ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs 東京ヴェルディ in 味スタ

ご、ご、5位てーーーーー(笑)

ありえませんね。我がチームながら。うまくいきすぎです。
まぁ逆に、これだけうまくいっても5位と思って、気を引き締めましょ。


それにしても、ナイスゲームでした。東京ヴェルディ戦。

前回の終わりに、J参入後第2節の勝率100%と書きましたが、無事記録更新。
しかも、全試合2-1(2008vs草津、2009vs横浜C)。
しかも、全試合逆転勝ち。
しかも、全得点FWのゴール(2008ゆたか氏×2、2009ウルキジ)。

先制されても崩れず、やるべきことやり、決めるべき人が決める。

これもう3年連続3回目。

困ったね。顔がほころぶよ(*´∇`*)



さて、試合内容ですが、選手監督含めみんなが言っているとおり、前半を悪いなりによくまとめた。
守備陣筆頭に、中盤や前線の選手たちもよく走ってた。
日曜は晴れてて、ちょっと気温高かったし、きつかったと思うけど、よく頑張ってたと思う。
これが勝因なのは間違いない。

同じ先制でも前半やられてたらちょっと厳しかったかもしれない。

東京Vはオフにチーム存続まで危ぶまれましたから、選手も大幅に変わっています。
若い選手も多くなってて、今シーズンは厳しいのかなと思ってましたが。どうしてどうして。
高木兄弟を始め、井上平やJでも実績のある河野や菊岡など若くて巧い選手たちがたくさんいました。
彼らが新生ヴェルディの基礎になるのなら、末恐ろしいよ。

あのチームが勢いに乗ったら強そうだなって思いました。
だから、前半耐えたのはすごい良かった。
結局、後半先制されましたが、ハーフタイムに気を引き締められて後半に臨まれるのと、やっと先制したと一息つくのとではやりにくさが大きく変わるものね。
もちろん土屋や平本がいますから、東京Vが緩かったとは思いませんが、先制の7分後に追いつかれたところを見る限り、ゲームの作り方としてはまだまだだったのかなと思います。これからですね。柴崎晃が成長しチームがまとまれば、十分フォローできると思います。次ホームで迎え撃つヴェルディはもっともっと強くなってるでしょうね。


あと、前半に関して言うなら、DFラインと中盤の守備ブロックの間隔がイマイチだったかなと思いました。
セカンドボール取られすぎたし、繋ごうとするパスも選手同士の間隔が長すぎたかなと。

想像ですが、開幕戦の千葉戦は相手のプレスに対抗するために簡単に前線に放り込んだ。
東京V戦は戦前の高木監督のコメントにもあったように、より攻撃的に、ビルドアップしながら繋ぐイメージがあった。
その辺のバランスが、中途半端になったのかなと。千葉戦のポジショニングで東京V戦に臨んだっていう感じ。
後半は幾分修正されて良い感じになりましたが、その辺はハーフタイム迎える前に、だれかがDFラインを上げるなり、ボランチを気持ち下げるなり、フォーメーションのバランスとるような声かけをした方がよかったかもしれませんね。
次の岡山戦はどうなるか分かりませんが、このままいくとどこかでやられますし、きちっと確認して欲しいところです。


失点シーンに関しては、南のミスと言うには厳しいかなと思いますね。
あれは、出ても届かなかったと思うし。蹴ったのは左足だった記憶があるから柴崎かな?彼が巧かった。
平本がヘッドで得点しましたが、土屋もどんぴしゃのタイミングで飛び込んでますし。
それに対して、うちのDFは完全につけなかった。GKに任せるイメージだったのかも。
とにかくキックが絶妙でした。南が迷うのも分かるし、DFも対応しにくいのは分かる。
まぁどうにかしないとね。
DFが競れないなら、オフサイドトラップとかも考えないといけないのかな。でも、リスクが高いよね。


同点のシーンについては、右CKからの変化。2つ戻して、右サイドから吉井?のクロス。
ピンで井畑にあったけど、相手GKが触ったかでポストに当たり、跳ね返ったボールに章太が詰めたと。
クロス見事。井畑のヘッドも見事。章太の嗅覚も見事。みんなが仕事したね。

井畑があんなにヘッド強いとは思わなかった。決勝点もあるし、体強いね。よく頑張ってる。
個人的には、去年覚醒すると思ってたんですが、まぁ覚醒してくれればいいや!
大学では東海リーグの得点王でしょう?感覚取り戻せば、ゴール量産し始めるよ。得点の感覚って持ってる人しか持ってないもん。どんなリーグであれ大会であれ、得点王なんて取る人は絶対になんか持ってる人です。

章太も良かったね。うちは他でくすぶってるFWを再生するチームとしては一家言持ちですから(笑)
このタイミングで得点とれたってことは大きいかもしれない。章太は近年公式戦あんま出られなかったしね。
シーズンベストが大分で10点だったっけ?これは超えるな。今年か遅くても来年には超える。
押し込むのはあまり格好良くは見えないけど、ごっつぁんゴールは常にゴールを狙っている証拠だから。
ゴールに飢えているギラギラしたオーラはプレーに出てるじゃない!
FWとしては大切だと思うし、まだまだやれる選手だなと思います。


決勝点については、井畑かっけーで(笑)それのみな感じはするね。
去年加入したときから、ゴール前での感覚はすごい独特で、変なリズム持ってるからね。
昨シーズン出場したときは、ボール触る回数も少なかったし、守備面での貢献が多かった。
本当は今シーズンみたいにボール入れてDFと闘わせるタイプだったんだろうね。裏に抜け出してスマートに決めるというより、相手にマークされても、ゴールの方を向いて無くても、ボールを入れて勝負できるスペースを作ってあげる。そういう使い方の方が良いのかもしれないね。去年は繋ぐ意識が強かったし、木島や宇留野がドリブルで勝負してたから、井畑の居場所はなかったかもね。
まぁ良かった。これからに期待。


あと、藤田さんがやっぱすごいよ。
本当はもっと長く試合に出てるところ見たいし、得点決めたりアシストしたりして欲しいんだけど、このクローザー的役割?素晴らしいよね。全盛期の大魔神佐々木並みに素晴らしいよ。完璧なリリーフ。
何て言えば良いんだろう。ただ、出るだけでわくわくする。何かをしてくれそうなオーラは去年よりある気がする。
開幕戦でゴールのチャンスもあったし、出場の機会はこれかも十分にあると思うから、藤田さんの活躍を心待ちにしておりますよ。


いやぁ良かったですね。
まだチャンスもらっていない選手もいますけど、是非ともこの良い流れにのっかって欲しい。
去年、一昨年と負けが続く時期もあったし、せっかくの良い流れに乗り遅れるのはもったいないぞ。



次節は、またしてもアウェイで岡山との試合。去年の第3クールでは負けました。
格上の千葉、そして、東京Vときて、順位的に近くなるであろう岡山との試合は、高木ロアッソの真価が問われる試合になると思います。去年までは、強いチームと試合をすると善戦するんだけど、順位の近いチームと対戦するとダメダメになったり、負ける試合も多かった。

千葉戦はカウンターを重視して、ロングパスを多用した。
東京V戦はもう少し繋ぐはずだったけど、それはできなかった。

岡山戦は去年の感じをみても、今年の岡山の試合をみても、相手はカウンターを狙ってくるような試合になるはず。崩すフットボールが求められるはず。章太の活躍できるスペースが今までより狭くなる。井畑はコンディション悪かったらしいけど、ここでは踏ん張ってもらわないと。拓ちゃんや吉井のミスがより致命的になるであろう次の試合は高木ロアッソの引き出しがたくさんあるのか、去年のパスサッカーは今年も健在なのか、ここら辺に注目したいと思います。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

こういうのは慣れてなくて戸惑ってますが

南のは、僕も南のミスというのは酷だと思いました。
それをそう思わせるというか、自分でもそう反省しちゃうのが、一流のキーパーたる所以なのかな。

ヴェルディは、あれに菅原あたりのベテランが加わったら、どう変わるんでしょうね?
あちらも、かなりのびしろがありそうですよね。

【2010/03/16 08:15】 URL | たのさん #-[ 編集]

南はすごいですよね。
クロスの処理がはんぱなくうまいです。
やっぱり今までがあってこそ南の技術が余計に際立ってますね。
若いGKたちにも是非とも頑張って欲しいです。スタメン奪うくらいに。

ヴェルディはどうなんでしょうね。
菅原は去年見たときはあまり良くなかったし、柴崎・菊岡だと守備はちょっと気になりますが、個人的にはベストの布陣だったように感じます。
強いて言うなら、SBは気になりますね。平本は面白いけど、守備がまだまだみたいですから。
伸びしろはかなりあると思います。前線が得点を取り始めると、かなりやばいです。
【2010/03/16 21:04】 URL | すん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。