点を!という采配だったように思われましたが、個人的には、追加点ももちろんだけど、中盤を厚くしたい、プレスをきかせたいという気持ちの方が強かったように思われました。ちょっとゴンさんをそのまま使い切るというのが厳しかったような気もしましたけどね。

まぁそれも吉井の状態をみると大変だったろうなと思いますけど。
交代の意図はもっとはっきりさせたかったんだろうなとは思いますが、J2は交代枠も5つしかないし。
本当に難しいですよ。


失点は、フィニッシュ時点での状況より、その前のミスからの連鎖ですよね。
あの時間帯でどういうプレーをすべきだったか。
木島とかもいつもだったらこ憎たらしい感じで時間稼ぐような時間帯だったんですけどねぇ。
その辺の意識がフワッとしてて、プレスにかかりそうなら、最悪相手のDFライン裏に大きく蹴りだしておけば時間は使えたでしょうけど。相手の警告やファウルの多さからみても焦ってたのは間違いないですし。

ま。これも経験ですね。
去年から終盤での失点って多かったですし、観て思うより、実行するのはかなり難しいのかもしれませんので。これから少しずつ出来ていければいいんじゃないでしょうか。

あぁ。それとチャ様のイエローですが。
チャ様はカッとしがちだなってのは分かってるし、今回のカードをもらうようなプレーはいけないなと思うんですが、その前のラインズマン。あれ出てたよ。ミスったよ。チャ様はサイドバックだしさ、奪われたり、相手ボールになったりしたら、ダッシュで戻る選手なんだけど、スローインと思って気を抜いてたからね。笛が吹かれるまでプレーすべしという人もいるけども、それもなかなか難しいしさ、ファウルやオフサイドならまだしも、ラインを割ったかどうかは観て分かるしさ。
イエローもらったことも残念ですが、ああいうミスは試合の結果を動かしかねないので、是非正確にやってもらいたいですね。



以上!全然サラッとしてないレポートを終わります。

いやいや。今節終わって思った。岐阜強い。
なんつーか、玉際で負けるもん。選手の個の能力は向こうの方が上なんだろうなと思った。

けど、そういう相手に互角に闘えるように成長したロアッソ熊本を誇りに思うし、チームとしては全然負ける気がしないと正直な気持ちを最後に書いておきたい。


残り3試合。

夢の3連勝へのラストチャンス。

ラスボス・広島の勝ち点100を阻止するのはうちだっ!

そんな気持ちで最後まで応援しましょう☆
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。