ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010シーズン開幕戦 vs ジェフユナイテッド千葉 in KK-WING

おそらく…

戦前の大方の予想を覆し、マスコミ各位はもちろんのこと、たぶんサポでさえ、こんな試合になるとは思ってなかったんじゃないかと。

結果引き分けでしたけど、相手が優勝候補の千葉であることや地元出身の巻がいること含め、試合の内容、観客動員その他諸々、現状でのベストを出したのではないかと。そう思っています。

決してネガティブな意味ではなく。皮肉でもなく。そのままの意味です。


「もしかしたら勝てたかもしれない」

そう思った観客は多いはず。

「あの千葉に勝てたかもしれない」


サポとして、どんなに相手が強かろうと、J1チャンピオンの鹿島だろうと、ヨーロッパ王者のバルセロナだろうと絶対負けない負けたくないという気持ちはもっています。
が、その気持ちとは裏腹にサッカーファンとして選手の知名度や実績、能力を冷静に分析し、でも厳しいかもなと考えることは否定しません。

今回、千葉に、あの千葉に、練習試合で0-4で完敗したあの千葉に…

「もしかしたら勝てるかもしれない」

試合前そう確信していたサポはきっと1人もいない。

ま。言い過ぎかもしれませんが(笑)
サッカーファンであればこそですよ。冷静に分析してしまうのは。

うちは降格チームキラーですからね。
一昨年の広島には勝てなかったけど1度は引き分けたし、一昨年は甲府にも勝って、横浜Cにも勝って。
去年も札幌・東京Vに勝てましたし。
なんででしょうね。降格したチームの勝ち点を削るの得意だったりしますよね。



内容で言うなら、1つはやっぱり南だよね。GKでこんなに変わるものかと。

彼らの動く範囲は限られてる。しかも、活躍する時は99%ピンチ。
良い補強だと思うけど、効果はいかほどだと。内心思っていました。
失点が10から20減ったとしても守備の弱いチームという枠組みから脱出することはできないんじゃないかと。

キャッチ1つ。パンチ1つ。安定感あるなと。
得点されない雰囲気。あのクロス、あの程度のシュートなら大丈夫っていう安心感。
DFラインも自分の役割しっかり果たせてたし、攻撃だって守備から始まるわけだから。
良いキャッチングは次の良い攻撃の礎になりますよ。なってました。

他のGK陣、これは勉強になるよ。試合に出る機会は減るかもしれないけど、この1年学ぶ物は多いと思う。
みんな頑張って欲しいね。


2つ目は、高木采配よね。
TMはいくつかやってても、やっぱり実戦での結果よ。
この監督にならついていける。言うとおりにすれば勝てる。そこから生まれる信頼関係。
高木監督は就任したときから「残り15分での得点」という目標を掲げてた。
藤田さんや西がどういう理由でベンチだったのかは分からないけど、2人とも怪我で出遅れてたのもあるし、西なんかの試合後コメントを読むとあまりコンディションが良くなかったのかしれない。

それでもこの使い方ね。普通は攻撃の要の2人が90分厳しいってなったら不利と思うよね。
まさかこれを逆手にとって、残り15分での猛攻のきっかけをつくり、目標を達成させるとは。

高木さんは「引き分けで満足するのはおかしいんですけど」って言ってたけど、試合プランニングをする上で、リードされて終盤を迎えることは絶対に想定してたはず。試合が始まれば、監督の出来ることなんて微々たるものでしょうから、この試合の流れで考えうるベストの選択はできていたと思います。

結果勝てなくても、この一戦で得られたものは大きかったと思う。
おそらく高木監督にとってのプラスが一番大きかったんじゃ無かろうか。

まぁこれからうまくいかないこともあるだろうけど、高木監督に任せたらいけるんじゃね?的な雰囲気が続けば良いシーズンになりそうですね。久しぶりに采配の妙を楽しませていただきました。


得点シーンは、西からイチでしたね。
イチのトラップシュートは完璧。利き足じゃなかったし、よく決めたよ。さすがです。
西は、その前の藤田さんへのスルーパスもあったし、サイドから中へ絞る動きで相手DFラインを完全に釘付けにできた。他の前線の選手たちがダイアゴナルにニアに動いて、ファーにスペースを作るも動きも素晴らしかった。
千葉は4-5-1のフォーメーションでしたが、深井や谷澤は元々攻撃的な選手だし、きわめて4-3-3に近い形。村井が入って、中盤でブロックを作るような意思統一ができたら守れたんでしょうけどね。ちょうどイチの対面の選手が代わってマークの意識が希薄なまま終盤を迎えたことは大きな誤算だったのかもしれませんね。

ま。そもそもミリガンを中盤と代えて出場させた時点で、「あれ?千葉意外と余裕ねぇなぁ」なんて思いましたけどね。
それぞれのポジションで良い選手揃ってるし、ベンチが薄いわけでもないし。あそこでミリガン出す意味がよく分からない。普通にボランチの選手出して、巻と倉田残しでカウンターしてれば守れたろうと。もちろん結果論ですが。

個人的には巻がいることもあって、千葉にはJ1に復帰してもらいたいと思ってるんですけどね。
ちょっと不安ですねぇ。


守備面では、1トップの巻に矢野とただよの2枚できちんとアタックすることで相手のチャンスだいぶ潰してたので良かったと思います。筑城も目立たなかったけど、堅実に守備してたと思います。イチは失点の場面でヘッドで触れなかったのは痛かったですね。

失点シーンは、誰が悪いと言うより、偏にチーム全体の攻守の切り替えが明らかに千葉に劣っていたことが原因であると思います。右からクロスを上げられる前、左からショート2本でサイドチェンジされてるんですけど、その1人目に拓ちゃんがしっかり絡めなかったことに始まり、サイドチェンジでずらされた。最初の選手はDFで挟んでたし、シュートも南がしっかり触ってたけど、あそこ詰められたらどうしようもない。相手が切り替えを早くしてきたのか、うちが疲れて遅くなってしまったのかは分からないけど、90分の中には良い時間帯も悪い時間帯もあるし、悪い時をどうやって過ごすか、しのぐかはこれからの課題として残ったかなと思います。



でも、まあ良し!でしょ。
選手や監督が引き分けで満足していないのも嬉しいし。サポとしては満足してます。



次は、アウェイで東京V戦ですね。
相手は第1節試合がなかったため、うちとの試合が開幕戦になります。
モチベーションは相手の方が高いと思いますが、千葉と引き分けた勢いそのままに、勝率100%の第2節に今季初勝利の期待をしています。頑張って欲しいですね。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。