ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


広島戦プレビュー

ついに、今季ラストマッチ。

振り返れば早かった。

けど、1つ1つ思い返せば、やっぱり長かった。

2戦目の初勝利を本気で喜び、レベスタやベアスタに行っていい試合見せてもらったり、時にはボコボコに負けることもありましたが、だからこそ、全チームから勝ち点を奪取できたことは本当に懸命にやってきたチームの勲章だと思うし。


サポじゃない人がいくら「J2だから」と下に見ても、むしろそんな人たちを下に見てます(ナイナイさんへのオマージュを込めて)

胸張って言えるよ。

おれらって良いチーム!!!

さて、広島戦ですね。

前節の試合は余裕が無くて観てません。
でも、スコアの動きをみれば、広島にとって厳しい試合になったのは一目瞭然。

やはり森崎和とストヤノフという守備の要を両方とも失うというのは厳しかったようですね。
ちなみに、今節は森崎和は戻ってきます。

今季は広島の試合だいぶ見ましたが、個のレベルは群を抜いてる。
それはもう誰もが認めるところ。

ただ、そんな常勝軍団の広島も、実は仙台に勝ってないとのこと。
甲府を苦手としているとのこと。
そして、似たようなチームに苦戦していること。

ここから論理的に導かれる広島の弱点。

ショートパススタイルのランニングサッカー。

人数をかけたサイドアタックタイプのサッカー。

前線からのプレッシングサッカー。


この3つに絞られるかと。


…といって思い出すのが、第2クールでの対戦ですか。

あのときは前線から追い回しまくって、パスミスを誘発。キジのゴールがありました。
おそらくはあの時やっていたことが、今もまだ有効であると考えます。

広島の第41節・鳥栖戦もそう。
結果だけ見れば大差が付いていますが、前半は「あれ?これ鳥栖勝つんじゃない?」くらいの試合でした。リスクを負って、前で勝負。後半力尽きましたが、勝つための1つの方策を示してくれたのではないかと思います。押し込まれたら100%負ける。それがはっきりと分かりました。

幸い、今季の試合、うちに失うモノはない。

たしかに、8戦負け無しの記録更新中ですが、いずれは8連勝とかしちゃうチームですから(妄想)
加えて、明日の試合はホームラストマッチ、クラブ目標の平均5000人以上を目指して、動員がかかっている試合です。大歓声の後押しが、選手を鼓舞してくれるはず。

勝てる可能性は十分あると思います。
120%、いや150%くらい出さないといけないかもしれませんが。


さて、最後は今シーズン最後のプレビューということで感情的に締めます。


明日は終わりではない。
明日を含めた今シーズンが、ロアッソ熊本というJクラブの物語の1ページ目である。
Jに立つまでのプロローグを受けて、ようやく踏み出した1歩。

明日の試合は特別じゃない。
これまでの試合と同じように、この試合までに積み重ねたものの集大成を見せてください。
勝とうが負けようが、何人もその積み重ねは否定できないから。

でも、できることなら、勝って、多くの観客を振り向かせてください。
そして、この試合をもって、チームを去る者たちを笑顔で送ってあげてください。
それができるのは、ピッチに立てる選手たちだけ。

サポとクラブは、明日観客数という形で、「熊本」のポテンシャルをきっと見せてくれるから。
それを伸ばせるかどうかは選手たちにかかっている。

どんなにボコボコにされようとも、絶対諦めない気持ち。
どんなに力の差があろうとも、諦めなければ何とかなるというリアル。

そんな試合を見せてくれることを心から期待してます。

未来のロアッソ戦士たちにも、色んなものを背負ってピッチに立つ戦士達の勇姿を目に焼き付けてもらいたいですね☆何年後かに、「あの2008年の最終戦に行ったんですよー」っていうエピソードを喋る選手が現れると嬉しいなぁ。


良い試合になりますように…☆彡
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

\(^^:;)
弱点分析・・・的を得ていらっしゃいます!
やばいなぁ( ̄▽ ̄;)
でも、監督や選手達も熊本が前からくるだろうということで、この1週間、対策してきてるようです。
熊本さんも8戦負け無しということで、侮れないし・・・サンフレッチェにとっては、難しい試合になると思いますが、勝って、勝ち点100に王手をかけたいと思います。
お互い立場は違いますが、精一杯、お互いのチームを応援しましょう!
新は携帯参戦ですが・・・
【2008/11/30 00:42】 URL | 新 #-[ 編集]

>新さん
あってます?嬉しいです☆
でも、「言うは易し、行うは難し」っていうか(苦笑)
歴史ある先輩方がことごとく失敗しているとこをみると本当に厳しいなと思います。

どうやら今日のスタメンを見ると記念試合的な意味合いが強くなってしまっている気もしますが。
あくまで、勝ちに行ってますんで。

よろしくです。
【2008/11/30 11:37】 URL | すん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。