ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


入れ替え戦 第1戦


※NHKでは今夜録画で放送があるということなので、ネタバレOKの方はご覧ください。






いやいやいやいや。盛り上がってましたね。仙台。ユアテックスタジアム。

あの雰囲気を作り出せる仙台サポーターに尊敬の念を抱きます。
テレビを通しても、伝わってきましたよ。想い。願い。

その一方で、それよりも多くの観客を集めたうちの最終戦の動員を改めてすごいと思い知らされました。よく集まったよな。

もちろん平日の夜に当然のように約2万人を集めるベガルタ仙台というチームとそのサポーターのみなさんにはまだまだかないませんが。


試合の方は、観られた方はご存じのとおり、1-1のドロー。

前半はやや固さの見られた磐田イレブンを後目に、仙台が猛攻を仕掛けましたね。
磐田リポーターの遠藤さんがおっしゃっていましたが、若い岡田にスピードのある中島をあてて、仕掛けさせる、または裏を狙わせる、といった作戦が功を奏していました。

岡田が積極的に悪いというわけでもないと思うんですが。今季途中から出始めた、まだまだこれからの選手なんで。今日の出来や今後の結果に関わらず、今日のピッチに立てたことが彼にはいい経験になるような気がします。

とにかく中島が今季一番の出来ではないか?というくらいの動きの良さで、磐田守備陣を攪乱。
その中で、磐田のDF鈴木が肩を痛めるというアクシンデントもあり、ちょっと緩かったかな?と思われた時間帯に、ナジソンが縦への突破を試み、角度がないながらも絶妙のタイミングでファーへシュート。これが先制点。

ナジソンは今季途中から仙台に加入。
小さいけれども小気味いいリズムのドリブルと縦への突破は、Jデビュー戦にして、仙台にフィットするだろうなという予感を漂わせていました。終盤は怪我で戦列を離れましたが、うちはやられたので分かります。彼の恐ろしさ。不気味さ。良い選手ですよ。

復帰して間もないことや本来スタメンである平瀬の体調や好調中島との兼ね合いもあるのでスタメンかどうかは分かりませんが、入れ替え戦の第2戦もカギを握るであろう選手であることは間違いないと思います。

仙台としては、ここらでもう1点取っておきたいところでした。
一般的なサッカーの話としても、本日の試合の流れとしても。

そこをやらせなかったのは、磐田の3バックのセンターに入っていた茶野の奮闘ですかね。
磐田に移籍してからというもの、それほど目立った活躍はしてなかったように思うのですが、この1年では終盤に入ってからのパフォーマンスがピカイチですね。失点した付近の時間帯での中島・ナジソンに対する裏へのケアは素晴らしかった。ちょっと甘くみてました。鈴木が負傷交代してしまったことは磐田にとってとても痛いですが、交代で出場した大井が安定したプレーを見せてくれたことは地獄に仏ですね。

そして、今日イチはやはり松浦でしょう。
ナイスゴールでした。素晴らしいミドル。
彼のパスセンス、運動量、キックの精度はスタメンで出始めたときから光っていましたが、この大舞台でまさか輝くとは。そのタフな精神力にも脱帽です。

ただ、ジュビロとしては、崩しての得点ではなく、松浦の個人技であって、チームとしてはあくまでラッキーパンチであったことは肝に銘じておくべきでしょう。次戦、万一先制されたら、それは絶望的な失点になりかねませんから。負けなかったけれど、勝てなかった。それが事実だと思います。


後半は一進一退。やや磐田が押し気味で試合は進みましたね。

磐田にとっては、前田の1対1の場面。難しいですが、決めてほしかったところ。
仙台にとっては、梁のFK。バー直撃。やっぱ巧いですな。彼は。安定してると思います。
タイプ的には、J1神戸のボッティに近いイメージがあります。


チーム全体としてみると、チームとしての完成度は仙台、個人の能力は磐田という感じでしょうか。

仙台は今季開幕戦から本当に素晴らしいサッカーをしている。天皇杯でオシムをして「(対戦相手のFC東京と比較して)どちらがJ1か分からない」と言わしめたことで、J1サポにも良いサッカーをしているという印象を残せていると思っていますが。

サイドを基点に、ボールがよく回り、人が連動してよく走る。スモール鹿島のイメージですね。
今季、圧倒的な成績を残した広島に対し、唯一負けなかったチームでもあります。
序盤は、FWの得点力不足に悩まされましたが、ベテラン平瀬の台頭があり、ナジソンの加入があり、負けないけれど勝てなかったチームが、しぶとく生き残ってきたというイメージがありますね。その分、ここぞの試合では強いですよ。おそらく。

磐田は補強の具合、プレシーズンでのうちとのTMなんかで見る感じ、「あ。これはちょっとやばいかもな」という雰囲気を漂わせてまして、それがそのまま今季の成績に現れているという印象です。なによりFW前田、カレンの長期離脱が痛かった。というか、磐田全体としても怪我人が多すぎる。

それでも、オフト監督就任以降、負けないサッカーをやってきて、守備の安定は取り戻しつつありますし、松浦が出てきたことで、伝統のパスサッカー復活の兆しも見せています。
ただ、正直な感想をいうと、オフト監督のやっているサッカーは残留するために負けないサッカーであって、入れ替え戦を勝ちに行くとなると、微妙なのかなという気もしています。来季は指揮をとらないと決まっていることを考えると磐田首脳陣も同じことを思ってお願いしているのかなと。

今日の試合では、茶野だったり、松浦だったり、村井だったり、ロドリゴ、犬塚、ジウシーニョだったりと個の力は端々にみられました。来季は良い監督を雇えるといいですね。



さて、個人的にですが、入れ替え戦前までは圧倒的に仙台に肩入れしていましたし、今もその気持ちはあります。J2の代表として、頑張って欲しいという気持ちは強いですね。

一方で、今日の試合を観て、磐田にも落ちて欲しくない感情が芽生えつつあります。
岡田、松浦、そして、今日の試合に出ていない加賀あたりは、J1で揉まれてこそ、伸びるんじゃないかなと。J2になれば、おそらくスタメンでしょうが、できることならJ1で活躍する姿を見たいかなと。

来季の対戦を考えても、有名選手が多数所属するジュビロと対戦したいという気持ちがある反面、今年の広島みたいになってもなぁというのもあるし、仙台とうちの相性が悪くないしなぁというのもあったり。本当に複雑ですよ(笑)


とにかく、泣いても笑っても、あと1試合。
入れ替え戦というシステムもラストですし、最後にそれぞれの力を出し切るようないい試合が見られればなと思います。

今からとても楽しみです。

クラブW杯ごときに負けないぞ!
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。