ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs 湘南ベルマーレ in 平塚

久しぶりに楽しい試合になりましたね。

前半1点差に迫られたところでのソンジンのゴールで勝った!と思いましたが…
やっぱさすがに首位湘南は強かった。

逆に言えば、あれだけ強いチームを相手に残り数分までリードを奪う展開で試合を進めれたことは自信とすべきですね。

良い試合見せてもらいました。



この試合は藤田さんのトップ起用から全ては始まりました。

マスコミや評論家のコメントを見るに「ゼロトップ」とか「奇襲」とか、さもこの試合が特別なことをしているように思われがちですが、決してそんなことはない。

コモがトップにコンバートされて、プレシーズンからずっと続けてきた形が一つ身を結んだというべきでしょう。

この試合の藤田の動きは誰よりもまずコモにとってお手本となるべき試合になったのではないでしょうか。


そして、2ゴールを決めた西。
起用されはじめの何試合かこそスペースを生かして見事なドリブルを披露していましたが、ここ数試合は周りとも噛み合わず、孤立する場面も多く見られました。
が、今節は藤田さんの動きで相手が動かされていることに加え、前線で自由に動くことができてました。
久しぶりにその積極性を遺憾無く発揮してくれましたね。
守備面ではまだ課題を残しますが、今節はフル出場できたことも含め、ほぼパーフェクトでしょう。


さらに、セットプレーでの初ゴール。
ここまで長かったよ。ほんとね。
うちのようなチームこそセットプレーは得意でないといけないのに。
うちにはキッカーもターゲットもちゃんといるから伝家の宝刀となるべき要素は元から秘めてたんですけどね。
これを機に是非とも量産してもらいたいものです。



湘南戦の解説は名波。
藤田さんの動きを名波が解説する。
それだけでも夢のようなのに、前半は誉められっぱなし。
敵将反町監督も普段はみせないようなイライラっぷり。

誇らしかったねー。
これが地元のチームがあることの醍醐味でしょう。
ゴールも全て素晴らしかった。
みんなでハードワークして内容も抜群だった。


確かに、展開的には勝てたかもしれないし、吉田くんあたりはPKの件で矢面に立たされよう。

けどさ、あれはアジエルのパスが素晴らしすぎるやろ。
岐阜のときと同じ形だったのは残念ですが、それだけあそこの判断は難しいってこと。
あそこは出て正解でしょ。
ただ、出たあとのボールの読みが甘かった。出方によっては確実に先に触れたと思うし。濡れたピッチのせいかな。


まぁ今年の湘南相手にここまでやりきるってのは素晴らしいよ。
逆転される可能性だってなくはなかったし。
後半は押し込まれる場面も多い中で粘ってたと思う。

厳しく言えば、3点とったら逃げ切ろうよとか、後半ダメ押しとれただろーとかいう見方もなくはない。

ま。無粋っしょ。今回は。


あとは、みんな言ってることだけど、今回みたいなサッカーをコンスタントに表現できるようになること、ホームで披露すること、相手を選ばずに良いサッカーをすること、そして、勝つこと。

今は勝つことにそれほど執着しなくてもいいとは思うけど、手を抜くって意味でもないし、勝たなきゃ楽しくもなかろう。サポもだけど選手もね。

とりあえず勝とう。良いサッカーをして。
それがチームにとっての特効薬だろうね。


うちの目指すサッカーは湘南戦が一つの答え。
チームが迷ったらここに帰ってこよう。
そういう試合になったことが今節最大の収穫かなと。



次は横浜FC。今季初勝利の相手。
相手は決して良い状態じゃないけど、舐めてかかれるほどうちの調子も良いわけじゃない。
ただ、良い流れで次を迎えるのは間違いなくうちだから。
それをうまいこと利用したいね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

また急にゼロトップとか言われ出しましたよねー(^-^;

コモがやろうとしてたのも同じことだと思うんですが、やはり結果も大事なんですね。

何ですかね。
やっぱ受ける位置とか、他の選手との距離とか、あとは信頼感とか、そういう部分が違うのかな。

どうなんでしょうか。

これでまたコモがトップに入ると、文句言う人が増えるんですかねー?(^-^;

個人的には、藤田トップのコモトップ下が見てみたいです。
【2009/06/06 00:56】 URL | たのさん #-[ 編集]

>たのさん
コモがトップになったらまたヤイヤイ言われるでしょうね(汗)

藤田トップは応急処置的なとこがあるのでそう長くは出来ないだろうし、今のサッカー続けるにはコモを戻して一刻も早くフィットさせるしかないと思うんですが。


藤田とコモの違いは経験ですかねぇ。
うちはチーム全員がかなり高い次元で目指すものを共有出来てると思うんですが、そのためにトップは何をすべきかという引き出しを藤田はすでに持ってて、コモはまだってことなんじゃないかと。走り方、相手の引っ張り方、パスの受け方…藤田さんのプレーはかなり参考になると思います。

やってるサッカーがぶれなければ、だれがどこに入っても問題はないはず。
今のうちのサッカーはトップがものすごく重要で、ものすごく難しいポジションですから、まだまだ長い眼で見てほしいものですが。

個人的にはゴンさんが完全に復帰するまでが一つのリミットだと思います。ゴンさんがトップになったら今回のような動きをさせる必要がないし。ゴンさんをサイドで使うなら話は変わりますが。

次は、中盤以下の構成を変えずにコモがトップをやる布陣も面白いんじゃないですか?
うまくいった今だからこそ、90分じゃなくても時間を与えるべきだと思います。
【2009/06/06 07:44】 URL | すん #-[ 編集]

なるほどですね。

僕も、コモトップは継続して欲しいと思ってます。

基本的にチャンスメーカーを最前線に置くというのは変わらないと思うんですが、コモはFW的な役割を期待されて叩かれてる気がします。

なんか気の毒に思えてならない。
スケープゴートになってるようで。

外から見るのも勉強になるし、コモがこれでもう一皮剥けてくれるとよいですね^^

技術は一級品なのですしね。紛れもなく。
【2009/06/06 16:14】 URL | たのさん #-[ 編集]

>たのさん
藤田さんはオーラが別格ですからね。
チームの核がトップにいたら絶対に潰さなきゃいけないと相手は必ず思いますし、0トップはそれを逆手にとるシステムなので。
そういう意味では、藤田さんレベルの選手だからこそ成功したという見方もできますね。

コモはとにかく危険なポジショニングをとりつづけるような眼を養わなければ。
まぁFWやOMFならまだしも、ボランチ、特にレジスタタイプのコモには、その辺のゴールへの嗅覚みたいなものを感じる力はまだまだなのかもしれません。セレッソ戦や岐阜戦を観てて少し身についてきた感じもしたんですが。

あと、コモがトップのときに入るボールがわりと雑な印象もありますね。
中盤の構成を変えずにコモを使えば…っていう前のコメントの意図はその辺です。


藤田さんとコモ以外の今いる選手で考えたら、タイプ的には大迫くんなんかはど真ん中ですが、意外にダイシとか0トップに向いてるかもですよ。そんな気がしています。
【2009/06/06 20:09】 URL | すん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。