ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs ファジアーノ岡山 in 桃太郎

最悪の事態は予想していたとはいえ、この結果はさすがにきついですね。
もっとやれたんじゃないか?という気持ちは未だぬぐえません。


試合を見終わった後、敗因を考えたら1番に思ったこと

相手を甘く見すぎてなかったか?

でしたね。


Jに入ってそんなこと思ったこともないし、思う暇もなかった。そんなスピードでここまで来た。
今年は3つのクラブがJ2に加入したわけだけど、初回対戦でもこんなことは思わなかった。

個人的には、当初スカウンティング不足、つまりなめていたのはスタッフの方なんじゃないかと思っていました。理由としては、前半あれだけ簡単に相手FWにくさびを入れさせていたのを後半は頭からすんなり修正できていたこと。スカウティングが十分でなかったのか、単にミスだったのかは分かりませんが、とにかく不足していたんじゃないかと。

しかし、昨日の熊日さんの記事を見て、「あれ?甘くみていたのはプレーヤーの方だったのか?」と。

結局、真意は分かりませんが、闘志とか気迫とかそういうものがプレーに出てなかったのは残念でした。


試合の内容としては、前半の守備陣の軽さ、そして前がかりになった後半の攻撃陣の無得点、どちらも修正すべき課題ですね。

この試合は久しぶりに稲田がスタメン復帰、4バックに戻って、どこまで無失点で耐えられるかと思ったんですが、岡山FW西野の個人技であっさり2失点。素晴らしいゴールだったと前置きはしておきますが、止められただろうと。
1失点目はもうずっと同じ形。セットプレーから一旦弾くと止まってしまう足。なんとかしないと。最近はセットプレーでのマークが外されるというレベルの前に最初から外れていることも多いですよね。ゾーンで守ってるのかな?それにしてもでしょ。西野があのポジションにいてだれもついていないってのは問題だ。
2失点目はただよさんが半歩遅れたところで思い切りよくシュート蹴られての失点。あれは稲田が止めないといけないかな。ずっとスタメン外れてたから勘がもどってないのか、ピッチがボール走りやすかったのかそれは分からん。けど、コースもただよさんが半分くらい切ってたから、あれは止めて欲しかった。せっかく同点に出来たのに。ああいう失点をするとチーム全体がガッカリする。

その前提として、「後半勝負だった」(熊日での北野監督のコメント)とはいえ、後半のソンジン・ただよの前への圧力のかけ方を見るに、スカウンティング不足だったんじゃないかなって思ったんですよね。水戸戦の失敗も踏まえて、西野・青木にはもっとガツガツいってつぶさなきゃいけなかったし、後半はきちんと実戦出来ていたことを見れば選手の能力の問題でもない気がしましたよ。

後半のピンチは前半のそれより危ないものが多かったですが、相手の決定力不足に助けられました。これは守備陣のミスというよりは、後半勝負のプランから序盤押し込むことに成功したものの、得点が奪えず、徐々に岡山が挽回してきたことに、うちの中盤、特に吉井と翔平ちゃんがポジショニングの面でリスクマネージメントが十分に出来てなかった点にあると思います。終盤になってきて、クリアボールを岡山に拾われまくったのもその辺が起因してたんじゃないかなって思いますね。これは本人たちの問題というより誰かが気付いて修正できていれば良かったんだけれども。


攻撃陣はパスサッカーを掲げるのは良いと思うし、繋ぐのは巧くなっていると思いますけど、1タッチのプレーが少ないこと、1タッチプレーの精度が低いこと、スペースで動きながらというより足元でパスを受けすぎていること、フリーの時のクロスの精度が低いこと、そして、良いクロスが上がったときに限ってだれも中につめられないことなど課題は山積しています。

後半序盤の翔平ちゃんだったかイチだったかがフリーでクロス上げたのにコモしか中にいなかったのは顕著な例だよね。コモはつぶれるという仕事をきっちり果たしていた。あれは外からきちんと走り込んであげないとさ。誰でも良いから。あそこに走り込んでヘディングできるのはゴンさんくらいしかいないのかな。うちじゃ。ヘディングできるガッツマンが左ウィングにいてくれたらな。監督は安易にパワープレーしないって言ってたけど、パワープレーっていうことじゃなくてああいう時間帯と展開なら純粋に左ハーフに矢野をつかって、右のイチと翔平ちゃんで崩して、矢野に中に入らせる動きでファーに流れたボールを狙わせるという手もあったような気がします。うちの攻撃陣vs岡山の守備陣なら個の能力じゃ勝てたと思うしね。結果より内容が大切なことも承知していますが、勝たなきゃいけない試合もあるし、勝つための采配を振るってこその内容だと思うしさ。もう少しどうにかならなかったのかな?っていう気はしました。



…とマイナス気分はここまでにして、試合が終わってある程度引っ張っていると多かれ少なかれいい話も耳に入りますね。

こないだの試合でも途中出場したヤス。前回の記事で書いたような使われ方してましたね。
ヤスが前線のスペースで活き活きとしたドリブルしてるのを見られるのは嬉しかったです。
やはりヤスはドリブルシュートですよ。

次は是非シュートをよろしく。ペナ内なら意外と決まると思うけどな。1対1じゃない方がおすすめ。

そして、ヤスブログでは藤田さんからの熱いお話があったとの記事が。
ああいうことを我がクラブの期待の星に言ってくれる藤田さんもそれをきちんと受け止めて文章にしてくれるヤスもほんと最高だよね。
ヤスの技術はすごいんで。怪我をすることなくプレーできて、スタメン奪ってくれることを期待してます。




さて、あさってはC大阪戦かー。今年は良い試合はしてるんだけど大敗してるもんなぁ。
おまけに絶不調のチームにあって唯一気を吐いていた宇留野がほお骨骨折で離脱。
加えて、本当なら2万人動員の試合にするところだったのに、衆議院議員選挙と相まって、動員がぐちゃぐちゃになっちゃってるもんねぇ。16日の水戸戦にうつったんだよね?その動員。無理。時期も短くなっちゃってるし。なんかぐだぐだっと過ぎてしまいました。もったいなかった。
まさしく泣きっつらに蜂。

とはいえ、相手が首位だし、夏休みの最後の週末ですからそこそこの動員は期待できます。
夏の終わりに、スカッとする試合を見せて、ちびっこたちを気持ちよく学校へ向かわせようではありませんか!

健闘を祈ります。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。