ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs セレッソ大阪 in 長居

今朝の熊日にも書かれていましたが、結果の数字には表れない好ゲームだったと思っています。

セレッソ戦は去年の3試合もそうでしたが、本当に白熱した好ゲームになるという印象です。
セレッソのようなずば抜けた戦力を保持するチームを相手にする場合、多くのチームが守備を固めてカウンターがセオリーですが、うちほどに真っ向から勝負するチームも今年のJ2ではなかなかいないんじゃないでしょうか?

崩れている状態に攻め込むのではなく、きっちり崩して点を取る。

どっちが良いとか悪いとかいう話ではありませんが、今年の熊本は「攻撃的なパスサッカー」を標榜していて、相手がどこであれ、その基本的なスタンスは変えないのは、我がチームながら本当に好感が持てるなと(自画自賛(笑)


後半のそれも終盤に入って立て続けに失点してしまいましたが、集中力とか戦術とかそういうものじゃなかったと思うな。端から見ても、明らかに前半の最初からフルスロットルだった我がチーム。走って走って、全力で走って、倒れるまで走って、その弊害が終盤の失点に現れたなと。いや。前半の代償は後半の頭から既に見え隠れしてたよ。

でもさ、それでいいんじゃないかな?のぺーっと90分闘うよりはさ。
最初っからぶっ飛ばして、イニシアティブをとって自分たちのゲームを展開して、しっかり得点した。
残念ながら前半リードして折り返すことは出来なかったけど、失点場面を運良く防げたら、拓ちゃんの超絶FKが決まってたら…もしかしたら違う結果になっていたかもしれませんし。

少なくともそう思わせてくれる試合は出来ました。
面白い試合の時は生で観てたってテレビで観てたって、自然と「うわっ」とか「よしっ」とか声が出ちゃうものですし、面白くない試合の時は自チームの試合でも、勝ち試合でもすごく冷静に観れるものです。
セレッソ戦は完全に前者でしたから。面白い試合だったと思いますよ。


あと、個人的に嬉しかったのはただよが頑張ってたことかな。
勝ち越しのカイオのゴールはCBの足が止まったとか言われてるけど、そもそも濱田に楽にミドル打たせた時点で勝負ありですから。あそこはだれか行ってあげないとGKもCBも可哀想です。
気合い入ってたね。ただよ。

ロッソ熊本が出来て、ただよが入団してきたときに、セレッソサポの知り合いが「福王は能力高いよ。かなり巧いと思う。けど、自己管理がね…すぐ太るもん」と言ってました。コンディションの維持さえ出来てれば、セレッソで頭角現してたとも言ってました。

05年のkyuリーグMVP。その能力の高さはチーム結成当初から発揮できてた。JFLでは06年後半に怪我をして07年のほとんどを棒に振ることになりました。J初年度の去年は開幕スタメン。本来のCBではなく、ボランチやSBを任されていましたが、怪我もあってシーズン途中からはベンチに入るのがやっと。今季も開幕直後はスタメンではありませんでしたが、河端・矢野コンビの不調もあり、現在はスタメンに定着中。

長所はパスの精度かな。JFL初年度の飯倉(現横浜M)-高橋(現福岡)とただよ-高橋のホットラインは1本のロングパスでかなりの得点をたたき出してるからね。
本人は1対1とも言ってたような気がするけど(JFL時代のオフィシャル動画かな?)、前でアタックするよりはカバーが巧いなという印象を持ってます。
あとは、ミドルだね。06年8月に水前寺で行われた佐川東京戦での熊さん(現ロアッソ広報)とのミドルの競演は忘れない。今回のセレッソ戦でもFK蹴らしてもらっててさ。知らない人はなんでDFに蹴らせてんの?とか思ったかもしれないけど、ただよ巧いんだよ。ミドルシュート。

まだまだ彼の実力はこんなもんじゃないと思いますし、ミスターロアッソを襲名できる一番の適任者は誰が何と言おうとただよでしょ?ずっと思ってましたよ。ずっと。

結果的に4失点と彼には非常に悔しい試合になってしまったかもしれませんが、成長してるなぁと思いますよ。心から。頑張って欲しいですね。

ただよのこと書くと熱くなりすぎてだめね(笑)



あと、前回書いたんですが、セレッソキラー木島の活かし方をどうするのかって。

今回見事だったじゃないですか!

1つの答えが出ましたね。
チームとして目指してるパスサッカーと木島の特長でもある飛び出し&ドリブルの融合。

ただし、富山のような守備的なチームが相手の場合、ラインが低くスペースがないこともあるでしょうし(低くなくても後ろのスペースのケアの意識が高い場合)、これで全て解決した訳じゃないですけどね。

ただよさんから藤田さん、宇留野、藤田さんで木島とDFラインからきちんとつないで両FWがきちんと触って相手を崩す。理想的なゴールでしたね。本当に良いゴール。今年は本当にチームで戦ってる感がすごくあって、選手が同じ方向むいてゲームに入れてるのがすごくいいですね。良いチームになってると思います。




いい試合だった。負けたけど、面白くていい試合だった。

が、やっぱり負けは負けなんだよね。

最近の北野監督のコメントに「勝ちにこだわる」というフレーズが良く出てきますが、今日の試合に関しては、結果にこだわってるとは到底思えんな(笑)
ええ。責めてる訳じゃないですよ。これでいいんじゃないかと思います。セレッソみたいにかみ合う試合をしてくれる相手なんて滅多にいませんから。こういうときは小細工無しでぶつかっていっていいんじゃないかと。

確かに、負けは負けだけど、悔しく思うのは選手とスタッフだけで良い。
彼らが次に活かしてくれたらそれで十分。
こういう気持ちのいい試合を見せられたなら、外野が文句言うのは何か違う気がしましたね。

週の真ん中の憂鬱な水曜日の夜に、エキサイティングな試合を見せて貰った。

それだけで感謝の気持ちでいっぱいです。




次は、ホームに福岡を迎えての試合。
なんか復調してきたみたいね。まぁ連敗連敗でこられるよりはやりやすいよ。

またすぐに試合になりますが、コンディションさえ整えば、きっと勝てるっしょ。

いい試合を期待してます。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

おはようございます。新です。
共感します!
確かに、敗戦は暗く、勝利は明るいものですが、
アナグマのように自陣に引きこもり、ひたすら相手のミスをつくサッカーなんて面白くありません!
相手の長所を消すことに専念するよりも、自分の長所を出し切ることに専念する・・・それで負けても、明日を信じられる!
そんな気がします!
熊本のようなチームがあることはサッカー界にとって喜ばしいことだと思います。
【2009/07/26 08:37】 URL | 新 #-[ 編集]

>新さん
コメント返せずすみませんでした(汗)
福岡戦の負けがあまりにショックでちょっと現実逃避してました(笑)

広島はまさにそんな感じですよね。
やりたいサッカーをやって結果が出れば言うこと無しです。

世の中に絶対はないし、当然万能なサッカーも無いですから、難しいところです。
楽しいって何だ?勝つって何だ?ループです。

でも、そのループはきっと同じ所をぐるぐるしてるんじゃなくて、少しずつでも上に登る螺旋階段であると信じて進むしかないですね。
【2009/07/31 23:11】 URL | すん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。