ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs 東京ヴェルディ in KK-WING

負けたー!
まるで良いとこなし。

いや。1つ可能性があったとすれば、前半序盤の猛攻で先制してたら…ってとこか。

前節岡山戦、前々節岐阜戦を含めて、結果のわりに良い内容じゃなかった。
そこと比べたら今節も極端に悪かったわけじゃなかったと思う。

東京Vは土屋や服部が戻ってきて、守備が安定してた。それがすべて。
こっちは攻撃の要の中山を欠いた。それがすべて。



スタメンに若干の変更があったけど、入った選手達はそれなりに頑張ってたと思う。
吉井は決して良くなかったけど、走れていたし、矢野もパスミスあったけど大黒をよくケアしてたし、足元ではやられてない。


一方でシステムの変更は致命的だったかもね。

去年と同じシステムのようで、守備ラインと意識にだいぶ差があるから中盤やサイドの攻防で分が悪い。

去年はゆたかさんが前でどっしりと構え、ウイングの木島と中山は必要とあらば積極的に最終ラインまで守備参加した。山内や宇留野にはそれがない。求められてないというべきか。だって、守備ラインの設定が違うもん。

今年のように流動性を志向すると、守備から攻撃への切り替えは遅くなるし、ここ2試合ではまってた裏への飛び出しの威力も半減。

攻撃も守備もやや中途半端になった感は否めない。



それでも、前半の序盤は東京Vも対応に苦慮してたからね。
あそこで先制して、万全の状態で442移行が最高のゲーム展開だったように思う。

現実は前半序盤の飛ばしすぎが祟り、後半に日程面での優位性を見いだせなかった。縦に早くなったことは評価されてるけど、雑な部分も多くなってるし、相手ペースの時は様子見るイメージも必要だし、ロングを入れるときもただよや矢野がテンポ遅らせてたらダメだ。
拓ちゃんへのチェックはどのチームも早くなってるから、それでも拓ちゃん自身は冷静にやってるけど、ダイレクトで逆サイに振るほどの余裕があることはほとんどない。ただよがもう少し早く出せてればというとこは何本かあったよ。



まぁ今回は東京Vを誉めるしかないな。
局面局面でのプレーも素晴らしかったし、劣勢の中でも余裕を持って耐えられる力はJ2の中では確実に上位のものだと思う。
仙台と甲府が苦戦しているようだから、もしかすると3位争いはもっと混戦になってかなり熾烈なものになるかもね。


仕切りなおし!

明日は札幌戦。
こちらも東京Vと同じく第1クールの結果は忘れてゲームに臨んだ方がいい。

とは言え、札幌はなかなか波に乗れてない印象。
東京Vほど劇的に良くなった印象はないなぁ。
まぁクライトンがいるだけで圧倒的に優位に立たれるけどね(苦笑)


札幌は昼開催ってことは涼しいのかな?
良い環境でやれるなら良い試合をしてほしいね。
上位が相手の場合、勝ち負けより走りきることが大事よ。

明日スタメン予想に名を連ねてる元札幌組に期待!

ばっさん!イチ!頑張って!

あと、木島・中山の2トップもかなり楽しみです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。