ロアッソ熊本(J2)をポジティブに応援するブログ。
スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


vs FC岐阜 in KK-WING

遅くなりました。


この試合。不思議なもので、当日試合を観ていたときは「危なかった」「ぎりぎりだった」「ラッキーだった」みたいな印象を持っていました。内容的にドローが妥当だったのかなと。

岐阜の監督さんも似たような感じのようで、前半が今季1番の出来だそうです。
確かにピンチはありました。1タッチからの崩しもきれいに決まった場面もありました。

一方で、我らが高木監督は3月無敗であることについて「ゲームをコントロールしている」点を要因に挙げました。
もちろん今回の岐阜戦も含めての評価です。
それに、あれだけピンチだったという印象を持っていたのに、「チーム全体としての守備能力、狙い所などがフォーカスされてきている」とも。

どういうことだろうと思って、昨晩スカパーでの再放送をもう一度観てみました。それから更新しようと思って。


率直に言うと、高木監督の分析の方が合っていると思います。
岐阜が良かったのは前半の序盤くらいで、あとは中盤でのせめぎ合いが続き、橋本が交代してからはほぼノーチャンス。
唯一、押谷のシミュレーションくらい。あれは、本当はどうであったかは置いといて、PKとる人はとるし、とらない人はとらないくらいの微妙な感じでした。あそこはラッキーだった。何度も言いますけど、筑城がひっかけたどうかは別にして…ですよ。

あの場面以外は、まさしく狙い所が「フォーカス」されてましたよ。試合後の質問とコメント通りです。
外から見たら橋本や管に入るボールはけっこう多くてプレスがうまくいってない印象を受けましたけど、FWに入るボールはしっかりハードチェックできてるし、中盤からのボールも序盤はプレスのタイミングが悪くて岐阜のペースでしたけど、徐々にパスコースを限定し、パスカットが増え始め、その位置が少しずつ相手陣内に近くなってました。橋本や管に入るボールを奪えないなら、橋本や管から出てくるボールを奪おう。それを考えることや個人が実行することは比較的容易であっても、チームで実行することはなかなか難しいと思う。当然、戦前に高木監督が想定していて、その練習もしていたからこそでしょうけど。それにしても、素晴らしかったと今は思います。



攻撃に関しては、高木監督は「アタッキングサードでのプレーの質や判断」を課題に挙げてらっしゃいますが、個人的にはアタッキングサードよりミドルサードの方が改善の余地あると思いましたけどね。ゴール前より中盤の組み立ての方ってことです。
ゴール前に関しては、岡山戦では物足りなかったクロスにサイドハーフが飛び込む形も出来てたし(宇留野がフリーでヘッドを外した形)、ペナ内で何かをしようっていう場面は確かに少なかったですけど、吉本や秋田のように対人守備の巧い選手がいるときはミドルを増やして相手を引き出しスペースを作るっていうのも悪くないですしね。まぁ強いて言えば、枠内に飛ばすか枠外しても威力のあるシュートが多いと効率がいいですけど。
それよりかは、カウンターを発動させられたのにファーストボールの展開を失敗してチャンスを逃したり、前が呼ぶタイミングで出せなかったりの方が痛かったように見えました。
まぁ前線含め、受け手の動き出しが少ないとすれば、それはアタッキングサードの問題で間違いはなさそうですけど。少なくとも松橋は良いスペース見えてるし、そこを狙って動いてる。たまにそこは難しいよってこともありますが、出せればチャンスという場面も多いので。

これからでしょう。

とにかく守備がかなり改善されているのは大きい。
3月は良すぎましたから、今後、流れの悪い月もあるでしょうし、耐える試合も増えると思います。
が、守備が計算できるとセットプレーで勝ちを拾えるような試合も出てくるかもしれませんしね。
攻撃でガンガン点を獲るのがサッカーの醍醐味と言われますが、ねばり強い守備もけっこう面白いですから。
日本人ってバレーボール好きでしょ?しかも、外国人ほどのパワーはないけどスピードと技術で拾いまくるみたいなの好きですよね?そういうことですよ。え?ちょっと違う?(笑)


得点シーンは西のパスカットから。良い時間帯でしたし、落ち着いてよく決めてくれました。
ああいうシュート決めるのは西は抜群に巧い。ドリブル巧いからかな。タイミングつかめないんでしょうね。
秋田はパスがミスっていうより、その前にトラップをミスして焦ってしまったのが原因かな。本来DFの選手じゃないし(岐阜に来てからはDFばかりですが)、今野みたいな代表クラスの選手でさえ一昨年城福監督に最終ライン任されはじめたときは「パス回して欲しくない」って思うくらいですから、その焦りたるやいかばかりか。加えて、秋田は今シーズンからCBですしね。選手より起用する方の問題じゃない?織り込み済みでしょ。あのくらいなら。でも、対井畑では良いプレーしてましたからね。ほんと嫌な選手。もちろん良い意味で。

あとは、高木監督もおっしゃっているとおり、もう1点獲る力が今後は求められるでしょうね。
1失点は常にありうる。これも高木監督がおっしゃっていた言葉です。


最後はやはり藤田さんですよ。もっと観たい。
でも、藤田さんの出場が長くなるとしたら劣勢の時またはその試合の次の試合だからね。ちょっと複雑です。



さて、次節はアウェイで草津戦。
草津は調子悪いですね。メンバーを見る限り、そんなに悪くはなさそうですが。
去年は愛媛と共にスタートダッシュを決めて台風の目になりかけましたけどね。
ほんと明日は我が身。気を引き締めて試合に臨まないと。今がいいからって調子に乗ってると痛い目に合いそうです。

草津の監督の人事はなんだかうちと似ているし、昨年一昨年とホーム開幕戦の相手でしたから、ただならぬ因縁を感じています。
去年の第3クールは山内が大爆発して、6得点の快勝を納めました。
その後、うちは徳島に6失点の大敗を喫しまして、なんだかチャラになった気分ですが、草津側はそんなこと思わないですもんね(苦笑)
厳しい試合になりそうだ。

相手が良かろうが悪かろうが、とりあえず守備から。
今まで通りしっかり入って、勝利を収めたいところですな。期待してます。
スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ


この記事に対するコメント

こんにちは。

改めてみますと、菅選手もサイドで使われてますね。
あの人はボランチでしたよね確か。
秋田もそうですが、岐阜の監督さんも何か考えが
あるんでしょうけど。不思議は不思議です。

次の試合、ウルさんが無理な場合に誰が入るんでしょうね?
俊哉さんなのか?西森と西で行くのか?ユーイチなのか?

平木君もそろそろ見たいんですけどね。
【2010/04/01 16:00】 URL | たのさん #-[ 編集]

>たのさん
こんばんは。

まぁ他から見たら藤田さんをFWで使うのもどうなん?って思われてるかもですけど(笑)


宇留野は微妙っぽいですね。
今までの感じだと、西森+西or山内って感じでしょうか。点とったから西でしょうね。
ただ、高木監督はわりと調子の良し悪しでベンチまでの18人決めてるようなので、みんなにチャンスありそうですよね。
【2010/04/01 21:38】 URL | すん #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック




プロフィール

すん

Author:すん
FC2ブログへようこそ!


FC2カウンター


2010 J2 ロアッソ熊本


最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する


RSSリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。