ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs 横浜FC in 三ツ沢


第2節ってのは、どうやらうちにとっては特別な「節」のようですね(笑)


勝ちました!

おめでとう!ありがとう!

各所で書かれてあるとおり、まだまだな部分は当然ありますが、今は100%喜んじゃっていいんじゃないですか。



ザスパ草津とのホーム開幕戦を落とし、迎えた第2戦は、あの三ツ沢での横浜C戦。
アンデルソンにハットトリック決められたなーとか。あのPK微妙だったなーとか。
あれよあれよの5-0。コバとイチの「今日は地獄やな」会話があったこともつゆ知らず(コバトークにて)、呆然でしたよ(投げやり)。ええ(苦笑)。

まぁ本州アウェイの苦手意識は、去年の湘南戦での勝利により、大きく薄れていたことは良かったかも。あと、あの5-0の試合以外の対横浜C戦では、うちにとって、かなりいい試合だったから、苦手意識はなかったかな。

カズさん出てたのも嬉しかったし、アツくん出てないのは残念ながらもラッキーと思ったり。
試合開始前、開始直後はわりとのんびりした気持ちで観戦してましたよ。



うちは前回に比べて、格段にとは言いませんが、良くなっていると思いました。
ビルドアップもそうだし、フィードするところ、クリアするところ、ボランチの引き出す動きまで。

得点の仕方も、横浜C側のサポさんからすれば、「うちらのミス」ってことなんでしょうが、前線からの守備、両ウイングの裏への鋭い飛び出しはうちの武器ですから。パスワークで崩すのも素晴らしいし、高い位置で奪って少ないタッチでゴールまで繋げるのも素晴らしいと思います。前者は技術で魅了する、後者はハートで魅了する。

3トップは攻撃面ばかりを取り上げられますが、4バック主流の現代サッカーにおいて、影のコンダクターを担うSBを誰が見るのか、どうやって圧力をかけるか、ってすごく大事になってますからね。近年、1トップや3トップの、サイドの高い位置に選手を置くスタイルが流行っているのも当然なのかもしれませんね。

そういうところがはっきり出たというか、うちのフォーメーション・スタイルががっちりはまったのがチャ様のプレスからキジの先制点だったのではないでしょうか。なぜ相手SBをうちのSBがチェックできるのかはそれぞれで考えてください(笑)まぁ通常ならありえないですよね。それが出来るのが、うちの今年の強みってことで。

キジのシュートも巧かったね。あれ難しいよ。
蹴る間合いでキーパーのタイミングを外してるのも巧いし、あのファーに若干アウトで蹴ってのストレートボールをあっさり転がすあの技術。素晴らしいね。角度や態勢からして、インサイドだと難しかったし、インステップだとニアの上だけでタイミングは外しづらいし、ファーを狙えばカーブかかる可能性だってあるし。まじすごいっす。心からすごいっす。

横浜の樋口監督だったか、うちの誰かだったかが言ってましたが、相手ボランチが藤田に引っ張られすぎて、翔平ちゃんが余ってたってのも大きかったよね。翔平ちゃんは素晴らしい技術持ってるから。ポジション的にミスってるところが目につきますが、ピッチよく見えてるし。キックも色々持ってる。運動量でのし上がってきた感はありますが、彼の本質はゲームメイクにあると思ってるんで。藤田・小藤田くらいに思ってもらわないと(笑)

失点後も焦ることなく、中盤の構成も良かったし、DFのミスも前回に比べたら格段に減ってたと思う。
両SBや中盤のフォローもたくさんあったし、前節の反省点を生かして、修正・成長してきた証を見せてもらったと思ってます。


ばっさんのは…まぁ仕方ないかな。DFでのパス回しはもっともっと煮詰めていくところだし、うちだけじゃないから。同じ問題を背負っているのは。今の時点でここに着手できてるってことは4年後のJ1昇格に向けて、実に堅実だと思うし。今しかないよね。逆に言うと。


それにしても、カズさんは最年長ゴール記録だって?すごいね。
カズさんはなんだか動き軽やかだもんねぇ。

でもさ、うちってさ、あれじゃないっけ?J2最年少得点記録にも貢献してるよね?
去年の第2クール湘南戦での菊池。

よっしゃ。最年長と最年少記録制覇(笑)



後半も木島から宇留野という大きな展開から、最後は宇留野の「技術」で追加点と。
前節も超絶ボレー決めてたけどさ(オフサイドだったけど)、宇留野ってボレー巧いよね。
前節は右で今節は左でしょ。すごいじゃん。
宇留野は個人的に好きで(前にも書いてますが)けっこう見てたんですが、甲府でめちゃめちゃ活躍した印象はないよね。良いところで怪我したりとか、メンバーはずれたりとかで。

うちへの移籍大成功だね!


あとはまぁ書き出すときりがないけれども、悪い意味で気になったのはカードの多さか。
厳しく行かなきゃやられるから、悪質なのはなかったと思うし、後半に増えてるから疲れでしょうがないところもあるとは思うんだけど、これからのことを考えると大変だよねー。特に、CBの2人。
まぁファウルになってしまうって言うのは、技術よりも判断の遅れ、そして、ミスからの急な対応。
カードが多くなってしまうのも、チーム全体でのミスがまだまだ多いですよってことなのかもしれませんね。
少しずつ減らしていきたいモノです。ただよさん。早く戻って来てー。


最後に、相手・横浜Cですが、戦前は池元・難波がスタメンだと思っていたので、彼らが入れ替わり立ち替わりに引いたり裏狙ったりしながらポストプレーとかされると、ファウルも増えるだろうし、そこでアツくんからのセットプレーとかいやだなぁと思ってたんですよ。一番気を付けなければいけなかったのは、そこ。それと、カウンター対策。

なので、うちとしては、アツくんがいなかったことでカウンター対策に絞れたし、藤田のおかげで中盤の優位を保てたので、落ち着いていけたかなぁと思いますね。

まぁ次の対戦ではアツくんやら根占やらがいると思うし、池元・難波も好調なときはすこぶる怖い相手ですからね。今回は運も味方にできたのかなと思いました。


以上。まとまんないけど、感想をば。


次節はポカスタで徳島戦ですか。ポカスタでは負けたからなぁ。
そうでなくても、ホームの徳島は強いイメージがあります。
去年とはかなり違うメンバーですが、なんとかして勝ちたいですね。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。