ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs FC岐阜 in KK-WING

勢いの差は感じていたので負けたこと自体が一番のショックというわけじゃない。
ずっと感じてきたズレがここにきて大きくなっていること、それがチームをむしばみ、選手を悩ませている状況を見るのが悔しい。
チームや選手の能力とかポテンシャルを信じてやまないのがサポだと思うし。

選手たちが頑張ってないようには見えないからなぁ。
にもかかわらず、完全燃焼できていないのが伝わってくるからますます悔しい。



岐阜戦のスタメンはセレッソ戦を踏まえてものだと思う。
前回の記事にも書いたけど、西森・山内・西を操る藤田さんを見れたのは良かったし、先制までのチームの動きを見てもそのチョイスは間違いではなかったと思う。

ここ最近の得点は個人の機転やウルの個人の力に寄るところが大きかったから久しぶりにチームで崩して奪った得点だったので良かったと思う。翔平ちゃんの縦パスが非常に効果的だったし、藤田さんが中央でためを作り、イチが右サイドを切り裂いてのクロスに、山内・西森がニア付近で絡んでのファーサイド西の飛び込み。見事です。身長ではうちの方が明らかに不利だからね。

ここまでは良かった。強いと思ったもの。
連敗チームとは思えない動き・崩し。チームが得点のために1つになってたよ。

ただ、ここからがいけなかった。悪い意味で落ち着いてしまったか。
積極的に縦パス出してた翔平ちゃんが途端に大人しくなり、徐々にボールの奪い合いが自陣に場を移しはじめ、ミスパスが増え、後ろからどんどん飛び出してくる岐阜に対応が出来なくなり、最終ラインがずるずる下がり始めると、中盤も最終ラインに吸収される。そんな中、ハイボールの落としを拾ってシュートという岐阜のパターンがはまり同点に追いつかれる。

実質的に絡んだのは拓ちゃんであり、ソンジンなんだけど、一概に個人の責任を問うのは難しい。
ここ数試合の悪いところ全てが関わってくるといっても過言ではないと思う。
当然、岐阜のラッキーな部分もあったと思うんだ。岐阜サポさんからしたらムッとされるかもしれないけれど、拓ちゃんが競ってたから正確に落とせなかった可能性もあったし、嶋田のシュートも難しかったと思うんだよね。その小さな部分での自信というか最近の調子というかそういうのが出たかなって思うわけで。ヒーローインタビューで逆転弾を決めた冨成くんが言ってましたが、「先制されたけど取り返せる自信はあった」、それが全てだったのではないかなと思いますね。

この時点ではまだ同点だったのに、チームのスタイルを挽回できなかった熊本と先制されても揺るがず自分たちのスタイルを貫いた岐阜。どちらが勝者に相応しかったかは明らかです。それが熊本であったと言えないのは非常に残念。

結局、2失点目も3失点目も最終ラインがずるずる交代してしまい、岐阜の2列目3列目に自由にバイタルエリアに飛び込まれるだけのスペースを与えてしまったチームの問題であると思いました。


後半の頭に北野監督が両SBを代えるという奇策に出ましたが、メリットよりデメリットが目立つ結果になり結果5失点と守備を修正できず、攻撃は終わり間際の西森くんのスーパーミドルが決まった1点にとどまりました。

両SBを代えるっていうのは全く考えていなかったけど、守備のバランスは悪くなかったし、何か手を打ちたいという必死さは伺えました。ただし、拓ちゃんとイチのコンビと矢野・西のコンビだとつるべの動きであること自体は変わらないし、試合後の嶋田選手のコメントからSBの上がった背後を突くことが徹底されていたことを考えると、敢えて西とイチの攻撃的SBにして中央に石井をきちんと余らせるプレシーズンのスタイルの貫徹の方が面白かったような気がします。結果論ですが。奇策は奇策だったんだけど、サイドが変わっただけで岐阜のプランを狂わせるための作戦にはならなかったかなと思いました。

加えて、パスサッカーのためのCB選択でただよとソンジンが選ばれていると想像しているんですが(当然コンディションもあるとは思いますが)、少し限界が見えてきているというか、このコンビだとソンジンがもっと積極的に前でアタックしなきゃいけないのに、それが出来ていなかったし、ただよがカバーのために控えてる前のスペースを思う存分使われている印象を受けました。かなり研究されて、攻略されている。こういうときはばっさんを使いたいんだけど、セレッソ戦を観る限りとても厳しかった。でも、セレッソ戦でばっさんの起用がファーストチョイスだったのも理解できるなと。期待や希望に近い起用だったんじゃないかなって思いましたね。セレッソ戦でそこそこ闘えたら岐阜戦もばっさんだったんじゃないかなぁ。

まぁとりあえず木下くんには同情の余地ありですね。今回の失点を防げというのは酷すぎます。
DFがシュートコースを限定している場面もほとんど無かったしさ。自信を失わないようにしてもらいたいね。

攻撃陣は一定程度評価できるけど、4-4-2で吉井じゃなくて西だと、翔平ちゃんのプレーがチーム全体の流れの中心であると言っても過言ではないと思う。石井にリスクマネージメントをしてもらうには他のMFがもっと攻撃の負担をかけないようにしなきゃいけないと思うし。いつもなら吉井と翔平ちゃんが交互に飛び出しとパス出しをやってればいいんだけど、西と組む場合は飛び出しを西に任せて方が良いバランス取れると思うしね。藤田さんもいたから良い形でパス出せばマークがついてても簡単には奪われないと思うしさ。解説の池ノ上さんも先制したあたりでは「いつもだったら横パス出してると思うけど(今日は良い縦パス出してるね)」っていうコメントもしてたし、良かったと思ったんだけどなぁ。

FWは西森・山内のコンビでしたが、良いコンビネーションはいくつか見せてたと思います。
西森くんの左足の巧さはJFL時代から分かってましたし、J初ゴールとなる見事なミドルからもそれは実証されたと思いますが、やっぱり小さい選手が二人だと攻撃のパターンも少なくなるし、ラインの上げ下げで巧く対応された感じはありますね。二人とも最後までよく走っていたし、どっちも良かったと思うんですが、二人限定のフィニッシュパターンを確立するとなお良しですね。あと、西森くんはちょっと下がりすぎた時間帯もありましたので、そこら辺は課題でしょうか。木島はまだ厳しい感じですね。いつもだったら確実に踏ん張れているところで踏ん張れていないところをみると、膝のコンディションはかなり悪そうです。その中でも全力でプレーしてくれているし、他のメンバーが下を向きかけているところでひたむきに走る姿は、さすが我らの10番であると感じました。



この悪い状態の中での連戦は相当厳しいですが、今週末には草津戦が控えています。すぐそこです。

立て直すには、プレシーズンでやってたサッカーを思い出す以外にはないでしょう。
高い位置で勝負する両SBとリスクマネージメントをする石井、汗かきの中盤が居て、藤田さんが攻撃のタクトを振るう。スピード系のFWが相手の最終ラインを出入りしてスペースを作り、コンビネーションで相手守備陣を切り裂きゴールを奪う。陣形はとにかくコンパクトに。繋げるところは繋ぐ。守備は前線からプレスを仕掛け、連動してボールを奪う。このプレスは縦への推進力を止めるイメージ。2人目以降は横に出たパスを狙うイメージ。最終ラインは勇気を持ってラインを高く保ち、飛び出してくる選手にこそ特に注意を払うイメージ。ここに書くレベルなので多少フワッとさせてますが、もっと具体的にイメージを組み立ててそれをチームで共有することが立て直しの第一歩だと思いますから。

草津は前線に都倉という無敵のターゲットマンが居ますから、岐阜戦での1失点目のような形は常にありうる。要は競り勝つことじゃない。確実に競ってポストプレーの正確性を奪うことと、落としたボールに対する注意を強く意識すること。後ろからの飛び出しには前線の選手と言えども後ろ任せにせずきちんと最後までつききること。守備陣は本当に大変な試合になると思いますよ。
攻撃陣はおそらく前線にはスピード系が並ぶでしょうから、岐阜がうち相手にやっていたように相手が攻勢に出た後に奪ったボールを効率よく活かすことだよね。両SBの裏を狙って走り出すのは常にやっていきたいところです。一気に両サイドを狙う走り方をすれば中央にスペースが出来るのは確実だからね。相手が攻撃しているときこそその陣形の急所を狙う意識は大事だと思います。

中三日で修正するのはかなり厳しいと思いますが、今うちが勝てないのは色んな問題の集合体が原因ですから、1つ1つ地道に答えを見つけていくしかありませんし、とにかく今が一番底でこれからは上がっていくってポジティブに考えるほかない。

1人でなんとかすることはできないことだ。チームで闘うしかない。
草津戦はそういう気持ちが見える試合になれば結果がどうあれ、将来の糧になると思いますから。

次の試合をターニングポイントにしよう。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

パス(ポゼッション)サッカーにとって不可欠なのは、”和”だと思います。
選手が、サポーターが、クラブが、スポンサーが・・・苦しい(゜Д゜)時こそ一致団結しなければなりませんね!
【2009/09/11 06:54】 URL | 新 #-[ 編集]

広島は”和”って感じしますもんね。
単なる仲良しなだけじゃなくて、サッカーに対する厳しさも伺えます。良い見本です。

うちは最近負けが多くて雰囲気悪かったですけど、草津戦の大勝利で良い方向に向かってくれるのではないかと期待しています。明日の鳥栖戦が本当に大事な試合になりそうです。
【2009/09/11 22:08】 URL | すん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。