ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今週の契約関係


昨日はゴンさんとヤスの移籍の話が熊日に載って、よっしゃきたっ!と思い…

その脇にあった「GK太ガンバ大阪移籍内定」の記事に、まじっ!と驚き…

当然その夜はガンバを応援していたわけで。


きっとロアッソサポーターの8割くらいはこれと同じなんだろうなぁと(笑)


太くんの記事には誰もが、きっと誰もがビックリしたんじゃないかなぁ。
まさか…って言うと失礼かもですが、今季の出場数や結果(うちはJ2失点数がワースト)から考えて、うちの守備陣からJ1のクラブへ行くことに、しかも、ガンバ大阪というビッグクラブに行くことになるなんて…

ま。正直言って、今季うちのGK陣の中で一番そつなくこなしたのは太くんかなと思いますよ。
年齢やチーム内でのポジションを考えても、引き抜かれるとすれば、太くんだったと思いますし。

太くんは2005年、駒澤大学卒業後、発足したてのロッソ熊本に加入。

2004年の駒澤大サッカー部と言えば、中後(鹿島)がいたり、小林亮(大分)がいたり、赤嶺(F東京)がいたりと、すごく強いチームでして。そのチームからはうちには4人、MF関、MF大瀬良、DF鈴木、そしてGK太が加入。その駒澤カルテットも2006年シーズンで大瀬良くんが引退・コーチ就任し、今年、関・祐輔が契約満了で退団。最後の1人となった太くんもガンバ大阪へ。

すごい期待を一心に受けて。
その期待に応える結果は3年でのJ参入という形で残してもらったと思っています。

できることなら熊本を去る前に、ウイイレの強さを見ておきたかった(笑)
負けず嫌いのゆたかさんや他の選手たちが認めるんだから相当でしょう。きっと。
ただ、無念だ。

太くんと言えば、サポの間では優しいGKと評判ですが、個人的に一番印象に残っているのは、去年後期の公式動画ですね。2007年シーズンはコバが移籍してきて、結局ずっとベンチだったシーズン。自分が出たらもっとやれるのに…っていう感情が端々ににじみ出る動画で、すごくインパクトがありました。どうにかスタメン獲れればいいのにとも思ってました。

そして、今年の愛媛戦ですか。J初スタメン。完封勝利。
イチの決勝ゴールもですが、あの試合はロッソ時代からの生え抜きの選手たちが結果を残してくれた試合になりました。何度も書いてますが、あの試合が個人的には今年のベストゲームです。

その後、7試合出場し、怪我で戦列を離れましたが、その間のパフォーマンスは非常に良かったと思います。ミスはあれだけっすね。第2クール横浜FC戦の山田のミドルの前のファンブル。あれ以外は良かったんじゃないでしょうか。ガンバサポ的には5失点とか4失点とか気になる方もおられるかもしれませんが、湘南戦の4失点は先制後、守備の要ばっさんが負傷退場して、ラインが崩壊した試合、甲府戦の5失点は1人退場して9割守勢の試合でしたから。その辺を考慮していただけると助かります。数字ほど悪くない、むしろ孤軍奮闘してたってことだけ念を押させていただきます。

太くんの退団は非常に残念ですし、寂しいですが、発展的退団であることが心の支え。
是非ガンバでスタメンを奪ってください。
太くんが万博に降臨し、ガンバサポから太コールを浴びる日を心待ちにしております。

そして、また会いましょう☆




…とのんびり記事を書いていたら、公式に退団ニュースが…

2008-12-19 退団選手のお知らせ
この度、下記選手の退団が決定いたしましたのでお知らせいたします。

・MF34 クォン ソックン 選手  
・MF35 オ ミンソ 選手
・FW36 パク サンテ 選手


おー。まじかぁ…orz
まぁ様子見の雰囲気は契約時からあったし、だけど、ソックンなんかは試合に出たし、ミンソやサンテもTMで頑張ってたみたいだから、契約更新路線なのかなって安穏としてたんですが…

こうなったということは、きっと「育成して使おうと思ったが、うちにはフィットしなかった」ってことか、もしくは「契約延長する方向だったが折り合いがつかなかった」ってことなのか、どっちかでしょうね。他チームからオファーが来てる可能性もあるか。

これからアジア枠が導入されますし、そういう流れの中で先取りしたのかな?とも思いましたが。あまりにあっさりしてて、非常に残念です。ミンソは徳島のテストを受けたという噂も聞きましたし、それぞれどこかに決まるといいのですが。


これで、うちも14人が退団するということになりました。

まぁ今季の主力組は残っているので、大きな心配はしていませんが、毎年こんな風になるような事態は避けたいですね。退団者が多いっていうことはクラブ経営の不安定さ、目標設定の甘さを露呈したことになりますし、そして、選手に対する不信感を招きかねませんので。

とはいえ、今年は「見極め」の年。出来ることと出来ないことの見極めがクラブの目標でした。そういう目標が設定され、結果12位ですから、大きくメンバーが替わることは覚悟していました。分かってたんですよ。でも、やっぱり寂しいです。

残った選手たち、代わりに入った選手たちには彼らの意思も背負ってもらって、「ロアッソのサッカー」というものを完成させて欲しいものですね。期待しています。

そして、退団していく選手たちの動向は一生追っていく所存です。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。