ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs アビスパ福岡 in KK-WING

えー。負けちゃったよ…orz

試合観てましたが、内容もそれほど良い出来じゃなかったし。
12000人の観客を呼んでおきながら何ともしょっぱい試合だったと言わざるを得ません。


J'sGOALのインタビュー記事や今朝の熊日の記事を見ると、ロングボールを簡単に蹴っていたことについての反省が多いようですが、福岡のDF陣のことを考えると単純に蹴る場面が増えることも1つの答えであったと思っています。
ただし、福岡もロングボールが多かったし、連続するとどうしても陣形が間延びしてしまうので、ボールを持てる場面ではもっと丁寧に繋ぎたかったし、多少遠くてもシュートで終わる場面をもっと作って欲しかったなと。

天皇杯では石井不在が大きな影響を及ぼさなかったようですが、こういう間延びする、速攻か遅攻かを選択する主導権を握らせてもらうような相手の場合、やっぱり石井の存在は大きく感じますね。その点、後半に入った拓ちゃんがすごい面白い動きをしてくれてたし、ボールの散らし方もさすが、左サイドを攻め上がるタイミングとクロスも見事だったので、次への糧にはなったのかなと思いましたね。さすが元J1の選手だなと思わせる場面は多かったです。あとは、例えばスタートからはいるとしてどれくらい質を落とさずに出来るかですよね。

ただ、じゃあ翔平ちゃんと吉井のコンビは100%悪かというとそうでもないかなと。
ボランチに関しては、絶対的な存在であった石井がいない今、組み合わせ含め改めて考え直さないといけないのかなと思います。単純に考えて、C大阪や仙台のように自分たちでボールを保持し主導権を握りたいチームが相手の場合にはうちが守備から入る場面が多くなるので、前からプレスが出来る翔平ちゃんや吉井を使い、今節の福岡のようにとにかく前戦の強い選手に蹴ってくるようなチーム相手には前にプレスに行くよりセカンドやカバー、そして攻撃のファーストボールの判断が大事になってくるので石井や喜名さんのようにサッカーをよく知っているベテラン選手を選ぶとか。

現に、今回の福岡も前半序盤は繋ごうとしてきてて、そこで翔平・吉井コンビはうまくはまってましたけど、うちがシュートまでいけずカウンターを仕掛けられるうちにそっちで手応えをつかまれてペースを握られた感はありますね。木島に入れる縦のボールも雑なのが多かったし、そこに入れるところからしかパスサッカーが始まらないことを読まれたというか狙われたというか。

組み合わせを試すっていうのも今さらですけどね。もうシーズン終わりますし(苦笑)
石井に頼りすぎてきたツケがここに来て現れてるのは間違いないのかなという印象は持っています。


とすと、最初のプランニングでは熊本の方に分がありましたが、攻撃しきれないうちに福岡に慣れる時間を与えてしまい、選手間で修正され、徐々にくさびを打てなくなるという展開でしたから、ロングボールが増えたことは一概に悪かったとは思わないかなと。流れ的にはやむなし。繋ぐにはワンタッチの精度とか判断とか、特に運動量が前半途中で減ってしまったので厳しかったかもしれないと思いました。

ロングボールをきちんとDFラインの裏に蹴れていれば十分にチャンスを作れたと思いますしね。最初はそういうボールも多かったけど、途中からは簡単に跳ね返されるところにしか蹴れなかった。元々うちの前線には身長はないんだから単純に競り合っても負けるよね。そこで工夫ができず、ただボールを蹴るだけになってしまった…のは反省すべきです。


そして、ロングボールを増やしたことで、その分前と後ろの間隔が空いて、中盤含め守備陣が修正を余儀なくされ、そこが間に合わなかった。それが失点をしてしまった一番の要因かなと。

失点はそういう間延びした中から久藤につくべき人がつききれず(ヤスになるのか、ボランチになるのか)、フリーで飛び込まれてしまいました。センターバック2人はゆたか氏と黒部についてたから、久藤を見る余裕はなかったと思います。SBかボランチが守備ラインにいて余裕がないとあの場面で失点を回避することはできなかったんじゃないでしょうか?

その点、解説の池之上さんはマークを受け渡しじゃなくて、きっちりつけた方がいいとおっしゃっていましたが、福岡の2トップはサイドに流れる場面も多かったし、もしCB2枚で彼らを見ると中央ががら空きになる場面を作られるので、受け渡しはやむを得ないんじゃないかなと思いました。むしろマンマークは危ないんじゃないかなって。イチ・ヤス・翔平ちゃんに吉井の守備陣だと最終ラインに張り付くのはもったいないしね。


攻撃面では、惜しかったのが拓ちゃん・藤田・西あたりが絡んだゴール前でのワンツー(繋ぎすぎてGKキャッチ)と木島の左をえぐってのクロス(だれも走り込まなかった場面)かな。
前者は拓ちゃんから藤田でワンツーした後ダイレクトで拓ちゃんがシュートできなかったのかなと。後者はニアに西森くんしか走り込んでなかったから、あそこは西あたりが詰めないとだめだぞと。

その辺の判断はまだまだでしたね。出来て欲しい部分もあったし、経験かなと思う分もありました。来年含め、今後に期待ですね。



まぁ各選手個人としては頑張っていたと思います。
内容は良くなかったですけどね。
別に気を抜いたとか、力を出してなかったとかそういうことではないかなと。

北野監督が言うような「チームもそうですし、個々も、ウチよりも1つも2つもレベルが上」だとは思っていません。それを言い出したらキリがない。うちが勝ち越した鳥栖にも失礼。今、懸命に上位陣に食い下がっている鳥栖はあと6ポイント勝ち点があったらどれだけ楽か。その辺の潔さはいらないです。まだ試合も残ってる。福岡を追い越すチャンスだってあるかもしれない。上だと認めるのはそれからでも良いんじゃないかな。

これまで特に監督について何とも思ってはいませんでしたけど、この発言についてはちょっとカチンときましたよ。エースとられて、直接対決で勝てず、指揮官が降参するなんて、ひどすぎですよ。勘弁してください。



さて、次は水曜日にアウェイ水戸戦ですね。
今年は苦手なチームにはとことん苦手であるという成績ですので、かなり苦しい試合になりそうです。
とはいえ、水戸も栃木に負けたあたりから調子を崩し、今は8連敗。つけいる隙はあるはず。

まぁこういうところで流れに乗りきれず負けてしまうイメージがうちになくはないですが、水戸戦初勝利に向けて、仕切り直して欲しいところです。

とにかく1つでも上へ。そして、選手が来季に向けてレベルアップしてくれれば。
漠然とした目標しかありませんが、何か派手にやらかしてほしいものです。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

監督が試合を他人事のように評していてはダメですよね私もカチンと来ました。
さて、次は山本市村がアウトということで、ボランチ、右SBと今までにない布陣が見られそうですね
原拓が何処に入るか楽しみです。
個人的にはボランチ希望です。倒れるまで走って欲しい。
【2009/10/19 22:40】 URL | 同意に一票 #-[ 編集]

同意に一票さん
まったくです。
相手が相手、試合が試合だっただけにしっかりしたコメントが欲しかったですね。

次のメンバーどうなりますかね?ヤスを右、拓ちゃんを左もありえますしね。
個人的には自分も拓ちゃんはボランチで使ってほしいと思ってます。SBはヤス・西でも面白いかなって。西森くんも好調みたいですし、前線は試せる選手いますしね。
【2009/10/20 00:14】 URL | すん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。