ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs 水戸ホーリーホック in 笠松

今回、試合が行われた笠松運動公園陸上競技場は水戸の準本拠地だそうです。
なぜ準本拠地で試合が行われたか?本拠地である水戸市立競技場は改修工事中だからだそうです。
この改修工事期間は2007年7月~2009年10月(wiki調べ)で、今季笠松で行われる試合はうちとの試合だったとのこと。11月8日の仙台との試合は回収が終わり「ケーズデンキスタジアム水戸」と名前を新たにした水戸市立競技場で行われるとのこと。

今まではJ2基準に満たず本拠地として存分に使えなかった水戸市立競技場を改修によりフル活用できるようになったということで、今後笠松で行われる試合は減るでしょう。

今節は水戸にとって、そういう試合だったようです。
連敗中ではありますが、ここで何とかお得意様の熊本に勝ってKsスタのこけら落としへ。
今思い返せば、水戸の選手たち気合い入ってたもんなぁ。


が、そこは我らがお祭りチーム。
鳥栖あたりには完全にKYチームとして認識されております。どうも。熊本です。
相手が動員をかけると無類の強さを発揮する我がチーム。
今季は去年ほどではないにせよ、特にアウェイではかなり空気読めてませんもんね(笑)


対水戸戦初勝利!おめでとう!

苦手苦手って言うけれども、水戸との試合は笠松での2-2から始まってるからね。
勝ち試合を引き分けにされたところからのスタート。
そっからどうも審判に恵まれなかったというか、うまくかみ合わなかったというか。
水戸がかなり強いチームであるのがもちろん一番大きな要因ですが、とにかくもやもやと、かつ、けちょんけちょんにやられてきまして。ようやくこの日が来ましたか!っていう感じですね。

これで現在J2に所属するチームのなかで勝ててないのは仙台と富山のみとなりました。
仙台にはいっとき会えなそうですが、富山とはホーム最終戦が残ってますので。



内容ですが、個人的にこの試合の一番面白かったのは藤田が入ってからですかね(笑)
あれ芸術だわ。水戸の選手たちがわんさかいる相手陣内で、熊本の選手は木島と藤田、たまに中山の3人で繋ぐ繋ぐ、回す回す。
最近ロスタイムに得点が動くことも多かったし、今回もただよのブロックがあったり、最後の連続セットプレーにはドキドキさせられましたが、宮崎の退場で1人少なくなってたから、いつもだったらもう見てられないくらい攻められたと思うんですよね。
でも、今回は笑ったもん。すげーって。

まだアジアでは、時間稼ぎが相手陣内コーナーフラッグ付近で攻めっ気ゼロのやつ(通称「かしまる」)かファウル臭いやつはとにかく転び非常に痛がりすぐに立たない(通称「中東戦法」)が主流でとにかく見苦しいんだよね。プロは結果が大事か知らんが、そんなプレー見るために金払ってるんじゃないぞと。

この点、今回のうちは1人少ないにもかかわらず、非常に高度な時間稼ぎを見せてくれました。
解説が「熊本はまだ攻めてますからね。これは水戸にもチャンスがありますよ。」なんて言うし。
まぁそうなんですけどね。当たりです。しかし、フットボールはこうじゃないとねぇ。
攻撃は最大の防御といいますが、この言葉は本質を突いているようで、攻撃側がリスクを負うことを理解していないとピンチを招くだけだと思っています。ただ攻撃すれば良いっていうもんでもない。守備に人数をさきながら、攻める気持ちも見せつつボールを回す。

ここが、この攻守のバランスが藤田入ってから素晴らしかったよね。
普通の人が見たらつまらないのかもしれないけどさ。すごかったんだけど。


それに、最近守備陣頑張ってるよね。
ただよ&矢野も完全に板に付いたし、木下のコンディションが上がってきたのも嬉しい。木下かなり声出してたからなぁ。携帯の熊日サイトでちょっと前にコバイズムを継承しますみたいなことを木下が言ってましたけど、良い感じで継承してるみたいね。
ただし、今節はヤスのミスがかなり目立っていたし、宮崎も久々のスタメンな上に慣れないポジションだったのでやや綻びはみられましたが。宮崎は頑張っていたと思います。退場は残念でした。ヤスはバックパスを中盤でやるときと最終ラインでやるときは変えないといけない。GKや他のDFが蹴りやすいボールを渡すのも大切ですが、決定的なピンチに繋がる度合いも高いことをもっと考えないとね。とにかくリスクは避けないと。


攻撃陣は宇留野の一撃が決まってればねー。
ポストに当てるとこまでいったのも彼の技術の高さのおかげですが、決まって欲しかった。
もちろんあそこでスコアが動いたら、1-0で勝つなんて結果にはならなかったもしれませんが。
矢野のヘッドも惜しかったね。GKやDFとの競り合いにも勝ってたし、きれいに当たってたからね。惜しかった。

福岡戦よりは良かったけど、押し込んでいた前半に無得点だったのは課題が残りましたね。

得点シーンについては、まず木島のミドルが素晴らしかった。あれが決まってもおかしくなかった。
そして、中山と宮崎が2人つめてたことが非常に良かった。福岡戦では木島の作ったチャンスにゴール前に人数増やす場面が皆無だったからね。きちんと修正できたことはとにかく評価したいと思います。



さて、明日は湘南戦。水前寺。もう明日かー。
そして、これの次は1ヶ月後の富山戦だっけ?ホーム最終戦。今季もいよいよ終わるんですね。

湘南は昇格最前線。当面は甲府との3位争いが熾烈なので1つも落とせない状況です。
それに去年はうちとの試合に負けて完全に昇格の望みを絶たれた感もありましたしね。

うちとしては何とか勝ちたいけどな。連勝したい。今季の望みはもはや3連勝しかない。
福岡戦でファンの期待を裏切ることになってしまいましたから、またたくさんの人が入るであろうホーム最終戦に向けて、ここは是非ともとりたいところ。

熱い試合を期待しています。
わたくしめもささやかながら験を担いで試合に臨みたいと思います(笑)
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。