ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs 湘南ベルマーレ in 水前寺

今年は水前寺で強いねぇ。

湘南は昇格圏内に復帰してからの1試合目。
次の日に5位鳥栖との試合を控えていた4位甲府にプレッシャーをかけたかったところでしょうけどね。
湘南にとっては、下位熊本相手に取りこぼすというとても残念な結果に終わったと。
そして、甲府が鳥栖に勝って3位返り咲きを果たすと。

散々ですね。残念ながら。

うちはまだ未体験のゾーンですからプレッシャーもものすごいんでしょうね。

でも、地域決勝やJFLの終盤と比べたらどうなんだろう?あの時も必死でしたからね。
簡単な試合は1つもなかったし、地域決勝なんてそこへ行くだけでも相当大変なのに、それから2枠目指しての試合は半端なかった。まさに死闘。J2は降格もないし、きちんと整備されたプロリーグだからスポンサーも、厳しいながらに、ついてくれる。地域やJFLは1年1年がクラブ存亡を賭けた闘いといっても過言ではないから。

それを考えると、ただよやイチみたいなロッソ旗揚げ時からいるメンバーにはうちがJ1昇格戦線に顔を出せるまで居て欲しい選手たちですよね。まだまだ先は長そうだけども。



さて、今年もこの時期湘南に勝つことが出来ました。
正直なところ、試合全体の決定機数を考えれば、湘南が勝っても全くおかしくはなかった。
うちにとっては少なからずラッキーな試合展開だったと言えるでしょう。

でも、そこはサポブログ。勝てば実力、負ければ不運(笑)
まぁそこまで極端なことは書かないってことは今までの記事からしてご理解頂けると思いますが。

この試合で頑張ってたのは、みんな頑張ってたけど、強いて言うなら木島かなぁ。
最近調子良いよね。木島。今節は残念ながらスタメンではありませんでしたが、自分の役割を分かってプレーしてると言いますか、何が何でもフィニッシュは俺だ!感も抑えるところは抑えてますし、試合終盤足がつるまで、途中出場でもとにかく全力でプレーしてる彼の姿は心を打つね。

得点シーンでの矢野のヘッドも見事でしたが、そのスペースを何気に作ってくれたのは木島だったりします。ニアサイドの選手たちももちろんそこに絡んでるし、CK蹴った西森くんもばっちりだったんですが、ジャーンともう一人の意識を奪ってくれたのは木島の動きでしょう。

ジャーンのミスもあるけどね。矢野は自分の横か真後ろできっちり視界に入れてなかったのは大きなミス。矢野の動きで外されたというよりは最初から視界外だったし、その後も目の前の木島とボールの軌道に惑わされて矢野を完全にロスト。あんなど真ん中で一番ヘッドの強い相手選手をフリーにしてしまうという大失態。


試合は双方共に特徴を出したいい試合になりました。
うちは翔平ちゃんと大志郎とヤスを出場停止で欠き、特にSBがピンチに。
結局、網田くんの2回目のスタメンとなりまして。

ところが、これが良かったね。
90分持たないのはまだまだですが、最初から全力で行けばそうなることは分かってましたし、デビュー戦である草津戦よりミスも少なく、出場時間も長かったので。
最近はヤスが左SBに定着しつつありましたが、これはうかうかしてられないな。
元々SBやってたこともあって守備に関しては網田くんの方が完全にうまい。
左利きで以前からキックの精度も定評があったので、左SBの適正も負けてる。
勝ってるのは、ドリブルと内に切れ込んでのミドルが打てること、それに90分計算できることか。
これからは連戦もないし、ポジション争いはほぼ横並びかなって思うね。
拓ちゃんはボランチでのポジションを獲得しても良いくらいの働きしてるしね。SBより俄然ボランチでしょう。
次の愛媛戦に監督がどういう判断をするか楽しみですね。
個人的にはヤスかな。で、その出来によっては栃木戦は網田くんってところでしょうか。
本当はヤスも前の方で使えるといいんだけどねぇ。

木下くんも完全復調ですな。対クロスの判断が良くなってきてる。
体は大きいんだから、判断力を磨ければ無敵になれますよ。きっと。
課題はキックでしょうね。
確かにうちにはターゲットにすべき選手がいないからキックは難しいと思います。
思ったところに蹴れてもマイボールに出来る可能性は低い。かといって、ショートだけでも行き詰まるしなぁ。中山の完全復活かコモのFWでのポジショニングの向上が待たれますな。
それでも、直接タッチラインを割るボールが多すぎる。せっかくファインセーブしても、味方にノーチャンスで相手に攻撃権を与えてしまうなら意味無いからね。


とりあえずここに来て守備が整ってきた。その分、攻撃陣は苦労してるけど、本職FWが90分まるまる出来るコンディションじゃないから、それを考えればチームとしては良くやってると思うよ。本当はこの守備の状態で毎試合完全に点が入る形の決定機が5回は欲しいけどね。今はまだ3~2回くらいなので。相手のファインプレーとミスすることも考えても5回あれば平均2点は取れると思うし。


今年3回目の連勝記録チャレンジ。
苦手な甲府・富山戦が残っていることを考えれば、ラストチャンスに近いと思うよ。
順位の近い福岡や岐阜に追いつくには是非とも連勝記録は伸ばしたい。頑張って欲しいね。

ただ、次の愛媛戦は延期試合だからなぁ。
果たして、これを連勝の中に含めて良いものだろうかとは思ってるんだけどね。
まぁ勝てなかったら、栃木戦が本当の連勝チャレンジだとか言えばいいか(笑)


今週末の相手愛媛の岐阜との試合は見ました。
ジョジマールと内村が裏への抜けだし、ドドがためを作るイメージかな。
ドドとジョジマールはどっちもためを作れるみたいなので注意したいところですね。
延期がなく普通に対戦してたらジョジマールは怪我でいなかったわけで。流れ的にはキープレイヤーになりそうですね。ま。チーム内得点王の内村が累積で出られないみたいだから差し引き0かな。

中盤は前節は渡辺・赤井・永井でしたか。
赤井と永井はテクニカルで、永井が割りと自由に飛び出してるイメージを受けました。
赤井はたまに飛び出してくるけど、けっこう決定機に絡む印象が強いね。良いキックも持ってるし、ミドルにも気をつけないと。
渡辺はフィジカルタイプで後ろで構えてるイメージが強いです。前に絡んでくるというよりはセカンドを拾ったりファーストディフェンダーになったり。足元がとても巧いというイメージもないな。ここが愛媛の守備の核だと思うのでうまいこと攻略できれば得点への足がかりになるかもですね。

守備陣形は2ライン。内村もMFのラインに含まれての2ラインで守備をするようです。
前節のCBは柴小屋とチアゴ。2人ともスピード系に強いイメージはなかったので(現に柴小屋は手でつかんでPKを与えてます)、木島・宇留野・中山と巧く使えれば効果的にダメージを与えられそう。
中盤はあまり前からプレスに来るイメージはなく、一旦引いてから固めてから前をうかがう感じだったので、カウンターでやり返すか、とにかく2ラインの間にボールを出し入れして崩せられればいけるんじゃないかと。2ラインの間は愛媛もDFとMFで挟んでくるからとにかく1タッチ2タッチでの出し入れが重要かと。
そうなってくると、愛媛戦のうちの攻撃のキープレイヤーは藤田さんでしょうね。彼を誰が見るのか。どこまでついていくのか。本当に敵にするとやっかいなプレイヤーだろうね。ここはしっかり練らないと愛媛は厳しくなると思うよ。

あと、気になったのは最終ラインからのロングパスはほとんどないね。
テンポアップの縦のボールはほとんどボランチ。そして、当てるイメージのボールがほとんど。
一発で裏を狙うプレーは望月監督時代からするとかなり減ったんじゃないかな。
ただし、ジョジマールやドドは落とすだけじゃなくて、ヒールで裏に抜けさせるプレーもするから、追い越す選手を中盤かCBの余ってる方かSBが常に意識して見ていないと最終ラインは簡単に攻略されるかもしれない。

これを逆手にとって前線の選手にボールが入ったときにボランチが挟む形を徹底すれば、守備は楽かもしれない。というわけで、うちの守備のキープレイヤーは吉井と拓ちゃんのボランチコンビかな。

これは相手が岐阜だったからということも考えられるけど、愛媛は監督が替わって間もないし今はとにかく自分たちのサッカーを確立していく時期だから、相手によって大きくサッカーを変えることはしないと思うんだよね。望月時代よりもボールを大事に繋ぎ、それでいてスピードタイプを活かせるサッカーを少しずつ固めていってる印象をうけました。ちょっと前より全然強くなってる。うちより下位にいるチームとはいえ、全く油断できない相手です。

さぁどうなるか。楽しみですね。
また引き続き、わたくしめも験を担いで週末に備えたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。