ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs ヴァンフォーレ甲府 in KK-WING

集まったねぇ。19300人。

ACはじめ、選手、スタッフ、サポーター、スポンサーとみんなが頑張った結果でしょう。みなさま。ほんとにお疲れ様でした。

これで勝ち試合だったなら最高だったんだけど…



試合は0-1で負け。

チャンスとピンチは同じくらいだったと思うし、相手が上位の甲府であったことを考えれば、良く頑張ったとも言えるのでしょうが…

どうなんでしょうね。正直なところ。

19300人の中には今回初めて生観戦された方もたくさんおられたでしょうし。
彼らに聞いてみたい。

今日の試合は面白かったですか?と。



J'sGOALのプレビューを読みました。
ちょっとだけがっかりしました。
あれが記者の方の意見であり、監督の主張でないことを願います。

シュート数を増やすことは単に増やせば良いとは当然思ってません。
そして、シュート数を増やすことで今のスタイルが崩れるとも、攻撃が雑になるとも思いません。
シュート数が少ないことを心配したのは、シュートが打てるのに打たない場面がありますよって思うだけです。


ここに切り込みすぎると論文になるのでやめときますが(笑)、監督もシュート少なくて良いとは思ってないと思うんで。開幕前に「1試合シュート15本」を目標の一つに掲げてましたし(でしたよね?)、選手たちのコメント・発言を考えても、積極的にいこうという意思は感じられます。

頑張ってほしいですね。
うてるときにうたないと悪い癖になるからさ。



失点場面は、石井さん決めてよ!と(笑)

まぁ相手GK上手かった。

石井さんがダイレクトでって判断もあったかもしれませんが、1タッチしたのは間違いとも思わないし。あの体勢だとニア上もかなり厳しいしな。難しい。

そのあとゲームを切れなかったのが一番痛かった。
単純にディレイかけれないならファウルでもとめたかった。

ゴール前の状況ではファウルもできないし、人数も足りてない。
いなやんは自分が止めなきゃとコメントしてたけど、シュートもうまかったし、ばっさんたちの守備も含めてやむなしかな。

今年の甲府の強みはパスサッカーじゃなくて、ああいう縦パス一本で得点できる切り替えの早さだよね。
今回はパスサッカーによく付き合ってくれた方じゃないかな?中盤かなり省略してるよ。今年は。0-1は理想的なんじゃないかな。

そういうとこも、プレビューの記者さんとのズレを感じたよ(苦笑)


なんか記者さん批判みたくなってる(笑)
違いますよ。ちょっと気になっただけです。



さて、甲府戦ですが、評価が微妙です。

この試合単体で見たら、頑張ったと思うなぁ。
客観的に見たら、良い試合だったと言えると思う。
一見さんや去年の熊本甲府戦を知ってる他サポなら唸るんじゃない?

一方で、これまでの流れで開幕戦からずっと見てきたサポーターとしては、まだまだなところが非常に目につく試合だったんじゃないでしょうか?


だから、19300人の人たちに聞いてみたいと思ったんだよね。どうだったのかな?って。

チャンスの場面を見てて、チームの成長は感じます。
前・後半の修正も見事だし、出ている選手たちもそれなりのパフォーマンスは見せていると。

個人的には、欲を言わせてもらうと、負け試合でも必ず1点とってほしいんだけどな。
ポゼッション型のチームが無得点は寂しいし。今がパス志向なら、守備より攻撃にバランスは傾いているんだと思うしね。




次は栃木ですか。
ここまで新規参入チームに勝ててないし、連敗しての栃木戦ですから勝ちたいとこです。

栃木はここまでなかなか結果を出せていませんが、松田サッカーの浸透は感じさせます。中盤での激しいプレスはうちのスタイルの天敵でしょうね。

連戦から一呼吸しての試合。
課題もたくさん出てきたし、修正して栃木に乗り込みたいですね。


第一クールもあと三試合。
第二クールに向けていい感じで仕上げていきたいね。
そろそろパスサッカーの定着から次の段階のテーマに上がってほしいなと。

期待してます。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

暑さもあったけれども最近では面白い試合だったと思いますよ私も。
でも1点は欲しかったですね~リピーター獲得の為に負けたとしてもね
私もゴール時の興奮でハマった方なので
あと私が見ていて気になるのが気持ちにムラがありすぎる事、
守備の時ですが最後のほうでカウンター食らった時、藤田だけが帰って
他の中盤は走って無かったようで藤田がかなり怒っているシーンがありました。
体力も限界だったとは思うのですが、う~んと思うシーンでした。
小林から気合の授業を受けたほうが良い様な気がしましたw
【2009/05/12 18:43】 URL | 同意に一票 #-[ 編集]

甲府とスイングするまでは行かなかったかも知れませんが、面白かったと思います。面白さの芽が見えたというか。

ただ、一見さんに伝わったかな?というのはありますね。 
すんさんが心配してるのもそのへんかと思うんですが。
少しでも多くに伝わってるといいですね。

巷の「とりあえずシュート打っとけ」的なのには余り同意しませんが、パスが余計と言うよりは、打てるタイミングでためたりフェイク入れたりというのが、ちょっとあったかなと思いましたが、どうでしょうか。
【2009/05/12 19:50】 URL | たのさん #-[ 編集]

>同意に一票さん
得点のときの会場のテンションのギアチェンジは素晴らしいですよね。
お客さんが多いときはまた違いますし。空気が揺れるっていうか。
あれを味わったら、テレビ観戦でいいや!なんて思わないですもん。


守備に走るのってつらいですからね。特に攻撃しようって時にビルドアップでパスミスなんて最悪です。
でも、そこはプロですし、まして1点差なら残り数秒まで勝ち点ゲットの可能性はありますから。
藤田さんの怒りはごもっともです。

最後まで諦めずに闘う姿勢を見せないと「勝ちたいです」 「頑張ります」の言葉がどんどん薄っぺらいものになってしまいますから。
踏ん張ってほしいとこですね。
【2009/05/12 22:18】 URL | すん #-[ 編集]

>たのさん
心配はまさしくその辺です。
勝つのが最高で、最低でも得点すれば楽しさが分かりやすいかなと思うんですが。

監督は面白い試合だったとコメントしてましたが、お客さんとその辺の意識のズレがあったら恐ろしいなぁと思いました。


シュート数は岡山戦あたりから極端に減りましたからね。特に岡山戦の前半のシュート数が1本だったのにはさすがに焦りましたよ。その1本も木島のミドルでしたし。

強いチーム相手に防戦一方で少ないとか、去年のスタイルで少ないのは仕方なくても、今年みたいに支配して少ないのは問題だと思ってます。

現状のシュート数は、いっぱいいっぱいだけど増やそう!というよりは、本来あるべきものがないイメージです。

枠をしてもカウンターは防げるので、もっとシンプルにフィニッシュを考えてもいいかなと思いますけどね。


まぁほんと難しいとこです。
得意なパターンができればいいんですけどねー。
【2009/05/12 23:39】 URL | すん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。