ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs ベガルタ仙台 in ユアスタ

J2で屈指の雰囲気の良さを誇るユアテックスタジアム仙台。
かっこいいよね。あの雰囲気。J2にいる間に目指すべき雰囲気の最たるところですよ。

そこをホームとするベガルタ仙台は現在2位。
去年外国人枠を使わずにチーム作りを始めて、昨シーズンは3位で入れ替え戦に負けたためJ2に残ることになったけれども、チームは熟成を高め、要所にレベルの高いブラジル人選手を獲得。堅い守備と豊富な運動量をベースにしたパスワーク。今季快進撃を続けております。


そんな仙台を相手に、今季2敗で迎えた第3戦。
今季の2試合共にセットプレーから失点し、そのまま崩れてしまうという展開が続きました。

結果、またもセットプレーで失点し、最少失点ながら得点を奪うことが出来ず負けということに。


結果から見れば、1失点と守備陣は粘ったと評価できるかもしれませんが、仙台の拙攻に助けられたというのも事実。運が悪ければ、大敗してた可能性も否定できません。

とはいえ、ヤスが今節もスタメンで起用され、本人もブログで言っているとおり、横浜戦よりも確実に躍動していたと思います。チームにフィットしていたと思います。シュートも打てたしね。ヤスを見ているともう少し前で使ってあげたい気もするけどねぇ。SBが似合うというのもそれはそれで嬉しいことなので。攻守に1vs1のレベルを上げてもらえれば最高ですよ。イチとのバランスは石井さんに頑張ってもらいましょう(笑)
CBの2人も頑張ってたけどね。気になるのはセルフジャッジしてるところだよね。オフサイドとか。アピールするのは大事だけど、足は止めないようにしないと恐ろしいときがあるよ。これは矢野やただよだけじゃないんだけども。

セットプレーについては、本気で対策考えないとやられすぎてる感は否めません。
FKの早いリスタートやスローインでやられるときは単に集中力の問題であることが多いですが、CKのようにきちんと集中して構えるようなタイプのセットプレーの時にもやられているのは問題じゃないですか?ファーサイドでフリーの選手がいたりするところをみると今はゾーンかな?CKの時はマンマークにも見えるけど。あそこら辺はしっかりしたいよね。マークを外してしまう場面が多すぎる。これはずっと言われていたこと。池谷時代から言われていたこと。ここまでくると選手の問題じゃない気がするよ。システム的なことが十分なら、もっと練習で相手を意識して守備練習したいよね。あそこのあのFWならこういう動きをするんじゃないか的な。選手自身が相手を知る努力をすべきだと思うし、スカウンティングももっと煮詰めれる気がするな。


攻撃陣は完全に仙台守備陣にいなされたね。
対等に勝負できていたのは0-0の時だけ。
一番良かったのは、前半の藤田さんのヒールから宇留野の形かな。
あれはもっとも決定的でうちらしい崩しだったよね。
あの攻撃をひっかけてくるのはうちの方よりも仙台守備陣のすごさでしょう。堅いな。やはり。

ちなみにあの場面は、宇留野のシュートがクリアされて、翔平ちゃんが拾ってかわすところまでパーフェクトだった。あれを翔平ちゃんがシュート打ってくれたら仮に入らなかったとしても、一連の攻めとしては良い感じだった気がしましたけど。やりきった感かな。

たしかにあの場面でパスは選択肢としてあったとは思うんですよ。ラインを気にせず狭い局面でも崩せると思う意識は一流だと思うし。けど、一度跳ね返ったボールで裏を狙うのは相手のラインを上げる動きもあるから味方とのコンビネーションもかなり良くないと無理だと思う。最低でも2列目から飛び出せる人がいる時じゃないと。1回目の攻撃に絡んだ選手たちに再度相手のラインを攻略させるのは厳しいと思うし。結果、難しい方を選択したかなっていう印象。まぁ正解なんてないんで。何が良いとか悪いとか言うつもりはありませんが、惜しいチャンスだったなと思いました。


あとは、崩した!って感じはあんまりしなかったね。それだけ仙台の守備はさすがでした。
結果は1点差でしたが、その1点はかなり大きな差だったように思います。
これがJ1昇格を現実的にしたチームの実力なんでしょう。

ちょっとサイドからクロスを上げる展開が多すぎたかなという気もするね。
相手ラインが下がりながらの状況ならアリだけど、今節は遅攻も多かったし、待ちかまえられた状態でのクロスは、ただでさえ厳しいのに、うちの前線の身長を考えるともはや絶望的。もうちょっとクロスを工夫するか、速攻を増やすか、とにかく何か糸口を見つけたかったですよ。それが出来ずに終わってしまったのは痛かった。

加えて、やっぱり選手のやりくりが十分じゃなかった気もします。
ヤスと木島と西とウルは代えなきゃ行けないような状況に追い込まれたからね。
使いたいのは分かるし、代えなきゃいけない状況になったのは結果論だし、スタート時点でベストの布陣だったのかもしれないけど、90分トータルではベストの布陣ではなかったような気がしました。


んー。難しいですね。

まぁとにかく今の課題は守備かな。
77失点っていうのは多すぎる。これは個人じゃなくてチームの問題だと思います。
得点はJ2全体でも真ん中くらいの多さなのに、失点がダントツで多いのは今季の失敗というべきかと。単純に得点と失点がトントンくらいだったら10位は達成できたような気もします。これを来年に期待するのは簡単ですが、今年もまだ何試合かあるし、何か答えをみつけてもらいたいとこですね。



さて、今週末は札幌戦。なんと対札幌戦は2戦2勝。
別に相性が良いわけじゃないと思いますけどね。ラッキーだっただけです。
今は札幌の状態もかなり良いし、普通に考えたら相当厳しい試合になると思います。
とりあえずキリノを調子に乗せないこととテクニカルな中盤に走り勝つこと。
特に最近は1トップにやられまくっているからプレスの仕方は具体的に確認しておきたいね。
3戦3勝はさすがに難しいと思うけど、なかなかないチャンスであることは間違いないから本気で目指してもらいたい。

10月18日のアビスパ戦に動員がかかっていることもあるし、ホームゲームで勝つことは非常に大事な時期だから。札幌戦とその次の愛媛戦はとても大事。できれば連勝して、動員と3連勝を重ねたいところですよ。その辺を意識してチームには頑張ってもらいたいところですね。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。